メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

Webコンサルの費用相場を依頼内容ごとに徹底解説【売上1億UP!StockSun式Webコンサル成功事例】

「Webコンサルを依頼したいが、費用はどのくらいかかるのだろうか」

「Webコンサルの費用対効果を上げる方法が知りたい」

Webコンサルは、マーケティング戦略の立案からSEO対策、広告運用など、様々な施策を行ってクライアントの売上や利益を上げるのが仕事です。

多角的な実行支援ができるのがメリットですが、オンラインビジネスに詳しくない人からすると、費用や具体的な作業内容が分かりにくいでしょう。

中でも、Webコンサルの費用はコンサル会社とクライアント間でズレが生じやすいです。ズレを最小限にするためには、あらかじめ費用感を把握して、信頼できるWebコンサル会社に依頼する必要があります。

本記事では、Webコンサルの費用相場と具体的な作業内容について解説します。

記事の後半では、StockSunがWebコンサルで結果を出し続ける理由や成功事例についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

StockSunでは、WEBマーケティングの全方位型のソリューションを提供しており、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。

相談をいただいた段階で認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。
貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:事業課題を解決するWebマーケティングの施策をご提案/

Webコンサルティングについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

Webコンサルの費用相場をStockSunのプロが解説【作業内容と依頼するメリット・デメリット】

Webコンサルの費用相場を、作業内容別に解説します。

・Webマーケティング戦略立案コンサルティング
・サイト診断コンサルティング
・SEOコンサルティング
・広告運用コンサルティング
・SNS運用コンサルティング

「いくらくらいで何ができるのか」という疑問を解決して、Webコンサルを依頼する際にギャップが起こらないようにしましょう。

Webマーケティング戦略立案コンサルティング

Webマーケティング戦略立案コンサルティングの概要は以下の通りです。

費用相場 月額30〜100万円
作業内容 ・ヒアリングからクライアントの目標達成に最適な施策を提案
・市場調査/競合調査
・実行支援
メリット ・プロによる勝ち筋を提案してくれる
・多角的な実行支援が受けられる
・予算内で費用対効果が高い施策を提案してくれる
デメリット ・費用が高い
・成果はWebコンサルタントの質に依存する

Webマーケティング戦略立案コンサルティングは、クライアントから目標や予算をヒアリングしたうえで、最適な施策を提案します。

流入、CVR、リストマーケティングのLTV、コンテンツを入稿するための簡略化ツールの作り込みなど、予算内でコストの最適化を図るため、費用対効果が高くなりやすいです。

最大の特徴は、複数の施策を組み合わせられること。

例えば、SEOコンサル会社の場合、SEO対策はできても広告運用の観点からコンサルを受けることはできません。しかし、SEOは効果が出るまでに時間がかかるため、短期間で結果を出すのが難しいのです。

Webマーケティング戦略立案コンサルティングであれば、以下のような施策を実行できます。

・SEO対策を行いコスパのよいサイトを長期目線で作成
・短期間で問合せを獲得するために広告運用を行う
・Instagramで見込み客の興味を引く内容を発信

SEOでコスパのよいサイトを目指しつつ、広告運用で短期の問合せも獲得。なおかつInstagramを活用すれば、認知度アップや売上げアップにつなげられるのです。

コンサル料は月額30〜100万円ほどと高くなりがちですが、その分結果も出やすいプランになります。

ただし、Webコンサルタントの質が悪いと、高額なコンサル料に見合った成果が得られることはありません。クライアントの目標達成を真剣に考えてくれる、優秀なWebコンサルタントを見つける必要があります。

サイト診断コンサルティング

サイト診断コンサルティングの概要は以下の通りです。

費用相場 月額5〜30万円
作業内容 ・GA4やサーチコンソールなどを使ってサイトの問題点を洗い出す
・改善方法をレポートにまとめて提出
メリット ・流入数を上げるためのアドバイスがもらえる
・プロの目線で改善策を提案してもらえる
・分析ツールの見方が理解できる
デメリット ・実行支援は含まれない
・レポートの質はWebコンサル会社によってピンからキリまである

