メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SEOにおけるGoogle検索アルゴリズムの仕組み|アルゴリズムの歴史や最新のアップデート

SEO
更新日
seo
SEOにおけるGoogle検索アルゴリズムの仕組み|アルゴリズムの歴史や最新のアップデート
亀田温大

この記事の著者

亀田温大

亀田温大

文章の力で売上を引き上げる

大学在学中からSEO対策を独学し、PPP株式会社(StockSun 現代表 岩野圭佑氏の会社)に参画。

その後、20歳でStockSun株式会社の「SEOトライアル」を立ち上げ、PMとして1年半で年商2億規模まで成長させる。
事業の拡大と共に50名以上のSEOディレクター、ライター、インターンの育成を同時に行い、月間300本以上の記事制作/リライトをディレクション。
常時30件以上のクライアント対応の統括。1年で対応したクライアントは50件以上。

プロのセールスライターを束ね、記事はもちろん、LPのコンテンツ、SNS広告のテキストなど売上にインパクトがあるコピーの制作を主に担当

文章なら誰にも負けません。

「Googleのアルゴリズムって何?」
「Googleアルゴリズムに従ったSEO対策はなにを実施すればいい?」

Googleアルゴリズムとは、Googleの検索エンジンが検索順位を決める上でのルールのことです。

ルールに従ってSEO対策を実施することで高順位を獲得でき、貴社の目的達成につながります。

本記事では、Googleのアルゴリズムを正しく理解して有効なSEO対策を実施するために必要な以下の知見を紹介しています。

数々のクライアントのSEO対策に携わり結果を出してきたStockSunコンサルタントの知見をもとに解説しております。

これからSEO対策を実施する企業様は参考にしてください。

StockSunでは、SEO代行会社の選定でお悩みの企業様に向けて、実力とノウハウをご確認いただける無料のリライトサービスを提供しております。

初回提案のみで依頼する会社を決めてしまうと、初回提案時と実際の実行支援の温度感が異なり、思っていたような結果が出ない場合があります。
かけたコンサル費を無駄にしてしまうような企業様を多く見てきました。

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

目次

SEOにおけるGoogleアルゴリズムとは

SEOにおけるGoogleのアルゴリズムとは

Googleのアルゴリズムは、Googleの検索結果の順位を決めるためのルールや計算方法のことです。

Googleの検索では、RankBrainというAIがコンテンツの品質を項目ごとに評価し、点数をつけて順位を決めています。200以上の項目を判定基準として定めています。

そのため、もしルールを理解しないままコンテンツを作成してしまうと、検索エンジンから評価されず一向に順位を獲得できない可能性が高いです。

ルールに合わないコンテンツは、取り締まられる対象となり、検索結果に表示されないこともありますので、注意が必要です。

ただし、Googleはアルゴリズムの仕組みを公表はしていません。

AIがさまざまな外的要因から判断をして検索順位を算出しているうえに、毎日アルゴリズムの小規模なアップデートが実施されています。

上記を踏まえるとアルゴリズムのすべてを理解することは不可能とされています。

すべてを理解することはできませんが、これまでのコアアップ情報を掴み対策することで高順位を目指すことが可能です。

SEO対策とは【Googleアルゴリズムを理解するための基礎知識】

Googleアルゴリズムを理解するために知っておくべきSEO対策の知識

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、次の2つを実施して上位表示を獲得するための施策です。

  • 自社サイトの内容をGoogleなどの検索エンジンが理解しやすいよう最適化する
  • ユーザーファーストなコンテンツを制作してユーザーの悩みを解決することで検索エンジンから評価されるようにする
SEO対策ではGoogleアルゴリズムに合わせてユーザーとクローラーに対して施策を打つという説明図解

SEO対策を実施する目的は、次のとおりです。

  • 自社のターゲットが検索するであろうキーワードで対策することで集客につながる
  • 各コンテンツにさまざまなキーワードを設定できるため潜在層〜顕在層まで集客できる

SEO対策を実施するメリット

SEO対策のメリットは、集客効果が高いことですが、特に以下2つの側面がメリットとなります。

  • 潜在層〜顕在層まで狙った層を集客できる
  • 効果に継続性がある

前述のとおり各コンテンツにキーワードを設定できるため、潜在層〜顕在層まで貴社のねらった層を集客できます。

以下図解のようにカスタマージャーニーに沿ってキーワードを選定することで、最もCVに近いユーザーもSEOから集客が可能です。

▼例:SEOコンサル会社がKWを選定するときのカスタマージャーニー

SEO対策でKW選定の際に活用するカスタマージャーニー

他にもSEOは一度高順位を獲得すれば、あとは軽微なメンテナンス(リライト)のみで順位を維持できる点も魅力です。

1からコンテンツを作り直す必要がないため、少ない工数と費用で効果を維持でき、費用対

効果が高いです。

また、以下の要素から、日々の順位観測とリライトは必須といえます。

  • ユーザーの検索意図やその解は時の流れとともに移り変わる
  • Googleアルゴリズムは年に1〜2回大きなアップデートがある

その他、SEOを実施するメリットは、次の記事で解説しているのでご確認ください。

SEO対策の7つのメリットとは?デメリットや4つの対策ポイントをわかりやすく解説

SEO対策の7つのメリットとは?デメリットや4つの対策ポイントをわかりやすく解説

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEO対策のデメリット

SEO対策のデメリットは、次の2つです。

  • 効果が出るまでに半年〜1年かかる
  • サイト構築、コンテンツ制作に専門的な知見と工数が必要

SEO対策を実施して結果が出るのは最短で3ヶ月です。一般的には半年〜1年かかるとみておく必要があります。

また、SEO対策を実施するときやるべきことは以下の通り多岐に渡ります。

  • WEBサイトの構築もしくはリニューアル
  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツ制作(土台となるKW選定〜コンテンツの投稿)

