メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

リスキリングとは|プログラミングやWebマーケティングを学ぶべき理由!導入ステップも解説

更新日
リスキリングとは|プログラミングやWebマーケティングを学ぶべき理由!導入ステップも解説
StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

「リスキリングが注目されているけど、どのように実践すれば良いのかわからない」
「リスキリングで習得してもらうべきスキルに悩んでいる」

リスキリングが注目され興味を持つ方が増えた一方で、詳しく理解している方はまだまだ少ないのが現状です。

そこで、この記事ではリスキリングの基本的な知識や、リスキリングならWebマーケティングやプログラミングのスキルを身につけるべき理由などを詳しく解説します。

リスキリングを検討されている方はぜひ参考にして下さい。

StockSunではWebマーケティングやプログラミングを習得できるStockSunサロンとSEOラウンジPROを運営しています。

プログラミングからSEO対策、営業テクニックなど幅広いコンテンツを学べることが最大の強みです。自己啓発系や表面的な知識ではなく、実務で生かしていただける知見やノウハウを提供しております。

この機会にぜひご検討ください!

\250以上のコンテンツが見放題!実務に生かせるスキルの習得が可能/

StockSunサロンを確認する

\1対1の丁寧なフィードバックあり!8週間でSEOを習得!/

SEOラウンジPROを確認する

目次

リスキリングとは?意味を解説

最近注目を集めているリスキリングを実践するためには、まずは意味をしっかりと理解しておく必要があります。

ここでは、リスキリングの意味などについて詳しく解説していきましょう。

リスキリングの意味

リスキリングとは、技術革新やビジネスモデルの変遷に対処するために、業務において求められる新たな知識や技能を習得することです。

経済産業省は、リスキリングの概念を次のように説明しています。

「新たな職種に適応するため、または現職で必要とされるスキルの大幅な進化に対応するため、必要な能力を習得する/促すこと」
出典:リスキリングとは―DX時代の人材戦略と世界の潮流

また、リスキリングは、社会のニーズに応える形で労働者のスキルを進化させるという観点から、企業が提供する教育に焦点が当てられる言葉でもあります。

とはいえ、学習者自身の主体性がなければ成功はありえません。

このため、「習得する・促す」という双方の視点を含む表現が用いられることが多いです。

リカレント教育とアンラーニングとの違い

リスキリングと似た言葉に「リカレント教育」と「アンラーニング」という言葉があります。

並列に語れることが多い言葉ですが、リスキリングとは意味が異なるため、違いを理解しておくことが必要です。

以下に、リスキリング、リカレント教育、アンラーニングの特徴の違いを表にまとめました

項目 リスキリング リカレント教育 アンラーニング
目的 新しいスキルや知識の習得 一度仕事を離れて大学などの教育機関で学び直す 既存の仕事の信念やルーティンの解放
主な焦点 技術革新やビジネスモデルの変化への対応 スキルや知識の維持・向上、キャリア開発 過去の経験や思考パターンからの解放、新たな視点の獲得
関連する変化 デジタル変革、市場シェアの獲得、新規事業への参入 経済・社会状況の変化、技術革新、職業の進化 組織文化の変革、イノベーション、パラダイムシフト

リスキリング、リカレント教育、アンラーニングはそれぞれ異なる目的と焦点を持ちながら、労働者や求職者のスキルと知識の向上に貢献する教育の形態です。

これらの教育手法は、適切に組み合わせることで、効果的な人材育成やキャリア開発が実現できます。

リスキリングが注目されている理由

リスキリングは日本だけでなく世界中で注目されています。

ここでは、その理由について詳しく解説するので参考にしてください。

DXが推進されデジタル人材が不足している

近年、DXの推進が企業にとって重要な課題となっており、デジタル技術やコンピューターシステムに関する専門的な知識をもつ人材の確保が不可欠とされています。

しかしながら、現実にはDXを熟知した「デジタル人材」を確保できている企業は少なく、DXの進行が遅々として進まない企業も少なくありません。

このため、リスキリングというアプローチに企業からの注目が集まっています。

リスキリングを通じて、従業員が新たなデジタルスキルや知識を習得し、企業のDX推進を支える人材へと変貌することが期待されているのです。

日本政府が推進している

岸田首相は2022年10月にリスキリングを促進するための支援策を総合政策に取り入れる考えを示しました。

個々のキャリアパスに関連する「人への投資」と「企業間での労働力移動の円滑化」を目指すとしています。

具体的には、受け入れ企業向けの支援の他、リスキリングから転職までを一貫して支援する制度を新たに設けたり、既存のものを拡大したりしていくそうです。

規模感としても、岸田首相が提唱する「新しい資本主義」の実現のために、リスキリング支援策の整備を2024年6月までにまとめることを表明し、5年間で1兆円の公的支援を投入する計画を明らかにしています。

