メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

【2024年最新】SEOにワードプレスは有効?初心者でもできる9つの対策やおすすめのプラグインを解説

SEO
更新日
【2024年最新】SEOにワードプレスは有効?初心者でもできる9つの対策やおすすめのプラグインを解説
亀田温大

この記事の著者

亀田温大

亀田温大

文章の力で売上を引き上げる

大学在学中からSEO対策を独学し、PPP株式会社(StockSun 現代表 岩野圭佑氏の会社)に参画。

その後、20歳でStockSun株式会社の「SEOトライアル」を立ち上げ、PMとして1年半で年商2億規模まで成長させる。
事業の拡大と共に50名以上のSEOディレクター、ライター、インターンの育成を同時に行い、月間300本以上の記事制作/リライトをディレクション。
常時30件以上のクライアント対応の統括。1年で対応したクライアントは50件以上。

プロのセールスライターを束ね、記事はもちろん、LPのコンテンツ、SNS広告のテキストなど売上にインパクトがあるコピーの制作を主に担当

文章なら誰にも負けません。

「SEO対策にワードプレスが有効なのか知りたい」

「SEOを強化するためにはどのCMSがおすすめなのか知りたい」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

ワードプレスは検索エンジンが理解しやすい設計や構造であることから、SEO対策を行う際におすすめのCMSです。SEOへの強さから、世界中の数百万のWebサイトでも使用されています。

本記事では、ワードプレスのSEO対策に効果的なプラグインやワードプレスで行うべき9つのSEO対策について詳しく解説します。

記事後半では、ワードプレスでSEO対策を行う際の注意点についても紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

また、弊社は貴社に適したSEO施策を無料でご提案しております。実際の支援は具体的なSEO施策をご提案し、ご納得いただけたうえで実施しております。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

SEOにワードプレスは弱くない!SEOにワードプレスが有効な理由

ワードプレスがSEO対策に有効な理由は以下のとおりです。

  • 検索エンジンが理解しやすい設計・構造
  • 柔軟なカスタマイズ性
  • SEO対策に特化したテーマが利用可能
  • 初心者でも扱いやすい豊富なSEO対策プラグイン

それぞれみていきましょう。

検索エンジンが理解しやすい設計・構造

SEO対策において、クロールしやすい構造設計が重要です。検索エンジンはウェブサイトをクロールして情報をインデックスに登録し、ユーザーの検索クエリに基づいて最適な結果を表示します。

ワードプレスはクロールしやすい構造を持つサイトを構築できます。ワードプレスは自動的にタイトルタグやメタディスクリプションを生成し、検索エンジンがウェブページの内容を正確に把握できるようにしています。

柔軟なカスタマイズ性

また、ワードプレスはカスタムの自由度が高いことでも有名です。

ページやサイトを評価し、決定するプログラムであるGoogleの「検索アルゴリズム」は頻繁にアップデートされているため、アップデートに対応するためにはアップデートに応じて対策を打つ必要があります。

ワードプレスは後述する「テーマ」や「プラグイン」をはじめとして、Webサイトを自由にカスタマイズできるため、Googleの検索アルゴリズムに応じたサイト設計やSEO対策が可能です。

SEO対策に特化したテーマが利用可能

ワードプレスでは、SEO対策に特化したテーマが利用可能です。

ワードプレスにはさまざまなテーマがあり、中にはSEO対策に特化したテーマもあります。SEO対策に特化したテーマを利用することで、初心者でも簡単に各種SEO対策を実施することが可能です。

初心者でも扱いやすい豊富なSEO対策プラグイン

ワードプレスには、初心者でも扱いやすいプラグインという機能が備わっています。世界中のクリエイターが開発するプラグインを導入することで、簡単にSEO対策を行えます。

