メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

コンテンツマーケティングは動画一択【プロ解説、事例付き】

更新日
コンテンツマーケティングは動画一択【プロ解説、事例付き】

「コンテンツマーケティング」とは、情報や物語を消費者に提供することで、ブランドや商品に対する理解や信頼を築く戦略のことを指します。中でも近年、動画コンテンツの重要性が急速に高まっています。

なぜ動画が注目を集めているのか。それは、視覚や聴覚といったセンサーをフルに活用するため、情報伝達のスピードやインパクトなどの点で他のコンテンツよりも優れているからです。

本記事では、プロの視点から動画がなぜコンテンツマーケティングの「一択」とも言える存在となっているのか、その背景やメリットを深掘りします。さらに、成功事例を交えながら、動画を活用したコンテンツマーケティングの実践方法を紹介いたします。動画マーケティングの可能性を最大限に引き出したい方、是非ともこの記事の続きをお読みください。

動画を取り入れたコンテンツマーケティングを実施したいときには、StockSunへご相談ください。

最短で収益をアップさせるための戦略や、目的から逆算したチャンネルの企画などをアドバイスさせていただきます。この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチするYouTubeの戦略をご提案/

動画マーケティングの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

目次

そもそもコンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングは、従来の広告とは異なるアプローチで、顧客や見込み客に価値ある情報やエンターテインメントを提供するマーケティング手法として近年注目されています。

この方法では、商品やサービスを直接宣伝するのではなく、関連する有益なコンテンツを通じてブランドの信頼性や認知度を高め、結果的に顧客の購買を促進することを目指しています。

デジタル化が進む現代では、消費者が情報を得る手段が多岐にわたり、コンテンツマーケティングはその中でも効果的な手段として多くの企業が採用しています。

コンテンツマーケティングに動画が活用される理由

現代のマーケティングにおいて、テキストや静止画に代わり、動画が多くの注目を浴びています。動画コンテンツは、その独特の特性により、他のメディアフォーマットよりも効果的なコミュニケーションツールとして捉えられています。

なぜ多くのブランドや企業が動画を中心にコンテンツマーケティング戦略を展開しているのでしょうか。

情報量が多い

動画は、視覚と聴覚の情報を同時に伝えることができるため、一度の再生で多くの情報を伝達することが可能です。

この情報量の多さは、消費者が商品やサービスの特徴を迅速に理解する手助けとなり、短時間での認知向上や理解を深める効果が期待できます。

記憶に残りやすい

動画はストーリーテリングの要素を持つため、視聴者の感情や記憶に訴えかける力があります。

情緒的な映像や音楽、ナレーションなどを組み合わせることで、ブランドや商品の印象を強く記憶に留めることも可能となります

テレビCMよりも安価

従来のテレビCMは制作費や放送費が高額で、特に中小企業にとってはハードルが高かった。しかし、現代の動画制作技術やオンラインプラットフォームの進化により、比較的低コストで質の高い動画コンテンツを制作・配信することが可能となりました。

プラットフォームが充実している

YouTubeやTikTok、Instagramなどのプラットフォームは、動画コンテンツの配信に適しています。

これらのプラットフォームはユーザー数が多く、ターゲットとする消費者層に効率的にアプローチすることができるため、マーケティング活動において非常に価値があります。

コンテンツマーケティングに活用される目的別の動画の種類

コンテンツマーケティングは、情報の時代において、企業やブランドが目的を達成するための重要な手段となっています。中でも、動画はその強力な訴求力と情報伝達力を活かして、多岐にわたる目的で利用されています。以下では、主要な動画の種類と、それぞれが持つ特徴や活用方法について詳しく解説します。

企業のイメージを構築する「ブランディング動画」

ブランディング動画は、企業の価値観やビジョン、理念を視覚的に伝えるための動画です。

企業の特色や社会への取り組みなど、感情的に響く要素を織り交ぜることで、視聴者との深いコネクションを築くことを目指します。ストーリーテリングや映像の美しさを活かし、ブランドへの愛着や信頼感を生むことが大切です。

集客・CV獲得に活用する「サービス紹介動画」

製品やサービスのメリットを具体的に伝えるための動画です。ユーザーの疑問や課題を先回りして解消する内容や、実際の使用シーンを盛り込むことで、購入を検討しているユーザーの心をつかむことができます。

リーチの拡大・集客・CV獲得に活用する「インフルエンサーとのタイアップ動画

特定のインフルエンサーとの協業により、そのフォロワー層をターゲットに製品やサービスを紹介する動画です。インフルエンサーの自然な言葉や行動を通じて、ブランドの魅力を伝えることで、効果的な露出を実現します。

リードの育成に活用する「HOWTO動画」

特定のスキルや知識を提供する教育的な動画です。実際の操作方法や実例を交えながら、分かりやすく指導することで、視聴者の問題解決の一助となり、ブランドの信頼性を高めます。

