メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

飲食店の集客方法23選|StockSun独自事例による集客アイデアを掲載

「飲食店を開業したものの、集客がうまくいかない」
「集客のアイデアを知って自店舗に活かせる施策を取り入れたい」

結論、飲食店の集客は、自社が戦えるポジションを調査したうえで、ターゲットと接点を持てるチャネルから集客しなくてはなりません。

新規顧客だけでなくリピーターの獲得にも注力すべきです。

本記事では上記を実施する際に必要な知見となる以下のトピックを公開します。

飲食店の集客コンサルティングを実施しているからこそ提供できる、独自の事例と戦略を踏まえて解説いたします。

StockSunでは、WEBマーケティングの全方位型のソリューションを提供しており、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。

相談をいただいた段階で飲食店の集客に特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

特典:リピート率40%UP!?戦略・戦術をご提案

飲食店の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

目次

飲食店が集客する際に理解しておくべきポイント

集客施策を実施する前には、次の2つを理解する必要があります。

  • 自社のターゲット層
  • ターゲットが貴社を認知してから来店に至るまでのジャーニー

上記を理解することにより、貴社のターゲット層のニーズと接点を持つために、どの集客施策を実施すればよいかが見えてきます。

ペルソナを設定し自社のターゲット層を明確にする

まずは、どのような人物がターゲットとなるのかを明確にする必要があります。

なぜなら、ターゲットの年齢層や性別、収入などによって、適切な集客方法や価格設定などが異なるためです。

同じ女性がターゲットであっても、有効な集客施策は次のように異なります。

<具体例>

ターゲット層 効果的な集客施策
20代の女性 SNSなどWebを用いた集客施策
50〜60代の女性 フリーペーパーへの出稿やチラシなど

ターゲットを明確にするためには、自社のターゲット層を具体的な人物に落とし込むペルソナの設定が必須と言えます。

以下図解のように、詳細のパーソナル情報を設定しましょう。

飲食店が集客する際に作成するペルソナの図解

ターゲットとなる人物像を細かく設定すればするほど、飲食店に何を求めているのか、またどんな集客方法が有効であるのかが見えてきます。

複数のペルソナを作成して、自店舗のターゲット層を明確にしましょう。

ターゲットが来店に至るまでの5段階のジャーニーを知る

ターゲットは、貴社を認知してから来店に至るまでに、心理・行動が移り変わります。

大きく分けると、5つの段階に分けることができるでしょう。

  • 非認知(非認知層)
  • 認知(潜在層)
  • 興味関心(顕在層)
  • 比較検討(顕在層)
  • 来店(顧客層)

飲食店の集客における顧客の段階の図解

それぞれの段階がどのようなターゲット層となるのかをご説明します。

非認知(非認知層)

貴社の存在を認知しておらず、まだ飲食店について興味関心を抱いていないユーザーです。

貴社を認知させ、そして興味関心を持ってもらうことから始める必要があるため、集客までの難易度は高いでしょう。

ただし母数としては最も多いため、ターゲットと接点を持てる複数の集客チャネルを活用し、自社を認知してもらいましょう。

認知(潜在層)

競合店についての情報を調べていたり、飲食店への興味関心度が高いユーザーです。

地域の飲食店に関する情報を調べていたりするため、接点を持てると貴社を認知してもらうことができます。

興味関心(顕在層)

貴社を認知して、貴社に興味関心を持っているユーザーです。

  • メニュー
  • 価格帯
  • 店舗所在地
  • 口コミ

上記のような貴社に関する情報を調査している傾向にあります。

例えば、Googleビジネスプロフィールに登録している店舗情報や掲載写真や口コミを充実させたり、ポータルサイトの口コミを充実させたりすることにより、ターゲットと接点を持てるでしょう。

比較検討(顕在層)

貴社と競合店舗を比較し、どの飲食店へ来店するかを検討している段階のユーザーです。

興味関心度合いが高く来店へつながりやすい層のため、他社へ流れてしまうのは避けたいところでしょう。

他社にはない自社に強みを明確に打ち出したり、予約時に手間をかけさせない仕組みを構築したりして、ユーザーを刈り取りましょう。

来店(顧客層)

貴社に来店したことがあり、リピーターにしていきたい層です。

マーケティングには、1:5の法則があり、「新規顧客を集客するためにはリピーターを集客するよりも5倍の費用がかかる」と言われています。

さらに「経営がうまくいっている事業の売上80%は、20%のリピーターにより作られている」というパレードの法則もあります。

飲食店の経営においてリピーターを獲得していくことは必須といえます。

次の事柄を実施して、リピーター集客に努めましょう。

  • 提供するサービスの向上
  • スタンプカード、割引券などの再来したくなる仕組み作り

リピーターを獲得していくには、店舗オペレーションを整える作業が欠かせません。オペレーションを整えるためのマニュアル作成方法は、以下の記事にて解説しています。

関連記事

店舗マニュアル作成のポイントをすぐに使えるテンプレート付きで解説|店舗オペレーションのポイントがわかる

店舗マニュアル作成のポイントをすぐに使えるテンプレート付きで解説|店舗オペレーションのポイントがわかる

Read More

比較検討(顕在層)

