メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

ECサイトリニューアルの極意!売上アップ出来るリニューアルの進め方

更新日
ECサイトリニューアルの極意!売上アップ出来るリニューアルの進め方

近年ではインターネットで買い物ができるECサイトは、ショッピングの主流になってきています。野村総合研究所の調査によると、年1回以上インターネットショッピングを利用する人の割合は、2015年が「49%」、2018年が「58%」、2021年が「68%」と増加傾向です。そのためユーザーのニーズを満たしたECサイトの運営は、売上向上に必要不可欠な要素と言えるでしょう。
「ECサイトの売上が向上しない」「ECサイトのデザインが古い」「商品の種類が増えたので使い勝手が悪い」など、ECサイトを運営しているとさまざまな課題に直面します。ECサイトは一度構築すれば終わりではありません。ユーザーのニーズや扱う商品の種類に合わせて、リニューアルしていくことが必要です。
この記事では、ECサイトリニューアルのタイミングや方法、戦略的なポイントなどを紹介しています。
ECサイトのリニューアルを考えている場合、貴重な情報源となるでしょう。
参考記事:野村総合研究所「生活者1万人アンケートにみる日本人の価値観・消費行動の変化(Page32)

なお、弊社StockSunでは、格安でECサイトリニューアルをはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

ECサイトリニューアルのタイミングと重要性は?

ECサイトをリニューアルする一番の目的は「売上の向上」です。売上を向上するためにはユーザーのニーズに応え、ユーザーの満足度を上げることが重要となります。
ユーザーの満足度を上げるためには、ECサイトのデザインやセキュリティの強化、パフォーマンスの向上などが大切となるでしょう。
そのためECサイトをリニューアルするタイミングは、さまざまな要素を検討した上で実施する必要があります。

EC事業の成長に効果的なリニューアルタイミング

事業を成長させるための一つの方法として、ECサイトのリニューアルが考えられます。事業の拡大やコストの削減、セキュリティの強化などに取り組む場合です。

事業の拡大

事業を拡大する場合、ECサイトで取り扱う商品の種類が増えたり、新たな機能を拡張する必要が出てきたりします。既存のECサイトが拡張性を考慮して作られていない場合、リニューアルする必要があるでしょう。
既存のECサイトのまま付け足しで商品追加や機能追加する方法もありますが、使い勝手が複雑になったりパフォーマンスが落ちたりして、ユーザー側にも運営側にも良いことはありません。
事業を拡大していくのであれば、拡張性を考慮したECサイトにリニューアルするのが良いでしょう。

コスト削減

ECサイトにかかるコストを削減するのも、利益を確保する上で重要です。既存のECサイトにおいて、運用やメンテナンスのために多くのコストや労力が使われている場合が多くあります。
ECサイトの運用やメンテナンスに人員や時間を割くことなく、低コストで運営できるようなシステムにリニューアルすることが重要です。
運用費用やメンテナンス費用など、固定費となっている部分を省くことで、事業を成長させることが可能となるでしょう。

セキュリティ強化

セキュリティは企業の信用問題になるため、重要な要素です。セキュリティに問題がある場合、企業内部の機密データや顧客情報などが外部に漏洩してしまうことが考えられます。またデータを改ざんされたり、不正にアクセスされたりする危険性もあるでしょう。
このような問題が発生した場合、顧客からの信用を失うだけでなく法的な問題に発展する可能性もあるため、社会的に企業の信頼が損なわれてしまいます。
ECサイトのセキュリティを強化する場合は、ECサイトのリニューアルと運用面の強化が必要です。ECサイトを管理する従業員への教育、ECサイトのアクセス制限の見直し、バッチの適用、脆弱性の診断などを定期的に実施することが重要となります。

システム老朽化に対応するリニューアル時期

ユーザーの満足度を向上させるためには、パフォーマンスを向上したり機能を拡充したりする必要があります。次に示す状況が発生したタイミングでリニューアルを検討するのが良いでしょう。

