メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

WEBサイトの制作方法を全解説【全体の流れがわかる図解つき】

更新日
WEBサイトの制作方法を全解説【全体の流れがわかる図解つき】

著者

山口雄貴

「WEBサイトの制作はどのような流れで進めればいい?かかる期間、費用相場は?」
「WEBサイト制作にはどんな方法がある?」

結論、WEBサイト制作には、コーディングやツールを使って自社で制作する方法、制作会社へ依頼する方法の2パターンがあります。

自社での制作は、WEBマーケティングとコーディングの知見を有する人材が必要なため、難しいケースがほとんどです。そのためWEB制作会社へ依頼するのが一般的です。

本記事では、WEBサイトの制作会社選び〜WEBサイト公開に至るまでの流れを図解つきで公開しています。
各工程で実施することを理解いただけるため、貴社内で用意しておくこと、期間、費用などすべてを把握いただけます。

StockSunのWEB制作コンサルタントが解説するトピックは次の通りです。

StockSunでは、WEB課題に徹底的に取り組み、これまで多くの案件で結果を出してまいりました。

それは、StockSunが貴社の事業課題や商材に合わせ、利益を上げることにコミットした戦略をご提案をしてきたためです。

また、StockSunには、WEB制作やYouTube、SEO、WEB広告など各WEBソリューションの支援に特化したコンサルタントが在籍していることも強みです。
初回の営業担当者、支援時の窓口担当者が、実行支援のコンサルタントとなるため、WEB業界でよくある実際の支援では新人や若手が担当となってしまうようなことはありません。

クライアントへ利益を生み出せないコンサルタントは、クビになる仕組みも取り入れています。すべてのコンサルタントが貴社の利益を第一に考えて支援を実施しております。

コンサルタントは指名していただいたり、複数のコンサルタントから相見積もりをとっていただくこともできます。

ちなみに、WEB制作を専門に行う山口は、無料お試し制度を実施しております。

サイト制作のコンサルティングはもちろん、貴社の商材・課題に合わせたマーケティング施策や具体的な施策案・改善案のご提示を行っております。

ぜひ一度現状の課題をご相談ください。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

目次

WEBサイト制作とは【基礎・前提知識】

webサイト制作とは?

WEBサイト制作とは、企業のサイトを新しく作成すること、もしくは既存サイトをブラッシュアップしたものにリニューアルすることです。

WEBサイト制作を正しく理解していただくための前提知識を解説します。

WEBサイトとホームページの違いとは

WEBサイト ホームページ
企業や個人の運営するサイトのこと
(具体例)
・集客ブランディング用のサイト
・採用サイト
・ECサイト
・LP
など
WEBサイトのホーム画面、トップページのこと
(具体例)
・企業のWEBサイトへ訪問したときに
最初に閲覧するページ

WEBサイトとホームページは、正式には上記のように違いがあります。

企業のWEBサイトを訪問したときに、最初に閲覧するページをホームページと呼びます。

ただし日本では、『WEBサイト=ホームページ』と同義として使われるケースが多いです。

WEBサイトの種類

企業が運営するWEBサイトには、以下のように複数の種類があります。

貴社の目的に合わせて、どのようなWEBサイトを制作すべきなのか判断しましょう。

サイトの種類 目的
企業サイト ・ブランディング
・集客
採用サイト ・新卒採用
・中途採用
オウンドメディア ・リードの獲得(集客)
・広告収入
ECサイト ・自社商品の販売
LP ・自社商品の販売
・キャンペーンの告知
など

企業サイト、採用サイトは、ブランディングのための「企業の公式ホームページ」のような
サイトです。

オウンドメディアは、ブログのような複数の記事型コンテンツが投稿されているWEBサイトとなります。

ECサイトやLPは、決済や配送先などを入力できるカートシステムが組み込まれている特徴があります。

WEBサイトを制作する3つの方法

webサイトを制作する手段

WEBサイトを制作する方法は、主に以下の3つです。

  • 【方法1】HTMLやCSSを学び0から制作する
  • 【方法2】ツールやサービスを活用しながら制作する
  • 【方法3】WEBサイト制作会社へ外注する

それぞれ詳しく解説していきます。

【方法1】HTMLやCSSを学び0から制作する

1つめはHTMLやCSSといったプログラミング言語を学び、WEBサイトを0から制作する方法です。

0から制作する方法には以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・WEBサイトの構造や仕組みが理解できる
・専門的なスキルが身につく
・自由度の高いWEBサイトが制作できる
・技術習得に時間がかかる
・応用など難しい場面で壁にぶつかる場合がある

将来的にWEBサイト制作に関わることを考えている人や、構造や仕組みをしっかり理解して技術を身につけたい人におすすめの方法です。

【方法2】ツールやサービスを活用しながら制作する

2つめはCMSなどのツールやサービスを活用しながら制作する方法です。

ツールやサービスを活用しながら制作する方法には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・一から技術を学ぶ必要が無い
・作業を効率化できる
・サービス、サポートを受けられる
・セキュリティ対策を受けられる
・オリジナルのサイトよりは自由度が低い
・規模の大きいサイト
・独自の機能が必要なケースには不向き