貴社と競合店舗を比較し、どの飲食店へ来店するかを検討している段階のユーザーです。

興味関心度合いが高く来店へつながりやすい層のため、他社へ流れてしまうのは避けたいところでしょう。

他社にはない自社に強みを明確に打ち出したり、予約時に手間をかけさせない仕組みを構築したりして、ユーザーを刈り取りましょう。

来店(顧客層)

貴社に来店したことがあり、リピーターにしていきたい層です。

マーケティングには、1:5の法則があり、「新規顧客を集客するためにはリピーターを集客するよりも5倍の費用がかかる」と言われています。

さらに「経営がうまくいっている事業の売上80%は、20%のリピーターにより作られている」というパレードの法則もあります。

飲食店の経営においてリピーターを獲得していくことは必須といえます。

次の事柄を実施して、リピーター集客に努めましょう。

  • 提供するサービスの向上
  • スタンプカード、割引券などの再来したくなる仕組み作り

飲食店が集客を実施するときの5つの流れ

飲食店が集客を実施するときの5つの流れ

ステップ1:自社の課題や現状を把握する

まずは、自社の現状を明確に把握することが大切です。

課題を顕在化させることができるため、改善点などが見えてきます。

現状を把握するためには次のことを確認しましょう。

  • 商圏の雰囲気(立地・顧客層)
  • 店舗の業態
  • 人気メニュー・不人気なメニュー
  • 来店者数の多い曜日、少ない曜日
  • 来店者数の多い月・少ない月

ステップ2:顧客層の特徴を把握する

次に店舗を利用してくれている顧客の特徴を把握する必要があります。

次のことを確認してみてください。

来店者の情報
  • どのチャネルから予約しているか
  • 来店時の人数
  • 年齢層・性別・属性
  • 予約が多い時間帯
  • 予約が多い日にち
来店の頻度や状況
  • 2回目以降も利用する常連さんが多い
  • 新規顧客の場合通りすがりの人が多い
注文するメニュー
  • よく注文されるメニュー
  • 客単価

