メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

【StockSun式】BtoBメルマガの成功事例4選|開封率や今すぐ使えるテンプレートも紹介

BtoBビジネスをおこなう上で、顧客への適切なリーチ手法に悩んでいる担当者の方は多いのではないでしょうか。

そのような場合は、「メールマガジン」の利用がおすすめです。メールマガジン(メルマガ)は、マーケティングに活用できるBtoBビジネスの手法です。

そのため、メルマガはコンバージョン獲得や自社ブランドの知名度向上を高い費用対効果で実現できる手法といえるでしょう。

この記事では、BtoBメルマガの目的や成功事例を紹介したうえで、実際の運用に役立つ工夫すべきポイントやテンプレートをご紹介します。

また、StockSun株式会社では、BtoB向けのメルマガを配信するにあたっての無料カウンセリングを実施しております。

貴社の目的を達成するために最適なメルマガ運用方法を知りたいという方は、下記のお申し込みから古澤までお問い合わせください。丁寧にヒアリングさせていただき、貴社の商材・課題に合わせたご提案をさせていただきます。

 

▼ご提案資料例

上記画像の通り、カウンセリング内容から現状データを集約・分析しつつ、ターゲット対象となる市場の全体像から、マーケティングの具体的な施策例までご提案します。

カウンセリングは、お申込みから最短3日後には開始が可能です。BtoB向けのメルマガ配信でお困りの際は、まずは一度StockSun株式会社にお問い合わせ下さい。

特典:商材・課題に合わせたBtoBメルマガ運用戦略をご提案

BtoBメルマガの無料相談をする
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

 

BtoBメルマガの目的4選

BtoBビジネスにおいてメールマガジン(メルマガ)は、企業が抱える様々な目的を達成するために利用することが可能です。

ここではBtoBメルマガの4つの目的を紹介します。

コンバージョンを獲得する

BtoBメルマガの主な目的のひとつは、コンバージョンの獲得です。企業は、メールマガジンを通じて顧客の関心やニーズに合わせた情報や特典を提供し、購買や契約の意思決定を促すことができます。

例えば、特別なセールや割引キャンペーンをメルマガ読者に提供することができれば、購買意欲を高められます。

メールマガジンを受け取っている読者は、貴社の製品・サービスに既に一定の関心をもっています。そのため、キャンペーンなどの施策によって読者の背中を押し、購買に結びつけることが可能です。

自社ブランドのファンを増やす

BtoBメルマガは、自社ブランドの知名度や評判を向上させるための有効な手段です。

成功事例や専門知識を提供することで、自社が業界内で優れた経験と専門性を有する企業であることをアピールし、読者からの信頼を確立することが可能です。

場合によっては、他ユーザーの声を紹介したり、エンターテイメント性のあるコンテンツなどを掲載したりすることも有効です。それらを発信することで、自社ブランドに対する深い理解と親近感が得られます。

コストや時間をかけずに情報発信・販促ができる

BtoBメルマガは、費用対効果の高いマーケティング手法として広く認識されています。

他の広告や宣伝手段に比べてコストが低く、効果的な情報発信・販促が可能です。メルマガは、新製品の発売・イベントの告知・業界の最新ニュースなど、さまざまな情報を効率的に伝えることが可能です。

さらに、ウェブや紙媒体での大規模な広告キャンペーンと比べ、メルマガの制作と配信に必要な時間と費用は大幅に少なくなります

過去に作成したコンテンツを再利用しながら定期的な配信も可能であるため、コスト・時間のパフォーマンスを高められるでしょう。

潜在顧客を獲得する

BtoBメルマガは、潜在顧客の獲得にも効果的な手段です。潜在顧客とは、悩みや課題を抱えているものの、まだ具体的なニーズをもっていない顧客のことを指します。

情報収集を行っている潜在顧客にとって、メルマガは簡便な情報収集ツールです。そのため、有益な情報を積極的に掲載するメルマガの発行で、潜在顧客を集められます。

メルマガを通じてさまざまな情報を提供することで潜在顧客のニーズが明確になります。こうして購買意欲が高まった顕在顧客に転換させることで、最終的な購買に導くことが可能です。

BtoBメルマガの成功事例4選

BtoBメルマガはさまざまな目的達成に役立つツールです。

次に、BtoBメルマガをマーケティング手法として活用し、成功を収めている企業とその具体例を紹介します。これらの事例から自社のメルマガに役立つヒントやアイディアを見つけてください。

  • 安定した実績「StockSun」
  • コンテンツが充実「キーエンス」
  • セグメントごとに配信「ビッグビート」
  • 技術力のPRで高い訴求「阪井金属製作所」

安定した実績「StockSun」

StockSunは、BtoBメールマーケティングの成功事例として注目されており、メールマーケティングを活用することで、安定した実績を上げています。

StockSunのメールマーケティングは、まずはターゲットとなる顧客を明確にする点が特徴です。そのうえでメールマガジンでは、ターゲットのニーズに合わせて自社サービスの魅力を丁寧に伝えることで、高い成功率を実現しています。