老朽化

長く同じシステムを利用していると、システムの制約で新しいサービスを取り込めなかったりセキュリティを強化できなかったりする場合があります。またシステムが老朽化してくると、少しの変更や改修だけでも大がかりになってしまい、メンテナンス費用が大きくなる場合もあるでしょう。
システムが老朽化した場合、放置していても改善はされません。老朽化の問題が見えてきた場合は、迅速にリニューアルを行う必要があります。

機能不足

ECサイトの機能は、大きく分けて「注文前の処理」「注文後の処理」の2つです。注文前の処理とは、ユーザーに購入を進めたり促進したりするための機能になります。注文後の処理とは、受注の管理や発送の管理などです。

ECサイトの機能 説明
注文前の処理 直接ユーザーが触れる部分となるため、トレンドやユーザーのニーズに合わせた柔軟な対応をする必要があります。例えば最適なタイミングでオファーを出すマーケティングオートメーション機能や、SNSとの連携、検索機能の強化などです。それらを実現するための機能拡張が必要となるでしょう。
注文後の処理 事業の拡大に伴い、さまざまな要望に対応する必要があります。例えば出荷業務の効率化などです。ユーザーは注文後、すぐに商品が到着してほしいと考えています。

手動で注文データを出力し、データ形式を変換後に倉庫システムや基幹システムに入力しているなど、非効率な部分がある場合は自動化の検討が必要です。自動化することにより、注文から素早く出荷することができるようになるでしょう。

このようにECサイトを構築した当初に比べると要求事項が増えてくるため、機能の改善や拡張が必要となります。

既存のECサイトの機能不足が目立ってきた場合は、リニューアルを行い機能拡充する必要があります。

スマートフォン対応

ECサイトをスマートフォン経由で利用するユーザーが増えています。経済産業省の調査によるとECサイトをスマートフォン経由で利用しているユーザーは、2018年には「39.3%」でしたが、2021年には「52.2%」まで増えている状況です。今後も増加していくことが予測できます。
そのため、スマートフォンに対応したECサイトのデザインは必須と言えるでしょう。スマートフォンで見やすく操作しやすいデザインが重要です。
既存のECサイトがスマートフォンに対応していない場合は、リニューアルして対応する必要があります。スマートフォンに対応することで、多くのユーザーが快適に利用できるようになるでしょう。
参考記事:経済産業省「令和3年度 電子商取引に関する市場調査 報告書 - Page62

パフォーマンス低下

ECサイトが古くなってくると、データの読み込み速度や表示速度が遅くなってきます。このようにECサイトのパフォーマンスが悪いと、ユーザーが離脱する可能性が出てくるでしょう。
パフォーマンスが悪い場合、何が原因になっているのかを分析することです。表示データが大きいのか、サーバーとの通信速度が遅いのかなど、さまざまな原因が考えられます。
ECサイトの作りや仕組みが原因である場合は、リニューアルが必要です。パフォーマンスが悪いECサイトでは、ビジネスの拡大は難しくなるでしょう。

ECサイトをリニューアルする重要性とは?

ECサイトをリニューアルすることで、売上の拡大を図ることができます。トレンドやユーザーのニーズに合ったECサイトを構築することで、多くのユーザーが訪れるようになるでしょう。
またECサイトをリニューアルすることで、次のような効果を期待することができます。

効果

説明

ブランディング強化

ECサイトのデザインや使い勝手を刷新することで、ユーザーに対しての印象を高めることができます。つまり自社のブランディング強化につながるでしょう。

ブランディングが強化されると、他のサイトとの差別化ができたり認知度が広がったりするため、販売が拡大し売上向上につながる可能性が高いです。

導線の明確化

商品を閲覧、選択、購入までの導線が複雑になっている場合、ユーザーが途中で離脱する可能性があるでしょう。売上にも影響してきます。

ECサイトでは商品購入までの導線が整理されて分かりやすいものであれば、ユーザーはストレスなく操作が可能です。導線を明確化することが売り上げ拡大につながるでしょう。

