メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

炎上リスクを防ぐ!SNSで宣伝効果を高める正しい方法

自社のサービスや商品を広く知ってもらおうとした場合、SNSの利用が効果的と言えるでしょう。SNSは「いいね」や「シェア」などの機能によって、拡散する力が強いためです。SNSを利用している人は、自身が良いと思ったサービスや商品を他の人にも広めたいと考えています。興味を引くコンテンツを制作することで、多くの人に拡散してもらえる可能性が高まるでしょう。

総務省の令和4年の調査によると、SNSを個人で利用している人の割合は全年齢層で「80.0%」でした。またSNSの利用目的で最も多かったのが「従来からの知人とのコミュニケーション」で、全体の「88.6%」を占めています。そのため、知人や友人間で情報が拡散していくケースが多いと言えるでしょう。

参考記事:総務省「令和4年通信利用動向調査ポイント-3 SNS利用動向(個人)

SNSで注目が集まると、他のメディアやニュースなどで取り上げてもらえる場合もあり、さらに多くの人に知ってもらえる機会が増えます。このようにSNSは宣伝効果の高い方法と言えるでしょう。

この記事では、SNSを使った宣伝効果を最大にする方法、SNS選びのポイント、リスクと対策など、SNS運用に関して詳しく紹介します。

弊社StockSunのマキトルくんは、「格安でマーケティングのプロに業務を依頼できるサービス」です。弊社が抱える約2,000名のWebマーケティングに強いフリーランスの中から貴社専属の担当をアサインします。
「新しく人を雇うコストがない」「社内にノウハウがない」「自社の施策スピードが遅い」というお悩みを最短で解決いたします。

現在、オンライン無料相談を実施中です。
「スキルのある人材に格安で依頼したい」という方は、マキトルくんのオンライン無料相談をご利用いただき、貴社のWeb課題解決にお役立てください。
(※現在無料相談枠の空きがございます)

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

SNSでの宣伝効果を最大化するには?

最大化のために

SNSを利用して宣伝する場合、費用をかけずに高い効果を出すことが期待できます。従来の宣伝方式では、広告費用などが高額となっていました。そのため費用対効果が見込めない場合も多い状況です。SNSを利用することで、効率的に無駄を省いた宣伝を展開することが可能となります。以下は、SNSの宣伝効果を出すための方法の紹介です。

SNS別の特徴

SNSにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。SNSを利用して宣伝を行う場合、どのSNSを利用すれば良いのか迷う人も多いでしょう。メリットやデメリットを把握し、自社に合ったSNSを選択することが重要です。日本国内で利用されているSNSの代表的なものは、次の5つとなります。

代表的なSNS 説明
YouTube

動画が中心のSNSです。若年層から高年齢層まで、幅広いユーザーに利用されています。月間のユーザー数は6500万人を超えている状況です。YouTubeを宣伝やマーケティングに利用する場合、次のようなメリットとデメリットがあるでしょう。

 

メリット

  • Googleの検索結果に表示されることがある
  • 動画を使用するため伝えたい情報を分かりやすくできる
  • 利用しているユーザーの性別や年齢層が広い

デメリット

  • 長期的な取り組みをもって運用する必要がある
  • 運用する際の動画制作、コンテンツ制作の労力、コストが高くなる
  • スキルやノウハウが必要となる
LINE

個人同士のコミュニケーションアプリとして、広い世代に使われているSNSです。日本国内での月間ユーザー数は9000万人を超えています。LINEを宣伝やマーケティングに使う場合、次のメリットとデメリットが存在する状況です。

 

メリット

  • 販売促進や集客に利用できる機能が搭載されている
  • 開封率がメルマガよりも高い状況
  • 利用しているユーザー数が多い

デメリット

  • 登録しているユーザーによって費用が変わる
  • ユーザーからブロックされる可能性もある
  • 友達として許可されないと情報を発信できない
Instagram

動画や画像を中心としたSNSです。以前は女性の割合が多い状況でした。しかし現在では男性の利用者数も多くなってきています。Instagramを宣伝やマーケティングで利用する場合、メリットとデメリットは次の通りです。

 

メリット

  • ユーザーがサービスや商品を購入する導線を構築できる
  • 動画や写真を使った訴求が可能
  • 自社独自の世界観をユーザーに伝えることができる

デメリット

  • 宣伝に活用するのが難しい業種がある
  • コンテンツを作成する場合、多くの労力が必要となる
  • 他のSNSに比べて拡散する力は強くはない
X

 