また、メールマガジンだけではなくウェビナーなども組み合わせることで、最終的なコンバージョン率を高めることに成功しています。

StockSunのメールマガジンの取り組みは、BtoBメールマーケティングの効果的な手法を学ぶ好事例だといえるでしょう。

また、StockSunでは安定した実績・ノウハウをもとに、BtoBメールマーケティングでお困りの企業様への支援を行っています。

過去に行ってきた豊富な知見から丁寧なカウンセリングを行い、市場におけるターゲットのニーズ分析からメールマーケティングの具体的な施策例まで、充実した内容を丁寧にご提案します。

カウンセリングは、お申込みから最短3日後には開始が可能です。BtoB向けメールマーケティングでお困りの際は、まずは一度お気軽にお問い合わせ下さい。

特典:商材・課題に合わせたBtoBメルマガ運用戦略をご提案

BtoBメルマガの無料相談をする
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

コンテンツが充実「キーエンス」

キーエンスは、測定器具や自動化機器を提供している企業です。

同社のBtoBメールマーケティングの成功の秘訣は、充実したコンテンツ作りにあります。キーエンスのメールマガジンは単なる製品紹介だけでなく、業界の最新情報や有益な知識を提供することで、読者にとって価値ある情報源となっています。

また、信頼性や専門性があるとして評判を獲得しています。そのため読者は定期的にメルマガを開封し、内容を読むのです。そして、業界の最新情報や有益な知識で読者の関心を高めたうえで、製品に関する情報を提供しています。

これにより、同社では高い開封率とウェブサイトへの高いコンバージョンを実現しています。

セグメントごとに配信「ビッグビート」

ビッグビートは広告代理業やイベント制作を行う会社で、さまざまなマーケティングに取り組んでいます。

ビッグビートのBtoBメルマガの秘訣は、顧客のセグメントごとに配信を行う点です。同社では顧客の業種だけでなく、役職や購買履歴などを基にセグメンテーションを行い、それぞれのセグメントに最適化されたコンテンツを配信しています。

また、ビッグビートはメルマガの配信に際して、A/Bテストを活用しています。これにより最も効果的なメールタイトルやコンテンツ、配信時間などを見つけ出し、メルマガのパフォーマンスを最大限に引き出しています。

このように、ビッグビートでは顧客のニーズに対応した情報提供とデータに基づく最適化により、BtoB市場での成功を実現しています。

技術力のPRで高い訴求「阪井金属製作所」

阪井金属製作所のBtoBメルマガの成功の秘訣は、同社の高い技術力をPRすることで、顧客に対する強い訴求力を獲得している点です。同社は、金属加工と海外調達を専門とする企業で、その技術力は業界内でも高く評価されています。

メルマガでは、自社の技術力を具体的に説明したり受注実績をPR、製品やサービスの利点を説明することで技術力や品質に対する信頼感を高めています。

これらの情報は、顧客の製品開発や生産効率向上に役立つ有益な情報であり、顧客からの反響も大きいといえます。

BtoBメルマガの平均開封率

BtoBメルマガの平均開封率は、その成功を測る重要な指標です。

開封率とは、送信したメールが実際に受信者によって開封される割合を示すもので、高いほどメールマガジンの効果も高いといえます。開封率が高いということは、それだけ顧客が自社のメッセージに興味をもっているという証拠です。

一般的に、BtoBメルマガの平均開封率は約20〜30%といわれています。ただし、これは業界や企業の種類によって異なるため、一概にはいえません。

業界や他社の平均開封率だけではなく、自社の過去の開封率の推移を踏まえて、数値を高めていくことが重要です。

BtoBメルマガを作る時のポイント5選【StockSun式】

BtoBメルマガを作成する際には、開封率を高めることが重要です。ここでは、開封率を向上させるためのポイントを5つご紹介します。

セグメントごとに異なったメルマガを配信

セグメントとは、顧客を業種や役職など特定のグループに分けることを指します。

例えば、ある製品を購入した顧客と未購入の顧客では、関心がある情報は異なるでしょう。購入者には製品の使い方や関連商品の情報が役立つ一方、未購入者には製品の特徴や購入者の口コミを提供することで、購入への興味を引き出すことができます。

また、ユーザーごとのウェブサイトへのアクセス状況を把握することは、セグメントの作成に役立ちます。

頻繁にウェブサイトを訪れる顧客とメールのみで情報を得ている顧客では、メルマガに記載する内容をわけることでそれぞれの関心を高められるでしょう。

頻度・曜日・時間帯を意識し配信

頻度や曜日、時間帯の選択は開封率に大きな影響を与えます。顧客の行動パターンや習慣を理解し、それに合わせて最適な配信タイミングを選ぶことが重要です。

頻度については月に1〜4回ぐらいを基準にするのが良いでしょう。あまりに多すぎると、ユーザーは配信された情報の閲覧・確認を停止してしまいます。

また、配信曜日についても考慮が必要です。例として、週末は開封率が大きく落ち込む傾向があるため、注意する必要があると考えられます。

一般ユーザーへの配信に適した時間帯は、正午を挟んだ前後2時間ぐらいが良いといわれています。一方で、ビジネスパーソンへの配信は、メールをチェックする時間帯として多いと考えられる「通勤時間帯」や「ランチタイム」が適しています。

