メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

採用動画にはインタビューが最適な理由と事例【プロ解説】

更新日
採用動画にはインタビューが最適な理由と事例【プロ解説】

採用活動において、企業の真の魅力を伝えるものとして「採用動画」は非常に効果的なツールとして位置づけられています。

特に、インタビュー形式の動画は、応募者に対して企業の内部からの生の声を届け、リアルな職場の雰囲気を感じさせることが可能です。しかし、なぜインタビュー形式がこれほどまでに有効なのでしょうか?そして、実際の事例を通して、どのように企業の魅力を引き出すことができるのでしょうか?

この記事では、採用動画におけるインタビューの重要性と、その成功事例についてプロの視点から解説していきます。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

リクルート動画の無料相談

目次

インタビュー動画の事例10選

では早速、インタビュー動画にはどのようなものがあるのかYouTubeで確認できるものを10個ご紹介いたします。

1点ご注意いただきたいこととして、いずれも弊社製作の動画ではございません。

ですが無料相談等でのサンプルとしてご提示いただいた際には、見積もりや活用方法などご提案させていただきます。

1人に焦点を当てた密着型の事例5選

株式会社LIXIL Advanced Showroom

こちらは1人の社員が3つの質問に回答していく動画です。おそらく一番思いつきやすい形かと思います。

それぞれの質問へと答える時間がやや長めなため、ただの質疑応答ではなく深い価値観まで掘り下げて発信することができます。

株式会社オアシスライフスタイルグループ

こちらは社長がインタビューに応じている動画であり、特に新卒採用のための動画と狙いに特化したスタイルです。

会社の文化や成り立ちを一番知っている人自ら、就活中である経験の浅い新社会人へメッセージを伝えることで、求人掲載などよりも鮮明でダイレクトな情報を伝えることに成功しております。

ANA(全日本空輸株式会社)

こちらは社員の中でもCAの方へさまざまな質問をしております。

質問へ答える音声と共にさまざまな働いている場面が移り、ユーザーにとっては情報が知れるだけでなく期待感も高めてくれる動画です。

小津産業株式会社

こちらはタイトルに3年目社員とあるように、職種ではなく勤続年数を区切ってインタビューをおこなっております。

また採用のための動画として作られ、新卒3年目へと絞る上で「後輩への指導」など新卒が気になることも含めてインタビューすることに成功しております。

株式会社芝浦電子

こちらは社員の中でも人事・経理と職種を限定しております。

業務や職場環境を他の動画より比較的詳しく説明しており、企業ではなく職種で就活を区切っている人にとって有益な動画となります。

複数社員を出演させるタイプの事例5選

カルビー株式会社

社員から社長まで様々な人が出演しているインタビュー動画です。

10分超とかなり長尺であり、一人あたり2分前後の時間があるため先ほどまでの一人のみ登場するインタビュー動画を繋ぎ合わせた形と思っていただけると想像しやすいかと思います。