サイト診断コンサルティングは「自社でオウンドメディアを運営しているが、思ったような結果が得られない」といった問題を解決に導きます。

月額は5〜30万円ほどで、サイトの規模や分析する内容によって変動する仕組みです。

具体的な作業としては、Googleアナリティクスやサーチコンソールを使って、サイトの問題点を洗い出します。ツールの使い方に精通したコンサルタントによる、詳細なレポートをもらえるのがメリットです。

また、各ツールの使い方を教えてもらえるので「後々は自社でサイト診断できるようになりたい」と考えている方にも向いています。

サイト診断は、改善点をレポートにまとめるまでが仕事のため、実行支援は含まれないのが一般的です。レポートの質はWebコンサル会社によって異なるので、問合せる際にサンプルを見せてもらうようにしましょう。

SEOコンサルティング

SEOコンサルティングの概要は以下の通りです。

費用相場 月額5〜50万円
作業内容 ・内部対策/外部対策/コンテンツSEO
・目的に合ったキーワード選定
・コンテンツ作成やライターの確保
メリット ・プロによるSEO対策ができる
・質の高いコンテンツ作成ができる
・自社では達成できなかったキーワードの検索上位獲得が狙える
デメリット ・成果が出るまでに6ヶ月〜1年ほどかかる
・必ず検索上位を獲得できるわけではない

SEOコンサルティングは、基本的なSEO対策からキーワード選定、コンテンツ作成などから、必要な施策を提案して実行支援を行います。

費用の相場は月額5〜50万円ほど。サイトの規模や、SEO対策の内容、コンテンツ作成の有無によって費用が変わる仕組みです。

複数のコンテンツで検索上位を獲得すると、自然に流入数が増えるため、長期的に見ると費用対効果の高い施策といえるでしょう。検索エンジンからの評価を上げるために、外部リンクの獲得なども行います。

注意点は、必ずしも検索上位を獲得できるわけではないことです。コンテンツを評価するのはGoogleなので、コンサルタントが確約できるわけではありません。

また、成果が出るまでに6ヶ月〜1年ほどかかるため、予算に余裕を持って依頼するようにしましょう。

具体的な作業例として、StockSunの認定パートナーである山崎のSEOコンサルを紹介します。

1.ペルソナ、カスタマージャーニーを整理
2.導線設計
3.キーワード選定
4.コンテンツの切り口別に優先順位をつける
5.コンテンツ作成のスケジュール決定

ターゲットを決めたうえで、CVさせるための導線設計を行い、最適なキーワードを選定します。

キーワードはジャンルごとに分類。最短で結果を出すために、優先順位をつけてコンテンツ作成のスケジュールを決定する流れです。SEOスキルのあるプロだからこそできる、詳細なキーワード選定が実現できます。

実際のSEOコンサル風景は、下記動画をご参考ください。

広告運用コンサルティング

広告運用コンサルティングの概要は以下の通りです。

費用相場 月額5〜30万円
作業内容 ・広告を出稿する媒体の選定
・広告の作成と設定
・効果測定
・データの抽出とレポート作成
メリット ・予算内で最適なキーワードを提案してくれる
・広告の作成や細かい設定を担当してくれる
・蓄積したデータをレポートにまとめてくれる
デメリット ・狙いたいキーワードによって費用が大きく異なる
・広告をストップすると流入も減ってしまう

広告運用コンサルティングは、予算に応じたWeb広告の運用を依頼できます。

費用の相場は月額5〜30万円ほどで、媒体の選定から広告の作成や設定などを行う流れです。

Web広告は予算をかければ効果が出るわけではありません。実際は競合他社と競い合う必要があるため、コスパの高いキーワード選定を行わないと赤字になるリスクがあります。

