メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

ホームページの運用は代行してもらえる?費用相場など紹介!

多くの企業がホームページの運用において、顧客獲得に苦労していることはよくあります。ホームページの成功には、適切な戦略と専門知識が必要であり、以下はその手段の一部です。

・目的の明確化
・ユーザーフィードバックの活用
・コンテンツのアップデート
・デザインの最適化
・アナリティクスの活用
・プロフェッショナルの協力
ホームページ運用においてこれらの手段が効果的である一方、企業によってはリソースの制約や専門知識の不足が課題となることもあります。その場合、ホームページ運用代行会社に依頼することが有益な選択肢となります。

この記事では、ホームページ運用代行会社に依頼する際のメリットとデメリットについてご紹介します。

なお、弊社StockSunでは、格安でホームページの運用をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、Web施策を通じて効果的に、最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

ホームページの運用って必要?

ホームページ運用には多くのメリットがあります。以下に、主要なメリットをいくつか挙げてみました。

オンラインプレゼンスの強化

ホームページを運用することで、企業や個人ブランドのオンラインプレゼンスが向上します。インターネットを利用する人々に情報を提供し、知名度を高める手段として役立ちます。

顧客獲得とリード生成

ホームページは新しい顧客を獲得し、リードを生成するための重要なツールです。適切なコンテンツやフォームを用意し、興味を持った訪問者をリードとして取り込むことができます。

情報発信とコミュニケーション

ホームページを通じて、最新情報やニュースを発信できます。また、問い合わせフォームや連絡先情報を提供することで、顧客とのコミュニケーションが容易になります。

商品・サービスの宣伝

ホームページは製品やサービスを宣伝するためのプラットフォームとして活用できます。詳細な説明や画像、ビデオを掲載し、顧客に魅力を伝えることができます。

顧客サポート

よく設計されたホームページはFAQ(よくある質問)セクションやサポート情報を提供し、顧客の質問や不安を解決できます。これにより、顧客満足度を向上させることが可能です。

競争力の向上

競合他社がオンラインで存在感を示している場合、自社もホームページを運用することで競争力を高めることができます。オンライン市場での存在は重要です。

データ収集と分析

ホームページはアナリティクスツールを用いて訪問者データを収集し、ユーザー行動を分析するのに役立ちます。これにより、戦略の最適化や改善が可能です。

24時間365日の利用可能

ホームページは常にオンラインで利用可能です。顧客はいつでもアクセスし、情報を探し、購買を行うことができます。

コスト効果

ホームページは比較的低コストで運用でき、広告や印刷物に比べてコスト効果が高いとされています。

これらのメリットは、ホームページを運用することでビジネスや個人のオンラインプレゼンスを向上させ、多くの機会を創出できることを示しています。

関連記事

WEBサイトの運営って何をすればいいの?費用相場は?徹底まとめ

WEBサイトの運営って何をすればいいの?費用相場は?徹底まとめ

Read More

ホームページ運用代行のメリットは?

ホームページを運用するメリットを前章で取り上げましたが、中々自身で運用を行うことは難しいと思います。そこでホームページ運用を代行会社に依頼することをおすすめします。

ホームページ運用を代行することには多くのメリットがあります。以下に、代行サービスを利用する際の主要なメリットをいくつかご紹介します。

専門知識と経験の活用

ホームページ運用代行会社はウェブデザイン、コンテンツ制作、デジタルマーケティングなどの専門知識と経験を持っています。その知識を活用して、効果的な戦略を立案し、実行できます。

時間とリソースの節約

ホームページの運用には多くの時間と労力が必要です。代行サービスを利用することで、自社のリソースを他の重要な業務に集中できます。

戦略の最適化

代行会社は効果的なデジタル戦略を策定し、ホームページのトラフィックやコンバージョンを向上させるための施策を展開します。戦略の最適化により、顧客獲得を改善できます。

