メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

ホームページ制作の費用相場と早見表【業界のプロが内訳や選び方を紹介】

更新日
ホームページ制作の費用相場と早見表【業界のプロが内訳や選び方を紹介】

「ホームページ制作にかかる費用の相場はどれくらいだろうか?」
「相場を把握したうえで、自社に最適な制作会社へ依頼したい」

ホームページ制作の相場は数十万〜数百万円と幅があり、制作会社から提示された金額が妥当なのか確認するのが難しいものです。

求めているホームページの仕様に、どれくらいの費用がかかるのかを把握しておけば、予算内で条件のいい制作会社を選べるようになるでしょう。

本記事では、StockSunの公式サイトリニューアルで、1ヶ月の問い合わせ数1.4倍の成果を達成した制作チームを率いるプロが、ホームページ制作の費用相場を紹介します。

費用ごとに業務範囲やクオリティが変わるので、ホームページ制作を検討している方は参考にしてみてください。 StockSunでは、貴社の予算や課題にあわせて、経験豊富なプロが効果的なホームページ制作のご提案いたします。

「達成したい目的にいくらかかるのかわからない」という場合でも、ヒアリングから課題を明確にしたうえで見積もりをさせていただきます。 見た目だけではなく成果の出るホームページをご希望の方は、無料相談よりお問い合わせください。

特典:StockSunのプロが制作の選び方を提案

ホームページ制作について相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

ホームページ制作費はほとんどが人件費

ホームページ制作にかかる費用のほとんどは人件費になります。

具体的な費用の算出方法は以下の通りです。

  • 関与する人数
  • 各人の作業時間
  • 各人の作業単価

これらが影響して費用が決まってきます。

時間単価(8時間換算)の目安を表にまとめました。

仕事内容 単価
ディレクター プロジェクトの総括 4〜5万円ほど
デザイナー デザインを担当 4万円ほど
エンジニア コーダー デザインの実装 3〜3.5万円ほど
バックエンド 機能の実装 5万円ほど

大手の制作会社では、中間マージンやオフィスの維持費などが追加されるケースもあります。フリーランスの場合は、本人のスキルに応じて単価が変動することが多いです。

ホームページの制作には、さまざまな人が携わっています。

依頼する内容や依頼先の規模によって、制作費が変わる点を覚えておきましょう。

ホームページ制作を依頼する際の費用相場【早見表】

ホームページ制作の費用相場と、期待できる品質は次の表の通りです。

費用相場 対応内容 注意点
50万円以下 ・設計は自社で行い、デザインと実装のみ委託するイメージ
・テンプレートを使用
・品質には期待できない
・自分でディレクションする必要がある
50〜150万円 ・最低限のデザイン
・注文内容にのっとった設計
・プラスの提案はもらえない
・マーケティング施策は期待できない
・設計と品質担保ができる体制を別途整えておく必要がある
150〜300万円 ・制作工程を任せられるレベル
・戦略設計や調査は含まれない
・課題や目的が明確になっていることが前提条件
・制作会社の得意領域を理解したうえで、目的に合う会社を選ぶ
300万円以上 企画工程から制作工程まで一貫して依頼できる ・高いからといって安心して丸投げしていいわけではない
・調査可能な範囲や担当者のレベルは確認しておく
・特に調査工程の最終的な意思決定は自分でする

表の内容をもとに費用相場ごとの対応内容や注意点などをお伝えします。

こちらの内容は以下の動画でもご覧いただけるので、参考にしてみてください。

費用相場①50万円以下

主にフリーランスへ直接発注したり、制作会社のテンプレートプランを利用したりする価格帯です。

対応内容ですが、ホームページの設計部分はすべて自分で行う必要があります委託できるのはデザインと実装のみといったイメージです。アウトプットの品質に関しては、そこまで期待しない方がよいでしょう。

制作会社の場合は基本テンプレートを使うので、独自性のあるカスタマイズには対応できません。フリーランスに依頼する場合でも、そこまで高い単価ではないので過度な期待はNGです。また、優秀なフリーランスを見つける難易度は高くなっています。

