メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SEO対策の7つのメリットとは?デメリットや4つの対策ポイントをわかりやすく解説

SEO
更新日
seo
SEO対策の7つのメリットとは?デメリットや4つの対策ポイントをわかりやすく解説
亀田温大

この記事の著者

亀田温大

亀田温大

文章の力で売上を引き上げる

大学在学中からSEO対策を独学し、PPP株式会社(StockSun 現代表 岩野圭佑氏の会社)に参画。

その後、20歳でStockSun株式会社の「SEOトライアル」を立ち上げ、PMとして1年半で年商2億規模まで成長させる。
事業の拡大と共に50名以上のSEOディレクター、ライター、インターンの育成を同時に行い、月間300本以上の記事制作/リライトをディレクション。
常時30件以上のクライアント対応の統括。1年で対応したクライアントは50件以上。

プロのセールスライターを束ね、記事はもちろん、LPのコンテンツ、SNS広告のテキストなど売上にインパクトがあるコピーの制作を主に担当

文章なら誰にも負けません。

「SEO対策って何?」

「SEO対策をするメリットやデメリットは?」

SEO対策とは、「SEO・SNS・リファラル・ダイレクト・広告」の5つのWebマーケティングのうちの1つです。

また、SEO対策を行うメリットやデメリットには、上位表示できれば高い集客効果が見込めるのがメリットとして挙げられ、逆に上位表示できなければ全く集客が見込めないことがデメリットとして挙げられます。

本記事では、SEO対策の必要性と、SEOのメリットとデメリットを詳しく理解いただけるよう以下のトピックを解説しています。

リスティング広告とどれくらい集客力が違うのかも解説していますので、SEO集客に興味のある方はぜひ参考にしてください。

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

目次

SEO対策はなぜ必要なのか

Webマーケティングにおいて、SEOは必須と言えます。

なぜなら、SEOが他のWebマーケティングにはないメリットを多く持つためです。

そもそもWebサイトへの集客には下記の5つの経路しか存在しません。

  • SEO
  • SNS
  • 広告
  • リファラル
  • ダイレクト

他のサイトからのリンクによってユーザーが訪れる「リファラル」やURLを直接入力して流入を得る「ダイレクト」に関しては、何かを対策して集客することは困難です。

また、リスティングに代表される「広告」は、掲載するのにコストがかかってしまいます。高いコストを支払えなければ掲載が止められてしまうため、継続的に資金を投下し続けなければなりません。

さらにSNSでの集客はSEOと比べると集客力が劣ります。一時的な拡散力にはSEOよりは優れるものの、継続するのは難しいです。

上記から、SNSやリスティング広告、リファラル、ダイレクトといったWebマーケティングと比べると、SEOは対策がしやすく、コストをかけ続けなくても高い集客力が見込めます。

だからこそ、多くの企業がSEO対策を行っています。

また、StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

SEO対策の7つのメリット

SEO対策のメリット7つ

SEO対策のメリットを7つ紹介します。

  • 費用対効果が高い
  • 集客力が高い
  • 継続的な集客を期待できる
  • ブランディングができる
  • 潜在顧客と兼愛顧客の両方にアプローチできる
  • 購買意欲の高い顧客を集客できる
  • 蓄積したコンテンツは資産になる

順に紹介します。

1.費用対効果が高い

SEO対策は、継続することで費用対効果が高まる傾向にあります。

広告を使った集客は効果が早いですが、一度終わったら終わりです。一方で、SEOは上位表示に成功した後は、定期的な情報更新やメンテナンスを行うことで、長期的に集客することができます。

上位表示によって自社サイトへの流入が増えても、発生する費用はサーバーやドメインの維持費用だけです。

広告を使った集客とは異なり、クリック数やアクセス数が増えても、追加の費用はかからないので、予算が限られている場合でも、SEO対策は効果的といえます。

2.集客力が高い

SEO最大のメリットは集客力の高さです。

検索して1位に表示されたWebサイトを、ユーザーの28.5%がクリックするというデータがあります。

※引用元:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid

上記の通り、仮に月間での検索が10,000回ほどのキーワードで1位表示に成功した場合には、月に約3,000ものアクセスを集めることが可能となります。

これは他のWebマーケティングにはない集客力です。

検索した際、同じように表示されるリスティング広告と比べると、集客力は高い傾向にありますので、他のWebマーケティングにはない集客力といえます。

※参考:Google Ads Benchmarks for YOUR Industry [Updated!]