上記の実施には、専門的な知見と膨大な工数が必要です。全く知見のない状態だと実施することは難しいでしょう。

また見よう見まねで実施したとしても、土台となる戦略設計がズレていると制作したコンテンツが無駄になってしまいます。

そのため、自社のリソースだけで実施したい場合でも、戦略設計とその後の内製化支援をSEOコンサル会社へ依頼するのが一般的です。

東京・全国のSEOコンサルティング会社26選比較ランキング【2024年比較表とチャート付】選んではいけない会社もプロが解説

東京・全国のSEOコンサルティング会社26選比較ランキング【2024年比較表とチャート付】選んではいけない会社もプロが解説

Googleの検索エンジンが順位を決めるときの流れ

Googleの検索エンジンがサイトの順位を決める際には、以下の手順にて実施されます。

各手順の詳細を理解しておくことで、適切なSEO対策を実施できるため知っておきましょう。

Googleの検索エンジンが順位を決める時の流れ

クローラーがサイトを巡回・サイト情報の取得

クローラーと呼ばれる検索エンジンのページ巡回ロボットが、サイトを巡回してサイトの情報を取得します。

Googleのクローラーは、「Googlebot」と呼ばれています。

コンテンツ量の多いサイトは、頻繁にクローラーが訪れます。小規模なサイトは、クローラーをGoogleサーチコンソールから呼ばなくてはなりません。

新規記事投稿、リライトを実施したときには「URL検査」からインデックス登録のリクエストを実施しましょう。

Googleのアルゴリズム|インデックス登録のやり方図解

サイトのインデックス

クローラーがサイトを解析したら、サイトの情報が検索エンジンへ登録されます。これを「インデックス」と呼びます。

クローラーが巡回したサイトすべてがインデックスされるわけではありません。

「ユーザーファーストな価値あるコンテンツ」だと判断された場合のみインデックス登録されます。

順位の決定

インデックス登録された後、Googleなど検索エンジンのアルゴリズムに応じて順位が決定する仕組みです。

アルゴリズムに従ったサイトは高順位になりやすく、アルゴリズムに反しているサイトは順位が低くなる仕組みとなります。

また、新規記事を投稿してすぐに高順位にはならず、徐々に順位が上昇していくケースが多いです。

SEOで主要なGoogleのアルゴリズム

MFI|Mobile First Index

MFIとは、デスクトップ用のページではなくスマホで閲覧したときのページが評価基準となったアルゴリズムです。

以前は、検索エンジンを利用するときには、PCの利用が主流でした。しかし2015年あたりからスマホを利用した検索が一般的となってきました。

時流の変化に伴い、2016年10月にGoogleのゲイリー・イリェーシュ氏によってMobile First Indexへの移行が公表されています。

QDF|Query Deserves Freshness

QDFとは、最新情報を掲載した記事が検索結果上位に表示されるアルゴリズムです。

QDFは、すべてのキーワードに適用されず、特定の条件に当てはまる場合のみ適用されます。

たとえば以下のようなキーワードです。

  • スキャンダルやニュースのあった芸能人名
  • 事件
  • 天気、政治、スポーツなどのニュース

芸能人の結婚などで、一時的に該当のキーワードの検索数が増えると、QDFが適用されてその事柄に関する最新記事が検索結果上位に表示されます。

ただし上記の場合には時間が経過することで、検索順位が元の状態に戻るのも特徴です。

QDD|Query Deserves Diversity

QDDは、「多様性のある検索結果」を意味しています。

具体的には、キーワードの検索結果に対して同様の意味のサイトを表示するのではなく、さまざまな内容のサイトを表示されるアルゴリズムです。

以下「ネット」と検索したときの結果をみてみるとわかりやすいでしょう。

SEOにおけるアルゴリズムの、Query Deserves Diversityを説明した図解

検索結果には、次のとおりさまざまな意味合いのサイトが表示されています。

  • インターネットとは何かを解説した内容のサイト
  • ネットという企業のホームページ
  • ネットフリックスの公式サイト
  • 光回線の公式サイト
  • えきねっと(JR東日本)の公式サイト

など

上記のように1つのキーワードが持つさまざまな検索意図を、検索結果に表示させるアルゴリズムとなります。

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEOにおいてGoogleアルゴリズムが検索結果を決めるときの5つの要素

