メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

YouTubeの動画制作・編集にかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝

更新日
YouTubeの動画制作・編集にかかる費用相場を徹底解説!費用を抑えるコツもプロが直伝

著者

鳥屋直弘

StockSun株式会社の鳥屋です。
私は、StockSunの事業領域において、法人向けのYouTube運用の支援をさせていただいています。

「動画編集の費用相場はどれくらい?」
「費用を抑えるにはどうしたらいい?」

YouTube運用を実施しようと考えている企業の担当者の方には、以上のような悩みを抱えている方も多いでしょう。

動画編集一つとっても様々な座組みが存在し、それぞれかかる費用が異なる場合があるからです。また、代行業者は料金を公開していないケースも珍しくありません。

そこで本記事では、YouTube動画編集にかかる費用相場を実施方法ごとに徹底解説します。
費用を抑えつつ高い効果を得るコツに関しても紹介していきます。

マーケティング手法の一環としてに課題を抱えている際は、お気軽にご相談ください。

また、無料カウンセリングではお客様が作成したい領域のジャンルの競合チャンネル・動画をグルーピングできるシートをお渡ししています。

具体的には下記のイメージです。

私自身フィットネスチャンネルを行っているので、フィットネスジャンルで例に上げると、下記のように競合チャンネルの上位再生20個の、視聴回数/公開日/バズ度(登録者に対する再生数の数値)を全て網羅的に出したシートを作成して、参考となる企画を探しています。

ぜひこの機会にお問い合わせください。

\特典:1動画だけで売上UP!?貴社とマッチするYouTubeの戦略をご提案/

動画編集の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

動画制作の相場・費用の一覧表【目的別】

費目別に見るYouTube動画制作・編集の費用の相場

費目 平均的な相場
動画制作・編集費 1〜5万円/本
撮影費 3万円〜10万円
企画・構成ディレクション費 2~4万円/本
分析、コンサル費 15〜25万円/月

動画制作・編集費

YouTube動画制作費は、撮影した素材を編集ソフト(企業チャンネルであればAdobe PremiereProなどが一般的)に入れ、カットや字幕付け、演出などを加えてコンテンツとして仕上げていく工程です。

基本的に1本あたり3万円〜5万円以内で発注できるケースが多いです。

クラウドソーシング系企業やTwitter経由での個人フリーランスへの依頼ですと5,000円〜1万円で発注できることもあるのですが、ビジネスコミュニケーションが取れなかったり、誤字脱字が多く発注側の工数になってしまうことが大半なので、3万円以上/本にはなるものの、企業への発注がおすすめです。

注意点としては制作の費用は「長さ(尺)」×「演出(クオリティ)によって左右されます。

動画の完成尺で金額が変わってくる制作会社が一般的のため、あらかじめ何分までならこの金額、という認識はすり合わせておく必要があります。

仮に5分ごとで金額を区切っている制作会社に発注する場合、30分を超えるような長尺動画を制作する際は、長さに応じる形で金額が増えていくのが一般的なケースのため、そちらの認識を持っておく必要があります。

もう一点、カメラを複数台使用するリッチなコンテンツを撮影する撮影はそれに応じて編集費が変わってくるため、発注する際はどのような動画にしたいかの参考動画・参考チャンネルを用意しておくと金額のすり合わせがスムーズになります。

一般的なYouTubeチャンネルのコンテンツ例


鳥屋はなぜクライアントから切られないのか【LINEで資料配布中】

【悪口大会】後輩達が株本植本の悪口言い放題パーリナイ!|vol.975

複数台カメラを使用するリッチコンテンツ例

炎の新規事業立ち上げ講座 | 杉野弘和①【熱血!Webマーケハイスクール】

撮影費

企画構成に従って、撮影を進めていく際にかかる費用です。

撮影スタッフ、撮影スタジオ、撮影機材を全て合わせた金額が含まれます。基本的に企業のYouTube撮影は1回の撮影で6〜10本まとめ取りすることが多く、1回の撮影時間は3〜5時間で終わるケースが大半です。