上記の通り、リスティング広告はSEO記事よりも上位に表示されているのにもかかわらず、リスティング広告は平均で約3%しかクリックされていません。

これは広告を嫌うユーザーが多く、避けられてしまうためです

リスティング広告の平均約3%に対し、SEOで10位以内に表示されれば2%以上、1位なら28.5%ものアクセスが見込めます。

自社のWebサイトにアクセスを集めたいのなら、SEOは極めて魅力的な手段と言えるでしょう。

3.継続的な集客を期待できる

SEOのメリットの3つ目は、中長期にわたって継続的に集客が見込める点です。

競合が優れたコンテンツを作成したり、検索エンジンの評価基準が変わらない限り、検索順位に大きな変動は起こりません。

自社サイトが上位に表示されている限り、広告費をかける必要はありません。

一方、広告やSNSは掲載や運用をやめると集客が途絶えてしまいます。多くのWebマーケティング手法では、一時的な集客しかできませんが、SEOでは上位表示に成功すればアクセスが継続的に集まります。

また、SEO業者との契約や労力も必要ありません。ただし、何も手を打たなければ徐々に検索順位は下がるため、集客レベルを維持したい場合には多少のコストと労力が必要です。

このように、SEOは少ないコストで継続的な集客ができるWebマーケティング手法であり、集客ができるWebサイトは資産になります。

4.ブランディングができる

SEOは、ユーザーの問題を解決し、ブランドの価値を高めることができます。ユーザーが適切な回答を得られるウェブサイトを検索結果で見つけると、自然に信頼感が生まれます。

例えば、SEO対策を依頼する業者を探している場合、検索結果の上位に表示される業者とそうでない業者、どちらに頼みたいと思うでしょうか。

多くの人が上位に表示される業者を選ぶでしょう。これは他の業界でも同じです。

自社の商品やサービスに関連するキーワードで上位表示されると、「この会社なら〇〇について詳しい」と認識されます。

複数のキーワードで上位表示されると、ユーザーとの接点も増え、ブランドの価値も高まります。

5.潜在顧客と顕在顧客の両方にアプローチできる

SEOは、顕在客と潜在客の両方にアプローチしやすいメリットがあります。

具体的には、キーワードごとにコンテンツを最適化して上位表示させることができるため、自社の商品やサービスを知らないユーザーにもアプローチすることができます。

また、潜在客に対してアプローチし、購買意欲を高めることで、彼らを顕在客に育成し、最終的には購買させることも可能です。競争が激しいジャンルや業界では、顕在客へのアプローチは難しくなるため、潜在客に対してアプローチする戦略を取ることもあります。

同様に、リスティング広告でも潜在客に対してアプローチしても、赤字になる可能性が高いです。例えば、珈琲豆を売りたい場合でも、「珈琲豆 選び方」といったキーワードでユーザーを集めても、直接的な購買にはつながりません。

一方、SEOでは、顕在客だけでなく潜在客にも積極的にアプローチすることができます。このように、SEOは顕在客と潜在客の両方にアプローチしやすいという点が大きなメリットと言えます。

6.購買意欲の高い顧客を集客できる

SEO対策の6つ目のメリットは、購買意欲の高い顧客を集客できる点です。

検索結果からの集客は、キーワードで検索してWebサイトに訪れるユーザーです。

つまり、サイトのジャンルに興味を持っているユーザーということです。そのため、サービスや商品を購入したいと思っている見込み客を引き寄せることができます。

無駄な広告費を購入意欲の低い人に使う必要はありません。

7.蓄積したコンテンツは資産になる

上位表示されたサイトはSEO対策の成果として資産化することができます。

例えば、広告を出すと一時的に集客ができますが、広告を停止すると集客が途切れてしまい、資産とは言えません。

しかし、本格的なSEO対策を行い上位表示に成功すると、比較的安定して上位を維持することができます。狙ったキーワードで安定した上位表示を維持できれば、そのサイトはアクセスを継続的に生み出し、お問い合わせや売上を増やし続けることができる資産となります。