予算を抑えてWEBサイトを制作したい人、部分的にこだわりたい人、サポートを受けたい人に
おすすめの方法です。

CMSとは専門知識が無くてもWEBサイトが制作できるシステムで、
代表的な物にはWordPressがあります。

月々数千円程度の費用がかかりますが、
特別な知識・技術が無くても簡単にWEBサイトが制作可能です。

WordPressは無料で利用可能で(サーバー・ドメイン代は別)、知識が無い人でも
直感的な操作ができます。

SEO対策がしやすく、デザイン度の自由度が高いのもポイントです。

ホームページ制作ツールには有料・無料のものどちらもあるので、以下のポイントを参考に選定してください。

  • 直感的な操作ができる
  • 定期的な更新がしやすい
  • テンプレートが豊富
  • 必要な機能が搭載されている
  • 十分なサポート体制

自社にあったツールを選定しましょう。

【方法3】WEBサイト制作会社へ外注する

3つめは、WEBサイト制作を専門の会社へ外注する方法です。

専門の制作会社に外注すれば、自社にノウハウが無くてもWEBサイト制作ができます。

制作会社によっては、制作だけでなく公開後の編集・修正・更新等も依頼可能です。

WEBサイト制作会社へ外注する方法には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・クオリティの高いWEBサイトが制作できる
・専門的な知識が必要ない
・幅広い要望を反映できる
・セキュリティ面も安心
・費用が数十万円~と高い
・公開後も更新等に費用がかかる(自社にスキルが無い場合)

他の方法と比べて費用が高くなる傾向にあるので、予算に余裕がありWEBサイトでの集客に力を入れたい人におすすめの方法です。

なるべく費用をかけずに依頼したいときには、フリーランスへの依頼も検討できます。

関連記事

フリーランスと共に築くホームページ制作?費用対効果についても解説

フリーランスと共に築くホームページ制作?費用対効果についても解説

Read More

WEBサイト制作前の事前準備

WEBサイト制作を実施する前に、以下の事前準備が必須となります。

  • WEBサイト制作の目的を明確にする
  • WEBサイト制作にかけられる予算を明確にする

WEBサイト制作の目的を明確にする

WEBサイトを通して何を達成したいのか、目的を明確にしましょう。

たとえば、次のような目的によって制作すべきWEBサイトの種類が異なります。

目的の例 適切なWEBサイト
ブランディングを進めたい 企業サイトオウンドメディア
集客のために認知度アップしたい
リードを獲得して売上につなげたい
オウンドメディア
新卒・中途を採用したい 採用サイト
商品を販売したい早急に認知度をアップしたい LP
複数の商品を販売したい ECサイト

目的を明確にせずにWEBサイト制作を実施してしまうと、次のような問題に直面します。

問題 詳細
目的を達成できない ・「採用と商品の販売」など複数の目的でサイトを運営してしまう・さまざまなニーズに向けたコンテンツが混在するサイトとなり、ユーザーにとって何に特化したサイトなのかわからなくなる
→ユーザーが離れてしまい目的を達成できない
適切な制作会社を選べない ・WEBサイト制作会社によって「ECが得意」「オウンドメディアが得意」など得意分野が異なる・目的に合わせて、それぞれのサイト制作に強い会社を選定する必要がある

予算を無駄にしないためにも、WEBサイトを制作する目的や、どのようなサイトを作成したいのかを明確にしておきましょう。

そのうえで、貴社が制作したいWEBサイトの種類に対応した制作会社、人材を選定すべきです。

WEBサイト制作にかけられる予算を明確にする

WEBサイト制作をするときは、あらかじめかけられる予算を明確にしておきましょう。

かけられる予算を伝えずに制作会社へ依頼してしまうと、オプションなどがどんどん積み上がり思っていた以上にコストがかかってしまいます。

予算を伝えておけば、予算内で適切なアプトプットを出してもらえるでしょう。

WEBサイト制作の全フロー・全体図【図解つきで解説】

WEBサイト制作の流れは、大きく分けて4つのフローに分かれます。

各フローで実施する作業や、かかる期間を図解にまとめました。

webサイト制作の全工程と流れ

大枠の期間をまとめると、次の通りです。

制作会社選定 2〜4週間程度
制作会社へ依頼してからWEBサイト完成 3〜4ヶ月程度

トータルで5ヶ月はかかると見積もって、動いておくことが大切です。

WEBサイト制作の流れステップ①制作会社の選定【会社選びのコツ】

webサイト制作会社の選定のポイント

問い合わせする制作会社を選ぶ

まずは、貴社の目的達成に向けて適切な制作会社を選び問い合わせします。

問い合わせする制作会社を選ぶときのコツは、次の通りです。

貴社の業種・業界を支援した実績がある 業界への知見があるためすり合わせしやすい過去の経験から貴社のターゲットのユーザーインサイトを理解している
貴社が作成したい種類のWEB制作が得意 企業サイト、オウンドメディア、ECサイトなど、どのWEBサイト制作が得意なのかを確認する

貴社の業種業界を支援した実績がある会社であれば、事前に業界への知識を持ち合わせています。そのため、ヒアリングや事前の打ち合わせの際、コミュニケーションコストを削減できます。