例えば、ECサイトのリニューアルによって離脱率と購買率が30%改善した場合、売上も30%上昇すると言えます。

GMOの調査によると、ユーザーが1回あたりにECサイトで購入する金額は「2000円〜4000未満」です。またRecustomerの調査によると、購入率は「1.53〜2.36%」となります。

大まかな計算として、ECサイトでの購入金額を「3000円」、購入率を「2%」、訪問者数を「10000人」とした場合の売上は、60万円です。売上が30%上昇した場合は、78万円となります。

参考サイト:

GMO「ネットショッピングに関する実態調査

Recustomer「ECサイトにおける購入率

スマートフォン対応

スマートフォンに対応することで、多くのユーザーが訪れるECサイトとなるでしょう。昨今ではスマートフォンでインターネットを利用するユーザーが増えているためです。

総務省の調査によると、個人のインターネット利用率は「83.4%」、そのうちスマートフォンを利用する人は「68.3%」となっています。

つまりインターネットを利用する人だけで見ると「8割以上」がスマートフォンを使用している状況です。

売り上げ拡大のためには、スマートフォン対応は必須と言えるでしょう。

参考サイト:総務省「インターネットの利用状況

表示速度の向上

ECサイトをリニューアルした場合、必要な機能を整理して実装するため、表示速度などのパフォーマンスが改善されます。

ECサイトの表示速度は重要です。Amazonでは「表示速度が0.1秒遅延すると、売上が1%下がる」と言われています。

ユーザーにストレスを感じさせないECサイトにするためには、表示速度の改善は必須と言えるでしょう。

参考サイト:Accelia「ECサイトの売上アップに欠かせないページ表示速度の改善方法を解説

SEO効果

ECサイトリニューアルによって、サイト内の情報が整理されていると、検索エンジンの最適化(SEO)に良い効果を与えます。SEO効果が高まれば検索エンジンで上位表示されるため、集客増加が期待できるでしょう。

近年ではインターネットを利用する人が増え、サービスや商品を探す場合に検索エンジンを使用します。総務省の調査によると、大手検索エンジンのGoogleのシェアは「84.1%」となっている状況です。

検索エンジンで上位表示することで、多くの人にECサイトを知ってもらうことができ、裏下校上につながるでしょう。

参考サイト:総務省「情報通信分野の現状と課題-検索サービス

リニューアル前の準備と検討ポイント

既存のECサイトに課題や問題があった場合、リニューアルすることで解決が図れます。しかしリニューアルを安易に進めてしまうと、せっかく費用をかけたのに効果がなかったという結果になりかねません。
ECサイトをリニューアルする前には、適切な準備や検討をしておく必要があります。

予算と費用対効果を把握し適切なサービス選択

ECサイトのリニューアル費用は、サイトの規模やカート機能の変更有無、新たに追加する機能などによって異なります。また、依頼する制作会社によっても変わってくるでしょう。そのためリニューアルの目的を明確にし、搭載すべき機能と費用を検討する必要があります。
リニューアルの目的を決定する際には、リニューアルが必要となった要因を明確にすること
です。既存のECサイトにて、何が課題でリニューアルを実施することになったのかを明らかにします。そして最終的にどのような形を目標とするのかを明確にして、要件定義としてまとめることが大切です。まとめた内容は依頼書として制作会社に提示します。
リニューアルにかかる費用の内訳としては、次の項目です。