「自社商品の売れ行きを改善したい」や「自社サイトの認知度を上げたい」など、要望ごとに最適な広告運用を提案。
すでに広告運用をしている場合、最適化を行ってコストダウンすることも可能です。

顕在層の刈り取りだけでなく、潜在層も視野に入れたターゲティングを行うなど、経験豊富なプロだからこそできる施策を提案します。

SNS運用コンサルティング

SNS運用コンサルティングの概要は以下の通りです。

費用相場 月額5〜20万円
作業内容 ・ターゲット選定
・セルフブランディング
・各媒体で最適な発信方法の提案
・運用代行
メリット ・SNSの戦略策定からアドバイスがもらえる
・見込み客の興味を引く発信ができる
・SNSの運用を代行してもらえる
デメリット ・クライアントの業種に詳しくないコンサルタントの場合、発信内容が薄くなってしまう
・競合他社が多い

SNS運用コンサルティングは、クライアントの要望に沿って戦略やターゲティングを行い、場合によっては運用代行も担当します。

費用の相場は月額5〜20万円ほどで、依頼する規模によって変動する仕組みです。

昨今ではGoogle検索だけでなく、InstagramやTwitter内で検索するユーザーが増えてきました。そのため、Google検索ではリーチできない見込み客を集客できるメリットがあります。

ただし、競合他社もSNS運用に力を入れているため、難易度も高いです。

クライアントの業種に精通していないコンサルタントが運用代行をすると、見込み客に価値のある情報を提供できないリスクがあります。コンサル会社に依頼する際は、過去の成功事例に自社と同じ業種が含まれているか確認するとよいでしょう。

以下はInstagramで集客するための重要ポイントです。

・1アカウント1コンセプトに絞る
・ハッシュタグの活用
・見込み客のアカウントをフォローやいいね!する
・プロフィールにコンセプトが分かる文言を入れる
・保存されるような投稿をする
・ハイライト機能を活用する

上記の通り、SNS運用を極めるにはやるべきことがたくさんあります。

時代によってSNSのアルゴリズムも変わるため、その時々で最適な戦略を立てる必要があるのです。最新のSNSハック方法に精通したコンサルタントを見つけられるかが、成功の鍵を握っているともいえるでしょう。

Webコンサルにかかる費用相場の算出方法と料金体系

Webコンサルの費用がどのように算出されるのかを解説します。

・Webコンサル費用の計算方法
・月額報酬かスポット報酬か

コンサル料の相場と合わせて、費用の計算方法を覚えておけば、認識のズレを最小限にできるはずです。

以下で、詳しく見ていきましょう。

Webコンサル費用の計算方法

Webコンサルの費用は、以下のように計算されるのが一般的です。

「時給×稼働時間=コンサル料」

<例>時給2万円のコンサルタントの場合
時給2万円×稼働時間10時間/月=コンサル料20万円/月

コンサルタントの時給は、本人のスキルレベルや依頼する分野によって変わります。

また、コンサル料とは別に、実行支援の料金が発生する点も覚えておいてください。例えば、SEOコンサルでコンテンツ作成を20本ほど依頼した場合、コンサル料とは別に40万円〜80万円ほどの費用がかかります。

見積もりを取る際は、具体的な実行支援の費用についても確認するようにしましょう。

WEBコンサルタントに依頼したときにかかる費用相場や、コンサルタントの選び方は、次の記事でより詳しく解説しています。

関連記事

Webコンサルタントに依頼して集客増加できる!?依頼内容を解説

Webコンサルタントに依頼して集客増加できる!?依頼内容を解説

Read More

月額報酬かスポット報酬か

Webコンサルの報酬形態には、月額報酬とスポット報酬の2種類があります。

月額報酬

月額報酬は、毎月定額のコンサル料を仕払う仕組みです。

条件はWebコンサル会社によって異なりますが、ビデオ会議で進捗状況を報告してくれたり、アドバイスをもらえたりします。社外にWebマーケティングチームを持つイメージに近いです。

