メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SEOの外部対策とは?やるべき22選の具体策を公開!重要な理由や注意点

SEO
更新日
SEOの外部対策とは?やるべき22選の具体策を公開!重要な理由や注意点
亀田温大

この記事の著者

亀田温大

亀田温大

SEOリライトのスペシャリスト

大学在学中からSEO対策を独学し、PPP株式会社(StockSun 現代表 岩野圭佑氏の会社)に参画。

その後、StockSun株式会社のSEO試食事業の責任者として立ち上げから携わり、1年半で年商1億規模まで成長。
事業の拡大と共に50名以上のSEOディレクター、ライター、インターンの育成を同時に行い、月間300本以上の記事制作/リライトをディレクション。
常時30件以上のクライアント対応の統括。1年で対応したクライアントは50件以上。

ゴミ記事を大量生産するSEOではなく、1本を磨き続け、狙ったKWで上位を獲得するまで育てるのが得意。

自分が制作した記事、リライト記事の成果を追うのが大好きなSEOオタク。

SEO外部対策ってなに?
SEO外部対策の具体的な方法を知りたい!

SEO外部対策とは、被リンクの獲得やサイテーションの増加を通してサイトのSEO評価を高めることを指します。

本記事では、SEO外部対策を実施いただくために必要な以下の知見をまとめました。

本記事では、SEO外部対策の具体的な方法や注意点などについて解説します。
記事の後半ではSEO成果を解析するのにおすすめのツールも紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

また、弊社は弊社はSEOに関する無料の相談も行っています。貴社の商材や目的に合わせて利益の向上にコミットしたSEO対策をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

\SEOの外部対策で検索順位を上げるなら/

SEOの外部対策の方法を無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

目次

SEO外部対策とは?

SEOの外部対策を説明した図解

SEO外部対策とは、SEO対策の一環として他のウェブサイトからのリンクや評価を通じて自社サイトの信頼性や価値を向上させる取り組みのことです。

SEO外部対策には、主に以下2つの方法があります。

  • 被リンク獲得
  • サイテーション増加

被リンクとは、別のサイト上にリンクが貼られている状態を指します。

記事のアップやサイト改修ではなく、別のサイトからリンクを貰ったり流入が増えたりするような取り組みがSEO外部対策です。

SEO外部対策が重要な2つの理由

SEO外部対策が重要な2つの理由

SEO外部対策が、サイトのSEO向上において重要な理由は以下の2つです。

  • 第三者による評価だから
  • 検索エンジンがページを発見しやすくなるから

それぞれの理由について詳しく解説します。

第三者による評価だから

外部サイトからのリンクは、第三者からの評価として機能します。

他の信頼性の高いサイトや有名なブログからのリンクを獲得することで、自社サイトの信頼性や評判を高めることが可能です。

Googleは、創業時から被リンクを重視しています。被リンクやサイテーションの数をユーザーからの指示率と見なしているため、サイトの評価を高めるためにSEO外部対策は有効と考えられます。

検索エンジンがページを発見しやすくなるから

外部サイトからのリンクを多く獲得することは、検索エンジンに対して自社サイトの存在を知らせる手段です。

Googleをはじめとする検索エンジンは、クローラーと呼ばれるbotがインターネット上に公開されたコンテンツを巡回することで発見されます。

クローラーはリンクを辿ってWebページを移動するため、被リンクがあるとクローラーに発見されやすくなります。

StockSunでは、貴社の商材や目的に合わせて利益の向上にコミットしたSEO対策をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

\SEOの外部対策で検索順位を上げるなら/

SEOの外部対策の方法を無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

SEOの外部対策と内部対策の違いを紹介

SEOの外部対策と内部対策の違いを説明した図解

SEOの外部対策と内部対策には以下のような違いがあります。

対策具体的な施策
SEO外部対策・被リンクを獲得する
・サイテーションを増加させる
SEO内部対策・質の高い記事を制作する
・記事内にキーワードを多く含める
・サイトを使いやすく改修する