これらを把握することにより、需要のあり自社の強みとなるメニュー、適切な料金設定、最適な集客チャネルが見えてきます。

ステップ3:空きのあるポジションを探して店舗のコンセプトを明確にする

ステップ1、2を実施していただくことで、貴社の現状や強み、ターゲットが求めていることがだんだんと見えてきます。

その後は、商圏の競合店舗について分析してみましょう

競合店舗と比較してみることにより、さらに自社にしかない強みに気づくことがあります。

また、自社の特徴やターゲットのニーズに基づいてポジショニングマップを作成し、競合のいない戦えるポジションを考えてみましょう。

飲食店の集客におけるポジショニングマップの図解

空きのあるポジションを自社の強み・店舗のコンセプトとしていくことで、競合と差別化を図ることができます。

さらに、ターゲットが貴社を選ぶ理由が生まれます。

ステップ4:カスタマージャーニーマップを作成して集客施策を決める

自社の強み、戦えるポジションを確立させたうえで、現状の顧客層も踏まえながら、ペルソナを作成してターゲットを明確にします。

そのうえでターゲットが自社を認知してから来店に至るまでのカスタマージャーニーを作成して、有効な集客施策を決めましょう。

具体的には、以下の図解のように各段階ごとのユーザーの心理と行動、提供すべき情報とチャネルを視覚化していきます。

<飲食店のカスタマージャーニーマップの例>

飲食店の集客におけるカスタマージャーニーマップ

ステップ5:集客施策の実行、数値分析、改善施策の実行を繰り返す

打ち出した施策の結果を分析して、改善施策の考案と実施を繰り返し、ようやく成果を得られていくものです。

また、ターゲットの心理や世の中のトレンドは常に変化し続けます

うまくいった集客施策でも現状維持してしまうと、時の流れと共に集客ができなくなってしまいます。

そのため、施策の数値分析、分析結果を踏まえた新たな施策の実施は常に繰り返すことが大切です。

StockSunでは、上流のコンサルティングや、集客施策の考案、実施、その後の改善施策まで一気通貫して支援することが可能です。

「自社の強みや課題がよくわからない」「ターゲット層をうまく把握できない」という場合には貴社と競合他社、ターゲットを調査して課題を顕在化させていただきます。

課題が顕在化し、打つべき施策が明確になったあとは、月額定額5万円〜の集客サービスマキトルくんへ切り替えていただくことも可能です。

貴社の課題や予算に合わせ、柔軟にコンサルティングいたしますので、この機会に無料相談から、現状の課題をご相談ください。

特典:リピート率40%UP!?戦略・戦術をご提案

飲食店の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

飲食店の集客におすすめのマキトルくん

飲食店が集客施策を実施するときの注意点【成功に導くポイント】

飲食店が集客施策を実施するときの注意点【成功に導くポイント】

昨今の飲食業界はさまざまな変化によって集客が難しくなっています。

集客を成功させるためには、飲食店業界で起きている変化を理解しておくことが重要です。

顧客の新たなニーズや利用シーンの変化への対応

飲食業界で大きな変化が起きたのは新型コロナウイルスによる影響です。

新型コロナウイルスの影響により、多くの飲食店が時短営業や営業自粛をよぎなくされたことで、顧客に以下のような新たなニーズが生まれました。

・テイクアウト
・デリバリー

店内以外で食事をする人が増えたため、飲食店は新しく生まれたニーズに対応できるサービスの展開が必要です。

新たなニーズに対応したサービスが展開できていないと機会損失を起こしてしまい、集客に失敗してしまう可能性が高いためです。
実際、デリバリーで味を知ってから店舗に訪れるという方もいます。

また、テレワークが浸透したり、感染予防対策として大人数での会食は避けたりする傾向にあり、顧客の利用シーンが大きく変化しているのも事実です。

このため、今までの利用者とは異なる方がターゲットとなることを視野に入れて集客するようにしましょう。

Web集客・オフライン集客どちらも複数の施策を掛け合わせて集客する

ターゲット層に対して効果的な集客方法も変化しています。

具体的には、従来の集客方法であるチラシや看板などのオフライン施策だけでは、集客ができなくなっています。
実際、飲食店を選ぶ際はGoogle検索で食べログを確認し、店舗を選ぶ人が多いでしょう。

また、Googleマップの口コミを確認して飲食店を選ぶ方も少なくありません。

このように、効果的な集客方法はオフライン施策からオンライン施策に変化しています。

とはいえ、チラシや看板などのオフライン施策がまったく効果がないとは言えないため、オンラインの施策とオフラインの施策を掛け合わせながら集客する必要があることを理解しておきましょう。

新規顧客と既存顧客を分けて情報を配信する

飲食店で情報発信する際は、新規顧客とリピーター(既存顧客)のどちらに対して情報を発信するのかを意識しておくことも重要です。

新規顧客とリピーターにとって有益な情報が異なるためです。

例えば、新規顧客の方は「お店に行ってみたい」と思えるような季節限定メニューや、他店にはない自店の強みなどを配信することが重要になります。

一方で、リピーターはすでに自店の強みなどを把握しているため、クーポンの発行や、特別な食材を利用したメニューの紹介が有効です。

新規顧客とリピーターどちらの集客に注力したいのかを明確にして、発信する情報を選定しましょう。

PDCAサイクルを回す

飲食店が集客力を高めるためには、集客方法の効果を測り、「PDCAサイクル」を回すことが欠かせません。
効果を見極め継続的に改善することで、集客の精度を着実に高めていくことが可能なためです。

PDCAサイクルを回す具体的な手順は以下になります。

1.集客のための施策を考案する
2.作成した施策を実行する

3.打った施策の結果(数値)を確認する
4.その結果に基づいて改善施策を考案し実行する

どの店でも最初から最も効果的な集客方法を理解しているわけではないため、自店に適した集客方法の目星を付けたうえで継続的に改善し、集客の精度を高めていきましょう。

飲食店の集客方法13選|StockSun式Web集客アイデア

飲食店の集客方法13選|StockSun式Web集客アイデア

飲食店は世の中に数多くあるため、集客を成功させるためには自店の認知度を向上させ、強みを理解してもらう必要があります。
そのためには、自店に適した集客方法を実施することが重要です。

ここでは、StockSun式の飲食店の集客方法を具体的に解説するので、内容を確認して参考にしながら実践してみてください。

飲食店の集客方法|ホームページのSEO対策

多くの飲食店がホームページを保有していますが、提供する情報を常に更新したり、コンテンツの配信をしたりしているわけではありません。
Google検索などの検索エンジンで上位に表示されるために定期的にコンテンツを更新するSEO対策を実施している飲食店は少ないです。