ワードプレスでSEO対策を行う際におすすめのプラグインは以下の2つです。

  • All In One SEO
  • Yoast SEO

それぞれみていきましょう。

All In One SEO

All In One SEOは、ワードプレスの代表的なプラグインの一つです。All In One SEOでは、以下のようなSEO設定が可能です。

  • メタタグの自動作成
  • XMLサイトマップの自動作成
  • GoogleAnalyticsの設定
  • canonicalURLの設定

All In One SEOは無料でも使いやすく、初心者でも簡単にSEO対策ができるので、おすすめのプラグインです。

Yoast SEO

Yoast SEOは、世界中で700万回以上ダウンロードされているプラグインの一つで、All In One SEOと同様にSEOに特化したプラグインとして有名です。

Yoast SEOでは、以下のようなSEO設定が可能です。

  • XMLサイトマップの自動生成
  • ソーシャルメディア(Facebook・Twitter)の設定
  • Googleサーチコンソールとの連動
  • パンくずリストの設置

無料版でもパンくずリストの設定や、重複コンテンツのチェックなどは可能なので、ワードプレスを利用する際におすすめのプラグインです。

また、弊社は貴社に適したSEO施策を無料でご提案しております。実際の支援は具体的なSEO施策をご提案し、ご納得いただけたうえで実施しております。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

ワードプレスのSEO対策に効果的なツール2選

ワードプレスのSEO対策に効果的なプラグイン

ワードプレスのSEO対策には、以下の2つのツールが有効です。

  • Googleサーチコンソール
  • Googleアナリティクス

それぞれ解説します。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、自サイトの検索状況の分析が可能なツールで、以下のような機能が備わっています。

主な機能機能の説明
検索パフォーマンスGoogle検索で表示されたページの検索状況を確認する
URL検査Webサイトや特定のページがGoogleにインデックスされているかを診断する
インデックスGoogleインデックスへの登録状況の確認や、送信、インデックスからの削除が可能
リンク外部からのリンクや内部リンクの状況を確認できる

Google検索における自サイトの検索キーワードや、掲載順位などの分析が可能なため、SEO対策を行う際は欠かせないツールの一つです。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、自サイトに訪問したユーザーの情報や行動などが分析可能なツールで、代表的な機能は以下のとおりです。

主な機能機能の説明
ユーザーレポート訪問者の属性(年齢、国、性別)などを確認できる
集客レポート訪問者の流入経路(検索エンジン、SNS、外部リンクなど)とその比率を確認できる
行動レポート訪問者数やページ別の訪問数、ページ滞在期間、離脱率などが確認できる
コンバージョンレポート設定した指標(申込や問い合わせなどのイベント、到達ページ)に対する達成度を確認できる

Googleアナリティクスでは、人気ページやアクセス数、訪問者の行動パターンなどが確認できるため、ターゲットとしているユーザーが訪問しているのかどうかがわかります。

たとえば、ページの滞在時間が短いということは、ユーザーの検索意図を満たした内容になっていない可能性があります。

訪問者の情報はサーチコンソールだけではわからないため、サーチコンソールとアナリティクスの両方を用いることで、Webサイトの詳細な分析が可能です。

また、弊社は貴社に適したSEO施策を無料でご提案しております。実際の支援は具体的なSEO施策をご提案し、ご納得いただけたうえで実施しております。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

ワードプレスで行うべきSEO対策9選

ワードプレスで行うべきSEO対策は以下の通りです。

  • パーマリンク(URL)の設定
  • タイトルとメタディスクリプションの最適化
  • SEO対策に優れたテーマの選択
  • XMLサイトマップの作成・送信
  • パンくずリストの設定
  • コメントスパムの防止対策
  • noindexやcanonicalの設定
  • 内部リンクの最適化
  • SEO分析ツールの活用

一つずつみていきましょう。

パーマリンク(URL)の設定

ワードプレスで行うべきSEO対策の1つ目は、パーマリンクの設定です。

パーマリンクとは、投稿や固定ページごとに割り当てるURLのことを指しています。パーマリンクはいつでも変更可能ですが、URLを変更すると変更前のURLへのリンクからアクセスできなくなってしまうため、基本的には変更しないことを推奨します。

