メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

弁護士の集客方法10選!【問合せ30倍UP!StockSun式Web集客成功事例】

更新日
弁護士の集客方法10選!【問合せ30倍UP!StockSun式Web集客成功事例】

著者

楢本浩太

「弁護士事務所を経営しているが、集客面で苦戦をしている」
「そのため弁護士事務所が顧客獲得するための集客方法を知りたい」

差別化を図ることが難しく、弁護士の人数が増えている背景から、集客に苦戦する弁護士が増えています。

そのような中、弁護士が集客を成功させるためには、オフラインの集客方法だけに頼らず、貴社のターゲット層と接点を持てるWeb集客施策を実施していくことが必須です。

本記事では、上記を実施するために必要な次の知見を公開しています。

これまでさまざまな業種の集客コンサルティングを実施してきたStockSunのノウハウと成功事例を取り入れながら解説しているため、参考にしてください。

StockSunでは、貴社の課題や悩みを分析し、最適な集客戦略をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

特典:問合せ30件UP!?戦略・戦術をご提案

弁護士事務所の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

目次

弁護士の集客がうまくいかない4つの理由

弁護士の集客がうまくいかない4つの理由

独立した弁護士の中には集客に苦戦して悩んでいる方も少なくありません。
弁護士は差別化が難しいなど、集客に失敗しやすい理由が存在するためです。

ここでは、独立した弁護士が集客に失敗する4つの理由について解説します。

弁護士の数が多い

独立した弁護士が集客に苦戦する理由は、弁護士の数が多いことです。

日本弁護士連合会が公表している「基礎的な統計情報(2021年)」によると、2021年の弁護士の数は43,206人となっており年々その数は増加傾向にあります。

弁護士の集客が失敗する理由として弁護士の人口が増加しているとわかる図

画像引用元:弁護士数の推移/男女別年齢構成/男女別弁護士数の推移(基礎的な統計情報2021年)

今後も増え続けていくことが想定されています。

実際に、弁護士の仕事は飽和した状態であるため、独立してから安定して集客できていないケースが多いです。

そのため、Web集客などの集客対策を講じる必要があると言えるでしょう。

差別化を図りにくい

弁護士は数が増えていることで他の弁護士事務所との差別化が図りにくい状況にあります。
顧客が依頼する弁護士を決める際は「専門性・費用・立地」などで決めることが多いです。

そのため、知名度や実績が乏しい独立したての弁護士は、特定の分野に特化していないと他の弁護士との差別化が図れず、集客に苦戦してしまう傾向があります。

過去の実務経験から自身の得意分野を顧客にわかるように宣伝し、集客することが重要です。
例えば、債務整理や交通事故など自身の経験に基づいて得意分野をアピールするのが効果的な手段の一つと言えます。

顧客から認知されていない

内閣官房法曹養成制度改革推進室が公表している「法曹人口調査報告書」によると、「弁護士の探し方を調査したアンケート」では回答した35.9%の人が「知り合いに聞いて探す」と回答したことが分かりました。

弁護士の集客がうまくいかない理由の図

画像引用元:内閣官房法曹養成制度改革推進室『法曹人口調査報告書』

知り合いづてに探す人が多いため、ただでさえ認知される機会が少ないと判断できます。

ただし、次に多い回答は「インターネットの情報を基に探す」21.7%であり、開業したての弁護士事務所にも集客できる可能性が大いにあります。

しかし、開業したてで集客に悩んでいる弁護士事務所の多くはインターネット検索で上位表示されておらず、顧客から認知されていません。

顧客の認知度を向上させて集客するためにも、SEO対策に特化したWebサイトを作成してWeb集客をおこなうことを検討してみてください。

弁護士へ依頼・相談することにためらいを感じる人が多い

内閣官房法曹養成制度改革推進室が公表している「法曹人口調査報告書」では、26.5%の人が「弁護士に依頼や相談することにためらいを感じている」と回答しています。

弁護士の集客がうまくいかない理由としてためらいを感じる人が多いとわかる図

画像引用元:内閣官房法曹養成制度改革推進室『法曹人口調査報告書』

ためらいを感じる理由としては、次が多い結果となっています。

弁護士はお金がかかりそうだから

94.4%

弁護士には近寄りがたいイメージがあるから

56.1%

弁護士に頼むと解決までに時間がかかりそうだから

42.1%

弁護士に頼んで裁判になるとかえって問題がこじれそうだから

33%

これらのイメージを払拭するために、無料相談の実施などで親身に対応して親しみを持ってもらうことが、弁護士の集客では重要なポイントと言えます。

弁護士のWeb集客方法7選【StockSun式売上6倍の最新集客施策】

弁護士事務所のWeb集客方法7選【StockSun式売上6倍の最新集客施策】

弁護士事務所のWeb集客方法にはさまざまな方法があります。
その中で、ここではStockSun式の弁護士事務所のWeb集客方法について詳しく解説していきましょう。

