メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

SEOコンサルティングの失敗しない選び方【SEO最新動向と成功事例】

SEO
更新日
SEOコンサルティングの失敗しない選び方【SEO最新動向と成功事例】
StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

「SEOコンサルティングを依頼できるおすすめの会社が知りたい」
「業者選びのコツやSEOの成果を高める方法はあるだろうか?」

検索エンジン上位にコンテンツを表示させるにはSEOの知識が欠かせません。

しかし、SEOは変数が多いため正しい知識と経験が必要になります。度重なるアルゴリズムアップデートへの対応も大切です。非常に専門的な分野だからこそ、成果を出すにはプロへ依頼するのがベターです。

本記事では、おすすめのSEOコンサルタント会社や、失敗しない選び方をお届けします。記事の後半では、最新のSEO事情に関する情報もシェアしていますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

弊社StockSunでは、SEOコンサルティングに加えて、記事作成などの実行支援までトータルサポートいたします。

「依頼先を一本化してコストを節約したい」
「サイトの現状分析をして改善すべきポイントから教えてほしい」

その場合は、StockSunの無料相談よりお問い合わせください。
Webマーケティングのプロが、SEOをはじめさまざまな角度から施策を検討し、ベストな選択肢をご提案させていただきます。

\貴社の予算や目的に合ったSEO施策をプロが提案/

SEO対策について無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

StockSunナイルアユダンテPLAN-Bウィルゲート
総合評価4.84.64.24.23.8
費用感要相談月40万円〜月80万円〜月40万円〜要相談
特徴実証済みの施策だから成功率が高い施策に応じた専門チームをアサイングローバルSEOにも対応独自開発ツールの利用で内製化も可能売り上げアップにつながるキーワード選定

おすすめのSEOコンサルティング会社厳選5選

ここでは、SEOの実績が豊富で信頼できるコンサルティング会社を5つ紹介します。

StockSun株式会社

【StockSun株式会社のおすすめポイント】
・自社で実証済みの施策だから成功率が高い
・ビジネスモデルに合わせた強みを持ったプロに依頼可能
・アクセス増加だけでなくCVの増加までサポート

StockSun株式会社の特徴

費用 要相談
実績 月20万PV・問合せ月100件獲得、アクセス2倍以上、ゼロから月1億PV達成など
対応可能領域 サイト解析、戦略設計、内部対策、外部対策、コンテンツSEO、効果測定、レポート作成
対応可能なWeb施策 Web広告の運用、ホームページ制作、ECサイト制作、集客、アクセス解析などWebマーケティング業務全般

弊社StockSun株式会社は、自社で効果を実証済みの施策を提供します。貴社の状況をヒアリングした上で、成功率が高く貴社にマッチした施策をご提案いたします。

AIが検索エンジンに搭載されるようになり、従来の内部対策と外部対策のみの対応では上位表示が難しいのが現状です。

StockSun株式会社では部分的な対策ではなく、貴社のビジネスモデルや市況を踏まえた全体感のある施策で高い費用対効果を実現します。

店舗ビジネス、ポータルサイトなど、各種ビジネスモデルに精通したプロフェッショナルが多数在籍しており、貴社に最適な人材をアサイン可能です。

アクセスだけでなくビジネスの最終ゴールである、CVをあげることにコミットします。

「他社に依頼したけれど成果が出ていない」
「アクセスは増えたが売り上げが伸びていない」

このようなお悩みがある方は、まずは無料相談にて現状の課題や目指したい成果をお聞かせください。

\貴社の予算や目的に合ったSEO施策をプロが提案/

SEO対策について無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

StockSun株式会社の会社概要

StockSun株式会社の会社概要は次のとおりです。

役員 代表取締役 岩野 圭佑
設立日 2017年7月28日
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿3丁目7-30 フロンティアグラン西新宿地下1階B102号室
資本金 1,000,000円
公式HP https://stock-sun.com/

