メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

TikTokマーケティングのメリットとは?【集客方法と成功事例を解説】

更新日
TikTokマーケティングのメリットとは?【集客方法と成功事例を解説】
柴田章矢

この記事の著者

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

動画マーケティング会社創業後、StockSunに参画。自社SNSを0から40万人まで伸ばしたノウハウをもとに多数のクライアントのYouTube、TikTok、Instagramの運用を行う。

社内に総フォロワー70万人のYouTuber/TikTokerを抱え、最新のトレンドを抑えた動画コンサルができることが強み。

「TikTokマーケティングで成功するための方法を知りたい」
「TikTokマーケティングに自社の商品が向いているのか確かめたい」

TikTokは認知の拡大に有効なツールです。活用を検討している企業が増えている一方で、正しい活用方法に悩んでいる担当者の方も少なくありません。

TikTokマーケティングを成功させるには、特徴や仕組みを理解したうえで戦略を立てていくことが大切です。

本記事では、TikTokマーケティングの成功のポイントやStockSunの成功事例などを解説します。

TikTokマーケティングを検討している企業の方は参考にしてみてください。

弊社StockSunでは、TikTokマーケティングをはじめ、Webマーケティング全般の施策に対応しています。TikTokの集客からSNS運用など、予算に応じて費用対効果の高い施策を提案いたします。

「間違いない企業に実行支援を依頼したい」という方は、お気軽に無料相談をご利用くださいませ。

特典:TikTokの集客を成功させる勝ち筋をご提案

TikTokマーケティングの相談をする
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
動画編集ガイドライン

TikTokマーケティングで理解しておくべき基礎知識

昨今、企業のマーケティング活動の一環としてSNSの利用が一般的になっています。

その中でも特に急速にユーザー数を増やしているのが、ショート動画のプラットフォームである「TikTok(ティックトック)」です。

ここでは、TikTokマーケティングの基礎知識について解説していきましょう。

TikTokとは

TikTokは「15秒から3分」の短い動画を作成、編集、共有できるソーシャルメディアプラットフォームです。

TikTokには下記の特徴があるため、企業はTikTokを利用してブランドの認知度を向上させやすいと言われています。

  • 手軽に動画を編集できる
    エフェクトやフィルター、音楽などのさまざまなツールを使って、ユニークな動画を作成できる編集機能
  • コンテンツの拡散力
    動画を手軽に共有できるため拡散力がある
  • ユーザーの好みに合わせたレコメンド機能
    独自のアルゴリズムでユーザーごとの好みに合わせたコンテンツを自動配信。ユーザーが長時間滞在することに成功。

認知度アップや自社商品の特徴を紹介するのに最適なプラットフォームです。

一人当たりの滞在時間が長いため、マーケティングに取り組む企業も増えています。

TikTokのユーザー層

リリース当初のTikTokの主なユーザー層は若者で、特に10代から20代前半のユーザーが多数を占めていました。

現在では直感的でシンプルな操作性が功を奏し、30〜40代のユーザーも徐々に増えています。

実際、博報堂が調べたデータによるとTikTokのユーザーは平均が「34歳」だそうです。

このように、多様な年齢層が利用しているTikTokは、企業が広範な世代へのマーケティング活動を行ううえで、非常に効果的なプラットフォームになっています。

なお、TikTokのユーザー層は世界中に広がっており、地域による制約がないことも大きな特徴です。

企業はTikTokを通じて国内の顧客だけでなく、全世界のユーザーに対して自社のメッセージを伝えることができます。

グローバル展開を目指す企業にとって、TikTokは非常に有益なプラットフォームと言えるでしょう。

TikTokマーケティングでやるべき3つの施策

TikTokは企業がマーケティングするうえで有益なアプリです。

しかし、単純に動画を投稿しているだけではTikTokマーケティングには成功しません。

ここでは、TikTokマーケティングの具体的な施策を3つ紹介します。

TikTokのビジネスアカウントを運用する

企業がTikTokマーケティングを開始するための第一歩は、ビジネスアカウントの作成とその積極的な運用です。

ビジネスアカウントを作成することで、個々の投稿のパフォーマンスデータの確認ができるようになります。

分析できるデータは以下の通りです。

  • 視聴数
  • いいねの数
  • プロフィールへの訪問者数
  • フォロワーの増減

上記のような具体的なアナリティクスデータを参考にできます。

詳細なアナリティクスデータは、PDCAを回すために必須の情報になるはずです。ビジネスアカウントは広告キャンペーンを立ち上げることができます。TikTokの大規模なユーザーベースに対して自社ブランドや商品を直接アピール可能です。