実際に、上位表示されたサイトは売買されることもあります。適切なSEO対策を行えば、その費用は単なる経費ではなく、資産を作るための投資として考えることもできます。

また、StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEO対策の6つのデメリット

SEO対策のデメリット

SEO対策の6つのデメリットを紹介します。

  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • 検索上位表示されないと集客できない
  • 必ず検索順位が上がるわけではない
  • Googleのアルゴリズムアップデートの影響を受ける
  • コンテンツの制作に費用がかかる
  • 競合の強さが影響する

順に紹介します。

1.成果が出るまでに時間がかかる

SEO対策には時間と労力が必要です。一般的に、成果が現れるまでには2〜3ヶ月かかると言われています。

内部対策、外部対策、コンテンツSEOの全てを徹底しないと上位表示は難しいです。また、SEO対策を行っても必ずしも検索順位が上がるわけではありません。

専門のSEO業者であっても、困難なキーワードはたくさん存在します。

特に、検索ボリュームの大きいビッグキーワードほど上位表示は難しいので、キーワードの選定やサイトの設計には慎重に取り組む必要があります。

2.検索上位表示されないと集客できない

メリットにて「集客力が高い」と説明しましたが、逆に言えば上位表示されなければ集客は見込めません。

SEO対策におけるクリック率
※引用元:Why (almost) everything you knew about Google CTR is no longer valid

上記の通り、上位3位までであれば10%以上のクリック率は見込めますが、3位以降となるとクリック率は低いことが分かります。

ましてや、上位10位以下となってしまうと2%にも満たないことが考えられますので、上位表示ができなければ集客効果はできないと言えるでしょう。

3.必ず検索順位が上がるわけではない

3つ目のデメリットとして、コンテンツの1つを徹底的にSEO対策をしても、必ず検索順位が上がるわけではないことが挙げられます。

1つのコンテンツ、記事を徹底的にSEO対策を行い、良質なコンテンツを発信したとしても、Webサイト全体が良質でなければ正当な評価は受けづらい傾向にあります。

しかし、Googleは一貫してユーザーのことを第一にし、誠実に作り込んだWebサイトを評価しているため、自社のWebサイトと競合他社のWebサイトの分析を続け、良質なコンテンツをユーザーに発信するように心がけましょう。

4.Googleのアルゴリズムアップデートの影響を受ける

SEO対策のデメリットとして、Googleのアルゴリズムアップデートの影響を受けることです。

Googleのアルゴリズムは、年に2〜4回ほど大規模なアップデートが行われます。

このアップデートでは、評価基準などが調整されることがありますので、これまで上位に表示されていたページが下位になることもよくあります。

もしウェブサイトの売り上げが主要な収益源である場合、大きな影響を受ける可能性があります。そうならないためには、常にGoogleのアルゴリズムの変化に対応しながら、ウェブサイトの検索順位を維持する必要があります。

SEOにおけるGoogle検索アルゴリズムの仕組み|アルゴリズムの歴史や最新のアップデート

SEOにおけるGoogle検索アルゴリズムの仕組み|アルゴリズムの歴史や最新のアップデート

5.コンテンツの制作に費用がかかる

SEO対策に必要なコンテンツを作るための費用がかかるのもデメリットのひとつです。

ブログを例に挙げると、上位表示を目指すなら良質な記事を例えば100本ほど用意し、検索エンジンからサイト全体の評価を向上させることも必要である場合もあります。

良質な記事を1本用意するためには数千円~数万円の費用がかかり、この金額は記事作成を外注するなら外注費用として、自社のリソースで作成するなら人件費として必要です。

このほかにも、ブログを投稿するサイトのメンテナンスや既存記事の更新などにも費用が必要なケースもあるでしょう。

SEO対策にかかる費用は?依頼する際のメリット・注意点を解説

SEO対策にかかる費用は?依頼する際のメリット・注意点を解説

6.競合の強さが影響する

競合の強さが影響するのも、SEO対策のデメリットです。

SEO対策をして検索順位が1位となったとしても、自分達が対策したように、他の競合サイトに抜かれる可能性があります。

1位になった後も継続的にSEO対策を高めていかなければ、順位の維持は難しいでしょう。

また、StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEO対策を実施してメリットを享受できる企業|SEOを実施するか迷ったときの確認事項

