メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

AIでブログ記事をリライトする方法!メリットやおすすめのツールを解説

SEO
更新日
AIでブログ記事をリライトする方法!メリットやおすすめのツールを解説
亀田温大

この記事の著者

亀田温大

亀田温大

SEOリライトのスペシャリスト

大学在学中からSEO対策を独学し、PPP株式会社(StockSun 現代表 岩野圭佑氏の会社)に参画。

その後、StockSun株式会社のSEO試食事業の責任者として立ち上げから携わり、1年半で年商1億規模まで成長。
事業の拡大と共に50名以上のSEOディレクター、ライター、インターンの育成を同時に行い、月間300本以上の記事制作/リライトをディレクション。
常時30件以上のクライアント対応の統括。1年で対応したクライアントは50件以上。

ゴミ記事を大量生産するSEOではなく、1本を磨き続け、狙ったKWで上位を獲得するまで育てるのが得意。

自分が制作した記事、リライト記事の成果を追うのが大好きなSEOオタク。

弊社ではSEOの“トライアル発注”をお受けしております。
記事の品質を見たうえで、有償発注の判断が可能です。
>>まずは無料で1本リライトしてみる

弊社のコンサルタントの無料提案を受けていただくだけでも最新のSEO動向や悩みの解決に繋がります。

「AIでブログ記事をリライトする方法は?」
「おすすめのAIツールが知りたい…」
「AIリライトはSEOに悪影響がある?」

リライトは過去のコンテンツをユーザーが読みやすいように修正することで、ブログ運営者やWebライターに必要不可欠なスキルです。

しかし、リライトは時間がかかることも多く、コストパフォーマンスが悪く感じますよね。

そこで本記事では、AIで効率的にリライトする方法やおすすめのツールを解説します。

AIの活用方法について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

StockSunには、SEOに関するスペシャリストが多数在籍しています。貴社の課題や目標を分析した上で最善案をご提案させていただきます。SEOについてお悩みを抱えていれば、ぜひ一度無料相談へお申し込みください。

\リライト1本無料!最適なSEO対策をご提案/

今すぐ無料で順位を上げる

AIによるブログ記事のリライトとは?

AIによるブログ記事のリライトとは?

