メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

【最新2024】フリーランス向けのサービス150選!スキルの切り売りをやめて市場価値を上げ続ける方法も解説【カオスマップ付】

更新日
【最新2024】フリーランス向けのサービス150選!スキルの切り売りをやめて市場価値を上げ続ける方法も解説【カオスマップ付】

フリーランスで働いている人の中には

「仕事の効率を上げたい」
「もっと案件を見つけやすいサイトはないだろうか」

などと考えている人もいるのではないでしょうか?

近年ではフリーランスの人が働きやすくなる便利なサービスが次々とリリースされています。

フリーランス向けのサービスを利用すると仕事を獲得しやすくなったり、経理や確定申告を簡単にしたりなど業務効率を上げることができます

この記事では

  • フリーランス向けサービスのカオスマップ
  • フリーランス向けサービスの主なジャンル
  • サービスの選び方
  • ジャンル別のおすすめサービス
  • フリーランスとして続けるには?

について解説していきます。

「実務に生かせるスキルを身につけ、自分の市場価値を高めたい」
「高額な案件を獲得したい」

そのような目的がある方は、SEOラウンジPROやStockSunサロンがおすすめです。

スキルの習得や案件獲得だけでなく、ビジネスを成功させるうえで欠かせないコミュニケーションの取り方も学べます。 自己啓発系や表面的な知識ではなく、実務で生かしていただける知見やノウハウを提供しております。

また、StockSunサロンの専用グループ内では、仕事の受発注も行われています。

この機会にぜひご検討ください。

\250以上のコンテンツを見放題!実務に生かせるスキルの習得が可能/

StockSunサロンを確認する

\1対1の丁寧なフィードバックあり!8週間でSEOを習得!/

SEOラウンジPROを確認する

フリーランス向けサービスのカオスマップ

   フリーランスカオスマップ150選

フリーランス向けサービスの主なジャンル

フリーランス向けサービスの主なジャンル

フリーランス向けのサービスには大きく分けて以下のようなジャンルがあります。

  • 仕事獲得系
  • バックオフィス系
  • スキル向上・教育系
  • コミュニケーション系
  • マーケティング系
  • アシスタント系
  • 保険系
  • ファイナンス系

仕事獲得系

仕事獲得系とはフリーランスが案件を見つけたり、クライアントが依頼するためのサイトやサービスのことを指します。

仕事獲得系のサービスは大きく以下の3つに分けられます。

  • 間にエージェントが介入してクライアントとフリーランスを繋いでくれる「エージェント系」
  • マッチングを主目的とした「マッチングプラットフォーム系」
  • 自分で直接応募したり依頼が来たりする「SNS」

フリーランスにとって仕事を獲得することはビジネスの生命線です。

これらのサービスを活用することで、仕事の機会を増やし、安定した収入を確保することができます。

エージェント系

メリット デメリット
  • 仕事を探す時間を節約できる
  • 仕事の幅が広がる
  • 単価の高い仕事も紹介してもらえる
  • 契約や単価を交渉してくれる
  • 支払が保証される
  • 手数料が高め
  • 働き方の自由度が下がる
  • 登録が面倒

エージェント系はフリーランスと企業をつなげる役割を果たします。

エージェント系を利用すると仕事を見つけたり、単価を交渉したりといった本来自分でやらなければならない業務の一部を任せることができます

また非公開求人やエージェント独自のルートでの案件など、自分では探せないような高単価の仕事を紹介してもらえることもあります。

またクライアントとの間にエージェントが入って交渉や契約をするため、不払いなどのリスクを回避できることもメリットです。

一方でエージェントは紹介に関して一定の手数料を取られることが一般的です。自分で直接契約した場合と比べて手取りが減ることはやむを得ません。

また働く時間や曜日を自由に決められることもフリーランスの魅力ですが、エンジニアなどの案件では週5日客先常駐などの案件も多く、拘束時間が長くなりがちです。

さらにエージェントサイトに登録するには職務経歴書やポートフォリオなどの提出に加え、エージェントとの面談が必須の会社もあります。

書類作成や面談の手間がかかることもデメリットといえるでしょう。

マッチングプラットフォーム系

メリット デメリット
  • 自分のペースで働ける
  • 仕事を選ぶことができる
  • 未経験でも仕事を受けやすい
  • 仕事が安定しにくい
  • クライアントとトラブルになる可能性
  • 高単価の案件が少ない

マッチングプラットフォーム系とはクラウドソーシングなどのように受注者と依頼者を繋ぐためのサイトを運営しているサービスを指します。

マッチングプラットフォーム系を利用すると自分のペースで仕事を探せるので、好きな時間や場所で働くことができます

また気が乗らない仕事や時間がないときは仕事を受ける必要はないので、自分のタイミングで受注できるメリットもあります。

未経験者でも応募できる案件が豊富なことも特徴なので、キャリアをスタートさせたばかりのフリーランスでも案件獲得しやすい環境といえるでしょう。

一方でクラウドソーシングは短期や単発の案件が多いこともあり、仕事が安定しにくいため定期的に仕事を探していく営業が必要です。

また発注内容や要件定義に慣れていないクライアントもいるので、受注後に納品物に関してトラブルとなった場合も自分で解決しなければならないというデメリットもあります。

さらにプラットフォーム系では個人で依頼する人も多いため、高単価の案件が少ないということも留意しておきましょう。

SNS

メリット デメリット
  • 自分をブランド化できる
  • フリーランス仲間を見つけることができる
  • 影響力のある仕事に携わるチャンスがある
  • 手数料を取られない
  • 自身のブランド化までは相当な時間がかかる
  • 仕事とプライベートがわけにくい
  • アンチコメントなどが来ることもある

TwitterやInstagramなどのSNSを利用してクライアントを探す方法もあります。

SNSを利用するメリットは自分、もしくは自分が提供するサービスなどをブランド化できることにあります。

自分自身が影響力を持つ存在となればDMで直接企業から依頼が来たり、多くのフォロワーを獲得することで認知してもらえる機会が一気に増加します。

また影響力のあるインフルエンサーやフォロワーが多い人や企業から依頼を受けることができれば自身の実績として箔が付きます。

さらにSNSを通して仕事を受注すればエージェントやマッチングプラットフォームのように手数料を取られることもありません。

一方で自分のサービスをブランド化するには相応の時間が必要となり、必ずしも成功するという保証はないので、始めるからには覚悟が必要です。
運用してるアカウントが一つしかない場合は仕事とプライベートを分けにくく、気軽な発言やツイートができなくなることも覚えておきましょう。

またSNSはどんな人でも閲覧できてしまうため、ときには心ないコメントやアンチコメントなどが飛んでくることもあるので、メンタルを病みやすい人には厳しいものとなるかもしれません。

仕事獲得に活用できるサービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
エージェント系
  • INTLOOP(ハイパフォコンサル、テックストック、バチグマ
  • HiTalent(ハイタレント)
  • ミッドワークス
  • ランサーズエージェント
  • レバテックフリーランス
  • テックビズフリーランス
  • PE-BANKフリーランス
  • フォスターフリーランス
  • ビズアシ
マッチングプラットフォーム
  • クラウドワークス
  • ランサーズエージェント
  • Workship
  • ココナラ
  • サグーワークス
SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • LINE

バックオフィス系

バックオフィス系は仕事の管理をしたり、会計や税務を楽にしたりするものです。

例えば仕事で使うファイルをクラウドに保存したり、請求書や確定申告など手間のかかる作業を便利にしてくれるサービスが中心となります。

バックオフィス系は主に以下3つに分類されます。

  • クラウドストレージ・ファイル管理系
  • 会計・税務系
  • タスク管理・仕事効率化

クラウドストレージ・ファイル管理系

メリット デメリット
  • ネットさえあればどこからでもアクセス可能
  • 必要に応じてストレージの容量を変更できる
  • SSDやHDDに比べてコストを削減できる
  • バックアップやリカバリーが簡単
  • クラウドストレージのサービスが停止するとアクセスできない
  • セキュリティ問題
  • 容量が一定以上はコストがかかる
  • 重たいデータはダウンロードに時間がかかる

クラウドストレージにファイルを保存したり管理すると「ネットさえあればどこからでもアクセスできる」「バックアップやリカバリーが簡単」という大きなメリットがあります。

普段は自宅のデスクトップPCで作業し、外出先ではノートパソコンで作業を続けるということも可能です。

またクラウドストレージの場合は変更を加えると即座に反映され、作業内容や重要なファイルを失うリスクは限りなく低くなります。

パソコンのSSDやHDDなどのストレージは故障や寿命の影響で、ある日突然データを喪失する可能性もありますが、その際もクラウドストレージにバックアップを取っておけばリカバリーも簡単です。

デメリットとしてはクラウドストレージを提供するサービスが停止するとアクセスできないこと、セキュリティの問題がないとは言い切れないことがあります。

また容量が一定以上になると毎月定額でコストがかかることや重たいデータのダウンロードにはそれなりに時間がかかることもあります。

会計・税務系

メリット デメリット
  • 会計作業の効率化
  • 高い精度
  • 財務状況の把握が容易
  • 使い方をある程度覚える必要がある
  • コストがかかる
  • PCのセキュリティ対策が必要

会計・税務系のサービスを利用する大きなメリットは時間のかかる会計作業を自動化することで労力を削減できる点です。

確定申告などは帳簿を付けて自分で計算することもできますが、サービスを利用する方が確実でミスが少なくなります

また銀行口座やクレジットカードと連携させることで財務状況を一括で管理できるようになるので、タイムラグやズレがありません。

一方デメリットとしてはそれぞれのソフトによってある程度使い方を覚える必要があるので、導入してすぐ使いこなせるかは人によります

また利用には月額料金や年間料金がかかるケースがほとんどなので、コストは見込んでおかなければなりませんまた会計や財務状況などの重要な個人情報の漏洩を防ぐため、PCにはウイルス対策を徹底しておく必要があります。

タスク管理・仕事効率化

メリット デメリット
  • 生産性の向上
  • チーム内でタスク共有や進捗管理が容易
  • プロジェクトの状況や進捗状況がわかりやすい
  • 使い方を全員が知っている必要がある
  • 情報漏洩の危険性
  • 過剰な通知

