メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

士業におすすめのWeb広告5選【広告規制に関する5つの注意点も紹介】

更新日
士業におすすめのWeb広告5選【広告規制に関する5つの注意点も紹介】

「士業にはどんな広告がおすすめなのだろうか?」
「広告の種類を理解したうえで最適なものに予算を使いたい」

士業として顧客を獲得していくには、スキルや実績だけでなく集客力を高めていくことが大切です。

そもそも集客する仕組みを持っていなければ、問い合わせの母数が少なく継続的な仕事獲得にはつながらないでしょう。広告は数ある集客方法の中でも再現性が高く、士業にもおすすめです。

しかし、集客施策に詳しくない人からすると、さまざまな広告の種類がある中で何を選択すればよいのか迷ってしまうでしょう。士業の広告規制は厳しいため、表現方法についても注意しなければなりません。

士業が効果的に集客するには、どのような広告を使うべきなのでしょうか。

本記事では、士業におすすめのWeb広告や費用相場、広告規制について解説します。

弊社StockSunでは、弁護士や税理士などの士業のマーケティングを得意とするマーケターが多数在籍しています。プロの知見を活かした戦略設計や徹底したヒアリングで最適な提案をさせていただきます。ご希望の方は、無料相談よりお問い合わせください。

特典:問い合わせが2倍になったStockSun式戦略・戦術をご提案

士業の広告について相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

士業でWeb広告が重要な理由

士業では、一定の地域内で数多くの専門家が同じようなサービスを提供しているため、見込み顧客に対して自身のサービスを伝えるのが難しいのが現状です。

このような状況の中で、Web広告はターゲットを細かく設定し、自社が求めるターゲットを効率的に集客できるメリットがあります。年齢、性別はもちろん、居住エリアや趣味趣向なども考慮して、ターゲットを選別できるのが特徴です。

紙媒体の広告と比較してコストが低く、テキスト、画像、動画など、さまざまな形式で広告を打てるのも魅力と言えるでしょう。

解析ツールを活用すれば、流入数やクリック数、成約率などを確認することも可能です。

データをもとに改善を繰り返すことで、費用対効果を高めることもできます。インターネットが普及した現在では、見込み顧客も検索エンジン経由で弁護士や税理士を探すのが一般的になりました。

より多くの人に自社を知ってもらおうと考えたときに、Web広告は非常に使える媒体の1つと言えるでしょう。

士業ごとの広告に関する課題

代表的な士業の広告に関する課題を解説します。

  • 弁護士
  • 税理士
  • その他の士業

弁護士

弁護士業界ではWeb広告の活用が一般化しており、競争率が高くなっています。

インターネット経由の申し込みが増加している今、人づての紹介や口コミによる仕事獲得は少なくなりました。自社ホームページを構築して、Web広告経由で集客する流れがスタンダードになっているのです。

Web広告は競合の多さによって出稿する際の費用が増減しますが、弁護士は報酬単価が高めなので、競争率も上がり広告費も高めになっています。

着実に利益を上げていくためにも、広告を表示する媒体やキーワード選定は厳重に行う必要があるでしょう。

また、競合他社と比較された際に、自社が選ばれるような差別化戦略も重要です。

例えば、特定の法律分野における専門知識、独自のサービスモデル、成功事例の紹介などを前面に出すことで、見込み顧客の注目を引けるようになります。

税理士

税理士の業界でも、Web広告の活用が一般的になっています。

最近では、オンラインで業務を完結するサービスを展開する税理士事務所も増えてきました。安価な価格で全国のクライアントに対応できるため、Web広告の活用価値も増しています。

しかし、税理士事務所によっては、オンラインでの施策を行わないがために、集客に苦しんでいる方もいます。事務所を構えているにもかかわらず、Google検索してもヒットしなければ顧客獲得の機会損失につながってしまうでしょう。

