メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

EC人材が不足している理由とは【月5万〜優秀な人材を確保する方法】

更新日
EC人材が不足している理由とは【月5万〜優秀な人材を確保する方法】

「EC人材の採用・育成がうまくいかない」
「ECサイト運営のリソースを確保するにはどうしたらいい?」

ECサイトの市場は拡大を続けており、多くの企業が人材不足に頭を抱えています。

慢性的な人材不足の状況の中で、優秀なEC人材を確保するには原因を理解した上で的を得た戦略を取ることが大切です。

本記事では、EC人材が不足している理由や優秀な人材を確保する方法について解説します。

ちなみに弊社StockSunでは、月額5万円からECサイト運営を外注できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

StockSunが抱える3,000名のフリーランスのうち、ECサイト運営の知見がある優秀な人材を紹介可能です。

Web施策全般に対応しているため、EC事業と合わせて外注先を一本化することもできます。EC人材不足にお悩みの方は、マキトルくんの無料相談をご利用ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

EC人材が不足している理由とは

EC人材が不足している理由は以下の通りです。

  • 身につけるスキルや覚えるべき業務が多い
  • EC運営スキルのある人材が転職市場に現れにくい
  • ECシステムが陳腐化しやすくアップデートが必要

身につけるスキルや覚えるべき業務が多い

ECサイトの運営には以下のように様々な業務があります。

  • サイト制作・運用
  • 商品画像の作成
  • 商品の発送や梱包
  • 売上管理など

上記のような業務を担当できる人材は少ないものです。

また、社内でEC担当を任されたものの、覚えなければならない業務内容の多さに離職してしまう人も珍しくありません。少数で運営することの多いEC事業では、1人あたりが請け負う作業量も多くなりがちです。

商品の企画から宣伝方法などのマーケティング部門まで任された場合は、習得すべきスキルも膨大なものになります。

EC業務の負担が大きくなればなるほど、求める人材を確保するのが難しくなっているのです。

「EC=少ない人件費で販売活動ができる」と考えている場合、事業者と現場でズレが生じてしまう可能性があります。

EC運営スキルのある人材が転職市場に現れにくい

ECサイト運営のスキルを持っている人材は貴重なため、転職市場で見つけにくい現状もあります。

なぜなら、ECと一括りにしても、各企業で使っているECシステムやプラットフォームが異なるからです。

例えば、Amazonと楽天市場では管理画面や運用方法、コストなどが全く違います。そのため、A社のEC担当がB社でもスキルを活かせるとは限りません。

だからこそ、特定のスキルを持った人材ほど、転職市場に現れにくいのです。

同じEC担当者であっても求められるスキルが異なり、業務を覚える手間が大きいため、転職を考える人が少ないのも一つの要因でしょう。

ECシステムが陳腐化しやすくアップデートが必要

ECサイトのシステムは陳腐化しやすく、継続的にアップデートが必要です。

しかし、EC担当は基本的に少人数で編成されていることが多いため、スタッフが新しい仕組みや機能を覚える時間を捻出するのが難しい現状があります。

  • そもそも人材確保が難しく慢性的に人材不足
  • 業務量が多く人が少ないので1人あたりの覚えることが多い
  • 業務負担の大きさから離職率高くなる

上記のようなスパイラルになりやすく、優秀な人材を確保するハードルが高くなっています。

また、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのプラットフォームでは、規約が変わることも少なくありません。販売する商品にもよりますが、規約変更に伴い運営方法を変更しなければならないこともあるでしょう。

新しい技術や販売ノウハウなどを、EC担当がキャッチアップできる環境を作ることも課題になっています。

EC人材に求められる重要スキル

EC人材には以下のようなスキルが求められます。

  • ITツールへの理解力
  • ECプラットフォームの運用スキル
  • ECサイト制作・運営スキル
  • デザインスキル
  • Webマーケティング全般のスキル
  • セキュリティ対策
  • コミュニケーションスキル

ITツールへの理解力

EC人材は、様々なITツールの理解力が求められます。

  • EC運営管理ツール
  • チャットツール
  • サイト構築ツール

例えば、上記のようなITツールの活用はEC運営に欠かせません。

ITツールは年々アップデートされたり、新しいツールが登場したりするため、自ら最新情報を学ぶ必要もあります

費用の安いITツールを探したり、既存の仕組み自体をブラッシュアップしたりする際も、各ツールへの理解力が試されるでしょう。

ECプラットフォームの運用スキル

EC人材には、プラットフォームの運用スキルも必要です。

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

上記のようなメジャーなプラットフォームは集客力があるため、利用価値が高いです。

自社でECサイトを構築して集客するよりも、短期間で販売実績が作れるメリットもあります。各プラットフォームの商品登録方法や発送連絡の仕方、規約など、基本的な操作方法に精通していることが大切です。

