メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

ブログ記事のリライトは効果なし?注意点や具体的な方法を解説

SEO
更新日
ブログ記事のリライトは効果なし?注意点や具体的な方法を解説

著者

亀田温大

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

「リライトにはSEO効果があるの?」
「記事を公開したけど10位以内に入ってない…」
「リライトの具体的なやり方は?」

このようなお悩みを抱えていませんか?

リライトとは、日本語で「書き直し」を意味し、過去のブログ記事をユーザーが読みやすいように修正することです。

リライトを行うことで、検索順位の向上や、ユーザーの申し込み率の増加が期待できます。

本記事では、ブログ記事をリライトする理由や具体的な方法、注意点について徹底解説します。

記事の後半では、リライトの頻度や便利なツールも紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

StockSunには、SEOに関するスペシャリストが多数在籍しています。貴社の課題や目標を分析した上で最善案をご提案させていただきます。SEOについてお悩みを抱えていれば、ぜひ一度無料相談へお申し込みください。

\リライト1本無料!最適なSEO対策をご提案/

今すぐ無料で順位を上げる

ブログ記事のリライトとは?

ブログ記事のリライトとは?

ブログ記事のリライトとは、既存の記事を今より質の高いコンテンツに仕上げることです。

具体的には、以下の方法があります。

  • 読みやすい文章に書き換える
  • 競合が書いている情報を追加する
  • 見出しの順番を入れ替える
  • 読者がクリックしやすいタイトルに変更する

SEO効果の高いリライトをすることで、Googleから「ユーザーに役立つ記事」と評価され、検索順位が上がります。

このように、リライトはブログ運営者やWebライターに必要不可欠なスキルなので、ぜひこの機会に身につけましょう。

ブログ記事をリライトする5つの理由!どのような効果がある?

ブログ記事のリライトにはどのような効果がある?

ブログ記事をリライトする理由は、下記の5つの効果があるからです。

  • SEO対策に有効である
  • CVR(コンバージョン率)を改善できる
  • 記事の情報鮮度を保てる
  • 検索ニーズの変化に対応できる
  • 少ないコストで成果を出せる

それぞれ分かりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。

SEO対策に有効である

リライトの効果1つ目は、SEO対策に有効であることです。

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示させるための対策のことです。

Googleで検索上位を取れる記事を作るためには、SEO対策を行う必要があります。

しかし、完璧な記事を一度で作ることは不可能であるため、地道にリライトを続けて高品質なコンテンツを作りましょう。

具体的に、SEOに強い記事を作るためには以下のポイントを意識してください。

  • ユーザーの悩みを解決できる
  • 独自性や網羅性が満たされている
  • 読みやすい文章で書かれている

上記のポイントを満たすためには、ブログ記事を公開した後も改善し続けることが重要です。

CVR(コンバージョン率)を改善できること

リライトの効果2つ目は、CVR(コンバージョン率)を改善できることです。

CVR(コンバージョン率)とは、資料請求や問い合わせなど実際に行動を取った人の割合のことで、ブログ運営において最重要な指標です。

リライトでCVRを改善するためには、下記のポイントを押さえましょう。

  • 魅力的なタイトルに変更する
  • 読者を惹きつけるリード文に変更する
  • 読みやすい文章に書き換える
  • 適切な場所にCTAボタンや内部リンクを設置する

