メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

採用動画で得られる効果|効果的な動画を制作する方法【SNS・サイトなど事例つき】

一昔前までは、企業の採用情報は文字ベースでの情報伝達が主流でした。しかし、動画が一般的になる現代、視覚的に情報を伝えられる「採用動画」は、多くの企業が取り入れ始めています。

採用動画は、企業の雰囲気や働く環境、従業員の声などをリアルに伝えることができるため、求職者にとっても非常に魅力的な情報源となっています。だからと言って、採用動画を導入することは容易ではありません。その制作にはどれぐらいのコストがかかるのか、実際の効果はどうなのかなど、多くの疑問が浮かび上がります。

この記事では、採用動画の真の意味、その効果、コストについて詳しく解説していきます。さらに、実際の事例を交えながら、どのような採用動画が効果的なのかも紹介していきます。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

採用動画の無料相談

採用動画とは

採用動画は、文字や静止画では伝えきれない企業の魅力や雰囲気を、動画を通して求職者へ伝える手段として急速に普及してきました。採用動画を活用することで、企業のカルチャーや働く環境をよりリアルに感じ取ることができ、企業と求職者のマッチングの成功率も高まると言われています。

それでは、具体的に採用動画とは何なのか、どのような背景や形式があるのかを詳しく見ていきましょう。

採用動画の定義と概念

採用動画とは、企業が自社の魅力や職場環境、社員の声などを映像としてまとめ、求職者に向けて発信する動画のことを指します。

この動画は、企業のウェブサイトやSNS、求人情報サイトなどで公開され、求職者の関心を引きつけることを目的としています。テキスト情報だけでは伝えきれない企業の雰囲気や文化、働くスタッフの実際の声などをダイレクトに伝えることができるため、近年多くの企業が導入を検討しています。

採用動画の歴史と背景

動画の普及と共に、企業の採用活動にも変化が見られるようになりました。採用動画の歴史はそれほど古くありませんが、2000年代初頭にはすでに一部の先進的な企業が導入を始めていました。

当初は大手企業や外資系企業が中心でしたが、動画制作のノウハウが普及し、コストが下がるにつれ、中小企業やスタートアップ企業でも採用動画を利用するケースが増えてきました。そして、スマートフォンの普及やSNSの登場により、採用動画は一気に主流となりました。

採用動画の形式と種類

採用動画にはさまざまな形式や種類が存在します。

一般的なものとしては、企業の魅力や強みを伝える「企業紹介動画」、実際に働く社員の声を取り上げる「社員インタビュー動画」、1日の業務風景を追った「Day in the Life動画」などが挙げられます。

これらの動画は、それぞれの目的やメッセージに応じて制作され、求職者に対して異なるアプローチをすることができます。採用動画の形式や内容は、企業のブランドやカルチャー、求める人材像によって異なるため、自社の特色を活かした動画を制作することが重要です。

採用動画の効果とは

採用動画が多くの企業に取り入れられる背景には、その効果の高さが挙げられます。静的な文字や画像だけでなく、動的な映像と音で伝えられる情報は、求職者の心に深く刻まれるものとなります。

それでは、具体的に採用動画がもたらす効果とはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

応募者への強烈な印象付け

動画は視覚と聴覚の両方を刺激するため、他のメディアに比べて情報の伝達力が高いとされています。採用動画を通じて企業の魅力や特色を伝えることで、求職者に対して強烈な印象を与えることができます。

また、動画のストーリー性や映像のクオリティが高ければ、その印象はさらに深まるでしょう。

企業のブランディング強化

採用動画は、単に求職者を引きつけるだけでなく、企業のブランディングにも寄与します。

映像を通じて企業の文化や価値観を伝えることで、企業イメージの向上やブランドの認知度の向上が期待できます。これは、採用活動だけでなく、商品やサービスの販促にも繋がる効果となります。

目標とする求職者の獲得

採用動画を活用することで、企業が求めるタイプの求職者を効果的に獲得することが可能となります。

例えば、若手クリエイターやエンジニアを対象とした動画を制作することで、該当する人材が興味を持ちやすくなります。

また、具体的な業務内容やチームの雰囲気を映像で伝えることで、求職者が自身とのマッチングをイメージしやすくなります。

ミスマッチの防止

採用活動におけるミスマッチの防止は、企業にとって大きな課題の一つです。

採用動画を活用することで、求職者に対して企業の実際の業務風景や社員の声を伝えることができるため、入社後のギャップを最小限に抑えることができます。この結果、新入社員の早期退職を防ぐなど、採用の質を向上させることが期待できます。