リニューアル費用内訳

説明

ディレクション業務

依頼者の要求を整理したり、ライター、Webデザイナー、システムエンジニアなどに指示を出したり、進捗管理を行ったりする業務です。

プロジェクトが円滑に進むように管理する費用となります。

SEO対策

SEO(検索エンジン最適化)対策のためのサイト設計やキーワード選定などを行う費用です。

コンテンツ制作

ECサイトに訪れたユーザーの要求を満たせるようなサイトの構造、情報の準備など、質の高いコンテンツを作る費用です。

ユーザーの満足度に直結する要素となります。

デザイン制作

ECサイトの見やすさや、使いやすさをデザインする費用です。訪れたユーザーが使いにくいと感じてしまうと、すぐに離脱してしまうでしょう。

使い勝手や見やすさは、重要な要素と言えます。

コーディング

ECサイトの各機能が問題なく動作するように、プログラムをコーディングするための費用です。

パソコンだけでなく、スマートフォンでも滞りなく動作するプログラミングが必要となります。

テスト

すべての機能が問題なく動作するか確認する費用です。Webブラウザにはさまざまな種類があります。どのブラウザであっても正常に動作すること、パソコンやスマートフォンでも正常に動作することを確認するフェーズです。

分析と運用

ECサイトをリニューアルした後、効果がどの程度あったのかを分析するための費用です。狙い通りの効果が得られたのか、予測よりも低い効果だったのかを分析します。

使いやすいデザインと機能の充実を目指す

ECサイトは、ユーザーが使いやすいデザインであることが必須となります。使いにくいと感じた場合、ユーザーはすぐに離脱してしまう可能性があるためです。
ユーザーが使いやすいと感じるのは、シンプルで整理されたデザインとなります。商品の情報を把握しやすいように「可読性」「視認性」を高めることが必要です。そのためには次のポイントがあります。

情報量を抑える

商品のページには当然、商品の情報が書かれています。商品の利点をユーザーに訴求するため、多くの情報を掲載してしまうと逆効果です。ユーザーは情報量が多いと読みにくく、負担に感じてしまいます。情報量が多い場合、ユーザーに読まれずにすぐ離脱されてしまうでしょう。
商品の説明や情報は、必要最小限に留めて要点だけにするのが良い方法です。また、画像を利用することで見やすいデザインになります。シンプルなページにすることが大切です。

カテゴリ分け

ECサイトで扱っている商品が多い場合、ユーザーが目的の商品を見つけるのが困難になることもあります。適切なカテゴリ分けが重要と言えるでしょう。
同じ属性や同じ性質の商品を1つのカテゴリに分類することで、整理することが可能です。いろいろな種類の商品を扱っている場合や、商品点数が多い場合は特にカテゴリ分けが重要となります。
分かりやすいカテゴリ分類がされているECサイトは、ユーザーの負担もなく使いやすいものになるでしょう。
またカテゴリ分けされた商品は、一定の規則性に基づく表示が重要です。ユーザー目線から見て、分かりやすい分類が重要となります。

十分な余白

多くの情報をユーザーに伝えたいと考えて文字や画像を詰め込んでしまうと、ユーザーが読みにくくなり逆効果になってしまいます。適度な余白を入れて、視認性を高めることが重要です。
例えば、文字の間や画像の間に空白を入れるなどになります。Webサイトでは、余白もデザインの一部です。ユーザーが見やすいように余白をうまく利用するのが良いでしょう。

ユーザー視点を組み込んだサイト改善プラン

ユーザーが訪れた場合、ECサイト内を見て回り商品の購入を決める流れです。ECサイトのデザインを考慮する場合、ユーザーが滞りなく商品を閲覧したり購入したりできる導線の設計が重要となります。
ユーザーが訪れた際の導線が悪かったり、購入までの手順が分かりにくかったりした場合、離脱してしまうことが考えられるでしょう。ユーザーが滞りなく商品購入まで進めるようなデザインが重要となるため、以下にポイントをまとめています。

ファーストビューの重視

ファーストビューとは、ユーザーがECサイトに訪れた時に最初に表示されるページです。ユーザーはファーストビューから得た情報や印象で、ECサイト内を回遊するか離脱するかを考えます。そのためファーストビューは重要な要素です。
ファーストビューでは、次の要素を重視する必要があります。

  • ユーザーが飽きないように頻繁にページを更新
  • ユーザーが理解しやすいようにキャッチコピーを表示
  • 商品の魅力が伝わる動画や画像を表示
  • ユーザーの関心や興味を刺激する情報