しかし、SEO対策は飲食店にも非常に有効な手段と言えます。

例えば、「焼き鳥+渋谷」などのキーワードで検索した際に上位に表示されるウェブページを持つことで、認知度や集客力を高めることが可能です。

意図したキーワードで1位を獲得することで、自店の認知度が向上するだけでなく、自店に合った顧客を獲得することが可能です。

ちなみに、地域キーワードで上位表示を獲得するためには、「被リンクを獲得する」必要もあります。
そのための施策としておすすめなのが以下の5つです。

・オフラインイベントに参加して被リンクをもらう
・権威性のある協会に参加する
・PRTIMESを用いたプレリリースを実施する
・ゲストポスティングと呼ばれる寄稿を行う
・比較サイトに掲載してもらう

上記の施策を実施することで「渋谷」や「六本木」などの地域キーワードで上位表示を獲得できる可能性が高くなります。

StockSunでは、SEO対策のコンサルティングをお引き受けしております。SEO対策を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

SEO対策のコンサルタントを確認する

飲食店の集客方法|Googleビジネスプロフィールに登録してMEO対策

飲食店の集客方法としてGoogleビジネスプロフィールに登録し、Googleマップの上位に飲食店の情報を表示させるためのMEO対策を行うことも必要です。

MEO対策を行うことで、Googleマップで上位表示されるだけでなくGoogle検索でも上位に表示されるため、地域の飲食店を探すユーザーが検索した際に自店が目に留まるようになります。

飲食点の集客におけるMEO対策の図解

なお、Googleマップで上位表示されるためには、Googleビジネスプロフィールを詳細に記載することが重要です。
具体的には以下の内容になります。

・店舗名
・所在地
・電話番号
・口コミ
・ホームページ

上記の中でも特に重要になるのが、口コミです。
口コミが多ければ多いほど上位表示される可能性が高くなるため、口コミを増やす工夫が必要になります。

例えば、口コミを書いてくれたら、飲み物が1杯無料になるなどの割引施策は効果的でしょう。

なお、写真付きの口コミのほうがGoogleからの評価がよくなるため、写真付きで口コミを投稿してもらえるような工夫も考えて実施しましょう。

StockSunでは、MEO対策のコンサルティングをお引き受けしております。MEO対策を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

MEO対策のコンサルタントを確認する

飲食店の集客方法|4つのSNSを運用

X(旧Twitter)やInstagram、TikTok、FacebookなどのSNS運用も飲食店の集客方法として効果的です。
手軽に始めることができるうえにユーザーとコミュニケーションがとれるため、自店のファンを増やすのに向いています。

SNS 集客に有効なターゲット層 SNSの特徴
Instagram 20〜40代の女性 ・ショート動画のリール動画がフォロワー外へのリーチ拡大に最適
・画像がメインのフィード投稿はフォロワーの育成に活用できる
TikTok 10代後半〜20代の若者 ・ショート動画がメインのSNS
・フォロワー外へのリーチ拡大に最適
Facebook 30代〜60代の決裁権を持つ人物 ・画像+文字のフィード投稿
・自社のFacebookページは、検索エンジンで上位表示されやすいため、公式HP代わりに活用できる
X(旧Twitter) 20代のユーザーが多い

年代が上がると男性利用者数が多い

・文章がメインのツール
・文章に画像動画も添えて投稿できる
・有益な情報をtweetすると拡散されやすい

それぞれのSNSの活用方法について解説いたします。

飲食店の集客方法|Instagram

利用者層 利用者数
20〜40代の女性利用者が多い 3,300万人

Instagramを活用した施策は以下が有効でしょう。

リール投稿 フォロワー外へのリーチを拡大しやすいため、目をひくショート動画で潜在層にフォローしてもらう
フィード投稿 リール投稿からフォローした潜在層に対し以下を投稿し顕在層へ育成