StockSun株式会社の総合評価

ナイル株式会社

【ナイル株式会社のおすすめポイント】
・イエスマンにならず成果を出すために必要な提案を実施
・担当者が変わらないように配慮されている
・施策に応じた専門チームをアサイン

ナイル株式会社の特徴

費用 月額40万〜
実績 1年間で自然検索流入1000%・アシストコンバージョン10倍など
対応可能領域 サイト改善、効果測定、コンテンツ制作、内部対策、レポート作成
対応可能なWeb施策 SEO、リスティング広告運用、内製化支援、オウンドメディア支援、Webコンサルティング、ツール導入支援

ナイル株式会社は、成果にこだわった提案を徹底しています。クライアントを立てるためにイエスマンになることなく、必要な提案を行うことで高い成果を実現。

担当が変わらないよう配慮されており、コミュニケーションコストも低いです。じっくりと腰を据えて信頼関係を構築したい方に向いているでしょう。

また、コンテンツ制作やサイト解析などそれぞれに専門のチームがアサインされるため、施策の種類にかかわらず質の高い支援が受けられます

ナイル株式会社の会社概要

ナイル株式会社の会社概要は次のとおりです。

役員 代表取締役社長 高橋 飛翔
設立日 2007年1月15日
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田1-24-2 JRE東五反田一丁目ビル7F
資本金 3,632,826,805円
公式HP https://www.seohacks.net/

ナイル株式会社の総合評価

アユダンテ株式会社

【アユダンテ株式会社のおすすめポイント】
・専任コンサルタントが最初から最後まで担当
・外国人コンサルタントがグローバルSEOにも対応
・既存サイトのリニューアルに強み

アユダンテ株式会社の特徴

費用 サイト診断80万円〜
※他メニューと組み合わせたオーダーメイド方式を採用
実績 6ヶ月で問い合わせ44件、10本の記事作成で流入17倍・売上1.5倍達成など
対応可能領域 サイト改善、コンテンツ制作、内部対策、レポート作成
対応可能なWeb施策 SEO、Google関連ツールの導入支援・分析サポート、広告運用

アユダンテ株式会社は、既存サイトのリニューアルSEOに強みがあります。詳細な分析をもとにサイトに最適な施策を抽出し、優先順位づけをした上で施策の実施が可能です。

外国人コンサルタントが3名在籍しており、多言語でのSEOも依頼できます。グローバルに事業を展開している企業におすすめです。

また、外注せず最初から最後まで同じコンサルタントが伴走してくれるのも魅力です。

アユダンテ株式会社の会社概要

アユダンテ株式会社の会社概要は次のとおりです。

役員 代表取締役 安川 洋
設立日 2006年2月28日
住所 〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目2-4 麹町セントラルビル 6階
資本金 11,000,000円
公式HP https://ayudante.jp

アユダンテ株式会社の総合評価

株式会社PLAN-B

【株式会社PLAN-Bのおすすめポイント】
・独自開発ツールの利用で内製化も可能
・業界、サイトの種別に特化したコンサルチームが支援
・16年で5,000社以上を支える成果の出るノウハウ

株式会社PLAN-Bの特徴

費用 月40万円〜
実績 6ヶ月で流入数223%・CVR265%増加、3ヶ月で流入数140%・CVR120%増加など
対応可能領域 サイト解析、コンテンツ制作、レポート作成
対応可能なWeb施策 SEO、広告運用、インフルエンサーマーケティング

株式会社PLAN-Bの独自開発ツール「SEARCH WRITE」をサイト解析に使用し、内製化に成功した事例があります。

ツールの提供のみならず、使い方をサポートするウェビナーも開催されており、自社でサイト運用を行っていきたい方におすすめです。

また、16年で5,000社以上を支援してきたノウハウをもつコンサルチームに依頼できます。各業界やサイトの種別に特化しているため、自社に合った施策の提案が期待できるでしょう。