内部対策は、サイト内で完結するSEO対策です。

質の高い記事や有益な情報を発信することで自然と被リンクやサイテーションは増えるため、外部対策と内部対策は並行して進めるのが理想です。

内部対策の詳しい施策は、以下記事にて解説しているため、ご確認ください。

SEOの内部対策とは?内部対策20のチェックリストと使えるチェックツールを徹底解説【StockSun独自のチェックシートを無料提供中】

SEOの内部対策とは?内部対策20のチェックリストと使えるチェックツールを徹底解説【StockSun独自のチェックシートを無料提供中】

また、内部対策を実施する際には、コンテンツSEOのポイントも抑えて置く必要があります。

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

基本的なSEO外部対策は2つ

SEO外部対策で基本的な外部施策3選

次に、SEO外部対策で基本的な施策を3つ紹介します。

  • 被リンクを獲得する
  • サイテーションを増やす

それぞれの施策について詳しく解説します。

被リンクを獲得する

被リンクとは、他のWebサイトから自社サイトへのリンクのことです。

被リンクを増やすためには、質の高いコンテンツを提供し、他のサイトやブロガーからの注目を集めることが重要です。

被リンクは単に量が多ければ良いものではなく、中には被リンクを獲得することでペナルティを受ける場合もあります。

関連性の低いサイトやスパムサイトからの被リンクは、サイト評価を下げてしまう場合もあるため注意しましょう。

サイテーションを増やす

サイテーションとは、SNSで自社サイトやコンテンツが引用されたり参照されたりすることを指します。

他のウェブサイトやブログで自社サイトの情報を引用されることは、信頼性や価値の向上につながります

SNSからの被リンクは直接サイト評価に影響しないものの、認知度の向上はサイト評価にも関係すると考えられているため、外部対策として有効な施策です。

サイテーションを増やすためには、以下のような要素が必要です。

  • サイト名や企業名がわかりやすい
  • コンテンツに話題性があったり面白かったりする
  • 共有しやすいサイト設計にする

また、インフルエンサーにサービスの紹介を依頼することもサイテーション増加に繋げられます。

SNSを活用することで施策が円滑に進む【補足】

外部リンクを集めたり、サイテーションを増やしたりする際は、拡散力の高いSNSの運用も併用していくことで円滑に進むケースがあります。

特に拡散力が高い施策はインフルエンサーマーケティングです。

中でもインフルエンサーに自社製品を送付する代わりに、SNSで自社製品を投稿してもらうギフティング施策は、少ない予算で実施できます。

ターゲットに人気のインフルエンサーが商材を紹介することにより、自社商材を指名検索してもらったり、実際に使用した口コミが増えたりする可能性が増えます。

それにより、少ない予算で多くのサイテーションを獲得していくことが可能です。

StockSunでは、貴社の商材や目的に合わせて利益の向上にコミットしたSEO対策をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

\SEOの外部対策で検索順位を上げるなら/

SEOの外部対策の方法を無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

SEO外部対策で注意すべきペナルティ3選

SEO外部対策で注意すべきポイント3選

次に、SEO外部対策で注意すべき点として以下3つのポイントを紹介します。

  • 関連性の低いサイトとの相互リンクは無効になる場合がある
  • ワードサラダはサイトの評価を下げる可能性が高い
  • 低品質なコンテンツは外部対策の効果が十分見込めない