・店舗の住所
・価格帯
・メニュー
・クーポンなど

また、フィード投稿もハッシュタグ(#)を活用していくことでリーチを拡大していくことができます。

とくに飲食店を探すユーザーは、Instagramの検索機能を活用して店舗を探しているケースも多いです。以下のコツを抑えたフィード投稿を作成しましょう。

  • ハッシュタグにエリア名・料理の種類を含める
  • フィード投稿1枚目のファーストビューは「食べ放題」「エリア」などひとめでわかる文字を入れ込む

飲食店の集客方法|TikTok

利用者層 利用者数
10代後半〜20代の若者が多い 1,600万人

TikTokは、10代後半〜20代の若者がターゲットとなる飲食店に最適な集客方法です。

特に、外形的要素が目をひくような料理を提供している際、TikTok内でバズる可能性があります。

StockSunでも、TokTokでバズらせる用のデザインで化粧品のパッケージを開発し、売上に貢献できたコンサルティング事例があります。

「地球グミ」「目玉グミ」のような要素を取り入れたインパクトのあるメニュー開発を検討してみましょう。

飲食店の集客方法| Facebook

利用者層 利用者数
30代〜60代の決裁権を持つ人物 2,600万人

Facebookは、30〜60代の決裁権を持つような人物が利用しています。

そのため、会食の場として利用できる高単価な飲食店は集客に適しているでしょう。

また、Facebookの強みは、店舗のHP代わりに活用できること。

Facebookのトップページには、店舗の住所や電話番号、メニュー内容、料理の写真などを掲載できます。

リーチを拡大しやすいTikTokやInstagramなどから貴社に興味を持つユーザーは、貴店舗名を指名検索することがあります。

その際Facebookの情報が検索結果にあることで、ユーザーへ知りたい情報を与えることができるでしょう。

飲食店の集客方法| X(旧Twitter)

利用者層 利用者数
20代のユーザーが多い
ただし年代が上がると男性利用者数が多い傾向
4,500万人

Xは、投稿する従業員や店主にキャラクターを持たせることで、ユーザーから親近感を持ってもらえるSNSです。

親近感を持ってもらえると、来店につながりやすくなるでしょう。

さらに、当日のメニューや、予約の空き情報の投稿をおすすめいたします。

StockSunでは、SNS集客のコンサルティングをお引き受けしております。SNS集客を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

SNS集客のコンサルタントを確認する

飲食店の集客方法|YouTube動画

飲食店の集客方法としてYouTube動画も有効です。

例えば、料理動画を配信することで、自身のファンを獲得できるうえに認知度を高めることもできます。

しかし、ただ闇雲に動画を配信するだけでは集客は成功しません。
では、どうすればYouTubeを使用して集客を成功させられるのでしょうか?

YouTubeを集客に活用する場合、成功のために必要なステップは大きく2つあります。

まず、リーチしたい顧客と作成する動画の意図を明確にします。

そして、次のような流れを考えて動線を構築します。

1.店舗に注目してもらうためのコンテンツを作成する
2.お客さまに認知してもらうためのコンテンツを作成する
3.LINEに登録してもらうための導線設計する

LINEはお客さまが気軽に質問や来店予約をできるため、飲食店がYouTube動画で集客するなら利用することをおすすめします。

StockSunでは、YouTube集客のコンサルティングをお引き受けしております。YouTube集客を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

YouTube集客のコンサルタントを確認する

飲食店の集客方法|インフルエンサーマーケティング

SNSやYouTubeで活躍するインフルエンサーとタイアップしたコンテンツを作成して集客することもおすすめします。

その際は、次のインフルエンサーを狙ってみましょう。

  • 自社のターゲット層から人気のあるインフルエンサー
  • グルメ系のインフルエンサー

また、インフルエンサーマーケティングを実施するときにはギフティング施策を推奨しております。

ギフティング施策とは、簡単に説明すると「サービスをプレゼントする代わりにSNSで宣伝してください」というものです。

一般的なインフルエンサーマーケティングと比較し、安価で実施できることがメリットです

一般的な相場 フォロワー数×2〜3円
ギフティング施策
  • 料理の原価
  • 送料(交通費)

少ないコストでより多くのユーザーへとリーチを拡大しましょう。

飲食店の集客方法|LINE公式

飲食店の集客は、LINE公式アカウントでメッセージを発信するのも効果的です。
特にリピーターの集客に最適な手法だと言えます。

LINEには、メールマガジンと比べて以下のメリットがあります。

・日本国内のユーザー数が9,300万人以上と膨大であること
・メールマガジンに比べて登録のハードルが低いこと
・メールマガジンよりも開封率が高いこと
・クーポンやポイントカードを簡単に作れること
・LINEから予約をできること

ただし、LINEは登録してもらわないことには、ユーザーが来店につながるようなメッセージを配信できません。
そのため、一度来店したユーザーに対し友だち登録を促すことが大切です。

効率的に友だち登録を促すためには、「登録したら今すぐ使える500円クーポン配信」など、一通目にお得な情報を配信することを明確に提示しておく施策が有効です。

StockSunでは、LINE集客のコンサルティングをお引き受けしております。LINE集客を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

LINE集客のコンサルタントを確認する

飲食店の集客方法|メールマガジンを配信する

LINE公式アカウントを開設していないときには、メールマカジンを配信することも一つの集客手法です。

予約時に入手したメールアドレスや、来店時のアンケートにてメールアドレスを獲得して定期的に配信を実施しましょう。

ただし、メールマガジンは、LINEと比較して開封率が低い傾向にあります。

メールタイトルにお得な情報を掲載して、ユーザーから読まれる工夫を取り入れましょう。

飲食店の集客方法|Web広告

飲食店の集客方法として、Web広告による集客も非常に有効です。
特にリスティング広告は、「渋谷+居酒屋」など指定のKWで貴社のサイトを最上部に表示させることが可能です。

