メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

飲食店のマーケティング手法7選【無料かつ今すぐ始められる集客施策を紹介】

「曜日によって売り上げにバラつきがあるのを改善する方法はあるだろうか?」
「最小限の費用で新規を獲得しつつ、着実にリピーターを増やしていける施策が知りたい」

飲食店なら誰しも人を集めるために努力していることでしょう。

しかし、競合との差別化や自社の強みを打ち出すのは難しく、思ったような成果が出ないと悩んでいるオーナーさんは少なくありません。

そんな状況の打開策として有効なのが、Webマーケティングです。

予算をかけずに始められる施策も多く、インターネット上のさまざまな人をターゲットにできます。うまくWebマーケティングを活用すれば、売り上げアップや利益の安定化も夢ではありません。

本記事では、飲食店におすすめのマーケティング方法を紹介します。

弊社StockSunでは、飲食店の集客戦略を得意とするマーケターが在籍しています。予算に応じて最も費用対効果の高い方法をご提案可能です。具体的なやり方についてレクチャーすることもできるので、気になる方は無料相談フォームよりお問い合わせください。 

特典:集客数300%アップを達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

マーケティングについて相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

マーケティングとは

マーケティングとは、お客様があなたの店舗を選ぶ理由を作る活動のことを言います。

  • 19時まではハッピーアワーで飲み物半額
  • ゾロ目が出たら1杯無料
  • LINE公式の友だち追加で10%オフ

例えば、上記のようなキャンペーンがありますが、これもマーケティングの一つです。

そのため「マーケティングなんて難しそう」と感じている人も、実際は何かしらの施策を行っています。

独特な料理やユニークなサービスを提供して独自性を強調したり、顧客が何を求めているか調べてニーズに応じたメニューに改善したりなど、マーケティングにはさまざまな方法があります。

お店の存在を知らなかった人に来店してもらい、リピーターになってもらうための一連の計画と行動がマーケティングです。

顧客が求めていることを理解して的確なマーケティングができれば、少ない費用で利益を増やせるようになります。光熱費の高騰や賃上げなどで利益の維持が難しくなっている今だからこそ、マーケティングについて学ぶ必要があると言えるでしょう。

飲食店にマーケティングが必要な理由とは       

飲食店にマーケティングが必要な理由は以下の3つです。

  • 認知されなければ人を集めることはできないため
  • 顧客行動が変化したため
  • 顧客と関係を構築するため

認知されなければ人を集めることはできないため

飲食店を経営する人の中には「質が高ければ顧客は集まるはず」と考えている人が多いです。

  • どこよりもおいしい料理
  • どこよりもおしゃれな内装
  • どこよりも丁寧な接客

上記の要素はたしかに重要ですが、街で一番売り上げがある焼き肉店と、一番おいしい焼き肉店が同じ店舗とは限りません。

売り上げを上げるには、まずお店を知ってもらって来店してもらう必要があります。

そもそもあなたのお店が顧客に認知されていなければ、いくらレベルの高い店舗を作っても人が訪れることはありません。なおかつ第一印象が人に与えるインパクトは非常に大きいため、どう見せるかといった工夫も大切です。

ターゲットとする顧客に知ってもらうためには、マーケティングが不可欠と言えるでしょう。

顧客行動が変化したため

一昔前と現在では、顧客が飲食店を探す方法も変わってきました。

最近はスマホで飲食店を検索する人がほとんどです。「〇〇駅 カフェ」や「〇〇通り 居酒屋」といったふうに検索して表示された店舗から選ぶのが普通になっています。検索でヒットしなかった店舗は認知されず、来店してもらえない可能性もあるでしょう。

また、Instagramの中で店舗を検索するユーザーも増えてきました。

一般ユーザーの投稿をチェックして、来店するか決める人もたくさんいる時代です。GoogleマップやSNSは、認知度を上げるために欠かせないマーケティングツールとなっています。

顧客と関係を構築するため

飲食店は既存の顧客をリピーターにつなげることが大切です。

そのためには、店舗に訪れた人が次回も来店したくなるようなマーケティングを行う必要があります。

顧客と良好な関係が築けると、SNSでよい評価の口コミが拡散されたり、既存顧客が周りの人を連れて来てくれたりなどの相乗効果が得られます。

新規顧客だけを求めるのは労力がかかるので、今来てくれている人たちと関係を構築できるようなマーケティングも行っていきましょう。

飲食店のマーケティングで理解すべき4つの顧客層

飲食店には大きく分けて以下4つの顧客層がいます。

  • お店を知らない層
  • お店は知らないが同じジャンルに興味がある層
  • お店の利用を検討している層
  • すでにお店を利用したことがある層

上記4つの顧客層はそれぞれ異なる特徴を持っているため、ニーズに適したマーケティングを行う必要があるのです。

ここでは異なる4つの顧客層を理解して、ターゲットに合ったマーケティングを行える準備をしておきましょう。

お店を知らない層

1つ目はお店を認知しておらず、業種自体に興味を持っていない層です。

例えば、あなたがカフェを経営している場合、この顧客層は「カフェに興味がなく、貴店を知らない人」になります。

このような顧客層に店舗を利用してもらうには、直接的なメリットや今行くべき理由を提示することが大切です。

  • 毎月1日は3組限定で1,200円のランチを500円で提供
  • 同じエリアに住んでいる人は初回限定10%オフ
  • カップルで来店してくれたら無料でデザートを提供