ポイントは、継続的な取り組みを通じて顧客の行動パターンを理解し、最適な配信タイミングを見つけ出すことです。

差出人名は必ず設定

BtoBメルマガの差出人名は、読者が信頼感をもつかどうかに影響を与えます。そのため、差出人名を設定する際には、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。

差出人名には、ビジネスのドメイン名を利用することが望ましいでしょう。ドメイン名を含めることで、受信者はメールが自社から来ていることをすぐに認識できます。

また、差出人名はBtoBメルマガ専用のものが望ましいです。担当者の個人名でも信頼は得られますが、異動などが生じた場合は差出人名が変わってしまいます。

差出人名が変わってしまうと、受信者がメールを認識しづらくなったり、ブランドの安定したイメージを損なったりする恐れがあります。メルマガの長期運用を考える場合は、BtoBメルマガ専用の差出人名を準備することをおすすめします。

件名は興味をもちやすい内容

メルマガの件名は、読者の興味を引くための重要な要素です。具体的な内容や特典を明示することで、開封率を上げることが可能です。

例えば、新製品の発売や限定セールの告知など、読者が興味をもつ可能性のある情報を件名に盛り込むと開封率アップに効果的です。

また、読者にとってのメリットを明確に伝えることで、開封への動機付けを促すことができるでしょう。例えば、「新製品発売!今なら初回限定30%OFF」といった具体的な特典を伝えることで、読者の関心を引きつけることができます。

一方で、誤解を招くような情報や過度にセンセーショナルな表現は読者の信頼を損なう可能性があるため、BtoBメルマガでは避けるべきです。例えば、「緊急告知!」といった誤解を招く可能性のある表現は、キャッチーな効果があるにしても、読者の信頼を失う原因となります。

本文はURLクリック率を意識

BtoBメルマガの本文作成において、URLクリック率を意識することは非常に重要です。読者が興味をもった内容の詳細情報をすぐに閲覧するためには、ウェブサイトへのリンクを用意することが求められます。

また、URLクリック率を向上させるためには、ユーザーが直感的に理解でき、かつ行動を起こしやすいようなデザインが求められます。具体的には、わかりやすく魅力的なボタンやリンクの配置、誘導文の工夫などが挙げられます。

さらに、本文内の情報は、読者が興味をもつ可能性のある内容に限定することも重要です。無関係な情報が溢れていると読者の関心が低下し、URLクリック率を低下させてしまいます

BtoBメルマガのテンプレート

ここでは、IT業界の読者を対象としたBtoBメルマガのテンプレート例を紹介します。このようなメルマガを、多くのビジネスパーソンがメールをチェックする火曜日の午前中などに配信してみましょう。

 

———————————————————————

件名: 【会社名】IT業界の最新トレンド – 今週のハイライト

差出人: メールマガジン <あなたの会社名>

こんにちは、【顧客の名前】様、

【会社名】の【あなたの名前】から、IT業界で働く方に知っておいてほしい最新情報をお届けします。先週はアメリカで毎年恒例となっている●社の技術者向けイベントが開催されました。今回はその内容についてご紹介しております。

  1. 【テクノロジートピック】

   最新のテクノロジートレンドについての簡単な説明。説明資料は無料でダウンロードいただけます。詳細はこちら(リンク)

  1. 【新製品のご案内】

   このテクノロジーを用いた新製品を紹介します。詳細はこちら(リンク)

【会社名】をご利用いただき、ありがとうございます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

———————————————————————

 

ぜひ、このテンプレートをあなたのビジネスやメルマガの内容に応じてカスタマイズして利用してください。

まとめ

BtoBメルマガは、多くの目的に資するマーケティング手段です。いくつかの工夫を行うことで高い成果を上げられるため、さまざまな企業が自社の製品・ビジネスに合わせてBtoBメルマガを活用しています。

しかし、自社でもBtoBメルマガを実際に始めてみるとさまざまな課題に直面し悩まれることも多いと思います。そのようなときはStockSunにご相談ください。

StockSunは、さまざまな業界のお客さまの課題を解決してきた、専門的なノウハウをもつ企業です。お客さまの状況に合わせた価格メニューを取り揃えていることに加え、最低発注金額がないため、初めての場合も安心して利用いただけます。

無料カウンセリングも実施しているので、メルマガ施策で課題を抱えている方はご気軽にご相談ください。丁寧にヒアリングさせていただき、貴社の商材・課題に合わせたご提案をさせていただきます。

特典:商材・課題に合わせたBtoBメルマガ運用戦略をご提案

BtoBメルマガの無料相談をする
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

 


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。