(旧Twitter)

テキストが中心となっているSNSです。Xは若年層だけでなく、40代以上の利用者も多くなっています。月間ユーザー数は4500万人を超えている状況です。Xで宣伝やマーケティングを行う場合のメリット、デメリットは次の通りとなります。

 

メリット

  • コミュニケーションが気軽に行える
  • さまざまな情報を拡散する力が大きい
  • 情報共有をリアルタイムに行う場合に適している

デメリット

  • 匿名性があるのでユーザーを分析することが困難
  • メッセージが短文となっているため、違う意味で捉えられて拡散してしまう危険性がある
  • 文字数が限られている
TikTok

ムービーが中心となっているSNSです。若年層の利用者が多く、月間のユーザー数は1600万人を超えています。TikTokで宣伝やマーケティングを行う場合、考えられるメリットとデメリットは次の通りです。

 

メリット

  • おすすめに表示された場合、短期間で爆発的に人気となる可能性がある
  • 広告量を少なく訴求ができる
  • ショートムービーのためユーザーに伝わりやすい

デメリット

  • 企業向けの広告の場合、活用が困難
  • 売上に直接関与しないため、導線を構築することが大切
  • 最初の2、3秒でユーザーの興味を引く必要がある

SNS広告の活用方法

SNSで自社のサービスや商品を宣伝することができるのが「SNS広告」です。広くユーザーに認知してもらい、売上の向上が期待できます。SNS広告のメリットとしては、主に次の4つが挙げられるでしょう。

  • ユーザーへの押しつけ感、宣伝感が少ない
  • ターゲティングの精度を高めることができる
  • 拡散する力が強い
  • 多くの人々に認知してもらうことができる

SNS広告はターゲティングを精密に設定できるため、自社のサービスや商品に興味を持っている顕在層、自社のことを知らない潜在層など、広くアプローチ先を指定できます。またターゲットを絞って特定のユーザーに広告を配信できるため、短い期間で効果を得られることが可能です。

SNS広告を活用する場合、次の2つの場面での利用が有効となります。

活用する場面 説明
ブランディング

自社や自社のサービス、商品などのブランディングに活用できます。ブランディングとは、自社独自の魅力をユーザーに認知してもらい、購入や利用してもらうことです。SNS広告を活用することで、自社のサービスや商品を知らないユーザーへのアプローチが可能となります。

そのためSNS広告は、ブランディングの手法としては有効と言えるでしょう。ユーザーの認知度が向上することで、将来の顧客を増やすことが可能です。「このサービスなら△△社にしよう」など、ブランディングに取り組むことでユーザーからの信頼感を得ることができます。また同じ分野における競合他社との差別化を図ることができるため、価格競争からの脱却も可能となるでしょう。

ファンマーケティング

ファンマーケティングとは、自社のサービスや商品のファンを増やして売上を向上させる方法です。SNSを利用してユーザーに好印象を持ってもらうことが、売上につながります。

例えばLINE広告に「LINE友だちになることでプレゼントが当たる」と宣伝し、友だち登録を増やす方法です。友だち登録から公式アカウントに訪れてもらい、ユーザーとの接点を強めます。また自社のサービスや商品を知っている顕在層に対しては、SNS広告を使用して有益な情報を配信する方法です。顕在層が熱狂的なファンになることで、自社のサービスや商品を購入してもらう可能性が高まります。

ターゲットユーザーを意識した宣伝戦略

SNSを利用した場合、ターゲットとするユーザーを絞り込んで宣伝することが可能です。SNSへの登録時には、職業や性別、年齢などの基本情報、結婚しているかどうか、趣味など、詳細な情報を設定します。これらの情報を利用して、ターゲットとするユーザーを設定し、広告を配信することが可能です。

例えば自社のサービスや商品に興味を持つ可能性のあるターゲットに限定して、アプローチするなどができます。無駄なコストを省くことができるため、効率の良い宣伝戦略と言えるでしょう。

ただし一般的に行われるプロモーションの「ペルソナ設定」ほどは、細かくする必要はありません。ターゲットを細かく絞り込んでしまうと範囲が狭くなってしまい、SNSの良さが消えてしまう可能性があるためです。

