メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

【2024年版】Facebook運用代行徹底ガイド

更新日
【2024年版】Facebook運用代行徹底ガイド
真栄田義樹

この記事の著者

真栄田義樹

真栄田義樹

定額制Webマーケティング支援「マキトルくん」事業責任者

千葉大学大学院を卒業後、Web広告代理店を経て事業会社のマーケティング責任者に就任。
その後、Web広告やSEOなどの施策単体からマーケティング全体の設計まで含めたWebマーケティング支援を10年ほど経験し、StockSunの新サービス"定額制Webマーケティング支援『マキトルくん』"の事業責任者に就任。

マキトルくんは、コストをできるだけ抑えて高品質なマーケティング支援を提供できるような仕組みとなっています。

近年Facebookは個人的な利用だけでなく、ビジネスの場でも利用が進んできています。コミュニティを作ったり企業の広告として利用したり、使い方はさまざまです。全世界で29億人が利用しており、多くのユーザーを有しているFacebookは効率よくユーザーにアプローチすることができます。

しかしFacebookの運用を適切に行わなければ、手探りでの広告出稿となってしまいます。そのため、イチから自社で始めようとすると多くの時間やコストを浪費してしまうでしょう。

そこで、おすすめするのがFacebook運用代行サービスです。このサービスを活用することで時間や労力などが抑えられ、その分自社の人材を適切な場所に配置することが可能です。自社でかける時間が減れば、自社に適した配置を行うことができます。

StockSun株式会社では、Facebook運用代行業務をまとめて依頼できる「マキトルくん」というサービスを展開しています。
月額5万円からのサービスで、Facebookだけでなく、さまざまなSNS広告運用代行、Web広告、Web集客の業務を包括的に依頼ができます。また、最短5日で始められるようになっているところもポイントです。

ここでは、Facebook運用代行の概要や適切な運用会社の選び方を紹介します。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

webマーケティングサービス 比較

Facebook運用代行とは?

Facebook運用代行業者とは、自社の代わりにFacebookの運用をしてくれる企業を指します。例えば、Facebook広告の戦略策定や運用プランニングを始めとして、広告の作成からデータの分析などさまざまな業務を代わりに行ってくれます。ここでは、Facebook運用代行の概要を紹介します。

Facebook運用代行で期待できる効果

Facebook運用代行で期待できる効果は、以下が挙げられます。

集客などの効果を短期的に発揮できる

Facebookの運用代行を運プロに任せることで短期的に効果がでます。プロの方に任せることで、自社商品やサービスの認知度向上やブランディング、コンバージョン獲得といった効果に繋げる可能性を高めることが期待できます。

イチから始めた場合には、これらのブランディングや分析作業を手探りで行わなければなりません。経験や知識がないため、作業には時間やコストも掛かることになるでしょう。

しかしFacebook運用代行会社であれば、専門的な知識やノウハウだけでなく、同業他社をはじめとする実績や経験も豊富にあります。経験に基づく施策を行うことで、社内でイチから始めるよりも効率的に効果に繋げることが期待できます。

自社の業務に集中できる環境が整う

Facebook運用代行会社に頼まず、自社でFacebookの運用を行った場合、経験や知識のない人がゼロから始めることになります。自社でノウハウがない状況から始めると多くの時間が掛かり、その作業を行っている間は社内のコア業務に集中できません。

もしかしたら、社内の一部署としてFacebookを運用する組織を立ち上げなければならないかもしれません。その場合、本来自社の活動に強みを持った人を使わなければならない可能性も出てきます。

しかしFacebook運用代行に頼むことで、自社のリソースをほとんど使わなくて済みます。必要なのはFacebook運用代行業者との打ち合わせのみで、企業ブランディングの方向性や広告の出展の方向性、結果の方向性の検討や改善作業の確認など、主要な業務にしか参加しません。それ以外の時間は、自社のコア業務に集中できます。

