メールで
無料相談
LINEで
無料相談













TOP

優秀なWebマーケターを採用するコツ【StockSunのプロが実例つきで解説】

更新日
優秀なWebマーケターを採用するコツ【StockSunのプロが実例つきで解説】

「Webマーケターの採用がうまくいかない」
「施策の実施が遅れてビジネスチャンスを逃している」

現代ではWebマーケティングの重要度が日に日に増しています。

そんな中、複数の幅広いマーケティング手法に精通したい人材を見つけるのは困難で、採用担当は頭を悩ませているものです。優秀なWebマーケターを採用するには、どのような対策を講じるべきなのでしょうか。

本記事では、Webマーケターを採用するための戦略設計から、具体的な方法まで解説します。

ちなみに弊社StockSunでは、採用マーケティングを含むWeb施策全般を依頼できる「マキトルくん」というサービスを展開しています。

採用マーケティングはもちろん、優秀なWebマーケターを月額5万円から依頼することも可能です。

人材不足にお悩みの方は、ぜひマキトルくんの無料相談をご利用ください。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。

優秀なWebマーケターの採用が難しい理由

以下2つの理由から優秀なWebマーケターの採用が難しくなっています。

  • 需要が増えているがマーケターが少ない
  • 手法が多様化しておりマッチする人を見つけにくい

需要が増えているがマーケターが少ない

Webマーケティングに取り組む企業が増えるにつれ、Webマーケターの需要が高まっています。

しかし、Webマーケティング全般の知識を持った人材は不足しているため、慢性的な人手不足になっているのです。

また、優秀なWebマーケターほど企業が抱えていることもあり、転職市場に現れにくい傾向にあります。需要に対する人材が不足しているのが現状と言えるでしょう。

手法が多様化しておりマッチする人を見つけにくい

Webマーケティングの手法は多岐に渡るため、採用したい人材とマッチしにくいことも理由の1つです

Webマーケターと一括りにしても、人によって得意分野は異なります。

  • SEO
  • SNS運用
  • Web広告運用
  • YouTube
  • ダイレクトメール

例えば、上記のように様々なWebマーケティングの手法があるものです。

採用を考えている多くの企業が、複数のWeb施策を実行したいと考えているでしょう。そのため、複数のスキルに精通した人材の採用はハードルが高くなっているのです。

関連記事

BtoBマーケティング支援会社10選【プロがおすすめする失敗しない進め方】

BtoBマーケティング支援会社10選【プロがおすすめする失敗しない進め方】

Read More

Webマーケターを採用する際のポイント

Webマーケターの採用が難しくなっており、優秀な人材を集めるためには、戦略的に採用活動を実施する必要があります。

優秀な人材を採用するためには、以下3つのポイントを意識しましょう。

  • ペルソナを設計する
  • エージェントに布教活動をする
  • アルバイトや業務委託も検討する

ペルソナを設計する

まずはじめに、マーケターのスキルや人柄など、自社が求める人物像(ペルソナ)を設計しましょう。ペルソナを明確にすることで、適切な採用戦略を立てられるようになります

採用活動におけるペルソナ設計の流れは以下の通りです。

  • 現場のスタッフに対してどのような人物が欲しいかヒアリングする
  • 採用目的を確認して求める条件等を書き出す
  • 現在の市場感を踏まえて微調整する

ペルソナを作成する際は、以下のような項目を設定するのがおすすめです。

  • 性別
  • 最終学歴や経歴
  • 家族構成
  • 趣味
  • 性格やキャリア観
  • 身につけたいスキル・身につけているスキル
  • 企業に求めるもの