SNSで宣伝効果を出すために狙うターゲットは、マーケティングの目標が明確になっていれば自然に見えてきます。大枠としての性別や年代が決まっていれば、SNSを使用したマーケティングは十分に効果が現れるでしょう。

SNSマーケティングで細かく設定が必要な要素としては、次の内容です。

  • ユーザーが頻繁に利用するSNS
  • ユーザーがSNSを利用する場面
  • ユーザーがSNSに登録している理由

これらの要素を明確にしておくことで、SNSマーケティングの方向性が定まります。マーケティング戦略の方向性がバラバラになってしまわないよう、明確化が必要な項目は詳細を決めておくことが重要です。

投稿のタイミングとフォロワーの獲得

SNSで宣伝効果を出すためには、どのような内容を投稿するのかも重要ですが、それと同じように投稿する時間帯も重要です。SNSの投稿のタイミングとしておすすめなのは、次の時間帯です。

投稿タイミング 説明

平日の7~8時

土日の8~10時

このタイミングは通学や通勤の時間帯となります。土日が平日よりも遅い時間になっているのは、休日の起床時間が遅くなる人が多いためです。平日の通学や通勤の時間帯には、バス移動や電車移動の隙間時間にSNSを見る人が多いと考えられます。休日は平日よりも遅く起きて、暇つぶしにSNSを見ることがあるでしょう。

隙間時間や暇つぶしには、気分を盛り上げる内容や軽めの内容が最適です。

この時間帯にSNSを閲覧する人は多いですが、投稿する側は多くないのでおすすめです。

平日や土日の12~13時 このタイミングは昼食の時間帯です。平日でも休日でも、この時間帯にSNSを閲覧する人は多いと言えるでしょう。昼休みにゆったりとSNSをチェックしたり、投稿したりします。投稿する人も多くなるため、宣伝の投稿が埋もれてしまう可能性があるため注意が必要です。
平日や土日の15~17時 家事や学校の授業、仕事がひと段落つくのがこの時間帯です。閲覧者も多くなるため、SNS投稿が効果的と言えます。特に学生の利用率が高まるため、仲間内で話題になれば一気に拡散されると言えるでしょう。若年層や学生をターゲットにしている場合は、この時間が有効です。
平日や土日の20~22時 夕食が終わり寝るまでの間の時間帯です。この時間帯はSNSゴールデンタイムと言われていて、ユーザー数が最大に達します。社会人と学生の両方の利用率が増加するため、さまざまなターゲット層に対しての投稿が有効です。

宣伝に適したSNS選びのポイント

SNSを宣伝に活用する場合、目的によって選択するSNSが異なります。以下は目的に沿ったSNSの選び方についての紹介です。

企業・個人・商品別のおすすめSNS

企業がSNSを活用する場合、重視すべき点はいくつか存在します。「SNS運用の目的を明確にする」「ユーザーの感情に訴えかける」「宣伝の場でないことを意識する」「一貫性を持たせる」などです。企業におすすめのSNSは次の通りとなります。

  • X(旧Twitter)
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE

個人でSNSを使用する場合は、次のような基準で選択するのが良いでしょう。「個人が特定されない匿名性がある」「趣味に特化している」「自身の用途に一致している」「子どもが使う場合は年齢制限」などです。個人におすすめのSNSは次の通りとなります。

  • TikTok
  • Discord

SNSで自社のサービスや商品を宣伝する場合、ターゲットとなる年齢層や性別によって最適なSNSが異なります。自社のサービスや商品のターゲット層が、広く利用しているSNSを選択することが重要です。おすすめのSNSは次の通りです。

  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
  • X(旧Twitter)

検索機能やハッシュタグ活用術

インターネットで調べ物をしたい場合、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを利用する人が多いでしょう。しかしインターネットユーザーの中には、SNSを使用して情報を検索する人も存在しています。

SNS検索は、他のユーザーが興味を持っている情報を知れたり、世の中のトレンドを把握したりすることが可能です。インフルエンサーが投稿している情報は、信憑性が高くトレンドになりやすいため、参考になるでしょう。検索で利用されているSNSは次の種類があります。

  • Instagram
  • X(旧Twitter)
  • YouTube
  • Facebook

またSNSでは、ハッシュタグを使うことでマーケティングを効果的に行うことができます。ハッシュタグとは、ハッシュマークと呼ばれる「#」記号の後にキーワードを入れたものです。例えば「#ドライブ」「#温泉」のような表記になります。