タスク管理・仕事効率化のサービスを利用するとタスクを整理して優先順位をつけることで生産性の向上が期待できます

複数人のチームで作業をする場合でもタスクの共有や進捗管理が容易となるので、無駄のないコミュニケーションが可能です。

プロジェクトの進捗状況も一括で管理できるので、自分一人では抱えきれない案件などを効率よく進める際にも役に立ちます。

デメリットとしてはツール・サービスを使うメンバー全員が使い方を知っている必要があることが挙げられます。使いこなせれば便利なツールですが、ツールによっては最初に使い方を覚えなければ最大限に利用できません。

また重要なプロジェクトを遂行する場合には情報漏洩に対する備えも必要となり、プロジェクトによってはツール使用を禁止する可能性もあります。

メンバーが多ければメンションなどの通知も頻繁となるので、業務遂行の妨げにならないように注意が必要です。

バックオフィス系のサービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
クラウドストレージ・ファイル管理
  • Googleドライブ
  • Evernote
  • DropBox
  • OneDrive
会計・税務
  • 弥生
  • freee
  • MoneyForward
  • INVOY
  • MISOCA
タスク管理・仕事効率化
  • asana
  • Trello
  • Microsoft To Do
  • Notion
  • monday.com

スキル向上・教育系

スキル向上・教育系は自己研鑽したりスクールに通ってスキルを向上させる目的のサービスです。

フリーランスは新たなスキルを習得することで、自身のサービスを拡充し、より多様な依頼に対応できるようになります。

またオンラインサロンなどでは志を共にする仲間を見つけたり、人脈を広げることもできます。

スキル向上・教育系は主に以下の4つのサービスがあります。

  • 総合スクール
  • プログラミング系
  • オンラインサロン・セミナー
  • メンター・コーチングサービス

総合スクール

メリット デメリット
  • 幅広いジャンルを学べる
  • プロから直接指導を受けられる
  • 他の学生と交流できる
  • 費用が高い事が多い
  • 広く浅く学ぶと専門性が高められない
  • 自分のペースで学習しづらい

総合スクールのメリットは幅広いジャンルで多様なスキルや知識を学ぶことができる点にあります。

各道のプロから直接指導を受けられる機会も多く、マンツーマンで納得いくまで学ぶこともできます。

学生同士のコミュニティを用意しているスクールも多く、他の学生と交流することで刺激を受けることもあるでしょう。

デメリットとしては費用が比較的高い傾向にあること、広く浅く学ぶと専門性が高められないこともあります。

また相手から指導を受けて学習を進めるので、自分で黙々と勉強して進めたいという場合には向いていません。

Webマーケティングのスキルを身につけたい方場合には、Webマーケティングスクールを比較した記事もあわせてご確認ください。

関連記事

Webマーケティングスクール・講座おすすめ比較10選【StockSun流の失敗しない選び方】

Webマーケティングスクール・講座おすすめ比較10選【StockSun流の失敗しない選び方】

Read More

プログラミング系

メリット デメリット
  • エンジニアとして高度なスキルを習得できる
  • 就職先やクライアントを紹介してもらえる
  • 最新のプログラミング言語を学ぶことができる
  • 余計なことを勉強しなくて済む
  • プログラミングに特化しているので、他のビジネススキルは学べない
  • 向き不向きがはっきりしている

プログラミング系のスクールはエンジニア・プログラマーとして必要な知識を高いレベルで学習できることが大きな特徴です。

自分一人では挫折しがちなプログラミング言語学習も講師の指導の下、一つひとつ着実にステップアップしていけることもメリットの一つです。

スクールによっては就職先やクライアントを紹介してもらえるので、卒業してすぐに働きやすいことも支持されている理由の一つといえます。

デメリットとしてはプログラミング言語学習に特化しているので、当たり前ですがそれ以外のビジネススキルを学ぶことはできません

またプログラミングは向き不向きがはっきりしているので、向いていない人の場合は学習が思うように進まずストレスとなる可能性もあります。

オンラインサロン・セミナー

メリット デメリット
  • 有名人や著名人と直接コンタクトが取れる
  • サロンメンバー同士で交流できる
  • プロジェクトを自分で立ち上げ・メンバーを集めやすい
  • 合わないサロンもある
  • 勧誘や出会い目的の人が紛れ込むこともある
  • 内容が薄いサロンもある

オンラインサロン・セミナーは自分が好きな有名人や著名人と直接コンタクトが取れることもあり、ファンにとってはモチベーションを上げる大きな理由となります。

サロンメンバー同士での交流が盛んなこともあり、新規プロジェクトを立ち上げたり、それに必要なメンバーを募集しやすい環境も整っています。

一方でサロンの雰囲気や内容が合わなかったり、内容が薄いサロンが存在することも事実です。

また勧誘や出会い目的でサロンに入会してくる人もいるので、一定の注意を払う必要があるでしょう。

StockSunでも、Webマーケティングからプログラミング、営業ノウハウなどさまざまなスキルの習得から、高額案件の獲得もできるStockSunサロンを運営しています。

Webコンサル会社であり、フリーランス集団でもある弊社だからこそできる、実務に生かせるノウハウを発信しています。

  • 月4〜10本の動画コンテンツ
  • メンバー限定の求人グループで案件獲得
  • オフライン交流会
  • 150名以上のデザイナーが集まるグループでの受発注
  • 会員制バーで人脈構築

上記のようなメリットが得られます。

フリーランスとして本気で稼いでいきたい方や、スキルアップを目指す方は、ぜひStockSunサロンに参加してみてください。

\250以上のコンテンツを見放題!実務に生かせるスキルの習得が可能/

StockSunサロンを確認する

また、オンラインサロンではありませんが、SEOラウンジPROでは、SEOのより実践的なスキルを学ぶことが可能です。

\1対1の丁寧なフィードバックあり!8週間でSEOを習得!/

SEOラウンジPROを確認する

メンター・コーチングサービス

メリット デメリット
  • 自分の目標や課題に特化した指導を受けられる
  • 詳細なフィードバックやキャリアアドバイスを受けられる
  • 費用が高い
  • メンターとの相性が大きく影響する

メンター・コーチングサービスは個人に特化して目標や課題に対しての解決方法などを指導してくれるサービスです。

詳細なフィードバックや将来のキャリアについてもアドバイスを受けることができるので、相談できる相手が少ないフリーランスにとっては頼もしい存在となります。

一方で費用は高めな傾向にあり、サービスの満足度はメンターとの相性に大きく左右されることもあります。

スキル向上・教育系のサービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
総合スクール
  • Schoo
  • ストアカ
  • ヒューマンアカデミー
  • udemy
  • スキルハックス
  • GLOBIS学び放題
プログラミング系
  • TECH CAMP
  • Tech Academy
  • WEBMARKS
  • progate
  • DMMWebCAMP
  • tech boost
オンラインサロン・セミナー
  • StockSunサロン
  • 日経ビジネススクール
  • プレジデントアカデミー
  • MUPカレッジ
  • 人生逃げ切りサロン
  • PROGRESS
メンター・コーチングサービス
  • BizMentor
  • mento
  • mybuddy
  • P-COACH
  • GOODDAY
  • myPecon
  • cotreeアセスメントコーチング

コラボレーション・コミュニケーション系

クライアントと連絡を取ったり、プロジェクトを共同で進めていくのに欠かせないのがコラボレーション・コミュニケーション系です。

大きく分けて以下の3つのサービスがあります。

  • ビデオ会議・チャットツール
  • プロジェクト管理・共同作業ツール
  • コメント機能付きツール

ビデオ会議・チャットツール

メリット デメリット
  • リアルタイムでコミュニケーションが取れる
  • 場所を問わない
  • 履歴を保存できる
  • 即座にメッセージを確認できる
  • ネット環境やハードの不具合などで中断される・始められないなどのトラブルが起きる
  • Zoom疲れを起こす
  • 文字だけのやりとりだと誤解を招くこともある
  • 過度に即応性を求められることもある

ビデオ会議ツールの最大の利点はリアルタイムでコミュニケーションが取れる点です。

文字だけでは伝えにくいことや細かな点まで打ち合わせができるので、クライアントとの齟齬も発生しにくくなります。

またカメラとマイクさえあれば場所を選ばず参加できることもメリットの一つです。

チャットツールではメールよりも即応性が高いコミュニケーションが可能なこと、履歴を保存できることなどがメリットとして挙げられます。

一方でビデオ会議ツールのデメリットとしてはインターネットの環境が悪い(十分な速度がない・不安定など)場合やハードに不具合があるときなどは中断されたり、そもそも会議が始められないといったことも起こりえます。

あまりにも頻繁にビデオ会議を行うと「Zoom疲れ」という特有の疲労感を感じることもあります。

チャットツールの場合は即応性の高さ故に連絡が来る度に返信をしなければならないというプレッシャーを感じてしまう事も問題です。

文字だけのやりとりでは誤解や齟齬が起きる可能性もあり、バランスを見ながらビデオ会議ツールとチャットツールを使い分けていくことがポイントといえます。

プロジェクト管理・共同作業ツール

メリット デメリット
  • 明確な進捗管理
  • 効率のよいコミュニケーションが取れる
  • 使い方を習得する必要がある
  • ツールに依存しすぎる

プロジェクト管理・共同作業ツールを使用するとチーム全体がプロジェクトの進捗を一目で確認でき、タスクのステータス、期限、責任者などが明確になります

またプロジェクトに関連するコミュニケーションを一元化することでメールのような分散したコミュニケーションよりも情報を効率的に共有できます。

一方でツールの使い方を予めメンバー全員が習得しておかなければ効果を最大限に発揮できません。

またツールに依存しすぎると障害やサーバーダウンなどのときにプロジェクトの進行が大きく影響を受ける可能性もあります。

コメント機能付きツール

メリット デメリット
  • 修正依頼や確認事項などをビジュアルで確認できる
  • 操作が簡単
  • 運用にコストがかかる

コメント機能付きツールは文章やWebサイトをキャプチャーすることで修正してほしい場所やコメントを入れたい場所に直接書き込むことができるツールです。

文字だけで伝えるよりも具体的かつ視覚的に把握できるのでミスや誤解が減るというメリットがあります。

操作も直感的にできるサービスが多く、他の共同作業ツールのようにある程度勉強しなければならないということもありません。

デメリットとしては一定以上の利用にはコストがかかることが挙げられます。

コラボレーション・コミュニケーション系サービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
ビデオ会議・チャットツール
  • Zoom
  • Slack
  • チャットワーク
  • Googlemeet
  • Microsoft Teams
  • Webex
プロジェクト管理・共同作業ツール
  • NotePM
  • Confluence
  • esa
  • GWOWI
  • Backlog
  • Redmine
  • Aipo
コメント機能付きツール
  • aun
  • Googleドキュメント
  • Gyazo

