メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

マーケティング人材が不足する原因と重要性【デジタル時代に求められる5つのスキル】

更新日
マーケティング人材が不足する原因と重要性【デジタル時代に求められる5つのスキル】

「適切なマーケティングスキルを持った人材がなかなか見つからない」
「迅速にマーケティング人材を確保する方法はあるだろうか」

オウンドメディアやSNSなど、オンラインでさまざまな施策が実行できるようになった今、デジタルマーケティングに強い人材が求められています。

しかし、効果的なマーケティングを行うには複数のスキルに精通している必要があり、優秀な人材を見つけるのは困難なものです。自社で採用や育成ができない場合は、外注化を視野に入れる必要もあるでしょう。

本記事では、デジタル時代のマーケティング人材に求められるスキルや、人材不足の解消方法、外注化で成果を出すコツなどを解説します。

ちなみにStockSunでは、月額5万円からWebマーケティング全般の施策を優秀なフリーランスに外注できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

コンサル料不要・最短5営業日でWebマーケティングの施策を、貴社の専属チームを構築して実行可能です。マーケティングの戦略策定から内製化支援まで対応しているので、興味のある方は、お気軽に無料相談からお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

なぜマーケティング人材の確保が重要なのか

はじめにマーケティング人材の重要性について見ていきましょう。

  • 集客チャネルが多様化しているから
  • ターゲットのニーズの理解が不可欠だから
  • KPIに基づいたデータドリブンな戦略が必要だから

集客チャネルが多様化しているから

誰もが常時インターネットに接続している今、デジタル領域での集客チャネルは増え続けています。

  • Webサイト
  • SNS
  • Web広告
  • アフィリエイト
  • YouTube

上記の通り、集客チャネルが多様化しているため、各領域に精通したマーケターの必要性が増してきたのです。

また、多くの企業が複数の集客チャネルを組み合わせています。

「Facebook+Instagram+Webサイト+Web広告」といった感じで運用するケースも多いです。集客チャネルを適切に活用するためには、各チャネルの特性やユーザー層などを理解したうえで、適切な施策を実行する必要があります。

複数のチャネルを組み合わせて集客するのが一般化したことで、マーケティング全般に詳しい人材の需要が増していると言えるでしょう。

ターゲットのニーズの理解が不可欠だから

Facebook、Instagram、YouTubeなど、さまざまな媒体がある現在では、ユーザーの行動やニーズも多様化しています。

各媒体はユーザーの行動を記録しているため、特定のターゲットに対して広告やキャンペーンを打てるようになっているのです。ターゲットを細かく絞り込める分、目的に合ったユーザーの特定が必要になります。

このような背景から、データをもとにターゲットのニーズを理解できるマーケターが求められているのです。

反対に、ターゲットのニーズを理解せずに施策を実行すると、費用対効果の悪いマーケティングになってしまいます。各媒体のデータから的確な戦略を導き出せるマーケターは、価値のある人材と言えるでしょう。

KPIに基づいたデータドリブンな戦略が必要だから

手軽に効果測定を行えるようになった現在では、KPIに基づいたデータドリブンなマーケティング戦略が求められています。

例えば、Web広告のROI(投資対効果)を改善したいとしましょう。

この際、マーケターはKPIとしてCPCやCTRを設定し、それに基づいたターゲティングや広告のクリエイティブを行います。データドリブンな戦略を立てることで、予算を効率的に使えるようになるのです。

より多くのリードやコンバージョンを獲得したい場合、データ分析に強いマーケティング人材が求められるでしょう。

また、デジタルマーケティングでは従来のように売って終わりの時代ではなく、顧客をファン化させて、LTV(顧客生涯価値)を高めることも重要視されています。CS(顧客満足度)を高めるには、短期的な戦略ではなく、長期的なマーケティング戦略を立てなければなりません。

顧客と継続的に接点を持つためにも、専属のマーケティング人材の必要性が増しています。

マーケティング人材が不足している原因とは

マーケターの重要性が分かったところで、マーケティング人材が不足している理由を見ていきましょう。

  • マーケティング人材をゼロから育成するのが難しい
  • マーケターに求められるスキルの幅が広がりつつある
  • 企業側が求めるマーケター像を確立できていない