政府が上記のような方針を示したため、日本国内におけるリスキリングの取り組みは益々活発化していくことでしょう。

したがって、企業も従業員のリスキリング支援がますます重要になることを認識し、積極的に取り組むことが必要です。

リスキリングでプログラミングやWebマーケティングをおすすめする理由

新しい技術にはさまざまなものがあるため、どれを身につければ良いのか悩む方も少なくありません。

そういった方におすすめしたいのがプログラミングやWebマーケティングに関するリスキリングです。

リスキリングでプログラミングやWebマーケティングをおすすめする理由を解説します。

Webマーケティングの重要性が高まっている

近年、インターネットが人々の生活に深く浸透し、企業もその活用方法を模索しています。

特にオンライン上での情報発信や顧客獲得を行うWebマーケティングは、競争力向上に欠かせない要素です。

インターネットを通じた消費者とのつながりを強化することで、企業はより多くの顧客にアプローチでき、売上やブランド力を向上できるようになります。

リスキリングによってWebマーケティングのスキルを身に付けることは、現代のビジネス環境において非常に重要です。

また、Webマーケティングでは、次の業務の実行も必要とされます

  • データの解析
  • Webサイトの作成
  • 煩雑な作業

プログラミングを習得することにより、上記の作業を自社で対応できたり、煩雑な作業の自動化や効率化を進めることができます。

Webマーケティングやプログラミングに対応できる人材が不足している

Webマーケティングやプログラミングに対応できる人材の需要が高まる一方で、専門的なスキルを持つ人材が不足しています。

<Webマーケティングに対応できる人材が不足する理由>
・専門学校や大学が少ない
・優秀な人材は転職市場にいない

Webマーケティングを専門に学べる専門学校や大学は非常に少ないのが現状です。

そのため、企業が人材を育成しなければならない状況が続いています。

Webマーケティングのスキルを習得するには、専門的な知識だけでなく実務経験によるノウハウも必要とします。

習得までに多くの時間がかかるため、人材育成をできない企業が多いです。

そのため、実務に取り組める優秀な人材は、多くの企業が取り合っている状況であり、転職市場で見つけることは難しいでしょう。

<プログラミングに対応できる人材が不足する理由>
・実務経験のある人材が少ない
・最先端技術に対応できる人材が少ない

プログラミングスクールの増加から言語を理解する人は増えたものの、実務経験のある人材はまだまだ少ない状況です。

スクールで学んだことと実務がマッチしないことも多く、採用後に育成が必要となるケースが多いでしょう。その場合採用にかかったコストが無駄になってしまいます。

また、ITの技術は進化するスピードが非常に早いです。最新の技術に対応できる優秀な人材は不足している状況が続いています。

即戦力となる優秀な人材の確保は難しい状況にあるため、リスキリングを通じてスキルを習得する必要があるでしょう。

事業成長につなげやすい

リスキリングによってWebマーケティングやプログラミングのスキルを習得することで、企業は事業の成長を促進しやすくなります。

Webマーケティングの知見を持つ人材がいれば、ターゲット顧客に対して効果的なプロモーションを行うことができるためです。

しかも、自社の人材であるため、外注するよりもコストパフォーマンスが高く、事業拡大により直結します

このように、リスキリングによってWebマーケティングの知識を身に付けることで、事業成長に寄与し、企業の競争力を高めることにつながります。

「Webマーケティングとは何か?」さらに知識を深めたい方は、以下の記事もあわせてご確認ください。

関連記事

Webマーケティングの成功最新事例27選!戦略や集客のポイントを全公開【月利益500万円UP例も!】

Webマーケティングの成功最新事例27選!戦略や集客のポイントを全公開【月利益500万円UP例も!】

Read More

リスキリングでWebマーケティングやプログラミングを学ぶ方法

リスキリングを通じてデジタルマーケティングを学ぶ方法についてご紹介します。

従業員の自主性に任せるなど、さまざまな方法がありますので、参考にしてみてください。

本の購入代金などの費用を負担し自主的に学習してもらう

新しいスキルを獲得する際、従業員が自発的に書籍を購入したりセミナーに参加したりすると、それなりの費用がかかります。

そのため、学習への投資に対して意欲的な従業員だけが取り組む傾向があります。