例えば、日本食が食べたいと通りを歩いている人がいたときに、通常1,200円のランチが500円になると書いてあれば、少なからず興味を持ってもらえるでしょう。

「どんな店なのかな?」と店内を覗いたり、店の前に置いたメニュー看板をチェックしたりしてくれるかもしれません。普段なら利用しない店を、思わず入ってみようと思わせる仕掛けが必要です。

お店は知らないが同じジャンルに興味がある層

2つ目はお店の存在は知らないものの、同ジャンルには興味がある層です。

あなたが焼き肉店の場合、この顧客層は「焼き肉店は好きだが、貴店を知らない人」になります。このような層は店舗を認知してもらえれば、利用してくれる可能性が高いです。

  • ターゲットがよく利用するSNSをリサーチ
  • 利用頻度の高いSNSアカウントを作成
  • ターゲットの興味を引くコンテンツを投稿

例えば、上記のようなマーケティング戦略がおすすめです。

飲食のジャンルによって、ターゲットとなる年齢層が変わるでしょう。そのため、まずはあなたの店舗に興味がありそうな顧客層をチェックしてみてください。ターゲット像に近い利用者が多いSNSで発信すれば、反応を得やすいです。

はじめてSNSアカウントの運用を行う方は、Instagramで参考になるアカウントをいくつかピックアップして分析するとよいでしょう。

お店の利用を検討している層

3つ目は、お店の存在を知っていて利用を検討している層です。

気になってはいるものの、来店にいたっていない顧客層になります。飲食店は1日に何度も利用する場ではないため、新しい店よりも行き慣れた店に流れやすいのです。

このような顧客層に対しては、来店する際の不安要素を最小限にしてあげましょう。

  • SNSで最新の営業状況を発信
  • Googleマップに概要を記載
  • ホームページで店舗の想いを発信

例えば、Googleマップに店舗の外装や内装、駐車場など、顧客が気になるであろうポイントを撮影して掲載しておくと、初来店のハードルを下げられます。

メニューも掲載しておくと顧客がイメージしやすくなり、納得したうえで来店してくれる可能性が高いです。

もしかすると見込み客は「あそこのカフェ、外から見ると狭そうだけど実際どうなんだろう」と考えているかもしれません。そのような人には、店内を撮影した動画などをアップしておくとわかりやすいでしょう。

ターゲット目線で来店のハードルを下げる施策をおすすめします。

すでにお店を利用したことがある層

4つ目はすでにお店を利用したことがある層です。

リピーターになってもらうために関係を構築したり、次も利用したくなるような施策実行したりしましょう。

以下はリピーター獲得マーケティングの一例です。

  • スタンプカード
    一定回数の利用で、無料の食事やドリンクを提供する
  • 限定メニュー
    今しか食べられない特別感を逃したくないと感じさせる
  • LINE公式
    新メニュー、クーポン、無料券、イベント情報などを発信して次回の利用を促す

「また来たいな」と思ってもらえるような仕掛けを散りばめるとよいでしょう。

親切な接客や「いつもありがとうございます」と、相手のことを覚えているアピールも有効です。飲食店は人とのつながりが大切な業種でもあるので、顧客との関係構築に力を入れていきましょう。

無料で始められる飲食店のマーケティング手法7選

ここでは、飲食店におすすめの無料から始められるマーケティング手法を紹介します。

  • SNS運用
  • Googleビジネスプロフィール
  • グルメサイト
  • ホームページ
  • LINE公式アカウント
  • チラシ・クーポン
  • イベントの開催

SNS運用

SNSは飲食店と相性のよいマーケティングツールです。

主に以下のような特徴があります。

  • 幅広いユーザーにリーチできる
  • 口コミや拡散力が高い
  • コミュニケーションが取りやすい

各SNSには店舗を知らないものの、興味を持ってくれそうな潜在層がたくさんいるものです。口コミや拡散力があるためシェアされやすく、ユーザーとコミュニケーションが取りやすい点にメリットになります。

