メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

SNS広告とは?【特徴・費用を比較と媒体別6つの成功事例を紹介】

更新日
SNS広告とは?【特徴・費用を比較と媒体別6つの成功事例を紹介】

著者

柴田章矢

「SNS広告の効果や費用相場を知りたい」
「運用媒体が多すぎてどれが最適なのかわからない」

SNS広告を出稿したいと思っても「どの媒体がよいのか、費用がわからないと不安」と感じる方もいるでしょう。

そこで本記事では、SNS広告の種類や得られる効果、費用相場などを紹介します。

Web集客のためにSNS広告の利用を検討されている方は参考にしてみてください。

なお弊社StockSunでは、貴社のビジネスモデルに適したSNS広告運用について提案いたします

「どの広告が自社に合っているのかわからない」
「最適な媒体で長期的に成果を上げていきたい」

このようなお悩みを抱えている場合は、StockSunの無料コンサルティングをご活用ください。

特典:媒体別のStockSun式戦略・戦術をご提案

SNS広告の相談をする
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

SNS広告とは

SNS広告は、Instagram、Facebook、LINE、Twitter、YouTube、TikTokなどのSNSプラットフォームで配信される広告です。

ここではSNS広告の概要について見ていきましょう。

  • SNS広告の目的
  • SNS広告の特徴
  • SNS広告とリスティング広告の違い

SNS広告の目的

SNS広告には、以下のような目的があります。

  • 新規顧客の獲得
  • 認知拡大
  • ファン育成
  • ブランド好感度の向上
  • 購入意欲の向上

SNS広告を通じて企業はターゲットに直接アピールできるのが特徴です。

商品やサービスに対する認知や関心を高めて、ターゲットを購買行動へ導けるでしょう。

SNS広告の特徴

SNS広告の特徴は以下の通りです。

  • ターゲティング精度が高い
  • 効果測定しやすい
  • 多様なコンテンツに対応している
  • 広告の抵抗感が少ない
  • 少額から広告配信できる

SNS広告は細かくターゲティングでき、リアルタイムで効果測定が可能です。

タイムラインだけでなくストーリーズにも広告を配信できるため、ユーザーが抵抗を感じにくいのも特徴といえます。

出稿コストは100円ほどからと安いので、広告に対して高額なイメージをもっている方でも試しやすいでしょう。

SNS広告とリスティング広告の違い

SNS広告とリスティング広告では、以下のポイントに違いがあります。

  • ターゲットの違い
  • 広告が表示される場所の違い
  • 広告が表示されるタイミングの違い

ターゲットの違い

SNSの場合、流し見している人が多いため潜在層をターゲットにすることが多いです。商品の存在やよさを知らない人に対して、ブランディングしていきます。

リスティング広告では、ユーザーが検索したキーワードに対して広告を表示する性質から、顕在層がターゲットになります。例えば、川崎市の脱毛サロンが「川崎 脱毛サロン」というキーワードで広告を出すイメージです。

ただし、SNS広告は非常に細かくターゲティングできるので、潜在層だけでなく顕在層向けに広告を出すこともできます。

広告が表示される場所の違い

SNS広告はフィードやストーリーズなど、SNS内に表示されます

リスティング広告はGoogleやYahoo!などの検索画面に表示されるのが特徴です。

ユーザーが何となく画面をスクロールしている際に表示されるのがSNS広告。目的があり検索している際に表示されるのがリスティング広告と言えるでしょう。

広告が表示されるタイミングの違い

SNS広告はユーザーが何気なく閲覧しているときに表示されます

この点、リスティング広告はユーザーが検索している際に表示される違いがあるのです。

同じ広告でも、ターゲットの質や趣旨が異なる点を覚えておくと、最適な媒体を選びやすくなるでしょう。

SNS広告を使うメリット3つ

SNS広告ならではのメリットを見ていきましょう。

  • 精度の高いターゲティング機能
  • 拡散力とエンゲージメントが高い
  • コスト効率が高い

精度の高いターゲティング機能

SNS広告の大きなメリットの一つが精度の高いターゲティング機能です。SNSは本人確認が必要なため、ユーザーの年齢や性別、住んでいる場所などのデータを持っています。各ユーザーが興味を持っている分野なども把握できるでしょう。