定期的な更新と監視

代行会社はホームページの定期的な更新と監視を行います。これにより、コンテンツの新鮮さを保ち、トラブルを早期に解決できます。

専用ツールの利用

代行会社はウェブアナリティクスやSEOツールなどの専用ツールを活用して、データの収集と分析を行います。これにより、効果的な意思決定が可能です。

柔軟性とスケーラビリティ

ホームページ運用代行会社は、プロジェクトの規模に応じて対応できる柔軟性を持っています。必要に応じてサービスをスケーリングできます。

コスト効率

代行サービスは通常、固定料金または成果報酬型の契約が可能で、コストの予測が容易です。自社で専門家を雇うよりもコスト効率が高い場合もあります。

最新のトレンドとテクノロジーの活用

代行会社は常に業界の最新トレンドとテクノロジーを追跡し、最新のベストプラクティスを導入できます。

これらのメリットにより、ホームページ運用代行を利用することで、効果的なオンラインプレゼンスの構築や顧客獲得の向上が実現できます。企業や個人は、自身のニーズと目標に合わせて代行サービスを検討することが重要です。

ホームページ運用代行のデメリットは?

ホームページ運用を代行する際にもいくつかのデメリットや潜在的な課題が考えられます。以下に、代行サービスを利用する際の一般的なデメリットをいくつかご紹介します。

コスト

代行サービスは通常、一定の費用がかかります。これは、自社で運用する場合に比べてコストがかさむ可能性があります。特に小規模なビジネスにとっては予算の問題となることがあります。

コミュニケーションの課題

代行会社とのコミュニケーションが円滑でない場合、ホームページの運用に関する課題が生じることがあります。要件や目標の共有が不十分な場合、期待通りの成果を得ることが難しいことがあります。

制約と適合性

代行会社は一般的なサービスを提供しますが、特定の業界やビジネスに合わせたカスタマイズが不足していることがあります。独自の要求事項を満たすためには、柔軟性が必要です。

セキュリティとデータプライバシー

代行会社にアクセスを提供する場合、セキュリティとデータプライバシーの懸念が生じる可能性があります。重要な情報やデータが外部に漏洩するリスクがあるため、選定には慎重さが必要です。

依存度の増加

代行サービスを利用しすぎると、企業や個人が代行に依存する傾向が生じることがあります。自身でホームページを運用するスキルや知識の不足が進行し、自己管理能力が低下する可能性があります。

品質の一貫性

代行会社の品質や効果が一貫しない場合があります。一部の代行会社は期待に応えるかもしれませんが、他の場合には満足できる結果を提供できないこともあります。

契約条件

代行会社との契約条件や解約手続きが複雑で、長期間にわたる契約になることがあります。契約内容をよく理解し、将来的な変更に備えることが大切です。

これらのデメリットや課題は、代行サービスを利用する際に注意が必要な点です。企業や個人が代行サービスを選択する際には、メリットとデメリットをバランス良く考慮し、自身の目標に合致する選択をすることが大切です。

ホームページ運用代行の費用相場

前章まではホームページ運用代行会社に依頼するメリットデメリットを紹介しました。この章では、実際に管理を依頼する際の費用相場についてご説明します。

ホームページ管理費の相場は一般的には月額5,000円~2万円程度です。セキュリティ性や障害時対応を重視する場合や大規模サイトになると月額5万円を超えてきます。
予算がよくわからない場合は、まず一般的なホームページ管理費の相場である月額5,000円〜2万円の予算を毎月確保しておくとよいでしょう。
なお、金額は4つの区分に分かれ、それぞれの相場により作業内容の量や管理者となる発注先は以下のように異なってきます。

月額相場

管理内容

発注先

~5,000円

サーバー

ドメイン

SSL

自社で管理

5,000円

〜2万円

サーバー

ドメイン

SSL

コンテンツ更新

障害対応

中小規模の制作会社

2万円

〜5万円

サーバー

ドメイン

SSL

コンテンツ更新

障害対応

CMSメンテ

レポーティング

中小規模の制作会社

大手制作会社

5万円~

サーバー

ドメイン

SSL

コンテンツ更新

障害対応

CMSメンテ

レポーティング

コンサルティング

大手制作会社

【月額5,000円以下】自社で管理する際の相場

月額5,000円以下のホームページ管理
・サーバー・ドメインなどの最低限の維持費
・基本的には自社で管理
ホームページ管理費が5,000円以下の相場ではサーバー・ドメイン・SSLなどの最低限の維持のみが含まれます。コンテンツの修正は自社で行うか、その都度、制作会社に依頼する必要があります。