また、プラットフォームによって費用や利用者層が異なります。

特徴を理解したうえで的確な戦略が立てられる人材は、優秀なEC担当者と言えるでしょう。

ECサイト制作・運営スキル

自社でECサイトを運営する場合は、サイト構築や運営スキルが必要になります。

WordPressやShopifyなどを活用してサイト構築できれば、プラットフォームよりも安い手数料で販売活動ができるからです。

ECプラットフォームに依存するリスクがないため、規約変更に対応せず独自の販売網ができるのもメリットになります。

JavaScriptやPHPなどのプログラミングスキルがあると、カスタマイズの幅が広がるため、強い人材と言えるでしょう。

デザインスキル

EC事業に関するデザインスキルも求められます。

  • 商品画像の作成
  • サイトデザイン
  • ロゴ・バナー作成

上記はEC事業で欠かせないデザインスキルです。

単純に見栄えのいいデザインではなく、ターゲットのニーズを理解したうえで最適なデザインにできるのが理想になります。商品画像の作成では、デザインだけでなく撮影スキルも必要になるでしょう。

ECプラットフォームと自社のECサイトの両方で必要になる重要なスキルの1つです。

Webマーケティング全般のスキル

EC事業では、集客力や販売力を高めるためにWebマーケティング全般のスキルも必要になります。

  • SEO
  • リスティング広告
  • SNS運用
  • コピーライティング
  • ダイレクトメール
  • データ分析
  • サイト改善

特に独自のECサイトを構築する場合、ゼロから集客を行わなければなりません

検索エンジンで的確にサイトを表示させたり、SNSを運用して流入数を上げる施策は必須になります。

WebマーケティングスキルはECシステムと同様、変化が激しい要素です。そのため、最新情報をキャッチアップして、EC事業に反映する能力も重要なスキルになるでしょう。

セキュリティ対策

顧客のアカウント情報やクレジットカード情報などが漏洩しないように、セキュリティ対策をアップデートする必要もあります。

単にセキュリティシステムを扱うだけでなく、どのような脅威があるのか、どのような対策が効果的なのかを理解していることが望ましいです。

コミュニケーションスキル

EC事業では取引先やチームメンバーなど、様々な人と円滑にコミュニケーションを図るスキルが必要です。

連携がうまくいかないと事業がスムーズに進められません。必要事項を端的に相手に伝えられるスキルがあると、円滑にEC事業を進められるでしょう。

少数精鋭で運営することの多いEC事業では、的を得たコミュニケーションができる人材が重宝されます

優秀なEC人材を確保する方法

優秀なEC人材を確保するための方法として、以下3つが挙げられます。

それぞれメリット・デメリットがあるため、自社のリソースを考慮しつつ選びましょう。

  • 自社で人材を採用して育成する
  • 内製化支援を受ける
  • EC事業をアウトソースする

関連記事

EC運営代行を選ぶならココ!おすすめポイントとは?

EC運営代行を選ぶならココ!おすすめポイントとは?

Read More

自社で人材を採用して育成する

自社でEC担当者として人材を採用し、育成していく方法です。

「中長期的な安定を目指したい」
「時間やコストをかける余裕がある」

このようなケースに適しています。

メリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 中長期的にはコスト面でメリットが得られる
  • 自社にノウハウを蓄積できる
  • コミュニケーションがとりやすい

デメリット

  • スキル習得に時間がかかる
  • 教育コストがかかる
  • 離職される可能性がある

内製化支援を受ける

EC運営代行などのサポートを受けながら、自社で運営できるように内製化していく方法です。

「最新情報にキャッチアップしたい」
「時間やコストをかける余裕がある」

このようなケースに適しています。

メリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 効率的にスキル習得ができる
  • 運営に関する疑問をすぐに解消できる
  • 最新のEC事業に関する情報を学べる

デメリット

  • コストがかかる
  • 情報が陳腐化しやすい
  • 内製化が完了するまでに時間がかかる

EC事業をアウトソースする

EC運営をアウトソースする方法です。

「実績豊富なプロに依頼したい」
「迅速にEC事業を始めたい」

このようなケースに適しています。

メリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 迅速にEC運営をスタートできる
  • スキルを持った人材に任せられる
  • 必要な業務のみをスポット依頼することもできる

デメリット

  • 代行費用がかかる
  • 依頼先によって質に波がある

「経験豊富なEC人材に格安で業務を外注したい」

その場合は、月額5万円から優秀なフリーランスにEC事業を任せられるマキトルくんがおすすめです。貴社の課題をヒアリングした後、専属のディレクターが最適な人材をアサインします。

ECサイトの構築からWeb集客まで、全ての業務を担当できますので、興味のある方は無料相談よりお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

