メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

中小企業におすすめのマーケティング施策5つ【問合せ月100件達成したStockSun式戦略も紹介】

「自社にとって最適なマーケティングの施策はなんだろうか?」
「最小限の費用で効果的にコンバージョンを取る方法が知りたい」

中小企業にとって、マーケティングは売り上げアップに欠かせない施策です。

しかし、リソースやノウハウが足りず、マーケティングに取り組めていない中小企業の方は珍しくありません。成果を上げていくには、現状を理解したうえで自社にとって最適なマーケティングを実行していく必要があるでしょう。

本記事では、中小企業におすすめのマーケティング施策について紹介します。

弊社StockSunには、中小企業の集客を得意とするマーケターが多数在籍しています。貴社の課題をヒアリングした後、数あるマーケティング方法の中から、予算内で費用対効果の高い施策をご提案可能です。

効果的にマーケティングを行いたい方は、お気軽に無料相談フォームよりお問い合わせください。

特典:問合せ月100件を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

Webマーケティングについて相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

中小企業におけるマーケティングの現状と課題

中小企業のマーケティングの現状と課題について見ていきましょう。

  • 重要性を理解できていない
  • リソースや予算が足りていない
  • ITの活用不足

重要性を理解できていない

少数精鋭の中小企業では、日々の経営が忙しくマーケティングの重要性を理解できていないケースも多いです。

「うちにはマーケティングなんて関係ないのでは?」と考えている方も少なくありません。しかし、実際に商品やサービスを広めるには、マーケティングが欠かせないものです。

例えば、下町の精密部品を制作する企業が、新しい製品の開発や顧客のニーズに応えるための市場調査に投資することを避けてしまった場合、競合他社に遅れを取ってしまうかもしれません。

マーケティングは単なる宣伝行為ではなく、市場調査や製品開発にも及んでいます。中小企業だからこそ、マーケティングの重要性を理解して戦略的に取り組んでいく必要があるのです。

リソースや予算が足りていない

マーケティングに割くリソースが足りていない中小企業も多いです。

マーケティングの必要性を感じているものの、限られた予算を割り当てられない企業の方も少なくないでしょう。社内にマーケティングスキルを持った人材がいなければ、採用や教育コストもかかってしまいます。

中小企業ではスタッフが複数の役割を担当することも珍しくありません。マーケティング専門の知識や経験を深める機会が限られています。

最小限のリソースや予算で始められるマーケティングを考えていく必要があるでしょう。

ITの活用不足

現代のマーケティングはデジタル化が進んでおり、ITツールやソフトウェアの活用が重要です。

しかし、多くの中小企業ではIT化が進んでおらず、マーケティングを行う土台ができていません。例えば、在庫管理や顧客関係管理(CRM)システムの導入に消極的で、結果として在庫過剰や顧客情報の不整合などの問題を抱えています。

このように、データ分析やオンラインでの顧客とのコミュニケーションなど、ITツールの導入ができていないため、マーケティングに踏み出せない現状もあるでしょう。

これらの課題は、中小企業が市場で競争力を維持し成長するために解決すべき重要なポイントとなっています。

中小企業がマーケティングで得られるメリット3つ

中小企業がマーケティングで得られるメリットは以下の3つです。

  • 自社やブランドの認知度を上げられる
  • 顧客との関係を強化できる
  • データを通じて冷静に分析できる

自社やブランドの認知度を上げられる

中小企業はマーケティング活動を通じて、製品やサービスを広めることができます。

例えば、中小企業がSNSを利用して期間限定の割引キャンペーンを実施することで、認知度アップやコンバージョンが狙えるでしょう。

このような活動は新規顧客の獲得につながるだけでなく、ブランドの信頼性を高め、長期的な顧客関係の構築にも貢献します。

顧客との関係を強化できる

効果的なマーケティング施策は、顧客との関係を強化するメリットも得られます。

例えば、ファッションブランドが顧客のフィードバックに基づいて新しいデザインを開発し、そのプロセスを顧客と共有することで、顧客をブランドの一部と感じさせることが可能です。

これにより、顧客は単なる消費者からファンへと変わり、何度もリピートで利用してくれるようにできるでしょう。

データを通じて冷静に分析できる

マーケティングでは、さまざまなデータを収集し分析することが可能です。

例えば、電子製品のメーカーがオンライン広告のデータを分析して、どの広告が最も効果的であったかを理解し、将来のマーケティング戦略に活用できます。

特にWebマーケティングでは、流入数や流入元、どんなキーワードに顧客が興味をもったのかなどを細かく解説できるのが特徴です。数値をもとにしたサービスの改善や戦略づくりは、生産性の高いマーケティングを可能にしてくれるでしょう。