また、過去の経験からユーザーインサイトを理解していることも強みです。

過去成果につながった戦略を生かしてくれるため、成果につながりやすいでしょう。

次の記事では、WEBサイト制作に特化した会社を比較紹介しています。問い合わせする会社を探すときの参考にしてください。

東京でおすすめのLP制作会社10選!選び方のポイントや費用の目安など解説

東京でおすすめのLP制作会社10選!選び方のポイントや費用の目安など解説

相見積もり・カウンセリング

問い合わせは、1社だけに決めず、複数社へ問いあわせる必要があります。

3社程度に問い合わせをしてそれぞれの会社から相見積もりをもらいましょう。

見積もりをもらう際は、WEBや対面にてカウンセリングが実施されます。

次のことをヒアリングされるため、事前に用意しておきます。

  • WEBサイトを制作する目的
  • サイトを通してどの程度の数値を達成したいか
  • かけられる予算
  • いつまでにリリースしたいか

また、初回提案では次の点を確認して、実際に発注する会社を比較検討しましょう。

  • カウンセリング当日までのレスポンスは早いか
  • かかる費用に対して初回提案のアウトプットが妥当か
  • 具体的な実績や事例を提示してくれたか
  • 初回提案が営業担当者の場合には、実際の実行支援の担当者はどんな人材か

コミュニケーションを取りやすいか、また実際の実行支援担当者が信頼できる人材なのかを確認する必要があります。

複数社で見積もりと対応を比較してみて、最も良い会社へ発注します。

WEBサイト制作の流れステップ②WEBサイトの企画

webサイト制作の企画の流れ図解

発注する会社が決まったら、WEBサイトの企画を制作会社と一緒に決めていきます。

  • 目的設定
  • ターゲット・ペルソナ設定
  • リサーチと分析
  • コンセプトの作成

WEBサイトの土台の戦略設計となる重要な工程です。それぞれの工程で実施することを解説いたします。

目標設定

まず何のためにWEBサイトを制作するのか、制作会社と一緒に目標を設定しましょう。

制作会社がWEBコンサルティング会社であれば、貴社のビジネスを分析し、貴社の気づけなかった課題を顕在化してくれます。

課題が明確になることで、WEBサイトを運営する目的、コンテンツの方向性、その他実施するWEBマーケティングの施策が明らかになります。

目標を設定する際は「月間問い合わせ数〇〇件」「売上〇〇円」など具体的な数字も一緒に決めることで、モチベーションが維持されるのでおすすめです。

また、StockSunでは、目的をヒアリングするだけでなく、顕在化していないビジネス上の課題の分析、競合他社の分析を徹底したうえで戦略設計いたします。

WEBサイトは、制作しただけでは意味がなく、貴社に利益を生み出すサイトにしなくてはなりません。
そのためには、土台となる貴社のビジネス上の課題整理、戦略設計が欠かせません。

StockSunのコンサルタントは、結果を出さなければ、クビになる仕組みが構築されています。

そのため、きれいなデザインのサイトを制作するだけでなく、貴社の利益を第一に考え戦略を組んでWEBサイトを制作いたします。

「サイト制作に200万円以上かけたが結果がでないためリニューアルしたい」
「課題解決のためにWEBサイトを制作したいが、利益に最短でつながる他の方法もあるのだろうか」

その際、戦略がぶれていたり、現状の施策に何か無駄が発生している可能性があります。

この機会に無料相談にて目標や課題をお聞かせください。貴社の課題を整理したうえで、WEBサイトの方向性、もしくは他の打つべきWEBマーケティングの施策をご提案いたします。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

ターゲット・ペルソナ設定

目標を定めたあとは、どのようなユーザーがターゲットとなるのかを明確にしていきます。

そのために、ターゲットを一人の人物に落とし込んだペルソナを設定していきます。

ペルソナの設定では、以下のようにユーザーを具体化することがポイントです。

WEBサイト制作におけるペルソナの例

ペルソナ制作をする際の項目例は以下の通り。

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地
  • 家族構成
  • 職業
  • 趣味
  • 価値観など

1人がイメージできるまで具体的に設定しましょう。

ペルソナを制作することで、以下のようなメリットがあります。

  • ユーザーの目線に立って考えられる
  • 自社内で共通認識が生まれる
  • 具体的な訴求方法がイメージできる

WEBサイトを制作する際のペルソナ制作について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

サイト制作のペルソナ設計を徹底解説~簡単テンプレつき~

サイト制作のペルソナ設計を徹底解説~簡単テンプレつき~

リサーチと分析

次に、顧客の課題、自社の強み弱み、競合他社の強み、弱みをリサーチして分析していきます。

顧客の課題を解決できるかつ、自社に強みがあって、競合のいないポジションを探しましょう。

その他、競合と自社サイトの次のこともリサーチしていきます。

  • SEO
  • 広告
  • UI、UX
  • デザイン
  • 開発周り

リサーチの結果を踏まえて、次のことを決定します。

  • WEBサイトで訴求する自社の強みは何にするか
  • どのようにして強みを訴求していくか
  • どの程度の期間でどの程度の数値を達成できるサイトにするか(KPIの設定)