ただし、ターゲットにするユーザーやTikTokのユーザーの嗜好を理解し、それに合ったオリジナルのコンテンツを定期的に投稿しないとTikTokマーケティングの効果を最大化することはできません。

TikTokマーケティングを実施する際は、ユーザーの特性を理解したうえで商品やサービスのターゲットとマッチしているのかをよく検証しましょう。

インフルエンサーでプロモーションを行う

インフルエンサーの影響力を活用することで、以下のようなメリットが得られます。

  • インフルエンサーのファンにアピールできる
  • インフルエンサーの信頼性を借りられる
  • 自社商品やサービスの信頼性も高められる

影響力を活用して自社のメッセージを広範囲に伝えられます。

インフルエンサーの持つ信頼性を借りることができるため、企業は自社のブランドや商品に対する信頼性と認知度を向上できるでしょう。

ただし、自社のブランドイメージと合致したインフルエンサーを選ばないと、ブランドイメージが崩れる可能性もあるので注意が必要です。

インフルエンサーを選ぶ際は、以下のポイントをチェックしましょう。

  • ブランドとインフルエンサーの親和性
  • インフルエンサーの投稿数や内容
  • 平均エンゲージメント数・率
  • PR投稿内容

上記の内容を確認して、TikTokを利用したマーケティングに最適なインフルエンサーを選びましょう。

TikTok広告を活用する

TikTokはさまざまな広告形式を提供しており、異なるマーケティング目的とユーザーエンゲージメントの達成をサポートできます。

具体的には以下の4つの種類があります。

広告形式 特徴 費用相場
起動スクリーン広告 アプリが起動するとすぐに表示され、広範囲の認知度向上に最適。ただし、1日限定の配信枠となり、コストは高額。 約500~600万円
ハッシュタグチャレンジ広告 企業がオリジナルのハッシュタグを設定し、ユーザーの参加を促す形式。バイラルを目指すのに適しており、広範囲の認知度向上が可能。しかし、費用がかさむ傾向にある。 約1,000万円
インフィード広告 一般的な投稿に自然に組み込まれ、ユーザーは広告であることに気づきにくい。シェア機能も含まれており、広範囲の拡散が見込める。 約50万円
運用型広告 一般的な投稿に自然に組み込まれ、ターゲティングも可能。費用は少額からスタートできるため、自由度が高い。ただし、運用型広告であるため、一定の知識が必要。 企業によって異なる

広告の種類によって費用や特徴が異なるため、内容を理解して最適なTikTok広告の種類を選択することが重要です。

例えば、起動スクリーン広告はユーザー全員に広告を配信できます。短期間で多くの人にアプローチしたい場合におすすめの広告と言えるでしょう。

広告形式の特徴を理解し、自社の目的とマッチする形式を選ぶ必要があります。

TikTokマーケティングの4つのメリット

TikTokマーケティングには多くのメリットがあります。

以下で詳しく見ていきましょう。

拡散力が高い

TikTokの最大のメリットと言えるのが拡散力です。

独自のアルゴリズムにより、動画の評価やシェアがすばやく集約されます。いいね!やシェアが活発なことから、投稿した動画が短期間で拡散されるのが特徴です。

一定数の反響を得た動画は「ForYou」に表示され、フォロワー外のユーザーにも届けられます。

このため、企業が投稿した広告やプロモーション動画は、予想以上の速さと広範囲で共有され、結果的にブランドの認知度向上や新規顧客獲得に貢献する可能性が高いです。

TikTokの拡散力は、企業がTikTokをマーケティングツールとして活用する際の大きなメリットといえるでしょう。

長尺動画よりも気軽に始められる

TikTokのもう一つの大きな魅力はその手軽さです。

TikTokは主に15秒から3分のショート動画を作成・共有することを前提としたプラットフォームになります。時間とリソースを大量に必要とする長尺の動画制作が必要なYouTubeと比べると、初期投資や時間、リソースを削減できるでしょう。