マーケティング・販売促進系

自分の商品やサービスを提供したり、クライアントの売上を上げたりする際によく使われるのが、マーケティング・販売促進系です。

主に以下のように分類されます。

  • SNS管理・分析ツール
  • メールマーケティングサービス
  • SEO・ウェブ解析ツール
  • Webサイト制作・管理ツール

SNS管理・分析ツール

メリット デメリット
  • 複数のSNSを一元化して管理可能
  • 定量的に評価可能
  • スケジュール管理
  • 運用コストが高い
  • 使い方の習得が必要
  • 過度な利用による戦略の制限

多くのSNS管理ツールは複数のSNSプラットフォームを一つのインターフェースから管理できるように設計されており、時間と労力を大幅に節約できます。

投稿のパフォーマンス、ユーザーエンゲージメント、フォロワーの成長など、さまざまな角度からの分析も可能でSNS戦略の効果を定量的に評価しながら調整可能です。

また投稿を事前にスケジュールする機能が備わっているものもあり、効率的に投稿を管理し、タイムラインを最適化できることもメリットの一つです。

一方で高度な機能を持つツールはコストが高い傾向にあるので、小規模事業者やフリーランスの人にとっては大きな負担となることがあります。

また効果を最大化するためにその使い方を学ぶ必要があり、ツールによっては相当の時間がかかることもあります。

SNS管理ツールに過度に依存するとSNS戦略がツールの制限や変更に大きく影響を受ける可能性がある点には注意が必要です。

メールマーケティングサービス

メリット デメリット
  • ターゲットの明確化
  • 配信の自動化
  • 分析と最適化
  • スパム認定されるリスク
  • 特定電子メール法に抵触しないように注意が必要

メールマーケティングサービスは自分のターゲットとする層に直接的にメッセージを送ることができ、広告が正確に届く可能性が高まります。

一度設定を行えば、メールの送信や追跡、レポート作成などを自動的に行うことができるので、大きく時間を節約できます。

またオープン率、クリック率などの詳細な情報の分析も可能でパフォーマンスを追跡できます。

一方ではスパム認定されるリスクをはらんでおり、受信者やシステムがスパムとしてマークしてしまうと配信が届く可能性は低くなります

また特定電子メール法を始めとした法律に抵触しないよう十分な注意が必要です。

SEO・Web分析ツール

メリット デメリット
  • データドリブンでの意思決定
  • サイトの最適化
  • 専門知識が必要
  • 結果が出るまでに時間が必要

SEO・Web解析ツールを使用するとユーザーの行動、トラフィック、ページのパフォーマンスなどさまざまなデータを追跡・分析することが可能となり、データに基づいた意思決定が可能となります。

またSEOツールはサイトの構造やコンテンツを最適化するのに役立ち、より高いランキングを目指すことが可能です。

一方でSEOの分析には専門知識が必要となり、ツールを利用しても知識がなければ使いこなすことができません

またSEO対策は成果を確認するまでには多くの時間がかかります。

Webサイト制作・管理ツール

メリット デメリット
  • プログラミングの知識不要でサイト制作が可能
  • 自分好みにカスタマイズできる
  • コスパがいい
  • 機能に制限がある
  • SEOの最適化に制限がかかる場合もある

Webサイト制作ツールはプログラミングの知識がなくても直感的にサイトを制作できます

さまざまなテンプレートやデザインが用意されており、自分好みにカスタマイズが可能です。

Webサイト制作会社に依頼する必要もなくなるので、コスパよくサイト制作できることも大きなメリットといえます。

一方で一部のWebサイト制作ツールは特定の機能やデザインに制限がある場合もあり、自分が望む機能をサイトに実装することができない可能性もあります。

またツールによってはSEO最適化のための機能やオプションが限られている場合もあり、検索エンジンでのランキングに影響を及ぼす可能性があることにも注意が必要です。

マーケティング・販売促進系サービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
SNS管理・分析ツール
  • Hootsuite
  • buffer
  • Beluga
  • Statusbrew
  • ZOHO Social
メールマーケティングサービス
  • blastmail
  • WiLLMail
  • さぶみっと!メール配信
  • オートビズ
  • める配くん
SEO・ウェブ分析ツール
  • Lumar
  • パスカル
  • GRC
  • ahrefs
ウェブサイト制作・管理ツール
  • WordPress
  • Wix
  • Jimdo
  • ペライチ
  • MovableType

オンラインアシスタント系

仕事が忙しくて経費精算や振り込みなどの暇がないときに一般事務的な作業を代行してくれるサービスで、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
  • 人件費を抑えられる
  • 時間を大きく節約できる
  • 自分の業務に集中できる
  • 専門スキルを持ったサービスを利用できる
  • 個人情報の管理に注意が必要
  • 細かなニーズを伝えにくい
  • 顔が見えない相手が多い

オンラインアシスタント系サービスの最大のメリットは時間や人件費を抑えて自分の業務に集中できることです。

またサービスを提供する企業のアシスタントや秘書は一定以上の基準をクリアした人が採用されているので、専門性の高いサービスを受けることもできます。

一方でスケジュールやクライアントの情報といった個人情報を扱われることも多いため、漏洩やプライバシーの観点で信頼できる企業を選ぶ必要があります

またオンラインでのやりとりで細かなニーズを伝えにくかったり、顔が見えない相手とのやりとりで神経を使う場面があることにも注意しましょう。

オンラインアシスト系サービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
オンラインアシスタントサービス
  • フジ子さん
  • Caster Biz
  • Remobaアシスタント
  • i-STAFF
  • HELP YOU
  • スーパー秘書
  • Biz Workers

保険系

クライアントに損害を与えた、または自分が病気になったなどのときに役に立つのが保険です。

フリーランスが使える保険にはさまざまなものがあり、主に以下のように分けられます。

  • 損害賠償保険
  • 健康保険・医療保険
  • 生命保険
  • 保険相談・見直しサービス
  • フリーランス向け福利厚生

損害賠償保険

メリット デメリット
  • クライアントや第三者に損害を与えてしまったときにカバーできる
  • 経済面での安心感
  • それなりにコストがかかる
  • 契約内容・約款を理解する必要がある

損害賠償保険は他人に対して財産的・身体的な損害を与えた場合にその賠償責任をカバーする保険です。

業務を進める上で予測できないような事故が発生して他人に損害を及ぼした場合、法律により賠償責任を負うことになりますが、その際に経済的な負担を軽減することができるというメリットがあります。

一方で損害賠償保険はそれなりにコストがかかります。

また契約内容・約款をよく理解しておかないといざというときに補償の対象外となることもあるので、契約を結ぶ際には些細な疑問も残さないようにしましょう。

健康保険・医療保険

メリット デメリット
  • 医療費の負担軽減
  • 入院や手術費用の補償
  • 保障範囲の制限

健康保険・医療保険は大きな怪我や病気の際に医療費の負担を軽減したり、入院や手術費用の補償が受けられるものです。

国民皆保険制度の範囲外の部分もカバーしてくれる保険もあり、入院時の個室代や保険適用外の手術などの費用も負担してくれます。

注意点としては保障範囲をよく確認してどこまで保障されるのかをしっかり把握しておく必要があることが挙げられます。

保険によっては保険料が高額となることがあるので、自分に合った内容で加入することが必要です。

生命保険

メリット デメリット
  • 万一の際に家族に生活費を遺せる
  • 節税効果
  • インフレリスク
  • 解約しにくい

生命保険にフリーランスが加入するメリットは自分が万が一死亡した場合に家族が安心して生きていける生活費を残せることです。

また相続税などの節税効果もあり、そのまま遺産を相続するよりも多く家族に遺すことができます。

デメリットとしてはインフレになったときに金銭の価値が変わり、十分な保障にならない可能性があることと途中解約で損をする可能性があることです。

家族の有無や自分の財産などを考慮した上で加入を検討する必要があるでしょう。

保険相談・見直しサービス

メリット デメリット
  • 専門家のアドバイスを受けられる
  • 無駄な保険のカット
  • 相談に費用がかかることもある
  • 間違ったアドバイスを受けると大きな問題となる

保険相談・見直しサービスはわかりにくい保険の種類や保障内容を専門家の視点で見直してもらえるサービスです。

よくわからないまま加入している保険などを洗い出すことで無駄な保険をカット、あるいは保険料を安くして本当に必要な保険に納得して加入できることが大きなメリットです。

デメリットとして一部の相談サービスは費用がかかってしまうことが挙げられます。

また保険は人生を左右する影響力の大きな商品でもあるので、間違ったアドバイスを受けると後々に大きな問題となる可能性があるので、信頼できる企業や専門家を選ぶ必要があります。

フリーランス向け福利厚生

メリット デメリット
  • フリーランスでも会社員と同じように福利厚生を受けられる
  • 相応のコストがかかる

フリーランスは基本的に福利厚生を受けることはありませんが、近年ではフリーランス向けの福利厚生サービスが増えてきています

例えば退職金制度を自分で設けたり、教育やスキルアップのためのトレーニング講座を受けることもできます。

またフィットネスクラブの会員権や健康管理アプリなどを利用することができ、健康面でもサポートを受けられます。

一部のフリーランス向けの福利厚生サービスでは他のフリーランスと交流する場を設けていることもあり、新しいビジネスのチャンスともなります。

デメリットとしては相応の固定費がかかること、自分が望むサービスが展開されていないこともあるということが挙げられます。

保険系サービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
損害保険
  • FREENANCE
  • 東京海上日動
  • 三井住友海上
  • 損保ジャパン
健康保険・医療保険
  • チューリッヒ生命
  • メディケア生命
  • なないろ生命
  • メットライフ生命
  • SBI生命
  • アクサ生命
  • はなさく生命
  • オリックス生命
生命保険
  • 明治安田生命
  • SHAMPOひまわり生命
  • アフラック
  • 太陽生命
保険相談・見直しサービス
  • 保険見直しラボ
  • Moneydoctor
  • 保険ライフ
  • 保険クリニック
  • ほけんの窓口
フリーランス向け福利厚生
  • フリノペ
  • フリーランスの保険
  • fukurint
  • サポートプラス
  • フリーランスライフサポート(クラウドワークス)
  • 全国デジタル・オープン・ネットワーク事業協同組合
  • あんしん財団
  • 日本フルハップ