デメリットとしては、競合が多く差別化が難しい点です。数ある飲食店のアカウントと肩を並べるには、それなりのリソースを割く必要があるでしょう。

SNS運用の基本的なやり方は以下の通りです。

  • ターゲットを絞る
  • ターゲットに興味を持ってらえるような投稿を考える
  • スケジュールを決めて投稿する
  • 効果測定を行い適宜改善する

SNSにはさまざまな人がいるため、あらかじめ集客したいターゲットを絞り込む作業が欠かせません。万人の興味を引く投稿よりも、特定の人物に刺さる投稿を作る方が簡単だからです。

SNSでは各投稿に対して、ユーザーがどのような反応をしているのかをチェックできます。

表示回数やいいね!などを確認して、反応率の高い投稿を極めていくとよいでしょう。投稿内容がわからない場合は、競合他社の投稿を参考にするのがおすすめです。

ちなみに「どのSNSを使えばいいの?」という疑問については、下記動画で解説しています。

Googleビジネスプロフィール

Googleビジネスプロフィールは、飲食店が必ず利用すべきサービスです。

例えば「寿司」とGoogleで検索すると、現在地情報から周辺の寿司屋をトップに表示するようになっています。Googleマップの情報が検索上位に表示されるため、競合店が少ないエリアなら、これだけで集客力をアップできるのです。

Googleビジネスプロフィールを運用していると、利用者からの口コミが蓄積していきます。実際に利用した人のリアルな口コミが増えていけば、利用を検討している人の参考になるでしょう。

写真や動画を充実させれば、店舗をイメージしてもらいやすくなるはずです。

無料で使えるので、まだ利用していない方はすぐに登録しておきましょう。

グルメサイト

グルメサイトは新規顧客を作りやすいマーケティングツールです。

食べログやぐるなびのアプリから周辺の飲食店を検索する人もたくさんいます。こういった層をしっかりカバーすることで、機会損失を最小限にできるでしょう。

ただし、グルメサイトはリピーターの獲得がしにくいという課題を抱えています。

利用する際は、その他のマーケティング手法と組み合わせて、デメリットを補うようにしましょう。

グルメサイト限定のキャンペーンを作って、新規顧客の獲得に焦点を合わせるのがおすすめです。 

関連記事

Googleマップを活用して集客する方法と戦略【月100名来店者数UP!StockSun式活用成功事例】

Googleマップを活用して集客する方法と戦略【月100名来店者数UP!StockSun式活用成功事例】

Read More

ホームページ

ホームページは、インターネット上の顔になる重要な要素です。

SNSとは違いプラットフォームの規約に縛られないので、より自由な発信ができます。

  • 関連性の高い記事を作ってSEO強化
  • メルマガやLINE公式に誘導してリピーターにつなげる
  • お菓子やコーヒー、アパレルなどの販売

ホームページはカスタマイズ性が高いので、あなたが欲しい機能を実装できるのがメリットです。

また、GoogleマイビジネスプロフィールやSNSに公式サイトとしてURLを記載できるため、信頼性のアップにもつながります。

店舗と関連性の高い記事を書いて検索エンジンから集客するSEOもおすすめです。例えば「立川 カフェ おすすめ」などで複数の店舗を紹介しつつ、自分の店舗を含めておくとよいでしょう。

アイデア次第でさまざまなメリットを得られるのが、ホームページの特徴です。

関連記事

コンテンツマーケティングとは?メリットから成功事例までプロが解説

コンテンツマーケティングとは?メリットから成功事例までプロが解説

Read More

LINE公式アカウント

LINE公式アカウントは、飲食店にも使いやすいマーケティングツールです。

店舗のLINE公式アカウントを運用すれば、ファンやリピーターを獲得する際に役立ちます。手軽に友だち登録できるLINEは、利用者のハードルを最小限にできるはずです。

レジやテーブルに「友だち登録で〇〇%オフ」や「〇〇プレゼント」のようなポップを設置しておくと、店舗に興味を持ってくれた利用者を取りこぼさずに済むでしょう。

LINE公式に登録してもらったら定期的に接点を持ったり、メリットのある情報を発信したりして、次の来店につなげていくことが大切です。

  • 登録者限定のクーポンを配布
  • アンケートを取って新メニューを開発
  • ステップメールで見込み顧客を教育

このような施策を打って、何度もお店を利用してもらえるような仕組みを作っていくとよいでしょう。

関連記事

LINE集客に成功するStockSun式戦略【リピート率20倍UPの成功事例】

LINE集客に成功するStockSun式戦略【リピート率20倍UPの成功事例】

Read More

LINE公式の活用方法については、下記動画も参考になります。

チラシ・クーポン

チラシやクーポンは、オフラインのマーケティングでおすすめの方法です。

紙に印刷されたチラシやクーポンは、EメールやLINEなどのテキストよりも目を通す人が多い特徴があります。印刷代はかかるものの、店舗周辺の人に知ってもらうには効果的なマーケティング方法と言えるでしょう。

