メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

YouTube広告の攻略事例【種類別にプロが解説】

更新日
YouTube広告の攻略事例【種類別にプロが解説】

YouTubeは今、多くの企業やブランドが注目する広告ツールとなっています。しかし、単に広告を流せば良い、というものではありません。YouTube広告は複数の種類が存在し、それぞれの特性や適用シーンによって、どの広告をいつ、どのように活用するかが大事となります。

この記事では、YouTube広告の各種類を取り上げ、その特性や適用事例を、プロの視点から徹底的に解説します。YouTube広告の投稿を考えているマーケターやブランド担当者はもちろん、日常の動画視聴で広告に興味を持った一般の方々にも、その裏側の戦略や工夫を知っていただければ幸いです。

YouTube広告の出稿を検討されているときには、無料相談をご活用ください。

具体的な施策の内容や、どの程度の利益を見込めるかをアドバイスいたします。

また、YouTube広告だけでなく、貴社の事業課題をヒアリングしたうえで最短で利益につなげるための最適なWeb施策をご提案いたします。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

YouTube広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

そもそもYouTube広告とは

YouTube広告は、Googleの動画共有プラットフォーム「YouTube」上で表示される広告のことを指します。この広告は、視聴者が動画を視聴する際に、動画の前後や動画中、あるいはYouTubeのホームページや検索結果ページに表示されるものです。

YouTubeは、日々数百万の動画がアップロードされる世界最大の動画共有サイトであり、多岐にわたるコンテンツが投稿されています。このため、ブランドや企業はYouTube広告を利用することで、幅広いターゲット層に効果的にアプローチすることが可能となっています。

YouTube広告にはいくつかの形式が存在し、その目的やブランドのニーズに応じて最適な広告タイプを選択することができます。例えば、短いスキッパブル広告、動画の上や横に表示されるディスプレイ広告、動画内に表示されるオーバーレイ広告などがあります。

また、YouTube広告はGoogle AdWordsを使用して管理・配信されています。これにより、ターゲット、予算管理、パフォーマンスの分析など、広告キャンペーンの詳細なカスタマイズや最適化が可能となっています。

総じて、YouTube広告は、ブランドの知名度向上、商品のプロモーション、特定の行動を促すための有効なツールとして利用されています。そして、広告主はこのプラットフォームを通じて、動画コンテンツの力を最大限に引き出し、ターゲットとなる視聴者層へのメッセージ伝達を目指しています。

YouTube広告のメリット

YouTubeは毎日何億人ものユーザーが利用する巨大なプラットフォームです。この多様で広大なユーザーベースを持つプラットフォーム上で広告を行うことには、多くのメリットがあります。

広大なユーザーベースへのアクセス

YouTubeは全世界で20億人以上のログインユーザーを抱えるプラットフォームであり、その数は年々増加しています。YouTube広告を活用することで、これらのユーザーへ直接的にアプローチすることができます。異なる年齢層、興味、地域、言語のユーザーに効果的にメッセージを伝えることが可能となります。

精緻なターゲティング機能

YouTube広告は、Google AdWordsのターゲティング機能を活用して、特定のユーザーグループにピンポイントで広告を配信することができます。興味や検索履歴、デモグラフィック情報など、多岐にわたる条件を組み合わせて、最適なターゲット層を選定することが可能です。これにより、広告の効果を最大化し、無駄な広告費を削減することができます。

明確な分析とROIの測定

YouTube広告は、広告のパフォーマンスをリアルタイムで分析できる詳細なレポート機能を提供しています。再生数やクリック数、視聴時間など、多様な指標をもとに広告の効果を測定することができます。さらに、広告のROI(Return On Investment)を具体的に算出し、広告戦略の最適化に役立てることも可能です。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

YouTube広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

YouTube広告のデメリット

YouTube広告は多くのメリットを持っている一方で、いくつかのデメリットも存在します。広告主やマーケターがYouTube広告を活用する際には、これらのポイントを考慮に入れ、効果的な戦略を立てる必要があります。

高額な広告予算の可能性

YouTubeは高いユーザーエンゲージメントと広告効果を誇るプラットフォームですが、競合他社との競争も激しく、特に人気のあるキーワードやターゲットセグメントにおいては広告費が高騰することがあります。予算設定や入札戦略を適切に行わないと、期待したリターンを得られない可能性も。

ユーザーの広告飛ばし行動

多くのYouTubeユーザーは、動画の視聴を妨げる広告に対して否定的な印象を持つことがあります。特に、スキップ可能な広告においては、5秒後に表示される「スキップ」ボタンをクリックして広告を早めに終了させるユーザーも多いです。このため、広告の最初の5秒間でユーザーの興味を引き付ける工夫が求められます。