竹村電気工事株式会社

一つの会社にいるさまざまな現場の職人の方がインタビューに応じている動画です。

回答者の年齢はバラバラで職種も異なるため、いろんな人の中に見える共通の価値観から会社の価値観などを伺うことができます。

株式会社タカラトミー

新卒採用向けに絞った動画です。

様々な職種の人が登場するのですが質問は統一せず、それぞれの仕事にあった質問へカスタムすることでその職種ずつへの理解を深めることができます。

すかいらーくホールディングス

新卒1年目の社員複数名へインタビューをおこなっている動画になります。

まだ不慣れさや迷いがあえて含まれることで、これから就活する人にとって親近感を産むことに成功しております。

ソニーグループ株式会社

若手社員に絞りつつ、年齢・職種・性別をバラバラにインタビューしている動画です。

テロップがなく次々と変わる場面では働いてる様子をスタイリッシュに映してて、高揚感が高まる動画に仕上がっています。

インタビュー動画とは

インタビュー動画とは、一体感と信頼感を醸成する強力なツールです。

リアルな声が直接聞けることで、視聴者との間に信頼関係を築き、深い共感を生むことができるのです。

このセクションでは、インタビュー動画の基本的な定義と、その使用シーンに焦点を当て、その本質と効果を解明します。

定義: インタビュー動画の核心

インタビュー動画とは、一言で言えば、人々の生の声を伝える映像コンテンツです。

これは、インタビュイーの個性や感情、思考を視聴者に直接的に伝えるもので、収録される内容はスクリプトに則ったものではなく、その人の本心からの言葉です。

そのため、インタビュー動画は、見ている人に真実味と説得力を提供し、話題や登場人物に対する深い理解や共感を促す効果があります。特に、リアルなストーリーを伝えることで、企業や製品に対する信頼性や説得力を高めることが可能です。

使用シーン: どんな時に効果的か

インタビュー動画の使用シーンは非常に多岐にわたります。

例えば、製品やサービスのユーザー体験を共有する場合、実際の顧客が製品について語るインタビュー動画は、その信頼性や満足度を強調するのに役立ちます。

また、社内でのイベントやプロジェクトをドキュメント化する場合、チームメンバーの声を集めることで、プロジェクトの背景やチームの結束力を示すことができます。

採用面でも、現在の従業員が働く環境や企業文化について語ることで、応募者に対して会社のリアルなイメージを伝えることができます。

これらのシーンでインタビュー動画を使用することで、情報の透明性と説得力を高め、視聴者とのより強固な関係を築くことができるのです。

インタビュー動画のメリット・効果

インタビュー動画は、視聴者の心を動かす真実のメッセージを伝えることで、独特のメリットと効果を発揮します。

このセクションでは、信頼性の構築、感情的なつながりの強化、そして情報伝達の効率化といった、インタビュー動画独自の強みに焦点を当てていきます。

信頼性の構築: リアルな声の重要性

インタビュー動画における最大の利点は、間違いなく信頼性の構築です。

実際の人々の生の声は、スクリプトに則った台詞よりもずっと説得力があり、メッセージに深みと真実味をもたらします。視聴者はステージングされた内容よりも実際の経験に基づく話を好み、これが信頼感と説得力を生みやすくなります。

特に、顧客の証言や従業員のストーリーは、ブランドや組織の価値を客観的かつ人間味ある方法で示すため、強力なインパクトを持っています。

候補者との感情的つながり: エンゲージメントの向上

インタビュー動画は、視聴者との感情的なつながりを築く効果的な手段です。

ストーリーテリングによって、視聴者はスクリーンの向こうの人物や物語と感情的に関わることができ、これがエンゲージメントを深める要因となります。

このプロセスは、視聴者が共感や同情を感じ、自然とブランドや企業への興味・関心を持つように導きます。また、正直で感動的なインタビューは、企業が人々と心を通わせ、信頼関係を築くのに役立ちます。

情報伝達の効率化: 複雑な情報のシンプルな提示

インタビュー動画は、複雑な情報やナレッジを効果的かつ効率的に伝達するための強力なツールでもあります。

動画内容が視覚的で聴覚的な体験を提供するため、テキストベースの情報よりも視聴者の注意を引きやすく、理解しやすいのです。

これにより、企業の使命、ビジョン、製品やサービスの詳細など、多層的なメッセージを簡潔かつ魅力的な方法で提示することが可能です。

インタビュー動画の種類

インタビュー動画は多様な形式があり、その目的に合わせて最適なスタイルを選択することが重要です。

大きく、質問者と回答者が明確に分かれたものと、お互いに質問・回答し合うタイプが存在し、それぞれが特定のコンテキストやコミュニケーションの目的に適しています。

以下で、これらの種類とそれぞれの特徴、適した使用シーンについて解説します。

質問者・回答者が1人ずつ

このタイプのインタビューは最も一般的な形式で、インタビュアー(質問者)とインタビュイー(回答者)が1人ずつ参加します。

ここでは、インタビュアーが用意した質問リストに基づき、インタビュイーがそれに回答する形を取ります。このダイレクトなやり取りが、視聴者にとっての理解を深める明確な情報提供につながり、