この価格帯は、とにかく安くホームページを作成したい人や、制作に関する知見がある人に向いている価格帯と言えるでしょう。

ちなみにホームページ制作に知見があり、どのようなサイトにしたいのか明確になっているのであれば、ノーコードのサービスを使うのも1つの手段として有効です。

費用相場②50〜150万円

最低限のデザインを依頼できる価格帯です。

費用感としては安い制作会社が入ってくるイメージで、テンプレートを使わず独自のデザインを発注できます。ただし、SEOや動線設計などのマーケティング視点は期待できません。

例えば、ホームページ内の文章作成を依頼した場合、SEOやコンバージョンにつながるテコ入れをしてくれる可能性は低いです。プロに依頼するには、それなりの費用がかかってきます。

最安値の価格帯ではないので、コストパフォーマンスに不満を感じる方もいるでしょう。

品質を上げるには、社内に担当者を設けるか、別途ディレクターを雇うことをおすすめします。

費用相場③150〜300万円

しっかりした制作のアウトプットが期待できる価格帯です。

細部までこだわったデザインのホームページを手に入れられます。一通りのマーケティング施策にも対応してもらえるでしょう。

ただし、ホームページを制作する際のビジネス的な戦略や調査までは含まれていません。「どんなホームページを制作して、どのように成果が出るのか」が明確になっている人であれば、メリットを感じられる価格帯といえます。

ポイントは自社の課題解決に必要なスキル(例:SEO)に強みを持っている制作会社を選ぶことです。

自社の課題と制作会社の得意分野がマッチしていれば、よい提案がもらえるでしょう。

費用相場④300万円以上

ホームページの戦略設計から企画まで一貫して依頼できる価格帯です。

制作だけでなく「Web全体でどのようにプロモーションしていくのか」を見極めるために、調査から提案までしっかり行ってもらえます。

ただし、調査の解像度や担当者のレベルは幅があるので、よく確認することが大切です。どんなにきれいにまとめられた資料でも、活用できなければ宝の持ち腐れになってしまいます。資料の使い方を明確に説明できない制作会社は意外に多いです。

また、最終的な意思決定は発注者側になります。そのため「高額な費用を払っているのだから、すべて丸投げできて当然」と考えるのではなく自分のビジネスの特徴を理解したうえで、何をどのように活用できるのかを問える質問力が大切です。

競合調査やリサーチなどの分析から、効果的なホームページを作成したい場合は、300万円以上の予算が必要であることを覚えておきましょう。

ホームページ制作の流れ【依頼する範囲で費用相場が異なる】

ホームページ制作は大まかに以下8ステップで進めていきます。

  • 企画(戦略・コンセプト)
  • 設計
  • コンテンツの作成
  • デザイン
  • 開発・コーディング
  • テスト
  • リリース
  • 運用

ホームページを通して商品の売れ行きを上げたり、ブランディングしたりなどの目的を達成するためには、企画のフェーズが最も重要です。

戦略やコンセプトをしっかり設計できれば、ホームページ制作の成功率を最大化できますし、迅速に資金を回収できます。専門的な知見やデータ分析スキルが求められるため、費用はかかるものの、経験豊富な制作会社に依頼したい工程です。

デザインにこだわり、見た目のよいホームページを制作することも大事ですが、そもそものコンセプトがズレていれば、間違った方向へ進んでしまいます。

効果的なホームページを長期的に運営していきたい場合は、企画と運用が強い制作会社を選ぶようにしましょう。

関連記事

ホームページ制作の流れ8工程【業界のプロが解説するワークフローの重要性】

ホームページ制作の流れ8工程【業界のプロが解説するワークフローの重要性】

Read More

ホームページ制作の費用相場に影響する要素

ホームページ制作会社の費用相場には、以下6つの要素が影響します。

  • 依頼先が制作会社かフリーランスか
  • 代理店が間に入るか
  • テンプレートかオーダーメイドか
  • 企画や戦略設計のクオリティ
  • ページ数や追加機能
  • 運用サポートがあるか

①依頼先が制作会社かフリーランスか

ホームページを制作会社に依頼するか、フリーランスへ発注するかで費用が大きく変わってきます。

制作会社はフリーランスと比較して制作費が高いです。

その分、品質の安定したアウトプットが期待できるのがメリットで、長期的に運用を任せられます。

フリーランスは制作会社よりも費用が安いですが、品質に差が出やすいです。また、優秀なフリーランスを見つけるのが難しく、人選に時間がかかります。スキルに偏りがあることが多く、企画から運用まで行えるフリーランスは少ないです。