魅力的なタイトルやリード文に変更したり、読者の負担が少ない文章に書き換えることで、CVRを向上させることが可能です。

記事の情報鮮度を保てる

リライトの効果3つ目は、記事の情報鮮度を保てることです。

ブログ記事を公開してそのまま放置すると、情報は古くなっていきます。

また、読者に間違った情報を与える可能性もあるので、更新が必要なジャンルでは定期的にリライトを行いましょう。

たとえば、イベント情報やキャンペーン情報は更新頻度が高いため、頻繁なアップデートを心がけてください。

更新頻度の高さはGoogleからの高評価にも繋がるので、些細なリライトでも継続することが重要です。

検索ニーズの変化に対応できる

リライトの効果4つ目は、検索ニーズの変化に対応できることです。

読者の検索ニーズは時代と共に変化するため、気づいたら検索意図とズレてしまうこともあります。

たとえば、初代iphoneが発売された2007年「スマートフォン」の検索ニーズは、「スマホとは?」や「ガラケーとの違いは?」という内容でした。

しかし、スマホが当たり前の現在において、スマホの概要について知りたい人はほとんどいません。

ブログ記事をリライトするときは、検索ニーズが変化してないか確認するようにしましょう。

少ないコストで成果を出せる

リライトの効果5つ目は、少ないコストで成果を出せることです。

リライトは既存記事と同じテーマで修正するため、1から記事を作成する必要がありません。

たとえば、新しく5000字の記事を作成する場合、ライターに1文字2円で依頼すると1万円の費用がかかります。

一方で、リライトは既存記事の一部を修正するだけなので、新規記事を作成する場合に比べてコストを抑えやすいです。

さらに、リライトは新規記事に比べて成果が出るまでの期間も短いため、時間的コストも抑えられます。

StockSunでは貴社の予算や事業課題に最適なSEO戦略をご提案しています。以下からご相談いただいた方には1本無料でリライトさせていただきますので、SEOに課題を感じている方やリライトにリソースを割けない方は、ぜひご相談ください。

\リライト1本無料!最適なSEO対策をご提案/

今すぐ無料で順位を上げる

ブログ記事をリライトする3つの方法【初心者でもできる】

SEO効果の高いリライト方法

ブログ記事をリライトすることで、検索順位やユーザーの申し込み率の向上に期待できます。

ここでは、具体的なブログ記事のリライト方法を3つ解説します。

  • TDH修正:キーワードを入れる
  • 文章のトンマナ:シンプルな文章を心がける
  • 情報の追加:競合との差を埋める

ブログ初心者にもおすすめなリライト方法なので、ぜひ試してみてください。

TDH修正:キーワードを入れる

TDH修正とは、Title(タイトル)・Description(ディスクリプション)・Hタグ(見出し)を修正することです。

TDHはGoogleがページのテーマを認識するために重要視している項目であるため、少しの改善でも大きな効果が見込めます。

具体的なリライト方法は以下のとおりです。

  • タイトル:SEOキーワードを入れて30文字程度に抑える
  • ディスクリプション:SEOキーワードを含めて記事の概要を述べる。
  • 見出し:H2タグにSEOキーワードを入れる

たとえば、この記事のSEOキーワードは「ブログ リライト 効果」なので、タイトルは「ブログ記事のリライトは効果なし?注意点や具体的な方法を解説」とそれぞれのKWが入っています。