GoogleではシンプルなURL構造が推奨されているため、設定の際はシンプルなURLにしましょう。

関連記事

SEOに効果的なURLの設定を紹介!日本語をURLに設定する影響やURLの正規化も解説

SEOに効果的なURLの設定を紹介!日本語をURLに設定する影響やURLの正規化も解説

Read More

タイトルとメタディスクリプションの最適化

ワードプレスで行うべきSEO対策の2つ目は、タイトルとメタディスクリプションの最適化です。

タイトルやメタディスクリプションは検索エンジンの結果ページに表示されるため、クリック率やランキング向上に関係します。

タイトルはウェブページの内容を簡潔に表現し、読者の興味を引くよう具体的で魅力的に設定しましょう。キーワードを含めると効果的ですが、自然な文章を心がけることが重要です。

メタディスクリプションはタイトルの下に表示される短い文章で、ページ内容を説明する役割があります。キーワードを含めつつ、読者がクリックしたくなるような興味を引く内容にし、160文字以内に収めることが必要です。

また、タイトルとメタディスクリプションの一貫性を保ち、関連性のあるキーワードを含めることで、検索エンジンにページのテーマを正確に理解させ、読者に信頼性を与えることができます。

関連記事

SEOに強いタイトルの付け方|独自事例付きで文字数やクリック率向上のポイントを公開

SEOに強いタイトルの付け方|独自事例付きで文字数やクリック率向上のポイントを公開

Read More

SEO対策に優れたテーマの選択

ワードプレスで行うべきSEO対策の3つ目は、SEO対策に優れたテーマの選択です。

ワードプレスでは様々なテーマを設定できますが、SEO対策に強いテーマを選択するようにしましょう。SEOに強いテーマとは、SEOに最適化されたテンプレートや機能があらかじめ含まれているテーマのことです。

SEOに強いテーマを利用することで、初心者でもSEOに優れたサイトを作成できます。

たとえば、Googleは評価の基準の一つにサイトの表示速度を上げていますが、SEOに強いテーマであれば表示速度を速くするように最適化されているため、複雑な設定は不要です。

また、弊社は貴社に適したSEO施策を無料でご提案しております。実際の支援は具体的なSEO施策をご提案し、ご納得いただけたうえで実施しております。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

XMLサイトマップの作成・送信

ワードプレスで行うべきSEO対策の4つ目は、XMLサイトマップの作成・送信です。

XMLサイトマップは、ウェブサイトのページ構造やコンテンツ情報をまとめたファイルで、検索エンジンがサイトの全体像を把握しやすくなります。ワードプレスには、簡単にXMLサイトマップを作成するためのプラグインが多数提供されています。

プラグインをインストールし設定すると、自動的にサイトマップが生成され、サイトのルートディレクトリに保存されます。その後、GoogleやBingのウェブマスターツールを使い、XMLサイトマップを送信します。これにより、検索エンジンにサイトの存在を通知し、インデックス作業が効率化されます。

新しいコンテンツを追加したり、サイト構造を変更した場合は、XMLサイトマップを更新し再送信することも必要です。

パンくずリストの設定

ワードプレスで行うべきSEO対策の5つ目は、パンくずリストの設定です。

パンくずリストは、ユーザーがサイト内をナビゲートする際に役立つ重要なナビゲーションツールです。

パンくずリストを設定することで、ユーザーは現在のページの位置を把握しやすくなり、サイト内の移動がスムーズになります。パンくずリストは階層的なサイト構造を示し、ホームページ>カテゴリ>サブカテゴリ>記事のように表示されます。

このような表示はユーザーにとって分かりやすく、サイトの情報整理や検索エンジンにとっても重要です。ワードプレスでパンくずリストを設定する方法は簡単で、テーマがパンくずリストをサポートしているか確認し、ワードプレスの管理画面からナビゲーションメニューの設定オプションを探すだけです。