エージェントに布教活動をする

転職エージェントを利用する場合には、エージェントに自社が求める人物像について情報提供することが大切です。

エージェントは成果報酬で働いていることが多く、マッチングしやすい案件を優先的に扱う傾向があるからです。

エージェントに対して情報共有をして、優先的に人材を紹介してもらえる体制を作っておきましょう。

この内容は以下の動画でもご覧になれます。

アルバイトや業務委託も検討する

正社員として採用するのが難しい場合には、アルバイトや業務委託での採用も検討してみましょう。

Webマーケターはリモートワークが可能な職種であり、仕事量の調整がしやすいアルバイトや業務委託を好む人や、自由度の高い職場を求める人も多いからです。

特にリモートワークを可能にすると、遠方に住んでいる人材も採用の対象にできます。

「そもそも応募数が少ない」という場合には、雇用形態や福利厚生を見直してみましょう。

関連記事

【2024年最新】Webマーケティング支援会社ランキング30選!選定時のポイントをプロのマーケターが解説

【2024年最新】Webマーケティング支援会社ランキング30選!選定時のポイントをプロのマーケターが解説

Read More

優秀なマーケターを採用する方法【StockSunのプロの極意】

優秀なマーケターを採用する際は、以下6つのポイントを意識することが重要です。

  • 採用の前提条件を決める
  • 将来性を見せる
  • なるべく多くの媒体で求人を出す
  • 媒体を絞り込む
  • メッセージをブラッシュアップする
  • YouTubeチャンネルの運営

この内容は動画でも解説しているので、こちらもご活用ください。

採用の前提条件を決める

事業者としてどんな人材が欲しいのかを明確にする工程です。

前提条件を明文化することで自社にマッチした人材を採用しやすくなります。前述したペルソナ設定と共通する項目です。

  • 年齢
  • 性別
  • 居住エリア
  • どんな性格か
  • どんな背景を持つ人物か

以上のような項目を明らかにしておくことが重要です。

また、明文化された人物像が、どんな会社に行きたいと思っているのかをリサーチして理解度を深めておきましょう。

この点を理解したうえで、自社の魅せ方を工夫すれば欲しい人材に伝わりやすくなります。

将来性を見せる

欲しい人材に対して、将来性を見せることも採用の確率を高める方法の1つです。

弊社StockSunのクライアントの場合、実際に「3年後に手に職がついて年収1000万円保証します」と将来性を見せて募集したところ、優秀な人材が集まって全員採用になった事例があります。

将来性を記載する際は、30年後などの遠い将来ではなく、数年後くらいの想像しやすい未来にするのがポイントです。

また、年収や業績など具体的な数値を記載すると、イメージしやすく効果が高まります。

自社の実例をもとに「このような働き方をすれば、〇〇年くらいで年収〇〇円になって、やりがいのあるプロジェクトを牽引できるようになりますよ」といったアピール方法も活用してみてください。

なるべく多くの媒体で求人を出す

求人を出す際は、予算が許す範囲内でなるべく多くの媒体を利用しましょう。なぜなら、はじめはどの媒体の費用対効果が高いのか判別できないからです。

求人サイトの単価は1万円から数万円が相場になります。

全体の費用感は「1万円から数万円×欲しい問い合わせ件数」で算出可能です。

予算を求人サイトの媒体数で割れば、1媒体あたりの予算が計算できます。

<例>(3万円×100名)÷媒体5つ=1つの媒体あたりの予算60万円

複数の媒体で求人を出して費用対効果をチェックしてみてください。

また、求人媒体ごとに閲覧数が違うので、閲覧数をもとに予算の振り分け方も検討しましょう。

媒体を絞り込む

実際に求人を出してデータが取れ始めたら、費用対効果の高い媒体に絞り込んでいきましょう。

ここでポイントとなるのは「見てもらいやすい媒体」と「問い合わせに繋がる媒体」を認識することです。

例えば、Instagramで多くの人に見られていても、直接問い合わせに繋がらないケースは珍しくありません。

しかし、細かくデータを見ていくと「Instagram→Google検索」といった流れで問い合わせに繋がっていることもあるのです。

この場合、問い合わせに繋がっていないからInstagramをやめてしまうと、認知度が下がってGoogle検索からの問い合わせも減ってしまう可能性があります。

組み合わせを理解したうえでデータを分析して、価値の高い媒体に絞り込んでいきましょう。

また、将来性を見せるメッセージの部分を、媒体ごとに分析するとさらに精度が上げられます

年収をアピールするのか、やりがいをアピールするのかなどを見極めて、媒体ごとに最適なメッセージを絞り込んでみてください。

メッセージをブラッシュアップする

求人広告に入れ込むメッセージをブラッシュアップする工程です。

例えば「3年で1000万円稼げます」と書くか「まだ年収400万円で頑張っているんですか?」と書くかで、見てくれる人の数が大きく変わってきます。

異なるメッセージを配信してみて、どちらの方が反応が取れるのかチェックしてみましょう

ブラッシュアップを繰り返すと、費用対効果を最大化できるようになります。

YouTubeチャンネルの運営

YouTubeチャンネルを運営して、仕事内容や自社の雰囲気を伝えるのも有効な手段です。

動画は盛り込める情報量が多く、求職者の関心を惹きやすくなります。

実際に弊社のクライアントでは、YouTubeを採用活動に活用した結果、月数十万〜200万円ほどで、年間の採用費用が大幅に削減できたという企業が10社近くありました