関連記事

かっこいい会社紹介動画を最大に活かすコツと事例

かっこいい会社紹介動画を最大に活かすコツと事例

Read More

採用動画の活用に効果が出る理由

採用動画は、近年の求人情報の中で非常に注目を浴びるツールとなっています。その背後には、現代の情報収集の変化や動画コンテンツの普及、さらには新世代の求職者のニーズや期待が影響しています。

以下、詳しく探っていきます。

現代の情報収集の変化

かつては、新聞や雑誌の求人広告が主流でしたが、インターネットの普及に伴い、情報収集の方法が大きく変わりました。

特に、若い世代の求職者は、オンラインを主要な情報収集源として使用しています。このため、テキストベースだけでなく、視覚的・聴覚的に情報を伝える動画が有効になってきています。

動画コンテンツの普及

YouTubeやTikTokをはじめとした動画配信プラットフォームの人気が爆発的に増加したことで、動画を日常的に消費する文化が根付いています。

企業もこれに応じて、プロモーションやブランディング、そして採用活動においても動画コンテンツを活用するようになりました。視覚的な情報は記憶に残りやすく、感情を動かす力も持っているため、動画を活用することで企業の魅力を伝えやすくなっています。

世代のニーズと期待

新世代の求職者は、単なる給与や待遇だけでなく、「どのような企業文化があり、自分がどのように成長できるのか」という点を重視して求人を選んでいます。

採用動画は、企業の雰囲気や働く人々の声を直接伝えることができるため、求職者のこれらのニーズや期待に応える有効なツールとなっています。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

採用動画の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

効果を得られる採用動画の制作方法

採用動画の制作において、ただ映像を撮影して編集するだけでは十分な効果を得られないことが多いです。

どれだけ高品質な動画を制作しても、その動画が求職者の心を掴む内容でなければ意味がありません。効果的な採用動画を制作するためのポイントを紹介します。

ターゲットの洞察と理解

まず最初に、どのような求職者をターゲットにしているのかを明確にすることが重要です。目標とする求職者のニーズや考え、興味を理解することで、その人たちが興味を持ちやすい内容の動画を制作することができます。

例えば、新卒をターゲットにした場合、キャリアの形成や成長の機会、社内の雰囲気などに焦点を当てると良いでしょう。

ストーリーテリングの重要性

ただ情報を伝えるだけでなく、ストーリーを持った動画制作が効果的です。人は感情を動かされることで行動を起こしやすくなります。

例えば、ある従業員の1日を追ったドキュメンタリー形式の動画や、企業のミッションやビジョンを伝えるためのストーリーを組み込むなど、視聴者の感情に訴えかける内容を心がけましょう。

効果的な動画の長さと内容

動画の長さは、その目的や配信するプラットフォームによって最適なものが変わってきます。例えば、SNSでの短い動画広告やストーリー形式の場合、15秒〜30秒程度の短い動画が効果的です。

一方、企業の公式サイトや採用サイトでの長めの紹介動画の場合、2〜3分程度が理想的です。また、内容に関しては、視聴者が「この企業で働きたい」と思えるような魅力的な要素を中心に組み込むことが重要です。

採用動画の作り方は、以下の記事で順序立てて詳しく解説しています。

関連記事

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

採用動画の事例20選!作るコツ1から10とトレンドを解説【費用・種類・作るポイント】

Read More

採用動画が効果をもたらした成功事例

動画には視覚的なインパクトがあり、情報を伝える上で非常に効果的な手段です。特に採用活動において、企業の魅力や働く環境を短時間で伝えることができるため、多くの企業が採用動画を導入しています。

以下では、さまざまな事例を通じて、どのように採用動画が効果をもたらしたのかを紹介します。

大手企業の成功事例

三菱地所 採用コンセプトムービー “NANIMONO”

大手企業である三菱地所は、新卒採用チャンネルにて2分半のコンセプトムービーを投稿しております。

こちらは長尺でのCMのようなスタイルで、実際のオフィスや周辺の風景、社員が登場し、大事にしているモットーを紹介しつつスタイリッシュな編集で印象を残しています。

「三菱地所は、情熱だ」「三菱地所は、可能性だ」

といった分かりやすく、方向をある程度絞る文言によって合わない学生は退きつつ、軸が定まりきっていない学生は惹かれることもあるのではないかと考えられます。

独自性を活かした事例

Amazing right? 👀 If this looks like a job for you, APPLY NOW 🧡🌶 #re… | TikTok

こちらは海外の企業ですが、14秒という短い動画の求人広告へ7500人の応募が殺到したことで話題となっております。

ソース

TikTokでよく見かける企業の動画では、従業員がふざけるエンタメ色の強いものや、複数人で踊っていたりインフルエンサーがコラボするものが多くみうh蹴られます。

ですがこの動画では魅力を淡々と紹介することで、あえて目を引いたのではないかと分析されます。

もちろん海外の企業のため日本とはニーズや状況が異なりますが、採用動画だからといって特別なことが必ず必要とは限らず、このように魅力を伝えることで採用できる場合もございます。