それぞれの注意点について詳しく解説します。

関連性の低いサイトとの相互リンクは無効になる場合がある

自社のサイトと関連性の低いサイトで相互リンクを張ることは、検索エンジンにとってスパム行為と見なされる可能性があります。

スパム行為と見なされるとリンクが無効になったりペナルティを受けたりする場合があるため、相互リンクを行う際には、相手サイトと自社サイトの関連性を考慮しましょう。

以下の記事では、被リンク獲得で注意すべきポイントを詳しくまとめています。サイト評価を向上させる被リンク獲得方法も解説しているので、ぜひご覧ください。

SEO対策でペナルティを受けやすい被リンクの種類を5つ紹介!対策や効果のある被リンクの獲得方法も徹底解説

ワードサラダはサイトの評価を下げる可能性が高い

ワードサラダはサイト評価を下げる可能性があります。

ワードサラダとは、文法は間違っていないものの意味が破綻している文章を指します。

無意味なキーワードの羅列や大量のキーワードを使用したコンテンツは、検索エンジンにとって価値の低いものと見なされる可能性があります。

キーワードの使用は適切に行い、自然な文章を意識しましょう。

低品質なコンテンツは外部対策の効果が十分見込めない

低品質なコンテンツでは外部対策の効果が十分見込めない場合があります。

外部サイトからのリンクやサイテーションなどの外部対策は、質の高いコンテンツが基盤となって初めて効果を発揮します。

一方で低品質なコンテンツでは、他のサイトからの評価やリンクを獲得することが難しい場合が多いです。

質の高いコンテンツを制作すると自然と被リンクは増えていく傾向にあるため、内部対策としてコンテンツの見直しやサイト改修も検討しましょう。

ペナルティを受けやすい被リンクについては、以下記事にて解説しています。

SEO対策でペナルティを受けやすい被リンクの種類を5つ紹介!対策や効果のある被リンクの獲得方法も徹底解説

SEO対策でペナルティを受けやすい被リンクの種類を5つ紹介!対策や効果のある被リンクの獲得方法も徹底解説

内部リンクとは?SEOに効果的な貼り方のコツや設置場所を解説

内部リンクとは?SEOに効果的な貼り方のコツや設置場所を解説

外部対策を実施してペナルティを受けた場合の対策方法

ペナルティを受けてしまった場合の対策方法は、ペナルティの種類によって異なります。

ペナルティには次の2種類があります。

  • 手動ペナルティ
  • 自動ペナルティ

それぞれの対策方法を解説いたします。

手動ペナルティを受けたときの対策

手動ペナルティとは、Googleのスタッフが確認して判断し、手動でペナルティとするものです。手動ペナルティを受けた際は、サーチコンソールから通知が届きます。

以下の「セキュリティと手動による対策」という箇所から確認可能です。

SEOの外部対策で手動ペナルティを受けたときの確認方法

何がペナルティとなったのか、詳細が記載されているため、必ず修正を実施しましょう。

修正完了後は、そのままにせず再審査の依頼を送付します。

ペナルティを受けているときには、「再審査をリクエスト」という赤いボタンが表示されるので、それをクリックすれば完了です。

自動ペナルティを受けたときの対策

自動ペナルティを受けた際は、通知が届かずにコンテンツやサイトの順位が下落します。

ただ突然下落する場合は、以下2点などが要因として考えられます。

  • アルゴリズムのアップデートがあった
  • コンテンツ内容に変更を加えた

1つ目は、直近でアルゴリズムのアップデートがあり、新たな評価基準が加わったことでペナルティを受けてしまった可能性です。

アップデートで上位表示されたページ、順位が落ちたページの傾向を分析することで対策できます。

2つ目は、リライトを実施したことで何かしらにペナルティを受けて順位が落ちてしまった可能性です。その場合は、コンテンツの内容を元に戻すことが対策となります。

SEOの外部対策でやるべき施策22選一覧早見表【工数・獲得できる可能性もわかる】

本記事で解説するStockSun式の、被リンク獲得・サイテーション獲得それぞれに有効な施策22選をまとめました。

SEOの外部対策でやるべき施策22選一覧早見表

それぞれの施策を実施する際の工数と獲得できる可能性も把握できるように、まとめています。

かかる工数、可能性も踏まえたうえで、貴社の業種と相性が良さそうな施策を確認しましょう。

また、以降の章では、それぞれの施策の具体的なやり方を解説しているため、合わせてご確認ください。

SEO外部対策における被リンク獲得施策12選

被リンク獲得してSEO外部対策をする方法12選

次に、SEO外部対策として被リンクを獲得する方法を12こ紹介します。

  • リンクの設置依頼を営業する
  • トレンド記事を制作する
  • 比較記事・ランキング記事を作成する
  • 一次情報となる3つのコンテンツ制作
  • →自社事例を掲載した記事
  • →独自調査のデータを提供した記事
  • →難しい事柄を解説したオリジナル図解
  • 取材記事を制作する
  • 寄稿記事を制作する
  • 自社のコーポレートサイトにリンクを設置する
  • 低品質なリンクを削除する
  • 地域イベントなどに参加する
  • 自社の業種と関連性の高いイベントを開催する