マーケティング人材をゼロから育成するのが難しい

マーケティング人材が不足するのは、マーケターの育成が難しい点にあります。

  • SEO
  • 広告
  • ライティング
  • デザイン
  • ディレクション

上記の通り、マーケティングに必要なスキルやノウハウは膨大なものです。

自社にマーケティングスキルを持った人材がいない場合、ゼロから採用して育成するのは非常に難しいでしょう。複数のマーケティングスキルを習得して、現場レベルで活用できるようになるには経験も必要です。

継続的な教育をサポートする体制がないと、マーケティング人材の育成が非常に難しいのが実情です。

マーケターに求められるスキルの幅が広がりつつある

マーケターに求められるスキルの幅が広がりつつあるのも、人材が不足する要因になっています。

特にデジタルマーケティングの領域では、トレンドの移り変わりが激しく、ノウハウが陳腐化してしまうケースも珍しくありません。常に最新の情報を取り入れてノウハウを学び続ける必要があるのです。

さまざまなノウハウやスキルに精通しているマーケターほど価値は高いですが、そういった人材は市場に現れにくい現状があります。

企業側が求めるマーケター像を確立できていない

企業側が求めるマーケター像を確立できていないという問題もあります。

そもそもマーケティングという言葉の持つ意味が広すぎるため、自社にどんな人材が必要か理解できていない企業も少なくありません。汎用的なスキルを持つ人材ほど価値が高くなる傾向があるため、絞り込みをかけないと優秀な人材を確保することは難しいものです。

自社がマーケターに求めるスキルを細分化できると、人材を見つけやすくなります。

求めるスキルに優先順位をつけることが大切です。

デジタル時代のマーケティング人材に求められる5つのスキル

デジタル領域のマーケティング人材に求められるスキルを5つ紹介します。

  • Webマーケティング全般の知識
  • データ分析能力
  • デジタルツールの活用と理解
  • 最新情報のキャッチアップ
  • コミュニケーション能力

Webマーケティング全般の知識

Webマーケティングに関する全般的な知識です。

  • SEO
  • SNS
  • Web広告
  • メールマーケティング
  • コンテンツ作成

これらはマーケティングを行なっていくうえで、必ずと言っていいほど活用する機会が出てきます。

Webマーケティングの戦略・実行を推進していくためには、これらすべての分野をプロフェッショナルとして極めるのではなく、全体の流れを把握するために理解しておくことが大切です。

得意とする領域が1〜2つほどある人材を採用・育成することが望ましいでしょう。

データ分析能力

冷静にデータを分析できるスキルも非常に大切です。

  • 効果的なキーワード選定
  • ターゲットニーズの分析
  • LPの流入元や改善点の洗い出し
  • 費用対効果の高い広告媒体の選定
  • KPIに基づいた戦略設計

前述した通り、デジタルマーケティングでは、データを活用した戦略設計が不可欠です。

データを客観的に分析して次の行動に活かせるマーケターは、価値のある人材と言えるでしょう。

デジタルツールの活用と理解

デジタルマーケティングを成功させるには、ツールの活用も欠かせません。

  • Googleアナリティクス
  • サーチコンソール
  • Ahrefs
  • MAツール
  • メルマガ管理ツール

上記はデジタルマーケティングで利用する機会の多いツールです。

ツールの機能や目的を理解していれば、効果的に活用してマーケティングの成功率を上げられるでしょう。使ったことがないツールであっても抵抗なく試せる人は、マーケティング人材として価値が高いです。

最新情報のキャッチアップ

デジタル時代のマーケティングの世界は、日々変化を遂げています。マーケティング人材にとって、最新のトレンドや技術をキャッチアップする能力は、重要なスキルの1つです。

  • デジタル技術の進化
  • ユーザーの行動の変化
  • 新しいプラットフォームの出現

上記の通り、マーケティングの領域は常に動き続けているため、継続的な学習が大切になります。

自ら学ぶ姿勢のある人材であれば、自身のノウハウが陳腐化することなく、デジタルマーケティングの領域で活躍できるでしょう。

コミュニケーション能力

マーケターは、他者と連絡を取る機会も多いため、コミュニケーション能力も必要です。

SlackやChatWorkなどのチャットツールはもちろん、ZOOMやGoogle Meetなどのビデオミーティングなども当たり前のように行われるようになりました。協調性があり、相手の気持ちを汲み取ってコミュニケーションできる人材が求められています。

