メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

被リンクを増やす方法とは?被リンク獲得のSEO効果や増やす上での注意点も徹底解説

SEO
更新日
被リンクを増やす方法とは?被リンク獲得のSEO効果や増やす上での注意点も徹底解説

著者

小原一輝

被リンクってどうやって増やすの?
被リンクを獲得したときのSEO効果って?

上記のような疑問をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

被リンクは、被リンク獲得のためのコンテンツを作成したり、権威性のあるサイトに寄稿したり、相互リンクを獲得することで増やせます。

また、被リンクを獲得することで、検索順位の上昇やトラフィックの向上といった効果が期待できます。

本記事では、被リンクの増やし方を11種類紹介するとともに、被リンクを増やす上での注意点、そもそも被リンクとはなんなのかまとめています。

自社で被リンクを獲得したい方は、ぜひ参考にしてください。

また、弊社では被リンク獲得代行サービスを行っていますので、本記事で紹介する方法を自身・自社で行うリソースがない方はぜひ一度ご相談してみてください。

被リンクとは

被リンクとは

被リンクとは、他のウェブサイトから自身のウェブサイトへのリンクのことを指し、ウェブ上での第三者からの評価と言えます。

これは、サイトのE-A-T(専門性・権威性・信頼性)という指標やGoogleからの評価を高める上で重要な役割を果たしています。

また、被リンクは、下記のような質の高い被リンクと質の低い被リンクに分けられます。

  • ナチュラルリンク
  • スパムリンク

それぞれの特徴を紹介します。

質の高い被リンク|ナチュラルリンク

質の高い被リンクとは、自然な形で他のサイトからリンクを受けることをいい、ナチュラルリンクと呼ばれます。

例えば、他のウェブサイトが自社のコンテンツを引用している場合や、専門的な業界のウェブサイトからリンクがある場合などが該当します。

これらの被リンクはGoogleから高い評価を受ける傾向にあるため、検索順位の上昇やトラフィックの向上といったSEO効果が期待できます。

したがって、被リンクを獲得する際は、ナチュラルリンクを獲得するような被リンク施策を行うのが重要です。

質の低い被リンク|スパムリンク

質の低い被リンクとは、スパムサイトや無関係なサイトからのリンクのことを指します。

多くの被リンクを獲得できたとしても、獲得した被リンクの質が悪い場合、Googleからペナルティを受ける可能性があります。

これは、Googleのリンクプログラムにも記載されており、質の低い被リンクを獲得してしまうと、検索順位が落ちてしまうことやインデックスの削除などが挙げられますので、質の低い被リンクの獲得は避けてください

被リンクを増やすことで得られるSEO効果とは

被リンクを増やすことで得られるSEO効果とは

被リンクを増やすことで、以下のようなSEO効果を得ることができます。

  • 検索エンジンの評価向上
    信頼性や権威性のあるサイトからのリンクを獲得することで、検索エンジンがサイトをより信頼し、評価を上げることができます。
  • ページランクの向上
    被リンクの数が増えることで、自分のサイトのページランクも向上します。
  • トラフィックの増加
    他のサイトからのリンクを通じて、自分のサイトへのアクセスが増えるため、トラフィックも増加します。

上記のような効果が見込めますので、次章で紹介している被リンクを増やす方法を参考に、自社サイトへの被リンクを獲得しましょう。

質の高い被リンクを増やす方法とは

質の高い被リンクを増やす方法とは

質の高い被リンクを増やすためには、以下の方法が有効です。

  • 被リンク獲得のためのコンテンツを作成する
  • 逆検索をして掲載依頼を送る
  • 権威性のあるサイトに寄稿の連絡をする
  • 自社で調査した情報をまとめたコンテンツを作成する
  • SNSを活用しイベントやキャンペーンを行う
  • 顧客の紹介記事を作成する
  • サイトの冒頭や末尾にシェアボタンを設置する
  • リンク切れページのリプレイス(交換)を狙う
  • インタビュー記事を作成する
  • 相互リンクで獲得する

順に紹介します。

被リンク獲得のためのコンテンツを作成する

質の高い被リンクを獲得するためには、他のWebサイトがリンクしたくなるような魅力的なコンテンツを作成することが重要です。

具体的には、オリジナリティのある図解やイラストを制作して自社のページに挿入したり、専門的かつ被リンクを獲得しやすいKWを調査し、理解した上で記事を作成したりが挙げられます。