失敗しないEC人材の依頼先の選び方

EC事業をアウトソースする場合の依頼先を選ぶ時のポイントとして、以下3つが挙げられます。

  • 継続的に依頼できるか
  • 経験や実績が豊富か
  • 業務範囲が自社に適しているか

継続的に依頼できるか

はじめにEC事業を継続的に依頼できるかを確認しましょう。

外注先によっては「サイト構築まで」や「ECプラットフォームのみ対応」といったケースも少なくありません。

「Web集客も依頼したい」となった場合、別の外注先を見つける必要が出てしまい、その分コストも嵩んでしまう可能性があります。

スポット依頼をするにしても、予め幅広い施策に対応している外注先を選ぶことをおすすめします。

多角的な視点から的確なアドバイスを受けられるようになるでしょう。

経験や実績が豊富か

依頼する人材の経験や実績が豊富であるかも重要なチェックポイントです。

EC業務に精通しているだけでなく、データ分析能力があるかも確認しましょう。

代行の依頼には費用がかかるため、上回る成果を出せるのかどうかが大切です。

  • 自社と似た企業の成功事例はあるか
  • 直近でどんな企業の支援をしているのか

依頼先の公式サイトなどでこれら2つの視点から、アウトソースするべきかどうか吟味していきましょう。

業務範囲が自社に適しているか

対応している業務範囲が自社が依頼したい業務範囲にマッチしているかを確認しましょう。

依頼したい業務範囲から外れていると、そもそもアウトソースできなかったり、対応外の部分を再委託する手間やコストがかかってしまうからです。

  • 戦略立てといった企画段階
  • 商品登録や商品写真の撮影
  • 物流倉庫での出荷作業

多岐にわたるEC業務のうち、どの業務をアウトソースしたいのかを明確にして、対応している業者を選ぶことが大切です。

依頼前に業務範囲を明らかにするのが難しい場合には、対応範囲が広い業者を選ぶと安心でしょう。

ECサイトに強い人材をお探しならマキトルくんへ

弊社StockSunでは、月額5万円から優秀なEC人材に業務委託できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

「少額からECサイト運営をスタートさせたい」
「内製化支援やWeb集客の依頼も検討している」

このような課題を抱えている方におすすめです。

マキトルくんを活用するメリットとして、以下3つが挙げられます。

  • 月5万円からECサイト運営を実績豊富なプロに依頼できる
  • EC事業の内製化支援やスポット依頼もできる
  • 幅広いWeb施策によりECサイトへの集客も可能

月5万円からECサイト運営を実績豊富なプロに依頼できる

マキトルくんは月額5万円からECサイト運営を始められます。

3,000名以上のフリーランスの中から、ECサイト運営の知見がある実績豊富な人材をアサイン可能です。施策の実行に必要な人材を紹介する形なので、貴社に最適な人数でチームを構築できます。

課題をヒアリングする際は、予算内で効果的な戦略も提案させていただきます。

そのため、不要な人材を採用する必要がなくなり、費用対効果の高いEC運営を実現可能です。

また、厳しい審査をクリアしたマネジメントスキルの高いディレクターが、チームを統括します。進捗管理や追加の相談などについては、ディレクターが窓口となりチームに指示を出すため、コミュニケーションコストも低いです。

コストと時間を最小限に収めたい方は、マキトルくんの活用をおすすめします。

EC事業の内製化支援やスポット依頼もできる

EC事業を内製化したり、繁忙期だけスポット依頼したりなども柔軟に対応できます。

「今すぐEC事業をスタートしたいけれど、自社運営もしたい」という場合には、内製化支援がおすすめです。最新のノウハウでECサイトを運営しつつ、貴社における運用体制を構築します。

また、季節商品やイベント時の繁忙期のみスポットで依頼することも可能です。

1ヶ月の稼働時間が余った際は、翌月に繰り越せる仕組みになっているため、貴社が損するリスクはありません。

幅広いWeb施策によりECサイトへの集客も可能

マキトルくんは、Webマーケティング全般の施策に対応しているのも強みです。

ECサイトを運営していると、様々な課題が出てきます。

  • 検索エンジンからの流入が弱い
  • LPを作ってキャンペーンを打ちたい
  • 顧客のLTVを最大化したい

このような要望を叶えるには、高度なWebマーケティングスキルに精通している必要があります。

しかし、複数のWebマーケティングスキルに精通している人材を探すのは至難の業。この点、マキトルくんであれば、必要なスキルを持った人材を必要な時にアサインできます

また、全ての施策をチームで管理できるため、情報共有や改善策の提案などがスムーズに行えるのもメリットです。結果的に施策に統一感が生まれ、複数の外注先へ依頼するよりも成果が出やすくなります。

低コストで効果的なEC運営を行いたい方は、マキトルくんの活用をご検討ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

EC事業は年々拡大しており、優秀な人材の需要は増加の一途を辿っていますが、実際に採用するのは難しいのが現状です。

特に転職市場にスキルを持った人材が出てきにくい状況があるため、自社で育成するのが基本となりますが、コストや手間がかかってしまうデメリットもあります。

EC事業のスタートも遅れてしまうため、手間を省きたい場合にはアウトソースすることも検討しましょう。

代行費用はかかりますが、実績豊富なプロに依頼して高い成果を得られれば、トータルコストは安く済みます

また、内製化支援も活用することで迅速にEC事業に参入しつつ、自社で運用していける体制も構築可能です。

弊社StockSunのマキトルくんでは、以下3つのサポートを提供しています。

  • 月額5万円でプロに依頼することでEC事業の迅速にスタート
  • 内製化支援にて運用体制を構築
  • Web集客施策の実施でさらなる売上アップ

貴社のニーズに合わせてご活用ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。