株式会社PLAN-Bの会社概要

株式会社PLAN-Bの会社概要は次のとおりです。

役員 代表取締役 鳥居本 真徳
設立日 2003年10月22日
住所 〒141-0022 東京都品川区東五反田2-5-9 島津山PREX 3階
資本金 100,000,000円
公式HP https://www.plan-b.co.jp/

株式会社PLAN-Bの総合評価

株式会社ウィルゲート

【株式会社ウィルゲートのおすすめポイント】
・独自開発のSEO分析ツールで成果を出す最短ルートを模索
・売り上げアップにつながるキーワード選定に強み
・研修の実施により内製化支援も可能

株式会社ウィルゲートの特徴

費用 要相談
実績 7ヶ月でセッション数ゼロから5万超え・売上2倍を達成、月間ユーザー数昨対比780%アップなど
対応可能領域 サイト解析、コンテンツ作成、レポート作成
対応可能なWeb施策 SEO、解析ツールの導入・支援、M&A事業、セミナー支援

株式会社ウィルゲートは、売り上げアップにつながるキーワード選定を得意としており、最短で成果を出すルートを提案してくれます。

独自開発のSEO分析ツール「TACT SEO」を活用し、手動では確認しきれないデータを短時間で解析することで勝ち筋を見出します。2〜3ヶ月ほどで成果を出した実績もあるようです。

また、社内研修の実施による内製化支援も受けられます。

株式会社ウィルゲートの会社概要

株式会社ウィルゲートの会社概要は次のとおりです。

役員 代表取締役 小島 梨揮
設立日 2006年6月20日
住所 〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38 南青山東急ビル3F
資本金 60,000,000円
公式HP https://www.willgate.co.jp/

株式会社ウィルゲートの総合評価

関連記事

東京・全国のSEO対策会社26選比較ランキング【2024年比較表とチャート付】選んではいけない会社もプロが解説

東京・全国のSEO対策会社26選比較ランキング【2024年比較表とチャート付】選んではいけない会社もプロが解説

Read More

SEOコンサルティングの業務内容

はじめにSEOコンサルティングの一般的な業務内容について見ていきましょう。

  • サイト解析
  • 戦略設計
  • 内部対策
  • 外部対策
  • コンテンツSEO
  • 効果測定
  • レポート作成
  • サイト解析

既存のサイトがある場合は、現状を把握するために解析を行います。

現状を分析して改善すべきポイントを明確にするためです。

主に以下の指標で分析します。

ユーザー分析 地域、年齢、性別、デバイス、興味関心などの要素を分析して、どのようなユーザーに求められているか分析する
流入元 ユーザーがどこからサイトに訪れているかを分析する。SEOの場合はキーワードも特定する。SNS、広告などの流入数も分析する。
競合分析 競合他社と自社を比較する。サイト全体のアクセス数や全体のコンテンツ数なども分析する。
コンテンツ分析 各コンテンツの状況を分析する。どのようなキーワードで上位を取れているのかや、コンテンツ内のCTAの設置方法なども分析する。

サイトの問題点を見つけて、どのように改善するかをチェックする工程になります。

Googleアナリティクスサーチコンソールを使って、データをもとにサイトの現状を視覚化していく作業です。

戦略設計

課題や目標をヒアリングして、戦略を策定する工程です。

初回のヒアリングでは、依頼主のビジネスモデルを理解するために情報共有を行います

  • 誰に何をどのように届けたいのか
  • どのようなビジネスモデルなのか
  • 強みや弱みは何か
  • SEOでどのような目標を達成したいか
  • 企業としてNGなことはあるか