Googleアルゴリズムが検索結果を決めるときの5つの要素

前章では、SEOにおけるGoogleアルゴリズムを紹介しましたが、本章ではGoogleアルゴリズムの要素を5つ紹介します。

  • 検索意図の把握
  • 検索キーワードとコンテンツの関連性
  • コンテンツの品質
  • ユーザビリティ
  • 言葉や文脈の使い方

それぞれ紹介します。

1.検索意図の把握

Googleアルゴリズムの1つ目の要素は、「検索意図の把握」です。

Googleのアルゴリズムでは、まずユーザーが何を求めているのかを理解するために、検索キーワードの分析を行います。

ただ単に意味を理解するだけではなく、同じ音で異なる意味を持つ単語(同音異義語)を判別することもできる類義語システムを活用して、ユーザーの検索意図をより高いレベルでの把握を目指しています。

さらに、下記の項目を加味して検索キーワードを分析しています。

  • 現在地付近の情報が知りたいのか
  • 最新の情報が知りたいのか
  • 幅広い情報が必要なのか
  • 具体的な情報を知りたいのか
  • 特定の情報が必要なのか

上記の中でも、「最新情報」は重要視されている傾向があります。これは、Googleのアルゴリズムの一つでもある、「フレッシュネス アルゴリズム」に起因しています。

上記を使用することで、「スポーツの試合結果」や「スマートフォンの最新機種」といった最新情報が求められるようなキーワードの場合には、新しい情報をユーザーに届けるようにプログラムされています。

2.検索キーワードとコンテンツの関連性

2つ目のGoogleアルゴリズムは、「検索キーワードとコンテンツの関連性」です。

検索意図を理解したアルゴリズムは、関連するキーワードを持つWebページを見つけるためにインデックス内を探し、「そのキーワードがどれくらい頻繁に出現しているか」や、「タイトルや見出し、本文などでどのように使用されているか」を分析します。

Webページとの関連性を判断する基本的な要素は、キーワードの一致率や出現数によるものですが、Googleの公式ページによれば、単にキーワードの数が多いだけでは意味がないと明記されています。

そのため、キーワードに関連する情報を画像や動画で解説したり、オリジナルの調査結果を使用したりして、「ユーザーが求めるコンテンツになっているか」を分析しています。

SEOに強いタイトルの付け方|独自事例付きで文字数やクリック率向上のポイントを公開

SEOに強いタイトルの付け方|独自事例付きで文字数やクリック率向上のポイントを公開

3.コンテンツの品質

Googleアルゴリズムの3つ目は「コンテンツの品質」です。

ユーザーが特定のキーワードで検索をすると、関連するWebページが多数存在することがあります。Googleのアルゴリズムは、適切な情報を提供するために、Webページの品質やコンテンツを分析します。

分析内容には下記が挙げられます。

  • 最新の情報を扱っているか
  • 検索キーワードが何回出現するか
  • コンテンツを通してユーザーに良い体験ができるかどうか

上記のような項目で良い評価を得ることができれば、検索順位で上位に表示されやすいです。

また、Googleのアルゴリズムにおいて、マイナスに捉えられてしまう行為もあります。

具体的には、検索キーワードの出現率を上げるために無作為に何度も繰り返す行動です。

こういった施策は、低品質なコンテンツを良質なコンテンツであるかのように偽造しているため、利用価値がないだけではなく、ユーザーにとってもマイナスになるとGoogleから判断されます。

マイナスだと判断したサイトには、Googleはペナルティを課し、常に良質かつ適切なコンテンツをユーザーに届けられるようにしています。

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

Googleで検索上位にする方法を9つ紹介!表示順位が決まる仕組みや重要な要素も解説

Googleで検索上位にする方法を9つ紹介!表示順位が決まる仕組みや重要な要素も解説

4.ユーザビリティ

Googleアルゴリズムの4つ目は、「ユーザビリティ」です。

ユーザビリティとは主に下記が挙げられます。

  • 異なるブラウザでも正常に表示される
  • 異なるデバイス(パソコン/スマートフォンなど)でも最適化される
  • 検索結果がスピーディに表示される

ブラウザはGoogle Chrome以外にも、いくつか検索結果を表示するためあります。例えば、Internet ExplorerやiPhoneのSafari、Firefox、Microsoft Edgeなどです。

ユーザービリティを向上させるためには、上記のどのブラウザを使っても正しく表示されることが重要です。

また、ユーザーはスマホやパソコン、タブレットなど、さまざまなデバイスで検索を行います。しかし、パソコンでは見づらい表示や、スマホでは非対応の表示など、使いにくい場合はユーザーの利便性が低下し、Googleからの評価も下がってしまいます。

さらに、ネット環境が良いのにも関わらず、Webページの読み込みに時間がかかるとユーザーはそのサイトを見るのを諦めかねません。そのため、ユーザーが検索結果をスピーディに確認できるようにする工夫が必要です。

上記で紹介したユーザービリティに関するアルゴリズムは、時々変更や追加が行われることがあります。Googleから事前にアナウンスがあることがほとんどなので、情報が入り次第、自身で改善することがおすすめです。

例えば、以前にGoogleアルゴリズムの変更により、Webサイトの表示スピードが重要となった際は、変更が実施される半年前に、「今後は表示スピードも重視していきます」というようなアナウンスがされました。