パッと見てメリットが伝わったり、魅力的なメニューをアピールしたりできるようなデザインにすることが大切です。

イベントの開催

オフラインイベントの開催は、飲食店のファンを増やすためにおすすめのマーケティング方法になります。

店舗で料理教室を開いたり、LINE公式の登録者限定でオフ会を行ったりなど、顧客と関係を深めることが可能です。利用者と対面でコミュニケーションが取れるので、信頼感の獲得や絆を作りやすいでしょう。

あらかじめ利用者に「どんなオフラインイベントがあったら参加してみたいですか?」と質問しておくのもおすすめです。

顧客視点で参加したくなるようなイベントを企画して、交友関係を広げていきましょう。

関連記事

イベント集客を成功させる5つのコツと集客方法9選【イベントに4,500名を集客したStockSunの成功事例】

イベント集客を成功させる5つのコツと集客方法9選【イベントに4,500名を集客したStockSunの成功事例】

Read More

飲食店がマーケティングを成功させるためにすべき3つのこと

飲食店がマーケティングを成功させるために重要なポイントは以下の3つです。

  1. お店の現状分析を行う
  2. ターゲットを絞り込む
  3. マーケティング戦略を検討する

①お店の現状分析を行う

飲食店がマーケティングで成果を上げるのに欠かせないのが現状分析です。

現状分析では、店舗の強みや弱み、チャンスやリスクなどを明確にできます。この分析結果は、飲食ビジネスを行う際の基盤になるでしょう。

現状分析はSWOT分析で行うのがおすすめです。

SWOT分析とは、店舗の強み、弱み、機会、脅威の側面を理解するためのフレームワークになります。

例を見てみましょう。

  • 強み
他店にないメニューのバリエーション、北欧家具を使った内装
  • 弱み
客単価の高さ、店内の狭さ
  • 機会
仕入先を開拓して客単価を下げる、回転率を上げる
  • 脅威
原材料の価格上昇、競合の増加

このような分析を行っておくと、現在の立ち位置を明確にできるでしょう。

SWOT分析と合わせて、店舗の売り上げデータをもとに分析することも大切です。

  • 人気メニュー
  • 利益率のよいメニュー
  • 利用者の年齢層や性別

上記のような要素を分析しておけば、店舗がターゲットにすべき人物像を明確化できます。

厳密に分析ができるほど、マーケティングの成果も高めることができるでしょう。

②ターゲットを絞り込む

飲食店のマーケティングで成果を出すには、ターゲットを絞り込むことが非常に大切です。

前述した通り、万人に評価される飲食店を作ることは難しいです。ターゲットを絞り込むことで、マーケティング効果も最大化しやすくなります。

ターゲットを選定する際は、以下の要素を明確にするのがおすすめです。

  • 年齢
  • 性別
  • エリア
  • 興味・関心
  • 職業

例えば、主に20代前半の女性をターゲットにしたカフェの場合、InstagramやTikTokなどでシェアしたくなるようなスイーツや内装にするなどの戦略が見えてきます。

ターゲットを絞る際は、現状分析を行った際に最も多く来店していた顧客層を参考にするのがおすすめです。

限られたリソースで成果を上げるためにも、あなたの店舗に最適なターゲットを選定していきましょう。

③マーケティング戦略を検討する

現状分析とターゲットの絞り込みができたら、マーケティングの戦略を策定します。

マーケティングに割ける予算やリソースを考慮して、どのような方法を取るべきか考えてみてください。店舗のブランディングや利益率アップなど、達成したい目標から逆算するのがおすすめです。

店舗や業態、現在の経営状況によってやるべき方法は変わってきます。

あなたに合ったマーケティング方法を見つけて、無理のない範囲で継続してみてください。効果測定を行いながら、効果を最大化させていきましょう。

まとめ

マーケティングは飲食店の認知度を上げたり、リピーターを増やしたりするのに欠かせない作業です。

どんなに素晴らしい店舗でも、来店してもらえなければ評価を得ることはできません。競合店がたくさんあるエリアでは「なぜこの店を利用するのか」といった差別化要素を打ち出すことも必要になります。

「〇〇カフェは、〇〇が最高の店だ」といったイメージを顧客の心に植え付けるには、SNSやホームページ、オフラインでのイベントなどで、お店の想いを発信することも大切です。

「最適なマーケティング方法がわからない」
「リソースが足りないからプロに委託したい」

その場合は、弊社StockSunの無料相談をご利用ください。

飲食店のマーケティングに長けたプロのマーケターが、課題をヒアリングして予算に合った施策を提案させていただきます。

特典:集客数300%アップを達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

マーケティングについて相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。