上記のようなポイントを明確にしたら、具体的なリサーチに入ります。

戦略を決める際は3C分析を行うことも多いです。

  • 自社の強み
  • 競合の弱み
  • ニーズがあるが空いているポジション

3C分析では主に自社、競合、市場を分析し、自社の強みや弱みなどを洗い出します。

検証結果をもとにクライアントと相談したうえでKPIを設定。どのようにSEOで集客して収益につなげていくのかを決定していきます。

内部対策

内部対策とは、Webサイトの見える部分と裏側の技術的要素を最適化する施策です。検索エンジンであるGoogleにサイトの情報を正しく伝えるために行います。

具体的な業務内容の一例を表にまとめました。

キーワード最適化 重要なキーワードをタイトル、メタディスクリプション、コンテンツ内に適切に配置する。
メタデータ 各ページのメタタイトルとメタディスクリプションを設定し、検索エンジンにページの内容を理解させる。
ヘッダータグ 見出しタグ(H1、H2、H3など)を利用してコンテンツの構造を整理し、読みやすくする。
URL構造 URLは短く、記述的で、キーワードを含むように設定する。
画像最適化 画像のサイズを小さくし、altテキストを使用して画像を記述する。
内部リンク 関連ページへのリンクを提供し、サイトのナビゲーションを向上させる。

内部対策はSEOのベースになる施策です。

競合他社も当たり前のように行っていることなので、同じ土俵で戦えるように迅速に内部対策を整えていきます。

外部対策

SEOの外部対策は、主に被リンクとサイテーションの獲得を行います

被リンクとは、外部サイトから自社サイトへ貼られたリンクのことです。参考サイトとして引用されたり、おすすめサイトとして紹介されるときなどのタイミングで被リンクを獲得します。

サイテーションとは、SNSやブログなどで企業名やサービスについて言及されることです。例えば「Twitterで企業名が書かれた」や「サービスについてブログでレビューされた」などは、典型的なサイテーションになります。リンクがない点が特徴です。

権威性の高い被リンクを獲得すると、SEOで有利とされています。

実際にさまざまな企業が被リンクを獲得するために、日々営業活動を行っているものです。サイト全体の順位を底上げする効果も期待できるため、注力するべき施策の一つと言えるでしょう。

ただし、被リンクを一気に獲得すると、Googleからペナルティを受けることがあるため注意が必要です。

また、メディア自体の信用や権威性が低いと、そもそも被リンクを依頼しても断られてしまいます。

自社サイトが「このサイトからであれば、被リンクを獲得したい」と思われるようなサイトになることも重要です。

被リンク獲得戦略の詳しい解説は、下記動画をご覧ください。

コンテンツSEO

サイトに掲載するコンテンツを制作する業務です。あらかじめ選定しておいたキーワードをもとに、検索ニーズを満たすコンテンツを作っていきます

品質の高いコンテンツを作成するには、ライター、ディレクター、アドバイザーといった3つの担当をつけるのがおすすめです。

  • ライター:構成案と本文を担当
  • ディレクター:構成案と本文の監修を担当
  • アドバイザー:サイト全体を監修

ライターから上がってきた構成案をディレクターがチェックし、次にアドバイザーが監修します。

問題がなければライターが本文を作成する。ディレクターとアドバイザーの監修を経て、サイトに公開されていく流れです。

ちなみにアドバイザーとは、業界や商品に詳しい人物になります。

  • 業界で働いている人
  • 教授や研究者
  • 商品・サービスのヘビーユーザー

上記のように専門性に優れた人は、ネットで調べて出てくる情報よりも深い考察ができます。結果として、読者の満足度が上がり検索エンジンからも高評価を受けやすくなるのです。

質の高いコンテンツの作成は、SEOで非常に重要な要素になります。

コストをかけても良質なコンテンツを作るようにしましょう

この内容は次の動画でも解説しています。

効果測定

効果測定では、施策の成果やコンテンツの順位などを確認して、次の方向性を決めていきます

SEOの効果測定では、以下のようなツールを使うのが一般的です。

Ahrefs 競合の被リンク調査、ドメインパワー、検索順位チェックなど
GA4 旧Googleアナリティクス。サイトの全般的なアクセス解析ができる
サーチコンソール クエリのチェック、インデックス登録、サイト診断など