中長期的な施策が必要なときに向いています。

スポット報酬

スポット報酬はプロジェクト単位で依頼できる報酬形態になります。

・SEOの内部対策のみ行ってほしい
・自社に最適なキーワード選定のみしてほしい
・Instagramでフォロワーを1,000人まで伸ばしてほしい

例えば、上記のようなシーンでは、スポット報酬が採用されるケースが多いです。

報酬形態は依頼する会社や内容によって変わるので、事前に確認しておくようにしましょう。

StockSunでは、WEBマーケティングの全方位型のソリューションを提供しており、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。

相談をいただいた段階で認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:事業課題を解決するWebマーケティングの施策をご提案/

Webコンサルティングについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

Webコンサルに依頼し費用対効果を上げるための選び方

Webコンサルの費用対効果を上げるためにできることをまとめました。

・複数の施策を組み合わせて支援できる会社を選ぶ
・相見積を取って比較検討する
・問題点を明確にしてからコンサルを依頼する

複数の施策を組み合わせて支援できる会社を選ぶ

Webコンサル会社を選ぶ際は、対応できる実行支援の幅をチェックしましょう。

前述した通り、SEO対策のみよりも「SEO×広告運用×SNS運用」の方が結果が出やすく、成果が出るまでの期間も短縮できます。

しかし、Webコンサル会社といっても、SNS運用に対応していなかったり、広告運用が苦手だったりと、対応範囲やスキルレベルに差があるものです。

また、SEOが問題だと思って依頼したものの、根本の原因は商品自体にあるかもしれません。複数の施策に知見があるWebコンサルタントなら、原因を究明して的を得た施策を提案してくれます。

Webコンサル会社に問い合わせる際は、対応できる範囲と過去の成功事例を見せてもらうようにしましょう。

相見積を取って比較検討する

Webコンサル会社を選ぶ際は、複数の会社から相見積を取って比較検討してください。

相見積を取る際は「何にいくらかかっているのか」といった費用の内訳も明確にしましょう。他社と比較して明らかに安いWebコンサル会社の場合、施策の質が悪い可能性があります。

コンサル料が高くても、具体的な施策や費用を提案してくれる会社は、結果的に費用対効果が高くなりやすいです。「かけた費用をどれくらいの期間で回収できる見込みがあるのか」も合わせて問合せると良いでしょう。

問題点を明確にしてからコンサルを依頼する

「予算500万円で集客できるサイトを作って」といった曖昧な依頼をした場合、成果が出るまでに時間がかかる可能性が高いです。

問題点をできる限り明確にしておけば、Webコンサルタントもピンポイントで効果的な施策を提案できます。

Webコンサルは様々な選択肢があるため、発注者側で問題点の絞り込みを行った方が、トータルでかかる費用を節約できるでしょう。

中小企業であまり予算を割けない状況にコンサルを依頼したい場合は、次の記事も参考にしてみてください。

関連記事

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

Read More

StockSunのWebコンサルが結果を出し続けて成功している理由

弊社Webコンサル会社のStockSunが、結果を出し続けられているのは、シンプルなビジョンと計算式に基づいています。

ここでは、前代表の株元が成功の秘訣を紹介します。

コンサル料以上の利益を生み出す

弊社StockSunでは「コンサル料をもらった以上は、それ以上の利益をクライアントに提供する」という理念を持っています。

利益を上げるには「売上を上げる」か「コストを下げる」かの2択しかありません。そのため、まずはコストカットから入り、売上を上げる施策を実行します。

当たり前のことなのですが、Webコンサル会社によっては「成果物を納品すればOK」と考える会社もあるのが現実です。

例えば、依頼内容が「きれいなLPを作ってCVRを上げたい」だった場合を例に考えてみましょう。

クライアント きれいなLPがあればCVRが上がると思っている
Webコンサル会社 きれいなLPを納品すればOKと考える

クライアント自身が「きれいなLP=売れる」と考えている場合、Webコンサル会社は見栄えのよいLPを納品することで、要望に応えたことになるでしょう。

しかし、実際は費用をかけて見た目の整ったLPを制作しても、CVRが上がるわけではありません。そのため、クライアントは泣き寝入りするか、追加依頼をしなければならないのです。