本記事で紹介している7選のWeb集客方法にかかるコストや効果の継続性などを比較してみると次の通りです。

弁護士のWeb集客方法 効果が出るまでの期間 効果の持続性 外注する際の費用感 有効なターゲット層
サイトをSEO対策する 3ヶ月〜1年ほど 高い 月50万円程度 顕在層
潜在層
SNSを活用する 3ヶ月〜1年ほど 低い 月30万円程度 顕在層
潜在層
MEO対策する 6ヶ月〜1年ほど 高い 月5万円〜 顕在層
Web広告を出稿する 〜1ヶ月程度 低い 月100万円〜 リスティング:顕在層
ディスプレイ:潜在層
YouTubeを活用する 6ヶ月〜1年ほど 月30〜100万円程度 顕在層
潜在層
LINEを活用する 3ヶ月程度 高い 月10万円程度〜 顕在層
ポータルサイトを活用する 〜1ヶ月程度 高い 月100万円〜
※効果を得られる目立つ位置に掲載する場合
顕在層

各章では、具体的なやり方を詳しく解説しているため、すぐに実践していただけます。参考にしてください。

弁護士事務所のWeb集客方法①集客サイトを作りSEO対策

集客サイトを制作したうえで、SEO対策を実施する方法です。

効果が出るまでの期間 6ヶ月〜1年ほど
持続性 高い。
複数のコンテンツで検索上位を獲得できれば、定期的な修正で長期的な集客が可能になる。
費用感 〜50万円/月
依頼する作業範囲により費用が大きく変わる。

SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンで「弁護士 債務整理」などのキーワードで検索した際に、集客サイトが上位表示されるようにすることです。
検索結果で上位に表示されることで多くの顧客に認知されるため、集客につながります。

弁護士の集客におけるSEO対策の図解

そのため、弁護士事務所でWeb集客をおこなう際は集客サイトのSEO対策が重要です。

ただし、SEO対策は事前にポイントを押さえて実施しないと、成果が出ずに集客ができないといった事態になりかねません

SEO対策の重要なポイントは、以下の4つです。

・E-A-Tを満たす
・ドメインパワーを向上させる
・ユーザー行動
・コンテンツの充実度

弁護士の集客でSEO対策するときのポイント:E-A-Tを満たす

1つ目のE-A-Tとは「専門性・権威性・信頼性」のことです。
この3つの要素を満たすことでGoogleから評価されるサイトになり検索順位が向上します。

なお、E-A-Tを満たすためには、以下の3つの施策を実施することが重要です。

・運営者情報を充実させる
・Googleビジネスプロフィールの登録
・ドメインの運営者が誰なのかを公開する

上記3つの要素を満たすことで、Googleから評価されやすいサイトになります。

弁護士の集客でSEO対策するときのポイント:ドメインパワーを向上させる

次に、2つ目のドメインパワーを向上させることも、サイトの評価を上げるポイントです。
ドメインパワーを向上させるためには、被リンクを獲得することが大切です。

例えば、弁護士協会に所属したり、取引先にサイトのリンクを貼ってもらうことで、被リンクを獲得できます。

弁護士の集客でSEO対策するときのポイント:ユーザー行動

3つ目のユーザー行動とは、サイトにユーザーが来るまでの行動と来てからの行動を指します。
まずサイトにユーザーが来るまでの行動で重要になるのが、以下の3つのポイントです。

・クリック率を向上させるタイトルタグとメタディスクリプションにする
・ユーザーのブラウザバック率などを分析して離脱する確率を下げる
・検索画面に質問を出せるFAQの構造化マークアップを設定する

上記の3つの施策をおこなうことでサイトのクリック率が向上します。

弁護士の集客でSEO対策するときのポイント:良質な記事型コンテンツを投下する

4つ目のコンテンツは、顧客の顕在ニーズだけでなく、潜在ニーズを満たす良質なコンテンツを作ることが重要です。

例えば、「近隣トラブルを解決したい」という顕在ニーズを持つユーザーに対し、「近隣トラブルを解決する方法」をコンテンツに取り入れます。

ユーザーは顕在ニーズが満たされると、次に「解決するためにおすすめの弁護士を知りたい」「弁護士の依頼にかかる費用が知りたい」といった潜在ニーズが生まれます。
潜在ニーズまで網羅して満たしてあげられるコンテンツ作成が大切です。

上記で解説した4つのポイントを押さえてSEO対策を実施することで、上位表示される可能性が高くなります。

StockSunでは、SEO対策のコンサルティングをお引き受けしております。SEO対策を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

SEO対策のコンサルタントを確認する

弁護士事務所のWeb集客方法②SNSの運用

効果が出るまでの期間 3ヶ月〜6ヶ月ほど
持続性 低い。
発信活動を継続しないと集客効果を維持しにくい。
費用感 〜30万円/月

TwitterやInstagramなどのSNSを運用して集客する方法も弁護士事務所の集客方法として効果的な手段の一つです。

弁護士の集客に活用できるSNSは、次の4つです。

SNS 集客に有効なターゲット層 SNSの特徴
Instagram 20〜40代の女性 ・ショート動画のリール動画がフォロワー外へのリーチ拡大に最適
・画像がメインのフィード投稿はフォロワーの育成に活用できる
Facebook 30代〜60代の決裁権を持つ人物 ・画像+文字のフィード投稿
・自社のFacebookページは、検索エンジンで上位表示されやすいため、公式HP代わりに活用できる
X(旧Twitter 20代のユーザーが多い年代が上がると男性利用者数が多い ・文章がメインのツール
・文章に画像動画も添えて投稿できる・有益な情報をtweetすると拡散されやすい
TikTok 10代後半〜20代の若者 ・ショート動画がメインのSNS
・フォロワー外へのリーチ拡大に最適