このように、TDH修正は簡単にリライトできるので、ぜひ試してみてください。

文章のトンマナ:シンプルな文にする

TDH修正が完了したら、次に文章のトンマナ(トーン&マナー)を合わせましょう。

トンマナとは、ブログ記事の書き方やデザインについてのルールです。

ブログ記事を執筆する時は、トンマナを意識することで、読者にとって負担の少ない文章になります。

具体例は以下のとおりです。

  • 文体の統一:「です/ます」or「だ/である」
  • 表記ルールの統一:Webライター or WEBライター
  • 英数字・記号の統一:英数字は半角

トンマナを整えることで文章に統一感が出るため、読み手に与える印象をコントロールできます。

また、シンプルでわかりやすい文章になるため、SEO対策としても有効です。

情報の追加:競合との差を埋める

リライトして上位表示を狙うには、情報の網羅性・独自性が重要です。

  • 網羅性:必要な情報が抜け漏れなく書かれてあるか
  • 独自性:競合にないオリジナルコンテンツ(一次情報)があるか

網羅性は上位表示の競合を見て、自社にはないコンテンツがあるか確認してください。

たとえば、競合が「おすすめの美容室10選」と紹介している場合、自社サイトは「おすすめの美容室15選」と情報量で劣らないようにしましょう。

また、独自性やオリジナルティのあるコンテンツはGoogleの「検索品質評価ガイドライン」においても重要視されています

独自性を出すために、自分の体験談や経験を記述したり、アンケート調査で一次情報を集めましょう。

リライトが必要なブログ記事は?選び方やタイミングを解説

リライトするべきブログ記事の選び方

ここでは、リライトする記事の選び方やタイミングについて解説します。以下の項目に当てはまる記事はリライトを検討すると良いでしょう。

  • 上位表示が取れていない
  • 徐々に検索順位が下がっている
  • 公開してから半年が経過している

それぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

上位表示が取れていない

狙ったキーワードで上位表示が取れていない記事は、積極的にリライトするべきです。

ブログ記事が検索上位でない場合は、以下の要因が考えられます。

  • ユーザーニーズ(検索意図)がズレている
  • タイトルや見出しにキーワードが含まれてない
  • オリジナルな情報が少ない
  • 競合が強いジャンルを選んでいる

Googleは「読者の悩みを解決できる記事」を上位表示するため、ユーザーニーズ(検索意図)がズレている場合は、リライトする必要があります。

また、Googleは記事のテーマ性を決める時に、タイトルや見出しの文章を参考にするため、TDHにキーワードが入ってないと、どのジャンルで表示するべきか分かりません。

上位表示されてない記事をリライトする時は、ユーザーニーズを意識するだけでなく、Googleにも伝わりやすい文章を意識しましょう。

検索順位が下がっている

Googleのアルゴリズムは日々アップデートされているので、頻繁に検索結果が変わります。

そのため、順位が1〜2位下がることは問題ありませんが、右肩下がりの時はリライトのタイミングです。

ブログ記事の順位下落が続くときは、以下の要因が考えられます。

  • 競合よりコンテンツの質が低い
  • 情報を更新していない
  • アップデートで評価基準が変わった

徐々に検索順位が下がっている時は、コンテンツの質が低いと見なされています。

順位が上がっている競合サイトを確認して、自社ブログに不足している情報はないかチェックしましょう。

また、Googleは年に2〜3回、大規模なアップデートである「コアアルゴリズムアップデート」を実施しており、その度に評価基準が大きく変わります。

アップデートの影響で順位が落ちた場合は、競合ページの順位変動も調べて、どのようなコンテンツが評価されるのか分析する必要があります。

公開してから半年が経過している

新規記事を公開しても、すぐにSEO効果が現れるわけではありません。

Google検索セントラルによると、「変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は4ヶ月から1年かかります。」と発表されています。

そのため、記事公開後はすぐにリライトを行うのではなく、半年ほど様子を見ましょう。

逆に、半年経っても成果が出なかった場合はリライトのタイミングと言えます。

自社に記事のリライトに割くリソースがない方は、ぜひStockSunにご相談ください。貴社の予算や目的に合わせて利益向上にコミットしたSEO施策をご提案いたします。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEO対策を外注しようと検討している方はぜひ一度お問い合わせください。

\リライト1本無料!最適なSEO対策をご提案/

今すぐ無料で順位を上げる

ブログをリライトする際の注意点

ブログ記事をリライトする際の注意点

ここでは、ブログをリライトする際の注意点を3つ紹介します。

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 順位が下がる場合がある
  • パーマリンクは変更しない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

効果が出るまで時間がかかる

ブログ記事のリライトは、すぐに効果が出るわけではありません。

Googleは「変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は4ヶ月から1年かかります。」と公表しています。