TikTokアプリ内には多数のエフェクトやBGMが提供されているのもポイント。

特別な編集スキルや高価な機材がなくても、魅力的でエンターテイメント性のある動画を作成できます。

TikTokの編集機能は以下の通りです。

  • 動画の撮影・カット
  • ビデオクリップの連結
  • 再生速度の変更
  • BGMの挿入や音量調整
  • アフレコ・音声加工
  • テキストの追加
  • エフェクトの追加

はじめて動画マーケティングを行う企業にとって、参入のハードルが低いのはメリットと言えるでしょう。

他媒体との親和性が高い

TikTokは他のSNSやデジタルマーケティングツールとの連携に優れています。

例えば、TikTokで公開した動画をInstagramに共有したり、自社サイトで紹介するなどの方法があります。TikTokだけでなく他媒体と連携することで、ファンの獲得や認知度アップに繋げやすくなるでしょう。

TikTokを中心に統一感のあるマーケティングを展開すれば、効率的にブランド訴求を行うことができます。

関連記事

【24最新】TikTok採用大全|メリデメや事例から費用までプロ解説

【24最新】TikTok採用大全|メリデメや事例から費用までプロ解説

Read More

海外ユーザーにアピールできる

TikTokは全世界で利用されているアプリであるため、言葉の壁を越えて海外のユーザーにもアピールするチャンスがあります。

国境を越えたブランド認知や商品のプロモーションも不可能ではありません。
また、海外のトレンドをいち早くキャッチして活用することも可能です。

競合他社に先駆けた新たなマーケティング施策を実施することもできるでしょう。海外で事業を展開したい企業や、商品の認知度を上げたい方はおすすめのプラットフォームです。

TikTokマーケティングの3つのデメリット

TikTokマーケティングには大きなメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあります。

以下で詳しく解説します。

炎上リスクがある

拡散力のあるTikTokは、炎上リスクもあります。

  • 不適切なコンテンツ
  • インフルエンサーの炎上
  • 誤解を招くコメント

ユーザーから反感を買うコンテンツやコメント。または、起用したインフルエンサーがキッカケになるリスクがあるのです。

拡散力の高いTikTokだからこそ、小さなミスから炎上する可能性があります。炎上リスクを最小限にするためには、コンテンツ内容のチェックや管理が欠かせません。

可能であればTikTokマーケティングのチームを作るなどして、万全の体制を構築しておきましょう。

年齢層の偏りによりアプローチできる層が限定される

TikTokのユーザー層は主に若年層で構成されており、10代から30代のユーザーが中心となっています。

そのため、対象年齢層に商品やサービスがマッチしない企業にとっては、TikTokを活用したマーケティングが効果的でない可能性が高いです。

マーケティング戦略を立てる際は、ターゲット層とTikTokのユーザー層が一致しているかを検証しましょう。

効果が出るまで時間がかかる

TikTokでのマーケティング活動は、一夜にして結果が出るようなものではありません。

  • 戦略設計
  • コンテンツの作成
  • 効果検証

上記のような施策を実行するには、時間がかかるものです。

定期的に分析を行い、投稿内容を改善して最適化を進めていく必要があります。コンテンツの質を保ちながら定期的な投稿を行うためには、相当な労力とリソースが必要です。

TikTokマーケティングを行う際には、長期的な視点で計画を立てて施策を実行するようにしましょう。

TikTokマーケティングで成功するためのStockSun式5つの戦略

TikTokマーケティングで成功するためのStockSun式の5つのポイントを解説します。

簡単に実践できる内容もあるので、参考にしてみてください。

短尺に適した動画を制作する

SNSは、様々な形式のコンテンツが利用されますが、その中でも動画はとりわけ人気があります。

YouTubeとTikTokは動画投稿ができる代表的なプラットフォームであり、それぞれが独自の特徴と利点を持っています。

YouTubeはその名前が示す通り、動画共有を主体とするSNSであり、コンテンツの長さに制限はありません。そのため、より詳細で深い内容を扱う長尺の動画が多く見られます。