今後もユーザービリティは価値観の変化とともに変わっていくことが予想されるため、Googleアルゴリズムの突然の変更に柔軟に対応できるように、日頃から情報をこまめにチェックしておきましょう。

5.言葉や文脈の使い方

5つ目のGoogleアルゴリズムは、「言葉や文脈の使い方」です。

Googleは、検索ユーザーが同じキーワードで検索しても、その人に必要な情報を表示するために、Webページの表示を調整しています。

具体的には、検索ユーザーの現在の場所や過去の検索履歴を考慮し、その時点で必要な情報を判断して表示しています。

例えば、「football」というキーワードを検索した場合、アメリカでは「アメリカンフットボール」を意味し、イギリスでは「サッカー」を意味します。したがって、アメリカにいる人が「football」と検索した場合は、アメフトや人気のアメフトチームの情報が表示されます。

一方、イギリスにいる人が「football」と検索した場合は、プレミアリーグやサッカーの人気チームの情報が表示されます。

また、「近くのイベント」というキーワードで検索すると、ユーザーの検索履歴から判断して、そのユーザーに合ったイベントが表示されます。

ただし、ユーザーが現在の場所や検索履歴を考慮せずに検索したい場合は、検索機能の設定を変更することで、余計な情報に左右されない検索結果を表示することも可能です。

Googleアルゴリズムに対する6つのSEO対策

Googleアルゴリズムに対するSEO対策

前章ではGoogleアルゴリズムの5つの要素を紹介しましたが、本章ではそのアルゴリズムに対するSEO対策を紹介します。

  • 検索意図を満たすコンテンツを作成する
  • E-E-A-Tを強化する
  • モバイルフレンドリーに対応する
  • 適切なサイト構造にする
  • クローラーの巡回を促す
  • YMYLに気をつける

順に紹介します。

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

SEOとは?基本知識から上位表示をするための効果的な施策を紹介!

1.検索意図を満たすコンテンツの作成する

SEO対策の1つ目として、検索意図を満たすコンテンツを作成しましょう。

ユーザーの検索ニーズを満たすには下記の項目を意識すると良いです。

  • 内部リンク
  • サイト表示スピード
  • 画像や動画などの使用

上記を意識した上で情報を発信してみましょう。

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

2.E-E-A-Tの強化する

2つ目のSEO対策は、E-E-A-Tの強化です。

E-E-A-Tとは下記の項目です。

  • Experience/経験
  • Expertise/専門性
  • Authoritativeness/権威性
  • Trustworthiness/信頼性

上記の具体的な対策方法としては、被リンクの設置が挙げられます。

ただ被リンクを貼り付けるのではなく、国が管理しているようなデータベースから引用することや、実際に医療業界に携わっている方に記事を監修してもらい、監修者としてリンクを貼り付けるなど、公的に認められているリンクを貼り付けることでE-E-A-Tを強化することができます。

E-E-A-Tの概念をより詳しく理解したいときには、次の記事をご確認ください。

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

E-E-A-T(旧E-A-T)とは?SEOで重視されるGoogleの評価基準と上位表示にむけた14選の施策を紹介

3.モバイルフレンドリーに対応する

3つ目のSEO対策は、モバイルフレンドリーに対応することです。

スマホの普及に伴い、検索に使用するデバイスがパソコンではなく、スマホに移行している傾向があります。

SEOツールを提供するドイツ企業のSISTRIXは、日本では約75%がモバイルからインターネットの検索機能を利用しているという調査結果を出しています。

引用:https://www.sistrix.com/blog/the-proportion-of-mobile-searches-is-more-than-you-think-what-you-need-to-know/

上記の調査からわかるように、モバイルユーザーが多くなっているため、モバイルに適したコンテンツになっているか否かを測る「モバイルフレンドリー」がGoogleのアルゴリズムに追加されました。

具体的には下記の項目が判定されます。

  • テキストが小さくないか
  • クリック可能な要素が近くないか
  • コンテンツの幅が画面を超えていないか

上記は、スマホ操作時に「読みにくい」「クリックしにくい」「見えない」といったことがないようにと対策されています。

4.適切なサイト構造にする

SEO対策の4つは、適切なサイト構造にすることです。

Googleがサイトを効果的にクロールし、インデックスに含めやすくするためには、クローリングしやすいサイト構造を作ることが重要です。具体的なポイントは以下の通りです。

  • ナビゲーションを設計する
  • HTMLタグを適切にマークアップする
  • カテゴリーやサブカテゴリーを明確にする

上記のポイントに気を付けることで、Googleはサイトを効率的に巡回でき、ユーザーにとっても使いやすいページになります。コンバージョン率の向上にも繋がりますので、適切なサイト構造にしましょう。

5.クローラーの巡回を促す

SEO対策の5つ目は、クローラーの巡回を促すことです。

特に新規記事はクローラーに見つけてもらえるまで時間がかかる傾向にありますが、クローラーに巡回されやすいように対策ができます。

具体的に巡回を促す方法は下記が挙げられます。

  • Google Search Consoleからリクエストをする
  • XMLサイトマップを送信する
  • URLをシンプルにする
  • 内部リンクを最適化する
  • 被リンクを増やす
  • パンクズリストを設置する
  • ページ表示速度を改善する