Instagram

利用者層 利用者数
20〜40代の女性利用者が多い 3,300万人

特に弁護士事務所におすすめしたいのが「Instagram」です。

実店舗系ビジネスにおいて、Instagramならフォロワー数1,000人ほどのアカウントでも集客の成果が得られる傾向があるためです。
特にInstagramでは、拡散力の強いリール投稿を使い、潜在顧客を集客することがおすすめです。

弁護士の集客:Instagramの施策の図解

リール投稿で、顧客が抱えている悩みに対して弁護士として解決方法を述べるコンテンツを発信します。

同様の悩みを抱える潜在顧客にフォローしてもらったところで、潜在顧客が事務所への相談に結びつくよう、フィード投稿で育成します。
具体的には、弁護士にかかる費用相場や、実際に解決した事例などを投稿すると良いでしょう。

Facebook

利用者層 利用者数
30代〜60代の決裁権を持つ人物 2,600万人

Facebookは、30〜60代の決裁権を持つようなユーザーが利用している傾向にあります。

そのため、次の分野を専門に行う弁護士は、活用が適しているでしょう。

  • 相続案件
  • 顧問弁護士

など

ただし、Facebookは業績が伸び悩んでいることもあり、今後SNSが終了する可能性もあります。

Facebookだけに依存せず、さまざまな集客施策を掛け合わせましょう。

X(旧Twitter)

利用者層 利用者数
20代のユーザーが多い
ただし年代が上がると男性利用者数が多い傾向
4,500万人

Xは、リツイートしてもらうことでリーチを拡大することができるため、リツイートされやすい有益な情報を発信することが大切です。

次のコツを抑えた投稿を実施しましょう。

 
ターゲットにとって有益な情報を投稿 ・ターゲットとなるユーザーが抱える悩みを法の観点から解決できることを紹介
・弁護士事務所の紹介をするのではなく弁護士の知見から具体的な解決方法をギブする
・画像などを含め視覚的に伝える
弁護士事務所の公式アカウントではなく、
個人の弁護士が運用しているアカウントという立ち位置にする
・弁護士事務所の公式アカウントだと、サービスをおすすめしたときに宣伝臭を感じる
・公式アカウントだと中身の人間がどのような人物なのかわからず親近感を得られない
・弁護士個人のアカウントとすると親近感や信頼性が生まれる
・ユニークなキャラクター性を出せるとファン化にもつながる

ターゲットにギブする精神で、1つ1つの投稿を作りこむ必要があります。

有益な情報を発信し信頼を獲得することで、「貴社に依頼をしたい」と思うきっかけとなります。

最低でも1日2回程度継続して投稿しましょう。

TikTok

利用者層 利用者数
10代後半〜20代の若者が多い 1,600万人

TikTokは、動画がメインのフォロワー外へリーチを拡大しやすいSNSです。

特に若い世代の利用者が多いため、若い世代特有の悩みにアプローチしたコンテンツを作成しましょう。

  • 離婚系の相談
  • いじめ

上記の悩みを取り扱う弁護士におすすめのSNSです。

StockSunでは、SNS集客のコンサルティングをお引き受けしております。SNS集客を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

SNS集客のコンサルタントを確認する

弁護士事務所のWeb集客方法③MEO対策

効果が出るまでの期間 6ヶ月〜1年ほど
持続性 高い。
Googleマップだけでなく検索画面にも表示されるので、上位を獲得すると高い集客効果が得られる。
費用感 〜5万円/月

MEO対策とはGoogleビジネスプロフィールに登録することで、Googleマップ上に表示される自社の情報の検索順位をアップさせる施策のことです。
Googleマップは、Google検索で「地域名+弁護士事務所」というキーワードで検索したときに、検索結果画面の上部に表示されます。

弁護士の集客MEO対策の図解

さらにMEO対策をしておけば、マップ上の一覧の中でもさらに最上部に貴社の事務所を表示させることが可能です。
顧客に対する認知度が上がるだけでなく、弁護士事務所を探す顧客にもアピールできるため、集客効果を期待することができます。

ちなみに、MEO対策のポイントは、Googleビジネスプロフィールに登録した情報を充実させることです。

特に顧客が入力してくれる口コミ数が多いと上位表示されやすくなります。

口コミが多いと信頼性も高くなるため、長期的な集客につながるのも利点です。

なお、口コミを集めるためにも、顧客に口コミの投稿を促すギフトを配布するなどの施策を整えておくことが重要になります。

StockSunでは、MEO対策のコンサルティングをお引き受けしております。MEO対策を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

MEO対策のコンサルタントを確認する
効果が出るまでの期間 数週間〜1ヶ月ほど
持続性 低い。
広告の出稿をやめると集客効果もなくなってしまう。
費用感 100万円〜/月

料金を支払うことで目立つ場所に掲載してもらえるWeb広告の出稿も、弁護士事務所におけるおすすめの集客方法です。
とはいえ、Web広告には以下のようにさまざまな種類があり、何でも良いというものではありません。