それぞれの方法について詳しく解説します。

リンクの設置依頼を営業する

自分のサイトにリンクを設置してもらうためには、他のウェブサイトの運営者や管理者に直接連絡を取り、リンクの設置依頼をする方法があります。

営業のようなアプローチが必要ですが、相手のサイトにとって有益な情報や提案をすることでリンクの設置を許可してもらえる可能性が高まります。

トレンド記事を制作する

トレンドに関連した記事を制作することで、他のウェブサイトからの被リンク獲得が期待できます。

トレンド記事は、人々の関心を引くため共有されやすく、他のサイトから引用やリンクの形で紹介されることがあります。

トレンド記事のネタはYahooニュースなどのニュースサイトで集められるため、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

比較記事・ランキング記事を作成する

自社の業種に関する比較記事を作成することも被リンク施策に有効です。

比較記事とは、以下のような記事です。

  • SEO対策会社おすすめ10選を一覧比較
  • SNS運用会社おすすめ10選

上位の記事を作成する際に、同業種の企業へ、比較記事で紹介したい旨を交渉します。また、紹介する代わりに自社サイトのリンクも掲載してもらえないかを営業することで被リンクの獲得につながります。

また、記事に掲載してほしい文章も送付してもらうことで、記事作成の工数削減につながるでしょう。

一次情報となる3つのコンテンツ制作

他のサイトにはない一次情報を発信する記事を制作することで、被リンクの獲得が期待できます。

一次情報は、他のサイトが引用やリンクの形で紹介することが多いため、リンクの獲得につながります。

次の記事などが該当します。

自社事例を掲載した記事

自社の成功事例を掲載した記事を作成することで、自社にしかない独自ノウハウを提供できます。独自の一次情報となるため、引用してもらえる可能性があがるでしょう。

たとえば、StockSunでも、以下のように記事に成功事例を掲載しています。

課題解決につながった実際の戦略を細かく記載しているため、貴社でも横展開できるようになっています。

被リンク獲得施策としてStockSunが実施している成功事例コンテンツの例

貴社独自のノウハウや知見を含められるような事例を含めたコンテンツを作成しましょう。

独自調査のデータを提供した記事

独自に調査したデータなどがあれば、記事にすることもおすすめです。

調査結果の内容や、グラフ画像などを他のサイトで引用してもらえる可能性があります。

StockSunでも以下のようなフリーランスの実態調査を実施して記事にして公開しています。

被リンク獲得施策としてStockSunが実施した、調査データコンテンツの例

難しい事柄を解説したオリジナル図解の挿入

難しい事柄を説明した図解などは、他のサイトでも引用してもらえる可能性があり、被リンクの獲得につながります。

以下のような図解を設置した記事を作成しましょう。

被リンク獲得施策としてStockSunが実施しているオリジナル図解の例

取材記事を制作する

有名な人物や企業に取材しインタビュー記事を制作することで、被リンクの獲得が期待できます。

取材記事は一次情報と同じく他のウェブサイトからの引用や紹介が期待できるため、リンクの獲得効果が高いです。