客観的なアカウント運営が可能

Facebook運用代行会社に頼まず、自社でFacebook運用を行った場合、客観的な視点を得ることができません。自社のメンバーは自社に精通しているものの、他社の分析は出来ていないでしょう。また、ユーザーがどのような所感を受けるかなどの経験もありません。そのため、客観的なアカウント運営ができません。

客観的なアカウント運営ができないとアカウントの集客率が悪かったり、最悪の場合だとアカウントが炎上指定し舞う可能性もあります。

しかしFacebook運用代行に頼むことでこれらのリスクを回避することができます。これまでの経験や実績をもとにして客観的なアカウント運営を行ってもらうことができるでしょう。また、炎上に対する知見やノウハウもあるため、リスクを最小限に抑えて運営することができます。

Facebook広告と一般SNS広告の違い

FacebookとそのほかのSNS広告はさまざまな違いがあります。ここではその違いを紹介します。

優れたターゲティング機能

Facebook広告は、Meta社が運営する広告配信プログラムで、優れたターゲティング機能を持っています。ターゲティングとは、行動履歴をもとに推測した興味・関心やそれぞれのユーザーの情報からユーザーを差別化し、狙いを定めてユーザーに合った広告を配信する手法のことを言います。

Facebookは実名での登録を原則としているため、アカウントの登録情報やトラッキング情報(Web上の行動を追跡・分析した情報)の正確性が高いのが特徴です。それらの情報をもとにユーザーに広告を配信するので、Facebook広告にはターゲティングの精度が高いという長所があるのです。

豊富な広告の種類

また、ユーザーの購買ステップに合わせて訴求ができる点も特徴のひとつで、目的に合わせていろいろな種類の広告が用意されています。

広告の表示形式は以下の10タイプにわかれております。

広告

広告内容

画像広告(写真広告)

画像形式の広告フォーマット

動画広告

動画形式の広告フォーマット

カルーセル広告

1つの広告に対し複数の画像や動画を横並びに表示できる広告フォーマット

スライドショー

スライド形式で広告を表示する広告フォーマット

コレクション広告

メイン画像(または動画)とサブ画像を使ったビジュアル面を前面に押し出した広告フォーマット

ダイナミック広告

ユーザーのサイト閲覧履歴などの行動に応じて、自動的に最適な広告が掲載される仕組み

リード獲得広告

ユーザーが2タップするだけで、手軽にメルマガ登録や資料請求などができる広告手法

クーポン広告

クーポンを使った広告手法

イベント広告

Facebookのイベントと連動した広告手法

例えば、LINEの場合にはSmart Channel(トークリスト)、LINE NEWS、タイムラインの3つの広告しか出稿する場所がなく、Facebookに比べると少ないのが現状です。

さまざまな広告の出展方法があることで適切にユーザーにアプローチしやすく、さまざまな人に広告を見てもらう可能性が高くなります。

InstagramやMessengerなどとの連携した広告出稿

他のSNSツールでは広告を出展できる場所は1つのSNSツール内に限られることが多いでしょう。しかし、Facebook広告ではFacebookに限らず以下のような場所でも広告を出展することができます。

  • Facebook社がサービスを提供しているMarketplace(マーケットプレイス)
  • Messenger(メッセンジャー)受信箱への広告配信
  • Audience Network(オーディエンスネットワーク)に登録されているアプリやサイト
  • Instagramのフィードやストーリーズ

特に特徴的なのはInstagramやMessengerなど他のアプリケーションと連動しているところです。他のアプリケーションとも連動していることでユーザーの目に届きやすくなり、より多くのユーザーにアプローチすることができます。また、ターゲット層の幅を広げやすいのも良いポイントと言えるでしょう。

効率的なアカウント運用と分析の活用ポイント

ここでは、効率的なアカウント運用と分析の効率的なポイントを紹介します。

ターゲット層を意識する

効率的なアカウント運用を行うためにはターゲット層を明確にすることが大切です。ターゲット層を明確にしなければ、どれだけ有益な情報を提供していたとしても見てもらえる可能性は低くなるでしょう。

Facebookは忙しい人たちが多い30代~40代の利用者が多い傾向にあります。そのため、ターゲッティングを行い、必要な人にのみ広告を提供するというのはとても重要になります。

