メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

リライトの料金相場はいくら?Webライターと代行会社の2種類の外注先を徹底解説!

SEO
更新日
リライトの料金相場はいくら?Webライターと代行会社の2種類の外注先を徹底解説!

著者

亀田温大

リライトの料金相場っていくらくらい?
リライトを外注する際に知っておいた方がいいポイントってある?

自社メディアを改善させるために記事をリライトすることは、とても効果的です。

そこで、記事のリライトをする際に、Webライターや代行会社に外注したいと考えている企業も多いと思います。

しかし、料金相場が分からないと予算を立てられないことも少なくないでしょう。

本記事では、リライトの料金相場について、Webライターに外注する場合や代行会社に依頼する場合のそれぞれを解説します。

ぜひ本記事を参考に、リライトの外注を検討してみてください。

記事のリライトとは

記事のリライトとは

記事のリライトとはリライトとは、記事のテーマを変えずに文章を書き換えて、記事の質やSEO効果を上げるための作業のことです。

検索順位が上がらない場合や検索順位が下がってしまった場合などに、リライトして記事を改善し、GoogleやBingなどの検索エンジンから再評価を受けて、検索順位の向上を狙います。

リライトは、検索順位の変動に影響するため、サイトを成長させるために必要な作業のひとつと言えるでしょう。

リライトを外注する場合の料金相場

リライトを外注する場合の料金相場

リライトを外注する場合、個人のWebライターに依頼するパターンと代行会社に依頼するパターンの2種類があります。

それぞれの外注先によって費用や特徴が変わるため、自社に合った外注先を選ぶ必要があります

ただし、個人のWebライターに依頼しても、代行会社に依頼しても依頼する内容や業務量によって費用が変わることには注意しましょう。

以下では、Webライターに外注する場合の料金相場と代行会社に依頼する場合の料金相場について解説します。

Webライターに外注する場合の料金相場

リライトをWebライターに外注する場合には、主に以下の4つの報酬システムがあります。

  • 文字単価
  • 記事単価
  • ページ単価
  • 時給

リライトをWebライターに外注する場合は、依頼する業務内容や業務量によって採用する報酬システムが異なります。

そのため、Webライターに外注する場合には、依頼内容や予算と合わせて、どの報酬システムにするかを決めましょう

以下では、報酬システムごとの料金相場について解説します。

1.文字単価

文字単価とは、1文字あたりの単価をかけて報酬を算出する方法で、Webライターの報酬システムとしてよく用いられます。

例えば、文字単価3円に設定すると、2,000文字の修正であれば、6,000円の報酬になります。

文字単価は、Webライターのレベルによって変えられることが特徴です。

Webライターのレベルによる料金相場の目安を、以下の表にまとめました。

Webライターのレベル料金相場(文字単価)
未経験のライター1文字0.3~0.5円程度
一般的なレベルのライター1文字1円~3円
上級レベルのライター1文字5円以上

ただし、専門性の高い内容の記事では、文字単価が料金相場よりも高い傾向にあります。

2.記事単価

記事単価も文字単価と同様に、Webライターの報酬システムとしてよく用いられます。

記事単価とは、文字単価が1文字あたりの単価であるのに対して、1記事あたりの単価を記事数にかけて算出する方法です。

外注する側は、記事単価で算出した報酬を原稿料としてWebライターに支払います。

記事単価の料金相場は、記事の種類や一部のみのリライトか記事全体のリライトかによって異なり、以下の表のような料金相場が一般的です。

一般的な記事専門的な記事
一部のみリライト1,000~3,000円3,000~30,000円
全体的にリライト5,000円以上50,000円以上

また、記事単価では、中級〜上級レベルのWebライターへの外注でよく用いられます。

3.ページ単価

ページ単価は、主にHPやLPで用いられる報酬システムで、1ページあたりの単価を設定して、Webライターにページを丸ごと外注します。

ページ単価の場合は、記事のリライト以外にデザインや画像の編集まで外注することが多いため、料金相場が高くなりやすいです。

料金相場はページの種類や情報量によって変わりますが、大体10,000円〜200,000円です。

Webライティングの知識だけでなく、Webデザインの知識があるWebライターが必要な点に注意しましょう。

4.時給

Webライターの報酬システムには、1時間あたりの単価を決める時給制もあります。

しかし、Webライターの場合は、一般的には文字単価や記事単価などの報酬システムが採用されることが多いです。

そのため、自社オフィスに常駐してもらいたい場合や、リライト以外にディレクションや記事校正、コンテンツの企画などの業務も依頼したい場合などには、時給で報酬を決めると良いでしょう。