要するに、専門知識や独自の情報、実績や成功事例など、他の人にとって価値のある情報を提供することで、他社が引用し被リンクを獲得できるということです。

また、動画やインフォグラフィックなどの視覚的なコンテンツもリンクを増やす効果があるので、おすすめです。

逆検索をして掲載依頼を送る

被リンクを獲得する方法の2つ目は、逆検索をして掲載依頼を送る方法です。

これは、前述した「被リンク獲得のためのコンテンツを作成する」で紹介した方法が、被リンクを獲得することができず、無断で使用されることが多いため、効果的と言われています。

逆検索をする方法として、Googleの画像検索機能の利用やコピペチェックツールの利用が挙げられます。

上記のような方法で調べることで、自社ページの画像や文言をそのまま使用されていないか確認できるため、被リンク獲得のためのコンテンツを作成した際は、定期的に逆検索をして、被リンクの獲得に繋げるのが重要です。

権威性のあるサイトに寄稿の連絡をする

被リンクを増やす方法の3つ目は、権威性のあるサイトに寄稿の連絡をすることです。

寄稿とは、自分のサイトでページを作成するのではなく、他のサイトの運営者にコンテンツを渡すから載せてくれないか、と依頼することです。

この方法は、地道な方法ではありますが、寄稿をしてリンクを獲得している企業も多々あるため、おすすめの方法の1つです。

注意点としては、関連性のないサイトやスパムサイトに寄稿することはやめましょう。また、過度なアンカーテキストもNGです。

上記の注意点を踏まえた上で、権威性のあるサイトに寄稿の連絡をしてみましょう。

自社で調査した情報をまとめたコンテンツを作成する

被リンクを増やす4つ目の方法は、自社で調査した情報をまとめたコンテンツを作成する方法です。この方法は、ある程度認知されているサービスや店舗を保有している企業におすすめの方法です。

具体的には、検索需要のある統計データやランキング情報を発信するということになります。

また、検索需要のある統計データを発信することで、「PR TIMES」のようなプレスリリースのメディア内で上位表示され、提携先メディアに拡散されるため長期的に引用される可能性も高くなり、被リンクを獲得しやすくなるメリットもあります。

長期的に考えると、ある程度認知されているメディアやサービスを保有している企業は、定期的に本方法をやってみるのがおすすめです。

SNSを活用しイベントやキャンペーンを行う

被リンクを増やす方法として、SNSを活用してイベントやキャンペーンを行う方法があります。

この方法は、業態・業界によってできない企業がありますが、もしイベントやキャンペーンのできる業界なのであればおすすめの方法です。

具体的な方法として、セミナーを行ってみたり、イベントに対して協賛をしたり、YouTuberとコラボしたりといった方法が挙げられます。

上記のような方法をとることで、ニュースサイトやまとめサイトに掲載されることがあるため、話題が広まり様々なリンクを獲得できる可能性があります。

イベントやキャンペーンを行える業界の企業は、ぜひSNSを活用してイベントを開催してみてください。

顧客の紹介記事を作成する

被リンクを増やす6つ目の方法は、顧客の紹介記事を作成することです。

自社顧客の事例紹介記事を作成することで、自社顧客のWebサイトから被リンクを獲得できる可能性があります。顧客の紹介記事は、他の企業や個人に対して、自社のサービスや製品の効果や利点を具体的に伝える貴重な手段です。

また、顧客の紹介記事は、SEO対策にも効果をもたらすとされています。顧客の名前や業種、使用している製品やサービスの詳細な情報を記事内に盛り込むことで、検索エンジンに対して自社のウェブサイトが関連性の高い情報を提供していることを示すことができるからです。

また、顧客の紹介記事は、信頼性と信用性を高める効果もあります。他の企業や個人が自社のサービスや製品を利用し、満足しているという事実を公にすることで、新規顧客に対して自社の信頼性をアピールできるでしょう。

既存顧客の紹介記事を作成していない場合には、積極的に紹介記事を作成して被リンクを獲得してください。

サイトの冒頭や末尾にシェアボタンを設置する

被リンクを増やすための7つ目の方法は、Webサイトの記事コンテンツ冒頭や末尾に、SNSなどでシェアできるボタンを設置することです。

シェアボタンを設置することによって読者が記事を気に入った場合に簡単に共有することができるからです。

Webサイト運営で使用しているCMSによっては、テーマ変更を行うだけで簡単にシェアボタンを設置することができます。具体的には、WordPressやWixなどのCMSでは、プラグインやウィジェットを利用してシェアボタンを追加できます。