この特性から、SNS広告は「どこの誰に何を見せるか」といった細かい設定ができるのです。

広告主としては無駄な広告の表示を減らせるため、投資対効果を高められます。

拡散力とエンゲージメントが高い

SNS広告は拡散力やエンゲージメントが高いのもメリットです。

ユーザーは興味を惹かれた広告に対して、いいね!、コメント、シェアなどで反応できます。ユーザー同士でシェアされるケースも多いため、拡散されやすいのが特徴です。

また、広告に対してもコメントができるため、ユーザーと企業の距離感が近いのもSNS広告ならでは。接点を持ちやすいため、UGCの獲得もしやすいでしょう。

コスト効率が高い

SNS広告は、予算に応じて広告キャンペーンをカスタマイズできるのもメリットです。

実際に広告運用をスタートさせると、リアルタイムにデータを取得できます。閲覧数やクリック率を分析しながら、迅速に広告を改善することが可能です。

ターゲティング精度の高さとリアルタイムの効果測定で、効率的な広告運用が目指せます。

SNS広告の種類と費用【6つの媒体を比較】

以下の表は、各SNSの国内の月間アクティブユーザー数です。

SNS 国内月間アクティブユーザー数
Instagram 3,300万
X(旧Twitter) 4,500万
YouTube 7,000万
LINE 9,500万
Facebook 2,600万
TikTok 1,700万

SNSごとに特徴は異なります。

以下で各媒体の特徴や費用相場を見ていきましょう。

Instagram広告

Instagramは月間アクティブユーザーが3,300万人ほど。幅広い年齢層のユーザーがいるプラットフォームです。

ビジュアル重視 Instagramはビジュアル重視のプラットフォームで、広告も画像や動画を中心に展開できる。
ターゲティング 豊富なターゲティングオプションがあり、特定のユーザーグループに広告を配信できる。
インフルエンサーとの連携 インフルエンサーと連携して広告キャンペーンを展開可能。

画像や動画などで見せれるため、広告っぽさを最小限にしつつユーザーに届けられます。ターゲティングの精度も非常に高く、ピンポイントでターゲットに訴求できるでしょう。

Instagram広告の費用相場は以下の通りです。

CPM 1,000回再生で500〜1,000円
CPC 1クリックごとに50〜100円
CPI 1再生あたり4〜8円
CPV 1インストール100〜200円

関連記事

インスタグラムの広告の費用はどのくらいかかるのか?目的別の予算相場や効果的な広告運用を解説します。

インスタグラムの広告の費用はどのくらいかかるのか?目的別の予算相場や効果的な広告運用を解説します。

Read More

X(旧Twitter)広告

X(旧Twitter)は、ビジネス用途で使われることも多いプラットフォームです。

リアルタイム性 リアルタイムの情報共有が可能で、トレンドやハッシュタグを利用した広告キャンペーンが効果的。
広範なターゲティング フォロワーやキーワード、興味・趣味に基づいたターゲティングが可能。

SNSの中でも拡散力に優れており、トレンドを生み出すきっかけになりやすい媒体になっています。

ただし、広告慣れしているユーザーも多いため、参加型や特典などで興味を引く必要があるでしょう。また、Twitter内でトレンドになっているテーマを扱うことで、多くのユーザーに拡散させることも可能です。

Twitter広告の費用相場をまとめました。

CPM 1,000回視聴で400〜650円
CPC 1クリック24〜200円
CPI 1再生あたり5〜20円
CPV 1インストール100〜250円
エンゲージメント課金 1エンゲージメント40〜100円
フォロー課金 1フォロー40〜100円

YouTube広告

YouTubeは月間7,000万人のアクティブユーザーが訪れるプラットフォームです。

動画コンテンツ YouTubeは動画コンテンツが中心で、視覚的な訴求ができる。
広範な視聴者層 幅広い年齢層や興味を持つ視聴者にリーチできる。

動画内に広告を挿入できるのが特徴で、ユーザーの目に触れる機会を増やせます。

画像とテキストのみの広告とは異なり、目の前のユーザーに直接訴求できるのはYouTube広告ならではです。

YouTube広告の費用相場は以下の通りです。

CPM 1,000回表示で10〜600円
CPC 1クリックあたり2〜25円
CPI 30秒以上の視聴1回あたり2〜25円

関連記事

YouTube広告の攻略事例【種類別にプロが解説】

YouTube広告の攻略事例【種類別にプロが解説】

Read More

LINE広告

LINEは日本人の約81.3%が利用しているというデータもあるほど、普及率の高いプラットフォームです。

1対1のコミュニケーション LINEは個人間のコミュニケーションが中心で、広告も個人的な接触を持つことが可能。
リッチメディア 画像や動画、スタンプなど多様なメディアを利用した広告ができる。