人材採用に活用する「採用動画」

企業の働きやすさや、社風を伝える動画です。実際の社員の声や働いている様子を映し出すことで、求職者にとって魅力的な職場環境をPRします。採用活動の際の強力なツールとして利用することができます。

コンテンツマーケティング用の動画を制作するときの成功のポイント

動画は視覚と聴覚を刺激し、情報を豊かに伝えることができるため、コンテンツマーケティングにおける非常に有効な手段となっています。しかし、ただ動画を作成するだけではその効果を十分に引き出すことはできません。

成功のためには、以下のようないくつかのポイントを押さえて、計画的に制作を進める必要があります。

ターゲット・目的を明確にする

動画制作の最初のステップは、誰に向けてどんな情報を伝えるのかを明確にすることです。ターゲットを特定し、そのニーズや関心に合わせて内容を設計することで、的確な訴求が可能となります。

認知〜CVまでの導線を設計する

動画の最後にどのようなアクションを促すのか、またその後の流れはどうなるのかを事前に計画します。例えば、動画終了後に特定のランディングページへのリンクを設置するなど、視聴者の行動を誘導する仕組みを考えることが重要です。

ターゲット層の意識と動画内容のマッチング

ターゲット層の関心や価値観、情報収集の方法などを理解し、それに基づいて動画の内容やトーンを設計することが重要です。例えば、若い世代に向けた動画であれば、トレンドを取り入れた内容やユーモラスな要素を加えるといった工夫が求められます。

効果的な動画の長さとフォーマット

動画の長さやフォーマットは、配信プラットフォームやターゲット層によって最適なものが変わります。SNSでのショート動画や、Webサイトでの詳細な解説動画など、用途に合わせて適切なフォーマットを選択することがキーとなります。

動画のコンテンツマーケティングを得意とした会社へ外注する

全てを自社で行うのではなく、動画の制作やコンテンツマーケティングの専門家に依頼することで、より高品質かつ効果的な動画を制作することができます。予算や目的に応じて、適切なパートナーを選ぶことが大切です。

コンテンツマーケティングを行う際に注意すべきポイント

コンテンツマーケティングは情報を提供することでターゲットとの信頼関係を築き、結果的に製品やサービスへの興味や関心を高める手法です。

動画を活用したコンテンツマーケティングは非常に効果的ですが、逆に誤ったアプローチや方針で取り組むと、期待した成果を得ることができません。ここでは、動画を活用したコンテンツマーケティングを行う際の注意点をいくつか解説します。

動画内に複数のテーマを盛り込まない

動画は情報を効果的に伝えるツールですが、その内容が複雑すぎると、視聴者は混乱しやすくなります。一つの動画で伝えたいポイントやメッセージを明確に持ち、それに焦点を絞ることで、視聴者に内容をしっかりと伝えることができます。

また、テーマが絞られている方が、後から動画を探す際も見つけやすくなるため、SEOの観点からも有効です。

バズることを目的として動画を作らない

「バズる」すなわち、瞬く間に拡散される動画は多くの視聴者の目に触れるチャンスが増え、一時的な知名度や話題性を得ることができます。しかし、単にバズることを目的として動画を制作すると、本来のブランドメッセージや価値を伝えることがおろそかになる恐れがあります。

長期的なブランド構築や信頼関係の構築のためには、品質の高いコンテンツを一貫して提供することが重要です。バズることは結果であり、目的ではありません。

コンテンツマーケティングに動画を活かした事例

動画を活用したコンテンツマーケティングは、多くのブランドや企業が成功を収めています。このセクションでは、具体的な事例を通じて、動画を効果的に活用する方法や、その成功の要因について深掘りします。

就活生向けの啓発動画

【特別編】20代の若者にどうしても伝えたい事

年収チャンネルという、各企業の年収などの会社情報や、メインMCたちによるオリジナル企画が人気のYouTubeチャンネルです。

弊社StockSun株式会社が5年ほど運用しております。

この動画では、20代前半の就活生・新社会人に向けてどのようにキャリアを歩むべきかをコンテンツとしており、何か商材を売り込んだりイベントへ誘導しているものではありません。

ただ、動画内でフリーランスという働き方を推奨しておりStockSun株式会社はフリーランス等による会社であるため、その点では発進に利点がある動画となります。

現役医師による薬の解説動画

【完全版】痩せ薬「メトホルミン」の全てを医師が解説!【副作用/効果/ダイエット】#メトホルミン #痩せ薬 #メトホルミン副作用

こちらは現役の医師が医療ダイエットに関するテーマを中心に、さまざまなダイエット方法を紹介したり巷の噂を検証・解説していくチャンネルでの動画です。

この動画では、痩せ薬として知られている薬がどういったものなのかを30分という長尺で解説する内容がコンテンツとなっています。

この動画から直接クリニックの施術等へ勧誘するのではなく、この動画により視聴者からの信用を獲得し、チャンネルとしての知名度を上げることと信頼してくれた視聴者がクリニックへ行きやすくすることが目的となります。