AIによるブログ記事のリライトとは、人工知能を活用して既存の文章を改善することです。

リライトは文章全体を確認するため手間や時間がかかることが多いですが、AIを活用することで効率化できます。

AIで自動化できるリライト作業は、以下のとおりです。

  • 文章の修正
  • 誤字脱字のチェック
  • ユーザーニーズの洗い出し
  • 記事構成の変更
  • 重要キーワードの追加

近年のAIは自然言語処理が発達しており、人が書いたような文章を生成できます。

そのため、AIを活用することで、効率的に文章をリライトできるようになりました。

AIでブログ記事をリライトする方法!SEOに強いプロンプトも紹介

AIでブログ記事をリライトする方法!SEOに強いプロンプトも紹介

ここでは、具体的にAIでリライトする方法を紹介します。

  • 見出しごとに分割する
  • プロンプトを作成する
  • 不自然な文章を修正する

SEOに強いプロンプトも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

見出しごとに分割する

AIでブログ記事をリライトする場合は、一回で文章全体を修正するのではなく、見出しごとに分割しましょう。

見出しごとに分けることで、AIが文章の内容を理解しやすくなり、より精度の高いリライトが可能になります。

また、見出しごとに具体的な指示出しができるため、キーワード対策やユーザーニーズに合わせた文章生成が可能になり、SEO対策にも効果的です。

プロンプトを作成する

次にプロンプトを作成しましょう。

プロンプトとはAIに対して処理や入力の命令を出す文章のことで、AIリライトで最も重要です。

SEOに強いプロンプトを作成するには、以下のポイントを意識しましょう。

  • 冒頭に「リライトのプロ」と記載する
  • 箇条書きでシンプルに書く
  • 対策キーワードや文字数を指定する

リライトのテンプレートは以下のとおり。

あなたはリライトのプロです。

『』の文章を、読者に分かりやすいようにリライトしてください。
ただし、下記の条件があります。

ペルソナ:●
ペルソナの悩み:●
タイトル:●
キーワード:「●」と「●」を使ってください。
文字数:●文字程度にしてください。

『リライトしたい文章を記入。』

他にもPREP法やトンマナの指定など、必要に応じて追加してください。

不自然な文章を修正する

最後に不自然な文書を修正しましょう。

最近のAIは人間が書いたような文章を書けるようになりましたが、必ずしも完璧であるとは限りません。

例えば、存在しない言葉を使っていたり、古い情報を記載しているケースがあります。

AIはあくまでツールであるため、最終的な調整は自分で行いましょう。

AIでブログ記事をリライトするメリット

AIでブログ記事をリライトするメリット

ここでは、AIでブログ記事をリライトするメリットを3つ紹介します。

  • コストを削減できる
  • 一定品質が担保できる
  • SEO対策を自動化できる

それぞれ詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

コストを削減できる

AIでブログ記事をリライトするメリット1つ目は、コストを削減できることです。

ブログ記事のリライトは文章全体を見直す必要があるため、記事数や文字数が多くなると膨大な時間がかかります。

しかし、AIを活用することで文章の修正・ユーザーニーズの洗い出し・対策キーワードの追加など、多くのリライト作業を自動化できます。

一定品質が担保できる

AIでブログ記事をリライトするメリット2つ目は、コンテンツの一定品質が担保できることです。

例えば、複数のライターでブログを運営している場合は、担当者によって記事品質にばらつきが生じます。

一人で運営している場合も、その日の気分や疲れ具合によって、パフォーマンスが左右されることもあるでしょう。

一方で、AIはプロンプトに従ってリライトを行ってくれるため、条件を統一することで一定品質のリライトが可能です。

さらに、AIは日々のデータを学習して、文章生成や言語理解の能力を向上させているため、時間が経つにつれてリライトの質も上がっていきます。

SEO対策を自動化できる

AIでブログ記事をリライトするメリット3つ目は、SEO対策を自動化できることです。

AIツールの中には、タイトルや見出しを自動で生成したり、キーワードの使用回数を調整したりする機能が備わっています。

他にも競合サイトとの比較や検索順位チェックも利用できるため、リライトだけでなく総合的なSEO対策が可能です。

AIでブログ記事をリライトするデメリット

AIでブログ記事をリライトするデメリット

ここまで、AIリライトのメリットを解説しましたが、次のようなデメリットもあります。

  • 検索意図からズレる場合がある
  • 正しい情報か分からない
  • 独自性に欠ける

それぞれ解説します。

検索意図からズレる場合がある

AIを活用したリライトは、文章が検索意図からズレる可能性があります。

なぜなら、AIは過去のデータに基づいて文章を生成するため、特定の検索ニーズを正確に把握することが難しいためです。

その結果、AIによってリライトされた文章は、ユーザーが求めている情報から外れてしまうことがあります。

したがって、AIリライトを行う際はプロンプトにペルソナを記載したり、コンテンツの内容と検索意図が一致しているか確認しましょう。

正しい情報か分からない

AIが生成する文章は、必ずしも正しい情報であるとは限りません。

仮にリライトの前の文章が誤っていたり情報が古い場合は、AIが生成したコンテンツも間違った内容が記載されます。

例えば、既に終了しているキャンペーン情報や存在しない単語が使われているケースがあります。

また、AIは書籍やWebサイトなど大量のテキストデータを参考にしているため、外部コンテンツのコピーになっていないか確認しましょう。

独自性に欠ける

リライトを行って上位表示を狙うには、コンテンツの独自性が重要です。

しかし、AIは文章の修正や誤字のチェックは得意ですが、オリジナリティのあるコンテンツを生成することは難しく、競合サイトと似たような文章になってしまうケースがあります。

独自性のあるコンテンツはGoogleの「検索品質評価ガイドライン」においても重要視されているので、AIでリライトした文章に体験談やアンケート調査などの一次情報を記載しましょう。