コンセプトの作成

訴求すべきことが定まったら、サイトのコンセプトを作成します。

サイトのコンセプトは、次のことを具体的に言語化することです。

  • サイトが伝えたいこと
  • 誰にどんな価値を提供するサイトなのか

貴社はどのようなユーザーへどんなことを提供する会社(サイト)なのかを20文字以内で固めることがポイントです。

WEBサイト制作の流れステップ③設計

webサイトの設計の流れ図解

次に、WEBサイト設計のフェーズです。設計では、次の4つのことを決めていきます。

  • 要件定義
  • UI、UXの設計
  • サイトマップの制作
  • デザインの決定

要件定義

要件定義では、「要件定義書」というサイトの計画書を作成します。

ステップ②までの段階で固めた、現状の課題やサイトを作成する目的を書類にまとめ、視覚化していきます。

上記を実施することで、自社内と制作会社内で、WEBサイトを制作する目的や方向性に共通認識を持てることが良い点です。

具体的には、次の項目を定義付けていきます。

サイト制作の概要 ・制作する目的
・現状の課題
・ターゲット・ペルソナ
・コンセプト
制作の要件 ・開発の仕様や必要な技術
・どんなツールを使用して制作するか
・使用するサーバー
制作時の課題 ・制作において課題となる箇所
・発生する可能性があるリスク
スケジュール ・リリースまでのWBS
制作の体制 ・制作工程における担当者や体制

UI、UXの設定

WEBサイトの段階構造や全体的な設計を定めていきます。

ユーザーの使いやすさを配慮するために、UI、UXを設定します。

UI、UXとは、具体的に次のことです。

UI(ユーザーインターフェイス) ・WEBサイトの操作性
→どんな操作をするとどんな動きをするのか
・WEBサイトの視認性
→デザインやボタン、文字などの見やすさ
UX(ユーザーエクスペリエンス) ・WEBサイトを通してユーザーはどんな体験をできるか、何を得られるか
・UXの中にUIも含まれる