SEOは、Googleのアルゴリズムアップデートによって順位変動が起こります。

この際、ツールを活用すればアップデートの傾向を掴むことが可能です。ツールをもとにどのような施策を打つべきか冷静に分析します。効果測定だけでなく、方針を決定するためにもツールの活用が欠かせません。

レポート作成

SEOの効果をレポートにまとめてクライアントに提出します。

  • トラフィック
  • 順位変動
  • 被リンク獲得数
  • エラーや不具合の報告
  • 改善の提案と次のステップの概要説明

主に上記のような要素をまとめたSEOのレポートを作成します。

関連記事

BtoB企業のSEO対策成功事例とStockSun式のやり方!【月問合せ100件増加事例】

BtoB企業のSEO対策成功事例とStockSun式のやり方!【月問合せ100件増加事例】

Read More

SEOコンサルティングの費用相場

SEOコンサルティングの費用相場は以下の通りです。

  • 初期費用:10〜20万円
  • 月額料金:5〜50万円

料金は調査の規模や依頼する範囲によって変動し、月100万円を超えるケースもあります。

施策により検索上位を獲得し収益が上がることを考えると、長期的な費用対効果は高いです。

ただし、プロであっても必ずSEO順位を上げられるわけではなく、効果を得るまでにも最低6ヶ月〜1年ほどかかることに留意しましょう。

Webコンサルティング全般の費用相場については、下記記事で解説しています。

関連記事

Webコンサルの費用相場を依頼内容ごとに徹底解説【売上1億UP!StockSun式Webコンサル成功事例】

Webコンサルの費用相場を依頼内容ごとに徹底解説【売上1億UP!StockSun式Webコンサル成功事例】

Read More

SEOコンサルティング会社の失敗しない選び方

SEOコンサル会社を選ぶ際は、以下5つのポイントを押さえておくと失敗する確率を下げることができます。

  • 検索順位だけでなくCVにこだわっているか
  • 施策内容を開示してくれるか
  • 自社と似た業種の成功事例があるか
  • 担当者の質は問題ないか
  • 最新のアップデートに対応しているか

検索順位だけでなくCVにこだわっているか

ただ検索上位を目指すのではなく、CV(コンバージョン=成約)にこだわっているかを確認しましょう。

どんなビッグキーワードで1位を獲得できても、CVしなければ収益につながらないからです。

SEOコンサルの着地点が「〇〇というキーワードで1位をとります」という感じであれば、その業者には発注しない方がよいと言えます。

問い合わせ獲得や商品の購入など、最終目的を達成してくれる業者を選ぶのがおすすめです。

施策内容を開示してくれるか

どのようなSEOの施策を行うのか説明してくれるかもチェックしましょう。信頼できるSEOコンサル会社は、透明性を大切にしているものです。

以下のような特徴があるSEOコンサル会社は注意してください。

  • 専門用語を多用する
  • 内容をはっきりと開示してくれない

施策の内容を隠そうとする業者は、グレー(またはブラック)な手法で検索上位を狙っている可能性があります。

グレーな手法は短期的な効果はあっても、長期的にはデメリットしかありません。Googleから悪質なサイトとしてマークされるリスクもあるので、真っ当な方法を実行してくれる業者を選びましょう

自社と似た業種の成功事例があるか

自社と似た業種や目的で成功事例があるかも選定ポイントになります。

似たような課題を解決したことがあれば、ノウハウを応用して成果を上げやすいからです。

  • 業種
  • エリア
  • キーワードの難易度
  • ビジネスモデル
  • 最終目標

成功事例がある場合は、具体的にどのような施策を打ったのかや、その施策に決めた背景などを聞いてみてください。

成果が出るまでにかかった費用なども合わせて説明してくれる業者は、良心的で好感が持てるでしょう。

担当者の質は問題ないか

SEOコンサルタントの質も重要な選定ポイントです。

担当者によってはコミュニケーションが取りづらかったり、連絡が遅くて施策がなかなか進まないケースもあります。

また、コンサル会社によっては、営業担当と実務を担当する人物が別になることもあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