ターゲット層を明確にするのにおすすめな方法はペルソナの設定です。ペルソナとは、現実的なデータを元に作られる架空の顧客像です。ターゲティングよりも具体的に固めることで、Facebookでの発信情報が刺さりやすくなります。

出典:総務省「令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書」p.72

Facebookページを作成する

ターゲットが明確になったら、Facebookページも作成しましょう。Facebookは広告だけでなく、Facebookのページを作ることもできます。広告を作ったら自社のFacebookページに誘導することを目標としましょう。
Facebookページをフォローしてもらえたり、お気に入りに登録してもらえたりすることで顧客との接点を増やすことができます。

顧客とのコミュニケーションを意識する

ターゲットユーザーに向けて積極的に投稿を継続していると、ユーザーから「いいね」、コメントなどのリアクションが得られます。

反応が得られた際は返信し、ユーザーとコミュニケーションを取りましょう。「いいね」には直接返信できませんが、反応してくれたユーザーの投稿がフィードに現れたとき、「いいね」を返すことも効果的です。

積極的にコミュニケーションを取ることで、ユーザーは自社に対して親近感が湧くでしょう。これにより、企業はファンの増加が見込めます。企業としての信頼も高まるため集客しやすくなり、やがて収益につながるなどの効果を上げることができるでしょう。

Facebookを活用した集客方法について、理解を深めたいときには以下記事をあわせてご確認ください。

関連記事

Facebook集客は今からでもやるべき!メリットとデメリット!【StockSunが集客成功の秘訣を解説】

Facebook集客は今からでもやるべき!メリットとデメリット!【StockSunが集客成功の秘訣を解説】

Read More

Facebook運用代行会社の選び方

ここでは、Facebook運用代行会社の選び方を紹介します。

選ぶべき会社の特徴と実績

選ぶべき会社として重要なのは自社の分野に合った実績を十分に持っているかがとても重要になります。例えば、ブライダル系の企業が不動産投資系に強いFacebook運用代行にお願いしたとしても効果は上がらないでしょう。

実績を確認して、自社の強みとなる領域の実績が多くあるFacebook運用代行会社に頼むようにしましょう。また、実績を見る際にはどのような実績を上げているのか具体的に調べることも重要です。認知度を高めるような広告が得意なのか、購買率を上げる広告が得意なのかによっても依頼するべきかどうかが変わります。自社のニーズに合ったFacebook運用代行会社なのかも検討しましょう。

他にもきちんと信頼できる会社であるか見抜くこともとても大切です。良いFacebook運用代行会社であれば、自社の課題や改善点をきちんと指摘してくれ、良い方向に導いてくれます。Facebook運用代行会社自身の意志があり、目的を達成するために尽力している会社であるかも見極めるようにしましょう。

費用の相場と予算設定のコツ

Facebook運用代行会社の費用感は、投稿頻度や作業範囲によって変動します。アカウント全体の戦略から実際の運用代行、分析・レポーティングまでトータルで任せる場合は、月額20万円~50万円程度が相場でしょう。フリーランスを活用した場合には月額20万以内に納めることもできますし、大手の企業に頼んだら多くのことを包括的に対応してくれる代わりに月額50万円を超えることもあるでしょう。

予算設定をする際にはこれらの相場観を認識した上で、自社の目的を明確に設定するようにしましょう。この目的に合ったプランを提供しているところ数社から見積を出してもらい、その金額を参考に予算を設定するようにすると良いでしょう。

また、自社の予算が不足している場合や、より低額に抑えたい場合にはFacebook運用代行会社に相談して、作業してもらう範囲を絞ることで金額を抑えることもできるでしょう。しかし、その分、自社でやらなければならないことが多くなりますし、費用対効果が下がりやすくなります。最低金額を決めているFacebook運用代行会社もあるので注意をしましょう。