その他のSNSとは異なり、個人間で連絡を取るために利用されるのが特徴的。広告もマス向けではなく、個人に向けて訴求できるのもポイントです。

広告から自社のLINE公式アカウントに誘導することができる点も優れています。

ユーザーと長期的な関係も構築できるSNSと言えるでしょう。

LINE広告の費用相場は以下の通りです。

CPM 1,000回表示につき100〜1,200円
CPC 1クリック24〜200円
CPV 動画を最後まで視聴1回につき2円〜、3秒再生1回につき1円〜
CPF 友達追加1人あたり50〜75円

Facebook広告

Facebookは、Instagramと同じMeta社が運営するプラットフォームです。

詳細なターゲティング 細かいターゲティングオプションにより、特定のユーザーグループに広告を配信できる。
多様な広告形式 画像、動画、カルーセル広告など多様な広告形式が利用可能。

Instagramと同様で細かいターゲティングが行えるのが強みです。

その他のSNSと比べて利用者の年齢層が高いのも特徴で、高額な商品やサービスなども売れやすい傾向にあります。さまざまな場所で広告を掲載できるのも魅力です。

Facebook広告の費用相場をまとめました。

CPM 1,000回表示で5〜15ドル
CPC 1クリック0.5〜2ドル

TikTok広告

TikTokは若年層のユーザーが多いプラットフォームです。

若者向け 若年層に非常に人気があり、若者に訴求する広告に適している。
UGC UGCの活用で、広告そのものがコンテンツとして拡散できる。
動画中心 動画を通じたエンゲージメントが期待できる。

BGM付きの動画形式による広告はTikTokならではで、他のSNSにはない訴求ができます

広告の目的によって向き不向きが分かれやすいSNSですが、拡散力のある媒体と言えるでしょう。

TikTok広告の費用相場は以下の通りです。

CPM 1,000回表示で100〜1,000円
CPC 1クリック30〜100円
CPV 1再生あたり5〜60円

関連記事

SNS広告代理店おすすめ10社をプロが徹底解説【メリット・デメリットや選び方を紹介】

SNS広告代理店おすすめ10社をプロが徹底解説【メリット・デメリットや選び方を紹介】

Read More

SNS広告6つの成功事例

ここではSNS広告の成功事例を紹介します。

  • Instagram広告の成功事例:パナソニック
  • X広告の成功事例:ストアカ
  • YouTube広告の成功事例:snaq.me
  • LINE広告の成功事例:バルクオム
  • Facebook広告の成功事例:インビザライン・ジャパン
  • TikTok広告の成功事例:味の素

Instagram広告の成功事例:パナソニック

パナソニックはInstagram広告を使って商品を宣伝し、旧モデルと比較して2倍の購入数を達成しました。

成功要因は「利用者がクリエイティブからどれほど関連度を持ったか」を評価する「ガンマシグナル」を活用したことです。この機能を使ったことにより「サクっと、ふんわり黄金比トースト」という訴求で広告を配信しました。

広告はフィードだけでなくストーリーズなども活用。認知だけでなく、購入を検討しているユーザーまで、幅広くアピールを行いました。

結果的に広告の内容がユーザーの記憶に残り、旧モデルの2倍の売れ行きを達成できたのです。

X広告の成功事例:ストアカ

スキルを教えたい人と学びたい人をマッチングするサービス「ストアカ」は、X広告でキャンペーンを実施しました。

ツイートを募集し、参加者の中から抽選でプレゼントが当たるキャンペーンでした。

多くの人に参加してもらうため、細かいターゲティングはせずに配信したところ、インプレッションも目標に届き、LPへの流入も満足のいく結果に。

個人ユーザーだけでなく、他社の公式アカウントともフランクにコミュニケーションできたため、今後はコラボレーションも検討していくそうです。

YouTube広告の成功事例:snaq.me

お菓子の定期便「snaq.me」は、YouTubeのTrueViewアクションにより、1ヶ月で申込数が3倍に伸びました。

そのほか、指名検索やSNSからの申込みも増え、認知拡大の効果も実感できたそうです。取り組み当初は、借り物の動画コンテンツで手軽に始めるも効果を感じられませんでした。

その後、自社内でアニメーションを作成して改善に取り組んだ結果、1ヶ月で申込数3倍の成果につながりました。

LINE広告の成功事例:バルクオム

男性向けのスキンケアブランド「バルクオム」は、LINE公式アカウントとLINE広告を組み合わせることで、CPA(顧客獲得単価)が257%改善しました。

LINE公式アカウントではチャットボットとLINE Payを活用して、トークルーム上で手軽に商品購入できる仕組みを構築。トークルームでは定期的に商品をアピールし、商品購入を促していました。