特に安い金額で請け負うフリーランスは、ホームページの制作がゴールになっています。

マーケティング施策を依頼したい方は、あらかじめ実績のある人材を探すようにしましょう。

ちなみにStockSunでは、予算や目的に応じて2種類のプランが利用できます。

  • 月額5万円から優秀なフリーランスに制作を依頼できるプラン
  • 成績上位1%の認定パートナーによるトータルサポートプラン

どんなご要望でも柔軟に応えられるので、ホームページに関するお悩みがある方は、無料相談よりお問い合わせください。

特典:StockSunのプロが制作の選び方を提案

ホームページ制作について相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

②代理店が間に入るか

ホームページ制作を代理店に依頼する場合、制作会社に直接発注するよりも費用が高くなります。

代理店を利用するメリットは、広告運用やSNS運用など、さまざまなWebマーケティングの施策に対応しているところです。複数の業者をつないでくれるため、目的によっては費用が高くてもメリットを感じられるでしょう。

ただし、仲介役が入ることで、コミュニケーションのスピードは遅くなりがちです。

できるだけコストをかけたくない場合は、制作会社やフリーランスに直接依頼することをおすすめします。

③テンプレートかオーダーメイドか

「テンプレートを使うか、オーダーメイドで制作するか」の違いは、ホームページ制作の費用を大きく左右するポイントです。

前述した通り、テンプレートを使えば格安でホームページを制作できます。費用を極限まで抑えたいという方にとってはメリットに感じるでしょう。

しかし、ホームページで何かしらの目的を達成したい方は、オーダーメイドで制作することをおすすめします。なぜなら、テンプレートでは差別化が難しく、カスタマイズ性に乏しいからです。

また、テンプレートで制作したホームページを、後にカスタマイズすると余計なコストがかかる原因になります。

ホームページを使って収益を上げたい場合、外観だけでなくSEO内部対策や動線設計なども重要になってくるため、費用をかけてもオーダーメイドで制作するのが無難です。

④企画や戦略設計のクオリティ

企画や戦略設計のクオリティや深さも費用が変わるポイントです。

調査の解像度が高くなるほど、人件費がかかる傾向にあります。緻密な戦略設計は、土台となるデータがなければ始まりません。自社のホームページにどんな戦略をもってくるかは、企業ごとに大きく違うのです。

調査によって具体的なデータを取得できれば、ホームページの成功率を上げられるでしょう。

成功率を60%にするか70%にするかで、調査にかかる費用が変わってきます。自社の予算と目的達成の難易度なども照らし合わせて、最適な選択を行いましょう。

⑤ページ数や追加機能

ホームページ制作における費用は、制作するページの数や追加する機能によって大きく変動します。

ページ数が多くなると、その分、工賃も高くなるのは自然な流れです。さらに、特別な機能やオプションを追加する場合は、別途追加で費用がかかるでしょう。

コストを抑えたい場合は、事前に必要最小限の機能とページの構成を洗い出しておくとよいです。

制作会社によっては、さまざまな追加機能をおすすめしてきますが、すべての機能を実装すると高額な費用がかかるので気をつけましょう。不必要に多機能なサイトは、ユーザーの快適性を損ねる原因になるので注意してください。

⑥運用サポートがあるか

運用サポートの有無やサービス内容によっても費用が変わってきます。

  • サイト分析
  • ツール連携
  • コンテンツ作成
  • バグの修正
  • レポート作成

上記の通り、ホームページの運用にはさまざまな作業があります。

ホームページは制作ではなく、収益を上げるのがゴールのはずです。そのためには、専門知識をもった人間が運用を担当して、最適な施策と改善を繰り返す必要があります。

経験豊富なプロに運用を依頼するとコストがかかりますが、最終的にはかけた費用を補って余りある価値を生み出してくれるものです。

ホームページのポテンシャルを最大化するためにも、信頼できるパートナーを見つけて運用をサポートしてもらいましょう。

失敗しないホームページ制作の外注先の選び方

ホームページ制作の依頼先を選ぶ際には、以下3点に注意して選ぶようにしてください。

  • 価格と見た目で決めると失敗しやすい
  • 論理的かつ勝ち筋がイメージできる提案をしているか
  • 意思疎通がスムーズに行えるか

制作会社の選び方については以下の動画でも解説しています。

価格と見た目で決めると失敗しやすい

制作費の安さやホームページの見た目などで外注先を決めると、失敗する原因になります。

専門知識がない人からすると、見た目が整ったホームページが格安で作成できるなら十分に感じるでしょう。しかし、価格や見た目で外注先を選ぶと、肝心のホームページを制作する目的から遠ざかってしまうのです。