・リスティング広告
・リターゲティング広告
・アフィリエイト広告
・ネイティブ広告
・純広告・バナー広告
・記事広告
・リワード広告
・動画広告
・SNS広告

上記の中で弁護士事務所におすすめしたいのは、指定したキーワードで検索されたときに自社のサイトを上部画面に表示できる「リスティング広告」です。
リスティング広告は、Googleでキーワードを検索したとき以下画像の赤枠に表示される広告を指します。

弁護士の集客リスティング広告の図解

認知度の向上を期待できるうえに顕在層にアプローチできるため、高い集客効果を期待できます。

また、ターゲットにしているユーザーの属性やエリアを入力することで、ターゲットにしているユーザーに対する広告配信ができるのも嬉しいポイントです。

ただし、この方法ではスマートフォンの位置情報のずれなどによって顧客を逃してしまうケースがあり、機会損失が発生してしまう可能性があるため注意しましょう。
顧客の取りこぼしを発生させないためには、エリアターゲティングした広告とエリアターゲティングを実施せずに地域キーワードを盛り込んだ広告を両方出稿するのが効率的です。

StockSunでは、WEB広告運用のコンサルティングをお引き受けしております。WEB広告運用を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

WEB広告運用のコンサルタントを確認する

弁護士事務所のWeb集客方法⑤YouTube

効果が出るまでの期間 6ヶ月〜1年ほど
持続性 中間Y
ouTubeのトレンドに合わせ継続してコンテンツを投稿する必要がある
ただし時事ネタではない場合一度投稿した動画は継続して見てもらえる
費用感 30万円〜100万円程度/月
求める動画のクオリティや投稿頻度による

YouTubeチャンネルの運用やYouTube広告を利用して集客する方法も弁護士事務所におすすめです。

YouTubeチャンネルの運用

まず、YouTubeチャンネルを運用した集客方法は、初期費用がかかりますが資産性があるため、中長期的な観点からでいうと販管費が下がります。

一方、チャンネルが育っていくためには時間がかかるうえに、必ず成功するわけではなくリスクが高いのが欠点です。

YouTubeチャンネル運用で成果を出すためには半年程度かかることが多く、半年感は赤字が続くことになります。
そのため、資金的な余裕がなければYouTubeチャンネル運用はできません。

YouTubeを運用するときには、YouTubeのトレンドを取り入れた動画の制作がおすすめです。

弁護士の集客におけるYouTubeの施策

トレンド性を取り入れることで、それだけで再生される可能性が上がります。また、同様のトレンド性の高い動画を見たユーザーへ、関連動画として表示される確率も上がります

リーチの拡大に期待できるため、ユーザーの悩みに訴求しつつトレンド性も取り入れた動画を企画しましょう。

YouTube広告

YouTube広告は短期間で集客効果が期待できることや再現性が高いことがメリットとして挙げられます。

ただし、資産性がないため、広告を出し続ける必要があり、利益率は低くなりがちです。

YouTube広告は短期間で成果が出ますが、顧客から成約を取るのにかかった単価を表すCPOが10万円前後かかってしまいます。
そのため、10万円よりも安い商材でYouTube広告を利用しても意味がありません。

特徴を理解したうえで、どちらの方法を利用して集客するのかを判断するようにしてください。

StockSunでは、YouTube集客のコンサルティングをお引き受けしております。YouTube集客を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

YouTube集客のコンサルタントを確認する

弁護士事務所のWeb集客方法⑥LINE

効果が出るまでの期間 1ヶ月程度
持続性 高いブロックされない限りユーザーと接点を持てる
費用感 10万円〜/月

LINE公式アカウントを利用して集客する方法もおすすめできます。
利用ユーザー数が多く開封率も高いことから、メルマガよりも高い集客を期待できるためです。

LINE公式アカウントで集客するためには、LINE公式アカウントを活用して顧客の育成や集客、マーケティングをおこなうための配信ツールである「Lステップ」のポイントを抑えて利用する必要があります。

Lステップを利用する際に重要なことは、配信した内容を読んでくれる少数ユーザーを成約につなげることに注力した配信です。

多くのユーザーは開封したとしても配信した内容を読んでくれないため、読んでくれないユーザーをターゲットにした配信を行っても成約につながる可能性は低いです。
そのため、登録してくれたユーザーに嫌われないような配信内容にするのではなく、読んでくれるユーザーに対し、事務所の長所をアピールした配信内容にしましょう。

また、ユーザーを属性などで分類し、配信する内容や時間を決めたシナリオを構成することも有効です。

例えば、ユーザーが友達登録したのと同時にどのような悩みを抱えているのかアンケートが取れる仕組みを構築しましょう。

・離婚
・相続
・近隣トラブル
・交通事故
・労働環境

などユーザーを分類しておけば、それぞれのユーザーに刺さる配信をおこなうことができます。
効率的にユーザーを教育できるため、成約率の向上につながるでしょう。

StockSunでは、LINE集客のコンサルティングをお引き受けしております。LINE集客を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

LINE集客のコンサルタントを確認する

弁護士事務所のWeb集客方法⑦ポータルサイト

効果が出るまでの期間 数週間〜1ヶ月ほど
持続性 高い。
マッチングサイトを使い続ける限り、一定の集客効果が得られる。
費用感 効果を得られる目立つ位置へ掲載する場合は
月100万円程度〜

ポータルサイトは登録している弁護士の情報を

ポータルサイトは登録している弁護士の情報を集めたサイトです。
アクセス数が多いポータルサイトに登録することで、独立したての弁護士であっても集客を見込むことができます。