「営業担当はとても気さくでいい感じだったのに、実際に業務を担当する担当者が新卒だった。」といった問題が起こる可能性もあるため注意してください。

最新のアップデートに対応しているか

SEOコンサル会社を選ぶ際は、担当者がSEOの最新情報に精通しているかも確認しましょう。

Googleのアルゴリズムアップデートは、年々頻度が高くなっており、過去に通用した手法もすぐに陳腐化するようになりました。

例えば「長文を書けば順位が上がりやすいですよ」や「とにかく毎日更新することが大切です」と言ってくる業者は、発注を避けた方が無難です。業者や担当者によっては、過去の成功パターンに執着している人もいるので気をつけてください。

面談時に「最近のアルゴリズムアップデートはどんな変化があったのですか?」と質問して、はっきり答えられるかチェックするのもおすすめです。

弊社StockSunでは、貴社の商材や目的に合わせて利益の向上にコミットしたSEO施策のご提案をいたします。
ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施いたします。貴社のサイトでどのような施策を実行すべきかご提案いたしますのでぜひ無料相談をご活用ください。

\貴社の予算や目的に合ったSEO施策をプロが提案/

SEO対策について無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

発注者も知っておくべき2024年SEOの最新動向

StockSunのSEOのプロが、アルゴリズムアップデートによる最近の傾向について解説します。

  • コアアップデートによる変化
  • オリジナルコンテンツの重要性
  • 信用性が高いコンテンツ
  • ディレクトリ単位での低品質コンテンツの少なさ
  • 適切な内部リンク設計
  • フレッシュネスアルゴリズム

ここで紹介している内容は、下記動画でもご覧になれます。

コアアップデートによる変化

2024年3月に行われたGoogleコアアップデートで、SEOの評価軸に大きな変化が生じました。

従来はドメインが強ければ評価されていたものの、アップデート後はドメインが強くてもコンテンツの質が低ければ順位が大きく下がる結果になっています。

コンテンツの重要度が高まっており、独自性と信頼性が高いコンテンツの制作が今まで以上に重要になってきました。

2022年12月には「ヘルプフルコンテンツアップデート」があり、2024年2月には「プロダクトレビューアップデート(日本以外)」が行われた点からも、コンテンツの評価基準の変化を示していることがわかります。

オリジナルコンテンツの重要性

最近のSEOの傾向として、より独自性のあるコンテンツが評価されるようになってきました。

オリジナリティを出す方法としては、以下のようなものがあります。

  • オリジナル画像の作成
  • 独自のアンケート調査
  • 自社で収集した口コミを掲載
  • 実際に体験した内容をコンテンツにする
  • 競合記事にないがニーズのある内容を記事に入れる

読者にとって有益でありながら、他社にはない視点やアンケート結果などを含めるとよいでしょう。

ただし、アンケートや口コミを集めるのはコストや時間がかかるものです。

最も手軽にオリジナリティを出すには「競合記事にないがニーズのある内容を記事に入れる」方法になります。

これは、競合記事を分析しつつ、どこも書いていないもののニーズがありそうな内容を盛り込む方法です。

ありきたりな情報が並びやすいSEOコンテンツの中で、自社ならではの内容を手軽に盛り込めます。

信用性が高いコンテンツ

AIでコンテンツを量産できるようになった現在では、より信用性の高いコンテンツが求められています。

具体性のあるコンテンツを作ることはもちろんですが、それ以外にも監修者をつけたり、権威性の高い情報源から引用したりなどの対策を行うことが大切です。

最近のSEOでは「誰が書いた記事なのか」が重視されてきています

テクニカルな部分で言えば、記事の終わりに「この記事の監修者」といったセクションを入れるのがおすすめです。

また、信頼性の高いメディアの発リンクも、サイトの価値を上げやすい傾向にあります。例えば、金融メディアの場合、金融庁のホームページなどから発リンクを入れて評価を得ているサイトが上位に表示されていました。