一方で、リスキリングにかかる費用は会社が負担するため、自発的な学びを促すことが可能です。

具体的な取り組みとしては、関連する書籍を会社の費用で購入し従業員に貸し出したり、セミナーや研修への参加費用の一部を支援するなどが有効でしょう。

リスキリングが成功すれば企業の発展にも寄与するため、積極的に従業員の学習支援に資源を投入することを検討してみてください。

研修などで学習できる機会を増やす

従業員が自分から学習することは大切ですが、企業も主体的に学びの機会を提供することが重要になります。

その理由は、従業員が日々の仕事をこなしながらリスキリングの学習を進める必要があり、自主性だけに頼ると学習が進まないことがあるためです。

では、どのように企業は学びの機会を提供すれば良いのでしょうか?

おすすめの方法としては以下の2つです。

  • eラーニングプログラムの導入
  • 定期的に外部の講師を招き参加が必須となる研修やセミナーを実施する

リスキリングを成功させるためには、従業員に自主学習を促すだけでなく、全員が協力して取り組む体制や施策を整えることが重要です。

専門家が行っているオンラインサロンやオンラインスクールで学ぶ

オンラインサロンやオンラインスクールは、リスキリングの学習方法として非常に効果的です。

専門家が運営しているこれらのプラットフォームでは、質の高い教材や最新の知識を得ることができます。

また、オンライン形式であるため、場所や時間に縛られず、自分のペースで学習することも可能です。

ただし、多額の費用がかかるため、オンラインサロンなどの費用を会社で一部負担してあげるといいでしょう。

Webマーケティングやプログラミングのリスキリングを進める手順

Webマーケティングやプログラミングのリスキリングを会社で推進する手順は以下の通りです。

  1. 身につけるスキルを決める
  2. リスキリングのプログラムを決める
  3. 社員に取り組んでもらう
  4. 実践する

上記の手順について詳しく解説するので参考にしてみてください。

①身につけるスキルを決める

Webマーケティングに活用できるスキルはさまざまなものがあります。

例えば以下のようなスキルです。

  • SEO
  • 広告運用
  • コンテンツ作成(記事・動画)
  • SNS運用

また、プログラミングにおいてもさまざまな言語があります。

  • HTML・CSS
  • PHP
  • Ruby
  • JavaScript
    など

どのスキルを身につけるのかを、社員と面談して決める必要があります。

リスキリングを検討している社員が全員同じスキルを身につけてしまっては人材をうまく活用できません。

とはいえ、会社が勝手に決めてしまうと自主的にスキルを身につけることができないため、社員の意向を聞き取ったうえで慎重にリスキリングを進めていきましょう。

②リスキリングのプログラムを決める

リスキリングにおける学習方法は、以下のように多岐にわたります。

  • 研修
  • オンライン講座
  • 社会人大学
  • eラーニング
  • オンラインサロン
  • オンラインスクール

中でも、自社内で実施が難しい場合は外部の専門家を講師として招くか、外部ベンダーの学習コンテンツを活用することがおすすめです。

さまざまな学習方法を提供することで、学習者は自分に適したリスキリングの手法を選ぶことができるため、学びの効果を高められます。

③社員に取り組んでもらう

教育プログラムが整備されたら、従業員に実際に取り組んでもらいましょう。

リスキリングでは新たなスキルを習得するため、従業員に負担やストレスが伴うことがあります。

そのため、無理強いせず、従業員の積極的な取り組みを尊重することが重要です。

従業員のモチベーションを向上させるためにも、1対1の面談で従業員のキャリア観を考慮しながら学習を進めましょう

④実践する

リスキリングは目的ではなく手段であることを忘れず、獲得した知識やスキルを実践で活用することが重要です。

業務の中で新たなスキルを使える機会を提供し、継続的なフィードバックを通じてスキルを磨く環境を整えましょう

これにより、リスキリングの効果を最大限に引き出すことができます。

リスキリングを実施する際の注意点

リスキリングは企業にとって重要な投資ですが、実施する際にはいくつかの注意点があります。

注意点を理解しておかないと、リスキリングができる体制を構築したとしても従業員がリスキリングに取り組まなかったり、途中で挫折してしまったりする事態になりかねません。