3~5時間程度で終わる撮影であれば、スタジオ、カメラマン、機材を合わせて5万〜7万円が一般的な相場です。

撮影スタッフは、コンサルや企画を依頼している場合ですと、運用を行うディレクター1名と実際にカメラを動かすカメラマン1名で最低でも2人以上が含まれます。

撮影スタジオに関しては、企業が作るチャンネルの場合、オフィスで行うことが多く、外注の場合は制作会社のスタジオを利用するケースもあります。

機材に関してはCMの撮影に使用されるようなハイスペックな機材を用意する必要はなく、コストを抑えることが可能です。

機材は主に下記の4種類に分けることができ、慣れた人であれば一人でも撮影自体は可能です。

・カメラ
・音響機材
・照明
・グリーンバック

企画・構成費

YouTubeチャンネルの目的達成のため企画のテーマ・構成を決めていく際にかかる費用です。

伸びる動画を作り上げていく上で、最も重要な部分で、撮影の仕方・編集の仕様に関してもこの段階で決まっていきます。

企業がYouTube運用を依頼する際、完全に文字に落とし込んだ台本を作成するか、内容を箇条書きする骨子レベルでの作成になるかで金額が変わってくるケースがあります。

完全文字化した台本の作成は、企業側の工数削減はできるものの、演者の熱が伝わりにくい、金額が上がってしまうというデメリットがあります。

内容の箇条書きによる骨子作成ですと、企業側の工数自体は増える(1企画30分~1時間程度)のですが、オリジナルな内容を発信できるのと、熱が伝わりやすく視聴者がファン化しやすいというメリットがあります。

相場としては、骨子のみであれば1本20,000円、台本込みですと1本40,000円になるケースが多いです。

分析、コンサル費

コンサル費に関しては月15万円〜30万円でチャンネルの方針・戦略決め、公開した動画の分析にかる費用になります。

基本的には企画・構成費とセットで考えるのが一般的のため、

月10本の動画更新であれば企画ディレクション費という費目で、月30~50万円で戦略、企画、分析までを依頼することができます。

その他の費用

・クリエイティブ制作費
動画制作・編集を依頼する際に、編集費用とは別途で最初にかかる費用がテロップやOPなどの、クリエイティブの費用になります。

項目としては下記が必要となってくるため、こちらは作成・選定で別途で費用がかかるケースが多いです。
相場としては全て合わせても15〜20万円が一般的で1回のみ発生します。

・OP
・ED
・BGM
・背景画像
・テロップベース
・特殊テロップベース(強調表現の際に使用)
・カットイン画像

・キャスティング費
動画によってはゲストを呼ぶことがあり、お足代・出演費として1~5万円かかる場合が考えられます。

インフルエンサーにコラボ出演していただく際は20~30万登録規模までしたら、1回撮影出演あたり5万円〜20万円が相場となっています。

それ以降の登録者数のインフルエンサーですと金額の相場は20万〜100万円で幅が広いです。
インフルエンサーキャスティングによる拡散効果を狙う際の注意点としては登録者数ではなく、直近10本の平均再生数を見てキャステイングをおすすめします。

その際も出演の仕方として、下記の3パターンが考えられるので費用対効果を鑑みてどのパターンで依頼するのかを決めるのが適切です。

①インフルエンサーにこちらが運用しているCHに出演してもらい、先方チャンネルのコミュニティ機能で拡散してもらう
②インフルエンサー側のCHにコンテンツを出す
③双方のCHでコラボする

費用・効果としては①<②<③で多くなります。

1YouTubeチャンネル運用にかかる金額

上記、多くの項目がありますが、伸びるチャンネルとして最低限必要な月8本以上の更新を行うのであれば、

・撮影(1回)
・8本動画企画・編集
・分析コンサル費
でミニマム月60万円から月8本投稿するチャンネルの運用をすることが可能です。

【押さえておくべきポイント】
・企業がYouTubeで動画制作する場合は企業に発注するのがおすすめ
・「完成尺」と「演出の数と質」によって工数が変化する
・編集費の一般的な相場は1〜5万円前後/本
・撮影費の一般的な相場は5~7万円前後/本
・企画・構成費の一般的な相場は2~4万円前後/本
・分析、コンサル費の一般的な相場は15〜30万円前後/月
・クリエイティブ制作費の一般的な相場は15〜20万円費※1回のみ
・キャスティング費は非インフルエンサーであれば1~5万円/出演、フォロワー30万人以下であれば5〜20万円/出演、50~100万人規模だと20〜100万円/出演と幅が大きい