現状の課題や明確にしたペルソナを踏まえてUI、UXを設定しましょう。

サイトマップの制作

サイトマップとはホームページの枠組み・構成のことです。

数ページのWEBサイトならサイトマップが不要な場合もありますが、深く自社について知ってもらうWEBサイトを作る際は必須と言えるでしょう。

サイトマップを作ることで、ユーザーが知りたい情報にすぐアクセスできるようになり、ユーザビリティ向上につながります

サイトマップ制作の手順は以下の通りです。

  1. サイトに必要なコンテンツの作成
  2. カテゴリの分別
  3. 階層別に整理

詳しく見ていきましょう。

①サイトに必要なコンテンツの作成

設定した目標・サイトマップに応じて、サイトに必要なコンテンツを作成していきます。

使用するフォント・カラー・レイアウト・画像素材などビジュアルに関する要素を決めましょう。

コンテンツには記事・コラムだけでなく、動画・画像・イラストなどさまざまな方法があるので、ターゲットに合わせてコンテンツを作成することが重要です。

また、各コンテンツの役割を明確にしてみて、重複するコンテンツは、一つに統合する作業も実施します。

カテゴリの分別

必要なページをリストアップしたら、ページをカテゴリー別に分類しましょう。

分類が難しいページは「その他」などに分類するもしくは削除します。

同時にページの重要度も考えましょう。

重要度を考えることで、重要なページは目立たせる、重要度の低いページは控えめにするなどデザインに影響します。

階層別に整理する

カテゴリー分けが完了したら、階層別に整理します。

WEBサイト制作時の階層層についての図解

使用するテーマによって異なりますが、WEBサイトのトップページからすべてのページに移動できるのが理想です。

ページごとの階層を2~3層程度の少ない階層にして、ユーザーが少ないクリック数で目的のページにたどり着けるように意識しましょう。

WEBサイト制作の流れステップ④制作と実装

webサイトの制作と実装の流れ図解

素材の提供

WEBサイトのデザインを固める際に使用する企業のロゴや、会社の写真など必要な素材を提供します。

制作するWEBサイトによって異なりますが、次の写真を用意する必要があります。

  • 社内の風景
  • 商材
  • スタッフ
  • 実例、事例
  • 顧客の声

など

ワイヤーフレーム、デザインのレイアウトを制作

次にサイトのワイヤーフレームとデザインのレイアウトを制作します。

ワイヤーフレームとはWEBサイトのレイアウトやコンテンツの配置を決定するための設計図です。

WEBサイト制作におけるワイヤーフレーム、デザインのレイアウトの図解

ホームページにおける間取りのような役割を果たします。

サイトマップを元にワイヤーフレームを制作するページを決めます。

すべてのページでワイヤーフレームを作るのが理想ですが、作業量が多いので、トップページ・会社概要ページなどいくつかのページに絞って制作するのが現実的です。

次にページのレイアウトを決めます。

カラムレイアウト・タイル型レイアウト・サイドバー固定レイアウトなど代表的なレイアウトが存在するので、サイトに適したレイアウトを使用しましょう。

他にも以下の要素を固めていきます。

  • サイトで使用するカラー
  • 使用するフォント

レイアウトが決まったら実際にワイヤーフレームを書く作業です。

コンテンツやデザインを作成する

ワイヤーフレームの枠に合わせて、実際のコンテンツやデザインを作成していきます。

  • 見出しの文言を作成
  • 本文を作成
  • 入れ込むパーツのデザインを作成
  • 写真、動画などを作成

上記などを実施し、ワイヤーフレームに入れ込む中身を形にしていく作業です。

その際、ライターやデザイナーなど、それぞれ専門のスキルを有した人材に一部外注するケースも多いです。

WEBサイトのコンセプトや雰囲気に一貫性をもたせるために、事前にトンマナを設定しておきます。

トンマナの設定では、以下などに明確なルールを定めます。

  • 使用する色調
  • 使用するフォント
  • である調、ですます調などの文体

コーディング・システム開発・実装

コンテンツが全て完成したら、コーディング・システム開発・実装を行い、WEBサイトを実際の形にしていきます。

上記の実施は、制作会社のエンジニアが対応します。

実装が完了したら、実際の公開前に以下をチェックしましょう。

  • Google、Safariなど複数のブラウザから動作を確認
  • PC、スマートフォン、タブレットなど複数のデバイスから動作を確認
  • ページの読み取り速度などは遅くないか確認
  • ボタンや問い合わせフォームなどの動作を確認

違和感のある表示や動作はないかを確認し、公開できる状態まで最終調整します。

WEBサイトを公開する

公開前の最終チェック完了後、WEBサイトを公開します。

公開後には、WEBサイトが検索エンジンで表示されるよう、インデックス登録を実施しなくてはなりません。

インデックス登録の実施は、Googleサーチコンソールから実施可能です。

WEBサイト制作にかかる費用相場

WEBサイト制作にかかる費用相場は、次の通りです。

企業サイト採用サイト 1ページ:20〜50万円程度
〜10ページ:50〜200万円程度
オウンドメディア 構築のみ:〜50万円程度記事型コンテンツ制作費は別途かかる
LP 10〜50万円程度
ECサイト 100万円〜

WEBサイトへ配置するコンテンツのクオリティにこだわる場合、コンテンツ制作費用が別途上乗せでかかっていくイメージです。

WEBサイト制作後、集客に向けた運用のポイント

WEBサイト制作後、集客に向けた運用のポイント

企業がWEBサイトを制作する際のポイントは、以下の通りです。

  • とりあえず作り始めないで、設計図を用意する
  • デザインではなくコンテンツに集中する
  • SEO対策をする
  • WEBサイトへの集客方法も考えておく
  • 費用がかかる場合は、補助金や助成金を検討してみる

これらのポイントは、サイト制作の時のあるあるですが、下記の記事に紹介されている「制作後に課題になることが多いポイント」でもあります。

企業のサイト制作者が抱える課題とその解決法

企業のサイト制作者が抱える課題とその解決法

そのため、後々に課題を生まないためにも、このポイントをしっかりおさえてください。

とりあえず作り始めないで、設計図を用意する

WEBサイトは家のような存在です。

家を建てる際に設計図を作るように、WEBサイトを制作するには事前知識や準備が必ず必要です。

デザインではなくコンテンツに集中する

WEBサイトを制作する際はデザインよりもコンテンツに集中しましょう。

WEBサイトを制作する主な目的を改めて振り返ります。

  • 集客
  • 自社の認知
  • 商品サービスの購入

WEBサイト制作をする際の目的を理解して、デザインはあくまでも化粧のような存在として考えましょう。

すでに知名度や認知のある企業なら、デザインにこだわって素早くCVへつなげるようなWEBサイト作りも可能です。

しかし中小企業など知名度の低い企業では、そうもいきません。

自社をまったく知らない人でも分かりやすいコンテンツ作りに集中して、そのうえで見やすいようにデザインするイメージでWEBサイト制作をしましょう。

SEO対策をする

WEB制作をする際はSEO対策が重要です。

SEOとは「search engine optimization」の頭文字を取ったもので、検索エンジン最適化を意味します。

具体的にはGoogleなどの検索エンジンで自社WEBサイトが上位表示されるように施策することです。

上位表示されることで、お金をかけず集客ができます。

WEBサイトを制作するうえで大切なSEOについては、こちらの記事をご覧ください。
(上が基礎編、下が応用編になっています)

【結果が出る】ホームぺージ制作に必要なSEOを完全解説!

【結果が出る】ホームぺージ制作に必要なSEOを完全解説!