競合が強すぎない(競合が強い場合は予算を確保できる)

SEOの順位は、コンテンツの品質だけでなく、サイトの運用歴や信頼できるサイトからの被リンク数も加味されます。

また、金融や健康など、人々の人生に関するYMYL領域の場合には、病院や公的機関、金融機関のサイトが上位表示される傾向です。

上記を踏まえると、貴社のジャンルの競合が公的機関のサイトであったり、その分野で歴史の長い会社のサイトではなかったりする場合、SEO対策が向いています。

また、競合サイトが強いサイトばかりの場合には、競合サイトと同等のレベルになるまで多くの施策を打ち出さなくてはなりません。1年以上SEO対策を実施できるような予算を確保できる会社が向いていると言えます。

ターゲットが比較検討する際、検索エンジンを使用する商材の会社

SEO対策では、CVに最も近い比較検討段階にいるユーザーを集客できるのが魅力です。

コンテンツごとにKWを設定できるため、以下のような比較検討軸のユーザーが検索するキーワードで上位表示を獲得できれば、さまざまなコンテンツからCVを獲得できます。

SEO対策におけるカスタマージャーニーマップ

そのためには、比較検討段階にいるユーザーが、検索エンジンを活用するような商材であればSEO対策するメリットがあるでしょう。

時間とリソースを確保できるか

SEO対策は、以下のようにやることが多岐に渡ります。

  • コンテンツの戦略設計(KWの抽出や選定)
  • コンテンツの制作
  • 順位観測やその後の改善施策
  • 内部対策
  • 外部対策

上記の作業を実施するには大幅な工数がかかるだけでなく、専門的な知見も必要です。

また、StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEO対策の4つのポイント

SEO対策を実施するときのポイント

SEO対策のポイントを4つ紹介します。

  • 検索意図に合わせた有益なコンテンツを制作する
  • インデックスされやすいサイト構造にする
  • E-E-A-Tを考慮する
  • ユーザビリティを考慮したサイト設計を行う

順に紹介しますので、SEO対策を行いたい方はぜひ参考にしてください。

1.検索意図に合わせた有益なコンテンツを制作する

SEO対策のポイントの1つ目は、検索意図に合わせた有益なコンテンツを作成することです。

検索意図(インテント)とは、Googleなどの検索エンジンで検索する際に、検索ユーザーが何を考え、目的として検索しているかを表します。

例えば、「トマト 通販」というキーワード(検索クエリ)を入力した場合は、トマトを通販で「買いたい」と考え検索している事が予想されます。

そのような検索意図を持った検索ユーザーに
購入できるページではなく、「トマトの育て方」などの知識を提供するページを表示しても恐らく検索ユーザーの検索意図を満たす事はできないでしょう。

検索エンジンの評価も同様です。
検索ランキングの決定には様々な要因がありますが、そのうちのひとつに検索ユーザーの役に立つページかどうか、という点があります。

上記の例でいくと、
「トマト 通販」というキーワードでは育て方の知識ページは検索エンジンに高く評価される事はないでしょう。

2.インデックスされやすいサイト構造にする

2つ目のSEO対策のポイントは、インデックスされやすいサイト構造にすることです。

そもそもインデックスがされなければ、ページは検索結果に出ないため、サイト構造を整えることが重要になります。

具体的な整え方は下記が挙げられます。

  • URLをシンプルにする
  • 内部リンクを最適化する
  • 被リンクを増やす
  • パンクズリストを設置する
  • ページ表示速度を改善する

上記の項目をもとにサイト構造を整え、インデックスされやすいサイトにしましょう。

3.E-E-A-Tを考慮する

3つ目のSEO対策のポイントは、E-E-A-Tを考慮することです。

E-E-A-Tとは、「Experience/経験」「Expertise/専門性」「Authoritativeness/権威性」「Trustworthiness/信頼性」の略で、Googleの検索品質評価ガイドラインで定義されてる評価基準のことです。