取材対象が有名な人物や企業であれば、被リンクの数も大きく増える可能性があります。

寄稿記事を制作する

他のウェブサイトに記事を寄稿することで、被リンクの獲得が期待できます。

寄稿記事は、他のサイトの読者に自分のサイトを紹介できるため、被リンクの獲得につながります。

ただし、寄稿先のウェブサイトは自分のサイトと関連性があることが重要です。

関連性の低いサイトからの被リンクは無効になったりペナルティを受けたりする可能性があるため注意しましょう。

自社のコーポレートサイトにリンクを設置する

自社のコーポレートサイトに記事のリンクを設置することで、被リンクを獲得できます。

コーポレートサイトや採用サイトでリンクを設置することでサイトの運営者情報を検索エンジンに伝え、信頼性を高める効果もあります。

自作のリンクかつ量が少なくなるため大きな効果はできないものの、簡単にできる施策としておすすめです。

低品質なリンクを削除する

低品質なリンクを削除することで、サイト評価が下がるのを防ぐ効果が期待できます。

被リンクには、低品質なリンクが含まれている場合があります。

定期的にリンクのチェックを行い、問題のあるリンクは削除依頼をするかリンクの否認をしましょう。

なお、リンクは「Google Search Console」を利用すれば確認できます。

地域イベントなどに参加する

自社の業種に近しいイベントに参加することでも被リンクを獲得できます。例えば、所在する地域イベントへの参加なども効果があります。

地域イベントに参加をすることで、地域のホームページに「参加企業(店舗)」としてリンクを設置してもらえる可能性があります。

地域などの公的で信頼性の高いサイトからのリンクは、自社サイトの信頼性にも大きく貢献してくれるでしょう。

自社の業種と関連性の高いイベントを開催する

たとえば、自社と関連性の高い企業が出展できるようなイベントを開催することも方法の一つです。

「イベントの告知のために自社サイトのリンクを設置する」を参加条件とすれば、その業界の企業ページから多くの被リンクを獲得していけます。

イベントの開催が社内で提案されている場合には、上記の被リンク施策を進めましょう。

質の高い被リンクを増やす方法は、以下記事を参考にしてください。

被リンクを増やす方法とは?被リンク獲得のSEO効果や増やす上での注意点も徹底解説

被リンクを増やす方法とは?被リンク獲得のSEO効果や増やす上での注意点も徹底解説

被リンクの調べ方を徹底解説!無料・有料のおすすめのチェックツール13選と確認ポイントも紹介

被リンクの調べ方を徹底解説!無料・有料のおすすめのチェックツール13選と確認ポイントも紹介

SEO外部対策におけるサイテーション獲得施策10選

サイテーションを増やしてSEO外部対策をする方法10選

次に、SEO外部対策としてサイテーションを増やす方法を10つ紹介します。

  • 読者がわかりやすいサイト名を設定する
  • SNSで積極的に発信する
  • サイト内にSNSで共有できるボタンを設置する
  • OGP設定をする
  • プレスリリースとして自社の情報を発信する
  • 構造化データで基本情報をマークアップする
  • ポータルサイトに登録する
  • Googleビジネスプロフィールに登録する
  • ホワイトペーパーを用意する
  • コラボウェビナーの実施