依頼前の相談・確認事項

依頼前に相談しておくことで重要なことは、将来に向けた施策を実行する環境を整えられるかということです。
例えば、Facebook運用に成功したら、次のSNS運用を行ったり、Web広告の出典を検討したりするでしょう。その時にどこまで対応できるのか、あらかじめ相談しておくことが大切です。事前に具体的なプランを相談しておくことで、Facebook運用が成功したときにそのまま余計なコミュニケーションなく次のステップに進めるでしょう。

また、知識や経験を自社にも蓄積できるかということもポイントです。アウトソーシング先の企業から知識や経験を吸収し自社での運用能力が高まることで、最終的にはSNS運用を内製化でき、コストダウンにもつながります。

Facebook運用代行業務の具体例

Facebook運用代行業務の具体例とおすすめサービス「マキトルくん」と他のFacebook運用代行サービスとの違いを紹介します。

SNSマーケティングと連携した戦略

例えば、大手アパレル業界のUNIQLOはFacebookを積極的に運用しています。UNIQLOのFacebookページは更新頻度が高く、1日に多い時だと2回更新されています。更新頻度を上げることで、タイムライン上でユーザーの目に留まりやすく、新しい商品やキャンペーンなどの認知向上につなげています。

人目を引くような魅力的な投稿はもちろんですが、タレントやアーティストなど幅広いタイプの方をモデルに起用し、モデルを務めたタレントやアーティストなどのファンにUNIQLOを好きになってもらう工夫がなされています。

しかし、UNIQLOが出しているのはFacebook広告だけではありません。LINEでは公式アカウントを持っていてキャンペーンなどお得な情報を配信してくれます。Twitterでも公式アカウントを持っていて季節に合わせたおすすめのコーディネートなどを紹介してくれます。

このようなFacebookやLINEを始めとしたさまざまなSNSツールに出展することでユーザーの視認率を上げ、より興味を持ってもらえる可能性を高めています。

参考:SYNCAD「Facebook(フェイスブック)のマーケティング戦略、おすすめの運用方法3選!」

他社サービスとの比較・競合分析

ここではStockSun株式会社が展開しているサービス「マキトルくん」と他のサービスを比較してみます。比較すると以下のようになります。マキトルくんはSNS運用代行サービスだけでなく、Webサイトの構築や集客・アクセス分析までWeb広告に関することをまとめて対応できるのが特徴です。

 

料金

対応内容

特徴

URL

StockSun株式会社

「マキトルくん」

月額10万円~

SNS運用代行、Web広告の運用、ホームページ制作、集客、アクセス解析などWebマーケティング業務全般

低価格で優秀な人材をアサインできる環境

https://stock-sun.com/makitori/lp/

アナグラム株式会社

月額利用広告費の20%

SNS運用代行、Web広告の運用、マーケティング支援

運用型広告に強みがある。

ビジネス・マーケットの相談も可能

https://anagrams.jp/

グラッドキューブ

月額4.5万円~

SNS運用代行、Web広告の運用、Webサイト構築、

専門の担当者がそれぞれの広告媒体に従事

https://www.glad-cube.com/

withwork

月額12万円~

SNS運用代行

初期費用0円

https://withwork.co.jp/flackS_lp2/

Facebook運用代行サービスの最新動向

ここでは、Facebook運用代行サービスの最新動向として重要なポイントを2つ紹介します。

    InstagramやLINEとの連携強化

    Facebookの広告運用だけではなく、近年では他のSNSツールと連動して連携を強化する動きが出てきています。年々、SNSツールの利用率は増加傾向にあるため、1つのツールだけでなく、他のSNSツールも活用することで効果的にユーザーにアプローチができるようになっています。

    特にFacebookとInstagramの関係性は強固であり、InstagramはFacebookの傘下で運営されているSNSツールのため簡単に広告を連携することができます。FacebookとInstagramでは利用する年代が異なったりするため、ターゲティングがうまくいかないなどの問題点が発生する可能性もありますが、両方に同時に投稿できることで、効率的なアカウント運営が可能となります。