また、Googleローカルキャンペーンを活用することも飲食店におすすめしたい方法の一つになります。

ローカルキャンペーンを活用することで、検索結果やGoogleマップだけでなく、YouTubeなどのサイトにも広告を出稿できます。

さらにGoogleマップの位置情報と連携されているため、広告を見たユーザーが店舗を訪れたかどうかまで計測できます。
広告の効果測定に役立てることが可能です。

StockSunでは、WEB広告運用のコンサルティングをお引き受けしております。WEB広告運用を専門に行うコンサルタントの詳細は以下をご確認ください。

\フリーランス2,000名以上の内TOP1%の実力を持つコンサルタント!/

WEB広告運用のコンサルタントを確認する

飲食店の集客方法|ポータルサイトに登録する

「食べログ」や「ホットペッパーグルメ」など、注目のポータルサイトに掲載することで、来店する見込み客にリーチしやすくなります。

ポータルサイトには「エリア」「料理の種類」「料金」「デート・宴会・誕生日などの用途」などの条件を絞り込むことができる検索機能があり、利便性が高く多くのユーザーが使用しているためです。

しかも、口コミ機能もあるため、その口コミを参考にして店舗を選ぶ方も多数います。

ただし、食べログなどのポータルサイトに掲載してもらうためには、「掲載料金」や「予約手数料」がかかります。
そのため、費用対効果をよく見極めて掲載を続けるのか判断することが重要です。

なお、食べログやホットペッパーグルメなどのポータルサイトは、以前よりも集客力が落ちているとも言われています。

実際、株式会社TableCheckが行った「グルメサイトに関する意識調査」では、グルメサイトを信頼していないユーザーが増加しており、飲食店の検索ツールではGoogle検索がグルメサイトを抜いている状況です。

出典:加速するグルメサイト離れ。「Google」利用率トップに。「食べログ敗訴は妥当」、飲食店で多数派

とはいえ、まだまだ「食べログ」や「ホットペッパーグルメ」などのポータルサイトは、多くのユーザーが使用しているため、効果が見込める集客方法と言えます。

飲食店の集客方法|プレスリリース

プレスリリースを打つ方法も飲食店の集客に活用できます。

プレスリリースとは、新商品をリリースしたときや、新店舗をオープンしたときに、企業が公式にメディアに発表することです。

実施方法は、次の2つがあります。

  • PR TIMESのようなプレスリリース配信メディアへ投稿する
  • 飲食店専門のプレスリリースメディアへメールを送付する

掲載されると、文章だけでなく、自社のHPもメディアに設置されることになります。

信頼性の高いサイトからの被リンクを獲得できるため、自社HPのSEO対策にもつながるでしょう。

飲食店の集客方10選|オフラインの集客アイデア

飲食店の集客方選|オフラインの集客アイデア

飲食店の集客方法|店頭の看板やのぼり

オフラインの集客方法なら店頭看板やのぼりが有効です。
店のジャンルや場所が一目でわかるため、店舗の認知度が高くなります。

ただし、店舗が多い場所ではデザインが悪いと埋もれてしまうため、インパクトが必要です。

飲食店の集客方法|チラシ

チラシを利用したポスティングも飲食店の集客方法として有効です。
インターネットに慣れていない高齢者層への訴求ができます。

ただし、不特定多数にばら撒くため、自店のターゲット層に絞って配布できないことを覚えておいてください。

飲食店の集客方法|ダイレクトメール(DM)