従来の集客方法では顧客獲得が難しくなっているため、オンライン集客や時代に合ったサービスの構築が求められています。

その他の士業

司法書士や弁理士などの士業は、税理士や弁護士ほど単価が高くないため、広告の費用対効果に悩みやすい傾向があります。

そのため、Web広告だけでなくSEOやSNS運用などを組み合わせることが大切です。複数の施策を並行して実行すると、Web広告のデメリットをカバーできます。また、安定して長期的に案件を獲得できるようにもなるでしょう。

Web広告を活用する際は、競合他社の動きを参考にしながら自社の戦略を立てていくことが大切です。

Web広告の費用相場

士業におすすめのWeb広告の費用相場をまとめました。

広告タイプ 課金タイプ 費用相場
リスティング広告 クリック課金 月20〜50万円ほど
ディスプレイ広告 ・クリック課金
・インプレッション
・クリック課金
1クリック/50〜100円ほど

・インプレッション
1,000回表示ごとに数十〜数百円ほど

YouTube広告 ・クリック課金
・インプレッション
・視聴ごと
・クリック課金
1クリック/数円〜25円ほど

・インプレッション
1,000回表示ごとに10〜600円ほど

・視聴ごと
30秒以上:2〜25円ほど

X(旧Twitter)広告 ・クリック課金
・インプレッション
・フォロー課金
・クリック課金
1クリック/24〜200円ほど

・インプレッション
1,000回表示/400〜650円ほど

・フォロー課金
1フォロー/40〜100円ほど

Instagram広告 ・クリック課金
・インプレッション
・クリック課金
1クリック/40〜100円ほど

・インプレッション
1,000回表示/500〜1,000円ほど

アフィリエイト広告 成果報酬 ・初期費用:5万円ほど
・月額:3〜5万円ほど
・成果報酬:売り上げの30%ほど

なお、費用相場は表示する場所や形式、キーワードなどによって変わります。

士業にとっては、広告予算に見合った効果的な広告方法を選択することが重要です。また、広告の設計、ターゲットの設定、成果の分析なども必要になります。

どんな媒体に出稿すべきか悩んでいる方は、Web広告に詳しいプロのマーケターに任せるのがよいでしょう。

士業におすすめのWeb広告5選

士業と相性のよいWeb広告を5つ紹介します。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • SNS広告
  • 動画広告
  • アフィリエイト広告

士業におすすめのWeb広告①リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジンの検索結果に表示される広告です。

特定の検索キーワードに基づいて表示されるため、ユーザーの検索意図に合った広告を表示できます。

リスティング広告のメリット

リスティング広告のメリットは以下の通りです。

  • 顕在層にリーチできる
  • コンバージョン率が高い
  • 予算をコントロールしやすい

ユーザーは「弁護士 赤羽 おすすめ」といった具体的なキーワードで検索するため、成約につながりやすい顕在層にリーチできるのが特徴です。

1日の予算を設定できるので、赤字リスクをカバーして広告運用ができるでしょう。

リスティング広告のデメリット

リスティング広告のデメリットは以下の通りです。

  • 競争率の高いキーワードは高額な費用がかかる
  • 初期設定が難しい

多くのユーザーが検索するキーワードは、競合他社も多く広告費も高くなりがちです。

また、リスティング広告で正しい設定を行うには知識が求められます。費用対効果を最大化するには、スキルを持った人材が必要になるでしょう。

自社にとってコスパのよいキーワードを選定し、正しい初期設定を行ったうえで効果検証を行うことが大切です。

関連記事

格安でリスティング広告の運用を依頼できる代理店おすすめ9選!料金・費用の相場も解説【2024年最新】

格安でリスティング広告の運用を依頼できる代理店おすすめ9選!料金・費用の相場も解説【2024年最新】

Read More

士業におすすめのWeb広告②ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリケーション上に表示される広告です。