この問題を解消するために、StockSunではクライアントの予算や目的をヒアリングした後、費用対効果の高い方法を模索します。

リサーチした結果、コンサル料以上の利益を提供できないと判断した場合は、代替案を提案したり、ときには依頼をお断りすることもあります。

Webの売上につながる計算式を使って問題点を見つけ出す

弊社では「IMP×CTR×CVR×LTV=売上」の公式を使って、問題の原因を洗い出します。

指標の名称 内容
IMP(インプレッション) 「サイトのバナーを見る」「検索上位の記事を見る」など、クリックする前にユーザーに表示された数を表す指標
CTR(クリックスルーレート) 表示されたバナーやコンテンツがクリックされた確率
CVR(コンバージョンレート) クリックされたうちの何%がコンバージョンしているかを示す指標
LTV(ライフタイムバリュー) 1コンバージョンあたりの売上

上記のかけ算によって、売上が決まります。

Web事業の全てに当てはまる公式です。

IMPが少ないと、CTR、CVR、LTVも少なくなります。IMPが多くても、CTRに問題があればCVRとLTVは増えません。公式に基づいて問題がどこにあるのか分析すれば、今やるべきことが見えてくるのです。

公式を活用すると「問題の原因はIMPなのに、CVRを高める施策を提案する」のような、間違った提案を未然に防ぐ効果も得られます。

StockSun式Webコンサルの具体例

ここでは公式の使い方を具体例に沿って解説します。

<例>クライアントの悩み:HPはあるがクリックされない

①IMPとCTRを高める

はじめにIMPとCTRを高める施策を実行します。

・SNSの運用で見込み客に有益な投稿をする
・SEO対策でコンテンツを検索上位に表示させる
・広告運用で顕在顧客を刈り取る

できる限り露出度を上げて、クリックされる確率を高めていきます。

②サイトを改善してCVRを高める

IMPとCTRが増えてきたら、次にサイトの改善をしてCVRを高める施策を行います。

・サイトの表示速度を改善
・スマホ表示の最適化
・問合せフォームの改善
・オファーの設置
・リンクやバナーの遷移先の最適化

ユーザーにとって使いやすいHPになるように、問題のある箇所を修正する工程です。

クライアントによっては、問合せフォームが使いづらかったり、スマホ表示に対応していなかったりするので、CVRを高めるために効果的な施策を実行します。

③LTVを上げる

IMP、CTR、CVRを改善できたら、LTVを最大化するための施策を行います。

・メルマガ登録フォームを設置
・購入ページに関連商品を表示
・複数購入でセット割を提供

1人あたりの購入額を、上げるためにできることを実行するイメージです。

上記の流れで施策を行えば、HPのクリック率が上がるだけでなく、売上アップも達成できます。その結果、コンサル料以上の利益をクライアントに還元できるのです。

企業のWeb担当の方は「IMP×CTR×CVR×LTV=売上」の公式を活用して、問題点の洗い出しに挑戦してみてください。Webコンサルを依頼する際に、明確な問題点を相談できるようになります。

StockSunでは、WEBマーケティングの全方位型のソリューションを提供しており、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。

相談をいただいた段階で認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

\特典:事業課題を解決するWebマーケティングの施策をご提案/

Webコンサルティングについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

StockSunのWebコンサル成功事例【売上1億UPに貢献した実行支援】

StockSunのWebコンサルの成功事例を3つ紹介させていただきます。

・【問合せ月100件UP】BtoBオウンドメディアのSEO実行支援成功例
・【LPの改善で売上200%UP!】製造業のWeb広告実行支援成功事例
・【月商1億UP!】美容クリニックのYouTube実行支援成功事例