投稿にハッシュタグを入れることで、ユーザーがハッシュタグ検索した場合に表示され、多くの人に閲覧してもらうことができるでしょう。自社のサービスや商品に関連したキーワードをハッシュタグで設置しておけば、興味のあるユーザーへのアプローチにつながります。

フリーミアムサービスや有料広告の選択

フリーミアムとは、「フリー」と「プレミアム」を合わせた言葉です。ベーシックな商品などを無料で提供するフリープランと、高価な商品を有料で提供するプレミアムプランを合わせて、売上を向上させる方法となります。フリーミアムには4つのモデルが存在しており、それぞれの内容は次の通りです。

4つのモデル 説明
都度課金型 基本的には無料でサービスを提供し、必要な場合は都度料金を支払うモデルです。有料の内容を利用したいとユーザーに思ってもらえるように、訴求することが大切となるでしょう。
会員限定型 無料会員と有料会員の枠を用意し、有料会員になることで限定サービスや特典を受けられるようにするモデルです。有料会員の魅力をユーザーに伝えることがポイントとなるでしょう。
容量追加型 ユーザーが料金を支払うことで、容量の追加が可能なモデルです。料金を支払えば取得できる件数が増えたり、使用可能領域が増えたりする方法となります。
機能制限型 ユーザーが新しい機能を追加する際に料金を支払うモデルです。また料金を払うことで機能制限が解除されたりする場合もあります。

有料版の魅力をユーザーに訴求することが重要となるでしょう。

SNS宣伝で注意すべきリスクと対策

SNSは便利で使い方によっては、高い効果が期待できます。しかしリスクが高い点にも注意が必要です。SNSを利用する場合、適切な対策を実施しておく必要があるでしょう。

炎上リスクの回避法と対処法

SNSは多くの人が利用しており、人々の生活に根付いている便利なツールと言えるでしょう。しかしその反面、風評被害や誹謗中傷などの「SNS炎上」が起きる可能性もあります。SNS炎上が起きると、非難や批判が膨大に書き込まれたり、風評被害、誹謗中傷が拡散され続けたりする状況となるでしょう。

SNS炎上は企業活動に悪影響を及ぼすこともあるため、回避方法や対処方法が重要となります。次に示すポイントを意識し、実施することで炎上を防止することが可能です。

  • 批判元のアカウントに反論しない
  • 批判が広がる元となった投稿をすぐに削除しない
  • クレーム内容や批判内容の投稿を素早く発見する
  • 社員に対してSNSでの行為や言動の注意喚起をする
  • セキュリティを強化しアカウントが乗っ取られないようにする
  • 業務で使用している端末でプライベートアカウントにログインしない
  • 投稿内容は複数人でチェックする

著作権やプライバシーを守るポリシー

SNSでのトラブルや炎上を予防する対策として、企業が独自にルールを決めているのが「ソーシャルメディアポリシー」や「ソーシャルメディアガイドライン」です。これらを作成する目的は次の通りとなります。

  • 未然のトラブルを防止し企業の収益を確保する
  • ソーシャルメディアの運用を属人化させない
  • 投稿内容の品質を確保する

ソーシャルメディアガイドラインやポリシーとして、取り決めておくべき項目は次の通りです。

取決め項目 説明
原則や基本方針 企業としての基本的な姿勢を決めます。どのような方針でソーシャルメディアを活用していくのかなどの考え方です。
機密情報保護 顧客や従業員の個人情報、経営情報、企業内の非公開情報などを発信しないことを取り決めます。
第3者の権利保護 商標権、肖像権、著作権などの第3者の権利について、二次利用は法令を遵守することを明確に示します。
取引先や顧客の情報保護 ビジネスパートナーや顧客、自社が特定されるような情報を発信しないことを明確にします。
透明性の確保 透明性のある対応を行うことを明確にします。金銭で口コミなどをコントロールしたり、やらせ行為を行ったり金品の提供などを禁止することです。
誹謗中傷を禁止 心情、思想、民族、宗教、集団、政治など、侮辱や軽視、攻撃などを行わないことを明確にします。
真偽不明の情報禁止 真相が定かではない情報を発信しないことを明確にします。
情報発信のルール化 自社に関する情報を投稿する際は、タイミングや発信方法など、ルールに従うことを明確にします。
個人の責任を明確化 個人的に使用するソーシャルメディアでの責任は、個人にあることを明確にします。
ソーシャルメディアの特性を知る 一旦発信した情報は、止めることはできません。慎重にソーシャルメディアを利用することを明確にします。