画像、動画、テキスト、またはこれらの組み合わせで構成され、Webページのさまざまな場所に表示されます。

ディスプレイ広告のメリット

ディスプレイ広告のメリットは以下の通りです。

  • さまざまなデザインでアピールできる
  • 潜在層にリーチできる
  • 自社の認知度アップにつなげられる

ディスプレイ広告は、リスティング広告ではリーチできない潜在層にアピールできます。そのため、自社の認知度を高めたいときに最適です。

広告デザインの自由度が高いので、さまざまな見せ方を選択できるのもメリットと言えるでしょう。

ディスプレイ広告のデメリット

ディスプレイ広告のデメリットは以下の通りです。

  • コンバージョンにつながりにくい
  • 関連性の低いユーザーに表示される可能性がある

ディスプレイ広告は、ユーザーからスルーされることも少なくありません。

現在は広告に嫌悪感を示すユーザーも多いため、クリエイティブを工夫する必要があります。潜在層向けなので関連性の低いユーザーに表示されることもあるでしょう。

ディスプレイ広告を使う目的を明確にしたうえで、効果的な運用が求められます。

関連記事

【DSP広告に強い広告代理店5選】費用感や失敗しない業者選びのコツを徹底解説

【DSP広告に強い広告代理店5選】費用感や失敗しない業者選びのコツを徹底解説

Read More

士業におすすめのWeb広告③SNS広告

SNS広告は、Facebook、X(旧Twitter)などのSNSで表示される広告です。

特に若年層や特定の業界に特化したターゲットにアプローチするのに適しており、潜在層向けの媒体になっています。

SNS広告のメリット

SNS広告のメリットは以下の通りです。

  • ターゲットを細かく絞れる
  • 顧客とコミュニケーションが取れる
  • コメントやシェアで拡散されやすい

SNS広告は、その他の広告と比較してターゲットを細かく絞れるのがメリットです。これはSNSが本人確認を行っているからで、興味や関心なども考慮したうえで適材適所に広告を表示できます。

また、広告に対してコメントしたり、シェアボタンで拡散することも可能です。

顧客と広告を通してコミュニケーションができるため、自社を知ってもらうキッカケとして最適な媒体と言えるでしょう。

SNS広告のデメリット

SNS広告のデメリットは以下の通りです。

  • 広告戦略にはスキルが必要
  • 炎上リスクがある

SNS広告は「ユーザーにどう見られたいか」や「どのような行動をとってほしいのか」などを設計したうえで、的確な行動を行う必要があります。ユーザーにとって悪い印象を与えてしまうと、炎上するリスクもあるでしょう。

自由度が高くエンゲージメント率も高いSNSだからこそ、リスクヘッジをしたうえで正しい運用が求められます。

関連記事

SNS広告運用とは?種類と運用のポイントをStockSunが解説

SNS広告運用とは?種類と運用のポイントをStockSunが解説

Read More

士業におすすめのWeb広告④動画広告

動画広告は、名前の通り動画形式で配信される広告です。

特にYouTubeは、その広範なリーチと検索エンジンとしての機能により、多くのユーザーにリーチできます。

動画広告のメリット

動画広告のメリットは以下の通りです。

  • 難しいテーマも動画でわかりやすく伝えられる
  • 顔出しすることで自社の信頼性を高められる
  • コンバージョン率が高い

動画広告は潜在層から顕在層まで効果的にアピールできるのがメリットです。

テキストや画像だけでは説明が難しいテーマでも、動画であればわかりやすく伝えられます。顔を出して解説することで、相手に安心感を与えられるでしょう。

相手に合った動画コンテンツを作成できれば、高いコンバージョン率が期待できます。

動画広告のデメリット

動画広告のデメリットは以下の通りです。

  • 動画コンテンツ作成のコストがかかる
  • コンセプトから設計する必要がある

動画広告は、テキストや画像広告と比較して制作コストがかかります。素材の撮影から編集までを完了するには、時間もかかるでしょう。

また「誰に向けた広告なのか」を明確にしなければ、顕在層向けの動画を潜在層に向けて表示してしまうミスを犯してしまいます。コンセプトを明確にしたうえで、正しいターゲット選定を行うことが大切です。

関連記事

動画広告の単価を媒体種類別に解説【出稿のポイントをStockSunが解説】

動画広告の単価を媒体種類別に解説【出稿のポイントをStockSunが解説】

Read More

士業におすすめのWeb広告⑤アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、第三者のWebサイトやブログを通じて自社を宣伝し、成果に応じて報酬を支払う広告です。