ただし、小規模なリライトの場合は1〜2週間で効果が出ることもあるので、1日に1回は検索結果を確認しましょう。

順位が下がる場合がある

上位表示のためにリライトしたつもりが、逆に検索順位が下がる場合があります。しかし、リライトで一時的に順位が下がるケースはよくあるので、心配する必要はありません。

先ほど説明したとおり、リライトの効果が出るまでは4ヶ月〜1年かかると言われているので、少なくとも半年間は様子を見ましょう。

もし半年経っても順位が上がらない場合は、ブログ記事をリライト前の状態に戻してください。

パーマリンクは変更しない

ブログ記事をリライトする際は、絶対にパーマリンクを変更してはいけません。

※パーマリンクとは、Webページごとに設定されているURLのこと。

ブログ記事のパーマリンクを変更すると、SEO評価に悪影響を及ぼします。

  • 被リンクの評価が無効になる
  • リンク切れの原因になる
  • リダイレクトの手間がかかる

パーマリンクを変更することで、これまでのSEO評価が失われるので注意してください。

ブログ記事のリライトに便利なツールを紹介

ブログ記事のリライトに便利なツール

リライトに便利なツールを4つ紹介します。

  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Microsoft Clarity
  • ラッコキーワード

どのツールも無料で使えるので、ぜひ試してみてください。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、ブログに訪れたユーザーを分析できるツールです。

アナリティクスで分析できる指標は、下記のとおりです。

  • セッション:ユーザーの訪問〜離脱までの回数
  • ユーザー:ブログに訪れた人数
  • PV:ページが見られた回数
  • 直帰率:1ページだけを閲覧した訪問数の割合

「どの記事が多く読まれているか」や「読者がどのページで離脱しているか」を確認できるので、記事ごとに課題を解決できます。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、検索エンジンからの流入データを分析できるツールです。

記事ごとにどの検索キーワードで流入しているかを確認できます。

このデータを参考にして、上位表示を狙っているキーワードで順位を上げることが重要です

Microsoft Clarity

Microsoft Clarityは、ユーザーのWebサイト利用状況を可視化できるツールです。

ヒートマップやセッション録画機能を通して、ユーザーがどの部分に注目しているのかを視覚的に把握できます。

ブログ記事をリライトする時は、ユーザーの関心が高い見出しを前半に移動したり、クリック数が少ないCTAの修正を行いましょう。

ラッコキーワード

ラッコキーワードは、キーワードリサーチとSEO戦略の策定に役立つツールです。

検索ボリューム・関連キーワード・競合サイトの分析を通じて、リライトに最適なブログ記事を特定します。

また、競合サイトのキーワード戦略も把握できるので、市場での差別化を図れます。

「ブログのリライト効果」に関するよくある質問

ブログ記事のリライトに関するよくある質問

最後に「ブログのリライト効果」に関するよくある質問を紹介します。

  • リライトとは何ですか?
  • ブログ記事のリライトにはSEO効果がありますか?
  • リライトの効果が出るまでどのくらいの期間がかかりますか?

事前に疑問点を解決しましょう。

リライトとは何ですか?

リライトとは、過去のブログ記事をユーザーが読みやすいように修正することです。具体的には、TDH修正やトンマナの調整、見出しの変更・追加を行います。

ブログ記事のリライトにはSEO効果がありますか?

はい。ブログ記事のリライトにはSEO効果が期待できます。

リライトの効果が出るまでどのくらい期間がかかりますか?

リライトの効果が出るまでは4ヶ月〜1年かかります。

【まとめ】ブログ記事のリライトはSEO効果がある!

本記事では、ブログ記事をリライトする理由や注意点、記事の選び方について解説しました。

ブログ記事をリライトするべき理由は、5つの良い効果があるからです。

  • SEO対策に有効である
  • CVR(コンバージョン率)を改善できる
  • 記事の情報鮮度を保てる
  • 検索ニーズの変化に対応できる
  • 少ないコストで成果を出せる

ただし、パーマリンクを変えるとこれまでのSEO評価が失われるので、記事のURLは変更しないように注意してください。

リライトは分析ツールを使って課題を見つける必要があるため信頼できるSEO会社に依頼するのがおすすめです。

「ブログ記事をリライトしたいがリソースがなくなかなか手をつけられない」

「ブログ記事のリライトに効果があることは分かったがどのように改善すれば良いのか分からない」

このような場合は、StockSunにご相談ください。StockSunにはさまざまな分野のエキスパートが多数在籍しており、貴社の悩みを解決するための最適な提案をいたします。

StockSunでは無料相談も受け付けているため、ぜひ一度お問い合わせください。

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。