上記を施すことで、クローラーの巡回を促すことができます。

6.YMYLに気をつける

6つ目のSEO対策はYMYLに気をつけることです。

YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略で、人の将来的な健康、金融にまつわる情報のことを指しており、Googleの「検索品質評価ガイドライン」の項目の一つでもあります。

後述にありますが、Googleアルゴリズムアップデートによって、医療業界や金融業界に関する情報を発信する際は、専門家や公的機関といった信頼性の高いWebサイトでないと、上位表示ができなくなっています。

そのため、人の将来的な健康や金融にまつわるような情報を取り扱うのは、上位表示を見込めない場合が高いため、気をつけましょう。

YMYLとは?対象ジャンルやSEOにおける効果的な対策のポイントを紹介

YMYLとは?対象ジャンルやSEOにおける効果的な対策のポイントを紹介

過去に行われたSEOのGoogleアルゴリズムアップデートの歴史

Googleアルゴリズムアップデートの歴史

本章では、過去に行われたGoogleアルゴリズムアップデートの歴史を紹介します。

  • 2011年2月:パンダアップデート
  • 2012年4月:ペンギンアップデート
  • 2014年:ベニスアップデート
  • 2015年:Rank Brain
  • 2015年:クオリティアップデート
  • 2015年:インタースシティシャルアップデート
  • 2015〜2016年:モバイルアップデート
  • 2017年2月:日本語検索アップデート
  • 2017年12月:健康アップデート
  • 2018年:スピードアップデート
  • 2019年:BERTアップデート
  • 2022年8月:ヘルプコンテンツアップデート
  • 2022年10月:スパムに関するアップデート

順に紹介しますので、どのようにGoogleアルゴリズムが変化を遂げているのか押さえておきましょう

2011年2月:パンダアップデート

SEOのGoogleアルゴリズムアップデート、パンダアップデートの図解

パンダアップデートは、2011年に行われたコンテンツの品質に関するアップデートです。

このアップデートでは、他のWebページをコピーして語尾などを修正したり、キーワードだけを大量に使用して文章の意味が崩れているようなコンテンツや、ユーザーにとって価値のないコンテンツを取り締まることを目的としていました。

完全なコピーでなくても、複数のWebサイトから単語を取り出して組み合わせたような記事も、「オリジナリティの欠如」という理由でペナルティを受けることになります。

一方で、ユーザーが求める情報をオリジナルの内容でまとめ、付加価値を提供しているWebサイトは、検索順位が上昇する評価を受けます。

2012年4月:ペンギンアップデート

SEOのGoogleアルゴリズムアップデート、ペンギンアップデートの図解

ペンギンアップデートは、2012年から複数回にわたって実施されたリンクに関するアップデートです。

それまでは、多くのリンクを受けているウェブサイトは「信頼できる高品質なウェブサイト」と見なされ、内容に関係なく検索順位が上がっていました。しかし、このペンギンアップデートにより、自分自身で作ったリンクやお金を払って不正なリンクを受ける行為が取り締まられるようになりました。

自作自演のリンクとは、本来のウェブサイトとは別に同じキーワードのウェブサイトを作り、ロボットを使って大量のキーワードを詰め込んだ記事を作成し、本来のウェブサイトにリンクを貼る行為のことです。

これにより、本来のウェブサイトが引っ張り上げられ、上位の検索順位に入ることができました。以前はよく使われていた手法ですが、現在ではペナルティを受ける結果となります。

また、ユーザーには見えにくい隠しリンクや隠しテキストもペナルティの対象となります。

2014年:ベニスアップデート

SEOのGoogleアルゴリズムアップデート、ベニスアップデートの図解

ベニスアップデートとは、ユーザーの位置情報によって検索結果が左右されるアルゴリズムです。

例えば、東京駅周辺で「ラーメン」と検索したとき、東京駅周辺のラーメン屋が検索結果に表示されます。一方札幌駅周辺で「ラーメン」と検索した場合には、札幌駅周辺のラーメン屋が表示されるでしょう。

ベニスアップデートが実施されたことで、上記のように同じキーワードでもユーザーの位置情報によって検索結果が異なるようになりました。

2015年:Rank Brain

SEOのGoogleアルゴリズムアップデート、RankBrainの図解

2015年の初めから、GoogleのアルゴリズムにRankBrainというAIが組み込まれるようになりました。

以下、会話のような検索方法でも適切な結果を表示させられるのが特徴です。

RankBrainができること

検索クエリ:「ここから1番近い居酒屋はどこ?」

  • ここがどこなのかを判断する
  • 1番近いとはどの程度の近さかを判断する
  • 居酒屋とはどのような飲食店であるかを判断する

上記を人工知能により判断しユーザーに適切な検索結果を表示しています。

2015年:クオリティアップデート

クオリティアップデートは、パンダアップデートと同様にコンテンツの品質に関する評価のアップデートです。

2015年5月に見られたアップデートで、Search Engine Landの質問にGoogleがクオリティアップデートについて解答したことで明らかになりました。