ファイナンス系

事業を有利に進めたり、国からの助成金を受けるときに利用するのがファイナンス系のサービスです。

また自分が展開するサービスを販売する際にクレジットカードで決済できるようにする決済系のサービスもここに含まれます。

ファイナンス系のサービスは主に以下の通りです。

  • 個人事業主向け融資サービス
  • 事業扶助制度・助成金
  • カードローン・キャッシング
  • 口座・決済サービス

個人事業主向け融資サービス

メリット デメリット
  • 事業の拡大や資金繰りの支援が受けられる
  • 収入証明書等の必要書類が比較的少ない
  • 利息が高め
  • 返済期間や条件がある
  • 返済遅れは信用情報へ影響する

個人事業主向けの融資サービスは自分のビジネスを拡大するための資金を借りる手段の一つです。

銀行や信用金庫などが主に提供している機関となり、通常の借り入れに比べて収入証明書などの必要書類が比較的少ない傾向にあります。

デメリットとしては利息がやや高めに設定されていることや返済期間や条件に制約がある場合が挙げられます。

また返済が遅れると信用情報に悪影響を及ぼす可能性もあります。

事業扶助制度・助成金

メリット デメリット
  • 返済の必要がない
  • さまざまな用途で利用可能
  • 応募・審査のプロセスが煩雑
  • 使途が限定される

事業扶助制度・助成金の最大のメリットは返済の必要がないことにあります。

ビジネスを拡大するのに必要な機材や人員、新サービスの展開などさまざまな用途に使えるので、起業直後など資金が十分でないときに強い味方となってくれます。

一方で応募や審査のプロセスが煩雑で時間がかかることはデメリットといえるでしょう。

また受け取ったお金を何にでも使えるわけではないことも留意しておく必要があります。

カードローン・キャッシング

メリット デメリット
  • 手続きが簡単
  • 何に使ってもいい
  • 柔軟に返済可能
  • 金利が高い
  • 借りすぎてしまうリスクがある

カードローン・キャッシングは一定の信用情報に基づいて借りることのできる小口の融資です。

手続きが簡単ですぐに融資を受けられる点、個人用でも業務用でも何に使っても問題ない点などがメリットとして挙げられます。

まとまったお金ができたときには一部を先に返済したり、毎月の返済額を柔軟に変更できることもポイントです。

一方で手続きが簡単な分、金利が高めに設定されていることには注意しましょう。

また簡単に借りられるため、借りすぎて返済額が多くなってしまわないように計画的に利用することが求められます。

口座・決済サービス

メリット デメリット
  • クレジットカードでの支払などに対応できる
  • 取引が効率化できる
  • 取引の履歴をデジタル化できる
  • 手数料がかかる
  • セキュリティの問題

口座・決済サービスはクライアントやお客さんとの取引を迅速かつ容易に行えるようにするものです。

クレジットカードでの支払に対応すればビジネスチャンスを逃すリスクも軽減でき、取引の履歴をデジタルで管理することも簡単です。

デメリットというほどでもありませんが、売上に対して一定の手数料がかかることは避けられません。

またクレジットカードの情報を扱う以上、セキュリティの問題がついて回ることは留意しましょう。

ファイナンス系サービス一覧は、以下の表をご参照ください。

カテゴリー サービス一覧
個人事業主向け融資サービス
  • 日本政策金融公庫
  • GMOあおぞらネット銀行
  • PayPay銀行
  • 東京スター銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 各地域信用金庫
事業扶助制度・助成金
  • IT導入補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • 事業再構築補助金
カードローン・キャッシング
  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット
口座・決済サービス
  • サブスクペイ
  • Squareリンク
  • VeriTrans4メール決済
  • STORES
  • Square請求書
  • MakeShop
  • ゼウスBizクレカ
  • ぽちPAY

フリーランス向けサービスの選び方

フリーランス向けのサービスを選ぶ基準を解説していきます。

主に以下の点を意識して選定するとよいでしょう。

  • 実績
  • 利用料金
  • 使いやすさ
  • サポート体制

実績

サービスの実績を確認することは信頼性や効果を判断するための重要な要素です。

長期にわたってサービスを展開している会社や、多くのユーザーに利用されているサービスは、一定の品質と信頼性が保証されている可能性が高くなります。

運営元の企業規模や売上なども実績を確認する要素となりますので、利用しようと思ったサービスがあった場合はこれらの情報を確認しましょう。

またネットで口コミや評判を検索してみることも重要です。

利用料金

利用料金はサービスを選ぶ際に重要な決定要素です。

サービスによっては無料で提供されるものもありますが、一般的には月額料金や年額料金を支払う必要があります。

またサービスによってはベーシックプランの他にプレミアムプランのように追加料金を支払うことで高度な機能を利用できるものもあります。

自分のビジネスのニーズと予算を考慮して、最もコストパフォーマンスの高いサービスを選ぶことが重要です。

使いやすさ

使いやすさはサービスを継続して利用するための重要な要素です。

複雑すぎるインターフェースや操作方法は覚えるのに時間がかかりすぎ、かえって効率が悪くなる可能性があります。

使いやすいサービスとはユーザーが直感的に操作でき、必要な情報を迅速に見つけられるものを指します。

サービスによってはデモ版や無料試用期間を設けていることもあるので気になるサービスは試してみることをおすすめします。

また口コミやユーザーレビューを読むことで、実際に運用した人の感想を知ることができるので、レビューなどを参考にするのもおすすめです。

サポート体制

サポート体制も重要な選定ポイントです。

問題やトラブルが発生した場合やサービスの使い方が分からない場合には、迅速でわかりやすいサポートが必要となります。

ほとんどのサービスには電話やメール、チャットでのサポートを提供しています。

FAQセクションやチュートリアル、コミュニティフォーラムなどを通じて自己解決のリソースを提供しているサービスもあります。

サービスのサポート体制を評価するには営業時間や返信までの応答時間、サポートの種類(電話、メール、ライブチャット、ソーシャルメディア等)などを考慮することが重要です。

ジャンル別のおすすめサービス

仕事獲得系

仕事を見つけるためのサービスを紹介していきます。

エージェント系

エージェント系のおすすめサービスは以下の通りです。

  • INTLOOP
  • HiTalent(ハイタレント)
  • ランサーズエージェント
  • レバテックフリーランス
  • テックビズフリーランス
INTLOOP

19年以上に渡り、フリーランスに向けて案件紹介を行うINTLOOP社による、下記の案件紹介サイトもフリーランスにはおすすめです。

サイト 特徴 向いている人 獲得できる案件の種類
High Performer Consultant
(ハイパフォコンサル)
  • フリーランスのコンサルタント案件に特化
  • 報酬180万円以上の高額案件あり
  • コンサルタント
  • 会社員のときに身につけてきた能力を生かしたい人
PMO案件
事業計画・戦略案件
SAP案件
マーケティング案件
TECH STOCK
(テックストック)
  • 登録から案件紹介まで完全無料
  • 短〜中期までさまざまなプロジェクトあり
  • エンジニア
  • 多重下請けの下流の仕事から脱却したい人
IT案件
バチグマ
  • 直請け・高額なマーケティング案件など幅広く紹介
  • 独立仕立てのフリーランスをサポートする制度あり
  • WEBマーケタ
  • WEBデザイナー
  • スキルアップして市場価値をあげたい人
WEBマーケティング案件
デザイナー案件
ディレクター案件
ハイパフォコンサル

ハイパフォコンサルは、フリーランスのコンサルタント向け案件紹介サイトです。

  • PM、PMO
  • 事業計画、M&A
  • SAP
  • マーケティング
  • 業務改善、人事、会計

などさまざまな案件が用意されています。

報酬が100万円を超える高額案件が多い点が特徴です。

30〜40代の登録者が多く、会社員として習得してきた知見を生かし独立したいときに登録しましょう。

テックストック

テックストックは、エンジニア向けの案件紹介サイトです。

  • Java
  • PHP
  • Python
  • Ruby
  • HTML
  • SE
  • AWS
  • リモート

などさまざまな言語、条件の案件を用意しています。

開発案件だけに限らず、コーディネーターに相談することでコンサルティング案件も対応していくことができます。

多重下請けによる下流の業務から脱却し、スキルアップして稼いでいきたいと考えるエンジニアには最適です。

バチグマ

バチグマは、マーケターやデザイナー向けにWEBマーケティングの案件を紹介しています。

スキルの切り売りではなく、キャリアプランやライフプランを相談したうえで最適な案件を紹介してもらえることが特徴です。

スキルアップして市場価値をあげていきたいマーケターには最適なサイトです。

さらに、上記3つのサービスのうちいずれかに登録をすると、フリーランス向け福利厚生サービスfukurintを無料で利用できます。

HiTalent(ハイタレント)
特徴 向いている人
  • 登録時に審査あり
  • フリーランスのコンサルタント案件や転職案件を掲載
  • 報酬200万円以上の高額案件あり
  • 戦略コンサルタント
  • 起業資金やビジネスアイディアを創出したい人

HiTalentは、戦略コンサルティングファームや投資銀行出身者に特化した審査制のフリーランスコンサルタント向け案件紹介サイトです。

  • 全社・事業戦略策定案件
  • 新規事業案件
  • M&A・ファイナンス案件
  • CXO転職案件

などさまざまな上流案件や転職案件が用意されています。

報酬が200万円を超える高額案件が多い点が特徴です。

戦略コンサルティングファームや投資銀行出身者など審査を通過したビジネスプロフェッショナルが登録しており、ファームからの独立や起業したいときに最適なサイトです。

ランサーズエージェント
特徴 向いている人
  • 豊富な仕事の選択肢
  • リモート案件が多い
  • エージェントによるマッチングサポート
  • 高い信頼性と安全性
  • 自分のスキルにあった仕事を見つけたい人
  • 信頼できるエージェントに任せたい人
  • 取引に安心が欲しい人