情報の発信だけでなく、相手の意見やフィードバックを受け止めるリスニング力も必要です。顧客のニーズ・問題点を正確に把握し、それに応じた提案を行うためのベースとなります。

関連記事

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

中小企業向けWebマーケティングのメリット・デメリット【格安で依頼する方法解説】

Read More

マーケターの人材不足を解消する方法

マーケターの人材不足を解消する方法を見ていきましょう。

  • デジタルツールを導入する
  • 優秀な人材に外注・業務委託する

デジタルツールを導入する

企業によっては、デジタルツールを導入して、マーケティング業務を効率化できるケースもあります。マーケティングの基礎知識がある人材がすでにいる場合に有効です。

企業によっては、デジタルツールを導入して、マーケティング業務を効率化できるケースもあります。

MAツールを活用すれば、メール送信、リード管理、解析・レポーティングなどを自動化できます。手作業によるエラーを最小限にしつつ、業務効率を向上させることが可能です。

また、データ解析ツールを使用することで、広告のパフォーマンスやWebサイトのユーザー行動をリアルタイムで確認できます。マーケティング戦略の最適化と効果的な改善が進められるでしょう。

自社に合ったツールを導入することで、マーケティングを進めていくことが可能です。

優秀な人材に外注・業務委託する

スキルや実績を持ったマーケターを外部で雇う方法もあります。

マーケターの中には、自由な働き方を好んで企業に属さない人も少なくありません。そのため、人材を募集するのではなく、外注することも検討してみてください。フルリモートOKにすれば、全国のマーケターを視野に入れられます。

外注や業務委託であれば、繁忙期のみや特定の業務だけをスポット依頼することも可能です。

マーケターをフルタイムで雇用するよりもコストを削減でき、迅速にマーケティングをスタートできるようになります。

関連記事

Webマーケティングの外注にかかる費用相場は?【業務委託を格安で依頼する方法】

Webマーケティングの外注にかかる費用相場は?【業務委託を格安で依頼する方法】

Read More

マーケティング人材の外注で成果を出すコツ

マーケティング人材の外注や業務委託を行う際は、あらかじめ押さえておくべきポイントがあります。

ここでは、マーケティング人材を外注して成果を上げるコツについて見ていきましょう。

  • 理想のマーケター像を明確にする
  • 理想に近い人材を探す
  • エージェントに紹介してもらう

理想のマーケター像を明確にする

マーケティングを外注する際は、理想のマーケター像を明確にすることが大切です。

理想のマーケター像を明確にすることで、採用した後のズレを最小限にできます。

  • 優先度の高い施策
  • 理想的なスキルセット
  • マーケターの性格

「どんな施策を行っていきたいのか」を考えて、そこから逆算するとよいでしょう。

また、SEOに強い人や、広告運用に詳しい人など、デジタルマーケティングで特に重要視したいスキルから、マーケター像を明確にするのもおすすめです。

社内の人間とスムーズにコミュニケーションできるかも重要なので、性格についても絞り込んでみてください。

理想に近い人材を探す

マーケター像が明確になったら、理想に近い人材を探していきましょう。

求人サイトやクラウドソーシングを使うのも有効です。面談を行う際は、得意分野や過去にどんな業種のクライアントで、どのような成功事例があるのかもチェックしてみてください。

また、現在の空き状況や、施策を実行するにあたってのスケジュール感なども確認しておくとよいです。合わせて、面談時にスムーズにコミュニケーションが取れるかも注目しましょう。

自社で実行したい施策が得意なマーケターで、円滑にコミュニケーションが取れる人であれば、安心して業務を任せることができます。

エージェントに紹介してもらう

自社に最適なマーケティング人材を見つけるのが困難な場合は、エージェントに紹介してもらう方法もあります。

デジタルマーケティングに詳しいエージェントを活用することで、自社のニーズにマッチした人材を見つけやすくなるでしょう。ただし、すべてのマーケターがエージェントに登録しているわけではありません。

必ずしも理想的なマーケティング人材が見つかるとは限らないので、その他の方法でも人材を探すようにしましょう。

優秀なマーケティング人材に格安で外注するならマキトルくん!