ちなみにパンダアップデートとの違いは、以下の通りです。

クオリティアップデート特定のジャンルのサイトを対象としておらず、ランキングアルゴリズム全体のアップデート
パンダアップデート特定のページや特定のジャンルのサイトを対象としたアップデート

2015年:インタースシティシャルアップデート

インタースシティシャルアップデートは、ページ全体を覆うような広告が表示されるサイトは評価を下げるというアップデートです。

Googleは、企業理念としてユーザーファーストを掲げておりWEBサイトにも求められています。

ユーザーの使いやすさが損なわれるサイトは、今後も評価をしないことを表明しています。

2015年~2016年:モバイルアップデート

SEOのGoogleアルゴリズムアップデート、モバイルアップデートの図解

2015年と2016年に実施されたのは、スマホに対応するためのアップデートです。

スマホでの検索が増える中、スマホ非対応のWebサイトは上位表示されにくくなりました。現在はほとんどのWebサイトがスマホ対応していますが、当時はパソコンとスマホで同じ表示だったため、文字が小さく見えにくかったり、ボタンが押しにくかったりという不便なサイトが多かったです。

Googleは、モバイル端末でも使いやすいかどうかや、フォントサイズやページの表示速度が適切かどうかを確認するためのチェックツールも提供し、改善に取り組みました。

2017年2月:日本語検索アップデート

日本語検索だけを対象にしたアップデートです。これまでのGoogleは全世界で活用できるアルゴリズムでしたが、日本のメディアだけ進化が進み対応しきれていなかったことが前提としてありました。

特に、検索結果に対しての解として無責任で誤った情報を提示する記事を量産していたキュレーションサイトへの対策です。

アップデートの対象となったのは、キュレーションサイトに限らず、日本語検索のサイト全てが対象となっています。

  • 誤った情報を提示するコンテンツ
  • 1つのサイトに複数の重複したキーワードのコンテンツ

など、低品質なサイトの順位が下落しています。

2017年12月:健康アップデート

健康アップデートとは2017年に行われた、別名「ヘルスケアアップデート」のことです。

日本限定で実施されたアップデートで、健康アップデートが施される前は、どのような人がページを作成しても、内容が良質であれば良い評価が得られるような状況でした。

しかし、医療や美容といった専門的な領域は、専門家が専門知識を用いて紹介すべきという理由から、根拠のない情報や誰が書いたかわからない「信頼性/信憑性」に欠けるコンテンツは、検索上位に上がらなくなりました。

また、健康だけに限らず、YMYLというお金や資産に関係する情報や子育て、法律関係の領域も同様に検索上位に入りづらくなっています。

2018年:スピードアップデート

ページの読み込み速度が重視されるようになったアップデートです。

Googleでは、次のように表明しています。

ユーザーはページの読み込み速度を非常に気にかけています。読み込み速度これまでもランキング シグナルとして使用されていましたが、デスクトップ検索を対象としていました。そこで 2018 年 7 月より、ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することになりました。

対象となるのは、ユーザーがかなり遅いと感じるようなページのみで、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。

Google検索セントラル

これまでデスクトップ用のサイトに表示速度の速さが求められていましたが、スマホ用のサイトでも重視されるようになりました。

ただし「サイトの読み込みスピードが早ければ早いほど評価される」というアップデートではなく、「明らかに速度が遅いサイトの評価が下がる」という内容となります。

2019年:BERTアップデート

BERTアップデートとは、BERTとというAIを活用して自然言語処理技術の導入を実施したアップデートです。

具体的には、検索クエリの文脈やニュアンスをBERTが適切に理解して、より最適な検索結果を表示するというものです。

  • 長い会話のような文章のクエリ
  • 〜のためになどの前置詞が重要となるクエリ

上記の検索クエリの場合BERTが効果を発揮しています。

例としてBERTアップデート前後の検索結果を比較すると次の通りです。

BERTアップデート前後の比較

【検索クエリ】

家族のために、代わりに転出届けを提出することはできますか?

BERT導入前転出届の出し方を説明したサイト
BERT導入後家族のために代理で転出届けを提出できるかの解答と、その方法について説明したサイト

2022年8月:ヘルプコンテンツアップデート

ヘルプコンテンツアップデートは、検索結果でユーザーが役立つ情報を提供することを目的として実施されています。

信憑性が高くユーザーのニーズを網羅できるコンテンツを持ったサイトが、さらに高い評価を受けることとなりました。

2022年10月:スパムに関するアップデート

2022年にはスパム(検索結果で上位表示させることだけを目的として作られた低品質なコンテンツ)を徹底排除していくために、スパムに関するアップデートがリリースされました。

  • すべての言語を対象としたアップデート
  • スパムを自動検出できる機能を追加

上記を実施しています。

一度スパムだと認識されると順位が下落するだけでなく、検索結果に表示されなくなってしまいます。

今後もGoogleが掲げるユーザーファーストを重視してコンテンツ制作を実施すべきです。

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

【2024年最新SEO情報】Googleアルゴリズムアップデート

最新のGoogleアルゴリズムアップデート

Googleは、2023年10月6日(日本時間)に、コアアルゴリズムアップデートのロールアウトの開始をGoogle公式のTwitterで発表しています。

前回のコアアルゴリズムアップデートは2023年9月に「ヘルプフルコンテンツシステムアップデート」が行われていたため、前章で紹介したようなアップデートの間隔より、短いスパンで行われているのが分かります。