ランサーズエージェントは専門エージェントによるサポートが強みで、フリーランスが自分のスキルと経験に合った仕事を見つけやすいのが特徴です。

案件の90%近くがリモートとなっていることも魅力の一つで、出社しなくても自宅で働くことができます。

また取引の信頼性と安全性も確保しています。

レバテックフリーランス
特徴 向いている人
  • 高単価のITフリーランス案件が豊富
  • 業界情報に精通
  • サポートが丁寧
  • ITスキルに自信がある人
  • 多数の案件から選びたい人

レバテックフリーランスは高単価のITフリーランス案件が豊富なことが強みです。

変化の早いIT業界の情報に精通した専門エージェントが在籍しており、常にフレッシュな求人や案件を教えてくれます。

またフリーランスのためのサポートも充実しており、些細なことでも相談に乗ってもらうことができます。

スキルに自信があり、高額報酬が欲しい人におすすめです。

テックビズフリーランス
特徴 向いている人
  • 確定申告の無料代行
  • 報酬の先払いが受けられる
  • エンジニアで独立したい人
  • 確定申告の時間を節約したい人
  • 毎月安定した案件を獲得したい人

テックビズフリーランスはエンジニアに特化した案件を紹介しているエージェントです。

案件紹介のみならずキャリア相談や初心者向けのサポートも充実していることに定評があります。

また確定申告の無料代行や報酬の先払いなど独自のサービスを展開しているため、これらにメリットを感じる人にはおすすめのサービスといえます。

マッチングプラットフォーム

マッチングプラットフォームのおすすめは以下の通りです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ
クラウドワークス
特徴 向いている人
  • 業界最大級の案件
  • さまざまな業務に対応
  • 初心者からプロまで幅広い案件を探したい人

クラウドワークスは日本最大級のマッチングプラットフォームです。

簡単なデータ入力からプログラミング、動画編集などさまざまな案件を取り扱っているので、初心者からプロまで自分に合った案件を見つけやすいのが特徴です。

また案件の検索機能も優れており、希望の条件に合った内容で探しやすいこともメリットの一つです。

ランサーズ
特徴 向いている人
  • クラウドワークスよりも専門性の高い案件が多い
  • 長期案件から常駐案件も
  • ある程度経験を積んだ人

ランサーズはクラウドワークスと並び日本で有数のマッチングプラットフォームです。

クラウドワークスと比較して専門性の高い案件が多い傾向にあり、長期案件や常駐案件も扱っています。

初心者ももちろん利用可能ですが、一定以上の経験を積んだ人の方がより希望に近い案件を見つけやすいといえるでしょう。

ココナラ
特徴 向いている人
  • スキルや経験を気軽に活かせる
  • レッスンやアドバイスなど幅広いスキルを出品可能
  • ランク認定制度があり、評価が上がりやすい
  • 個人の才能や能力を使って売りたい人

ココナラはクラウドワークスやランサーズよりもカジュアルにスキルや知識を利用してサービスや商品を出品できるプラットフォームです。

利用者は企業よりも個人が多くなり、レッスンやアドバイス、相談など幅広いスキルを出品できます。

またランキング制度もあり、実績を積んでいくと信頼性が高まり商品を売りやすくなることも特徴です。

個人で売り出せるほど高いスキルを持っている人や気軽にフリーランス、副業を始めたい人におすすめです。

SNS

SNSで主に利用されるのは以下のものがあります。

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • LINE
Twitter
特徴 向いている人
  • 短文の投稿が中心
  • 情報の速報性が高い
  • ユーザーの反応が得やすい
  • 速報性の高い情報を発信したい人
  • 自身のブランドや商品を広く拡散したい人

Twitterは短文の投稿を中心としたソーシャルメディアサービスで、情報の速報性が高いのが特徴です。

ユーザー数も日本で4500万人と他のSNSよりも多いことから、幅広い層にアプローチすることができます。

Twitterは140文字以内のメッセージを投稿することで宣伝、集客ができ、ハッシュタグによるトピック検索や、リツイートによる情報の拡散も可能です。

またユーザーがコメントを入れやすいため、反応を得やすいというメリットもあります。

手軽に投稿できるので、自身のブランドを広めたい人はまずTwitterから初めてみるといいでしょう。

Instagram
特徴 向いている人
  • 画像や動画の投稿が中心
  • 画像が中心のためユーザーの目にとまりやすい
  • ビジュアルコンテンツを中心に自身のブランドを広げたい人

Instagramは画像やショートムービーを中心としたSNSで、ユーザーの目にとまりやすく、サービスや商品の内容を訴求しやすいことが特徴です。

またストーリーズと呼ばれる独自の機能を実装しており、24時間後には消えてしまうものですが、それゆえに小さな投稿や些細なことでも載せやすいというメリットもあります。

ビジュアルコンテンツを中心に自身のブランドを広げたい人におすすめのSNSです。

YouTube
特徴 向いている人
  • 動画コンテンツに強み
  • チャンネル登録者に直接アプローチ可能
  • 広告収益やメンバーシップの収益化も可能
  • 動画の方がブランド力を高めやすい人
  • 視聴数やチャンネル登録者を増やして宣伝の代わりにしたい人

YouTubeは動画コンテンツを作成し、ユーザーと深い関係を築きたいフリーランスには理想的なプラットフォームです。

教育的、情報的、またはエンターテインメントの要素を含むコンテンツはクオリティが高ければ視聴回数や登録者数を増やし、アプローチの機会を増やすことができます。

また広告収益やチャンネルメンバーシップによる収益化も可能で、長期的な収益源として利用できる点も魅力です。

一方でYouTubeで視聴数を稼ぐには膨大な時間とクオリティの高いコンテンツのアップが必要です。

動画編集もコストと時間がかかるので、それなりに資金力がないと継続することは難しいといえるでしょう。

この点をクリアできれば自身のサービスやブランドを宣伝する大きなプラットフォームとなり得ます。

Facebook
特徴 向いている人
  • 幅広い年齢層にアクセスできる
  • ビジネスページ作成や広告配信が可能
  • ニュースやブログ投稿、イベント情報などを発信したい人
  • 広範囲の年齢層をターゲットにしたい人。

Facebookは幅広い年齢層とのつながりを確保できるという強みがあり、特にさまざまな世代のユーザーをターゲットにしているフリーランスにとっては有効なプラットフォームです。

ビジネスページを作成することでプロモーションを行い、また有料広告を利用すればより広範なターゲットにリーチすることも可能です。

さらにFacebookグループを利用すれば、特定のコミュニティと深く関わることもできます

ただし効果を発揮するまでには時間と検証が必要となる場合もあることには注意が必要です。

広範囲の年齢層をターゲットにしたい人には最適なプラットフォームの一つです。

LINE
特徴 向いている人
  • ユーザー・見込み客と直接コミュニケーションが可能
  • 公式アカウントを作成して直接情報を提供できる
  • ダイレクトに顧客を管理したい人

LINEは特に日本を中心に広く利用されているツールで、その直接的、双方向的なコミュニケーションはサービスの展開に非常に有利になります。

まず公式アカウントに登録している時点でユーザーがある程度関心を持っていることがわかるので、その後のアプローチやクロージングが進めやすくなります。

また公式アカウントを開設すれば、フォロワーに対して直接的に情報を配信することができ、新商品やサービスのリリース、イベントの告知なども簡単です。

メッセージの配信だけでなく、ユーザーからの質問への返信やフィードバックの受け取りなど、双方向のコミュニケーションも可能なこともLINEが有利な点といえるでしょう。

LINEは主に日本の顧客を対象にしたサービスやダイレクトに顧客を管理したい人に適しています

バックオフィス系

ここでは実務のサポートや会計に役立つサービスを紹介していきます。

クラウドストレージ・ファイル管理系

クラウドストレージ・ファイル管理系のおすすめは以下の通りです。

  • GoogleDrive
  • Evernote
  • OneDrive
Googleドライブ
特徴 向いている人
  • Googleの他のサービスとの統合性が高い
  • 共有と共同作業が容易。
  • Googleの他のサービスを頻繁に利用する人

GoogleドライブはGoogleが提供するクラウドストレージサービスで、Googleの他のサービスとの統合性が非常に高いのが特徴です。

ドキュメント、スプレッドシート、スライドなどのオンラインオフィスツールも提供しており、共有や共同作業が容易に行えます。

また15GBまでのストレージは無料で利用できます

Googleの他のサービスを頻繁に使用するか、またはチームでの共有や共同作業が必要な人におすすめです。

Evernote
特徴 向いている人
  • 情報の整理と保存に特化
  • 様々なフォーマットのデータを保存可能
  • さまざまなフォーマットで活用する必要がある人

Evernoteはノートを取るためのアプリケーションで、情報の整理と保存に重点を置いています。

ノートにはテキスト、画像、音声、PDFなど様々なフォーマットのデータを保存できます

また検索機能が非常に優れており、ノート内のテキストや画像内のテキストも検索可能です。

さまざまなフォーマットで情報の整理や保存したい人におすすめです。

OneDrive
特徴 向いている人
  • Microsoft Officeとの互換性が高い
  • Windowsユーザーにとって使いやすい
  • Microsoftのサービスが中心の人
  • Windowsユーザー

OneDriveはMicrosoftが提供するクラウドストレージサービスで、Microsoft Officeとの互換性が高いのが特徴です。

またWindows 10・11に始めからインストールされているので、Windowsユーザーはすぐに使うことができます

Microsoftのサービスが中心の人、またはWindowsユーザーにおすすめです。

会計・税務系

請求書作成や確定申告を簡単にしてくれるのが会計・税務系のサービスです。

おすすめは以下のものがあります。

  • 弥生
  • freee
  • INVOY
弥生
特徴 向いている人
  • シンプルで使いやすい
  • 初めての人でも使える
  • 初めて会計ソフトを触る人