特に企業のリーダーや業界の専門家が対象の場合、その信頼性や権威を強調するのに有効です。

お互いに質問し合う

対話形式のインタビューでは、参加者がお互いに質問し合うスタイルを採用します。

これには、通常、2人以上のインタビュイーが含まれ、彼らが互いの経験や見解についてディスカッションします。この形式は、参加者間の自然な会話を通じて、より深い洞察や多様な視点を引き出すことができます。

特に、異なる背景や専門知識を持つ人々が参加することで、トピックに対する広がりや深みが増し、視聴者が話題により強く引き込まれる効果があります。

インタビュー動画の制作を依頼する際の注意点

インタビュー動画の制作を外部のプロフェッショナルに依頼する際には、成功への道筋を明確にするためのいくつかの重要なポイントがあります。

目的と目標の設定、適切な制作会社の選定、そしてプロジェクト全体を通じた効果的なコミュニケーションが、質の高いインタビュー動画を作り上げるためのカギとなります。

目的と目標の明確化: 成功のための方向性設定

ビデオプロジェクトを開始する前の最初のステップは、その目的と目標を明確にすることです。

何を達成したいのか、どのようなメッセージを伝えたいのか、ターゲットオーディエンスは誰なのか、といった基本的な問いに答えることで、プロジェクトの方向性が定まります。

この明確化作業が、制作会社が理解しやすいガイドラインを形成し、期待する成果につながる確かな基盤を築きます。

信頼できる制作会社の選定: 質の高い成果を納品するパートナー選び

信頼できるビデオ制作会社の選定は、質の高いインタビュー動画を実現するために欠かせないプロセスです。

会社の実績、ポートフォリオの質、過去のクライアントからのフィードバックなどを評価基準に、プロジェクトの要件を満たす能力を持つパートナーを選びましょう。

コミュニケーションの重要性: スムーズなプロジェクト進行

コミュニケーションは、インタビュー動画の制作プロセスにおいて中心的な役割を果たします。

明確なコミュニケーションは、クライアントの期待値と制作会社の理解を一致させ、プロジェクトの適切な進行を保証します。

また、進捗の定期的なチェック、フィードバックの提供、そして必要な調整の申し入れなど、プロジェクト全体を通じた双方向のコミュニケーションが、望ましい結果に結びつく品質の高い最終製品を生み出します。

インタビュー動画の際の制作ポイント

インタビュー動画は、そのリアルなやり取りが視聴者に強い印象を与えることができる効果的なツールです。

しかし、その印象がポジティブであるためには、制作過程で考慮しなければならないいくつかの重要なポイントがあります。

インタビュイーの快適さを確保する環境設定、深い洞察を引き出す質問の準備、そして編集段階でのメッセージの強調など、これらの要素が適切に組み合わされることで、成功するインタビュー動画が生まれます。

環境設定: インタビュイーの快適性と映像品質への影響

インタビューの場を設定する際には、インタビュイーがリラックスし、自然体でいられる環境を整えることが重要です。

快適な環境はインタビュイーから自然な表情や回答を引き出し、映像全体の品質を向上させます。

また、照明、音響、背景などの技術的な側面にも注意を払い、プロフェッショナルな映像作りを心掛けましょう。

質問の準備: 内容の深堀と自然な会話フローの確保

インタビューの質と深みは、事前の質問準備に大きく依存します。

スクリプトに沿って、インタビュイーが本音を語りやすいようなオープンエンドの質問を用意しましょう。

また、インタビュイーが話しやすいよう、会話の流れに自然さを持たせ、緊張を解きほぐす工夫も重要です。

編集におけるメッセージの強調: 視聴者の注目を集める要素の強化

編集段階では、撮影された内容を最大限に生かしつつ、ストーリーに一貫性とリズムを持たせる必要があります。

重要なポイント、感情的なハイライトなど、メッセージを強調する要素を前面に出し、視聴者の注意を引きつける演出を加えることで、インタビュー動画のインパクトを一層高めることができます。

