メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

【動画コンテンツの作り方】成果を上げる制作方法と必要なツール機材

スマホ、YouTubeの普及とともに、動画コンテンツを用いて何かを伝える、ということがかなり主流になりました。今や会社紹介や採用動画、社内研修やマーケティングであっても動画が活用されることは珍しくありません。

今回は、そのようにさまざまな場面で使われる動画コンテンツを、そもそもどうすれば作れるのか解説します。作る前の準備に必要なこと、作るために必要なツール、作った後どう活用するか、全て網羅しながらプロの動画コンサルタントが解説いたします。

また、動画コンテンツ制作を検討しているときにはぜひお気軽にご相談ください。

貴社の目的から逆算し、どのようなプラットフォームにどんな動画コンテンツを制作していくべきかをアドバイスさせていただきます。この機会にぜひ無料相談をご活用ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

動画コンテンツの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

動画コンテンツとは【効果や市場の動向】

動画コンテンツは、情報を視覚的に伝えるための非常に効果的な手段として注目を集めています。その背景には、スマホやタブレットの普及、高速インターネットの拡大、そして動画プラットフォームの成長が挙げられます。

市場の動向としては、消費者の動画への関心が高まり、ビジネスや教育、エンターテインメントなど、多岐にわたる分野での動画活用が進んでいます。特に動画広告の効果は絶大で、視聴者の購買意欲を喚起する力があります。

動画コンテンツの作り方|制作の前にやるべきこと

動画を制作する前に、計画段階で考慮すべき事項がいくつか存在します。成功する動画を制作するためには、明確な目的とゴールを持ち、ターゲットオーディエンスをしっかりと定義することが不可欠です。

さらに、制作にかかる予算や範囲も早い段階で明確化しておくことで、スムーズに進行させることが可能となります。

動画制作の目的とゴールの設定

動画を制作する目的は、売上拡大やブランド認知の向上、教育や情報提供など、多岐にわたります。目的に合わせて動画の内容や演出を考えることが大切です。

また、具体的なゴールを設定することで、動画の効果測定や改善点の洗い出しもしやすくなります。例えば、「1ヶ月で1000回再生を目指す」や「動画経由での商品購入を50件増やす」など、数値で具体的にゴールを持つことが推奨されます。

予算と制作範囲の明確化

動画制作には様々なコストがかかります。撮影機材、編集ソフト、音楽ライセンス、出演者のギャランティなど、細かな部分まで考慮する必要があります。

予算を設定することで、どの範囲までの制作が可能なのか、また、どの部分に重点を置くべきかが明確になります。適切な予算配分により、最大の効果を得られる動画を作成することが可能となります。

動画コンテンツの作り方|基本的な制作方法

動画コンテンツの制作は、一見複雑に思えるかもしれませんが、基本的なステップを踏めば誰でも綺麗な動画を作ることが可能です。ここでは、動画制作の基本的なステップを3つに分けて、具体的な進め方を解説いたします。

step1:動画の企画を制作する

最初のステップは、何を伝えたいのか、どのような内容の動画にするのかを決める企画段階です。ここで考えるべきことは、ターゲットとなる視聴者や、動画の長さ、そして具体的なシナリオや構成など。

例として、新製品の紹介動画を制作する場合、製品の特徴や使い方、ターゲットとなる消費者層などを明確にして、それに合わせた内容を企画します。

step2:撮影・音声収録

企画が固まったら、次に進むのは撮影です。ここで大切なのは、明るくて綺麗な映像を撮るための照明や、安定したカメラワークを心がけること。

また、動画には音声が重要な要素となるので、外部マイクなどを使用して、クリアな音を収録することも忘れずに。撮影する場所や背景も視聴者の印象に大きく影響するので、計画的に選びましょう。

step3:編集と書き出し

撮影が終わったら、その映像を編集して一つの動画にまとめ上げます。編集ソフトを使用して、不要な部分のカットや色彩補正、テロップの追加などを行います。

ここで大切なのは、視聴者が飽きずに最後まで見てもらえるような構成にすること。そして、BGMや効果音を加えて、動画の雰囲気を引き立てる工夫も忘れずに。編集が終わったら、出力して完成となります。