代表的なポータルサイトには「弁護士ドットコム」や「弁護士ナビシリーズ」などがあります。
ただし、これらのサイトに登録するには、費用がかかることも覚えておきましょう。

StockSunでは、貴社の課題や悩みを分析し、最適な集客戦略をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

特典:問合せ30件UP!?戦略・戦術をご提案

弁護士事務所の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

弁護士が集客する際にWebマーケティングを取り入れるメリット

弁護士が集客する際にWebマーケティングを取り入れるメリット

潜在層〜顕在層まで幅広く集客できる

Webマーケティングは、貴社を認知する前の潜在層から、弁護士の比較検討段階にいる顕在層まで、幅広いユーザーを集客できます。

なぜならユーザーは、貴社を認知してから実際に貴社への依頼を決めるまでに、さまざまなWeb媒体を使い情報収集をするためです。

ターゲットが弁護士を認知してから選定するまでの各段階のニーズをカスタマージャーニーに落としこむと、Webマーケティングを取り入れることで幅広い層を集客できると見えてきます。

<例>離婚を考える男性がターゲットの場合

弁護士の集客カスタマージャーニーの図解

ユーザーの各段階と接点を持てるチャネルから、ユーザーが必要としている情報を発信することで、潜在層〜顕在層まで幅広く集客できます。

費用対効果の高い状態で集客できる

Webマーケティングは、費用対効果の高い状態で集客できることもメリットです。

その理由は次の2つにあります。

  • テレビ・ラジオ・新聞などの広告媒体と比べて少ない費用で広範囲へ周知できる
  • PDCAサイクルを回しやすい

Webマーケティングの施策は、テレビ、ラジオ、新聞などの広告媒体と比較し安い費用で実施することができます。

さらに、広告は予算をかけて出稿し続けないと認知を広げることができません。Webマーケティングであれば、一度実施すれば費用をかけ続けなくても継続した効果を得られる場合が多いです。

また、PDCAサイクルを回しやすいため、費用対効果の高い状態で運用できます。

Webマーケティングの施策は、打ち出した施策の結果を数値で計測していくことが可能です。

施策に対しての結果が視覚的にわかるため、新たな改善施策を検討しやすいでしょう。

PDCAサイクルを回しやすいため、改善施策を実施しながら費用対効果の高い状態で集客できるのはメリットです。

認知度アップにつながる

Webマーケティングを実施することで認知度アップにつながることはメリットです。

SNSなどのリーチを拡大しやすいチャネルを活用することで、多くのユーザーに貴社を認知させることができます。

また、リスティング広告では「地域名+相談内容」などで出稿しておくと、その地域で特定の分野に強い弁護士だと認知させることができるでしょう。

認知度がアップすることにより、問い合わせにつながる可能性があります。

弁護士が集客する際にWebマーケティングを取り入れるデメリット

弁護士が集客する際にWebマーケティングを取り入れるデメリット

Webマーケティングの専門的な知見が必要

Webマーケティングを実施する際は、見よう見まねで行ってもなかなか成果を得ることができません。

具体的には次のことを実施する必要があり、その際は専門的な知見が必要となります。

戦略設計 ・競合他社と自社の分析を実施し、強みや勝ち取れるポジション、ターゲットを明確にする
・ターゲット調査を実施し効果のある集客施策の戦略を立てる
施策の実行、分析、改善施策 ・貴社と相性の良い施策の実施・実施した施策の結果を分析
・その後の改善施策を実施
顧客管理 ・ファーストタッチした潜在顧客を育成する
・また既存顧客の管理を実施しリピーターへとつなげる