大手化粧品ブランドのビューティチュートリアル

【メンズメイク】肌づくりにこだわる韓国アイドル風メイク!【資生堂ビューティーコンサルタント(美容部員)】|資生堂

※こちらは弊社制作の動画ではございません。

「資生堂 Shiseido Co., Ltd.」は株式会社資生堂が運営する公式YouTubeチャンネルです。

この動画では、企業公認のビューティーコンサルタントが自社ブランドのコスメ用品を使いメイクアップする内容がコンテンツとなっています。

従来の商品紹介では、その商品の特徴やメリット・値段などを紹介することで販売促進しますが、こちらの動画では直接販促活動を行わずとも、視聴者が買うことを検討しやすくなり、非常に有効なマーケティング手法と言えます。

これからの動画コンテンツマーケティング

 近年の技術革新や消費者の行動変化により、動画コンテンツマーケティングも新たなトレンドが生まれています。その背景や現在のトレンド、そしてこれからの動画コンテンツマーケティングがどのような方向性を持つのか、詳しく解説します。

ショートフォーマットの動画の台頭

TikTokやInstagram Reelsなど、ショートフォーマットの動画プラットフォームが爆発的な人気を博しています。短時間で情報を伝えることのできるこのフォーマットは、消費者の短い注意を引きつけることができ、多くのブランドが活用を始めています。

AR・VRを活用したインタラクティブな動画

拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を利用したインタラクティブな動画コンテンツが、体験型のマーケティングとして注目されています。これにより、消費者が動画の中で直接商品やサービスを体験することが可能となり、深いエンゲージメントを生むことができます。

AIとの連携によるパーソナライズド動画

AI技術の進化により、動画コンテンツも個々の消費者に合わせてカスタマイズされる時代へと移行しています。消費者の興味・嗜好に合わせて動画の内容や表示を変えることで、より関心を持たせ、コンバージョンを向上させることが期待されています。

サステナビリティやD&Iをテーマとした動画

現代の消費者は、ブランドの価値観や姿勢にも関心を持つようになっています。サステナビリティや多様性・包摂性(D&I)をテーマにした動画コンテンツは、ブランドのポジショニングを強化する手段として重要な役割を果たしています。

これからの動画コンテンツマーケティングは、これらのトレンドをうまく取り入れ、消費者の変化するニーズや価値観に応える形で進化を続けることが求められます。ブランドや企業は、常に最新の動向をキャッチし、柔軟にアプローチを変える必要があります。

動画以外によるコンテンツマーケティングの手法

動画がコンテンツマーケティングの主流として注目されている現在でも、その他の多様な手法が企業やブランドにより活用されています。動画以外のコンテンツマーケティング手法は、ターゲットとするオーディエンスや目的、またリソースに応じて柔軟に組み合わせることができるため、非常に効果的です。

オウンドメディア

オウンドメディアは、企業やブランドが自らのリソースで運営・管理するメディアのことを指します。これには、公式ウェブサイト、ブログ、ニュースレターなどが含まれます。オウンドメディアは、直接的な情報発信や長期的なブランドビルディング、顧客との関係構築に適しており、他のメディアとの組み合わせによってさらなる効果を発揮します。

SNS

ソーシャルメディアのプラットフォームは、TwitterやFacebook、Instagramといったものを指し、短期的なキャンペーンやイベントの告知、ファンとのコミュニケーションなど、多岐にわたる利用が可能です。特に、視覚的な情報を伝えるためのInstagramやPinterestは、商品の魅力を伝えるのに適しています。また、SNSは消費者の声を直接収集する手段としても有効です。

これらの手法を組み合わせることで、動画とは異なる観点からターゲットにアプローチすることが可能です。動画と同様に、オウンドメディアやSNSも戦略的に活用し、コンテンツマーケティングの多様性を活かすことが求められます。

まとめ

今回の記事にて、コンテンツマーケティングそのものと、それに動画を活用するメリットや事例などについて紹介させていただきました。

ただ、コンテンツマーケティングは手法の一つであり、どう運用すべきかは目的やゴールによりかなり変わってきます。

もし現在コンテンツマーケティングを既に行われていたり、これから検討されている方は、下のボタンより無料相談を受けることができます。

プロの動画コンサルタントがヒアリングしながら、どのような施策が効果的か提示させていただきますので、お気兼ねなくご相談ください。

ここまでご覧いただきありがとうございます。

動画を取り入れたコンテンツマーケティングを実施したいときには、StockSunへご相談ください。

最短で収益をアップさせるための戦略や、目的から逆算したチャンネルの企画などをアドバイスさせていただきます。この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチするYouTubeの戦略をご提案/

動画マーケティングの無料相談
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。