そのような事態を防ぐためにも、リスキリングの注意点をよく理解するようにしてください。

従業員のモチベーションを維持できる仕組みづくりが大切

リスキリングを行う際、従業員のモチベーション維持が重要です。

そのため、学習環境を整えるだけでなく、目標設定や進捗管理、フィードバックなどのサポート体制を整えることが求められます。

具体的には各従業員に個別の学習目標を設定したうえで、定期的なミーティングやチェックインを行って進捗を確認し、必要に応じて適切なサポートを提供するようにしましょう。

また、モチベーション維持のためには、従業員自身のキャリアや将来のビジョンに照らし合わせて、リスキリングに取り組む意義を理解してもらうことも有効です。

まずは、各従業員と1対1でキャリアカウンセリングを行い、習得したいスキルや将来の目標を明確にします。

そのうえでリスキリングプログラムがその目標にどのように貢献できるかを共有するようにしましょう。

上記のような取り組みにより、従業員はリスキリングに対する意欲を持続でき、企業全体の成長に期待ができます。

企業課題の解決につながるコンテンツを学ぶ

リスキリングは、従業員が新たなスキルを習得することで企業課題の解決につなげることを目的としています。

そのため、学習コンテンツは企業が直面する課題や将来の市場環境に対応できるものを選ぶことが重要です。

例えば、データ分析スキルを習得することで、企業のマーケティング戦略や製品開発に役立てることができます。

また、プログラミング能力を向上させることで、企業内の業務効率化やデジタルトランスフォーメーションに貢献できるでしょう。

ちなみに、従業員には習得したスキルを実務で活かす機会を提供し、学びの成果を確認できる環境を整えると有効です。

例えば、データ分析スキルを習得した従業員には、市場調査や顧客分析の業務を任せることで、そのスキルを実践的に活用させることができます。

さらに、学習の成果を評価しフィードバックを行うことで、従業員のスキル向上も促すことが可能です。

このように、リスキリングに成功するためには、企業全体で課題解決に向けた取り組みを進め、学習コンテンツの選定や従業員のサポートを継続的に行うことが必要になります。

StockSunサロン・SEOラウンジPROを活用しスキルを習得した成功事例

StockSunサロンやSEOラウンジPROを活用したことで、実務で使えるスキルやノウハウの習得に成功し年収がアップしている事例や、実際にリスキリングに成功した事例を紹介します。

StockSunサロンとSEOラウンジPROについては下記の動画でも解説しています。

StockSunサロンをきっかけに独立!事業責任者へと成長!

現在StockSunの認定パートナーとして活躍する飯田健登の事例を紹介します。

前職がベンチャーキャピタルで優秀な経営者を探す仕事をしていた飯田は、StockSunサロンを知り「経営者に会えるのではないか?」と考えて入会し、StockSunの株本と知り合いました。

サロンに入会した当初は、仕事の一環として参加していましたが、株本との出会いをきっかけに独立を決意。

StockSunサロンは定期的にさまざまな動画コンテンツなどのカリキュラムが更新されるため、自身の仕事に関係する最新動画は常にチェックしスキルアップを行ったそうです。

その結果、独立後働き方が変化し労働時間も減り、収入も1.5倍に増えました。

現在は、フリーランスの事業責任者へと成長してStockSunに大きく貢献しています。

飯田健登の事例は下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

サロンがきっかけで独立。フリーランスの事業責任者へ成長した経緯【サロンメンバーインタビュー/飯田健登】

StockSunサロンに入会し年収が会社員時代の数倍に!

現在StockSunの認定パートナーとして活躍する濵口魁希の事例を紹介します。

濱口は、StockSunサロンに入会したことで、年収が会社員時代の2倍以上となっています。

濵口は、サイバーエージェント出身の先輩である、StockSun認定パートナーの井上貴裕の動画が見たくてStockSunサロンに加入しました。

StockSunサロンは濵口にとって初めてのオンラインサロンで、株本のフリーランスに関する知識を得られ非常に有益だったそうです。

他のオンラインサロンと違ってStockSunサロンの動画コンテンツは、自分で調べればわかる情報ではなく、より実務に近いコンテンツを提供していたこともポイントが高かったと語ってくれました。

サロンで習得した知識を実務に生かしたことで、年収はフリーランスになった初月から会社員時代の2倍になり、さらに数倍にも増え続けています。

なお、濵口魁希の事例は下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

他オンラインサロンより実用的な情報が集積。フリーランスとしての働き方を学んだStockSunサロン【サロンメンバーインタビュー/濵口魁希】|新着コラム

StockSunサロンの入会で収入4倍!高卒会社員からWebコンサルタントに!