関連記事

【完全解説】リクルート動画の事例、メリット、費用をプロ解説

【完全解説】リクルート動画の事例、メリット、費用をプロ解説

Read More

関連記事

かっこいい企業pv・動画の事例8選!作り方と製作にかかる期間と費用【プロ解説】

かっこいい企業pv・動画の事例8選!作り方と製作にかかる期間と費用【プロ解説】

Read More

効果的な採用動画を制作するためにかかる費用

採用動画を導入する際の大きな懸念点の一つが、その制作コストです。確かに、高品質な動画を制作するためには一定の予算が必要となることもありますが、適切な方法を選ぶことでコストを抑えつつ効果的な動画を制作することも可能です。

以下では、費用に関する具体的なポイントを解説していきます。

制作会社へ依頼するときには、以下の記事を参考にしてください。

関連記事

採用動画制作会社5選!費用相場や選び方、成功事例も紹介【プロ解説】

採用動画制作会社5選!費用相場や選び方、成功事例も紹介【プロ解説】

Read More

制作会社やフリーランサーの選定

動画のクオリティや求める内容、制作スケジュールによって、適切な制作パートナーを選ぶことが重要です。

制作会社は一般的には高品質な動画を提供してくれるものの、それに伴う費用も高くなることが多いです。一方、フリーランサーは柔軟性が高く、コストを抑えやすいというメリットがあります。

しかし、フリーランサーにはスキルや経験が異なるため、選定の際にはポートフォリオや過去の作品を確認することが必要です。

自社制作のメリット・デメリット

自社で動画を制作する場合、外部に依存することなく、自社のニーズやブランドを反映した内容を作成することができます。また、制作費用を大幅に削減することが可能です。

しかし、動画制作のスキルや経験が不足している場合、クオリティが低くなってしまうリスクがあります。また、機材の導入や編集ソフトのコストも考慮する必要があります。

コストを抑えるためのアドバイス

プランニングの徹底

制作前にしっかりとしたプランを立てることで、無駄な作業時間やコストを削減することができます。

既存の素材の活用

企業活動で撮影した写真や映像を効果的に活用することで、新たな撮影の必要を減らすことができます。

オープンソースやフリーの素材利用

音楽や映像素材など、無料で利用できるリソースを上手に活用することでコストを抑えることが可能です。

フィードバックの活用

初期段階でのフィードバックを取り入れ、無駄な修正作業を減らすことで、時間とコストを節約することができます。

事前に知るべき採用動画のデメリット

採用動画は数多くのメリットを持っていますが、その一方で知っておくべきデメリットも存在します。導入を検討する上で、これらのポイントをしっかりと把握し、対策を立てることが成功の鍵となります。

制作費用と時間の課題

採用動画の制作には、しっかりとした予算と時間が必要とされることが多いです。特にプロの制作会社に依頼する場合、高品質な動画を作成するためのコストがかさむことが予想されます。

また、撮影、編集、修正などの工程を経るため、制作には相応の時間がかかることも覚悟する必要があります。

過度なステージングの罠

採用動画を作成する際、企業の良い面だけを強調し過ぎてしまうと、現実とのギャップが生じる恐れがあります。

過度にステージングされた内容は、採用が決まった後にミスマッチを生む原因となりかねません。真実を歪めることなく、ありのままの企業文化や働く環境を伝えることが重要です。

適切な配信チャンネルの選定課題

どれだけ素晴らしい採用動画を作成しても、それを適切なターゲット層に届けることができなければ、その効果は半減してしまいます。

特定の層に特化した動画である場合、SNSや動画配信プラットフォームの選定は非常に重要となります。適切なチャンネルを選定することで、最大限の効果を引き出すことができるでしょう。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