ファーストビューでユーザーが離脱しないように取り組むことが、ECサイトの売り上げ向上につながります。ECサイト内を回遊したくなるようなページを作り込むことが重要です。

画像の充実

ユーザーは多くの文字で書かれた情報よりも、画像を見た方が理解しやすいでしょう。ECサイトで扱っている商品は、画像を充実させることが大切です。商品の外観の画像だけでなく、実際に使っている画像や使った後にどのような状態になるのかが分かる画像も掲載するのが良いでしょう。ユーザーが実際に使用した場合をイメージしやすいためです。
例えば、食品の場合はおいしそうに盛り付けた画像、アパレルの場合はコーディネートした画像になります。

タップ数を少なくする

ECサイト内で商品を選択し、購入するまでのタップ数を少なくすることも有効です。何度もタップが必要なECサイトでは、ユーザーがストレスを感じてしまいます。
またボタンの配置や大きさ、デザインも重要です。分かりにくい場所にボタンがあった場合、ユーザーが探す必要が出てくるため、ストレスに感じてしまうでしょう。
購入までの導線がわかりやすく、少ないタップで進めるような設計にすることが重要です。

送料やお届け日などの情報を開示

ユーザーは欲しい商品を見つけた後、「実際にその商品はいつ届くのか」「送料はいくらなのか」など、購入後の情報が気になります。これらの情報はすべて開示しておくことが必要です。開示する情報としては次の項目になります。

  • お届け予定日
  • 発送方法と業者
  • 送料
  • ギフト包装の有無
  • 問い合わせ先
  • 店舗の所在地
  • 返品情報
  • プライバシーポリシー

これらの情報が不足している場合、ユーザーはECサイトに対して不信感を持ってしまうことも考えられます。結果として購入をやめる場合もあるでしょう。
ユーザーに開示しておくべき情報は、分かりやすい場所に漏れなく開示することが大切です。

回遊率を意識したデザイン

訪問ユーザーが、ECサイト内を回遊しやすいように構築することが大切です。ECサイト内にどのような商品があるのかなど、実店舗でのショッピングと同様に見て回ります。
多くの商品を見てもらい、「合わせ買い」ができる構造が重要です。回遊性を上げる場合のポイントとしては、次の内容があります。

  • 階層を浅く
  • ユーザーレビュー表示
  • 関連商品の表示
  • 分かりやすいカテゴリ分類
  • サイト全体メニューの設置

ユーザーが、ECサイト内の回遊を途中で辞めてしまわない設計やデザインが必要です。回遊性を上げることが、売り上げの向上につながります。

表示スピードを高速化

ECサイト内でユーザーがページ移動した際、ページの表示スピードが遅いとストレスに感じてしまいます。ユーザーが離脱してしまうこともあるでしょう。そのため、ページの表示スピードは重要な要素です。
ページの表示スピードは、さまざまな要素が影響しています。Webサーバーのスペックや表示する画像の容量、プログラムの複雑さなどです。また年月が経つにつれてページの表示スピードが落ちてくる場合もあります。
ページの表示スピードは定期的にチェックするのが良いでしょう。

成功へ導くリニューアル手順の完全解説

既存ECサイトの課題や問題点を明確にした後は、リニューアルに着手します。ECサイトの運営側の目線だけでなく、実際に利用するユーザーの目線、運営業務を担っているスタッフの目線を取り入れることが重要です。
特に運営業務を担うスタッフの意見を反映しないと、ECサイト業務の効率が悪くなったりトラブルやミスが頻発したりする可能性があります。各目線で検討を行い、企画書に反映していくのが良いでしょう。

明確な目的と成果を見据えた企画書作成

ECサイトをリニューアルする場合、ECサイトのコンセプトを再定義することが重要です。「誰に対して」「何を」「どのように」提供するのかを改めて決めなおします。
ECサイトの目標を設定する場合は、「ユーザーアクセス数の増加」や「購買率の向上」といった曖昧な内容ではなく、「月あたりのアクセス数を現状の20%向上させる」といった具体的な数値で設定することが大切です。
目標を設定し、それを達成するためのコンセプトを再定義することで方向性を決定づけていきます。
決定した内容は企画書にまとめていく形です。企画書には主に次のような内容を記載します。