SEOを実施するときGoogleアルゴリズムの変動において押さえるべき3つのポイント

Googleアルゴリズムの変動において抑えるべきポイント

Googleアルゴリズムの変動において抑えるべきポイントを3つ紹介します。

  • コアアップデートの事前通知を確認する
  • 検索順位の低下は必ず問題になるわけではないことを理解する
  • 最近はコンテンツを重視する傾向が高まっている

順に紹介します。

1.コアアップデートの事前通知を確認する

まずは、コアアップデートの事前通知を確認しましょう。

大規模な順位変動が予想されるコアアップデートについては、事前にGoogleから告知があります。

主な告知方法は、Googleの公式Twitterアカウントです。Googleは、アップデートの概要をTwitterで紹介し、詳細や時期についてはブログの投稿にリンクを添付して周知しています。

したがって、Googleの動向を把握するためにも、Twitterアカウントのフォローをおすすめします。ただし、Googleの告知は直前に行われることが多く、告知を受けてから対策を始めると間に合わない場合や、十分な対策ができずにコンテンツの品質が低下してしまう可能性もあります。

Googleのアルゴリズムは常に変化するので、ユーザーの利便性を重視して常に対策を行うことが重要です。コアアップデートに向けて準備をしておきましょう。

2.検索順位の低下は必ず問題になるわけではないことを理解する

次に、検索順位の低下は必ず問題になるわけではないことを理解しましょう。

Googleのアルゴリズムが更新されると、検索順位が急に下がってしまったり、焦って修正をしなければならないと思う方もいるかもしれません。

しかし、検索順位の低下は必ずしもあなたのウェブサイトに問題があるわけではありません。実際には、今まで評価されていなかったウェブサイトや、過小評価されていた他のサイトがアルゴリズムの変動によって正当な評価を受けて上がってきたために、順位が下がることもあります。

そのため、Googleのアルゴリズムのアップデート後に検索順位が低下した場合は、すぐにコンテンツを修正するのではなく、一度落ち着いて状況を見守ってみましょう。アップデート直後は検索順位が下がっても、実際のコアアップデートは1〜2週間かかるため、落ち着いた頃には順位が戻っている可能性もあります。

また、アップデートの全体像が明確になる前に対策を講じることは危険です。無駄な修正をしてさらに順位を下げてしまうことは避けましょう。

Google Search Consoleを活用して、アップデートの情報を冷静に調査し、原因を突き止める努力をしましょう。

3.最近はコンテンツを重視する傾向が高まっている

3つ目のポイントは、コンテンツを重視する傾向が高まっていることを把握しましょう。

以前は、優れたコンテンツを作成しても、ドメインパワーが低い場合は上位表示するのが難しく、そのために多くの人々が中古ドメインなどの強力なドメインを利用してコンテンツを切り替えていました。

しかし、最近のGoogleのアルゴリズムの進化により、優れたコンテンツとそうでないものを見分ける技術が向上し、Googleは「ユーザビリティ(利便性)」の高いウェブサイトを評価できるようになりました。

つまり、競合他社よりも優れたコンテンツを作成できれば、上位表示を狙いやすくなったと言えます。良質なコンテンツを作成するためには、常にユーザーの利便性を考慮し、Googleのガイドラインを参考にすることが重要です。

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

コンテンツSEOとは?メリット・デメリットや具体的な手順をご紹介

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

SEOのコアアルゴリズムアップデート対策を実施しない場合のリスク

検索順位が下落していく

アルゴリズムのアップデートの従った対策を実施しないと、そのままサイトの順位が下落してしまうことにつながります。

その理由は次の2つにあります。

  • アルゴリズムに反したサイトは順位が下落していく傾向にある
  • 競合サイトはアルゴリズムのアップデート対策を実施している

前述していますが、アルゴリズムに適合していないサイトは順位が下落してしまう傾向があります。それだけでなく、周囲の競合サイトはほとんどがアップデートに対して対策をしています。

対策を実施しないままでいると、貴社サイトの順位は下落していき競合サイトにどんどん追い抜かれるのは自然な結果と言えます。

CV率の低下につながる

検索順位の下落に伴いCV率の低下にもつながります。

Googleの検索結果で高順位を獲得したからといって必ずユーザーにコンテンツが見られるとは限りません。

なぜなら、Sageが公表したデータによると、検索結果のクリック率は次の結果が出ています。

1位39.8%
2位18.7%
3位10.2%
4位7.2%
5位5.1%
6位4.4%
7位3.0%
8位2.1%
9位1.9%
10位1.6%

参照・参考:2024 年のランキング順位別の Google クリックスルー率 (CTR)

たとえば、月間検索ボリューム1000のキーワードで1位を獲得していて、対象の記事から月8件のCVが発生していたとします。

アップデートによる対策を実施せず記事が5位まで下落することを仮定してみると月のCV数は1件まで低下してしまいます。

計算方法

1,000×39.8%=390人(月間のコンテンツへの流入数)