難解な内容や説明が難しい商品などを、時間をかけて視覚的に説明するのに最適なプラットフォームと言えるでしょう。

一方、TikTokは最長でも3分までのショート動画を投稿するプラットフォームです。

企業がTikTokでアカウントを運用しコンテンツを作る際は「ショート動画の中でどのように自社の強みを最大限に発揮するか」を意識することが大切になります。

例えば、プラットフォーム固有のエフェクトやBGMを利用して、インパクトのあるショート動画を作成するなどです。

また、商品やサービスの内容を全て詳細に説明するのではなく、伝えたいメッセージを絞って動画にすることも重要です。

ポイントを明確にすることで、限られた時間内で効果的に情報を伝えることができます。

YouTubeに関しては、その活用方法について別の記事で詳しく解説しています。

このTikTokについての記事と合わせて、そちらもぜひご覧いただき、各プラットフォームの特性を理解し、効果的なマーケティング戦略を構築してみてください。

関連記事

YouTube集客を成功させる7つのコツ【1動画で売上1億円の成功事例】

YouTube集客を成功させる7つのコツ【1動画で売上1億円の成功事例】

Read More

広告臭を消す

SNSユーザーは「あからさまに広告目的のコンテンツ」に対する抵抗があります。

  • 商品の宣伝のみに特化している
  • 誇大な発言
  • ユーザーのためにならないキャンペーン情報

上記のような内容に特化すると、ユーザーを失う可能性が高いです。

明らかに広告とわかるアプローチを避け、ユーザー目線のコンテンツを心掛ける必要があります。

例えば、TikTokでの動画制作においては、単に商品やサービスを宣伝するのではなく、個々のライフスタイルに組み込まれ、日常生活を豊かにするかを描く方法がおすすめです。

個々のユーザーが商品をどのように活用し、どのような喜びや価値を得ているかを描くことで、視聴者は自分自身がその製品を使うイメージができるでしょう。

インフルエンサーを利用する場合でも、明確なガイドラインを設け、広告の印象が強くなりすぎないようにすることが重要です。

TikTokに適した商材で活用する

TikTokマーケティングを成功させるためには、TikTokに適した商材であることがポイントになります。

TikTokはInstagramよりもカジュアルな購買行動をするSNSであるため、高額な商品をマーケティングするのには向いていません。

Z世代は検索をする際に、GoogleやInstagramではなくTikTokを使う傾向にあります。

また、比較検討をせず、商品を即購入するユーザーが多いのも特徴です。そのため、比較検討が必要な高額な商品のマーケティングには向いていません。

結果として高単価な商材ではなく、低単価な商材の方が向いていると言えます。

TikTokに適した商材でマーケティングしないと成功確率が低くなってしまうため、自社のサービスや商品の適性を慎重に見極めましょう。

KPIを設定する

適切なKPIの設定は、TikTokマーケティングの成功において重要な要素です。

KPIが明確に設定されていなければ、TikTokマーケティングにおける最終的な目標に向けて何をすべきかを確認することが困難になります。

そのため、KPIが設定されていないと、効果的な施策の実行ができない可能性が高いです。

では、TikTokマーケティングのKPIとはどのようなものを指すのでしょうか?