中小企業がマーケティングで知っておくべきデメリット2つ

中小企業がマーケティングで知っておくべきデメリットを2つ紹介します。

  • 十分なリソースが必要
  • 短期的な成果は期待できない

十分なリソースが必要

マーケティングを実行するには、人材、時間、ツールなどのリソースが必要です。

例えば、地元のスーパーがSNSを利用したマーケティングを始めたものの、定期的な投稿やコンテンツの作成に必要な時間と人員が不足しているため、期待したほどの効果が得られなかったというケースがあります。

競合との差別化を図るには、これらのリソースを確保するためのコストが不可欠です。限られた予算の中では、小規模で始められるマーケティング方法に絞って、徐々に施策の幅を広げていくことも戦略の1つと言えるでしょう。

短期的な成果は期待できない

マーケティングは、短期間で成果が出にくいデメリットもあります。

例えば、SEOは最低でも6ヶ月〜1年ほどの期間を要するのが特徴です。短期間で計画を立ててしまうと、思ったような成果は期待できません。長期で施策を実行するからこそ、結果的な費用対効果を高められるのです。

継続的に改善を重ねることで、マーケティングのメリットを享受できる点を覚えておきましょう。

関連記事

Webマーケティングの外注にかかる費用相場は?【業務委託を格安で依頼する方法】

Webマーケティングの外注にかかる費用相場は?【業務委託を格安で依頼する方法】

Read More

中小企業におすすめのWebマーケティング5つの施策

中小企業におすすめのWebマーケティング施策を5つ紹介します。

  • ホームページ
  • SEO
  • 広告運用
  • SNS
  • YouTube

中小企業のマーケティング方法①ホームページ

中小企業にとって、自社のホームページはオンラインでの顔となり、ビジネスの第一印象を決定づけます。

ホームページを作成するメリットは以下のようなものがあります。

  • ブランドイメージの向上する
  • 情報提供の効率化できる
  • SEOを通じた顧客を獲得できる

例えば手工芸品を扱う店が、オンラインで製品の質と特徴を紹介する美しいホームページを立ち上げたことで、製品に対する信頼感とブランドイメージが大幅に向上しました。

自社に合ったホームページを制作することで、潜在顧客に対して企業の情報を効果的に伝え、ビジネスの信頼性を高めることが可能です。

ホームページを作成するデメリットは以下の通りです。

  • 運用コストがかかる
  • 専門的な知識が必要になる

現在はテンプレートと呼ばれるデザインの型を使うことで、安価かつデザイン性の高いホームページを作成できるようになりました。

しかし、ホームページは「誰に何を伝えるか」を明確にする作業がとても重要です。この工程を明確にするには、プロによる市場調査やターゲット選定が欠かせません

定期的なコンテンツの更新なども考慮すると、それなりの運用コストがかかります。得られる価値が高い分、コストがかかってしまう点も覚えておきましょう。

中小企業のマーケティング方法②SEO

SEO(検索エンジン最適化)は、自社のWebサイトが検索エンジンで上位に表示されるようにするための施策です。

具体例としては、特定の技術サービスを提供する企業の場合、その技術に関連するキーワードで検索エンジンに上位表示されるように対策します。

こういった効果的なSEO対策により、潜在顧客が検索するキーワードで自社サイトが見つかりやすくなり、新規顧客の獲得が可能です。

SEOのメリットとしては以下があげられます。

  • オンラインでの可視性が向上する
  • 費用対効果が高い
  • ターゲットのリーチしやすい

デメリットは以下の通りです。

  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • 専門的な知識が必要になる

競合が多い施策のため、しっかりとした成果を得るには時間を要します。

長く続けることで問い合わせや商品の販売促進など、自社の目的を半自動で達成できるのが魅力です。

関連記事

コンテンツマーケティング戦略の立て方を7STEPで解説【手順がわかるプロ解説動画あり】

コンテンツマーケティング戦略の立て方を7STEPで解説【手順がわかるプロ解説動画あり】

Read More

中小企業のマーケティング方法③広告運用

広告運用はオンラインでターゲットに対して、バナーやテキストを表示できる施策です。

例えば、テキスト形式のリスティング広告では、ターゲットが検索したキーワードに対して関連性の高い広告を表示できます。広告と気づかれにくい特徴があるので、クリック率が高いのが特徴です。

広告運用のメリットは以下の通りです。

  • 即時的な成果が見込める
  • ターゲットを細かく絞れる
  • データをその他の施策に活かせる

広告運用のデメリットは以下の通りです。

  • 広告費がかかる
  • 競合が多いと出稿費が高い

需要の多いキーワードは競合も多く、費用が高額になります。

費用を安くしたい場合は事前に緻密なキーワード調査を行い、ROIの高いものを選んでいく必要があるでしょう。最小限の費用で効果を最大化させたい場合は、広告運用のプロに戦略設計から依頼するのがおすすめです。