オウンドメディアによる集客方法の成功ポイント!【アクセス数900%UPの成功事例】

オウンドメディアによる集客方法の成功ポイント!【アクセス数900%UPの成功事例】

WEBサイトへの集客方法も考えておく

WEBサイト自体でも集客できますが、先ほども説明したようにWEBサイトは他媒体からの受け皿としての役割も果たします。

WEBサイトだけでは集客力が低いので、WEBサイトをしっかり制作しても集客が出来なければ本末転倒です。

WEBサイトへの集客方法としておすすめの方法は以下の通りです。

集客方法 種類 メリット デメリット
WEB広告 ・リスティング広告
・ディスプレイ広告・
・SNS広告
・ペイドメディアプレリリース
即効性がある 初期費用や長期的な運用によるコストが必要
コンテンツ ・SEO
・SNS
・メールマガジン
・アフィリエイト
・MEO
費用対効果が高い 長期的な運用が必要
オフライン施策 ・展示会
・ウェビナー
・ポスティング
・看板
即効性がある 限定的な地域にしか集客できない

自社との相性に合わせて、WEBサイトへの集客方法を選びましょう。

費用がかかる場合は、補助金や助成金を検討してみる

WEBサイトを自社で制作できる場合は費用が発生しませんが、ノウハウや人材不足により外注する場合は制作費用が発生します。

そのような場合、補助金や助成金を使えるかもしれません。

WEBサイト制作に使える主な補助金・助成金は以下の通りです

  • IT導入補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 事業再構築補助金

条件などによって補助金・助成金が使えないケースもあるので、補助金・助成金が利用できる場合と利用できなかった場合の2パターンのWEBサイトを決めておくのがよいでしょう。

WEBサイトを制作するべきか

WEBサイトを制作するべきか

企業がWEBサイトを制作を検討する際「WEBサイトは本当に必要?」と考える人もいるのではないでしょうか。

企業はWEBサイトを作るべきかについて、以下の2つの論点から解説していきます。

  • WEBサイトを制作してどんな課題を解決したいかによる
  • 単体のサービスを売り込みたい場合はLPがおすすめ

それぞれ詳しく解説していきます。

WEBサイトを制作してどんな課題を解決したいかによる

WEBサイトを制作する際は、自社の課題がWEBサイトを制作することで解決できるかどうかを確認することが重要です。

WEBサイト制作がおすすめな企業は以下の通りです。

  • 自社の事業を知ってもらう方法が無い
  • 人力の営業だけではリソースが足りない
  • ホームページを二次利用するケースが多い

自社の事業を知ってもらう方法が無い場合は、WEBサイトを制作して情報発信することで、「何をしている会社なのか」「実在しているのか」「どんな社員が働いているのか」を知ってもらえます。

またWEBサイトは営業マンの代わりに営業してくれるので、人手不足の企業にもおすすめです。

WEBサイトなら24時間365日稼働してくれて、営業マンに代わって自社サービスの紹介もしてくれます。

さらにWEBサイトは他からの集客の受け皿の役割もあります。

SNSや求人媒体に自社サイトのURLを掲載することで誘導し、自社についてさらに深く知ってもらうという二次的な利用方法も可能です。

他媒体での集客の受け皿を探してる企業にも、WEBサイト制作は最適な方法でしょう。

サイト制作やホームぺージを制作する際の目的を整理したい方は、下記の記事でも解説しているので、参考にしてみてください。

ホームページの目的は?できることと成果を出すポイント

ホームページの目的は?できることと成果を出すポイント

単体のサービスを売り込みたい場合はLPがおすすめ

単体の商品やサービスを売り込みたい場合はLP(ランディングページ)がおすすめです。

LPにはデザインの制限がなく、派手でインパクトの大きいページが作成できます。

また単独でコンバージョンに直結させるために使用されるため、単体のサービス・商品を掘り下げて説明可能で、お問い合わせにつなげやすいです。

売り込みたいサービスが複数の場合はWEBサイト、単体のサービスを売り込みたい場合はLPと、目的に応じて使い分けるのがよいでしょう。

LP制作は下記の記事で、初心者の方にも分かりやすいように解説していますので、参考にしてください。

LP制作の流れをプロが解説|初心者でも5分で分かる!

LP制作の流れをプロが解説|初心者でも5分で分かる!

WEBサイトを制作するメリット

WEBサイトを制作するメリット

企業がWEBサイト制作をするメリットは、以下の4つです。

  • 問い合わせや顧客獲得につながる
  • 顧客情報が分析でき、マーケティングに活かせる
  • 業務の効率化がはかれる
  • 広告やSNSなど他の媒体との併用もできる

それぞれ詳しく解説していきます。

問い合わせや顧客獲得につながる

WEBサイトを制作して情報を発信していけば、オンライン経由で集客が可能です。

自社ホームページが上位表示されるように施策すれば、そこから自社に興味を持ってもらいお問い合わせや顧客を獲得できます。

オフラインと違ってこちらからお願いをして営業をかけるのではなく、ユーザー側から自社について知りたいとWEBサイトに訪問してくれるケースが多いため、自社について興味のあるユーザーが多いです。