    出典:総務省「第1部 特集 データ主導経済と社会変革」

    自動化・AI技術の導入

    近年では独自のアルゴリズムに基づいた最適化を実施してくれるOPTMYZRやFacebook・Instagram自動運用機能を兼ねそろえたROBOMA AIなどさまざまなAIでの広告出展支援ツールが出てきています。この支援ツールを使うことの主なメリットは以下の通りです。以下のようなメリットがあることから今後も自動化・AI技術の活用は浸透していき、多くの場面で使われるようになることが考えられます。

    出典:SEDesign「広告におけるAI活用~運用最適化編~」

    人の経験値・感覚からの脱却ができる

    Web広告運用は、配信結果をもとにきめ細かな調整を継続する必要があります。担当者の経験値がないと判断が難しい局面も多々あり、属人性の強い業務でした。しかも、担当者の判断基準にばらつきが生じやすいうえ、成功や失敗の要因を特定するのも困難です。

    しかし、AIを活用することで、過去のデータに基づいて運用を行えるようになり、担当者の経験値や勘に左右されることなく安定したパフォーマンスを生み出せるようになりました。

    24時間365日の自動最適化が可能

    これまで土日や深夜に広告を出展する場合には担当者の業務負荷が高まっていました。しかし、AIを導入して自動で広告の出展が可能となることで、担当者の負荷を軽減することができます。

    また、これまでは定期配信が主流だったものがAIによってユーザーの視認率が高い時間帯を自動で調整して最適な時間に広告を出展できるようになっています。このようなパフォーマンスの最大化もAIを導入するメリットとなっています。

    媒体を横断した最適化が可能

    FacebookやTwitter、Youtubeなどに広告を出す場合、広告費用が掛かります。これまでは担当者が経験に基づき予算を最適と思われる比率で分配していました。しかし、必ずしもこの配分が適切とは言えません。

    近年ではAIを活用することで、媒体ごとのパフォーマンスを分析し、媒体を横断して予算の最適化をすることも可能となりました。

    Facebookの運用代行ならマキトルくんがおすすめ

    「Facebookの運用代行を依頼したい」

    「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

    こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

    Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

    ここでは、Facebookの運用代行の為にマキトルくんを使うメリットをご紹介させてください。

    さまざまな業務を、一気通貫で格安で依頼可能!

    時間に余裕のある優秀なフリーランスや副業している方に継続的にまとまった仕事を依頼することで、相場よりも格安でWeb業務を依頼できる仕組みとなっています。

    Web業務を専属チームに任せることで効率よくスピーディーに進行できる

    マキトルくんでは目的に合わせた専属のWebマーケティングチームを組むことで

    効果的かつスピーディにマーケティング施策を実行いたします。

    外注先を一元化できるためやり取りや管理の手間をカットできる

    専属の担当ディレクターが間に入ることで人材の選定や各担当者とのやり取りの手間を省くことができます。費用を削減できる可能性が高いです。

    下記にマキトルくん活用事例を紹介します。

    マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

    最小限のコストでスピーディーにFacebookの運用代行やネット広告の制作・運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

    月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

    マキトルくんの詳細を確認する

    まとめ

    ここまでFacebook運用代行の概要や適切な運用会社の選び方を紹介してきました。Facebook運用代行では集客などの効果を短期的に実感できるほか、自社のリソースを活用しなくてよい分、コア業務に最適化できるなどの特徴があります。

    広告の運用をする際にはFacebookというSNSツールの特性を活かしてページを作成して、そこにどのようにユーザーを導くか、ターゲット層を明確にして広告を作成するとよいでしょう。

    また、Facebook運用代行会社を選ぶ際には予算感を確認しつつも自社にやりたいことがきちんとできる会社であるのか見極めましょう。実績も重要で、自社の業界に強い知識や経験があるかもポイントです。

    マキトルくんではFacebookだけでなくWeb開発やWeb広告、SNS運用までさまざまな業務を包括的に対応しています。また、月額5万円からのライトプランも用意されており、コストをかけずにお試しで依頼することも可能です。

    さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

    webマーケティングサービス 比較

    おすすめ記事

    お仕事のご依頼・ご相談

    各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

    会社資料のダウンロード

    まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。