インタビュー動画での質問例

インタビュー動画を制作する際、内容の核心をなすのはインタビュイーへの質問です。

これらの質問は、視聴者が企業の文化や働く環境、そこで働く人々へどのように感じるかを左右します。

ここで、インタビューの際に投げかけたい質問の例をいくつか挙げ、どのように企業の魅力を引き出すかに焦点を当ててみましょう。

企業文化と個々の価値観

「あなたにとって理想的な職場環境とは何ですか?」

「チームの精神を一言で表すとしたら何ですか?」

「入社前後で、あなたの見る企業文化のイメージに変化はありましたか?」

「この企業の人々と仕事をすることで感じるやりがいは何ですか?」

これらの質問は、企業が提供する環境と個々の従業員が持つ価値観との相互作用に焦点を当て、企業文化の実際の体現者である従業員の声を引き出します。

業界のインサイトと個人の成長ストーリー

「業界の将来をどのように予測していますか?」

「当社は業界の中でどのような位置づけにあると感じますか?」

「仕事を通じて得た、最も価値のある教訓は何ですか?」

「キャリアを通じて最も学んだことは何ですか?」

これらの質問は、従業員が業界の動向をどのように捉え、自らの成長や成功にどのように結びつけているかを明らかにします。

日常的な業務フローやチームワークの現場

「一日の業務フローを教えてください。」

「メンバーとのコミュニケーションを円滑にするための秘訣はありますか?」

「困難を乗り越える際、チームはどのように協力していますか?」

「効果的なミーティングのための重要な要素は何ですか?」

「仕事の優先順位をどのように決定していますか?」

「チームの成功を支える文化や習慣にはどのようなものがありますか?」

これらの質問により、応募者は自分が将来参加するかもしれないチームの動きや、日々の業務の実際についての洞察を得ることができます。

インタビュー動画の制作費用・相場

企業が採用活動やブランドストーリーを伝える強力なツールとしてインタビュー動画を利用する際、最も気になるのが制作費用です。

この費用は、プロジェクトの規模、使用する機材の種類、撮影場所、参加するプロフェッショナルの数や質、さらに編集にかける時間など、多岐にわたる要素によって左右されます。また、高品質な動画を制作するためには、専門のスキルや経験が必要とされるため、その分費用もかさみます。

動画の内容、クオリティにより費用は左右しますが、目安となる費用相場は以下の通りです。

※各コンサルタントに要相談

しかし、目的に合わせた予算の最適化と、可能なコスト削減策を理解することで、企業は効果的かつ経済的なインタビュー動画を実現できます。

このセクションでは、インタビュー動画制作の際に考慮すべき費用の内訳や、賢い予算の立て方、予期せぬ追加費用を避けるためのアドバイスなど、費用と品質のバランスをとるための重要なポイントを詳しく解説します。

制作のスケールと費用の関係

インタビュー動画の制作費用は、プロジェクトの複雑さやアプローチの違いによって大きな変動があります。

大掛かりなプロダクションであれば、高度な撮影機材、専門スタッフ、そして洗練された編集技術が必要となり、これらは費用を大きく押し上げる要因となります。一方、シンプルなセットアップや自然光を利用したリラックスした環境では、それほど高額な予算は必要としません。

しかし、コストを抑えることと品質を維持することのバランスを見極める必要があります。品質を落とさずにコストを抑えるには、計画段階での明確な目標設定、効率的なスケジュール管理、そして経験豊富なプロフェッショナルとの協業が重要です。

特に、事前にしっかりとしたコンセプトを固め、目的に合致した機材やスタッフを選定することで、無駄な出費を抑え、計画通りにプロジェクトを推進することが可能です。

追加費用の可能性

動画制作には予想外の出費がつきものです。特に、プロジェクトが進行する中での変更要求は、追加費用が生じる主な原因の一つです。

これには、撮影スケジュールの変更や追加、特殊機材の急なレンタル、後期製作での意図しない修正などが含まれます。これらの追加費用に対処するためには、初期段階での十分なヒアリングと計画作成、そして予備費用の設定が欠かせません。また、プロジェクトの各段階でコミュニケーションを密に取り、予期せぬ要求や変更に柔軟に対応する体制を整えることが重要です。