中小企業のマーケティング方法④SNS

SNS運用はSEOでは得られない潜在顧客にリーチしたり、ファンを育成する際に活用できます。

SNSのメリットは以下の通りです。

  • 潜在層にリーチできる
  • ユーザーとコミュニケーションが取れる
  • 拡散力がある

SNSのデメリットは以下の通りです。

  • 定期的な投稿が欠かせない
  • 炎上リスクがある

SNSはユーザー同士がコメントやシェアなどをできるため、コミュニケーションが取りやすく拡散されやすいメリットがあります。ターゲットの興味を引く投稿を定期的に行うことで、認知度を高めていけるでしょう。

反面、コンスタントな投稿が必要なので、コンテンツを企画・作成する手間がかかります。

ユーザーが不快に感じる投稿をしてしまうと、一気に拡散されて炎上につながるリスクもあるでしょう。プロのSNSマーケターは炎上リスクも考慮したうえで、どのような投稿をすべきかアドバイスを行ってくれます。

中小企業のマーケティング方法⑤YouTube

YouTubeは、動画コンテンツによる視覚的なマーケティングが可能です。

YouTubeのメリットは以下の通りです。

  • 文字では伝えづらい内容を動画で伝えられる
  • 顔出しにより信頼性を高められる
  • エンゲージメント率が高い

YouTubeのデメリットは以下の通りです。

  • コンテンツ作成のコストがかかる
  • 分析と改善が欠かせない

例えば、採用マーケティングを行いたい場合、自社が行っていることやスタッフのインタビューなどのコンテンツを作ることで、興味のある層にわかりやすく伝えることができます。

「この会社はこんな人たちが働いているんだ」ということがわかれば、信頼性の獲得にもつながるでしょう。動画作成のコストはかかるものの、期待できる効果も高いです。

ただし、コンバージョンを得るまでには、定期的なコンテンツの配信や、アルゴリズムを理解して戦略を立てていく必要があります。長期的にYouTube運営を行うことで、自社の魅力を伝えれる箱を完成できるでしょう。

関連記事

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

Read More

中小企業がマーケティングを始める流れ3ステップ

中小企業がマーケティングを始める際は、以下の流れで行いましょう。

  • リソースの確保と組織体制の再編
  • マーケティングスキルの学習
  • ITシステムの導入

リソースの確保と組織体制の再編

リソースの確保と組織体制の再編においては、最初のステップとして自社内にマーケティングの専門知識を持つ人材がいるかどうかを確認することが重要です。

例えば、顧客との関わりが深い営業スタッフや、数字に強い経営者層がマーケティングの任務を担うなどの対策を行います。営業スタッフは顧客ニーズを深く理解しているため、ターゲットに最適なキャンペーンを企画するのが得意だからです。

数字に強い経営者であれば、予算配分やROI(投資収益率)の最適化を行いやすいでしょう。

これらの人材は中小企業のビジョンと目標に精通しており、効果的なマーケティング戦略を立案し実行できる可能性があります。

しかし、中小企業では利用可能なリソースが限られていることが多いため、専任スタッフの採用や外部への委託を検討することも大切です。

マーケティングに割ける予算が少ない場合は、小規模で始められる施策に注力し、最小限のチームでスタートすることも検討しましょう。

自社の現状を理解し適切な人材を配置することで、限られたリソースの中でも成果を上げていくことが可能です。

マーケティングスキルの学習

チームの構築が完了したら、マーケティングスキルの学習に入りましょう。

「どのようなマーケティング施策を実施し、どれくらいの成果を目指すのか」をはっきりさせることが、必要なスキルの特定につながります。

例えば、「自社サイトの検索エンジン経由のアクセスを20%増加させる」という具体的な目標を設定する場合、この目標を達成するためにはSEO(検索エンジン最適化)のスキルが必要です。

必要なスキルを決定したら、タスクを細分化して学習プランを作っていきます。

スキルの習得は以下の通りです。

  • 専門書を読む
  • オンラインコースやセミナーに参加する
  • 実務経験を積む

初歩的なスキルを習得したら、実践に移るのがおすすめです。

実務経験を通して生まれた課題を解決することで、効率的にスキルアップできるでしょう。

ITシステムの導入

ITシステムの導入は、リソースが限られた中小企業にとって必須になります。

人手が足りない場合、ITツールを活用することで作業の自動化や効率化が達成できるからです。これにより、チームはより重要な施策に集中することができます。

例えば、マーケティングオートメーション(MA)ツールの導入は、面倒で手間のかかる雑務を自動化でき、ユーザーの反応をデータとして蓄積できます。手動で行うと膨大なリソースが必要になりますが、MAツールを活用すれば極少人数で完了できるのがメリットです。