マーケティングの知見がない状態で戦略を立てずにWebマーケティングを実施すると、リソースやかけたコストが無駄になってしまいます。

Webマーケティング会社へ相談し、二人三脚で集客施策を実施することが望ましいでしょう。

代行費用がかかる

上記で解説した通り、Webマーケティングで効率よく結果を得ていくためには、代行会社への依頼が必須です。

そのため、代行会社への依頼費用がかかる点はデメリットと言えます。

また、Webマーケティングの代行会社によっては、すべてのWeb施策に対応しているとは限りません。

例えば、サイトのSEO対策だけに対応できる業者もあります。

そのような業者へ依頼をすると、本来ならば貴社と相性の良いWeb施策が別であるのにも関わらずSEO対策を勧められることになります。

会社選びに失敗をすると代行費用も無駄にかかってしまうことになるため、注意が必要です。

コスパの良い代行業者を選ぶために、次を抑えた会社であるかはチェックしましょう。

  • ありとあらゆるWeb施策に対応している会社か
  • 施策の実施だけでなく戦略設計など上流の経営コンサルティングにも対応している会社か

StockSunでは、上流のコンサルティングから施策の実行まで一気通貫して対応することが可能です。

しかもStockSunには、各業種やWebマーケティングの各ソリューションでのエキスパートが在籍しています。

貴社の業種業界の集客に強いコンサルタント、また貴社が検討している集客施策を専門に行うコンサルタントをアサインすることが可能です。

初回の営業担当者が実際の実行支援の担当者となるため、初回提案と実際の支援に相違が生まれることもありません。

また、コンサルタントの利益ランキングが毎月公表されており、結果を出せないコンサルタントはクビにする制度も構築しております。

そのため、コンサルタントたちは、貴社に利益を生み出すことを第一に支援を実施しています。

また、戦略設計はコンサルタントによる支援を依頼した後、実際の実行支援は月額定額5万円〜のマキトルくんに変更していただくことも可能です。

貴社のご予算、課題感に合わせて支援を実施いたしますので、この機会に一度ご相談ください。

特典:問合せ30件UP!?戦略・戦術をご提案

弁護士事務所の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

弁護士の集客におすすめのマキトルくん

弁護士の集客方法:Web以外の集客3選

弁護士事務所のWeb以外のオフライン集客方法3選

弁護士事務所の集客方法には、Webを利用した集客だけでなく、オフラインの集客方法もあります。
ここでは、弁護士事務所のオフライン集客方法を3つ紹介します。

弁護士のWeb集客方法 効果が出るまでの期間 効果の持続性 外注する際の費用感 有効なターゲット層
セミナーの開催 〜1ヶ月程度 低い 10〜30万円 顕在層
潜在層
チラシを配布 〜1ヶ月程度 低い 1枚7〜8円 潜在層
交通広告 数週間〜1ヶ月程度 低い 月5,000〜80万円 顕在層
潜在層

弁護士事務所のWeb以外の集客方法①セミナー

効果が出るまでの期間 〜1ヶ月程度
持続性 低い。
セミナーを開催したときのみ。
費用感 10万〜30万円程度

セミナーは複数人に向けて発信できるため、認知度の向上や顧客との信頼関係が構築しやすいメリットがあります。

また、有益な情報を発信することで、口コミの広がりを期待することも可能です。

ただし、知名度がない状態でセミナーを開催してもなかなか参加者が集まりません。

セミナーへの参加者を集めるには、認知を拡大できるSNSを使った集客施策と併用することがおすすめです。

弁護士事務所のWeb以外の集客方法②チラシ

効果が出るまでの期間 〜1ヶ月程度(ただし効果がない場合もあり)
持続性 低い。
チラシを配布したときのみ。
費用感 1枚7~8円ポスティングしたケース

チラシをポスティングして集客する方法もあります。
定期的にチラシ広告を実施することで、事務所を構えている地域で認知度を高めることが可能です。

ただし、頻繁にチラシ広告を実施してしまうと、「仕事がない」という悪いイメージがつく可能性もあり注意が必要です。

弁護士事務所のWeb以外の集客方法③交通広告

効果が出るまでの期間 数週間〜1ヶ月ほど
持続性 低い。
チラシを配布したときのみ。
費用感 月5,000〜80万円

交通広告とは、タクシーや電車など交通機関を利用した広告のことです。

社会人や高齢者などをターゲットにした広告ですが、掲載までに時間がかかったり、費用対効果が確かめにくかったりするデメリットもあります。
そのため、交通広告を利用する場合は、ターゲットを明確にしてから効果があるのかを慎重に検討するようにしてください。

なお、StockSun式のWeb集客の施策をさらに知りたい場合は以下の記事もご確認ください。

関連記事

Web集客(ネット集客)の手法7つと成功事例6選!集客の課題を解決する戦略を公開

Web集客(ネット集客)の手法7つと成功事例6選!集客の課題を解決する戦略を公開

Read More

弁護士がWeb集客を成功させるためのポイントは4つ【StockSun式成功戦略】

弁護士事務所がWeb集客を成功させるためのポイントは4つ【StockSun式成功戦略】

弁護士事務所でWeb集客を成功させるためのStockSun式のポイントを4つ解説します。

今すぐ実践に移せるように、具体的なやり方を解説しているため、参考にしてみてください。

オフラインで顧客のニーズを理解する

弁護士集客でも有効なSEO対策を成功させるためには、まずはオフラインで顧客のニーズを理解することが重要です。
実際に顧客と話をすれば、顧客のニーズを肌感覚で理解できるようになります。

例えば、法律相談会で顧客と話をしてみてもいいでしょう。

上記の取り組みで顧客が持つニーズを的確に理解することで、ツールでは見つからない対策ワードを深掘りすることが可能になります。

導線設計とターゲットの設定が重要

弁護士事務所の集客において、ターゲットが弁護士に相談し成約するまでの経緯である「カスタマージャーニー」を作成して成約までの導線設計をすることや、ターゲットの設定が重要です。
導線を設計するときには、ターゲットが成約に至るまでの各段階でどのようなニーズを持っているのか調査する必要があります。

例えば、YouTube動画を利用した集客を進める場合、ターゲットのニーズと興味関心度を調査し、ホームページに直接誘導したほうが良いのか、一旦メルマガやLINEを経由したほうが良いのかを分析することができます。

さらにどんなターゲットが何を達成するために弁護士事務所を利用するのか、ターゲットの設定も明確にしておきましょう。
ターゲット設定が明確でないと、自己満足なコンテンツになってしまい顧客満足度が低いものになってしまう可能性があります。

独立した立ち上げ初期は自分たちからアクションを起こす

独立した立ち上げ初期の段階で集客するためには、自分たちからアクションを起こすことが重要です。
当然のことですが、独立したての状態ではSNSやサイトの認知度が低いため、自身でアクションを起こさなければ潜在顧客を獲得できません。