【問合せ月100件UP】BtoBオウンドメディアのSEO実行支援成功例

フリーランスエンジニアを集客し、企業に紹介するためのBtoBのオウンドメディアをSEOコンサルして、問合せ月100件、月間20万PVを獲得した成功事例です。

成功要因は、フリーランスエンジニアが検索しやすいキーワードでコンテンツを作成し、検索上位を獲得したことでした。

コンバージョンにつながるキーワードから優先的にコンテンツを作成。月間検索ボリュームが3桁のスモールキーワードで、コンバージョンしやすいものを優先した流れです。

以下のキーワード例を見てみてください。

キーワード例 特徴
プログラマー ・月間検索ボリューム:1万以上
・競合性:高い
・CVR:低い
アプリ エンジニア 初心者 ・月間検索ボリューム:100ほど
・競合性:低い
・CVR高い

コンバージョンのしやすさを意識した場合、検索ボリュームの多い「プログラマー」よりも「アプリ エンジニア 初心者」の方がコスパが高いのです。

「どのキーワードでコンテンツを作るか」に時間をかけることで、費用対効果の高いSEO対策ができました。

コンテンツの作成は、エンジニア経験があり、具体的な内容を書けるライターをクラウドソーシングで採用。合格率1%ほどと厳しく審査したため、読者の興味を引くコンテンツができました。

その結果、エンジニアに興味がある層からの問合せが増えたため、新規事業としてスクール運営をスタート。

「エンジニア初心者はスクール」「スキルのあるエンジニアは企業へ紹介」という2つの側面から売上げアップにつなげることができました。

SEOコンサルが入る前は広告費に予算を割いていましたが、現在はSEOからの問合せが十分にあるため、広告費の削減ができたのです。

【LPの改善で売上200%UP!】製造業のWeb広告実行支援成功事例

製造業のWeb広告運用コンサルで、LPを改善した結果、売上200%アップを達成した成功事例です。

こちらの成功事例では、以下の施策を行いました。

・顧客像を明確に描く
・QCDの観点で強みを把握する
・LPを制作してリスティング広告を出稿

まず、顧客の気持ちを徹底的に洗い出して理解します。

次にQCDの観点から商品の強みをリストアップしました。

<例>ドリルの場合
Q(Quality)
品質
どれだけ精度の高い穴を開けられるか
C(Cost)
費用
どれだけ穴を開け続けられるか
製品の寿命を表示する
D(Delivery)
納期
ドリルの場合、穴を開けるのにどれくらいの時間がかかるのか

上記を洗い出して、自社製品の強みを把握します。

最後にLPを作って、リスティング広告を出稿。

A/Bテストを行い、コンバージョンしやすいLPに改善。ここで培ったデータをもとに、オフラインの展示会やカタログの文言を修正した結果、売上が200%アップしました。

リスティング広告は詳細なデータが取れるメリットがあります。この強みを活かして得たデータをもとに、オフラインのマーケティングを強化したことで成功につながりました。

【月商1億UP!】美容クリニックのYouTube実行支援成功事例

美容クリニックのYouTubeコンサルで、たった1本の動画から月商1億円アップさせた成功事例です。

成功要因は「プロテーゼ」や「脂肪吸引」などのキーワードで検索上位を獲得したことでした。

上記のようなキーワードで検索するユーザーは、施術に興味がある顕在層になります。そのため、1つのキーワードでYouTube検索1位を獲得するだけで、数億規模の売上が立ってしまうのです。

・どんな施術がYouTubeで検索上位を取れるのか
・その中で、利益率が一番高いキーワードは何か

このような要素を分析して、検索上位を獲得しやすい施術名で動画を作成しました。

動画の内容はコンバージョンにつながりやすいオペ映像を採用。

・脂肪吸引って実際にどんな感じなんだろう?
・信頼できる人にオペをお願いしたい

顕在ニーズに応える動画を作成することで、検索上位をハックできました。

美容クリニックだからこそ撮影できるオペ映像を提供して、コンバージョン数を激増させた成功事例になります。

Webコンサルの費用相場に関するよくある質問

最後にWebコンサルの費用相場に関するよくある疑問を解消しておきましょう。

・個人コンサルタントの料金相場はいくらですか?
・ダメなWebコンサルを見分ける方法はありますか?