ダイレクトメールは、郵送で届けるハガキのことで既存顧客向けの手法です。
チラシと同じくインターネット利用していない既存顧客に向いています。

ただし、郵便物と同等の費用がかかり比較的費用が高くなるので、費用対効果をよく確認するようにしてください。

飲食店の集客方法|デリバリーの導入

デリバリーサイトに登録する方法も飲食店の集客方法としておすすめです。
店舗近隣の顧客だけでなく、来店顧客が少なかったエリアや客層からの新規流入も見込めます。

ただし、初期費用や配達の手数料がかかるため、効果を確認しながら継続するかを判断するようにしてください。

飲食店の集客方法|地域イベントへの参加・イベント開催

地域のイベントへ参加したり、店舗でイベントを開催して集客する方法です。

気軽に購入できる単価のイベント限定メニューを打ち出すことで、多くのユーザーに貴社の存在と料理の品質を知ってもらえるきっかけとなります。

味が気に入ったユーザーは、今後の来店につながるでしょう。

また、地域イベントへ参加すると、その地域のHPに貴社のHPを掲載してもらえる可能性があります。

地域で信頼性の高いHPからの被リンク獲得はドメインパワーの向上につながります。SEOにも良い効果をもたらすため、積極的に参加してみましょう。

飲食店の集客方法|オフライン広告への出稿

オフライン広告への出稿も集客施策のひとつです。

  • 地域バスの交通広告へ出稿する
  • 駅前の看板広告へ出稿する

商圏のユーザーへ店舗の存在をアピールすることができます。

ただし、費用対効果を測りづらい点はデメリットといえます。かけられる予算に余裕があるときに検討してみてください。

飲食店の集客方法|フリーペーパーへの掲載

フリーペーパーへの掲載も集客方法として有効です。

特に以下の飲食店に向いているかもしれません。

  • 未就学児〜中学生くらいまでのお子さんのいるご家庭がターゲットの店舗

子どものいる家庭に向けた地域のフリーペーパーは、地域の学校にて配布されることがあります。

さらに学校からの配布物の場合、親が目を通す場合がほとんどです。

一般的なフリーペーパーよりも読まれやすい傾向があるといえるでしょう。

ターゲット層が合致している場合には、取り入れたい施策と言えます。

飲食店の集客方法|展示会への出展

展示会へ出展して集客につなげる方法もあります。

知名度の高い展示会であれば、グルメに興味があり、今後貴社への来店につながりやすいユーザーへ、貴社の存在をアピールできるでしょう。

ただし、多くの飲食店の中でうもれてしまう可能性があること、来場者数は天候に左右されることは留意しておきましょう。

飲食店の集客方法|テレアポの実施

テレアポを活用して集客する方法もあります。

ただし、ターゲットの自宅や携帯電話へ闇組に電話をかけても反響を獲得することは難しいです。

「良い飲食店を探す必要がある」という人をターゲティングして電話をかけることが望ましいでしょう。

例えば、接待、会食の機会が多い決裁権を持つような人物が適していると言えます。

そのため単価が高めで個室を用意している飲食店が活用できる集客方法です。

ちなみにテレアポの際は、リストの購入が必須と言えます。

  • 企業経営者のリスト
  • ゴルフ会員権所有者のリスト
  • 一棟マンション・アパート・ビル所有者のリスト

上記などのリストを購入しましょう。

飲食店の集客方法|既存顧客からの紹介制度の構築

既存顧客が友人を紹介しやすいような仕組みを構築することも集客につながります。

知り合いからの紹介は信頼性が高いため、実際に来店につながる確率が高いです。

紹介精度を構築するときには、紹介カードや紹介クーポンなどを取り入れて、紹介した方、された方どちらにもベネフィットを用意しましょう。

StockSunでは、WEBマーケティングの全方位型のソリューションを提供しており、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。

相談をいただいた段階で飲食店の集客に特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

特典:リピート率40%UP!?戦略・戦術をご提案

飲食店の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

飲食店の集客アイデア|StockSunコンサルタントによる独自アイデアを提供

飲食店の集客アイデアの図解

実際にStockSunがコンサルティングした事例で活用した独自の集客アイデアをご紹介いたします。

本事例では、結果としてコロナ禍に飲食店の売上を1.5倍にしています。

集客アイデアのポイントは以下です。

  • 顧客が肌感覚で抱えるニーズ(集客できない理由)を調査
  • ニーズを満たすために適切なチャネル(LINE)を選定

顧客の抱えるニーズ(集客できない理由)を電話で調査

本事例の飲食店は、リピート客を集客できないことに課題を抱えていました。

リピートできない理由について、分析結果を元に仮説を立てて施策を検討するケースがほとんどかもしれません。

しかし、それだけでなく、顧客が実際に抱えているニーズを調査することも集客において非常に重要です。

今回は、一定期間再来店がなかった顧客に向けて電話調査を実施いたしました。

調査の結果来店しない理由として、次の回答が最も多い結果となりました。

  • 店舗の存在をすっかり忘れていた
  • 店舗に来店したことすら忘れていた
  • 再来店しない理由は特にない

上記を踏まえて、顧客に忘れられてしまっているという課題が明確になりました。

課題解決につながる集客チャネルを選定

  • 顧客に忘れられないよう接点を持ち続ける
  • 顧客が再来店したいと思う動機づけを行う

課題解決のためには、これらを実施する必要があります。その際、最適な集客チャネルとしてLINEを選定しました。

また、LINE施策を実施する際抱えた以下2つの課題も次のアイデアにて解決しています。

友達登録してもらう
  • 登録したらその場で使えるクーポン、無料デザートを用意
  • 接客時に必ずアナウンスする
ブロックされず再来店につながる配信
  • クーポン情報を配信
  • 季節ごとに新メニュー情報を配信