  • ECサイトリニューアルの概要
  • 背景や目的、ターゲットの明確化
  • 既存ECサイトの課題や問題点、改善点
  • リニューアルした後の目標
  • 他のサイトの成功事例
  • スケジュールや予算

企画書はECサイトリニューアルの必要性、どのようにすれば効果的なのかの方法などを経営層に説明し理解を得るためのものです。そのため経営層に伝わる内容にする必要があります。

マーケティング施策と連携した運営企画

ECサイトをリニューアルする場合、マーケティング施策を見直すきっかけとなります。データを分析して的確に改善点を把握することで、効果的なマーケティング施策を展開することが可能となるでしょう。ECサイトの売り上げ向上のために、分析すべき指標の例を以下に示します。

  • アクセス数
  • 離脱率、直帰率、リピート率、コンバージョン率
  • 売上、利益
  • 会員数、客単価、ユーザー属性
  • LTV、CPA、ROAS、ROI

これらの指標から、改善すべき項目を見つけ出して対策します。マーケティングツールやアクセス解析ツールを利用すれば、リアルタイムにモニタリングすることも可能です。
また、運営を効率化することも大切な要素となります。売上が向上しても人的コストが向上していると、利益は変わりません。場合によっては利益が下がることもあるでしょう。効率の良い運営ができるような仕組みづくりを企画する必要があります。

効率的な実施スケジュールと進捗管理

ECサイトのリニューアルを進める場合、実施すべき項目をリストアップします。それらの実施順序をスケジュールとして決定する方法です。
また、作業内容によっては外部に委託する必要も出てくるでしょう。外部に委託する場合は、予算が重要なポイントの一つです。予算内で実施することができるか検討し、外部への委託を決定します。
既存ECサイトが老朽化しているなど、ECサイトのリニューアルが急務である場合は、長期のスケジュールは現実的ではありません。必要最低限の部分を優先して完成させ、部分リリースするなどの対策も必要となるでしょう。
ECサイトのリニューアルを開始した後は、進捗を管理する必要があります。リニューアルは、数ヶ月から1年以上かかる場合もあるでしょう。定期的に進捗状況を把握できるように、定例会などを開催することが必要です。
進捗が遅れている場合は、メンバーの増員やスケジュールの調整などを行います。

リニューアル後の運営と売上アップ戦略

リニューアル後は、リニューアルしたECサイトで目的を達成できているかどうかを分析することが重要です。分析の結果、不足があった場合は見直しを行い改善します。
また顧客満足度を向上させるための、ユーザーサポート体制の強化も重要な要素と言えるでしょう。

顧客満足度向上のためのサポート体制強化

ECサイトのカスタマーサポート強化は、満足度向上のために有効な手段です。スムーズな対応、的確な回答などが求められるでしょう。一つ一つの質の高い対応が、ユーザーの満足度につながります。
問い合わせしてもつながりにくい状況であったり、返答が遅かったりするとそれだけで印象が悪くなってしまうでしょう。最悪の場合、別のECサイトに乗り換えられることも考えられます。
また、カスタマーサポート業務を効率化する仕組みを構築することも重要です。サポートメンバーの負担を軽減し、ユーザーの満足度が向上できるような取り組みが大切と言えるでしょう。

最新データと分析を活用した運営改善

ECサイトをリニューアルしたが、期待通りの成果が出ない場合もあります。これはさまざまな原因が考えられるでしょう。リニューアル後の問題点を分析し、運用を改善していく必要があります。ECサイトを分析するための指標は次の通りです。

  • アクセス数
  • 離脱率、直帰率、リピート率、コンバージョン率
  • 売上、利益
  • 会員数、客単価、ユーザー属性
  • LTV、CPA、ROAS、ROI