LINE広告で認知度を高め、友達を獲得したことでCPAが大幅に下がりました。

Facebook広告の成功事例:インビザライン・ジャパン

医療装置を手がけるインビライジャパンでは、Facebook広告でモバイルに適したクリエイティブを使用することにより、CTR12%アップを達成しました。

また、広告キャンペーンのPV単価を14%減少させ、クリック単価も13%節約しています

成功要因は複数のクリエイティブをA/Bテストして、広告効果を最大化したことです。

ターゲティング精度の高さと戦略設計で、大きな成果を達成しています。

TikTok広告の成功事例:味の素

味の素は「Cook Do 香味ペースト」を、TikTok広告の「Spark Ads」を活用して1,024万インプレッションも獲得しました。

出荷数についても、2ヶ月間で前年比102〜110%の伸びを記録しています。

成功要因はクリエイターを複数名アサインし、それぞれの個性と商品の魅力をマッチさせることでした。

結果的にエンゲージメント率を5.6%改善

実際の動画についてはクリエイターになるべく任せる形にし、広告色があまり強くない仕上がりになったことも勝因だとされています。

SNS広告で効果を出すためのポイント【StockSunのプロが解説】

SNS広告で成果を出すポイントを3つ紹介します。

  • ターゲットを絞り込んでおく
  • 認知拡大とコンバージョンの2軸で考える
  • 炎上リスクを未然に防ぐ

ターゲットを絞り込んでおく

広告を配信する前に、ターゲットを絞り込んでおきましょう。ターゲットを明確にすることで広告媒体の選定ができるようになるからです。

SNS広告は他の広告と比較しても細かなターゲティングが可能だからこそ、ターゲットの絞り込みをどれだけできるかで、成果に大きな差が出てきます

例えば、Facebookは登録時に住所や出身地、出身大学、年齢、勤めている会社などの細かい情報が必要であり、広告配信時にはこれらの情報でターゲティングが可能です。

また、FacebookとInstagramはMeta社が運営しているため、一度ターゲットを設定すれば双方の広告に使用でき効率的な運用ができます。

認知拡大とコンバージョンの2軸で考える

効果の高い広告を作成するには改善を繰り返すことが大切です。効果測定の際には以下の2軸で考えるようにしましょう。

  • 認知拡大がどれだけできたか:インプレッション、リーチ
  • コンバージョン:クリック率、コンバージョン率

たくさん認知拡大ができたとしても、その後に成約できないと費用対効果が下がってしまうからです。

初めて広告出稿する場合には認知拡大を目指しましょう。認知拡大により広告の運用データを効率よく集められ、改善策を立てやすくなります

そのほか、各種SNS広告では以下のKPIが使用されています。効果測定の参考にしてください。

CTR (クリック率) 広告がクリックされた割合
CTR=広告の表示回数/クリック数×100
CPC(クリック単価) 1クリックあたりの広告コスト
CPC=広告費/クリック数
CVR(コンバージョン率) 広告から成約に至った割合
CVR=成約数/クリック数×100
CPA(顧客獲得単価) 1成約あたりの広告コスト
CPA=広告費/成約数

炎上リスクを未然に防ぐ

SNSは拡散力がある一方で、炎上リスクと常に隣り合わせです。

炎上してしまうと拡散力が悪い方向に働き、ブランドイメージが著しく下がることもあるため、必ず対策をしておきましょう

  • 性別
  • 信仰
  • 宗教
  • 人種

これらに関わるものはなるべく取り入れないようにし、取り入れる際には差別的にならないように表現には細心の注意を払ってください。

また、安全性や健康に関するいわゆるYMYL領域については、公的機関など信頼のおけるデータの引用などで、炎上を防ぐことが大切です。

まとめ

SNS広告は精密なターゲティングと親しみやすい配信形式により、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。

Web集客手法の1つとして取り入れることで、ビジネスチャンスを広げていくことができるでしょう。

とは言え、効果的な広告出稿には各媒体の特性理解や、効果検証と改善をするための分析スキルが欠かせません。

SNS広告はトレンドの移り変わりも早いため、最新情報をキャッチアップしながらスキルを身につけていくと手間やコストが膨大になってしまうこともあります。

弊社StockSunでは、SNS広告に精通したプロフェッショナルが多数在籍しています

各媒体の運営社とも密に連携をとっており、最新情報のキャッチアップも万全です。

「どの媒体で配信すればよいか相談したい」
「成果の出る広告運用をサポートしてほしい」

このようにお考えでしたら、StockSunの無料相談をご活用ください。貴社の課題や目標をヒアリングした上で、最適なプランをご提案いたします。

特典:媒体別のStockSun式戦略・戦術をご提案

SNS広告の相談をする
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。