動画コンテンツの作り方|制作に必要なツールと機材

動画コンテンツの品質は、制作に使用するツールや機材の質に大きく影響されます。高品質の動画を制作するためには、適切な機材の選定や、効果的な編集ツールの活用が欠かせません。

ここでは、動画制作の際に推奨される機材やツールについて詳しく解説いたします。

動画撮影のための基本機材

動画制作の基盤となるのが撮影機材です。以下は動画撮影に必要な基本的な機材です。

デジタルカメラ or DSLR

映像のクオリティを確保するためには、高解像度で撮影できるカメラが必要です。

三脚

手ブレを防ぎ、安定した映像を撮影するためには欠かせません。

外部マイク

カメラの内蔵マイクよりも高品質な音を録音できます。

初心者向け無料・有料編集ソフト

動画撮影後は、編集作業が必要です。以下は初心者にも使いやすい編集ソフトの一部です。

無料

iMovie (Mac専用), DaVinci Resolve, Shotcut など

有料

Adobe Premiere Pro, Final Cut Pro X, Filmora など

音声と照明の重要性

映像だけでなく、動画の音声や照明も視聴者の印象を左右します。

音声

音声のクリアさは動画のプロフェッショナル感に大きく影響します。外部マイクやオーディオレコーダーの使用を検討しましょう。

照明

明るく均一な照明は映像のクオリティを向上させます。ソフトボックスやリングライトなどの照明機材の使用をおすすめします。

CV率を向上させる動画コンテンツの作り方のコツ

動画コンテンツの制作において、単に魅力的な映像を作成するだけでは不十分です。

CV(Conversion Rate、コンバージョン率)を向上させるためには、ターゲットとする視聴者に対して効果的なアプローチが必要となります。以下、CV率を高めるための動画コンテンツ制作のコツをいくつかご紹介いたします。

アナリティクスを活用し分析改善

YouTubeや他のプラットフォームでの動画アナリティクスを活用することで、視聴者の動きや興味を深く理解できます。どの部分で視聴を中断しているのか、どの部分で反応が良かったのかなどの情報を元に、動画コンテンツの改善を進めましょう。

CTA(コール・トゥ・アクション)の明確化

動画の最後や適切なタイミングで、視聴者に何をしてほしいのか明確に伝えることが重要です。例えば「チャンネル登録をお願いします」や「詳細は下のリンクから」といった指示をはっきりと示すことで、アクションを促すことができます。

ストーリーテリングを取り入れる

人々は物語に引き込まれやすく、感情移入しやすいです。動画コンテンツにストーリーを織り交ぜることで、視聴者の関心を持続させ、動画全体を視聴してもらいやすくなります。

ビジュアルと音声の質を最適化

高品質な映像や音声は、視聴者にプロフェッショナルな印象を与えます。また、鮮明な映像やクリアな音声は視聴体験を向上させ、視聴者の注意を動画に集中させる助けとなります。

プロが教える動画コンテンツの作り方における最新トレンド

近年、動画コンテンツの制作に関するトレンドが急速に進化しています。テクノロジーの進歩や視聴者の期待値の変化に応じて、新しいフォーマットやアプローチが次々と生まれてきています。

ここでは、業界のプロが注目している最新のトレンドをいくつかご紹介いたします。

360度動画やVRの活用

VR(Virtual Reality)技術の発展とともに、360度動画の制作や活用が増えてきました。これにより、視聴者は動画内で全方向を自由に見ることができ、まるでその場にいるかのような没入感を体験することができます。

観光地の紹介やイベントの様子など、リアルな体験を伝えたいときに特に効果的です。

ライブ配信

コロナウィルスの影響を受け、ライブ配信が一層の注目を浴びるようになりました。リアルタイムでのコミュニケーションが可能となるため、視聴者との直接の絆を強化することができます。また、イベントや講演、裏側の様子を伝えるのにも適しています。

短編動画コンテンツのブーム

TikTokやYouTube Shortsなどのプラットフォームの普及により、短時間の動画コンテンツが非常に人気を集めています。15秒から1分以内の短編動画は、短い時間で強烈なインパクトを与えることができるため、効果的なプロモーションツールとしても用いられています。