変動するアルゴリズムへの対応

YouTubeの広告配信アルゴリズムは、ユーザーの行動やプラットフォームの最適化を目的として、頻繁に更新されます。このアルゴリズムの変動に迅速に対応する必要があり、過去の成功した戦略が現在や未来でも有効であるとは限らない点を理解しておく必要があります。

YouTube広告の種類

YouTubeは動画コンテンツの配信を主とするプラットフォームであり、広告も多岐にわたるフォーマットで提供されています。適切な広告タイプを選択することで、目的やターゲットに合わせた最適なプロモーションが可能です。

TrueViewインストリーム広告

TrueViewインストリーム広告は、動画の再生前や中断時に挿入される広告フォーマットです。視聴者は動画の最初の5秒後に広告をスキップすることができます。この広告の特長は、視聴者が広告を30秒以上視聴するか、広告にアクションを取る(例: クリック)場合のみ広告主が料金を支払う点です。

アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、YouTubeのプラットフォーム外、つまりGoogleのビデオパートナーのウェブサイトやアプリ内で表示される動画広告です。スマートフォンやタブレットのユーザーに最適化されており、ビデオが表示エリアの50%以上が表示されている際に自動的に再生されます。

インフィード動画広告

インフィード動画広告は、YouTubeホームフィードに表示される広告フォーマットで、ユーザーの興味や活動に基づいてカスタマイズされた動画コンテンツが提供されます。この広告はユーザーの興味や検索履歴に合わせてパーソナライズされ、関連性の高いコンテンツとして表示されます。

バンパー広告

バンパー広告は、6秒以下の短い動画広告で、スキップすることができない形式となっています。これは短時間で効果的なメッセージを伝えることが可能で、ブランドの認知度向上や特定のキャンペーンメッセージの伝達に適しています。

YouTube広告の事例

では実際に出稿されている広告にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下、執筆時点で出稿されている広告事例についてご紹介させていただきます。

(※弊社出稿の広告ではございません)

SUUMO

SUUMOは不動産の賃貸で有名な企業であり、国内でも指折りの大手です。

上画像では、動画前のTrueViewインストリーム広告と、右上でのアウトストリーム形式の広告、どちらも出稿しております。

不動産賃貸では同じ物件をさまざまな会社が取り扱うこともあり、付加価値が提供しにくい低価格帯の賃貸物件などでは、顧客の取り合いになることもあります。

この広告のように多く出稿することで認知を獲得し、賃貸契約しようとしたときにSUUMOが連想されるようにする目的で、数多く出稿しているのだと思われます。

株式会社AQUES

株式会社AQUESでは英語学習サービスを展開しており、メンタリストDaiGoを起用してプロモーション・広告出稿しております。

上記ではインフィード動画尺ですが、動画の再生前に差し込まれるTrueViewインストリーム広告も多く出稿しており、認知の獲得に成功しています。

英語学習は数多くのサービスがあり、「英語学習といえば」というサービスがあまりない現状ではどれだけ認知を拡大できるかは一つの課題と言えるでしょう。

その中でも2019年リリースと比較的新しいながらも、YouTube上ですでに登録者200万人以上と認知をとっているメンタリストDaiGoを起用した広告により、広告出稿に成功した事例の1つだと考えられます。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

YouTube広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

YouTube広告での費用・相場

YouTube広告のコストは、広告の種類、ターゲティングの細かさ、競合他社との入札状況などによって大きく変動します。

ここでは、広告形式別の平均コストや地域、ターゲット層による相場の違い、さらにキャンペーン期間や時間帯による費用の変動について詳しく解説します。

広告形式別の平均コスト

TrueViewインストリーム広告

これは最も一般的なYouTube広告形式で、動画が再生される前に表示される広告です。広告主は30秒以内での視聴または動画全体の視聴のいずれか長い方の費用を支払います。平均的なコストパービュー (CPV) は0.10〜0.30ドル程度。