それぞれの方法について詳しく解説します。

読者がわかりやすいサイト名を設定する

読者がわかりやすいサイト名に設定することでサイテーション増加が期待できます。

サイト名はサイテーション増加において重要な要素です。

読者がわかりやすいサイト名を設定することで、アクセスや被リンク獲得につながります。

例えば、以下のような要素を含んだサイト名を付けると良いでしょう。

  • 短いサイト名
  • 他のサイトと被っていないサイト名
  • 読みやすいサイト名

サイト名が間違って記載されると、サイテーションの効果が下がってしまう場合があります。

誰が見てもわかるようなサイト名を付けることで、効率良くサイテーションを増やせるでしょう。

SNSで積極的に発信する

SNSを活用して、自社の情報やコンテンツを積極的に発信することでも、サイテーション増加が期待できます。

SNS上のリンクは被リンクとしてカウントされませんが、拡散されることで間接的に被リンク効果も見込めます。

SNSでは有益な情報はすぐ拡散される傾向にあります。質の高いコンテンツをアップし続けていれば、徐々にサイテーションや認知度が高まっていくでしょう。

サイト内にSNSで共有できるボタンを設置する

サイト内にSNSで共有できるボタンを設置することでも、サイテーション増加が期待できます。

ウェブサイト内にSNSで共有できるボタンを設置することで、読者が簡単にコンテンツを共有できるようになります。

SNSで共有しやすいコンテンツは拡散されやすく、最終的に他のウェブサイト等で引用される可能性も高まるため共有ボタンは設置しておくのがおすすめです。

OGP設定をする

OGP設定をすることでも、サイテーション増加が期待できます。

OGP(Open Graph Protocol)は、サイトが共有された際に表示されるサムネイル画像やタイトルの設定です。

適切なOGP設定を行うことで、他のウェブサイトでの共有時にタイトルや画像が適切に表示され、サイテーションの増加につながります。

プレスリリースとして自社の情報を発信する

プレスリリースとして自社の情報を発信することでも、サイテーション増加が期待できます。

プレスリリースとは、事業やサービスなどの情報を第三者が利用しやすいようにまとめたものです。

プレスリリースは多くのメディアやウェブサイトで引用されることがあり、サイテーションの増加につながります。

構造化データで基本情報をマークアップする

構造化データで基本情報をマークアップすることでも、サイテーション増加が期待できます。

構造化データとは、検索エンジンがサイトの意味を理解しやすくするために、HTMLに意味を付与するコードです。

例えば、以下のような情報はマークアップするのがおすすめです。

  • 企業名
  • 住所
  • 電話番号
  • URL

なお、構造化データをマークアップする際は表記ゆれに注意しましょう。同じ意味の単語でも表記が異なると別の単語として認識されてしまいます。

ポータルサイトに登録する

ポータルサイトに自社サイトを登録することでも、サイテーション増加が期待できます。

ポータルサイトとは、「楽天トラベル」や「食ベログ」のようにさまざまなコンテンツが集められているページです。

ポータルサイトは多くの人が訪れるページであり、掲載することで認知度の向上が見込めます。

Googleビジネスプロフィールに登録する

Googleビジネスプロフィールに自社サイトを登録することでも、サイテーション効果の向上が期待できます。

Googleビジネスプロフィールは、企業情報や店舗情報を登録できるGoogleのサービスです。

Googleビジネスプロフィールに登録することで、Googleが企業情報や店舗情報を認識しやすくなりサイテーションの効果が高まります。

また、Googleマップや検索結果に表示されるようになるため、認知度の拡大や利用者の増加にもつながります。

ホワイトペーパーを用意する

ユーザーにとって有益な情報をまとめたホワイトペーパーを用意することもサイテーション獲得に有効です。

有益な情報、お得な情報は、特にSNSで拡散されやすいです。

ホワイトペーパーは、ナーチャリングが目的ではありますが、ギブの精神で質の高いものを作成すればサイテーション獲得も期待ができます。

コラボウェビナーの実施

コラボウェビナーを実施することもサイテーションの獲得に有効です。

SEOの外部対策でサイテーションを獲得するために、StockSunが実施したコラボウェビナーの例

コラボした相手のサイトに、自社情報を掲載してもらえるためです。

ウェビナーの出演者はほとんどの場合、自社サイトやSNSで開催を告知します。そのため確実にサイテーションを得られる施策と言えます。

StockSunでは、貴社の商材や目的に合わせて利益の向上にコミットしたSEO対策をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

