メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

LINE運用代行で集客力アップ!おすすめサービスを比較

更新日
LINE運用代行で集客力アップ!おすすめサービスを比較

LINE運用代行サービスは、企業がLINE公式アカウントを効果的に運用し、顧客とのコミュニケーションを強化するための重要なサポートを提供します。
この記事では、LINE運用代行サービスの概要から費用、おすすめのサービス比較、導入の進め方、効果分析と改善方法に至るまで、幅広く解説しています。

なお、弊社StockSunでは、格安でLINE運用代行をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

LINE運用代行サービスの概要と活用ポイント

LINE運用代行サービスは、企業や店舗がLINE公式アカウントの運用を専門の代行業者に依頼するサービスです。
LINEは日本国内で広く利用されているコミュニケーションアプリであり、多くのユーザーと直接コミュニケーションをとることができるため、企業にとっては非常に価値の高いマーケティングツールとなっています。
ここからはそんなLINE公式アカウントを有効に使用していくために運用代行サービスの概要と活用のポイントについて紹介します。

LINE公式アカウントの基礎知識と代行サービスの必要性

LINEは、現代のビジネスシーンにおいて欠かせないコミュニケーションツールとなり、多くの企業や事業者がLINE公式アカウントを利用して顧客とのコミュニケーションを図っています。
このLINE公式アカウントは、顧客と直接コミュニケーションをとるための強力なプラットフォームを提供し、プロモーションやアフターサービス、さらにはフィードバックの収集など多岐にわたる用途で活用されています。
しかし、効果的なLINE運用には専門知識や経験が求められるため、運用代行サービスの利用が注目されている状況です。
運用代行サービスは、LINE公式アカウントの設定からメッセージの作成と配信、さらには分析まで、多くの業務を代行し、企業がより効果的にLINEを利用する手助けを提供しています。
これにより、企業は専門知識がないままでも、LINE公式アカウントの多様な機能を最大限に活用し、顧客とのエンゲージメントを高めることが可能となります。

運用代行で期待できる効果と主な業務内容

運用代行サービスを利用することで、企業は専門知識を持たないままでもLINEの機能を最大限に活用することが可能となり、その結果、顧客とのコミュニケーションの質を向上させることができます。
主な業務内容としては、アカウントの設定、メッセージの作成と配信、リッチメニューの設定、そして運用結果の分析が含まれます。
これらの業務は、企業がLINEを通じて顧客との関係を強化し、新たな顧客を獲得するための基盤を築く助けとなるでしょう。
特に、運用代行サービスは、企業のマーケティング戦略に合わせて、効果的なメッセージ配信プランを策定し、リッチメニューを設定することで、顧客が必要な情報に簡単にアクセスできるようにサポートします。

メッセージ配信機能やリッチメニューなどの活用方法

LINEのメッセージ配信機能は、企業が顧客に対して情報を効率的に伝えるための重要なツールです。
この機能を利用することで、新製品の発売やセール情報、重要なお知らせなどをタイムリーに顧客に伝えることができます。
リッチメニューとは、トーク画面下にメニューのように好きなボタンを表示することができる機能です。
顧客が必要な情報を簡単に見つけることができるようにするためのツールであり、運用代行サービスはこれらの機能を効果的に設定し、運用することで、企業のLINE運用をさらに強化することができます。
リッチメニューの設定により、顧客は企業のサービスや製品についての情報に簡単にアクセスできるようになり、それによって企業と顧客とのコミュニケーションがさらにスムーズになります。
運用代行サービスは、これらの機能の設定と運用を通じて、企業のLINE運用を効果的にサポートし、顧客エンゲージメントの向上に貢献します。

費用や料金に関して

LINE運用代行サービスを利用する際の費用は、サービスの内容や提供する企業によって異なります。
初期設定費用、月額料金、広告費用などが主な費用項目です。
ここからは、これらの費用項目について詳しく解説し、また費用相場や見積もりポイントについても紹介していきます。

LINE運用代行サービスの費用相場

LINE運用代行サービスの費用は、サービス提供企業やプラン内容によって異なるものとなっています。
一般的に、初期設定費用が発生し、その後は月額料金が必要となります。
初期設定費用は、LINE公式アカウントの作成やリッチメニューの設定、友だち追加キャンペーンの設定などが含まれ、平均的な費用は5万円から10万円程度とされています。
月額料金は、運用代行業務の範囲や広告運用の有無によって変動し、平均的な費用は2万円から5万円程度となっています。
広告費用は別途必要となり、広告の規模によって費用は大きく異なることに注意しましょう。
また、広告費用は広告の効果やターゲットの設定、広告配信の期間などによっても変動するため、事前にしっかりとした見積もりを取得することが重要です。