そのため問い合わせや顧客獲得がしやすい。

また先ほど紹介したようにSNSなど他の集客媒体と連動させることでより効果を発揮できます。

他媒体で自社に興味を持ってくれたユーザーを自社WEBサイトに誘導して、自社についてより深く知ってもらい、顧客獲得を目指しましょう。

顧客情報が分析でき、マーケティングに活かせる

WEBサイトにユーザーが訪問するようになれば、顧客情報を獲得できるので、マーケティングに活用できます。

分析ツールを使用すればWEBサイトに訪れたユーザーの年齢・性別・流入元などが分かります

他にもアクセスの多い時間・時期や、どんなキーワードから流入してきたのかも分析可能です。

顧客分析をすることで「こんな性別・年齢の方が興味を持ってくれている」など、想定していなかったユーザーの発見にもつながります。

そういった発見があると、自社商品やサービスの内容、さらにはWEBサイトのデザインや発信内容を見直す機会になるのでメリットがあると言えるでしょう。

サイト制作とマーケティングの細かい施策に関しては、下記の記事でも解説しているので、参考にしてください。

成果を出すためのサイト制作にはWEBマーケティングが不可欠

成果を出すためのサイト制作にはWEBマーケティングが不可欠

業務の効率化がはかれる

WEBサイトを制作することで以下のような業務の効率化がはかれます。

  • 自社の情報を掲載すれば遠方などに営業に行って説明する手間が省ける
  • 営業マンの代わりに24時間365日営業してくれる
  • よくある質問の内容と回答を掲載すれば、電話・メール対応が減る
  • 上位表示されるようになれば広告費を削減できる

業務を効率化できれば人件費などの経費削減にも繋がるので、特に中小企業など人手不足に悩む企業にはWEBサイト制作はおすすめです。

広告やSNSなど他の媒体との併用もできる

WEBサイトは広告やSNSなど他の集客媒体と併用できます。

例えばWEBサイトに商品・サービスの商品ページを作成すれば、その作成したページをSNS広告にそのまま使用できるので、あたらに作成する手間・時間・費用を抑えて集客が可能です。

またWEBサイトのコンテンツをSNSで発信して、興味を持ってもらえれば拡散され集客力が高まります。

WEBサイトを作成して他媒体と併用することで、効率よく集客をしましょう。

WEBサイト制作でStockSunがこれまで結果を出してきた独自の秘訣

https://www.youtube.com/watch?v=yL-vDtrPe74

StockSunでは、サイト改善も提案しており、これまで多くの企業様の課題を解決を承ってきました。

なぜこれまで結果を出せてきたのかというと、上記の動画のように、

  • 制作の際にコストの最適解を考えることができるから
  • 上流の視点から落としこんで設計することができるから
  • クライアントのビジネス理解ができているから
  • 競合との差別化ができているから
  • すべての設計から運用まで工程に携わることができるから

と、成果に不可欠な要素をプロフェッショナル集団としてコミットしてきたからです。

せっかく予算を出したのに成果を出してもらえるか不安だ」・「これまでの制作会社で上手くいかなかった」とお悩みの方に対しても「3,000名を超える発注実績から、上位1%のWebコンサルタントをアサイン」させていただきます。

無料相談も実施しておりますので、お気軽にご相談ください。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

WEB制作におけるStockSunオリジナルの成功事例

WEB制作におけるStockSunオリジナルの成功事例

StockSunではこれまでサイトの制作や改善を承ってきました。

その中でも主な事例を紹介させていただきます。

サイトの制作・改善にお悩みの方は、参考にしてください。

セッション数13倍・CV数3倍に伸ばした塾の事例

最初の事例ははある塾のものになります。

こちらのクライアント様は、これまでのオフライン集客に加えて、オンラインでの集客を始めたいと考えてらっしゃいました。

そのため、有効なアプローチをとるためにリサーチを進め、導線設計・SEO・広告などの施策を弊社と一緒に進めていきました。

結果として、セッション数が13倍に伸び、問い合わせの件数を3倍にすることに成功しました。

ポイントとしては、親or子のターゲティングを誤ると大きなダメージを受けるため、初期のうちに検証期間を取りターゲットを見極めることが重要な案件でした。

そのターゲティングのすり合わせをクライアントとできたことが成功の1要素になりました。

コロナ打撃で売上30%減からSEOで月20名集客した整骨院の事例

次の事例は整骨院の事例になります。

こちらのクライアント様は、コロナ打撃で売上が下がってしまったので、集客を以前のようにあげることが課題でした。

そこでサイト全般での対策を実施し、施策としては、

SEO・リスティング広告・MEO・サイト制作(サイトリニューアル・LP制作)・TikTok運用・CRM運用などを行い月間の集客数をあげることに成功しました。

ポイントとしては、地域と関連したSEO対策を打てたことが1つの要素としてあげられます。

どちらの案件もクライアント様の商材や状況にあわせた施策が功を奏し、結果につながった事例となります。

また下記の記事では他の成功事例をまとめています。「様々な事例を参考にしたい」という方には、おすすめですのでご覧ください。

BtoB企業のオウンドメディア成功事例と事例の戦略を解説【PV数1億突破に成功】

BtoB企業のオウンドメディア成功事例と事例の戦略を解説【PV数1億突破に成功】

WEBサイト制作に関するよくある質問

完全無料でサイトを作るには?