コンテンツを制作する際は、質だけでなく信用性の部分にもフォーカスするようにしましょう。

ディレクトリ単位での低品質コンテンツの少なさ

最近のSEOの傾向として「ディレクトリ単位で低品質コンテンツが少ないこと」が重要視されてきています。

以前のアップデートでは、サイトのドメインが評価される傾向にありました。そのため、ドメインが評価されたサイトは、AディレクトリもBディレクトリも上位に表示されやすかったのです。

しかし、最近の傾向としては「Aディレクトリは上位に表示されるが、Bディレクトリは順位が下がった」という事例が増えています。

複数のサイトを分析してみると質の低いコンテンツが多いディレクトリの順位が相対的に下がっていたことがわかりました。このような事例から、ディレクトリ単位でもコンテンツの質をチェックすることが大切と言えるでしょう。

適切な内部リンク設計

従来は、記事Aから記事Bに内部リンクを貼ると、記事のB評価が上がるのが一般的でした。

しかし、アルゴリズムアップデートが行われてからは、内部リンクを適切に貼らないとコンテンツの順位を下げてしまうようになったのです。以前からこのような動きはあったものの、より強くなってきたのは確かでしょう。

内部リンク設計について一つの事例を紹介します。

とあるサイトでメインとなる重要な記事があったのですが、その記事での内部リンクの貼り方が適当なために順位がつかなくなっていたのです。

具体的には、読者がクリックしないような文脈にリンクを貼ったり、記事の一番下に設置したりしていました。非常に力を入れていた記事だったため、試しに内部リンクを最適化したところ、一気に順位が上がったのです。

この事例からも内部リンクの大切さがわかるでしょう。

関連性のあるリンクをたくさん貼り付けるのではなく、適材適所を分析したうえで内部リンクを設置することが大切です。

フレッシュネスアルゴリズム

フレッシュネスアルゴリズムとは、新鮮な情報を持つコンテンツを上位表示させるための仕組みです。

この仕組みが登場した2022年当初は、コンテンツの更新日の日付を変更する見せかけの対応でも通用していました。しかし、フレッシュネスアルゴリズムが強化された最近では、日付のみの更新には効果がないとGoogleが示唆しています。

  • キャンペーン情報
  • 料金プラン
  • 口コミ

上記のような内容は自然に変わっていくものなので、適宜更新していきましょう。

関連記事

SEO戦略とは?効果的な戦略設計・実行手順を解説!アクセス数1,800%アップの事例も紹介

SEO戦略とは?効果的な戦略設計・実行手順を解説!アクセス数1,800%アップの事例も紹介

Read More

SEOコンサルティングの成功事例【プロの実績を紹介】

弊社StockSunがSEOコンサルティングで成果を上げた事例を紹介します。

  • BtoBオウンドメディアで月20万PV・問合せ月100件獲得した事例
  • クリニックのアクセスを2倍以上に伸ばした事例
  • ポータルサイトでゼロから月1億PV達成した事例

BtoBオウンドメディアで月20万PV・問合せ月100件獲得した事例

フリーランスエンジニアを企業に紹介する人材紹介会社の事例です。

コンサルとコンテンツSEOにより、以下を達成しました。

  • 月間20万PV
  • 月間問い合わせ100件

成功要因は検索ボリュームではなく、コンバージョンしやすいキーワードを選んだことです。

KW 検索ボリューム CVRの高さ
プログラマー
エンジニア など
高い
(月間1万ほど)
低い
アプリエンジニア 初心者
Ruby 初心者
Ruby フレームワーク
低い
(月間100ほど)
高い