基本的には自社でホームページを管理する場合がほとんどですが、一部の制作会社が格安で運用プランを提供していることがあります。その際、制作会社が保有するサーバーでホームページを管理することがあるのですが、これには注意が必要です。

【月額5,000円〜2万円】一般的な管理費の相場

月額5,000円〜2万円のホームページ管理
・最低限の維持費に、コンテンツ修正が追加される
・月に数時間程度の作業代行費が含まれている
・会社によっては障害対応(保守)も行ってくれる
5,000円〜2万円の価格帯が一般的なホームページの管理費としては最も多い価格帯です。月に数時間もしくは数回程度のコンテンツ修正を行ってもらえます。

月額相場

管理内容

発注先

5,000円〜2万円

サーバー

ドメイン

SSL

コンテンツ更新

障害対応

中小規模の制作会社

ホームページの更新頻度が月数回程度の場合は、この相場のコンテンツ更新費用で対応可能。
ただし、大幅なデザイン変更や新規のページの追加の場合は別途料金が発生する可能性が高いです。事前に制作会社に確認しておくと良いでしょう。

会社によっては、この金額でも障害対応(保守)も行ってくれる場合があります。

【月額2万円〜5万円】しっかりとした管理が期待できる相場

月額2万円〜5万円のホームページ管理
・CMSのメンテナンスや月次のレポートなどの作業が含まれる
・大手の制作会社に管理を依頼する
2万円〜5万円のホームページ管理費の価格帯は、コンテンツ更新、障害対応など一般的な管理費の作業内容に加えて、月次のパフォーマンスのレポートや充実したサポートが受けられます。

月額相場

管理内容

発注先

2万円


〜5万円

サーバー

ドメイン

SSL

コンテンツ更新

障害対応

CMSメンテ

レポーティング

中小規模の制作会社

大手制作会社

ただし、制作会社によって作業内容が大きく異なるため、管理を依頼する前に必ずどのような作業内容が含まれているかを確認しましょう。

※この相場では、レポートや簡単な集客のアドバイスが受けられるプランが存在しますが、本格的な集客のコンサルティングは受けられないと考えた方が良いでしょう。

【月額5万円以上】集客のために攻めの運用を行う相場

月額5万円以上のホームページ管理
・ホームページの包括的な管理
・SEO・コンテンツマーケティングなどの集客面のアドバイス
・ホームページ上で売上を上げるためのコンサルティング
5万円の価格帯はホームページの管理に加えて、集客・利益向上面でのサポートも充実してきます。

ただし、5万円程度ではあくまで「アドバイス」程度。
本格的に集客支援を依頼する場合、月間20~30万円はかかると考えた方が良いでしょう。

月額相場

管理内容

発注先

5万円~

サーバー

ドメイン

SSL

コンテンツ更新

障害対応

CMSメンテ

レポーティング

コンサルティング

大手制作会社

この価格帯は制作会社1社に依頼するよりも、「最低限の維持は制作会社に」「集客部分はWebマーケティングの会社に」と依頼先を分けている会社も多いです。

制作会社が制作から集客支援まで一貫してサポートしている場合もあります。
集客やWebマーケティングに知見のある制作会社かどうかを依頼前に見極めておくことが非常に重要です。
参考:【かんたん解説】ホームページ管理費・保守費用の内訳と相場

上記の金額はあくまで一般的な目安であり、個々のプロジェクトによって異なります。ホームページ運用代行会社との契約前に、詳細な見積もりとプロジェクトスコープを確認し、予算を設定することが重要です。また、複数の代行会社と相見積もりを行い、適切な価格とサービスを選ぶことをお勧めします。

おススメの代行会社については、以下記事にて解説しています。

関連記事

ホームページ制作会社おすすめ21社|一覧比較図解表あり!選び方・費用相場をプロが徹底解説【2024年最新版】

ホームページ制作会社おすすめ21社|一覧比較図解表あり!選び方・費用相場をプロが徹底解説【2024年最新版】

Read More

ホームページの制作を依頼したいときには、以下記事をご確認ください。

関連記事

フリーランスと共に築くホームページ制作?費用対効果についても解説

フリーランスと共に築くホームページ制作?費用対効果についても解説

Read More

弊社StockSunでは、格安でホームページ運用代行をはじめとするWeb集客全般の施策を依頼できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。
月5万円からの定額サービスになっているので、ホームページ運用でお困りの方、Web施策を通じて最小限のコストで売上を最大化させたい方に最適です。

最小限のコストで迅速に結果を出したい方は、ぜひマキトルくんの利用をご検討ください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

次の章で「マキトルくん」について詳しくご紹介します。

ホームページ運用会社ならマキトルくんがおすすめ!


