【貴方の店舗を全国へ】フランチャイズ本部の構築をする際に留意すべきこと

2020/4/27 (月)

フランチャイズ本部の方で「フランチャイズ加盟店を増やしたいがどうしていいかわからない」というお悩みはありませんか。

今回はフランチャイズ本部の構築がお得意の真栄田さんにお越しいただきました。

真栄田さんは、株本さんの1社目の同期だそうです!株本さんは、「フランチャイズの窓口」というポータルサイトの営業とマーケティング全般、真栄田さんは広告運用をされていたそうで、お二人ともフランチャイズ本部の構築にとても詳しいです!

今回は真栄田さんと株本さんのお二人にフランチャイズ本部構築に関して伺います。

コストカットと集客でメリットを提示!お金の流れは本部で管理!

Image from Gyazo

フランチャイズを始めるには!?上手な加盟店の増やし方とは?

まず、フランチャイズの始め方についてお伺いしました。

フランチャイズ展開を始めるのは難しくはないそうで、直営店を何店舗かやり、1店舗当たり100万程の利益が出るようになれば、やろうと思えばできます。

ただ、とりあえず始めてみたところで、必ず上手くいかず、加盟店が見つからないです。

そこで、加盟店の増やし方にはコツがあります。

  • 1番重要なのは、最初から加盟店を増やしても回る設計にしておくこと

例えばホームページ作る際、加盟店を増やした際にわかりにくくならないように、店名にエリア名を使わず、ホームページの抽象度を高くします。

それにより、加盟店が増えた際に、加盟店のページを後から入れやすくなります!

また、コーポレートサイトのSEO対策をする際に、費用対効果が合わなくなった時のため、加盟店がコンテンツを入れられる設計にしておくことで、本部がお金を使わずに、加盟店のページでドメインパワーを上げることができます!

  • ロイヤリティを払う意味ある?と思われないような設計にしておくこと

ロイヤリティとは加盟店が本部に支払うお金のことです。

加盟店はなるべくこのお金を支払いたくないため、本部は加盟店を信頼できなくなります。

それを防ぐため、お金の流れは1回本部を通した方が良いです。

1度本部を通し、ロイヤリティを引いた金額を加盟店に支払うことで、トラブルが起きにくい設計になります!

 

  • マーケティングとコストカットも本部が引き受ける

売上を上げるためのマーケティングを本部がすることに加えて、コストカットも本部か引き受けると良いです。

コストカットとは具体的に、例えば、加盟店同士でノウハウ共有や、アルバイトの管理ができるようなアプリを作ることで、加盟店にコストカットを提示します。

 

ポータルサイトに広告を出す場合、大手5社以外意味がない!?

加盟店募集のポイントとは?お勧めポータルサイト5社をご紹介!

加盟店募集をする際、下記にご紹介する5社以外に載せる意味がないです!

それ以外に載せても問い合わせは来ず、広告料だけ取られてしまいます。

その5社がコチラ!
① アントレ           https://entrenet.jp/
② フランチャイズ比較ネット   https://www.fc-hikaku.net/
③ フランチャイズの窓口     https://www.fc-mado.com/
④ フランチャイズWEBリポート https://fc.dai.co.jp/
⑤ マイナビ独立         https://dokuritsu.mynavi.jp/

この加盟店募集サイト5社の中でも一括資料請求をしていないサイトがお勧めです!

一括資料請求をしているサイトは、加盟店の資料請求したいフランチャイズ本部以外のところからも電話がかかってきたりするそうで、検討をやめてしまうことがあります。

この一括資料請求の有無は時期によってサイトごとに違うので調べる必要があります!

 

広告は出しすぎ注意!?加盟店のアポを取るには?

資料請求が来たとしてもアポを取るのは難しく、100件に数件取れれば御の字です。

アポが取れないからといって、フランチャイズ加盟店開発の広告を何件も出していると、加盟店が集まっていない本部という悪い意味で捉えられてしまう可能性があります。

広告を出すのであれば、まだ知られてない段階で大きな広告を1つ出し、被リンクによるドメインパワーで認知度の向上をし、様子を見るのが良いです!

また、資料請求が大量に来た際は、社員が御礼メールを送るよりは、テレアポの代行会社に委託し、営業をかける方が効果的です。

 

自社サイトには詳細を載せすぎない!競合のベンチマークをしろ!

実際に多いのが、メディアを見てから、コーポレートサイトに問い合わせをする形らしく、コーポレートサイトからの問い合わせがしやすくなっていることが重要です。

一方、コーポレートサイトに、加盟金やロイヤリティの詳細を載せすぎてしまうと資料請求してもらえずリストが取れないため、詳細を載せすぎない方が良いです。

また、加盟店募集をする際、競合に加盟を考えている人を狙うのが効率的なため、競合の金額シミュレーションを把握する事も必要です!

 

YouTube、Facebook広告、イベントを使って加盟店をゲットしろ!

加盟店募集の手段として、

① 「フランチャイズチャンネル」というYouTubeに出演することも効果的です。

② Facebook広告のアドレス類似配信もかなり効果的です。

③ ポータルサイト主催のオフラインイベントもリストが取れます。

 

自社サイトではキーワードを構造化!漠然とした層から狙え!

自社サイトで加盟店獲得!競合名使用はコスパが良い!?

フランチャイズのサブドメインのサイトに加え、広告用のLPを作った方が良いです。

自社サイトやLPの設計で重要なのが、漠然とした層から狙うことです!

クエリの設計においては、

・「フランチャイズ 開業」や「フランチャイズ 独立」というフランチャイズをやりたい漠然とした層

・「フランチャイズ 飲食」や「フランチャイズ 介護」といった業種業態の層

というようにキーワードを構造化します!

一方、1番コンバージョンが取れるクエリは、指名系ワードです。

指名系ワードとは、「ブランド名 フランチャイズ」等のキーワードの1番細かいブランド名です。

したがって、1つのフランチャイズが加盟店のコンバージョンを取るためには、競合名のクエリで取りに行くのが1番コスパが良いです!

また構造化したキーワードだけでなく、飛んだ先のページもそれに合わせて組み合わせることで、コンバージョン率、申し込み率を高めることができます!

まとめ

・フランチャイズ本部を構築するときはコストカットと集客でメリットを提示し、お金の流れを本部で管理するようにする

・ポータルサイトに広告を出す場合、大手5社以外のメディアに載せる意味はない

・自社サイトでのWEBマーケティングはキーワードを構造化して漠然とした層から業種業態、指名ワードを狙っていく

 

最後に

今回のコラムはフランチャイズ本部の構築に精通している真栄田さんにお越しいただき、『フランチャイズ本部の構築をする際に留意すべきこと』について伺いました!

 

最後になりますが、フランチャイズ本部の方で、本部構築のお手伝いが必要な方がいらっしゃいましたら、以下のリンクのお問い合わせフォームより、御連絡を頂ければと思います。

https://stock-sun.com/

真栄田さんの出演動画はこちら