メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

【2024最新】YouTubeのSEO対策方法全まとめ【キーワード/施策/ツール】

更新日
【2024最新】YouTubeのSEO対策方法全まとめ【キーワード/施策/ツール】

今のユーザーはブログを中心としたGoogle 検索だけでなく、YouTubeやTikTokなど動画プラットフォームでの検索が大きな情報収集手段となっています。

その中で、自分が投稿した動画が検索したユーザーの目にとまるためには、SEO施策というのが必要不可欠です。この記事ではそもそもSEOとはに始まり、2024年現在効果のあるSEO施策や、SEO以外で成果を得る方法まで解説していきます。

貴社のチャンネルに最適なYouTube戦略を知りたいときは、ぜひお気軽にご相談ください。

最短で収益をアップさせるための戦略や、目的から逆算したチャンネルの企画などをアドバイスさせていただきます。この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチするYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

そもそもYouTubeのSEOとは

YouTube SEO(Search Engine Optimization)とは、YouTube内での動画検索において、自社の動画コンテンツを効果的に表示させるための最適化技術のことです。

YouTubeは世界最大の動画プラットフォームであり、その中でも高い検索エンジンランキングを獲得することは、多くの視聴者に対する露出を増やす重要な手段です。

YouTubeでSEO対策を行う重要性

YouTube SEOの重要性はますます高まっています。現在、YouTubeは検索エンジンのGoogleに次ぐ世界第2位の検索エンジンとして広く利用されており、検索からのトラフィックを取り込むことはビジネスにとって不可欠です。

YouTube SEOを適切に行うことで、自社の動画が関連キーワードで上位に表示され、視聴者にアクセスされやすくなります。

SEO=再生回数ではない

YouTube SEOの目標は、再生回数だけではありません。再生回数だけでなく、動画の評価(いいねやコメント数)、視聴時間、チャンネル登録者数など、総合的な評価基準に基づいて動画の品質を判断するYouTubeのアルゴリズムが存在します。したがって、YouTube SEOを成功させるためには、単に再生回数を増やすだけでなく、視聴者が興味を持ち、長く視聴する動画コンテンツを提供することが必要です。

YouTube SEOの手法には、適切なキーワードの選定、適切な動画タイトルや説明の最適化、サムネイルの改善などが含まれます。これらの要素を組み合わせて、YouTube内での検索ランキングを向上させ、より多くの視聴者に動画コンテンツを届けることができます。

YouTubeのSEO対策①チャンネル設計

YouTube SEOを成功させるためには、様々な施策を実施することが重要です。以下にYouTube SEOの施策9つを紹介します。

チャンネル名の適切な選定

チャンネル名に関連性のあるキーワードを組み込むことで、検索エンジンの理解が向上します。

プロフィール情報の充実

チャンネルの説明や連絡先情報を詳細に設定し、視聴者にチャンネルの内容や特徴を伝えましょう。

YouTubeのSEO対策②動画の概要

キーワードの使用

動画のタイトルや概要に関連性のあるキーワードを適切に使用し、検索ランキングを向上させます。

動画尺

時期によりトレンドはありますが、YouTubeが積極的に押し出す動画尺は時折存在します。

例えば総再生時間を大きな基準におすすめ表示していた頃は、動画尺が15分以上の長い動画が優先されていました。

Shorts動画が流行りつつある中、どの尺がSEO的に有利か明文化は厳しいですが、よく再生されている動画尺に調整することもSEO対策の一つと言えます。

タイムカード

概要欄に指定の分数:秒数とその説明を記載することにより、ユーザーがそこをタップするのみで、その箇所に動画がジャンプする機能があります。

その箇所が充実していることはSEO的に限らずYouTubeアルゴリズムにとっても動画内容を理解する助けとなり、動画が評価されると共にその内容に適したKWの検索結果に表示されやすくなります。

YouTubeのSEO対策③動画の中身

タイトルの工夫

視聴者の興味を引く魅力的なタイトルを作成しましょう。

サムネイルの魅力

サムネイル画像を魅力的にデザインし、視聴者をクリックさせる要因とします。

動画のクオリティ向上

高品質な映像や音声を提供することで、視聴者の満足度が向上し、再生回数が増加します。

キーワードの繰り返し

動画内で重要なキーワードを自然に繰り返すことで、検索エンジンの理解を深めます。

これらはYouTube SEOの施策の一部です。適切な施策を組み合わせることで、YouTubeチャンネルの視聴者数や再生回数を増加させることができます。

YouTube SEO分析に有効なツール

YouTubeのSEO効果を最大限に引き出すためには、適切なツールを利用して分析を行うことが不可欠です。以下にYouTube SEO分析に有効なツールをいくつか紹介します。