上記のE-E-A-Tが重要な理由は、間接的なSEO効果が期待できるからです。

これについて、Google公式に言及してます。

E-A-T 自体はランキングに直接影響する要因ではありませんが、E-A-T が優れているコンテンツによく見られる要素の組み合わせを使用することは有効です。

引用元:有用で信頼性の高い、ユーザーを第一に考えたコンテンツの作成 | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google Developer「E-A-T と品質評価ガイドラインについて」

このことから、E-E-A-Tが優れてるコンテンツの傾向を踏襲したコンテンツにすれば、良いSEO効果が期待できます。

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

4.ユーザビリティを考慮したサイト設計を行う

4つ目のSEO対策のポイントは、ユーザビリティを考慮したサイト設計を行うことです。

ユーザビリティとは、そのページの利便性や操作性といった主に使い勝手やわかりやすさなどを意味し、特にWebページの場合だとボタンやメニューなどの認識・識別や見やすさといったUIに深く関わる要素です。

ユーザビリティ”を改善する目的としては、Webページの場合以下のような内容が考えられます。

  • サイト全体の回遊率を高める
  • ファーストビューから先に読み進めてもらう
  • コンバージョンを増やすための導線作り
  • 目的のページへ辿り着きやすくする

間接的に検索順位に影響する可能性はありますが、SEOのために改善を試みる要素ではないことを覚えておきましょう。

SEOとリスティング広告の違い

SEO対策とリスティング広告との比較

リスティング広告とSEOは、仕組みが全く異なります。リスティング広告はクリック課金型の広告で、広告費をかけて検索結果に表示させるものです。

一方、SEOはGoogleが求めるベストプラクティスを実施することで検索結果に表示させるものです。

リスティング広告は即効性が高く、一方のSEOは比較的効果が出るのに時間がかかります。その他にもさまざまな違いがありますが、リスティング広告とSEOは根本的に異なる仕組みを持っているため、しっかりと理解しておくことが必要です。

また、StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEO対策の成功事例|StockSunの独自事例を紹介

SEO対策を実施して年間150件以上のCVを獲得

StockSun株式会社では、2022年12月〜SEO対策に力を入れ始め、現状年間150件以上のCVをSEOから獲得しています。

SEO対策の成功事例StockSun

StockSunの強みは、SEOやSNSなどの各ソリューションや各業界の知見に特化したコンサルタントが在籍していることです。

1つ1つのコラムをコンサルタントが作成し独自性と専門性の高さを維持しております。

Googleの掲げるE-E-A-Tを満たしたコンテンツとなり、検索結果上位を獲得し、コラムから年間150件以上の問い合わせを獲得しております。

なお、毎月CV数が向上している状況のため、来年度の年間CV数はさらに数十倍に倍増していくことが予想されています。

SEO対策を実施して歯科医のアクセス数350%UP

SEO対策をおこない集客につなげた歯科医院の集客成功事例を紹介します。この事例では、ホームページのアクセス数を3.5倍に向上させています。

▼アクセス数の変化

SEO対策成功事例のデータ

実際のデータをみていただくとわかる通り、3ヶ月目以降から月単位でアクセス数が増加しています。

おこなった具体策は、以下のとおりです。

・基本的なSEO対策内部対策

・外部対策の実施

まずは、本記事で解説しているような基本的なSEO内部対策を実施し、マイナスをゼロにしています。

・コンテンツを入れ込む

・内部設計の見直し

その後実施したのは外部対策です。

外部対策を実施したことで、サイトの順位が向上し、月単位でアクセス数が伸びました。

・申請するだけで掲載できるポータルサイトに登録し被リンクを獲得した

・歯科医院に関する団体に加入申請し、被リンクを獲得した

・歯科に関するメディアへの寄稿や記事の監修を行い被リンクを獲得した

特に自院と関連性が強く、ホームページ自体のドメインレートが強いところから被リンクをもらえれば、自社サイトのドメインレートが向上します。
結果としてサイトの検索順位が上昇し、アクセス数が350%UPし集客につながりました。