見積もりポイント

LINE運用代行サービスの見積もりを取る際には、以下のポイントを確認することが重要です。

初期設定費用

LINE公式アカウントの設定やリッチメニューの設定費用が含まれているか確認しましょう。これらの設定はLINE運用の基盤となるため、費用が明確になっていることが重要です。

月額料金

運用代行業務の範囲や広告運用の有無を確認し、それに応じた料金が明示されているか確認しましょう。また、月額料金に何が含まれているのか、詳細に確認することも大切です。

広告費用

広告費用は別途か、月額料金に含まれているのか確認しましょう。広告費用の明確な把握は、予算管理において非常に重要です。

追加費用

成果が上がった場合の追加費用や、オプションサービスの費用を確認しましょう。また、追加で発生する可能性のある費用についても、事前に確認しておくことが重要です。

初期設定や月額料金、広告費用などの内訳

LINE運用代行サービスの費用内訳は、初期設定費用、月額料金、広告費用の3つが主な項目となり、それぞれの項目が企業のマーケティング戦略にどのように影響するのかを理解することは重要です。
初期設定費用は、LINE公式アカウントの設定やリッチメニューの設定、友だち追加キャンペーンの設定など、LINE運用を開始するための基本的な設定を含んでいます。
これらの設定は、企業のブランドやサービスを顧客に効果的に伝える基盤を築くために不可欠であり、専門的な知識を持つ運用代行サービスに依頼することで、効率的かつ効果的な設定が可能となります。
一般的に数万円から数十万円が相場となっています。
月額料金は、運用代行業務の範囲によって異なり、基本的な運用から広告運用まで、さまざまなプランが提供されています。
月額料金は、メッセージの作成と配信、リッチメニューの運用、分析とレポーティングなど、日々の運用業務をカバーするものとなっており、企業のニーズや予算に応じて選択することができます。
広告運用を含むプランを選択する場合は、広告費用が別途必要となり、この広告費用は広告の規模や期間、ターゲットによって異なります。
広告費用は、企業がLINE上で広告を配信するための費用であり、広告の規模や期間、ターゲットによって大きく異なるため、明確な費用を把握するためには、事前に広告運用のプランを確認し、見積もりを取ることが重要です。
広告費用は、ターゲットとする顧客層や広告の配信期間、そして広告のクリエイティブなどによっても影響を受け、企業のマーケティング戦略において非常に重要なポイントです。
また、広告費用は企業の予算内で効果的な広告運用を行うためにも、事前の計画と見積もりが不可欠であり、運用代行サービスとの綿密なコミュニケーションが求められます。

おすすめのLINE運用代行サービス比較

このセクションでは、企業・事業向けのプランの選び方と相談方法、そして実績やユーザー評価を基にした代行サービスのランキングについて詳しく解説します。

効果的な企業・事業向けプランの選び方と相談方法

LINE運用代行サービスを選ぶ際には、自社のビジネス目標とマーケティング戦略を明確にすることが第一歩となります。
これにより、サービス提供企業とのコミュニケーションがスムーズに進行し、自社のニーズに最適なプランを選定することが可能となります。
サービス提供企業との相談では、自社のビジネスモデルやターゲット顧客、そしてマーケティングの目的を明確に伝え、それに基づいたプランの提案を受けることが重要です。
また、サービス提供企業の実績や専門知識を確認することで、信頼できるパートナーを選ぶことができます。
実績の確認には、過去のクライアントの評価や成功事例、そしてサービス提供企業の専門チームの経験と知識を確認することが含まれます。
信頼できるパートナーと連携することで、LINE運用の成功確率が高まり、ビジネス目標の達成に向けて効果的なサポートを受けることができます。
さらに、コストパフォーマンスを考慮することも重要なポイントとなります。
予算内で最大の効果を得られるプランを選ぶことで、企業は資源を効率的に活用し、LINE運用のROI(投資対効果)を向上させることが可能となります。
コストパフォーマンスを評価する際には、プランの料金、提供されるサービスの範囲と質、そして期待される効果を総合的に比較し、最適なプランを選定することが求められます。
また、サービス提供企業との相談では、定期的なレポーティングや分析、改善提案など、アフターフォローに関する内容も確認することが重要です。
これにより、運用が始まってからも適切なサポートを受けることができ、LINE運用の効果を継続的に向上させることが可能となります。

実績やユーザー評価を基にした代行サービスランキング

LINE運用代行サービスの選定においては、実績やユーザー評価を参考にすることが有効です。
実績あるサービス提供企業は、多くの企業や事業者から信頼を得ており、高い評価を受けています。
ユーザー評価を基にしたランキングを参照することで、サービスの品質や信頼性を確認することができます。ここからは、運用代行サービストップ5を紹介します。