\SEOの外部対策で検索順位を上げるなら/

SEOの外部対策の方法を無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

SEO外部対策の成果を計測するためのおすすめツール2選

SEO外部対策の成果を計測するためのおすすめツール2選

最後に、SEO外部対策の成果を計測するためにおすすめのツールとして以下2つを紹介します。

  • GoogleSearchConsole
  • Ahrefs

それぞれのツールの特徴について詳しく解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

GoogleSearchConsole|Googleが提供している無料のSEO解析ツール

SEO外部対策の成果を計測できるサーチコンソール

Google Search Consoleは、Googleが提供している無料のSEO解析ツールです。

Google Search Consoleを使用すると、自身のウェブサイトがGoogleの検索結果にどのように表示されているかを確認できます

また、被リンクの数やクリック数、インプレッション数などのデータも閲覧でき、外部対策の成果を計測するのに役立ちます。

Ahrefs|自社や競合のサイト評価が確認できる有料のSEO解析ツール

SEO外部対策の成果を計測できるAhrefs

Ahrefsは、自社や競合のサイト評価が確認できる有料のSEO解析ツールです。

Ahrefsを使用すると、ウェブサイトの被リンクの数や品質、キーワードの順位、トラフィックの推移などを詳細に分析できます。

Ahrefsを活用することで、他のウェブサイトからのリンク獲得状況や外部対策の効果を簡単に把握できます

また、Ahrefsは他のサイトの情報も見れるため、ライバルとなるサイトがどのようなSEO対策をしているのかについても知ることが可能です。

以下の記事では、被リンクの調べ方について詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

関連記事:被リンクの調べ方を徹底解説!無料・有料のおすすめのチェックツール13選と確認ポイントも紹介

すぐにマネできるSEO外部対策成功事例|StockSun独自事例

とあるWEBメディアにて、効率的な被リンク営業を実施した結果、被リンクの獲得に成功し結果としてPV数1億突破している成功事例です。

このメディアでは競合サイトと比較してドメインレートが低いという課題を抱えていました。

そこで数多くの被リンクを獲得するために以下を実施しています。

①競合サイトが獲得している被リンクを全て抽出
②約500の営業先を2つに分類して効率的に営業

抽出した被リンク数は500もの量がありました。以下のとおり2つに分類することで短期間で効率的に営業でき、被リンクの獲得につながりました。

・卸業者系のサイト・個人のブログサイト被リンクを設置してもらう代わりに本サイトでも被リンクを設置する旨のベネフィットを伝えた営業
・政府関連のサイト必要な情報を登録するだけのため、作業が早く安価な外注先へ依頼

上記を実施した結果、ドメインレートを倍にすることに成功し、順位も向上しました。

また、質の良いコラムの投下も実施したところ、結果として1億PVの獲得に成功しています。

SEOの外部対策に関するよくある質問

内部SEO対策と外部SEO対策の違いはなんですか?

内部SEO対策は、自社サイト内で実施する対策で、外部SEO対策は、他社サイトに働きかけをする対策です。

具体的な施策内容は、以下のとおり異なります。

対策具体的な施策
SEO外部対策・被リンクを獲得する
・サイテーションを増加させる
SEO内部対策・質の高い記事を制作する
・記事内にキーワードを多く含める
・サイトを使いやすく改修する

SEO対策を実施するのなら、どちらも施策も並走していくことが望ましいです。

外部施策とはなんですか?

外部施策とは、主に次の2つを実施することです。

  • 被リンクの獲得
  • サイテーションの獲得

他社サイトから上記2つをただ獲得すればいいというわけではありません。

他社サイトのジャンルや、信頼性もSEOで重視されます。

貴社と関連性が高い、かつドメインレートの高い他社サイトから上記2つを獲得するのが外部施策です。

SEO対策として何をすればいいですか?

SEO対策では、大きく分けて次の2つを実施します。

  • 外部対策
  • 内部対策

実施すべきことの詳細であったり、SEOの全体を理解したい方は、次の記事をご確認ください。

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

サイトの順位を向上させたいならSEO外部対策が重要

サイトの順位を向上させたいならSEO外部対策が重要

本記事では、SEO外部対策の具体的な方法や注意点などを解説しました。

SEO外部対策には、主に以下2つの方法があります。

  • 被リンクの獲得
  • サイテーションの増加

SEO外部対策をする際は内部対策が行き届いていることも重要です。

質の低いコンテンツや見にくいサイト設計では被リンクを獲得しづらかったり拡散されにくかったりする場合があります。

SEOは外部対策と内部対策の両方を同時に進めていくのが理想です。

StockSunでは、貴社の商材や目的に合わせて利益の向上にコミットしたSEO対策をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

\SEOの外部対策で検索順位を上げるなら/

SEOの外部対策の方法を無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。