採用動画の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

効果を発揮する採用動画のトレンド

近年、採用動画は企業の採用活動の中心的な役割を果たすようになってきました。そして、新しい技術や手法の導入により、どんどん進化しています。

ここでは、採用動画の最新トレンドを紹介し、その効果や特徴について探ることとします。

社長・社員インタビュー

近くのリーダーや現場の社員の生の声を取り入れることで、企業の実態や文化、雰囲気をリアルに伝えることができる。

社長や経営層のメッセージを直接伝えることで、ビジョンやミッション、企業の方針などを強調することができます。また、現場の社員の声を通じて、実際の仕事の内容や業務の魅力を具体的に示すことが可能となります。

AR・VRを用いた採用動画

AR(拡張現実)やVR(仮想現実)技術を活用した採用動画は、従来の動画とは一味違った没入感を提供します。

例えば、VRを活用すれば、オフィスや作業場の雰囲気を360度の視点で体感することができ、まるでその場にいるかのような体験を提供することができます。これにより、求職者に対して強烈な印象を残すことが期待できます。

インタラクティブな採用動画

動画をただ見るだけでなく、視聴者がアクションを起こすことで内容が変化するインタラクティブな動画も人気を博しています。

例えば、選択肢を提示して、視聴者が選択することで異なるエンディングに導かれるような仕組みなどが考えられます。これにより、求職者に対して積極的に関与してもらうことができ、深い印象を残すことができます。

ダイバーシティ&インクルージョンの取り組み

多様性を尊重し、全ての社員が自分らしく働ける環境を作る取り組みを強調する動画です。特にグローバルな視点での採用を強化している企業や、多様なバックグラウンドを持つ人材を求める企業において有効です。

番外:社員がインフルエンサーになるパターン

SNSを活用し、社員自らが企業の魅力を発信する動画。リアルな社員の声や日常を垣間見ることができるため、求職者との距離が縮まりやすくなります。特に若い世代の求職者に対してのアプローチとして効果的です。

ただ番外として挙げさせていただいた理由として、再現性の低さに対して抱えるリスクが小さくないことが挙げられます。ポップさやエンタメ性を無理に出そうとした結果、変なイメージを抱かれることやブランディングが崩れることは大いに考えられます。

その反面、しっかりと成果が出れば大きな差別化要因とはなりますが、トレンドの中でも取り組むべきとは言いづらいため番外とさせていただきました。

採用動画に関するQ&A

採用動画の制作・運用にはさまざまな疑問が生じることがあります。ここでは、多くの企業や制作者が抱くよくある質問と、それに対する答えを取り上げてみましょう。

採用動画の長さはどれくらいがベスト?

採用動画の長さには明確な正解はありませんが、目的や配信するプラットフォームによって最適な長さは異なります。

例えば、SNSでのショート動画は15秒から1分程度、ウェブサイト上での詳細な紹介動画は2〜5分程度が目安となります。しかし、最も重要なのは内容の質です。

情報を効果的に伝え、視聴者の興味を引きつけることができるならば、動画の長さはあまり気にしなくても良いでしょう。

効果的な採用動画の配信方法は?

効果的な配信方法は、目標とする求職者がどこで情報を得ているかによって変わります。ウェブサイトや採用専用ページはもちろんのこと、YouTube、 TikTok、 TwitterなどのSNSも強力な配信手段となり得ます。

さらに、求人情報サイトやキャリアフェアでの上映も効果的です。どのチャンネルを選択するかは、ターゲットとする求職者の属性や行動パターンを分析し、適切な場所で配信することが大切です。

採用動画のROIはどのように計測する?

採用動画のROI(投資対効果)を計測するためには、動画の制作費用や配信にかかる費用を明確にし、それに対して得られた効果(例: 応募者数の増加、採用数の増加など)を数値化することが必要です。

具体的には、動画の再生回数や完全視聴率、直接的な応募数やウェブサイトへのアクセス増加などを指標として考慮し、これらの数値と投資金額との関係からROIを算出します。

また、採用動画による企業ブランドの向上や応募者の質の向上など、定量化しづらい効果も考慮することが重要です。

まとめ

今回の記事にて、採用動画の効果についてを重点的に、実際の事例や費用などを踏まえながら紹介させていただきました。

ただこれらの効果は企業によって異なることはもちろん、ブランディングによっては取り扱いに注意すべき場合もございます。

下ボタンより無料相談にお申込みいただくと、プロの動画コンサルタントが御社にあった採用動画もしくは採用戦略について、御社の状況を踏まえた上でご提案させていただきます。

費用は一切かかりません、無理な営業もいたしません。

お気軽にご相談いただけますと幸いです。

\特典:売上倍増!?貴社の事業課題を解決するYouTubeの戦略をご提案/

採用動画の無料相談

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

YouTubeの運用に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。