例えば、目的が集客だった場合、格安の制作会社ではターゲット選定やアクセス解析に対応してもらえません。この際の集客方法がSEOだとすると、サイトの見た目が整っていること以上に、内部対策やコンテンツの内容が重要になるでしょう。

このように、ホームページを通して実現したいことを達成するために予算を見極めることが何よりも大切です。

ホームページ制作を外注する際は、目的達成の優先度を1番にしましょう。

費用が高くても、収益アップを達成できれば問題ありません。ホームページ経由で収益を上げるには、事前の戦略設計が鍵を握っています。

相場はあくまで相場であり、予算を決めるうえでの参考にしかなりません。

もしも「目的達成のために必要な業務や範囲がわからない」という場合は、StockSunの無料相談をご活用ください。貴社が実現したいことを言語化したうえで、費用やスケジュールを見積もりいたします。

特典:StockSunのプロが制作の選び方を提案

ホームページ制作について相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

論理的かつ勝ち筋がイメージできる提案をしているか

外注を検討している相手と面談する際は、提案内容が論理的で勝ち筋をイメージできる内容かチェックしてみてください。

難しい専門用語を並べて提案してくる担当者の場合、施策の内容を言語化できていないと判断できます。これでは施策に対する解像度が高いとは言えません。何をどうすれば目的を達成できるのか、論理的でわかりやすく説明できる担当者が理想的です。

また、制作側の強みや得意なジャンルなども考慮する必要があります。

集客なのかブランディングなのかなどを明確にしたうえで、マッチ度の高い相手を選ぶとよいでしょう。

意思疎通がスムーズに行えるか

担当者と意思疎通がスムーズにできるかどうかも重要な選定ポイントです。

ホームページ制作は時間がかかるものなので、コミュニケーションがうまく取れない担当者はストレスを感じます。質問に対して明快な答えがあり、なおかつ次の質問に先回りして答えてくれる担当者は優秀と言えるでしょう。

制作会社によっては、営業担当と制作担当が別のケースも珍しくありません。

その場合は、認識のズレを防ぐためにも、以下の内容を確認しておくのがおすすめです。

  • 制作の担当者とも関わりをもてるか
  • どのタイミングでどのように関われるのか
  • 制作担当とのコミュニケーションも心地よいか

どんなに実績のある制作会社でも、担当者の質によってアウトプットも大きく変わってしまうものです。

理想的なホームページを完成させるためにも、担当者のコミュニケーションスキルに注目してみましょう。

関連記事

【ホームページ制作会社の選び方】2つのコツを意識するだけで失敗を防げる|費用相場・制作の流れも解説

【ホームページ制作会社の選び方】2つのコツを意識するだけで失敗を防げる|費用相場・制作の流れも解説

Read More

まとめ

DX化の流れが加速し、ホームページを開設する企業も増えてきました。 だからこそ、ホームページを制作する際は、自社のビジネス戦略に基づいて他社と差別化を図ることが重要です。

ホームページ制作の費用相場は数十万〜数百万円となっており、依頼する範囲によってコストが変わってきます。特に戦略や企画を決定するための調査フェーズは、費用がかかる点を覚えておきましょう。

「自社の課題をもとにコスパのよいプランと施策を提案してほしい」
「戦略設計から運用まで専門家に担当してほしい」

そのような場合はStockSunの無料相談からお問い合わせください。 見た目だけではない、コンバージョンにつながるホームページを制作させていただきます。

特典:StockSunのプロが制作の選び方を提案

ホームページ制作について相談する
簡単たった30秒の資料ダウンロードでStockSunのすべてがわかる会社概要資料はこちら

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。