マキトルくん

運営会社

StockSun株式会社

会社概要

Webコンサルティング事業をメインに企業の様々な課題を解決

会社URL

https://stock-sun.com/

初期費用

¥100,000

プラン

ライトプラン (Light):

月額: ¥100,000

稼働時間: 15時間 / 月


スタンダードプラン (Standard):

月額: ¥200,000

稼働時間: 35時間 / 月


プレミアムプラン (Premium):

月額: ¥300,000

稼働時間: 60時間 / 月

強み

  • コストパフォーマンス: 定額制により、低コストでマーケティング施策を進めることが可能。
  • スピーディな実施: 専属のWebマーケティングチームを組むことで、効果的かつスピーディにマーケティング施策を実行できる。
  • 効率的なコミュニケーション: 専属のディレクターが間に入ることで、人材の選定や各担当者とのやり取りの手間を省くことができる。

メンバーズ

運営会社

株式会社メンバーズ

会社概要

大手企業からベンチャー企業までを対象に、専門性の高いデジタルクリエイターチームによるビジネスの運用支援を提供

会社URL

https://www.members.co.jp/

初期費用

問い合わせ

プラン

問い合わせ

強み

  • コンテンツ制作力: あらゆるソーシャルメディアの運用経験を持ち、LINEならではの投稿コンテンツの企画、制作、運用が得意
  • 多数のソーシャルメディア運用・活用の実績: 多数のソーシャルメディア運用実績を持ち、大手企業を中心に多数のオウンドメディアの運用を担当
  • ソーシャルメディア専任の運用体制: 数十名規模のソーシャルメディア専任の運用体制を保有し、アカウントページやアカウント開設だけでなく、LINEユーザーや友だちの獲得、クーポンやキャンペーンの企画実行、LINEタイムラインやメッセージ配信など配信コンテンツの企画実行、お客様の集客から、設定や機能のサポートなど、それぞれ企業さまのLINEアカウントやLINE広告配信を含めたLINE運用支援を実施

assist

運営会社

株式会社assist

会社概要

LINE運用代行と合わせて広告デザイン、モバイルショップ販売支援を提供

会社URL

https://ab-assist.co.jp/

初期費用

問い合わせ

プラン

ベーシックプラン

2,980円/月


ライトプラン

9,800円/月


プレミアムプラン

24,800円/月

強み

  • 手厚いサポート体制でお客様のビジネスの成功をサポート。
  • IT知識に自信のない方でも安心して導入可能。初期設定に必要な作業を代行し、お客様の負担を軽減。
  • LINEの利用を効果的かつ便利にするための豊富な機能提供。例: セグメント配信、タブ切り替えリッチメニュー、スタンプラリーなど。
  • 専属デザイナーによるオーダーメイドで魅力的なデザインのコンテンツ制作。

L-bot

運営会社

株式会社Wiz

会社概要

ITコンシェルジュによるDX化からSaaSサービス導入まで幅広い悩みをITによって解決

会社URL

https://012cloud.jp/

初期費用

0円

プラン

スタートアッププラン

16,280円/月(税込)


アドバンスプラン

21,780円/月(税込)


スタンダードプラン

32,780円/月(税込)

強み

  • LINE公式アカウントの作成から運用までをトータルサポート。
  • テーブルやレジに置ける三角POPや店内に飾れるポスターを無料ノベルティとしてプレゼント。
  • 毎月の運用結果のご報告と改善策をデータに基づいたコンサルティングレポートにて共有。

Liny

運営会社

ソーシャルデータバンク株式会社

会社概要

LINEマーケティングツールLiny、Lステップの開発、運用、提供

会社URL

https://social-db.co.jp/

初期費用

54,780円

プラン

スタートプラン

¥5,500/月


ベーシックプラン

¥43,780/月


プレミアムプラン

¥76,780/月

強み

  • 顧客管理とマーケティングオートメーション: 顧客の属性を自動で収集・管理し、集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報を配信することが可能。
  • 多彩な機能: セグメントごとのメッセージ配信、多彩なリッチメニュー機能、タグ付け管理、予約機能、回答フォームでの情報取得、友だち追加経路分析、スコアリング、情報のCSV出力など、多くの機能が提供されている。
  • 安定した配信環境と高いセキュリティ: 安定した配信環境の実現と徹底したセキュリティ対策に努めており、大企業や官公庁にも選ばれている実績があり。