シェアボタンを設置することで、読者が記事を共有する機会が増え、共有された記事は他のユーザーにも見られるため、被リンクの増加に繋がるという仕組みです。

また、SNS上でのシェアは、記事の露出を増やす効果もあるため、ぜひサイトの冒頭や末尾にシェアボタンを設置してみてください。

リンク切れページのリプレイス(交換)を狙う

被リンクを増やす上で、他社サイトのコンテンツで「おすすめ~選」といった商品・サービスおすすめ記事が作成されている場合には、リンク切れページのリプレイス(交換)を狙うことが有効です。

リンク切れページとは、過去にリンクされていたページが削除されてしまい、リンク先が存在しなくなってしまったページのことです。これにより、そのページへのリンクが壊れてしまい、被リンクの価値も失われてしまいます。

しかし、このリンク切れページを見つけ、自社のコンテンツでそのリンク先の役割を担えるようなページを作成し、他社サイトに提案することで、被リンクを獲得することができます。

上記から、リンク切れページのリプレイスを狙って被リンクを獲得しましょう。

無料ツールやサービスを作る

無料ツールやサービスを作ることも、被リンクを増やす方法として効果的です。

自分の専門知識やスキルを活かして、無料ツールやサービスを作ることで、他のウェブサイトから自分のツールやサービスへのリンクが掲載され、被リンク数を増やすことができるという仕組みです。

具体的に無料ツールやサービスを作る際には、価値をアピールするためにも、デザインや機能を充実させることが重要です。

他の類似サービスの真似をするだけではなく、何かしらの差別化を図らなくては、取り上げられる可能性は低いため、独自性のあるサービスを作成しましょう。

使いやすさや魅力を追求し、「おすすめ〜選」というような記事に取り上げられるようにして被リンクの獲得に努めてください。

インタビュー記事を作成する

被リンクを獲得する上で、インタビュー記事を作成する方法が挙げられます。

インタビュー記事はSEO記事とは異なるアプローチですが、信頼性の高い情報源として多くのウェブサイトから被リンクされる傾向があるからです。

また、インタビュー記事で被リンクを獲得するには、読みやすく魅力的な内容であることも重要ですが、適切なキーワードの選定も忘れてはいけません。SEO対策を行い、検索エンジンでの上位表示を目指すことで、より多くのウェブサイトからの被リンクを獲得することができるからです。

具体的には、業界の専門家や有名人にインタビューや取材を行い、その内容をまとめた記事を作成する方法が挙げられます。

上記のように信頼性の高い情報源を選ぶことで、多くのウェブサイトから被リンクを獲得できる可能性があるため、積極的にインタビュー記事を作成してみてください。

相互リンクで獲得する

被リンクを増やすためには、相互リンクを活用する方法があります。相互リンクとは、他のWebサイトとの間で互いにリンクを貼り合うことです。

ただし、相互リンクを利用する際には注意が必要です。検索エンジンは、検索順位を不正に操作する目的で行われる相互リンクをスパムとして認識しています。そのため、相互リンクを行う際には、相互補完の関係を築くことが重要です。

相互補完とは、お互いのWebサイトがテーマやコンテンツが関連性のあるものであることを意味します。例えば、旅行ブログとホテル予約サイトが相互リンクを行う場合、お互いのサイトが旅行に関連する情報を提供していることが重要です。

上記の通り、相互補完の関係を築く形で相互リンクを活用し、被リンクを獲得しましょう。

被リンクを増やす上での注意点とは

被リンクを増やす上での注意点とは

被リンクを増やす際には、以下に注意する必要があります。

  • 質の低い被リンクの獲得
  • 有料リンクの獲得
  • ワードサラダの利用

それぞれ紹介しますので、注意点を踏まえた上で被リンクの獲得に努めてください。

質の悪い被リンク

被リンクを獲得するといっても、質の悪い被リンクを獲得してしまうと、逆にサイトの評価を下げることになるため注意しましょう。質の悪い被リンクとは、以下のようなものです。