弥生はそのシンプルな操作性と初心者に優しいインターフェースから、初めて会計や経理に取り組むフリーランスに最適なソフトウェアといえます。

直感的なレイアウトと明確なガイダンスのおかげで初めて会計ソフトを触る人でも迷うことなく確定申告が可能です。

弥生は税金計算などの複雑な計算を自動で行ってくれるほか、用語の解説も画面上で確認できます。

ただしシンプルで初心者向けということもあり、ビジネスが拡大しより複雑な会計処理が必要になると、弥生だけでは対応できない可能性もあるので、成長具合に合わせてソフトを変えていくことも有効です。

freee
特徴 向いている人
  • 自動化機能が充実
  • レシート撮影などで経費入力ができる
  • 銀行口座との自動連携など手間を減らすことができる
  • 会計管理を自動化したい人
  • 複数の口座やクレジットカードを保有している人

freeeはさまざまな自動化機能を実装しており、煩雑な会計処理を大幅に簡素化し手間を削減できます

レシートの撮影による経費入力や、銀行口座との自動連携などの機能は、手動で行う作業を大幅に削減し、時間を節約することが可能です。

freeeは複数の口座やクレジットカードを保有していて会計を自動化したい人に特におすすめのソフトです。

ただしfreeeは高度に連携できる分、操作が若干複雑なので最大限に活用するためには使い込んで慣れていく必要があります

INVOY
特徴 向いている人
  • 請求書・見積書作成が簡単
  • 自動で請求書を作成・送信
  • 複数のクライアントを抱えている人

INVOYは請求書や見積書の作成が簡単にできる優れたソフトです。

源泉徴収や外税内税なども計算式を入れることなくでき、クライアントに合わせた形式で請求書を作ることができます。

INVOYは多くのクライアントから仕事を受け、請求書の管理が大変なフリーランスに最適なソリューションといえるでしょう。

タスク管理・仕事効率化

タスク管理・仕事効率化のおすすめサービスは以下のものがあります。

  • asana
  • Notion
asana
特徴 向いている人
  • プロジェクト管理に特化
  • 複雑なタスクやチームワークを効率的に管理できる
  • 複数のプロジェクトや大規模なタスクを同時に管理する必要がある人

asanaはプロジェクト管理に特化したツールで、複数のプロジェクトや大規模なタスクを同時に管理する必要がある場合に有用です。

視覚的に判断しやすいインターフェースと詳細なタスク追跡機能のおかげで複雑なプロジェクトでも確実に進行状況を把握し、効率的に作業を進めることができます。

また複数のメンバーとの協働作業も支援できるので、チームプロジェクトの管理にも適しています。

最初にメンバー全員がasanaの使い方を学習する必要はありますが、複雑なプロジェクトや大規模なタスクの管理が必要なフリーランスにはおすすめです。

Notion
特徴 向いている人
  • 様々な機能が1つに統合されている
  • 情報の整理・管理がしやすい
  • 複数人にまたがるプロジェクトを管理したい人

Notionは多機能性と高いカスタマイズ性が特徴のプロジェクト管理ツールです。

ノート作成、データベース作成、タスク管理など幅広い機能を一つのプラットフォームに統合し、情報を一元管理できます。

またNotionのテンプレート機能を活用すれば、特定のタスクやプロジェクトのフローを自動化することができ、時間を節約することもできます。

Notionもasana同様に使いこなすまでにある程度勉強する必要がありますが、他の人のタスクを管理し、プロジェクトを進めるには最適なツールの一つです。

スキル向上・教育系

フリーランスにとってスキル向上は必須といえます。

ここではスキル向上・教育系のサービスを紹介していきます。

総合スクール

総合スクールのおすすめは以下の通りです。

  • Schoo
  • ストアカ
  • ヒューマンアカデミー
Schoo
特徴 向いている人
  • ライブオンライン講座が豊富
  • 専門知識を深められる
  • 新しいスキルを学びたい人
  • 自身の専門知識を深めたい人

Schooはオンライン講座が豊富で、新しいスキルを学びたい、自身の専門知識を深めたいフリーランスに最適なプラットフォームです。

講座の範囲はビジネススキルからプログラミング、デザインなど多岐にわたるのも特徴の一つです。

オンライン講座なので自宅や好きな場所から受講でき、自分のペースで学習できるため、忙しいフリーランスにも最適です。

ストアカ
特徴 向いている人
  • 高い受講者満足度
  • ビジネスから趣味まで豊富なジャンル
  • 新しい趣味やスキルを探している人

ストアカは新しい趣味やスキルを探しているフリーランスに最適なプラットフォームです。

98.1%と非常に高い満足度を誇り、ビジネスから趣味まで480ものジャンルがあります。

クラスは様々なカテゴリーにわたり、芸術から科学、ビジネススキルまで、個々の興味やニーズに合わせて選択することができます

また直接講師とやりとりすることで、具体的な質問をしたり、実践的なフィードバックを受けられることもメリットです。

ヒューマンアカデミー
特徴 向いている人
  • 多種多様なプロフェッショナルコース
  • 専門性を高められる
  • 特定の分野でプロ並のスキルを習得したい人
  • キャリアチェンジを考えている人

ヒューマンアカデミーは多彩なプロフェッショナルコースが用意されているので、プロ並みのスキルを身につけたい人やキャリアチェンジを考えている人におすすめの学習プラットフォームです。

コースはデザイン、プログラミング、ビジネススキルなど多岐にわたり、専門的な資格取得を目指すコースもあります。

自身のスキルを公認の資格によって証明したい方にも有用です。

専門性の高いコースが中心なので、時間とコストはかかりますがキャリアアップ、スキルアップしたいフリーランスには特におすすめのスクールといえます。

プログラミング系

プログラミング系のおすすめは以下の通りです。

  • TECH CAMP
  • Tech Academy
  • WEBMARKS
TECH CAMP
特徴 向いている人
  • 実践的なプログラミングスキルを身につけることができる
  • メンターによる個別サポートが充実
  • 就職やフリーランスへの道もサポート
  • プログラミング初心者やスキルアップしたい人
  • キャリアチェンジを考えている人

TECH CAMPはプログラミングをゼロから学びたい方やスキルアップを目指す人に向いています

個別のメンターサポートが強みで、学びながらも困ったことやわからないことがあればすぐに専門家に質問できます。

就職やフリーランス活動へのサポートも充実しているため、キャリアパスの設計にも利用できます

Tech Academy
特徴 向いている人
  • 多種多様なプログラミング言語や技術をオンラインで学べる
  • フレキシブルな学習スケジュール
  • 24時間365日のチャットサポートで、質問や疑問を即座に解決できる
  • 自分のペースで学びたい人
  • プログラミングでスキルアップしたい人

Tech Academyは自分のペースで学びたい人やプログラミングでスキルアップしたい人におすすめのスクールです。

多種多様なプログラミング言語や技術を学ぶことができるため、特定のスキルを強化するための学習にも適しています。

また24時間365日のチャットサポートがあるため、いつでも質問して疑問点を解消することができます

またオンライン講座のため仕事を続けながらでも学習を続けられます。

WEBMARKS
特徴 向いている人
  • プロジェクトベースで学べる
  • 他の学習者と情報交換が可能
  • 実際の仕事に近い形でスキルを磨くことができる
  • 実務経験を積みながら学びたい人
  • SEOのスキルを身につけたい人

WEBMARKSはWebマーケティング業界で必須とされるSEOのスキルを身につけられるSEO特化型のWebマーケティングスクールです。

未経験からでも3ヵ月でプロのWebマーケターを目指すことができ、就業サポートや副業案件サポートを受けることができます。

実際のプロジェクトを通じて学習するため、単に技術を学ぶだけでなく、どのように実際の仕事に適用するかまで理解できます。

またコミュニティ機能を通じて他の学習者と情報を交換することも可能で、チームでの開発経験を得ることができます。

\未経験からでも3ヵ月でプロのWebマーケターを目指せる/

WEBMARKSの詳細はこちら

オンラインサロン・セミナー

オンラインサロン・セミナーのおすすめは以下の通りです。

  • StockSunサロン
  • PROGRESS
  • 人生逃げ切りサロン
StockSunサロン
特徴 向いている人
  • 豊富な動画教材
  • 案件の情報が豊富
  • フリーランス同士で交流できる
  • スキルアップしたい人
  • 人脈を作りたい人

StockSunサロンはStockSun株式会社の取締役である株元祐己が運営しているオンラインサロンです。

高頻度で動画教材を更新しており、隙間時間で勉強できることが評判を呼んでいます。

自己啓発系のサロンではなく、実際の業務に生かせる実践的なスキルを学べることも特徴です。

また会員にのみ提案される案件も豊富です。Web関連のほとんどの仕事が紹介されていると言っても過言ではないでしょう。

会員同士の交流も盛んなため人脈を広げたい人にも向いています。

また、オンラインサロンではありませんが、SEOラウンジPROでは、SEOのより実践的なスキルを学ぶことが可能です。

\250以上のコンテンツを見放題!実務に生かせるスキルの習得が可能/

StockSunサロンを確認する

\1対1の丁寧なフィードバックあり!8週間でSEOを習得!/

SEOラウンジPROを確認する

PROGRESS
特徴 向いている人
  • 中田敦彦氏の主催の大規模なサロン
  • 圧倒的なコンテンツ量
  • 中田敦彦氏の生配信が観られる
  • 中田敦彦のファン
  • さまざまな知識を習得したい人

PROGRESSは芸人の中田敦彦氏が運営するオンラインサロンです。

中田敦彦氏の「学ぶって楽しい」をコンセプトにさまざまなジャンルの勉強会を実施しています。

中田敦彦氏のファンの方や幅広く知識を習得したい人におすすめのサロンです。

人生逃げ切りサロン
特徴 向いている人
  • リーズナブルな会費
  • わかりやすい教材
  • 目的別に勉強しやすい
  • フリーランスになるための勉強がしたい人

人生逃げ切りサロンはやまもとりゅうけん氏が運営するフリーランスのためのオンラインサロンです。

フリーランスになって人生を逃げ切ることをコンセプトにワンダフルステップという勉強会をオンラインで開いています。

リーズナブルな会費とわかりやすい教材でこれからフリーランスになる人が環境を整えるのに向いているサロンです。

ビジネスに生かせるスキルを習得できるオンラインサロンは、次の記事でより詳しく紹介しています。

関連記事

ビジネス系オンラインサロン人気おすすめ7選【おすすめのサロンや後悔しない選び方を紹介】

ビジネス系オンラインサロン人気おすすめ7選【おすすめのサロンや後悔しない選び方を紹介】

Read More

メンター・コーチングサービス【BizMentor】

特徴 向いている人
  • ビジネスメンターに特化
  • 経験豊富なメンターからのアドバイスが受けられる
  • ビジネススキルを向上させたい人
  • 課題を解決する糸口が欲しい人