また分析指標以外にも、リニューアル後の効果について以下の項目を確認するのも良いでしょう。

確認項目

説明

使いやすさ

ECサイトの読み込み速度が上がり、すぐに表示できているかどうかが重要です。またサイトのレイアウトが見やすく、ユーザーが情報を見つけやすくなっているかどうかも確認します。

情報の整理

ユーザーが欲しい商品を容易に探せるように、情報や商品が整理できているか確認します。フィルタリング機能や検索機能が重要となるでしょう。

商品プレゼンテーション

商品の魅力がユーザーに伝わる仕組みになっているか確認します。鮮明な画像、魅力的な画像を用いることが必要です。またセールスポイントや特典が適切に伝えられているかも重要となります。

購買プロセス

ユーザーが商品を購入する場合、少ないプロセスで分かりやすく購入まで誘導できているかを確認します。また支払い方法や発送方法のオプション選択が充実していることも重要です。

不要な入力項目の削除やワンクリック購入などの仕組みが有効となります。

他サイトとの差別化

他のECサイトと比較し差別化できているか確認します。ブランディングや商品の価値を明確に伝えることが重要です。

効果的な広告展開で売上アップ実現

ECサイトの売上を向上する方法としては、効果的な広告展開が重要です。効果的な広告展開は、集客力を上げることができます。集客力は次の要素が重要です。

集客力の要素

説明

サイト広告やプロモーション

リニューアル後のECサイトの特徴や魅力を積極的に宣伝することが大切です。またターゲットとするユーザーへのプロモーションや広告の展開も重要となります。

適切なチャネルを活用し、メールマーケティング、ソーシャルメディア広告、デジタル広告などで集客を促進する方法です。

SEO対策

ECサイトの検索順位を上げるための対策が必要です。メタデータの最適化やキーワードの選定、サイトの速度改善などを行います。リンクの構築やコンテンツの品質向上も重要です。

新しい情報の提供方法

ユーザーへの情報提供方法を工夫することで、集客率の向上が見込めます。魅力的な動画コンテンツ、ブログ記事、無料ダウンロード資料などでユーザーに価値を提供して集客する方法などです。

ECサイトのリニューアルならマキトルくんがおすすめ!

「効果的なECサイトのリニューアルの料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、ECサイトのリニューアルにおいてマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにECサイトのリニューアルを依頼できる
  • ECサイト全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにECサイトのリニューアルを依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにECサイトのリニューアルを依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、ECサイトのリニューアルを担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • ECサイトのリニューアルスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなECサイトのリニューアルが可能です。

Webマーケティング全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、Webマーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • ECサイトのリニューアルを内製化したい
  • コンバージョン率の高いECサイトのリニューアルしたい
  • ECサイトのリニューアルだけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにECサイトのリニューアルを依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

こ今回は、ECサイトリニューアルのタイミングやリニューアル方法、戦略的なポイントなどを紹介しました。
ECサイトは一度作成したら終わりではありません。トレンドやユーザーのニーズ、変化する自社の事業内容に合わせてリニューアルする必要があります。
特に「サイトのレスポンスが遅い」「スマートフォンに対応していない」など、老朽化によるリニューアルは迅速に対応する必要があるでしょう。これらは売上の低下に直結することが考えられるためです。
ECサイトをリニューアルする場合は、サイトの目的やコンセプトから検討しなおすことが大切となります。方向性が間違っていた場合は、リニューアルしても効果が得られないためです。「誰に」「何を」「どのように」提供するのかを明確にする必要があります。
またECサイトは、リニューアルしたら終わりではありません。想定通りの効果が出ているかどうかを分析し、効果が出ていない場合は改善していく必要があります。
このようにECサイトのリニューアルは、さまざまなことを検討し実施していく必要があると言えるでしょう。
Webに関する知識に不安がある場合や人員が不足している場合は、Web全般の業務を請け負っているマキトルくんがおすすめです。

月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。