設定が完了すると、自動的にパンくずリストが表示されます。パンくずリストはユーザーエクスペリエンスを向上させ、検索エンジンのクローラーにサイトの階層構造を理解させ、ページの関連性を判断するための重要な情報を提供するため、SEOにも貢献します。

コメントスパムの防止対策

ワードプレスで行うべきSEO対策の6つ目は、コメントスパムの防止対策です。

ワードプレスのコメントスパムはWebサイトにとって大きな問題です。自動生成されたスパムコメントはWebサイトの信頼性を損なったり、検索エンジンの評価に悪影響を及ぼしたりします。

まず、ワードプレスのデフォルトコメント設定を見直し、コメントの自動承認を避け、手動承認に変更することが推奨されます。さらに、「Akismet」プラグインを利用することで、スパムコメントを自動的に検知しブロックできます。

また、コメント欄にCAPTCHA(画像認証)を導入することも効果的です。プラグイン「reCAPTCHA」を使用すれば、簡単にCAPTCHAを設定できます。これらの対策を行うことで、ワードプレスサイトのコメントスパムを効果的に防止し、サイトの信頼性と検索エンジン評価を維持できます。

noindexやcanonicalの設定

ワードプレスで行うべきSEO対策の7つ目は、noindexやcanonicalの設定です。

noindexとcanonicalの設定は、検索エンジンのクローラーに対して特定の指示を行うために使用されます。まず、noindexは特定のページを検索エンジンのインデックスから除外するメタタグです。プライバシーポリシーや利用規約のようなページが検索結果に表示される必要がない場合に、noindexを設定して除外できます。

一方、canonicalは複数のURLで同じコンテンツが表示される場合に正規のURLを指定するためのタグです。たとえば、商品ページのURLが複数ある場合、canonicalを使って正規のURLを指定し、重複コンテンツの問題を避け、検索エンジンのランキングへの悪影響を防ぎます。ワードプレスでは、プラグインやテーマの設定、個別のページ編集画面を通じて、簡単にnoindexやcanonicalの設定が可能です。

canonicalタグについては以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてご確認ください。

関連記事

canonicalタグとは?URLを正規化する意味や設定の方法を詳しく解説

canonicalタグとは?URLを正規化する意味や設定の方法を詳しく解説

Read More

内部リンクの最適化

ワードプレスで行うべきSEO対策の8つ目は、内部リンクの最適化です。

内部リンクは同じウェブサイト内の異なるページを相互にリンクさせることで、ユーザーのサイト内移動をスムーズにし、検索エンジンのクロールを助けます

ただ、内部リンクを設置する際は適切なアンカーテキストを使用することが重要です。たとえば、「詳細はこちら」よりも「最新の記事一覧はこちら」の方が効果的です。内部リンクは適度な数で自然に配置し、重要なページへのリンクを強調するようにしましょう。ホームページのメニューバーに重要なページへのリンクを設置すると、ユーザーがアクセスしやすくなります。

内部リンクについては以下の記事で詳しく解説しているので、あわせてご確認ください。

関連記事

内部リンクとは?SEOに効果的な貼り方のコツや設置場所を解説

内部リンクとは?SEOに効果的な貼り方のコツや設置場所を解説

Read More

SEO分析ツールの活用

ワードプレスで行うべきSEO対策の9つ目は、SEO分析ツールの活用です。

SEO分析ツールを活用すると、Webサイトの現状を詳細に把握できます。サイトの構造やコンテンツの品質、キーワード使用の適切性など多角的に評価します。また、SEO分析ツールは競合他社のサイトとの比較も行えます。

競合が使用するキーワードやリンク戦略を分析し、自社サイトの競争力強化策を見出せます。さらに、トラフィックや検索エンジンランキングの変動をモニタリングし、SEO施策の成果を確認できます。