BizMentorはフリーランスのビジネススキルの向上に重点を置いています。

一対一のメンターシップと経験豊富なメンターによるビジネス指導は、ビジネス課題を解決したいフリーランサーや自分のビジネスを次のレベルに引き上げたい人に特に向いています

特にスタートアップや新規事業を始めたいと考えている人にとって、BizMentorのサービスは非常に心強いものとなります。

コラボレーション・コミュニケーション系

フリーランス向けのコラボレーション・コミュニケーション系のサービスを紹介していきます。

ビデオ会議・チャットツール

ビデオ会議・チャットツールのおすすめは以下の通りです。

  • Zoom
  • Slack
  • Chatwork
Zoom
特徴 向いている人
  • スムーズなビデオ通話
  • 大規模なウェビナーの実施も可能
  • リモートワークや複数人と打ち合わせする必要がある人全て

Zoomはリアルタイムのビデオ通話に強みを持つサービスで、遠隔での会議やプレゼンテーションに必要な全ての機能を有しています

大規模な人数が参加するウェビナーでの利用も可能で、多くのオンラインサロンや企業で採用されています。

またビデオや音質のクオリティも高く明瞭なコミュニケーションが可能なことも利点の一つです。

クライアントとの打ち合わせの際に利用することも多いので、フリーランスにとって必須のツールともいえるでしょう。

Slack
特徴 向いている人
  • リアルタイムでコミュニケーションが取れる
  • 音声やビデオなどでもコミュニケーション可能
  • 過去のメッセージをすぐに検索できる
  • チームメンバーと定期的にコミュニケーションを取る必要がある人

Slackは日常的なコミュニケーションと協力作業に強みを持つツールでリアルタイムでコミュニケーションが可能です。

またプロジェクトごとにチャンネルを作成可能で、複数のクライアントとやりとりする場合でも情報を整理しやすくなります。

プロジェクトベースの作業をする場合や複数のプロジェクトを同時に管理する場合には非常に役に立ちます

さらにGoogleドライブやSkypeなど他の多くのツールと連携可能なことも大きな利点です。

Chatwork
特徴 向いている人
  • 使いやすいインターフェース
  • タスクとコミュニケーションを一元管理可能
  • タスクやコミュニケーションを一元管理したい人

Chatworkはコミュニケーションとタスク管理を統合したサービスです。

会話の中で直接タスクを割り当て、その進行を追跡する機能は他の人と連携して作業する場合に非常に便利です。

また初めての人でも使いやすいインターフェースなので、メンバーの中で利用するのが初めての人がいても問題となる可能性は低くなります。

プロジェクト管理・共同作業ツール

プロジェクト管理・共同作業ツールのおすすめは以下の通りです。

  • NotePM
  • Backlog
NotePM
特徴 向いている人
  • 高度なカスタマイズ
  • タスクの自動化
  • 一目で進捗管理が可能
  • 複雑なプロジェクトを管理する必要がある人
  • リモートでチームと協力して作業する人

NotePMはそのカスタマイズ機能と自動化機能により、複雑なプロジェクトの管理に強みを持っています

それぞれのプロジェクトやタスクに合わせてツールを最適化することができ、ルーチンのタスクを自動化することで時間を節約できます。

一元管理しやすいインターフェースのため全体像を一目で把握することが可能です。

クラウドベースで作業を進められるので、リモートワークなどのフレキシブルな作業スタイルに適しています。

NotePMは複雑なプロジェクトを管理したり、リモートでの協働が多い人やチームにとって非常に有用なツールです。

Backlog
特徴 向いている人
  • プロジェクト管理とバグ追跡
  • Ganttチャート
  • ソースコード管理
  • ソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャー

Backlogはプロジェクト管理とバグ追跡を一元化し、Ganttチャートを使用してプロジェクトのスケジューリングと進捗を視覚的に表示できるツールです。

主にソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャーが使用するので、プロジェクトの遂行に強みを持っています。

さらにソースコードのバージョン管理機能はソフトウェア開発チームにとって非常に有用であり、チーム間のコミュニケーションツールとしても機能します。

以上の特徴からソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャー、またはプロジェクトの進行状況を詳細に追跡したい人やチームで働く人にとってBacklogは強力なツールとなります。

コメント機能付きツール

コメント機能付きツールのおすすめは以下の通りです。

  • aum
  • Googleドキュメント
aun
特徴 向いている人
  • シンプルな操作で誰でも使いやすい
  • ビジュアルで修正指示が可能
  • サイトなどを直接取り込んで画面上にコメントが付けられる
  • Webサイトや記事の修正依頼をよくする人

aunはシンプルな操作で修正依頼やコメントを入れるためのツールで、サイトなどを直接取り込んで画面上にコメントが付けられることが特徴です。

サイト上の実際の画面で修正を入れたい場所に直接コメント入れられるので、間違いや齟齬が発生しにくくなります。

ディレクターなどのWebサイトや記事に修正依頼をよく行う人に向いています。

Googleドキュメント
特徴 向いている人
  • 複数のユーザーが同時に作業可能
  • リアルタイムで反映
  • GoogleDriveと連携
  • リアルタイムで作業したい人
  • どこからでも作業したい人
  • 予算をかけたくない人

Googleドキュメントはリアルタイムでの共同作業が可能で複数のユーザーが同時に文書を編集することができます

Googleドキュメントはクラウドベースのツールなので、どこからでもアクセスが可能でありデータの喪失を防げます。

また基本的な機能は無料で利用できるため、低コストで高品質な文書作成ツールを手に入れることができます。

スペルチェック、翻訳、音声入力などの機能も含まれており、上手く活用すればコストを抑えてクオリティの高い納品が可能となります。

マーケティング・販売促進系

マーケティング・販売促進系のサービスを紹介していきます。

SNS管理・分析ツール【ZOHO Social】

特徴 向いている人
  • 全てのSNSを一元管理可能
  • スケジューリング機能
  • データ分析
  • 複数のSNSを運用しているマーケティング担当者
  • 分析データを活用したい人
  • 投稿スケジューリングで効率化したい人

ZOHO SocialはSNSの一元管理ツールとして非常に優秀です。

複数のSNSを同時に管理できるため、マーケティング業務の効率化に役立ちます。

また投稿スケジューリング機能により、事前に投稿を予定し自動的に更新することが可能です。

さらに詳細なSNSのパフォーマンス分析により、ビジネス戦略の最適化に活用することができます。

メールマーケティングサービス【blastmail】

特徴 向いている人
  • 簡単操作で一斉送信
  • メール開封率などの分析
  • メールマーケティングを活用したい人
  • メールマーケティングの成果を分析したい人

Blastmailはメールマーケティングの簡略化に重点を置いています

メールリストの管理と一斉送信を簡単に行い、カスタマイズ可能なテンプレートを使用してメールデザインを自由に作成できます。

さらに、キャンペーンの追跡と分析機能により、メールのパフォーマンスを詳細に追跡し、ビジネス戦略の改善に活用することができます。

SEO・ウェブ分析ツール【Ahrefs】 

特徴 向いている人
  • 詳細なSEO分析
  • キーワードリサーチ
  • バックリンク分析
  • SEOのマーケティング担当者
  • 効果的なキーワードを知りたい人
  • バックリンクを分析したい人

AhrefsはSEO分析ツールの一つで競合他社のSEO戦略の分析が可能で、自社のSEO戦略を改善するのに役立ちます

またキーワードリサーチ機能を使って、人気のあるキーワードやフレーズを見つけることができます

これは自社のコンテンツ戦略に有効に活用できます。

さらにバックリンク分析機能を利用して、自社サイトへのバックリンクを詳細に分析し、SEO効果を最大化するためのヒントを得ることができます

SEO戦略の最適化に関心があるマーケティング担当者や、キーワードリサーチ、バックリンク分析に興味がある人にとって非常に有用です。

ウェブサイト制作・管理ツール【WordPress】

特徴 向いている人
  • 高いカスタマイズ性
  • SEO向き
  • ブログやサイトとしてのスタンダード
  • 自分のサイトを作りたい人
  • SEOを重視する人

WordPressはWebサイト作成と管理のための非常に人気のあるプラットフォームです。

カスタマイズ性が非常に高く、数千のテーマとプラグインによって自分好みのサイトを作り上げることが可能です。

また多数のSEO強化プラグインが利用可能で、SEOを重視するユーザーにとっては大きなメリットとなります。

さらにWordPressは大規模なユーザーコミュニティを持っており、問題が発生した際にはそのコミュニティからサポートを受けることができます。

自分のウェブサイトを自由にカスタマイズしたい人、SEOを重視する人、豊富なコミュニティサポートを活用したい人にとって、WordPressは非常に適したプラットフォームといえます。

オンラインアシスタントサービス【フジ子さん】

特徴 向いている人
  • アシスタントの水準が高い
  • 同業他社よりもコストが低め
  • 事務作業に手が回らない人
  • 雑務に手が回らない人

フジ子さんは高水準のアシスタントをコスパよく利用できるオンラインアシスタントサービスです。

スケジュール管理や日常的な管理業務を手伝ってもらうことで、コア業務に集中しやすい環境を構築できます。

またフルタイムのアシスタントを雇うよりもコストがかからないため導入しやすいというメリットもあります。

事務作業などで時間がかかっている人や管理業務にかかる時間を削減したい人、またはコスト効率の良い支援を求めている人にとってフジ子さんは非常に有用です。

保険系

保険の代表的な企業を紹介していきます。

損害保険【FREENANCE】

特徴 向いている人
  • 業務遂行中の事故などを補償
  • FREENANCE会員に無料で付帯
  • 事故や納品物によるトラブルに備えたい人

FREENANCEでは会員に無料で付帯できる損害賠償保険が用意されています

業務遂行中に相手に怪我をさせてしまった、納品したプログラムが原因でクライアントのシステムがダウンしてしまったなどの場合には損害賠償を請求されることがあります。

そんなときに被害金額を保障してくれるのがFREENANCEの付帯サービスの「フリーナンスあんしん補償」です。

FREENANCEは保険の他にも報酬の先払いなどにも対応しているので、登録してみることをおすすめします。

健康保険・医療保険【チューリッヒ生命】

特徴 向いている人
  • ニーズに合わせて必要な補償が選べるので無駄がない
  • 入院だけを保障することもできる
  • 無駄なく保険に入りたい人

チューリッヒ生命は世界的な保険グループであるチューリッヒ保険グループの傘下にある企業です。

幅広い保険商品を展開していることで定評がありますが、医療保険ではニーズに合わせて必要な補償を選ぶことができる点が強みです。

入院だけを保障するといったことも可能で、加入者の納得感が高い保険を提供しています。

生命保険【明治安田生命】

特徴 向いている人
  • ニーズに合わせた多様なプラン
  • 信頼の実績
  • 丁寧なサポート
  • 安心して保険をかけたい人

明治安田生命は生命保険、医療保険、年金保険、がん保険、傷害保険などの幅広い保険商品を提供する日本を代表する大手生命保険会社です。

生命保険は個々の顧客のニーズに対応した多様なプランを提供することが特徴で、保障額や保障期間、支払い方法などを顧客自身が選択できるオプションが充実しています。

長年にわたる業績と実績により明治安田生命は高い信頼性を誇り、安心して保険を利用することができます。

さらに保険に関する質問や問題に対応するための顧客サポートも充実しており、電話やウェブサイトを通じて安心して問い合わせることができます。

保険相談・見直しサービス【保険見直しラボ】

特徴 向いている人
  • 全国展開の訪問型保険相談サービス
  • ベテランコンサルタント揃い
  • 約30社の保険会社からオーダーメイド
  • 保険の見直しが必要だが、時間がない人