特にInstagramの場合、アカウント立ち上げ初期は投稿した内容が拡散しづらいという特徴があります。
そのため、フォロワーを増やしストーリーズなどの投稿を見てもらえるようにするために、フォロワーに「いいね」などのアクションを取りましょう。

このように、SNS集客を実施する場合は、自身からユーザーに対してアクションを起こすことを意識して運用するようにしてください。

有益な情報や診断サービスを用意する

弁護士事務所がWeb集客を成功させるためには、有益な情報や診断サービスを用意することが重要です。

弁護士を活用したいというユーザーは、大きな問題を法律によって解決したいと思うユーザーです。さらに、「弁護士への相談は高い費用がかかる可能性があるため、事前に解決できるか知りたい」というニーズも抱えています。
そのため問題や悩みを法律的な観点から解決できるのか情報を提供する必要があります。

そのためにおすすめしたい手段がLINE公式アカウントです。

認知を拡大できる広告のLPやSNSにLINEでの無料相談や無料診断の導線を設置する施策が最適です。
初回の配信では、アンケートを実施してユーザーの属性を把握したうえで、セグメントごとに分けてニーズに刺さる配信をしましょう。

例えば、債務整理に悩みがある方に向けて発信する場合、債務整理のよくある疑問について配信することが効果的な方法の一つとして挙げられます。

ユーザーのモチベーションがあがる配信をすることで登録者が増えやすくなるため、LINEを利用した集客につなげたい場合は検討してみましょう。

弁護士の集客成功事例3選【問合せ30倍UP!StockSun式成功事例】

弁護士事務所の集客成功事例3選

弁護士事務所の集客に活用できるStockSunのWeb集客成功事例を3つ紹介します。

他の業界の事例ですが、弁護士事務所でも応用できるので参考にしてみてください。

【売上2倍】集客サイトのバックリンク施策で売上アップした成功事例

「〇〇市」などの地域キーワードのコンテンツを充実させてSEO対策を実施した結果、ホームページが年間40万PVから90万PVにアップし売上が2倍になった事例を紹介します。

この成功事例で実施したことは以下の2つです。

・業種に特化した協会に所属して被リンクを獲得した
・地域のイベントに参加して被リンクを獲得した

上記の手段で被リンクを獲得したことで自社のサイトの権威性があがり、検索順位が向上しました。

弁護士事務所の場合は、例えば「日本弁護士連合会」に所属し被リンクを獲得します。また、事務所が所在する地域のイベントにも積極的に貢献し、地域のホームページからの被リンクも獲得しましょう。

信頼性が高く、かつ関連性の高いホームページに弁護士事務所のホームページのリンクが設置されることで、検索エンジンからの評価が上がります
結果として検索順位の向上につながりました。

なお、ご紹介した事例は、以下の動画でも解説しています。

【月30件問合せUP】YouTubeでポテンシャルを伝え問合数を拡大した成功事例

YouTubeチャンネルを作成し動画を発信したところ、採用に関する問い合わせが月に1件程度だったものが月30件まで増加した成功事例を紹介します。

この成功事例で行った施策は以下のとおりです。

写真の撮り方や映像の撮り方を解説した動画を発信したところ、写真や映像に興味がある方にコンテンツが刺さり、問い合わせが増加しました。

しかも、チャンネル数は2,000程度で決して登録者が多いわけではありません。

このように、ターゲットを絞り自社のポテンシャルを外に発信することによって認知を広げることができるため、集客につなげることが可能です。
もちろん、上記の事例は弁護士事務所でも実践できます。

弁護士事務所への依頼は、ユーザーが時間をかけて比較検討するためです。
そのため、YouTubeで問題解決系動画を発信していけば、自分のポテンシャルや専門性を知ってもらえることができ、結果的に問い合わせを獲得できます。

【売上9倍】顧客の悩みに寄り添ったステップ配信で売上アップの成功事例

顧客の悩みに寄り添ったステップ配信で売上が9倍アップした成功事例を紹介します。
この成功事例で実施した内容は以下の5点です。

・ユーザーの心理状況をアンケートで確認する
・ユーザーの心理状況を分析し、悩みをセグメントに分ける
・どのような心理状況になれば成約に結びつくのか、ゴールまでのシナリオを作成する
・シナリオに合わせたメッセージをセグメントごとに10〜20通り作成する
・セグメントごとに合わせたステップ配信をおこなう

上記のように、手間がかかる作業ですが、ユーザーの悩みを解決する配信をおこなうことで成約率の向上が期待できます。
弁護士事務所でもユーザーの悩みを「債務整理・交通事故」などに分類しておくことで悩みを解決できる配信が行えるため、ぜひ実践してみてください。

なお、ご紹介した事例は、以下の動画でも解説しています。

StockSunでは、貴社の課題や悩みを分析し、最適な集客戦略をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

特典:問合せ30件UP!?戦略・戦術をご提案

弁護士事務所の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

弁護士の集客に関するよくある質問

弁護士の集客

弁護士事務所の集客に関するよくある質問について回答していきます。
回答を読んで集客を実施するときの参考にしてみてください。

弁護士の顧客獲得方法は?