  • リンク集サイトからの被リンク
  • コピーコンテンツからの被リンク
  • 1つのサイトからの大量被リンク
  • 検索エンジンからペナルティをもらっているサイトからの被リンク

被リンクを増やすことは重要ですが、上記のような質の悪い被リンクを獲得することは避けるべきです。被リンクの数よりも質を重視し、信頼性の高いサイトからのリンクを獲得するようにしましょう。

有料リンク

被リンクを増やす上で有料リンクを獲得するのはやめましょう。

リンクの売買は禁止されており、Googleのウェブマスターガイドラインに違反してしまうからです。

有料リンクを購入することは、一時的に被リンクを増やすことができるかもしれませんが、最悪の場合、ペナルティとして検索結果の順位が下がってしまう恐れがあります

よって、被リンクを増やす際には、有料リンクを獲得しないようにしましょう。

ワードサラダの利用

被リンクを獲得する上で、ワードサラダの利用には注意が必要です。ワードサラダとは、コンテンツを自動的に生成するプログラムのことです。

ワードサラダを利用することで、短時間で多くのコンテンツを作成することができるため、一見すると便利なツールのように思えますが、作成された内容が日本語的におかしなことが多いです。

よって、ワードサラダを利用したコンテンツは読者にとっては理解しにくく、価値のある情報を提供することができていないため、質の悪いコンテンツとみなされます。Googleからの評価も低くなり、SEO効果も期待できません

したがって、ワードサラダによって作成されたコンテンツからの被リンクは質の良い被リンクとは言えないため、被リンクを獲得するコンテンツの内容や日本語がおかしくないか確認してから被リンク獲得するようにしましょう。

以下の記事では、ペナルティを受けやすい被リンクについて詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

関連記事:SEO対策でペナルティを受けやすい被リンクの種類を5つ紹介!対策や効果のある被リンクの獲得方法も徹底解説

被リンクの調べ方とは

被リンクの調べ方とは

次に、被リンクの調べ方を紹介します。被リンクの数や質は、検索エンジンの評価に影響を与える重要な要素ですので定期的に調査するようにしましょう。被リンクの調査方法は以下の通りです。

  • Google Search Consoleを利用する
  • 外部のSEOツールを利用する
  • リンク切れチェッカーを利用する
  • ソーシャルメディアのシェア数を確認する
  • 競合他社の被リンクを調査する

以上が被リンクの調べ方の一部です。被リンクはSEOにおいて重要な要素なので、定期的に調査し、戦略的にリンクを獲得することが大切です。

詳しい被リンクの調べ方や調べるためのツールは下記の記事で紹介していますので、気になる方はぜひご確認ください。

関連記事:被リンクの調べ方を徹底解説!無料・有料のおすすめのチェックツール13選と確認ポイントも紹介

記事の順位を向上させるなら被リンクを獲得してサイト評価向上を図るのがおすすめ

被リンク 増やす

被リンクを増やすことは、ウェブサイトの検索エンジン最適化において重要な要素です。

質の高い被リンクを獲得するためには、下記のような多岐にわたる方法が効果的と言われています。

  • 被リンク獲得のためのコンテンツを作成する
  • 逆検索をして掲載依頼を送る
  • 権威性のあるサイトに寄稿の連絡をする
  • 自社で調査した情報をまとめたコンテンツを作成する
  • SNSを活用しイベントやキャンペーンを行う
  • 顧客の紹介記事を作成する
  • サイトの冒頭や末尾にシェアボタンを設置する
  • リンク切れページのリプレイス(交換)を狙う
  • 無料ツールやサービスを作る
  • インタビュー記事を作成する
  • 相互リンクで獲得する

上記のように、被リンクを獲得するには、良質なコンテンツの提供や他のサイトとの連携が必要です。

また、「被リンク 調べ方」被リンクを増やす際には質の悪い被リンクや有料リンク、ワードサラダの利用したサイトに注意する必要もあります。

Google Search ConsoleやGoogleアナリティクスといったツールを使って、自身のウェブサイトの被リンクを確認し、効果的な被リンク戦略を立てましょう。

もし、自社で被リンクの獲得する際に、上記で紹介した方法で被リンクを獲得できなかった場合は、お気軽に弊社にご相談ください。被リンク獲得代行サービスを行っているのはもちろん、記事のリライトや新規記事の執筆、サイトの改善も承りますので、ご興味のある方は下記からご相談くださいませ。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。