MAツールを選ぶ際は、自社に必要な機能を明確にしたうえで予算に合ったものを選定してください。

ITシステムの導入は、単に作業を自動化するだけでなく、データ収集や分析も容易にします。これにより、中小企業はマーケティングの成果を正確に把握し、論理的な意思決定ができるようになるでしょう。

中小企業のマーケティング成功事例【StockSunマーケターの実績と戦略】

StockSunマーケターが実施した中小企業のマーケティング成功事例について解説します。

  • BtoBオウンドメディアで月20万PV・問合せ月100件獲得に成功した事例
  • Instagram開設1ヶ月で1フォロワー獲得に成功した事例
  • Youtubeチャンネル開始で月に20件の問い合わせ獲得に成功した事例

BtoBオウンドメディアで月20万PV・問合せ月100件獲得に成功した事例

フリーランスエンジニアを企業に紹介するオウンドメディアのSEOで、1ヶ月あたりの問い合わせを100件増やすことに成功した事例です。

成功のポイントは、問い合わせ獲得につながる可能性が高いキーワードを選定したことでした。

まず、フリーランスエンジニアがどのようなキーワードで検索しているかを徹底的に分析しました。これにより、ターゲットのニーズにマッチしたコンテンツが作成でき、コンバージョンにつながったのです。

「プログラマー」というキーワードは月間1万回検索されますが、エンジニア以外のユーザーも検索しているため、問い合わせ獲得という目的に必ずしもコミットできるわけではありません。

一方「アプリ エンジニア 初心者」のようなキーワードは、エンジニアの仕事を探しているユーザーが検索する可能性が高く、競合性も少ないというメリットがあります。

問い合わせにつながりやすく、競合性の低いキーワードを選定することで、オウンドメディアへの問い合わせ数を大幅に増加させることができました。

この事例については以下の動画で詳しく解説しています。

Instagram開設4ヶ月で1万フォロワー獲得に成功した事例

Instagram開設4ヶ月で1万フォロワー獲得に成功した事例です。

この事例では以下の3つの施策を行いました。

  • コンテンツの投稿数を増やしてアカウントの趣旨を明確にする
  • 人気TOPに掲載されやすいハッシュタグを使う
  • メンションすることでプレゼント当選確率が上がるなどのキャンペーン実施

上記の手順でInstagramアカウントの認知度が上がり、フォロワー数を伸ばすことができました。

ハッシュタグの分析だけでなく、フォロワーにとってもメリットのあるキャンペーンを実施することでさまざまなユーザーにリーチできます。

詳しい成功要因については、下記記事で解説しています。

Youtubeチャンネル開始で月20件の問い合わせ獲得に成功した事例

広告クリエイティブを手掛ける会社が、月1件ほどだった採用の問い合わせを、月20件まで増やした成功事例です。

YouTubeチャンネルの登録者は2,000人ほどですが「広告制作会社で働きたい」と考えるターゲットのニーズを理解し、それに応える動画を積極的に配信することで、目標を達成できました。

具体的には、以下のような内容を投稿しました。

  • 写真や動画の撮影テクニック
  • 効果的な構図の決め方
  • 実践的な編集技術

上記のようなコンテンツを配信することで「この会社で学び働いてみたい」と思ってもらえるきっかけを作りました。

また、社員の顔や話し方、仕事の様子を惜しみなく公開することで、会社のカルチャーと雰囲気を伝え、より多くの問い合わせを引き出しました。

このアプローチにより、採用に関する問い合わせは月1件から月20件に増えたのです。

こちらの事例については以下の動画で詳しく解説しています。

まとめ

予算や人材が限られている中小企業は、マーケティングを効果的に活用することが求められています。

商品やサービスの販売促進はもちろん、自社のブランディングなどを行う際もマーケティングが役立つからです。しかし、マーケティング施策にはさまざまなものがあり、専門知識がないと成果を得ることは難しいでしょう。

「最小限の費用で効果的なマーケティング施策を実施したい」
「プロのマーケターに戦略設計から依頼したい」

その場合は、弊社StockSunの無料相談をご利用ください。

実績のあるプロのマーケターが貴社の目標や予算をヒアリングしたうえで、費用対効果の高い施策をご提案させていただきます。

プロによる間違いないマーケティングについて興味のある方は、以下のリンクより無料相談へお問い合わせください。

特典:月の問い合わせ100件を達成したStockSun式戦略・戦術をご提案

Webマーケティングについて相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。