保険見直しラボは全国に展開している訪問型保険相談サービスです。

一般的に保険見直しのサービスと聞くと、店舗に顧客が赴くイメージもあるかもしれませんが、保険見直しラボではベテランコンサルタントが指定の場所まで来て相談に乗ってくれます

加入していることを忘れている保険や、内容を理解していない保険などを洗い出し、自分の生活にあった保険を提案してくれるので、無駄を省きたい人にはぴったりのサービスといえるでしょう。

フリーランス向け福利厚生【fukurint】

特徴 向いている人
  • スキルアップのための支援が充実
  • 福利厚生のバランスがいい
  • フリーランスなら全員サポートを受けられる
  • 福利厚生サービスを利用したい人

fukurintは19年以上の豊富な経験を誇る人材派遣会社のINTLOOP社が運営している福利厚生プログラムです。

生活支援やキャリアアップなど豊富な選択肢を提供する福利厚生プログラムで、フリーランスなら業種を問わずサービスを受けることができます

スキルアップ支援だけでなく、税金などの問題にも全面的なサポートも提供しています。

またfukurintはINTLOOP社が運営する4つのサービスに登録によって無料で利用できます。興味がある人はまず案件紹介サービスを見てみることをおすすめします。

ファイナンス系

ファイナンス系のサービスを紹介していきます。

個人事業主向け融資サービス【日本政策金融公庫】

特徴 向いている人
  • 低金利
  • 政策による支援
  • 長期の返済が可能
  • 保証人が不要なこともある
  • 災害支援を受けられる
  • 新規に事業を興そうとする人
  • 地域の活性化などを目指している人。

日本政策金融公庫の最大のメリットは、一般的な金融機関と比較して低い金利で長期間の融資を受けられる点です。

これは新たな事業を始める場合や長期的な資金調達が必要な場合に非常に役立ちます

さらに公庫の融資対象は幅広く、小規模事業者や農林漁業者、地方創生等の分野に対しても融資が受けられます。

日本政策金融公庫は日本政府が支える公的な金融機関であるため、信用力が弱い個人事業主や小規模事業者も融資を受けることが可能です。

また公庫では事業計画や資金調達について専門的なアドバイスを受けることができ、経営についての知識が少ない人にとって大きな助けとなります

日本政策金融公庫は資金調達が必要な個人事業主や企業、小規模事業者や地方で事業を行いたい人、長期間の資金調達が必要な人などにとって非常にありがたい融資機関といえます。

事業扶助制度・助成金【IT導入補助金】

特徴 向いている人
  • ITシステム導入の負担軽減
  • ビジネスの効率化
  • IT系のシステムが必要で起業したい人

IT補助金はITシステムの導入や改善に関連する費用を軽減することができるという大きなメリットがあります。

これを利用することで経済的な制約がある企業や個人事業主でもITを活用してビジネスを推進することが可能となります。

またITの導入は、業務の効率化やデジタル化を推進する手段となり、時間や人員の節約、ミスの減少、データ分析などに繋がります

さらにIT補助金を利用することで最新のテクノロジーを採用し、ビジネスのイノベーションを高められる可能性もあります。

カードローン・キャッシング【アイフル】

特徴 向いている人
  • 融資が早い
  • 審査基準が柔軟
  • 急ぎで資金が必要な人
  • 他で融資を受けられなかった人

アイフルを含めたキャッシングサービスは融資までの時間が早く、審査基準が柔軟であるというメリットがあります。

オンラインで申し込み可能なため対面でのやりとりもなく、必要書類を提出して審査を通れば融資を受けることができます。

急ぎで資金が必要な人や他で融資を受けられなかった人におすすめとまでは言いませんが、やむを得ない場合の最後の手段として覚えておいてもよいでしょう。

口座・決済サービス【ぽちPAY】

特徴 向いている人
  • 月額0円で導入可能
  • 決済手数料が3.24%と安価
  • クレジットカード・銀行振込の両方に対応
  • 自分のサービスや商品を販売しようとしている人

ぽちPAYはSBIグループの一つである株式会社ゼウスが展開する決済サービスです。

最大の特徴は月額料金が不要で導入できる点にあります。

また決済手数料も3.24%と安価であるため多くのフリーランスや個人事業主が導入しています。

クレジットカードと銀行振込の両方に対応している上に、レッスン代のように月謝の回収も簡単にできることもメリットの一つです。

これから自分のサービスや商品を販売しようとしている人にはぴったりのサービスといえるでしょう。

フリーランスとして続けるコツ

フリーランスとして活動を続けるコツを解説していきます。

自己管理する

フリーランスとして成功するためには自己管理が不可欠です。

時間の管理、お金の管理、健康の管理など会社員時代には組織にやってもらっていたことを全て自分でやる必要があります。

フリーランスは基本的に有休も病欠もないので、身体が資本です。

そのため会社員のときよりも健康管理に気を遣う必要が出てきます。

特に在宅ワークで出勤がなくなると運動不足になりがちです。

座りっぱなしの生活は健康に影響を及ぼす可能性もあるので、定期的に運動をしたりジムに行ったりと身体を動かす習慣をつけましょう。

また給料という形で毎月振り込まれることもなくなるので資産管理や支出の管理も必要となります。

仕事のスケジュール組みも優先順位を付けてオーバーワークにならないように注意しましょう。

自分から発信する

SNSやブログなどで自分から発信することは新しいクライアントとの接点の増加やポートフォリオとして提出するよい材料となります。

自身のスキルや知識を発信するにはブログの更新、ソーシャルメディアの活用、オンラインイベントに参加するなどの方法があります。

自分でサービスを展開する場合もSNSやネットを駆使して露出を増やす必要があるので、積極的に自ら発信する癖をつけておくとよいでしょう。

専門性とスキルの向上

専門性とスキルの向上はフリーランスの生命線と言っても過言ではありません。

特に日進月歩のインターネット関連の知識は数年経てば陳腐化し、通用しないこともあります。

常に自らを高め、貪欲に知識を吸収する姿勢があればクライアントからの評価も上がり、継続した案件獲得や単価アップに繋がります。

市場での競争力を高めるためにも自己研鑽を怠らないようにしましょう。

よいクライアントと関係を構築する

良好なクライアントと関係を構築することは収入とメンタルの安定によい影響を及ぼします。

よいクライアントと関係を構築するにはまず信頼される必要があります。

信頼を築くには約束や納期を厳守し、期待以上の成果を挙げること、フィードバックを素直に受け入れることなどの一見当たり前の行為が必要です。

リスクを管理する

フリーランスは自由な反面、不安定であることは否めません。

プロジェクトが終了する、他のフリーランスに依頼が行く、クライアントが倒産するなどさまざまなリスクが想定されます。

リスクに対処するためには複数のクライアントとの関係を築く、保険をかける、貯蓄をしておくなどの準備が必要です。

不確実な状況で仕事を続けると精神を消耗します。

避けられるリスクは事前に摘んでおきましょう。

メンタルを管理する

フリーランスとしての生活は自由度が高い一方で、ストレスや孤独感を感じることもあります。

メンタルヘルスのケアは仕事のパフォーマンスと生活の質に直結しています。

定期的にリラックスできる時間を取る、趣味や運動に時間を割く、または必要であれば専門家に相談するなどして、心身の健康を維持することが重要です。

精神は肉体同様フリーランスとして活動していくために健全に保たなければなりません。

フリーランス向けのお役立ち情報を発信する特化型メディアについてもよろしければご確認ください。

関連記事

フリーランス特化型メディア「ノマド家」にてStockSunサロンが紹介されました

フリーランス特化型メディア「ノマド家」にてStockSunサロンが紹介されました

Read More

まとめ:フリーランスとして活躍し続けるために最適なサービスを選ぼう

以上、フリーランス向けのサービスを一挙に紹介してきました。

日々新しいサービスが生まれて、フリーランスとして働きやすい環境が整ってきていますが、肝心なことは自分に合ったサービスを利用してフリーランスとしての成果を最大限に出せるようにすることです。

やみくもにあれもこれもと導入するのではなく、自分が今何に困っていて、どのサービスなら解決できるかということを念頭に置いてサービスを選びましょう。

「実務に生かせるスキルを身につけ、自分の市場価値を高めたい」
「高額な案件を獲得したい」

そのような目的がある方は、SEOラウンジPROやStockSunサロンがおすすめです。

スキルの習得や案件獲得だけでなく、ビジネスを成功させるうえで欠かせないコミュニケーションの取り方も学べます。 自己啓発系や表面的な知識ではなく、実務で生かしていただける知見やノウハウを提供しております。

社長クラスの優秀な人材が集まるSEOラウンジPROやStockSunサロンに入会し、新しい世界を開拓しましょう。

\250以上のコンテンツを見放題!実務に生かせるスキルの習得が可能/

StockSunサロンを確認する

\1対1の丁寧なフィードバックあり!8週間でSEOを習得!/

SEOラウンジPROを確認する


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。