検索ボリュームが少なくても、目的に合ったキーワードであれば成果を上げやすいです。競合が多いキーワードではないため、検索上位も取りやすくなるメリットも得られます。

クライアントからしても、短期間で予想以上の成果を得られる結果になりました。

こちらの事例については、次の動画でもご覧になれます。

クリニックのアクセスを2倍以上に伸ばした事例

都内の歯科クリニックが運営するメディアにて、SEOの内部対策と外部対策を実施してアクセスを2倍以上に伸ばした事例です。

歯科治療はYMYL領域であり、SEOにおいては権威性と信頼性が重視されます。

ただし、歯科クリニックの専門家が発信してもクリニック数が多く、他のクリニックとの競争に勝てていない状態でした。

競合調査やリサーチをした結果、以下のような施策を行うことに決めました。

施策 実施内容 実施した理由
内部対策 ・コンテンツ拡充
・UI視点での修正
最低限のSEOができておらず、競合と比較してマイナスがあったため
外部対策(被リンク獲得) ・ポータルサイトへの掲載
・メディアへの寄稿、監修
・協会などへの加盟
検索結果や競合サイトを調査した際、ドメインパワーに差が見られたため

半年かけて実施し、対策後2〜3ヶ月でアクセス数が伸び始めました。その後1〜2ヶ月ほど伸び続け、最終的にアクセスは2倍以上になりCV数も増えた流れです。

被リンク元の選定については、以下2つのポイントを意識しました。

  • ドメインが強く効果がありそうか
  • 関連性が高く受け入れてもらえそうか

上記のポイントを押さえつつ営業したところ、30件ほどの被リンク獲得に成功しました。

こちらの事例は以下の動画でもご覧いただけます。

ポータルサイトでゼロから月1億PV達成した事例

ポータルサイトをゼロから立ち上げて、月1億PVを達成した方が実施したSEOを紹介します。

行った施策は以下の3つです。

施策 実施内容 成果
リンクビルディング
(被リンク獲得)
・関連業者サイト
・個人のメディア
・登録型のサイトの被リンクを獲得
DR(ドメインレート)が2倍
コンテンツの移管 DR10のメディアをDR50〜60のコーポレートサイトのサブディレクトリに移管 UU(ユニークユーザー)が2倍
コンテンツ改善 ・同一KW中の2つの検索意図に対し、それぞれ記事を作成
・それらの記事を内部リンクで結ぶ
検索順位5位から1位に上昇

リンクビルディングでは、競合サイトが獲得している被リンクを洗い出し、分類することが大切です。

分類後にそれぞれ適切な訴求方法を考えておくことで、被リンク獲得率がアップします。

また、コンテンツの移管については、リダイレクトやGoogleサーチコンソールの設定が欠かせません

移管だけでSEO評価が上がるからと安易に行うと、順位が下がるケースもあるので、実施する際はプロへ依頼しましょう。

コンテンツ改善では、ユーザーの検索意図を的確に見極めることで、Googleからも評価されるコンテンツに仕上がりました。

検索意図を分析する際は、関連キーワードを重要視しすぎないように注意し、より細分化することでユーザーファーストを実現できます。

こちらの事例を詳しく知りたい方は、以下の動画もご活用ください。

 

まとめ

SEOは度重なるアルゴリズムアップデートにより、小手先のテクニックでは検索上位を獲得できなくなりました。

長期的に評価されるサイトを作るには、読者のニーズを満たす独自性のあるコンテンツ制作が欠かせません。内部対策や外部対策についても、引き続き対応していく必要があるでしょう。

SEOコンサル会社を選ぶ際は、検索順位だけでなくコンバージョンを意識して、収益性の高いサイトを目指してくれる1社を選ぶべきです。担当者の質実績の確認も忘れないでください。

「現役のSEOコンサルタントに戦略設計から依頼したい」
「長期的に効果が出るSEOの施策を行ってほしい」

その場合は、StockSunをご検討ください。
SEOに人生を捧げたプロフェッショナルが、貴社の課題と予算に応じた施策をご提案いたします。

\貴社の予算や目的に合ったSEO施策をプロが提案/

SEO対策について無料で相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら
SEOガイドライン

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。