また、弊社は貴社に適したSEO施策を無料でご提案しております。実際の支援は具体的なSEO施策をご提案し、ご納得いただけたうえで実施しております。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

SEO対策を進める際の注意点

ワードプレスを用いてSEO対策を進める際は、以下の3つに注意しましょう。

  • プラグインやテーマは定期的にアップデートする
  • Webサイトの表示速度を維持する
  • コンテンツを定期的に改善する

それぞれ解説します。

プラグインやテーマは定期的にアップデートする

SEO対策において、プラグインやテーマの更新は非常に重要です。

特にワードプレスは更新は頻繁に行われるため、古いバージョンを放置すると不具合やセキュリティリスクが高まり、注意が必要です。プラグインやテーマは定期的に更新され、不具合や脆弱性が修正されますが、古いバージョンを放置すると修正されていない不具合や脆弱性が残り、サイトの安定性やセキュリティに悪影響を及ぼします。

脆弱性のあるブログは悪用される危険性が高く、悪意のある第三者によって情報が漏洩したり、不正なアクセスが行われてしまうかもしれません。また、脆弱性のあるブログは検索エンジンからの信頼性が低下し、ランキングが下がることにも繋がります。

Webサイトの表示速度を維持する

WordPressをカスタマイズする際、表示速度の低下に注意が必要です。

多くのプラグインやスクリプトは読み込み速度に影響を与えます。必要なプラグインのみを選び、不要なものは削除しましょう。表示速度が遅いとSEOに悪影響を及ぼします。

検索エンジンはユーザー体験を重視しているため、読み込み速度の遅いサイトは順位が下がる可能性があります。プラグインの適切な管理や画像・動画の適切な使用も重要です。ファイルサイズの圧縮や必要な場所への使用を工夫しましょう。

コンテンツを定期的に改善する

古いコンテンツを放置すると、誤った情報を発信する可能性があるため、SEO対策にはコンテンツの定期的な改善が不可欠です。インターネットは常に進化し、新しい情報やトレンドが現れるため、古い情報が現状に合わなくなることもあります。

誤った情報を提供すると、SEO的にもマイナス評価を受けてしまうかもしれません。検索エンジンは正確な情報提供を重視するため、古い情報を表示するWebサイトは検索結果の上位に表示されにくくなってしまいます。

コンテンツを定期的に改善し、新しい情報やトレンドに合わせて更新することで、読者に価値ある情報を提供できます。また、正確な情報を提供するサイトは検索エンジンから高評価を受け、上位表示されやすくなります。

また、弊社は貴社に適したSEO施策を無料でご提案しております。実際の支援は具体的なSEO施策をご提案し、ご納得いただけたうえで実施しております。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

まとめ

本記事では、ワードプレスのSEOに効果的なプラグインやワードプレスで行うべきSEO対策について詳しく解説しました。

ワードプレスは、カスタマイズ性が柔軟なことやSEOに強いWebサイトを初心者でも簡単に作成できることから、SEO対策におすすめのCMSです。

ワードプレスのSEO対策方法をおさらいしましょう。

  • パーマリンク(URL)の設定
  • タイトルとメタディスクリプションの最適化
  • SEO対策に優れたテーマの選択
  • XMLサイトマップの作成・送信
  • パンくずリストの設定
  • コメントスパムの防止対策
  • noindexやcanonicalの設定
  • 内部リンクの最適化
  • SEO分析ツールの活用

ただ、ワードプレスはプラグインやテーマ、コンテンツなどを定期的に改善しなければSEO的にマイナス評価になってしまうため、注意が必要です。

また、弊社は貴社に適したSEO施策を無料でご提案しております。実際の支援は具体的なSEO施策をご提案し、ご納得いただけたうえで実施しております。

他社との相見積もりも大歓迎ですので、SEOに関する課題や悩みを抱えている方はぜひ一度お問い合わせください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。