アフィリエイター(広告を掲載する者)が自身のサイトで士業のサービスを紹介し、訪問者がその広告経由で成約した場合にのみ報酬が発生します。成果地点は自由に設定できるので、費用対効果の高い広告と言えるでしょう。

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイト広告のメリットは以下の通りです。

  • 無駄な広告費がかからない
  • 自社がリーチできない層にアピールできる
  • 多くのサイトで紹介してもらえる

アフィリエイト広告は、すでにアクセスがあるブログやWebサイトで紹介してもらえるのがメリットです。成果が確定しなければ報酬が確定しないため、無駄な広告費はかかりません。

信頼度の高いサイトで紹介してもらえれば、認知度アップにもつながるでしょう。

アフィリエイト広告のデメリット

アフィリエイト広告のデメリットは以下の通りです。

  • アフィリエイターの管理が難しい
  • 報酬や成果地点などの条件設定が必要

アフィリエイト広告の場合、信頼度の低いアフィリエイターに紹介されるリスクがあります。誇張表現やありもしないサービスを言及されるリスクがあるため、事前の審査はしっかり行う必要があるでしょう。

また、アフィリエイターにとって魅力的な報酬や成果地点を設定しなければ、自社を宣伝してもらえない可能性が高いです。

アフィリエイターにとって紹介したくなるような条件を設定する必要があるでしょう。

関連記事

【2024年最新版】アフィリエイト広告代理店/運用代行会社おすすめ14選を比較!選び方と費用相場をプロのマーケターが徹底解説!

【2024年最新版】アフィリエイト広告代理店/運用代行会社おすすめ14選を比較!選び方と費用相場をプロのマーケターが徹底解説!

Read More

士業の広告規制に関する5つの注意点

士業の広告規制に関する以下の5つの注意点について解説します。

  • 「勝訴率〇〇%」という表現
  • 「〇〇と比較して〇〇%安い」という表現
  • 「絶対」や「確実」などの表現
  • 「〇〇万円キャッシュバック」
  • 過去から現在までの案件をアピールする表現

「勝訴率〇〇%」という表現

主に弁護士業界で多いのですが、勝訴率などの具体的な成功率を示す広告は禁止されています。

例えば、以下のような表現です。

  • 「当事務所の勝訴率は98%です」
  • 「過去のケースで勝訴率が95%に達しています」
  • 「私たちのチームは90%以上のケースで勝訴しています」

これらのような表現は、顧客に対して特定の勝訴率を保証するかのような印象を与え、不当な期待を抱かせる恐れがあります。

法的な問題や裁判の結果は多くの要因によって左右されるため、成功率を示すことは現実の複雑さや不確実性を無視することになります。

また、これらの表現は個々のケースの固有の状況や特性を考慮せず、一般化された成功の見通しを示すことになるため、専門職としての公正さや誠実さに疑問を投げかけることになりかねません。

法律関連の広告において避けるべきであり、専門職としての信頼性と倫理を維持するためには、客観的かつ現実的な情報提供が必要と言えるでしょう。

「〇〇と比較して〇〇%安い」という表現

他の事務所やサービスとの比較を前面に出す広告はモラル的に問題があります。

例えば、以下のような表現です。

  • 「他の法律事務所と比較して、当事務所の料金は30%安いです」
  • 「市内の他の税理士よりも20%低価格でサービスを提供しています」
  • 「競合する司法書士事務所に比べて、私たちの手数料は25%割安です」

これらの表現は、他の事務所やサービスと直接的に価格を比較し、自身のサービスを低価格であると強調するものです。

しかし、このような価格競争を煽る表現は、士業としての品位を損なう恐れがあります。また、公正な競争を阻害し、市場における不健全な価格競争を引き起こす可能性があるため、避けなければなりません。