運用代行サービスの導入と進め方

LINE運用代行サービスを導入することで、企業はLINE公式アカウントの運用を専門家に任せ、より効果的なコミュニケーションと集客を実現することができます。
しかし、サービスを導入し、運用を開始するまでにはいくつかの重要なステップが必要です。
ここでは、そのプロセスを詳しく解説し、企業がスムーズにサービスを利用開始できるようにするポイントを紹介します。

コンサルティングから運用開始までのステップと期間

LINE運用代行サービスの導入は、初めにコンサルティングから始まり、企業のビジネス目標やターゲット顧客、そして現在のマーケティング戦略を詳細に検討します。
コンサルティングの段階では、専門のコンサルタントが企業のニーズを評価し、LINE運用代行サービスがどのようにこれらの目標をサポートできるかを理解することが重要です。
コンサルタントは、企業の現状と目標を理解した上で、最適な戦略とアクションプランを提案します。

次に、戦略策定と運用プランの作成が行われます。
この段階では、具体的なアクションプランとタイムラインが明確にされ、必要なリソースやツールが準備されます。
運用プランは、LINE公式アカウントの設定、メッセージ作成と配信、リッチメニューの設定、そして分析と改善のサイクルを含む場合が多いでしょう。
さらに、運用代行サービスプロバイダーとの連携が強化され、運用開始に向けての準備が進められます。
この連携は、定期的なミーティングやコミュニケーションチャネルの設定を通じて、スムーズな運用開始を支援します。

運用開始までの期間は、企業の要件や運用代行サービスプロバイダーの能力、そして準備の進捗によって異なりますが、通常は数週間から数ヶ月の間にわたって行われます。
具体的な期間やスケジュールは、コンサルティングの段階で明確にし、運用プランの作成時にさらに詳細化されます。

また、運用開始後も、運用代行サービスプロバイダーとの連携は継続され、定期的なレビューと改善のサイクルが実施されます。
これにより、企業はLINE運用の効果を継続的に向上させ、ビジネス目標の達成に向けて効果的なサポートを受けることができます。
以上のように、運用代行サービスの導入と進め方を理解し、適切な準備と連携をすることで、企業はLINE運用の成功に向けて大きな一歩を踏み出すことが可能になるのです。

サポート体制やアフターフォローの重要性

LINE運用代行サービスの導入後におけるサポート体制とアフターフォローは、企業のマーケティング効果を持続的に向上させるために非常に重要な要素となります。
サポート体制は、企業が遭遇する可能性のある問題や課題に対応し、運用の効率と効果を最大化するために必要です。
運用代行サービスプロバイダーは、定期的なレポートや分析を提供し、企業の運用を改善するための提案を行います。
これには、メッセージの配信効果、リッチメニューの利用状況、友だち追加の増加率など、多くの指標が含まれます。

アフターフォローは、運用の成功を保証し、企業のROI(投資対効果)を最大化するために重要です。
運用結果の定期的なレビューと評価、そして必要に応じて戦略の調整や最適化が含まれます。
運用代行サービスプロバイダーは、企業と連携し、運用結果を詳細に分析し、改善点や新たな戦略を提案します。
さらに、市場の動向や顧客の反応を踏まえて、運用戦略を柔軟に調整し、最適化することで、企業は持続可能で効果的な結果を達成することができます。

良好なサポート体制とアフターフォローは、企業がLINE運用代行サービスを通じて持続可能で効果的な結果を達成するために不可欠です。
これには、運用代行サービスプロバイダーの専門知識と経験、そして企業との密な連携が求められます。
企業にとっては、運用代行サービスプロバイダーとの連携を通じて、運用の効果を定期的に評価し、改善点を明確にし、効果的なアフターフォローを受けることで、LINEを効率的に運用できるところが最大のメリットです。。
さらに、運用代行サービスプロバイダーは、企業のフィードバックを受け入れ、サービスの質を継続的に向上させることで、企業のマーケティング効果をさらに高めることができます。

効果分析と改善方法

LINE運用代行サービスを利用する企業にとって、効果分析と改善方法は非常に重要な要素となります。
これにより、マーケティング活動の効果を定量的に把握し、さらなる改善点を見つけ出すことが可能となります。

運用結果の定期的な分析と改善提案の活用

LINE運用代行サービスは、企業のマーケティング活動の効果を明確にするために、運用結果の定期的な分析を実施します。
この分析は、メッセージの配信効果、ユーザーの反応、広告のクリック数など、多岐にわたるデータに基づいて行われ、企業にとって非常に価値のあるフィードバックを提供します。具体的には、どのようなコンテンツがユーザーに受け入れられているのか、またどのような広告が効果的であるのかを明確にすることができます。
さらに、ユーザーのエンゲージメントやコンバージョン率、そしてROI(投資対効果)など、企業のビジネス目標に直結する重要な指標も評価されます。