事前にリスクを洗い出し、予算内で質の高い動画制作を行うための方策を講じることで、最終的な出来栄えに大きく影響する可能性のある問題を未然に防ぐことができます。

コスト削減のためのヒント

費用を削減しつつも、品質の高いインタビュー動画を制作するためには、様々な戦略が考えられます。

例えば、同じロケーションで複数の動画を撮影することで旅費を削減したり、地元のリソースを活用することで機材やスタッフのコストを抑える方法があります。また、明確なビジョンと計画に基づく効率的な撮影スケジュールの立案は、撮影時間の短縮や後期製作での追加作業を減らし、コストを大きくカットすることが可能です。

質の高い動画を予算内で実現するためには、創意工夫と計画的なアプローチが不可欠であり、それには各ステージでの精密な管理とコミュニケーションが求められます。

まとめ

今回の記事にて、採用動画の中でもインタビュー形式に注目して解説して参りました。ご参考になれれば幸いです。

現在のように採用動画を作ることがかなり普及した中では、インタビュー形式に限らず採用動画を既に制作された企業も少なくないかと思います。

ですがその採用動画を公式HPやYouTubeにとりあえず載せるのみで、うまく活用できている企業はあまり見かけません。

「採用HPに200万円以上費用をかけている」
「毎月100件以上スカウトメールを送付している」
「毎月のように求人票をブラッシュアップしている」

その場合、採用施策にムダが生じている可能性があります。

StockSunが生み出した『YouTube×採用』施策を用いれば、採用コストを削減しながら約30万人に貴社の求人を即リーチできます。

・貴社の採用動画制作し、ターゲット層と相性の良いメディアから集客を実施!

・GMARCH/関関同立以上の高学歴ビジネス層26万人が登録する就活系YouTube「年収チャンネル」と、
StockSunとつながりを持つビジネス系YouTuberが、貴社の採用動画を拡散!

低コストで優秀な人材の採用が叶う、StockSunにしか提供できないサービスをぜひご検討ください。

拡散支援枠には限りがあります。ご興味のある企業様は以下バナーから詳細をご確認ください。

\特典:最短で収益化!?貴チャンネルとマッチする動画戦略をご提案/

リクルート動画の無料相談


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

リクルート動画制作に適任のコンサルタント

青笹寛史

青笹寛史

YouTube×LINEのスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

CRMコンサルティング

植本涼太郎

植本涼太郎

YouTubeスペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

採用コンサルティング

医療・クリニック

転職

新卒

採用代行

工務店、ハウスメーカー

塾・予備校

飯田健登

飯田健登

企業専門のYouTube運用スペシャリスト

YouTube・TikTokコンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

為国辰弥

為国辰弥

採用スペシャリスト

採用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

転職

新卒

総合Webマーケティング支援

Webサイトコンサルティング

SEO•MEOコンサルティング

Web広告運用コンサルティング

鳥屋直弘

鳥屋直弘

StockSunNo.1のYouTube制作チーム

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

転職

新卒

工務店、ハウスメーカー

不動産投資

受託

製造業

SaaS

CRMコンサルティング

採用コンサルティング

Instagram・Xコンサルティング

濵口魁希

濵口魁希

社長の右腕 WEB戦略のゼネラリスト

Web広告運用コンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

新規事業コンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

SaaS

採用代行

柴田章矢

柴田章矢

動画マーケティングの達人

YouTube・TikTokコンサルティング

医療・クリニック

ジム・エステ

新卒

受託

和田悟

和田悟

テレビ番組クオリティをWeb動画に

YouTube・TikTokコンサルティング

山本紘希

山本紘希

WordPress職人

システム・アプリ開発コンサルティング

Webサイトコンサルティング

受託

SEO•MEOコンサルティング

松浦英雅

松浦英雅

住宅領域のスペシャリスト

Instagram・Xコンサルティング

YouTube・TikTokコンサルティング

不動産投資

工務店、ハウスメーカー

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。