個人コンサルタントの料金相場はいくらですか?

フリーランスのWebコンサルタントは、一般的に時給で料金を設定しています。

費用の相場は以下の通りです。

コンサル内容 時給
スポットコンサル 2〜3万円
顧問契約で月に1回訪問するコンサル 8,000〜1万7,000円

Webコンサル会社に依頼するよりも費用を抑えられるメリットがあります。

ただし、優秀なコンサルタントほど、クライアントを抱えていますので、Webマーケティング全ての分野に精通している個人のコンサルタントを探すのは大変です。

中には、安かろう悪かろうなコンサルタントもいるので注意してください。

ダメなWebコンサルを見分ける方法はありますか?

結論、特定領域のことしかできないコンサルタントはやめておいた方がよいでしょう。

例えば、SEOスキルのみ高いコンサルタントの場合、複合的なアプローチができません。最善の解決策が広告運用だとしても、SEO対策を提案されてしまう可能性が高いです。

また、他の施策に詳しくないため、ディレクションができないデメリットもあります。

合わせて、事業者目線を持っていないコンサルタントもおすすめできません。

新しい施策を試してみたくて、事業者の問題とは関係ないことを実行してしまう「施策やりたがり屋さん」もいるので注意が必要です。

コンサルタントと面談を行う際は、自社の事業の全体像を語ったうえで「この中でWebの役割はどんなものだと思いますか?」と質問してみてください。

論理的に答えられる人は、事業者目線を持っている可能性が高いです。

まとめ

Webコンサルの費用は、依頼する範囲によって異なります。

コンサル内容 費用相場
Webマーケティング戦略立案コンサルティング 月額30〜100万円
サイト診断コンサルティング 月額5〜30万円
SEOコンサルティング 月額5〜50万円
広告運用コンサルティング 月額5〜30万円
SNS運用コンサルティング 月額5〜20万円

コンサル料は「時給×稼働時間=コンサル料」で算出するのが一般的。

加えて実務の実行費用がかかる点も覚えておいてください。

Webコンサルの費用対効果を上げるには、以下のポイントを重視しましょう。

・複数の施策を組み合わせて支援できる会社を選ぶ
・相見積を取って比較検討する
・問題点を明確にしてからコンサルを依頼する

特に複数の施策を組み合わせられるかどうかは重要です。

発注者としては、問題点を明確にしてから依頼することで、効果的な施策に絞りやすくなります。問題の究明には「IMP×CTR×CVR×LTV=売上」の公式を活用するのがおすすめです。

「Webコンサルにかけた費用をなるべく早く回収したい」

「自社の問題を解決するための効果的な戦略を立ててほしい」

その場合は、StockSunにご相談ください。最新のWebマーケティングに精通したプロが、貴社の課題や目標を分析したうえで、費用対効果の高い施策を提案させていただきます。

\特典:事業課題を解決するWebマーケティングの施策をご提案/

Webコンサルティングについて無料相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

「Webを使った施策はソリューションが多すぎる…自社ではリソースが足りない」

「Webマーケティングを外注したいがお金がない…優秀な人材にとにかく安く依頼をしたい」

そこでマキトルくん!貴社の悩みを全て解決します!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにマーケティング施策を実行!
・月額5万円〜の定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!

StockSunの新サービス「マキトルくん」では、貴社の商材に適した最適施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。
限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。