料金相場は1,000円〜5,000円で、依頼する業務内容によって時給は変わります。

ただし、時給制を採用する際は、依頼したい業務内容をどれほどの時間で完了させられるのか、事前にWebライターの能力を確認しましょう。

リライト代行会社に外注する場合の料金相場

リライト代行会社に外注する場合の料金相場
代行会社にリライトを外注する場合の料金相場を以下の表にまとめました。

業務内容料金相場(1記事あたり)
見出し追加+加筆修正リサーチ:20,000〜30,000円
執筆:文字単価5円~
記事全体の書き換え構成:20,000〜30,000円
執筆:20,000〜80,000円
一部のみリライトリサーチ:10,000~30,000円
執筆:3,000~15,000円
ページの統合統合する記事の分析と選定:1,000~30,000円
ページの統合:50,000円~
画像や図、表などの追加画像の追加:1,000~5,000円
図・表の追加:1,000~10,000円
動画の追加:1,000~5,000円
※別途画像制作費がかかる場合あり

代行会社にリライトを依頼する場合には、納品までの期間や業務量によっても料金が変動します。

記事全体をリライトする場合は1記事あたり20,000円〜50,000円程度、一部のみリライトする場合は10,000円〜20,000円程度、オリジナル画像などを挿入する場合は1,000〜5,000円程度が相場です。

また、代行会社によっても料金が異なるため、実際にかかる費用を知りたい場合は、代行会社に問い合わせる必要があります。

リライトを外注する流れ

リライトを外注する流れ

リライトは以下のような流れで外注します。

  1. リライトする記事を選ぶ
  2. 外注先を決める
  3. 条件の交渉と契約をする
  4. ライターにリライトを依頼する
  5. 納品された記事を研修する

また、それぞれの流れには、上手に進行をさせるためのポイントや注意点があるため、しっかりと確認してから、リライトを外注しましょう。

以下では、リライトを外注する流れについて、それぞれ解説します。

1.リライトする記事を選ぶ

リライトを外注する際は、最初にリライトする記事を選びます

また、リライトする記事は、以下のような記事から選びましょう。

  • 検索順位が下がった記事
  • 情報が古くなっている記事
  • コンバージョン率が低い記事

以下では、リライトする際に選ぶ記事について解説します。

検索順位が下がった記事

公開した記事が1度上位表示されても、他サイトの記事が同じキーワードで順位を上げたり、GoogleによるSEOのアップデートが行われたりした場合には、自社記事の検索順位が下がることがあります。

特に検索順位が10位〜20位前後の記事は、リライトして記事を改善することで検索順位を上位にできる可能性があるため、積極的にリライトしましょう

また、公開してから継続的に検索順位が低い記事は、キーワードに合った情報が記載できていないことにより、SEOの評価が低い可能性が高いです。

この場合には、記事を全体的に見直すことがおすすめです。

情報が古くなっている記事

記事の情報が古いとSEOの評価が低くなったり、記載している情報が間違っていたりする可能性が高いです。

例えば、調査データやお店の営業情報など、時間経過とともに情報が古くなり、データや情報の更新が必要になります。

また、参考サイトのリンクを記載している場合には、リンク切れやサイトが削除されている可能性があるため、記載されたリンクの修正も依頼しましょう。

コンバージョン率が低い記事

PV数はあっても、商品・サービスの購入や問い合わせにつながっていない、つまりコンバージョン率が低い場合にも、リライトすることでコンバージョン率を改善できる可能性があります

コンバージョン率は、サイトの売上に関わるため、積極的にリライトをすることがおすすめ。

リライトで、文章の書き方を変えたり、CTAを変更したりすることで、コンバージョン率の改善を狙います。

2.外注先を決める

リライトする記事が選べたら、リライトを依頼する外注先を決めます。

代行会社はライターの質がある程度担保されるだけでなく、ディレクターや編集者がWebライターとの窓口となってディレクションを行うため、ライター個人とやり取りする手間がかかりません

しかし、個人のWebライターに外注する場合と比べて料金が高い傾向にあります。

代行会社に外注する場合には、代行会社に問い合わせましょう。

個人のWebライターに外注する場合は、料金が比較的安いことが特徴です。

しかし、外注するWebライターの募集や選定などの手間がかかります。

個人のWebライターに外注する場合は、クラウドソーシングを利用したり、HPや自社メディア、SNSで募集しましょう。

3.条件の交渉と契約をする

外注先が決まった後は、自社と外注先の双方が納得できるように条件を交渉し、契約します。

また、外注先によっては単価を交渉されることがあるため、記事のリライトにかけられる費用について事前に確認しておきましょう。

契約内容や業務内容に関して、自社と外注先との認識に違いがないように資料を用意したり、契約前に分からないことを確認してもらったりすると良いです。

4.SEO会社にリライトを依頼する

契約した後は、SEO会社にリライトを依頼します。

リライトはすぐに終えられる業務ではないため、余裕を持った納期を設定する必要があります。

もし、納期を短く設定する場合には、外注先にあらかじめ納期を提示して、それに対応できるところに依頼しましょう。

5.納品された記事を研修する

外注先からリライトされた記事が納品された後は、記事を検収します。

リライトは、元の文章を書き換える記事ではありますが、他サイトからのコピペやAIで作成した質の低い状態で記事を納品するWebライターもいるのが現状です。

そのため、納品された記事が自社が求める質なのか、修正は必要なのかを確認して、場合によっては、Webライターに修正を依頼しなければなりません。

しっかりと記事を検収し、記事の質を高めましょう。

リライトを外注する際のポイント

リライトを外注する際のポイント

リライトを外注する際には、以下の5つのポイントを意識することで、記事の質をあげたり、業務をスムーズに進行させたりできます。

  • 外注先の実績を確認する
  • リライトの目的と作業範囲を明確にする
  • 必要があれば監修や校閲も依頼する
  • 記事の評価基準を決める
  • ライターからの提案を受ける