StockSunサロンに入会しリスキリングに成功している岡崎康裕さんの事例を紹介します。

岡崎さんは、サロン内のコンテンツで学んだことを実務に生かし、会社員時代の4倍となる収入を得ています。

岡崎さんは株本をTwitterでフォローしていたため、StockSunサロンが開設されるとすぐに加入されました。

加入後の印象では、求人グループの活発さが目立ち、案件が増えていることが印象的だったそうです。

しかも、求人グループを利用する際、実名制であるため単価の低い案件が少なく、応募者の質も他のサイトと比べて優れていると感じられていました。

また、学習面でもSEO・マーケティング・広告などの様々な領域のコンテンツが、動画にて学べることが魅力に感じたとのこと。

実際、動画で学んだ内容を実務にて活用し、会社員時代の4倍となる収入を稼いでいらっしゃいます。

なお、岡崎康裕さんの事例は下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

フリーランス名鑑を活用し収入4倍。高卒会社員から転身したフリーランスWebコンサル【サロンメンバーインタビュー/岡崎康裕】|新着コラム

SEOラウンジPROで習得したSEOの知見を生かし自社サイトのSEO対策に成功!

SEOラウンジPROに入会しリスキリングに成功している医師の船橋健吾さんの事例を紹介します。

船橋さんは、SEOラウンジPROで習得した知見を生かし、自社サイトのSEO対策に成功されています。

船橋さんはSEO対策について基礎的~中級までの知識の獲得と実践ができるという点に魅力を感じてSEOラウンジPROに入会されました。

実際にSEOラウンジPROは現役のSEOコンサルタントが講師をしているため、現場視点で質問回答やフィードバックがあり、実践的な内容を学ぶことができたそうです。

SEOラウンジPROで学んだことを生かして、自社サイトのSEO対策にも成功されました。

オンラインサロンを比較して選びたい場合は、以下記事も参考にしてみてください。

関連記事

ビジネス系オンラインサロン人気おすすめ7選【おすすめのサロンや後悔しない選び方を紹介】

ビジネス系オンラインサロン人気おすすめ7選【おすすめのサロンや後悔しない選び方を紹介】

Read More

関連記事

Webマーケティングスクール・講座おすすめ比較20選【StockSun流の失敗しない選び方】

Webマーケティングスクール・講座おすすめ比較20選【StockSun流の失敗しない選び方】

Read More

SEO対策についての知識を深めたい場合には、以下の記事もあわせてご確認ください。

関連記事

BtoB企業のSEO対策成功事例とStockSun式のやり方!【月問合せ100件増加事例】

BtoB企業のSEO対策成功事例とStockSun式のやり方!【月問合せ100件増加事例】

Read More

まとめ

Webマーケティングやプログラミングは、リスキリングの重要性は高まっており、今後もさらに高まる可能性が高いです。

そのため、従業員がリスキリングをできる体制を構築する必要があります。

StockSunではWebマーケティングやプログラミングを習得できるStockSunサロンとSEOラウンジPROを運営しています。

どちらもStockSunの優秀なパートナーのノウハウを知ることができるので、効率よくスキルを習得できます。

プログラミングからSEO対策、営業テクニックなど幅広いコンテンツを学べることが最大の強みです。

自己啓発系や表面的な知識ではなく、実務で生かしていただける知見やノウハウを提供しております。

それぞれの詳細は、以下の表から確認できるので参考にしてください。

学べる内容 特徴 料金 期間
StockSunサロン SEO対策
WEB広告
EC
プログラミング
独立ノウハウなど
・定期的にさまざまな動画コンテンツが更新される
・人脈を広げることができる
月額4,400円 期間なし
SEOラウンジPRO SEO ・実践的な内容を現役の専門家から学べる
・丁寧なフィードバックがもらえる
・個人向けプラン:330,000円(税込363,000円)
・法人向けプラン:600,000円(税込660,000円)
8週間

「リスキリングを実践したいけどどの学習方法が良いかわからない」
「効率よくスキルを身につけたい」

その場合は、StockSunサロンとSEOラウンジPROの加入をご検討ください。

\250以上のコンテンツが見放題!実務に生かせるスキルの習得が可能/

StockSunサロンを確認する

\1対1の丁寧なフィードバックあり!8週間でSEOを習得!/

SEOラウンジPROを確認する

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。