リライトに最適なAIツールの選び方

リライトに最適なAIツールの選び方

ここでは、リライトに最適なAIツールの選び方を解説します。

  • 操作方法が分かりやすい
  • 日本語のプロンプトが使える
  • SEOに強いコンテンツが生成できる

操作方法が分かりやすい

AIリライトツールは、操作方法が分かりやすいものを選びましょう。

使い勝手が良いツールは、効率的にコンテンツを生成できるため、作業のストレスが軽減します。

逆に使い勝手が悪いツールを選ぶと、徐々に使用する頻度が減ってしまい、いつかは使わなくなることがほとんどです。

直感的で分かりやすいAIツールを選ぶためには、無料トライアルを利用して操作性を確認しておきましょう。

その他には、サポート体制もチェックしておくと安心です。

日本語のプロンプトが使える

日本語のプロンプトが使えるAIツールがおすすめです。

日本語の文法は複雑であるため、海外製のAIツールでは翻訳が難しく、不自然な文章が生成されてしまいます。

実際にAIリライトツールの多くは海外製であるため、日本語の細かいニュアンスが失われ、読みにくい文章が生成されています。

したがって、AIリライトツールを選ぶ際は、日本語のプロンプトが使えるか確認してください。

SEOに強い記事が生成できる

SEOに特化したAIツールを使うことで、上位表示するために必要な改善点が分かります。

具体的にチェックできる項目は以下のとおりです。

  • キーワードの使用回数
  • 関連後の使用比率
  • タイトルや見出しの生成
  • キーワードごとの検索順位

SEOに特化したAIツールは機能が充実している一方で、料金が高い傾向にあります。

そのため、自分に必要な機能をチェックした上で、目的に合ったツールを選びましょう。

SEO対策におすすめのAIツールを紹介

SEO対策におすすめのAIツールを紹介

SEO対策におすすめのAIリライトツールは、下記の5つです。

  1. ChatGPT
  2. Catchy(キャッチー)
  3. RakuRin(ラクリン)(RakuRin)
  4. Transcope(トランスコープ)
  5. EmmaTools(エマツールズ)

それぞれの特徴や料金について詳しく見ていきましょう。

①ChatGPT

SEO対策におすすめのAIツール①ChatGPT
料金・無料版:0円
・ChatGPT Plus:月額20ドル(約3300円)
日本語対応
商用利用
公式サイトChatGPT公式サイト

ChatGPTはOpenAI社が運営している会話型のAIリライトツールです。

高性能な自然言語処理が可能であるため、人が書いたような文章を生成できます。

また、SEO対策を含めたプロンプトを作成することで、競合分析やキーワード対策の自動化が可能です。

②Catchy(キャッチー)

SEO対策におすすめのAIツール②Catchy(キャッチー)
料金・Free:0円・Starter:月額3,000円〜
・Pro:月額9,800円
・Enterprise:要お問い合わせ
日本語対応
商用利用
公式サイトCatchy公式サイト

Catchtyは、株式会社デジタルレシピが運営しているAIリライトツールです。

リライト機能では文章の雰囲気を選択するだけで、コンテンツを作成できます。

また、リライト以外にもキャッチコピーやYouTubeの企画など100種類以上の生成ツールが使えるため、Webマーケティングに力を入れたい方におすすめです。

③RakuRin(ラクリン)

SEO対策におすすめのAIツール③RakuRin(ラクリン)
料金・フリー:0円
・シルバー:月額4,980円
・ゴールド:月額9,980円
・プラチナ:月額29,980円
日本語対応
商用利用
公式サイトRakuRin公式サイト

RakuRinは株式会社makuri・株式会社アルル制作所・ジジックスが共同運営しているAIリライトツールです。

ChatGPT-4 Turboを搭載しているため、単純な書き換えではない内容を膨らませたリライトが可能です。

また、記事のネタ探しやキーワード提案、見出し作成などメディア運営に関わるほぼすべての機能をAIに任せられるため、ブログ運営に特化したい方におすすめです。

④Transcope(トランスコープ)