主に以下の内容がKPIとして挙げられます。

  • 動画の視聴回数を増やす
  • いいねやコメントの数を増やす
  • 商品やサービスサイトへの訪問者を増やす

上記のKPIを設定する際は、自社が達成すべき具体的な目標値を共有し、議論することが大切です。

すべてのステークホルダーが同じ理解と目標を共有していることで、一致団結した取り組みが可能になります。

また、定期的にKPIを評価して改善策を検討することも必要です。

PDCAを繰り返すことで、TikTokマーケティングの費用対効果を最大化させていけるでしょう。

TikTok運用代行業者に依頼する

TikTokの運用を代行業者に依頼することで、以下のようなメリットが得られます。

  • 短期間で高い成果が出やすい
  • 自社のリソースやコストの削減ができる
  • 炎上などのリスクを最小限にできる

代行費用はかかるものの、自社の目的を達成できる可能性も上がります。

「迅速に費用対効果の高いTikTokマーケティングを実現したい」

その場合は、StockSunへご依頼ください。
予算と目的に応じた施策をご提案させていただきます。

特典:TikTokの集客を成功させる勝ち筋をご提案

TikTokマーケティングの相談をする
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
動画編集ガイドライン

TikTokマーケティング【StockSunの成功事例】

StockSunが手掛けたTikTokマーケティングの成功事例を2つ紹介します。

具体的な施策内容を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TikTokの運用型広告を活用し顧客獲得単価200円で自社アプリのインストールに成功した事例

TikTokの運用広告を駆使して、一人当たりの顧客獲得コストを200円に抑えつつ、アプリの普及とインストール獲得を実現した事例です。

こちらの事例ではTikTokのメインユーザーである若年層に向けて、複数の広告を作成し、ABテストを実施しました。

テストを繰り返し、CTR率が高い広告だけを厳選。
結果的に費用対効果の高いTikTok広告を実現できました。

TikTokのマーケティングには「インフルエンサーマーケティング」も存在しますが、そのコストは1再生あたり3円ほどです。

一方、運用広告を使用すれば、1再生あたりのコストを0.5円ほどに抑えられます。

最小の投資で最大の認知拡大を達成する戦略を選び、結果的にCPIを200円程度に低減することができました。

なお、インフルエンサーの動画では誘導したいリンクの設置はできません。ユーザーは動画からプロフィールへ遷移し、リンクを踏むという手間が生じます。一方で、運用広告なら、広告動画に直接リンクを設置することが可能です。

ユーザーがアプリをインストールするまでの工程を減らした結果、大量のインストールを獲得することに成功しました。

上記の事例は以下の動画で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

TikTok専用の商品を制作し売り上げを伸ばした事例

TikTok専用商品を開発し、売上を大幅に伸ばした成功事例です。

成功要因は「TikTok専用商品」を作成したこと。

一般的にはまず「商品・サービス」を作成し、その後にマーケティング戦略を考えるという手順を踏みます。

しかし、こちらの事例では、TikTokで売ることを念頭に商品を開発するという戦略を取ったのです。現在のSNSは飽和状態にあり、ユーザーが既存製品に飽きている問題があります。この問題を解決するため、新たなトレンドを生み出すための「TikTok専用商品」を開発しました。

TikTokユーザーに「初めて見た!」と感じさせることで話題性を獲得。

また、インフルエンサーに商品の宣伝を依頼することで、新たなトレンドを生み出すことに成功し、売上が大幅に伸びました。

企業がTikTokを活用する際は、ターゲットとするユーザー層やインフルエンサーを調査し、バズる可能性のある商品を生み出すことも大切です。

なお、このTikTokマーケティングの成功事例については、以下の動画で詳しく解説しています。

まとめ

TikTokマーケティングは拡散力が高く多くの顧客にリーチできますが、年齢層に偏りがある点に注意してください。

ポイントを理解せずに安易にTikTokマーケティングを実行すると、費用対効果が合わずに失敗してしまう可能性があります。そのため、TikTokの特徴を理解したうえで、商品やサービスが適しているかをよく検討しましょう。

「自社がTikTokに適しているか確認したい」
「TikTokマーケティングのプロに実行支援を依頼したい」

その場合は、StockSunへご依頼ください。

経験値の豊富なTikTokマーケターが、貴社の課題をヒアリングした後、予算に合った戦略を提案させていただきます。TikTokはもちろん、その他のWebマーケティングの施策も対応可能です。

特典:TikTokの集客を成功させる勝ち筋をご提案

TikTokマーケティングの相談をする
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
動画編集ガイドライン

TikTokの運用に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunでNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

【 社長の右腕 】WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。