YouTube Studio

YouTube Studioは、YouTubeの公式ツールであり、チャンネルの成績を追跡し、分析するために利用できます。

再生回数、視聴者のデモグラフィック情報、動画のパフォーマンスなどのデータを簡単に確認できるため、チャンネルの改善点を特定するのに役立ちます。

Uber Suggest

Uber Suggestは、キーワードリサーチツールであり、YouTubeのSEOに役立ちます。

関連するキーワードの提案や検索ボリュームの情報を提供し、動画のタイトルや概要を最適化する際に役立ちます。

ahrefs

ahrefsは、綿密なキーワード分析や競合チャンネルの分析に役立つツールです。

YouTubeチャンネルのSEO戦略を策定するために、競合チャンネルのキーワードやバックリンク情報を調査することが可能です。

vidIQ

ahrefsは、綿密なキーワード分析や競合チャンネルの分析に役立つツールです。

YouTubeチャンネルのSEO戦略を策定するために、競合チャンネルのキーワードやバックリンク情報を調査することが可能です。

これらのツールを組み合わせて利用することで、YouTubeのSEO効果を最適化し、チャンネルの成長をサポートすることができます。

YouTube SEOに取り組むべきチャンネル

YouTube SEOは、さまざまなチャンネルにとって有益ですが、特に以下の3つのタイプのチャンネルにとって取り組むべき重要な要素です

立ち上げ初期のチャンネル

立ち上げ初期のチャンネルは、まだ多くの視聴者がチャンネルを知らない可能性が高いです。YouTube SEOを活用することで、関連キーワードで上位表示されることで新規視聴者を引き寄せることができます。

適切なキーワードの選定やタイトル、説明、サムネイルの最適化を行うことで、競争激しいYouTube環境でも注目される可能性があります。

専門的・ニッチなチャンネル

特定の専門分野やニッチなテーマに特化したチャンネルも、YouTube SEOを活用してターゲット視聴者を引きつけることができます。専門的なキーワードや専門知識に基づいたコンテンツを提供し、それに関連するキーワードを適切に使用することで、専門性を活かしたアクセスが増えるでしょう。

堅実な再生回数が欲しいチャンネル

一方で、広告収入や影響力よりも堅実な再生回数を目指すチャンネルも、YouTube SEOを活用する価値があります。

競争の激しい分野であっても、適切なキーワード選定やタイトル最適化によって、継続的な視聴者を獲得しやすくなります。これにより、長期間にわたって安定した再生回数を維持できる可能性が高まります。

YouTube SEOに取り組むメリット

YouTube SEOを活用することには、多くのメリットがあります。以下にいくつかのメリットを紹介します。

チャンネル規模に関わらず勝負できる

YouTube SEOは、チャンネルの規模に関わらず公平な競争の場を提供します。

視聴者に価値を提供するコンテンツと適切なSEO施策を組み合わせることで、小規模なチャンネルでも大規模なチャンネルと競り合うことが可能です。これにより、新たな視聴者を獲得し、チャンネルの成長を促進できます。

施策とその結果が見やすい

YouTubeは分析ツールを提供しており、SEO施策の結果やコンテンツのパフォーマンスを詳細に分析できます。

どのキーワードでどれだけの再生回数を獲得したのか、どの動画が視聴者に評価されているのかなどが把握できます。

これにより、効果的な施策を講じるための方針を立てることができます。

YouTube SEOに取り組むデメリット

YouTube SEOには多くのメリットがある一方で、デメリットもあります。以下にいくつかのデメリットを挙げてみましょう。

時間と労力の投入が必要

適切なキーワードの選定やコンテンツの最適化には時間と労力が必要です。競争が激しい分野では、上位表示を獲得するためにはさらなる努力が必要です。

アルゴリズム変更の影響

YouTubeのアルゴリズムは変更されることがあり、一度上位表示されていた動画でも順位が下がる可能性があります。これにより、順位維持のために継続的な対策が求められます。

これらのデメリットも考慮しつつ、YouTube SEOを戦略的に活用することで、チャンネルの成長と視聴者の獲得に寄与できるでしょう。

YouTube SEO以外で成果を得る方法

YouTubeでの成果を得るためには、単にSEO対策だけでなく、他の方法も考慮することが重要です。以下に、YouTube SEO以外で成果を得る方法を紹介します。

ブラウジングでの再生・バズを狙う

一部の動画は、SEO対策を重視するよりも、ブラウジング時にユーザーの興味を引きつけることで急速に再生数を伸ばすことがあります。

エンターテイメントやトレンドに関連するコンテンツは、ユーザーの注意を引きやすく、バズを生み出す可能性が高いです。

クリエイティブで興味深いタイトルとサムネイルを使用し、視聴者の関心を喚起することが重要です。

商品販売に誘導する

YouTubeをビジネスのプラットフォームとして活用する方法の一つは、商品やサービスの販売に誘導することです。

動画内で製品の紹介やデモンストレーションを行い、視聴者を購買へ導くことが可能です。動画内にリンクを追加し、購入ページへ誘導する方法や、クーポンコードの提供などが一般的です。

動画保管のプラットフォームにする

YouTubeは、単に動画の公開プラットフォームだけでなく、動画の保管場所としても活用できます。企業内部やチーム間での情報共有やトレーニングビデオの保管などに活用できます。非公開動画や限定公開動画として設定することで、特定の対象に情報を提供することができます。

これらの方法を組み合わせて活用することで、YouTubeの成果を最大化し、多様な目標に向けた戦略を展開することができます。

まとめ

今回の記事で、YouTube SEO対策は初期・小規模チャンネルほど成果を得やすいこと、その具体的な施策やツールなどについてご紹介しました。

しかしSEO対策は画一的なものはなく、1年経てばアルゴリズムやそれに対応する策も変わっていきます。

今のYouTube、さらに今運営していらっしゃるチャンネルにてどのような施策から手をつけるべきか、下のボタンより無料相談承らせていただきます。

そちらからの無理な営業や、お聞きした予算を大幅に超えるご提案は致しません。

ぜひお気軽にご相談ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチするYouTubeの戦略をご提案/

YouTubeの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。