8÷390=2%(記事からのCV率は2%とわかる)

1,000×5.1%=50人(5位まで下落すると流入数が50まで下落)

50×2%=1

上記のとおり、検索順位の下落はCV数の下落につながることも大きなリスクとなります。

SEOアルゴリズムの対策を実施した独自の成功事例|日本語検索・健康アップデートに関わったSEOコンサルタントの事例

動画をご覧いただくとわかるとおり、元々SEO会社に勤めており、健康アップデートのきっかけとなったキュレーションサイトを統括していたコンサルタントの事例となります。

キュレーションサイトからの学びを通して現状は、ユーザーファーストかつGoogleのかかげるE-E-A-Tを順守した支援を実施しております。

成功事例として、動画でも解説しているSEOアルゴリズムを抑えた対策を実施し、月100件問い合わせを獲得している事例を紹介します。

フリーランスエンジニアの集客に力を入れている会社であり、集客したエンジニア人材は企業へ派遣したり、紹介することでマネタイズするビジネスモデルでした。

このSEO対策で意識したのは「コンバージョンにつながるキーワードの洗い出し」です。

プログラマー検索ボリュームは多いが検索意図はバラバラ
アプリエンジニア 初心者検索ボリュームは少ないが、人材獲得にコンバージョンしやすい


人材獲得にコンバージョンしやすいスモール〜ミドルキーワードに対して、質の高いコンテンツを投入した結果、月間20万PVを達成。

広告を廃止してもSEOからの集客だけで、人材獲得できるようになりました。

また、エンジニアに興味はあるが、プログラミングスキルがない層に対して、スクールをスタートさせました。結果、初心者から現役のフリーランスエンジニアまで、マネタイズの取りこぼしがない状況を構築しています。

SEOアルゴリズムに関するよくある質問

SEOのアルゴリズムとは何ですか?

Googleのアルゴリズムは、Googleの検索結果の順位を決めるためのルールや計算方法のことです。

Googleの検索では、RankBrainというAIがコンテンツの品質を項目ごとに評価し、点数をつけて順位を決めています。

SEOでやってはいけないことは何ですか?

SEOでやってはいけないことはブラックハットSEOです。

具体的には次のような施策となります。

被リンク購入業者から大量に被リンクを購入する
リンクファーム被リンクを獲得したいがために、関連性の低いサイト同士でリンクを結び合う
隠しテキストキーワードを含めるために背景と同化させた文字色で隠しテキストをページに入れる
コピペ他サイトの記事をコピペしたコンテンツ

以前は、ユーザーファーストなコンテンツでなくてもブラックハットSEOと呼ばれる特定のテクニックを使ったコンテンツを作成することで高順位を獲得できました。

しかし、パンダアップデートやペンギンアップデートが実施されたことを機に、ブラックハットSEOが実施されたコンテンツはペナルティを受けて検索結果に表示されなくなりました。

そのためSEOを実施するときブラックハットSEOを取り入れることは絶対に避けましょう。

Google検索アルゴリズムの仕組みは?

Google検索のアルゴリズムの仕組みは、200以上の評価項目に基づいて順位が決定しています。

またアルゴリズムは毎日アップデートが実施されており、AIも搭載されていることから全ての仕組みを知ることは不可能とされています。

ただし、検索順位を決める際には、以下の要素が見られているため対策を実施しましょう。

  • 検索意図の把握
  • 検索キーワードとコンテンツの関連性
  • コンテンツの品質
  • ユーザビリティ
  • 言葉や文脈の使い方

グーグルの検索結果のアルゴリズムは?

Googleの検索結果のアルゴリズムは、ユーザーの検索意図に対して最適な答えとなるサイトが提示されるようになっています。

そのため質の高いコンテンツが表示されるだけでなく、ユーザーの位置情報や速報を入手したいようなクエリの場合は、状況に合わせて異なる検索結果が表示されます。

例えば、東京と北海道で「ラーメン屋」と検索したとき、近隣のラーメン屋情報が上位表示されるため検索結果が異なります。

他にも、直近でスキャンダルのあった芸能人名を検索すると、一時的にスキャンダルについての速報となるニュース記事が上位表示されます。

上記のとおり、検索結果のアルゴリズムはユーザーが求めていることが最優先で表示されるような仕組みとなっています。

SEOのアルゴリズムを理解して正しくSEO対策を行うことが重要

今回は、Googleのアルゴリズムの重要な要素や過去のアップデートについて紹介しました。

Web上でコンテンツを作る際には、Googleアルゴリズムの理解が重要です。ただし、Googleアルゴリズムは常に変化しており、アップデートのタイミングも不定期です。

それでも、Googleが求めているのはコンテンツの使いやすさです。アップデートの有無に関わらず、常にユーザーの目線に立って、ストレスを感じさせずに問題を解決できるコンテンツを作り続けましょう。

StockSun株式会社では、貴社の記事を無料で一本制作する試みを行っています。担当者が先にリスクを負うことで、発注後のギャップや不安感などを最小限に抑えます

ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、SEOの外注先を検討している際はぜひ無料相談をご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。