弁護士が顧客を獲得するには、自社の強みを明確にしたうえでWeb集客施策を取り入れながら集客をすすめることです。

本記事にて弁護士の集客施策10選を紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

独立した弁護士の生き残り戦略を知りたい

独立した弁護士事務所が生き残るためには、自分の技術や得意分野を明確にし、ブランディングを図ることが重要です。
そして、ブランディングを図るために有効な集客方法が、YouTubeになります。

動画を利用してユーザーの悩みを解決する解決系の動画を発信することで、潜在顧客や顕在顧客に対して自身の得意分野などをアピールすることが可能です。
そのため、独立したばかりの弁護士の方は、ブランディングを図るためには、本記事でも紹介したYouTubeの利用を検討してみてください。

弁護士が集客するための営業活動や営業戦略を知りたい

近年悩みの解決方法についてユーザーは、Webで検索している傾向にあるため、営業活動ではWebを用いることが重要です。
これは弁護士であっても変わりません。

そのため、まずは潜在顧客に向け以下のWebを用いて営業方法を行います。

・集客サイトの作成とSEO対策
・SNSの運用
・MEO対策
・Web広告の出稿
・YouTube

その後、LINEなどで無料相談へ誘導し、アンケートなどで掴んだ顧客のニーズに合わせたステップ配信を行い、成約につなげる営業戦略がおすすめです。

弁護士の営業代行はどこに依頼すればいい

弁護士は弁護士法72条により、飛び込み営業、訪問営業、テレアポは禁止されているため、営業代行を依頼する場合はWebマーケティング代行会社に依頼をする必要があります。

では、どのような会社に依頼すれば良いのでしょうか?

信頼できる会社を選ぶ際に重要になるのが、調査して戦略まで提示してくれる会社です。
上記の会社に依頼することでWeb集客が成功する可能性が高くなります。

このため、会社を選定する際は提案内容をしっかりと比較検討しましょう。

Webマーケティング会社に悩んでいる方は、以下の記事におすすめの会社を比較しているので参考にしてみてください。

関連記事

【2024年最新】Webマーケティング支援会社ランキング30選!選定時のポイントをプロのマーケターが解説

【2024年最新】Webマーケティング支援会社ランキング30選!選定時のポイントをプロのマーケターが解説

Read More

弁護士がWeb集客をおこなうメリットとデメリットは?

弁護士がWeb集客をおこなうメリットは、新規顧客の流入が見込めることです。
顧客の悩み(ニーズ)が明確であるため、ニーズを満たすためのコンテンツを配信していくことで新規顧客を獲得できます。

しかも、コンテンツが育ってくると中長期的に新規顧客を獲得することも可能です。

一方で、Web集客を成功させるためのポイントを押さえずにおこなうと、一向に結果がでないというデメリットがあります。
このため、Web集客を成功させるためには依頼する会社選定が重要です。

依頼する際は、会社の提案内容を確認して慎重に選ぶようにしてください。

選ばれる弁護士になるポイントは?

集客に成功し問い合わせを獲得してお客様と対面してからは、信頼を獲得する必要があります。

そのためには、以下の6つのポイントに気をつけておくことが重要です。

・スタッフや自身の対応を良くする
・依頼人の説明や不満を丁寧に聞く
・進行状況の報告や説明を怠らない
・費用を明確に示す
・依頼されたトラブルの問題点や方針を明示する
・不利な場合は誤魔化さずに事実を伝える

上記のポイントを押さえておくことで、顧客からの信頼を獲得できる可能性が高くなるため、実践してみてください。

まとめ

弁護士が集客するためにはWeb集客を実施する必要があります。さまざまな集客方法を組み合わせることで、より効率的に集客することが可能です。

しかし、「どの集客方法をどのように組み合わせれば良いのか分からない」などの疑問を持つ方は多く、最適な方法を選択するのは容易ではありません。

そこで、本記事ではStockSunの成功事例やポイントを紹介しました。本記事を参考に集客に取り組んでみてください。

「どの施策から始めればいいのかわからない…」
「自社のコンセプトや売上に合った施策の提案と実行をしてほしい…」

その場合は、ぜひStockSunにご相談ください貴社の強みや現状の売上も分析し、最適な施策の提案から実行までを担当いたします
支援内容にご提案いただいたうえで支援を実施しております。無料相談から現状の悩みをご相談ください。

StockSunでは、貴社の課題や悩みを分析し、最適な集客戦略をご提案いたします。ご提案内容にご納得いただいたうえで支援を実施しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

特典:問合せ30件UP!?戦略・戦術をご提案

弁護士事務所の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

「Webマーケティングの集客施策を進めているが効果を得られていない…。」
「Webを使った集客は外注したいがお金がない…優秀な人材に安く依頼したい。」

そこでマキトルくん!貴社の悩みを全て解決します!

・貴社の目的に合わせ専属のWebマーケティングチームを組みます!効率的かつスピーディーにWebマーケティングの施策を実行
・【月5万円のトライアルプランあり】月額定額制!優秀なWebマーケティングチームに格安で依頼可能!


StockSunの新サービス「マキトルくん」では、貴社に適した最適なWebマーケティングの施策をご提案し、知見豊富なプロ人材が施策を実行します。

限られた予算の中で売上を短期間で伸ばしたいときや、Web周りのマーケティングを知見豊富なプロに丸投げしたいときはぜひご検討ください。

弁護士の集客におすすめのマキトルくん


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。