SEO対策におすすめのAIツール④Transcope(トランスコープ)
料金・Free:0円
・Basic:月額11,000円
・Pro:月額38,500円
・Enterprise:月額66,000円
日本語対応
商用利用
公式サイトTranscope公式サイト

Transcopeは、シェアモル株式会社が運営しているAIリライトツールです。

Googleで上位表示されている競合サイトを分析して、重要キーワードや見出し構成を反映してくれるため、より網羅的でSEOに強い文章を生成することが可能です。

また、SEOに関するセミナーも実施しているため、本格的にブログ運営を学びたい方におすすめです。

⑤EmmaTools(エマツールズ)

SEO対策におすすめのAIツール⑤EmmaTools(エマツールズ)
料金・個人向け:月額2,480円〜・法人向け:月額30,000円〜
日本語対応
商用利用
公式サイトEmmaTools公式サイト

EmmaToolsは株式会社EXIDEAが運営しているAIリライトツールです。

ブログ記事を上位表示させるためには、高品質なコンテンツが欠かせません。低品質なコンテンツの場合はどれだけSEO対策を行ったとしても、上位表示は難しいです。

EmmaToolsはコンテンツの品質をスコアで表示できるため、「どこを、どのように」改善すべきか一目瞭然です。

また、順位チェッカーや公開済みコンテンツの管理機能も備わっているため、記事作成からリライトまですべて対応できます

AIでリライトする際によくある質問

AIでリライトする際によくある質問

最後に、AIでブログ記事をリライトする際によくある質問を3つ紹介します。

  • AIリライトはSEOに悪い影響がありますか?
  • AIリライトツールは無料と有料でどのように違いますか?
  • GPT-3.5とGPT-4の違いは?

AIリライトはSEOに悪い影響がありますか?

AIでリライトしてもSEOに悪影響はありません。

Google検索セントラルによると、上位表示するためにはユーザー第一のコンテンツであることが重要と述べられています。

コンテンツの作成方法を問わず、Google 検索で成功を収めるには、E-E-A-T の品質を満たす、オリジナルで高品質な、ユーザー第一のコンテンツの制作を意識する必要があります。

つまり、上位表示させるためにはユーザーニーズを満たすコンテンツであることが重要であり、AIの使用はSEO評価には関係ありません。

AIリライトツールは無料と有料でどのように違いますか?

フリープランは無料でAIツールを利用できますが、記事数や文字数が少なかったりChatGPTのバージョンが古いなど、さまざまな制限があります。

SEO効果の高いリライトを行うためには、機能が充実している有料プランがおすすめです。

GPT-3.5とGPT-4の違いは?

GPT-3.5からGPT-4に進化した点は、以下のとおりです。

  • 解答能力の向上
  • 長文のプロンプトに対応
  • 画像入力が可能
  • 整合性の向上

GPT-3.5とGPT-4では文章生成能力に大きな差があるため、AIリライトを行う際はGPT-4を利用しましょう。

まとめ

AIでブログ記事をリライトする方法まとめ

本記事では、AIでブログ記事のリライトする方法やSEOに強いプロンプトについて解説しました。

AIを活用することで下記のSEO対策を自動化できるため、とても効率的にリライトできます。

  • 文章の改善
  • 誤字脱字のチェック
  • ユーザーニーズの洗い出し
  • 構成の変更
  • 対策キーワードの追加

ただし、AIは過去のデータに基づいて文章を作成するため、検索ニーズからズレたり独自性のない文章になってしまいます。

AIはあくまでツールであるため、そもそものSEOやライティングの知識がない場合は効果のあるリライトは難しいでしょう。

リライトで検索順位を上げるなら、信頼できるSEO会社に依頼するのがおすすめです。

「ブログ記事のリライトに効果があることは分かったがどのように改善すれば良いのか分からない」

このような場合は、StockSunにご相談ください。StockSunにはさまざまな分野のエキスパートが多数在籍しており、貴社の悩みを解決するための最適な提案をいたします。

StockSunでは無料相談も受け付けているため、ぜひ一度お問い合わせください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。