運用代行サービスは、これらの分析結果に基づいて、企業のLINE運用をさらに効果的にするための改善提案を行います。
改善提案は、メッセージの内容や配信タイミングの最適化、ターゲットユーザーの見直し、広告の配信方法の改善など、多岐にわたります。
これらの提案は、企業のマーケティング戦略における弱点や改善点を明確にし、より効果的な運用戦略を策定するための貴重なインサイトを提供します。

また、運用代行サービスは、企業と密に連携し、改善提案の実施に向けてのサポートを提供します。
これには、新しいコンテンツの作成や広告キャンペーンの設計、そして運用戦略の最適化などが含まれます。

これにより、企業は持続可能で効果的なLINE運用を実現し、マーケティングの成功に向けて前進することができます。

最適なマーケティング施策の見つけ方

最適なマーケティング施策を見つけるためには、まず現在のマーケティング活動の効果を正確に把握することが基盤となります。
この把握は、企業のビジネス目標達成に向けての進捗を明確にし、さらなる改善の方向性を示す重要なステップです。
そして、その上で、運用代行サービスと連携して、さまざまなマーケティング施策をテストし、分析することが求められます。
この連携は、企業がリソースや時間を効率的に活用し、マーケティング活動の効果を最大化するために不可欠です。

具体的には、異なるメッセージや広告のバリエーションを作成し、それらの効果を比較分析することで、どのようなコンテンツが最も効果的であるのかを明確にすることができます。
この比較分析は、企業がマーケティング戦略をよりデータドリブンに進めるための基盤を提供し、効果的なコンテンツやターゲティング戦略を見つけ出す手助けとなります。
また、ユーザーの反応や行動を分析することで、さらなる改善点や新たなマーケティング施策のアイデアを見つけ出すことも可能となります。
このユーザーの反応分析は、企業が顧客のニーズや嗜好をより深く理解し、それに基づいてマーケティング施策を最適化するための重要なプロセスです。

さらに、運用代行サービスは、これらの分析とテストを基に、企業に対して具体的な改善提案を行います。
これには、メッセージの内容や配信タイミングの最適化、ターゲットユーザーの見直し、広告の配信方法の改善などが含まれ、企業はこれらの提案を活用することで、LINE運用の効果をさらに高めることが可能となります。

このように、効果分析と改善方法は、企業がLINE運用代行サービスを最大限に活用し、マーケティング活動の効果を高めるために不可欠なプロセスとなります。
そして、これらのプロセスを通じて、企業は持続的な成長と高いROIを実現することができるでしょう。

LINE運用代行はマキトルくんがおすすめ!

「効果的なLINE運用代行運用の料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、LINE運用代行でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにLINE運用代行を依頼できる
  • LINE運用代行だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにLINE運用代行を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにLINE運用代行を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、LINE運用代行を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • LINE運用代行スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなLINE運用代行が可能です。

LINE運用代行だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、LINE運用代行だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • LINE運用代行を内製化したい
  • コンバージョン率の高いLINE運用代行したい
  • LINE運用代行だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにLINE運用代行を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

LINE運用代行サービスは、企業や事業者にとって非常に効果的な集客ツールです。
LINE運用代行サービスを利用することで、LINE公式アカウントの運用をプロフェッショナルに委託することができ、より効果的なマーケティング活動を展開することが可能となります。
特に、メッセージ配信機能やリッチメニューの活用は、顧客とのコミュニケーションを深化させ、ブランドロイヤルティを向上させる助けとなります。

また、費用面においても、初期設定費用や月額料金、広告費用を明確に把握することで、予算内での効果的な運用が可能となります。
さらに、スムーズな運用と効果的な結果を得るために、運用代行サービスの導入から運用開始までのステップや期間、サポート体制やアフターフォローの重要性を理解することも重要です。

運用結果の定期的な分析と改善提案の活用は、マーケティング施策の最適化と効果の最大化に繋がります。
そして、効果分析と改善方法を踏まえ、最適なマーケティング施策を見つけることで、企業や事業者は持続可能な成長を遂げることができます。

最終的に、LINE運用代行サービスは、企業や事業者がLINEを効果的に活用し、集客力を向上させるための重要な選択肢となります。
適切なサービスを選び、効果的な運用を行うことで、企業や事業者はLINEのポテンシャルを最大限に引き出し、ビジネスの成長を実現することができるでしょう。

「LINE運用代行を効果的に、最短で行い、売上アップにつなげたい」
「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なLINE運用代行についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。