SNS宣伝効果を計測・分析する方法

SNSの宣伝に効果があるのかどうか、計測して分析することが重要です。現状を把握することで、有効な改善策を実施することが可能となります。

以下は、SNSの効果を計測したり分析したりする方法の紹介です。

アクセス解析ツールと運用改善

SNSで宣伝を行っている場合、どのような投稿に対しての反応が高いのかなど、現状を見極めることが重要です。そのためアクセス解析ツールの利用が有効と言えるでしょう。

SNSのアクセス解析を行うには、次の2つの方法があります。

アクセス解析方法 説明
外部ツールを利用 企業が独自に開発したアクセス解析ツールがリリースされています。ツールを利用することで、詳細な分析が可能となるでしょう。
インサイトを利用 インサイトとは、InstagramやX(旧Twitter)、Facebookなど、それぞれのSNSに搭載されているアクセス解析ツールです。管理画面から確認することが可能となります。

アクセス解析を行い、現状を分析すれば、適切な改善策を見いだすことができます。改善の結果、よりたくさんの潜在的なユーザーにアプローチできる可能性が増えるでしょう。

フォロワー数やシェア数の見極め方

SNSではフォロワー数やシェア数を分析することが重要です。アカウントのフォロワー数やシェア数が、どのような時に増えたり減ったりしているのかを知ることで、傾向や対策を検討することができます。

フォロワー数やシェア数を調査する場合、外部ツールを利用することが一般的です。外部ツールは次のポイントで選ぶようにしましょう。

  • フォロワー数の増減に直接影響している投稿がわかる
  • 数値とグラフで把握が可能
  • 自身のアカウント以外でも調査が可能

フォロワー数やシェア数を分析し、増やす取り組みについて紹介します。現状を分析することで、盲点となっていた運用方法やコツなどをつかむことが可能です。

方法 説明
投稿のテーマに反映する フォロワーの興味や関心事に合わせた投稿を行い、エンゲージメントを高めます。
増加したフォロワーの属性 フォロワーが増えた場合、興味や関心、属性などを調査します。どのような属性のフォロワーが多いのか、傾向を確認する方法です。
過去のバズを確認する 過去に急激にフォロワーが増えたタイミングがある場合、そのきっかけとなった投稿内容を確認します。
ベンチマークにするアカウントを決める 他のアカウントのフォロワー数を分析し、自身のアカウントに活かす方法です。

SNS運用ならマキトルくんがおすすめ!

「料金を抑えてSNSでの宣伝効果を高めたい」
「でも質の高い専門業者を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、SNS運用においてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにSNS運用を依頼できる
  • Webデザイン全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにSNS施策を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにSNS施策を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、SNS運用を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • SNS運用のスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなSNS運用を依頼することが可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • SNS運用の依頼を内製化したい
  • コンバージョン率の高いSNS運用を依頼をしたい
  • SNS運用だけでなくSEO対策やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにSNS運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

今回は、SNSを使った宣伝効果を最大にする方法、SNS選びのポイント、リスクと対策など、SNS運用に関して詳しく紹介しました。

SNSは多くの人が利用しており、今後も増え続ける可能性があります。自社のサービスや商品を宣伝する手段として、SNSは効率の良い方法と言えるでしょう。SNSにはいくつかの種類があるため、自社のサービスや商品に合った特徴のものを選択するのが有効な方法です。

またSNSを活用した後には、効果を測定することが大切となります。ユーザーがどのような投稿に反応しているのかを分析し、改善策として活かす方法です。

SNSのアクセス解析には、SNS自体の管理画面から確認する方法と、外部ツールを利用する方法があります。詳細を分析したい場合は、外部ツールの利用が良いでしょう。

詳細まで分析しなくても良い場合は、それぞれのSNSに組み込まれているインサイトを利用する方法です。SNSは、自社のサービスや商品に合った方法を選択しましょう。

なお、弊社StockSunでは、格安でSNS運用の依頼はじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。