以下では、リライトを外注する際のポイントについて、それぞれ解説します。

外注先の実績を確認する

質の高いリライトをするためには、外注先が、自社が求めるレベルの業務をできるのかを事前に確認する必要があります。

そのため、外注先の実績を確認することは必要不可欠です。

自社メディアのジャンルの記事を執筆・リライトした経験があるのか、リライトによって記事の検索順位を上げられたのかなどの実績を確認しましょう。

場合によってはテストライティングを実施することもおすすめです。

リライトの目的と作業範囲を明確にする

リライトの目的と作業範囲を明確にすることは、業務をスムーズに進行させるために大切です。

例えば、求める記事のイメージや文字数、記載したい情報、参考記事などを伝えることがおすすめです。

これらの情報を外注先にしっかりと伝えることで、自社が求める記事の内容と納品された記事に差があるといったトラブルを回避したり、不要な修正を減らして業務を効率的に進めたりできます

また、詳細な指示や注意点が書かれたマニュアルやレギュレーションを用意することもおすすめです。

必要があれば監修や校閲も依頼する

リライトを外注した際は、リライトして納品された記事を、再度修正したいと思う箇所があるものの、修正内容を具体的にどのように伝えれば良いのか分からないことがあります。

このような場合は、監修や校閲を依頼することがおすすめです。

また、記事の内容が専門的な内容の場合は、内容が合っているかの判断が難しいことがあります。

そこで、専門家に監修してもらうことで、記事の質を上げることが可能です。

例えば、医療関係の記事であれば、医者や看護師などの医療関係者の方に監修してもらいましょう。

ただし、監修や校閲を依頼する場合には、別途費用がかかることには注意が必要です。

記事の評価基準を決める

記事の評価基準を決めることはとても重要です。

外注する際に、どの程度リライトするのか、記事の評価基準を決めることで、Webライターが業務範囲を理解しやすく、作業しやすくなります。

文章の書き換えのみなのかや本格的な書き直しをするのか、見出しを追加するのかなど、事前に評価基準を決めて、外注先に伝えましょう

また、コピペチェックツールやリライトチェックツールなどを使って評価基準を決めることもおすすめです。

例えば、「コピペチェックツールで一致率○%以下になるようにしてください。」のように具体的な数字を用いて評価基準を決めると、外注先も自社の担当者も評価を確認しやすくなります。

ライターからの提案を受ける

リライトを依頼したしたライターからの変更点や修正箇所に関する提案は、積極的に受けましょう。

依頼時に、あらかじめ提案があればして欲しいことを外注先に伝えておいても良いでしょう。

特に、一部分のみリライトの場合、書き換えによっては全体的な流れが悪くなったり、同じ記事内で内容が重複してしまうことがあります。

このような変更点や修正箇所に関する違和感は、リライト作業中に気づくこともあるため、提案や指摘を受けたら、積極的に検討や修正をすることがおすすめです。

リライトの料金相場に関するよくある質問

インタビュー記事の相場はいくらですか?

インタビュー記事の相場は1記事あたり30,000~50,000円です。インタビュー記事は、専門知識や情報を提供するために取材を行い、その内容を読者に伝えるための記事です。取材対象の専門性や知名度が高いほど、記事の価値も高まります。また、記事の長さや難易度が増えると、執筆にかかる時間や労力も増えるため、相場も上がる傾向にあります。

新規記事の場合は1記事あたり何円が相場ですか?

新規記事の相場は、30,000円〜40,000円です。

一般的に、文字数の多い記事や専門的な内容の記事は制作に時間と労力がかかるため、費用も高くなる傾向があります。また、記事のジャンルや難易度によっても価格は異なります。例えば、医療や法律などの専門的な分野の記事は、専門知識を持ったライターの協力が必要となるため、制作費用が高くなることがあります。

SEO対策代行の料金相場はいくらですか?

SEO対策代行の料金相場は、コンサルを依頼する場合は月額10〜50万円、サイト設計からお願いする場合は30万円〜100万円以上です。

サイトの規模や業界によっても費用は大きく異なってくるため、どういった目的を持ってSEO対策をしたいのか考える必要があります。

記事の順位が上がらない時はリライトを依頼するのがおすすめ

リライト 料金 相場

リライトの料金相場は、外注先が個人のWebライターか代行会社かによって料金相場が異なることを解説しました。

個人のWebライターにリライトを外注する際は、Webライターのレベルや記事の内容にもよりますが、一般的な記事の場合、一部のみのリライトで1,000〜3,000円程度、全体的なリライトで5,000円以上を目安に考えておきましょう。

代行会社にリライトを依頼する際は、一般的な記事の場合で20,000円〜30,000円程度を目安に考えておきましょう。

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。