本事例は以下動画でも解説しております。

オウンドメディアのSEO対策を実施して月100件問い合わせ獲得

フリーランスエンジニアの集客に力を入れている会社が、SEO内部対策の中のコンテンツSEOに力をいれたことで、月100件ほどの問い合わせを獲得した成功事例です。

集客したエンジニア人材は企業へ派遣したり、紹介することでマネタイズするビジネスモデルでした。

このSEO対策で意識したのは「コンバージョンにつながるキーワードの洗い出し」です。

プログラマー検索ボリュームは多いが検索意図はバラバラ
アプリエンジニア 初心者検索ボリュームは少ないが、人材獲得にコンバージョンしやすい

人材獲得にコンバージョンしやすいスモール〜ミドルキーワードに対して、質の高いコンテンツを投入した結果、月間20万PVを達成。

広告を廃止してもSEOからの集客だけで、人材獲得できるようになりました。

また、エンジニアに興味はあるが、プログラミングスキルがない層に対して、スクールをスタートさせました。結果、初心者から現役のフリーランスエンジニアまで、マネタイズの取りこぼしがない状況を構築しています。

本事例は以下動画でも解説しております。

SEO対策のメリットに関連するよくある質問

SEOの利点は何ですか?

SEO対策の利点は、さまざまなありますが、大きく次の2つです。

  • 潜在層〜顕在層まで狙ったターゲット層を集客できる
  • 効果に継続性がある

SEO対策では、サイトに投下する各コンテンツにキーワードを設定できます。

そのため、潜在層〜顕在層まで貴社のねらった層を集客できます。

比較検討段階にあるユーザーが検索するKWでコンテンツを作成していけば最短でCVを獲得していけるでしょう。

また、高順位を獲得したコンテンツは、その後軽微なリライトのみで継続して効果を得られます。

一度高順位を獲得できればその後は少ない予算で成果を得られ続けるため費用対効果が高いでしょう。

コンテンツSEOのメリット・デメリットは?

コンテンツSEOのメリットとデメリットは、次の通りです。

コンテンツSEOのメリット:

  • 予算がかからない
  • サイトが資産になっていく
  • 拡散性が高い
  • 被リンク獲得につながる
  • ブランドの認知度が高まる
  • CVに近いユーザーを集客できる
  • 潜在層にもアプローチできる
  • 一度上位を獲得すれば継続して成果を得られる
  • 顧客の育成につながる
  • CVポイントを設定できる

コンテンツSEOのデメリット:

  • 即効性がない
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • マイナス要素になる可能性がある
  • YMYL領域は狙えないキーワードがあったり順位変動が激しい
  • トラフィックが増えても成果につながるとは限らない
  • 1位を獲得しないとクリックされる可能性が低い
  • 20%のユーザーはコンテンツを閲覧せずに検索結果画面で悩みを解決している

詳細については、コンテンツSEOの実施方法についての記事で解説しています。合わせてご確認ください。

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

SEO対策をしないとどうなる?

WEBサイトをSEO対策しないと、検索結果で上位を獲得することができません。

検索結果で上位を獲得できないと、検索エンジンを利用するユーザーと接点を持てないため、集客に繋がらないでしょう。

SEOでやってはいけないことは何ですか?

SEO対策でやってはいけないことは、ブラックハットSEOです。

主に次のような施策はブラックハットSEOと呼ばれます。

被リンク購入業者から大量に被リンクを購入する
リンクファーム被リンクを獲得したいがために、関連性の低いサイト同士でリンクを結び合う
隠しテキストキーワードを含めるために背景と同化させた文字色で隠しテキストをページに入れる
コピペ他サイトの記事をコピペしたコンテンツ

以前は、ユーザーファーストなコンテンツでなくてもブラックハットSEOと呼ばれるテクニックを使えば上位表示を獲得できました。

しかし、パンダアップデートやペンギンアップデートが実施されたことを機に、ブラックハットSEOが実施されたコンテンツはペナルティを受けて検索結果に表示されなくなっています。

そのためSEOを実施するときブラックハットSEOを取り入れることは絶対に避けましょう。

まとめ

本記事では、SEO対策のメリットとデメリット、SEO対策をする上でのポイントを紹介しました。Webマーケティングをする際は、SEOの領域が比較的費用対効果が高いとされていますが、上位表示ができなければ集客は難しい点や、上位表示できた後も継続的に対策を行わなければ、集客はできません。

掲載にコストがかからない反面、対策することは多いので、どの施策でも集客が難しいことがわかりますね。

もし、SEOでの集客において困っていること、課題を感じていて自社で解決できない場合にはSEO業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

また、StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。