弊社StockSunでは、月額5万円から優秀なマーケティング人材に業務委託できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

「少額からWebマーケティングを始めたい」
「内製化支援やWeb集客の依頼も検討している」

上記のような課題を抱えている方にピッタリのサービスです。

ここでは、マキトルくんを活用するメリットを3つ紹介させていただきます。

  • 月額5万円から貴社に最適なマーケティング人材を紹介
  • 内製化支援で人材育成もできる
  • Web施策全般に対応で外注を一本化できる

月額5万円から貴社に最適なマーケティング人材を紹介

マキトルくんを利用すれば、月額5万円から優秀なフリーランスのマーケターを活用できます。

事前のヒアリングで貴社に必要なマーケティングスキルを分析し、最適なマーケターをアサインできるのが強みです。

前述した通り、自社で優秀なマーケターを見つけるには労力やコストがかかります。外注先を選定して施策をスタートするまでには、膨大な時間がかかってしまうでしょう。

この点、マキトルくんであれば、実績や経験ともに豊富なマーケターを紹介できます。貴社の課題をヒアリングした後に最適な人材をアサインするため、ミスマッチも最小限にできるのです。また、施策を実行中に問題があれば、担当者を変更することもできます。

「SEOと広告のプロに集客を依頼したい」といった場合は、各分野に精通したフリーランスを集めてチームを構築。

貴社とフリーランスの間には、専属のディレクターが入るためコミュニケーションで問題が起こる心配もありません。自由に社外チームを構築できるのが、マキトルくんのメリットになります。

内製化支援で人材育成もできる

マキトルでは、マーケティングの内製化支援にも対応しています。

例えば、貴社でゼロからマーケターを育成したい場合に最適です。マキトルくんでマーケティング事業を進めつつ、同時に内製化も実行できます。経験豊富なStockSunのスタッフだからこそできる、活きたノウハウを提供可能です。

プロのマーケターが伴走することで、ツールの使い方から複雑な広告の初期設定などもスムーズに完了できるでしょう。

Web施策全般に対応で外注を一本化できる

マキトルくんでは、クライアントのニーズに合ったマーケティングチームを構築できます。

  • SNS+オウンドメディア
  • LP+リスティング広告
  • アクセス解析+内製化支援

例えば、上記のような組み合わせも柔軟に対応可能です。

各分野に精通したプロが多数在籍しているので、必要に応じてチームのメンバーを入れ替えることもできます。

また、複数の外注先に発注している方の場合、マキトルくんに一本化してコストを削減できる可能性が高いです。外注先ごとにかかっていた固定費を節約できれば、その分予算を有効活用できます。

デジタルマーケティングを網羅的に実行でき、コンサル料不要で始められるので、少しでも興味のある方は、マキトルくんの無料相談からお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

インターネットが普及し、デジタル広告やコンテンツ作成などの新しいマーケティング手法に注目が集まる中、新しい技術や変化にすばやく対応し、優れた戦略を考えるマーケティング人材の重要性が高まっています。

しかし、すべての分野に精通した人材を見つけるのは難易度が高いです。また、自社でマーケターを育成しようにも、教育コストが嵩んでしまうデメリットがあります。

代行費用はかかるものの、優秀な外部のマーケテイング人材に依頼して高い成果を得られれば、トータルコストは抑えられます。内製化支援も活用することで、将来的に自社で推進していける体制も構築できるでしょう。

「できるだけ費用をかけずにマーケティングを外注したい」
「優秀で責任感のあるマーケターに業務を委託したい」

その場合は、月額5万円からWebマーケティング全般の施策を依頼できるマキトルくんがおすすめです。

貴社の課題や予算をヒアリングさせていただいたうえで、費用対効果の高い施策を提案させていただきます。コンサル料は不要で、専属のWebマーケティングチームを構築したい方は、ぜひマキトルくんの無料診断へお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。