できるだけ費用をかけずに完全無料でWEBサイトを作るには、無料のサイト作成ツールを使用することです。

例えば以下のツールは、無料で活用できます。また、テンプレートは用意されていてドラックアンドドロップにてコンテンツを配置できるため、コーディングの知見も不要です。

  • Wix
  • WordPress
  • ペライチ
  • Jimdo

など

ただしテンプレートで対応仕切れない範囲は、コーディングしなくてはなりません。また、コンテンツのデザインは自分で用意する必要があるためデザイナーへの依頼も必要となります。

そのため、上記のツールを活用しつつできるだけ費用を抑えてWEBサイトを制作したい場合には、フリーランスの力を借りながら制作することもひとつの手です。

StockSunでは、月額5万円〜上位20%の優秀なフリーランスにWEBマーケティングの支援を依頼できるマキトルくんを用意しています。

例えば初回は、認定パートナーの上流コンサルティングをご利用いただき、貴社の課題を顕在化させ戦略を策定したのちWEB制作やマーケティングはマキトルくんに切り替えていただくことも可能です。

貴社のご予算やご要望に合わせて、貴社に最短で利益をもたらすための方法をオーダーメイドでご提案いたします。

この機会に一度現状の課題や目標をご相談ください。

WEBサイト制作におすすめの新サービスマキトルくんくん

ホームページをつくるのにいくらかかる?

WEB制作会社へホームページの制作を依頼する場合の費用相場は、次の通りです。

企業サイト採用サイト 1ページ:20〜50万円程度
〜10ページ:50〜200万円程度
オウンドメディア 構築のみ:〜50万円程度記事型コンテンツ制作費は別途かかる
LP 10〜50万円程度
ECサイト 100万円〜

Webサイト制作には何日かかる?

WEB制作会社へ本契約してからWEBサイトを公開できるまでには、3〜4ヶ月かかる場合がほとんどです。

また、制作会社を選定する際は、相見積もりをとって実力などに信頼のおける会社を選ばなくてはなりません。

会社探しから選定にかかる期間はだいたい1ヶ月程度を見積もっておくとよいでしょう。

ホームページは自分で作れるの?

結論、テンプレートの用意された無料ツールを活用すれば、自学自習でも制作することはできます。

ただしテンプレートだけでは対応できない箇所はコーディングする必要もあるので完全に自分で制作となると難しいかもしれません。

また目的を達成できないサイトになったら制作した意味がありません。

集客、採用など貴社の目的を達成できるサイトにするためには、土台となる戦略設計が必須です。

自社や競合、ターゲットのリサーチや分析は、知見のあるマーケターへ依頼が必要でしょう。

また、WEBサイト完成後にサイトのリーチを広げるためには、SEOや広告運用などのマーケティング施策も必須となります。

WEBサイトは適切な流れでの制作で成果が決まる

現在はWEBサイト制作のハードルが下がったため、どんな企業でも予算や目的に合ったWEBサイトを作ることができるようになりました。

一方で、簡単に作れるようになったからこそ、準備や戦略に沿った流れでの制作が重要です。

StockSunでは、WEBサイト制作でこれまで多くの案件で結果を出して参りました。

それは、StockSunが貴社の事業課題や商材に合わせ、利益を上げることにコミットした戦略をご提案をしてきたためです。

下記のお申込みから山口までお問い合わせいただければ、弊社サービスの無料お試しを実施しております。

サイト制作・LP制作のコンサルティングはもちろん、貴社の商材・課題に合わせたマーケティング施策や具体的な施策案・改善案のご提示を行っております。

ぜひ一度現状の課題をご相談ください。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

サイト制作に適任のコンサルタント

板橋晟星

板橋晟星

最速開発エンジニア

システム・アプリ開発コンサルティング

DXコンサルティング

転職

工務店、ハウスメーカー

受託

塾・予備校

SaaS

投資

小原一輝

小原一輝

商談獲得のプロフェッショナル

SEO•MEOコンサルティング

塾・予備校

ジム・エステ

受託

真栄田義樹

真栄田義樹

定額制Webマーケティング支援 マキトルくん 事業責任者

Web広告運用コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

飲食・小売

転職

不動産投資

塾・予備校

学校

川口健作

川口健作

クリニック名人

SEO•MEOコンサルティング

医療・クリニック

Web広告運用コンサルティング

新規事業コンサルティング

製造業

SaaS

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

楢本浩太

楢本浩太

StockSunのNo.1サイト制作チーム

Webサイトコンサルティング

総合Webマーケティング支援

SEO•MEOコンサルティング

受託

SaaS

学校

塾・予備校

ポータルサイト

工務店、ハウスメーカー

採用代行

新卒

転職

保険

投資

カード

不動産投資

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

山崎翔太朗

山崎翔太朗

オウンドメディア請負人

SEO•MEOコンサルティング

医療・クリニック

転職

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

保険

カード

受託

SaaS

投資

加藤晃寿郎

加藤晃寿郎

フリーランスCTO(StockSun VPoE)

DXコンサルティング

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

新規事業コンサルティング

宮原秀文

宮原秀文

大手企業御用達のグローバルクリエイティブチーム

システム・アプリ開発コンサルティング

DXコンサルティング

新規事業コンサルティング

EC / D2Cコンサルティング

飲食・小売

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

SaaS

製造業

伊神潤

伊神潤

年間10億円以上を運用するプロフェッショナル集団

Web広告運用コンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Webサイトコンサルティング

新規事業コンサルティング

EC / D2Cコンサルティング

森澤佑輔

森澤佑輔

趣味SEO

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

山口雄貴

山口雄貴

HP・LP制作のプロフェッショナル

Webサイトコンサルティング

CRO•LPOコンサルティング

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。