「効果的なホームページ運用会社を料金を抑えて依頼したい」
「でも質の高い広告代理店を探す自信や時間がない」

こうした方におすすめしたいのが、月額5万円からご依頼いただける「マキトルくん」です。

Webコンサル会社であり、実績豊富なフリーランス集団であるStockSunだからこそできる費用対効果の高いサービスになっています。

ここでは、ホームページ運用でマキトルくんを活用するメリットを3つご紹介させてください。

  • 月5万円から優秀なフリーランスにホームページ運用を依頼できる
  • ホームページ運用だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応
  • 外注を一本化できるためコスト削減につながる

月5万円から優秀なフリーランスにホームページ運用を依頼できる

マキトルくんでは、月額定額5万円より優秀なフリーランスにホームページ運用を依頼できます。

コンサル料がかからないため、「優秀なプロに依頼したいものの、高額な費用を支払う予算がない」といった企業にも安心してご利用いただけます。

また、ホームページ運用を担当するのは、StockSunに在籍する2,000名以上のフリーランスの中から、上位20%の優秀な人材に厳選しております。自社で優秀な人材を探す手間がかかりません。

  • ホームページ運用スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 目的の達成意識

上記の要素を備えたフリーランスだけをアサインいたしますので、高クオリティーなホームページ運用が可能です。

ホームページ運用だけでなくWebマーケ全般の実行支援に対応

マキトルくんでは、ホームページ運用だけでなく、マーケティング全般の実行支援を月額定額制で依頼いただけます。

  • ホームページ運用を内製化したい
  • コンバージョン率の高いホームページ運用したい
  • ホームページ運用だけでなくSNS運用やLP制作なども任せたい

上記のようなニーズにも柔軟に対応可能です。

まず貴社のニーズ・課題を丁寧にヒアリングした後で、最適なご提案をさせていただきます。施策の内容が決定したら、次に必要な人材を集めて独自のチームを構築し、業務に取り掛かっていく流れです。

「とはいえ、複数のフリーランスを集めたら連絡を取り合うのが面倒そう」

この問題を未然に防ぐために、マキトルくんでは専属のディレクターが貴社とフリーランスの間に入ります。ヒアリング能力の高いディレクターが担当いたしますので、コミュニケーションコストを最小限にすることが可能です。

外注を一本化できるためコスト削減につながる

現在、複数の外注先に業務を委託している場合、マキトルくんに外注を一本化すればコストを削減できます。これまで個別に発生していた固定費をまとめるだけでも、支出を最小限にできるでしょう。

マキトルくんに一本化した場合、チーム内で綿密にコミュニケーションを取ることが可能です。それぞれの担当者が成功事例・進捗状況を共有しながら、スピーディーかつ費用対効果の高い施策を実行できます。

最小限のコストでスピーディーにホームページ運用を依頼したい方は、ぜひマキトルくんの無料相談へお問い合わせください。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

ホームページ運用を効果的に行うことは、さまざまなメリットがあります。ホームページ運用を代理店に依頼する場合は追加で代行手数料がかかりますが、専門知識を用いた適切な運用が期待できます。費用対効果を高めたい場合は、広告代理店の活用も検討しましょう。

「ホームページ運用を効果的に、最短で行い、売上アップにつなげたい」

「外注を1本化してコストの最適化を図りたい」

その場合は、弊社StockSunのマキトルくんをおすすめします。

マキトルくんでは、優秀なディレクターとフリーランスによる質の高い実行支援を月額定額で提供しています。効果的なホームページ運用についてプロによる戦略をお求めの方は、お気軽にお問い合わせください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。