制作した動画コンテンツの活用方法

動画コンテンツを制作した後、どのように活用するかは非常に重要なポイントとなります。適切な配信チャネルを選択し、ターゲットとなる視聴者層に届けることで、制作した動画の効果を最大化することができます。

以下に、動画コンテンツを活用するための幾つかの方法を紹介いたします。

SNSでの動画活用術

SNSは、情報が瞬時に拡散するプラットフォームであり、動画コンテンツを広めるには最適な場所です。InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSで動画を投稿する際には、ハッシュタグの活用や適切なタイミングでの投稿がポイントとなります。

また、短時間の動画を連続して投稿するストーリーズ機能を活用することで、日常の裏側や新商品の紹介など、さまざまな情報を伝えることができます。

動画を用いたメールマーケティング

動画をメールマーケティングに取り入れることで、受信者の興味を引き、アクションを促す効果が期待できます。

メール内に動画リンクを貼り付けるだけでなく、動画のサムネイルを利用してクリック率を向上させる工夫も重要です。また、動画を視聴してもらうためのキャッチフレーズや呼びかけの文言も工夫することで、効果的なメールマーケティングを実現することができます。

ウェブサイトに動画を組み込むメリット

ウェブサイトに動画コンテンツを組み込むことで、訪問者の滞在時間を延ばし、コンバージョン率を向上させることが可能です。

例えば、製品の紹介動画や使用方法の解説動画をトップページや商品ページに掲載することで、訪問者に商品やサービスの魅力を直感的に伝えることができます。また、SEO対策の一環として動画を活用することで、検索エンジンのランキングを向上させる効果も期待できます。

動画コンテンツの制作事例紹介

動画コンテンツは多種多様な業界や目的に応じて制作・活用されています。実際の制作事例を通じて、動画コンテンツがどのように成果を上げているのか、そのポイントを解説いたします。

BtoB向け動画コンテンツの成功例

BtoB市場では、製品やサービスの特長を具体的に伝えることが非常に重要です。あるIT企業は、自社のクラウドサービスのメリットを伝えるための動画を制作し、その中で実際の操作方法や導入のメリットをリアルに紹介。この動画はターゲットとなる企業の意思決定者にダイレクトにアピールし、導入検討企業の増加に繋がったと言われています。

エンターテインメント分野のヒット事例

エンターテインメント分野では、視聴者の心をつかむストーリーが重要とされます。ある映画のプロモーション動画は、映画の中核となるシーンを組み合わせながら、その背景にある感情を伝えるストーリーを編集します。

これにより、映画館への足を運ぶ動機を視聴者に与え、大ヒットへと繋がったといわれています。

教育・トレーニングコンテンツの効果的な使い方の事例

教育やトレーニングの分野では、動画コンテンツが情報の伝達ツールとして注目されています。一つの学習機関は、オンライン講義のための動画コンテンツを制作。

この動画では、講師が実際にホワイトボードを用いて説明を進める様子を中心に、視聴者が学習内容を深く理解できるような工夫が施されています。この動画教材の導入により、学習者の理解度が大幅に向上したとの声が多く寄せられました。

採用動画の制作を代行会社へ依頼したいときには、次の記事が参考になります。

関連記事

採用動画制作会社5選!費用相場や選び方、成功事例も紹介【プロ解説】

採用動画制作会社5選!費用相場や選び方、成功事例も紹介【プロ解説】

Read More

まとめ

今回の記事にて、YouTubeに限らず動画コンテンツの作り方から、どのポイントに気をつけるべきか、制作には何が必要かなど説明させていただきました。

ただもちろん、全ての企業・場合において同じ機材が必要ではありません。

たった数本で十分な場合と、数百本必要な場合。また動画を社内か社外か世間向けに使うのかなど、かなり複数の条件によって取り組むべき要素は変わってきます。

下ボタンより無料相談を承らせていただきますので、御社での状況やお困りごと・質問などお聞かせいただけますと幸いです。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

動画コンテンツの無料相談
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

動画マーケティングに適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。