士業の広告においては、サービスの質や専門性、顧客への付加価値を前面に出すことが望ましいです。

これにより、専門職としての信頼性と倫理を維持し、顧客との健全な関係を築くことが可能となります。

「絶対」や「確実」などの表現

「絶対」や「確実」といった断定的な表現は、誇大広告や過度の期待を抱かせる恐れがあるため、規制の対象になります。

例えば、以下のような表現です。

  • 「当事務所を利用すれば、絶対に勝訴します」
  • 「私たちのアドバイスに従えば、確実に税金が節約できます」
  • 「当事務所のサービスを利用すれば、確実に問題が解決されます」

これらの表現は、顧客に対して結果を保証するかのような印象を与えますが、法律や財務といった専門分野の問題は複雑であり、結果を約束することは不適切です。

このような表現は誤解を招く恐れがあるので、顧客の不合理な期待を引き起こす可能性があるでしょう。

顧客との信頼関係を築くためには、現実的で誠実なコミュニケーションが重要です。

「〇〇万円キャッシュバック」

社会的な常識を超えた利益提供を示唆する広告は不適切です。

例えば、以下のような表現が挙げられます。

  • 「当事務所を利用した場合、10万円キャッシュバックいたします」
  • 「初めての顧客に限り、5万円のキャッシュバックを提供しています」
  • 「契約を締結していただいたお客様全員に、3万円キャッシュバックの特典を差し上げます」

これらのような表現は、サービスの利用や契約に対する金銭的なインセンティブを提供することを示唆しています。

しかし、士業としての社会的な儀礼を超えた利益供与は、専門職の独立性や公正性を損なうとみなされ、一般的に倫理規定に反する行為とされています。

このようなキャンペーンやプロモーションは、顧客に対する誤解を招く恐れがあり、専門職としての信頼性や品位を損ねる可能性が高いです。

士業の広告においては、サービスの質や専門知識、顧客への価値提供に焦点を当てることが望ましく、金銭的なインセンティブを前面に出すことは避けなければなりません。

専門職としての責任感と倫理的な行動が、顧客との長期的な信頼関係構築には不可欠です。

過去から現在までの案件をアピールする表現

顧客の情報を広告に使用することは基本的にNGです。

例えば、以下のような表現が挙げられます。

  • 「最近解決した高額遺産相続のケースで、クライアントに数千万円の節税を実現しました」
  • 「昨年の著名な商標侵害訴訟で、クライアントの権利を守ることに成功しました」
  • 「過去には、数多くの企業再建案件を手掛け、依頼主の経済的利益を大幅に改善しました」

これらのような表現は、特定の案件や成果を具体的に示しているため、顧客の情報を広告に使用していると解釈される可能性があります。

士業においては、依頼主のプライバシーと尊厳を保護することが非常に重要です。

士業の広告においては、サービスの質や専門知識、顧客への価値提供に焦点を当てることが望ましく、金銭的なインセンティブを前面に出すことは避けるようにしましょう。

もし依頼主から書面による同意を得た場合でも、その情報をどのように使用するかは慎重に検討し、依頼主のプライバシーと尊厳を損なわない範囲で行う必要があります。

一般的には、依頼主の匿名性を保ちつつ、サービスの質や経験を示す方法を選択することが望ましいです。

これにより、専門職としての信頼性を維持しつつ、サービスの価値を伝えることが可能になります。

まとめ

Web広告は士業にとって集客力を高める効果的なオンラインの施策です。

見込み顧客がオンラインに移行している今、士業の方自身もオンライン集客に乗り出す必要があるでしょう。また、オンライン上では手軽に競合他社と比較されるため、差別化戦略を図ることも大切です。

Web広告で成果を出すには、コンセプトやターゲット選定などが欠かせません。広告の表現方法なども合わせて、正しい運用を行うにはプロの知見が必要になることもあるでしょう。

「自社に最適な媒体や訴求文を作成してほしい」
「差別化要素を見出して効果的に広告運用を行いたい」

その場合は弊社StockSunへご相談ください。

士業の広告運用に長けたプロが、貴社の課題をヒアリングしたうえで費用対効果の高い施策を提案させていただきます。

SEOやSNSなどの施策を組み合わせることも可能です。興味のある方はお気軽に無料相談よりお問い合わせください。

特典:問い合わせが2倍になったStockSun式戦略・戦術をご提案

士業の広告について相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。