YouTube動画制作・編集にかかる費用を安く抑えるコツ

①撮影の回数を減らす

動画撮影にはカメラマンの動員・スタジオ場所,機材確保などを行うためどうしても1回あたりの金額は5万円以上かかってしまうことが多いです。

そのため、月8本程度の更新頻度であれば1回の撮影でまとめて収録するというのがおすすめです。

なれてくれば1本30分程度の収録時間で完成尺10〜15分程度の動画はできるため、4~5時間あれば8本の収録は可能です。

②撮影を内製化する

動画撮影に関しては、専用の機材がない場合でもスマホなどで代用することは可能なので、初回から数回は撮影を依頼した後に以降の撮影を内製化していくというのも費用を抑える手段としてはおすすめです。

③台本制作を内製化する

テーマやトピックに関しては制作会社に発注した上で、専門領域の知見が必要となる内容詳細に関しては運用側で行うのがコストを削減する上でも質の高い内容のコンテンツを発信していく上でも重要となっていきます。

④字幕の量をへらす

YouTube動画制作・編集でかかる工数として大きいものが字幕作成になっています。
そのため、フルテロップではなく重要な部分2~3割に字幕をつけるといった編集にすることで工数を2~3割減らすことが可能となり、その分の金額を抑えることができます。

ただし、カットや演出の工数などは変化しないのと、字幕が少なくなることで資料維持率にネガティブな影響が出るといったケースもあるため、初期はフルテロップでチャンネルが成長していたタイミングで字幕の量を減らすという方法をおすすめします。

⑤完成尺を短くする

動画尺によって長さが変わる場合は、動画の速度を1.1倍にする編集指示を出すことで、完成尺を短くするなどの工夫が可能となります。
コンテンツカットをしてでも完成尺を短くするというのはコンテンツの質を担保する上ではおすすめできないため、基本的には収録した内容で価値のあるシーンはカットしないというのが適切ですが、どうしても尺を短く抑えたい場合は優先度の低いシーンからカットしていくよう制作会社に依頼するのがおすすめです。

⑥修正指示を最小限にする

制作会社によっては修正回数が一定の数を超えると追加料金が発生する会社もあります。
修正お手戻りが多いことで公開のタイミングが遅くなりトレンド性の高い動画に関しては効果が薄まってしまうため、基本的に修正は一度で全て依頼し切るのが適切です。

⑦Shorts動画を活用する

投稿本数を減らすことによる費用を抑えることはできるのですが、あまりに投稿本数が少なすぎるとチャンネルや動画自体が伸びないという本末転倒のケースになる可能性があります。

そこで、Shortsという縦動画制作を行うことで横動画にかかる費用の半額以下で制作を外注でき、かつ投稿頻度を保つことができます。

【押さえておくべきポイント】
YouTube動画制作・編集にかかる費用を安く抑えるコツ
・撮影の回数を減らす
・撮影を内製化する
・台本制作を内製化する
・字幕の量をへらす
・完成尺を短くする
・字幕の量を減らす
・修正指示を最小限にする
・Shorts動画を活用する

以上が、YouTubeの動画制作・編集にかかる費用相場と費用を抑えるコツになります。

これらのポイントに注意しながら、YouTubeチャンネルの運用と動画制作を制作会社に依頼していくのがおすすめです。
ちなみに、StockSun株式会社では、YouTubeチャンネル運用や動画編集に関する無料相談を行っています。

競合チャンネルのリサーチから企画提案はもちろん、撮影、編集、分析までYouTubeチャンネル運用業務を一気通貫して担当させていただきます。

ぜひこの機会にお問い合わせください。

\特典:1動画だけで売上UP!?貴社とマッチするYouTubeの戦略をご提案/

動画編集の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

YouTubeコンサル会社・運用代行会社を確認したい際は、以下もご参照ください。

関連記事

YouTubeコンサル会社・運用代行会社16社【2024年】一覧比較図解付きで選び方のコツをプロが解説

YouTubeコンサル会社・運用代行会社16社【2024年】一覧比較図解付きで選び方のコツをプロが解説

Read More


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

YouTubeの運用に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。