アウトストリーム広告

これはモバイルやタブレットのデバイス上で再生される動画広告で、YouTubeのプラットフォーム外で表示されます。平均的なCPVは0.02〜0.15ドル。

インフィード動画広告

YouTubeのホームフィードに表示される広告で、平均的なCPVは0.10〜0.25ドル。

バンパー広告

6秒以下の短い動画広告で、視聴者はスキップできません。CPM(1000回の表示あたりのコスト)ベースでの課金となり、平均的なCPMは5〜15ドル程度。

地域やターゲット層による相場の違い

地域

例えば、アメリカやヨーロッパなどの先進国での広告費用は、アジアやアフリカの途上国と比較して高くなる傾向にあります。

ターゲット層

特定の専門的な分野や高所得者層をターゲットとする場合、コストが上昇する可能性があります。

キャンペーン期間や曜日・時間帯による費用の変動

キャンペーン期間

年末年始や特定のセールスイベント期間など、広告の競争が激しい時期はコストが上昇することがよくあります。

曜日・時間帯

一般的に、夜や週末などの閲覧が多い時間帯は競合との競争も激しくなり、広告費用が高くなることがあります。

成功するYouTube広告の制作ポイント

YouTube広告が成功するための要因は多岐にわたりますが、特にその制作においてはいくつかのポイントを抑えることが重要です。

以下、そのポイントについて詳しく解説していきます。

ストーリーテリングの重要性

感情的な繋がりを作る

視聴者の心を掴むためには、ただの情報提供よりも物語性のあるコンテンツの方が効果的です。ストーリーテリングを取り入れることで、視聴者に感情的な繋がりを感じさせることができます。

ブランドのメッセージを伝える

ストーリーを通じて、ブランドの価値や哲学、製品の特長などを視聴者に伝えることができます。

記憶に残る

ストーリーがある広告は、情報だけを伝える広告よりも視聴者の記憶に残りやすいです。

CTAの配置とフォーマット

視覚的に目立たせる

CTA(Call To Action)は、視覴的に目立つ位置に配置し、明確にアクションを促す文言を使用することが重要です。

タイミングを考える

広告の最後だけでなく、適切なタイミングでCTAを入れることで、視聴者の反応率を高めることができます。

シンプルに

複雑な文言よりも、シンプルで分かりやすい言葉を使ったCTAの方が効果的です。

動画の長さとクオリティ

最初の数秒が重要

視聴者の注意を引くためには、動画の最初の数秒で興味を引きつける内容を盛り込むことが大切です。

適切な長さを選ぶ

広告の目的や内容に応じて、動画の長さを選びます。例えば、ブランドの認知を高めるための広告であれば短め、製品の詳細を伝えるための広告であれば長めにするなど、目的に合わせて最適な長さを選ぶことが必要です。

高品質な映像と音声

プロフェッショナルな映像や音声を使用することで、視聴者に信頼感を与えることができます。また、クオリティの高い広告は、ブランドのイメージアップにも寄与します。

成功するYouTube広告を制作するためには、これらのポイントを意識しながら、常に視聴者の視点に立って考えることが重要です。

YouTube広告での失敗例

YouTube広告は非常に効果的なツールである一方、正しく活用されない場合、費用対効果が低くなるリスクがあります。以下に、多くの企業が陥る典型的な失敗例とその原因について解説します。

適切でないターゲティング

広く浅くのターゲティング

特定の目的やターゲットを持たずに、幅広い層に広告を展開することで、効果的なリーチができない場合があります。

過度な絞り込み

逆に、あまりにも細かくターゲティングすることで、リーチが狭くなり、広告の効果が低下することも。

ターゲット層の誤解

企業が想定するターゲット層と、実際の商品やサービスを必要としている層が異なる場合、無駄な広告費を浪費するリスクが生じます。

クリエイティブの不一致

ブランドとメッセージの不一致

広告内容がブランドのイメージや哲学と合致していない場合、視聴者に混乱を与える可能性があります。

視聴者の期待を裏切る内容

クリックベイトのようなタイトルやサムネイルを使用し、実際の広告内容と大きく異なる場合、視聴者の信頼を失うリスクがあります。

品質の低い制作

低品質な映像や音声、不自然なスクリプトなどは、ブランドイメージの低下を招くことがあります。

予算の不適切な設定

過度な予算設定

広告の効果を即座に期待し、初めから大量の予算を設定することは、ROIが低下する可能性があります。

低すぎる予算設定

逆に、予算が低すぎる場合、十分なリーチや反響を得ることができない場合があります。

一貫性のない予算設定

キャンペーン初期に高い予算を設定し、その後予算を大幅にカットするなど、一貫性のない予算設定は広告の効果を低下させる可能性があります。

これらの失敗例を避けるためには、広告戦略の明確な設定、正確なターゲット分析、そして定期的な広告の分析と最適化が必要です。

まとめ

今回の記事にて、YouTubeで広告出稿するにあたって知っておくべき広告の種類や例となる事例などについてご紹介させていただきます。

ただ広告は誰宛に・どんなトピックで・どれくらい認知を取るかによってかなり費用や必要なクオリティが変わってきます。

また既存の広告を参考にしたとしても、果たしてその広告が効果を得れているのかは出稿主しか分かりません。

弊社にはYouTubeをはじめとする広告のプロが多数在籍し、御社の状況にて必要なものを探せるかと存じます。

下のボタンより無料相談が可能ですので、一度お聞かせいただければ幸いです。

費用は一切かかりません。無理な営業も行いません、ぜひお気軽にご相談ください。

ここまでご連絡いただきありがとうございました。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

YouTube広告の無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

YouTubeの運用に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。