上記の集客アイデアを取り入れたことで、コロナ禍にも関わらず飲食店の売上を1.5倍まで伸長させることに成功しています。

飲食店の集客成功事例2選【StockSun独自のコンサルティング事例】

飲食店の集客成功事例2選【StockSun独自のコンサルティング事例】

飲食店の集客に活用できるStockSun式成功事例を紹介します。

成功に至った理由を詳しく解説しているため、すぐに実践することが可能です。

解説した内容を参考にして自店でも取り組んでみてください。

LINE公式アカウントを運用でリピート人数0人から20人に増えた事例

美容サロンがLINE公式を利用したことで、リピート人数0人から20人に増えた事例を紹介します。

この事例の成功要因は、ユーザーの興味に合わせて分類を行い、分類したユーザーのニーズに適した配信を行ったことです。

具体的に行ったのは次の3つの配信になります。

・一度でも美容サロン利用した顧客に対してリピーター割引メニューの配信を行った
・「資格をとってサロンで働きたい」というユーザーに対して美容サロンの資格受講講座に関する配信を行った
・新規ユーザーには季節ごとにショッピング同行メニューの配信を行った

ユーザーの興味関心に合わせた配信を実施したことで新規顧客の獲得だけでなく、リピーターに対しても有益な配信ができたため、1カ月でリピート率が20%から40%にアップしました。

ご紹介した事例については以下の動画で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

Instagramを集客に活用し売上100万円を達成した事例

Instagramを集客に活用し売上100万円を達成した事例を紹介します。

この事例の成功要因は「リールと投稿を使い分けた」ことです。

リールを活用することで、リーチの幅が広がり潜在的な顧客の関心を引くことができるため、フォロワー数を増やすことが可能です。

また、お店の価格やメニューカタログなど、お店のことを総合的に知ることができるコンテンツをフィード投稿することで、投稿見たユーザーを来店へとつなげることができます。

これらの施策を実行することでフォロワーが1,000人しかいないアカウントでも100万円の売り上げを達成しました。

なお、上記の方法については以下の動画で詳しく解説しています。

StockSunでは、WEBマーケティングの全方位型のソリューションを提供しており、トップ1%の実力を持つフリーランスの認定パートナーが貴社の課題に合わせてサービスを提供いたします。

相談をいただいた段階で飲食店の集客に特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

特典:リピート率40%UP!?戦略・戦術をご提案

飲食店の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード

飲食店の集客に関するよくある質問

飲食店の集客に関するよくある質問

最後に集客を検討している飲食店の方からよくある質問について回答しました。

回答を読んで集客を実施するときの参考にしてみてください。

立地の悪い飲食店でも集客できますか?

飲食店を経営する上で、立地は非常に重要な要素です。

しかし、立地が悪くても適切な集客方法を実行することで集客力を高められます。

そこで重要になるのが「話題性」です。

例えば、大食い用の特別な限定メニュー、写真に撮りたくなるような内装や料理、名物オーナーなどが挙げられます。

このような特徴がある店舗であれば、たとえ駅から遠い場所や近寄りがたい場所でも、集客することが可能です。

また、飲食店にも生かせる他のWeb集客施策もあわせて実施することが有効です。以下よりご確認ください。

関連記事

Web集客(ネット集客)の手法7つと成功事例6選!集客の課題を解決する戦略を公開

Web集客(ネット集客)の手法7つと成功事例6選!集客の課題を解決する戦略を公開

Read More

まとめ

飲食店業者の集客方法にはさまざまな施策があります。

しかし、ターゲットや店舗の特徴によって最適な方法が異なるため、自店に合った最適な方法を見極めて実施することが重要です。
そのため、本記事ではStockSunの成功事例やポイントを紹介しました。

本記事を参考に集客に取り組んでみてください。

以下のような悩みを抱いている方は、StockSunにご相談ください。

「どの集客施策から始めればいいのかわからない…」
「自店のコンセプトに合った集客施策の提案と実行をしてほしい…」

貴社を競合他社と比較し事業の強みを明確にしたうえで、最適な施策のご提案と実行まで全てお引き受けいたします。

相談をいただいた段階で飲食店の集客に特化した認定パートナーが具体的な施策を提案し、ご納得いただいたうえで支援を実施いたします。

貴社の事業課題を解決するWEBマーケティングの施策を知りたいときには、お気軽にご相談ください。

特典:リピート率40%UP!?戦略・戦術をご提案

飲食店の集客を相談する
かんたん30秒!資料ダウンロードしてStockSunを知る3分でわかる無料資料ダウンロード


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。