また、YouTubeから応募した人は動画によって自社についての理解を深めているため、採用確定率も高くなりやすいです。

「応募者はいてもなかなか採用につながらない」という場合は、YouTubeチャンネルの運営も検討してみてください。

優秀なマーケターを採用するために選考で確認するべきこと

優秀なマーケターを採用する際には、選考時に以下3点をチェックするようにしましょう。

  • スキルや実績が豊富でニーズに合っているか
  • コミュニケーション能力が高いか
  • 論理的思考力や分析力が高いか

スキルや実績が豊富でニーズに合っているか

まず、保有しているスキルや経験が十分にあり、かつ自社が求めているものと一致しているかどうか確認しましょう。

一口にWebマーケターと言っても得意分野は多岐にわたるからです。

自社のニーズとマッチしているか確認しないと、SNSマーケティングが得意な人にコンテンツマーケティングを依頼するようなことになりかねません。

相手の得意分野で能力を最大限に発揮してもらえるよう、選考時に確認することが大切です。

コミュニケーション能力が高いか

コミュニケーション能力が高く、スムーズに共通理解を得られるかは、選考時の重要なチェックポイントです。

例えば、Webマーケティングの戦略や方向性を決める際、スムーズに意思の疎通ができなければ、迅速に施策を実行することができません

コミュニケーション能力がない人だと、話し合いに時間がかかったり、意図した施策を実施してもらえなくなったりしてしまいます。

Webマーケティングの施策は、スピード感が大切な場面も多々あります。ビジネスチャンスを逃さないためにも、コミュニケーション能力が高い人を探していきましょう。

論理的思考力や分析力が高いか

論理的思考力や分析力が高いかも、選考時にチェックすることをおすすめします。

Webマーケティングは手法だけでも多岐に渡り、適切な施策を選んだり、その中で顧客を惹きつける訴求の仕方を探したりする必要があるからです。

市場を冷静に分析し、適切な戦略を導き出すための論理的思考力を持ち合わせた人材かどうか吟味しましょう。

ただし、全ての要素が完璧に揃った人材に出会う確率はそこまで高くありません。Webマーケターが不足している現在では、長期的な視点で採用した人材を教育していくことも検討するべきでしょう。

スキルだけでなく社内の人間と溶け込めるかや、将来性があるかなどを分析して、お互いにメリットのある採用が理想的です。

採用活動を実施するには社内リソースの知識も抑えておく必要があります。

関連記事

社内リソース活用術!効果的な管理でビジネス成功へ

社内リソース活用術!効果的な管理でビジネス成功へ

Read More

優秀なWebマーケターの採用を外部に委託するならマキトルくん【月5万〜】

弊社StockSunでは月額5万円からマーケターに外注できる「マキトルくん」というサービスを提供しています。

  • マーケターを採用するのではなく外注したい
  • マーケター採用のための企業HPにおける採用ページやYouTube動画作成したい

上記のような用途に活用いただけます。

マキトルくんを利用するメリットは以下の通りです。

  • 外注コストを安く抑えられる
  • 優秀なフリーランスに依頼できる
  • コミュニケーションコストが低い

外注コストを安く抑えられる

マキトルくんを活用すると、外注コストを安く抑えられます。

複数のWeb施策を月額5万円からまとめて依頼が可能のため、現在複数の外注先へ発注している方は、マキトルくんに一本化してコストを削減できるでしょう。

必要な作業のみスポットで依頼することもできます

経験豊富なプロのマーケターに施策を任せられるため、ゼロから人材を採用するよりも低コストでWebマーケティングを始められるのがメリットです。

優秀なフリーランスに依頼できる

マキトルくんでは、StockSunが抱える3,000名以上のフリーランスに格安でWebマーケティングを依頼できます。

課題をヒアリングした後、最適な人材を集めて専門のチームを構築。どのような施策でも柔軟に対応できるのが強みです。

また、各人が密に連絡を取り合えるので、メンバー同士が情報提供し合い、効率的に実行支援にあたれます。

複数の外注先に依頼するよりも団結力や統一感が生まれて、迅速にWebマーケティングを進めていけるのです。

コミュニケーションコストが低い

マキトルくんでは、貴社とフリーランスの間に専属のディレクターが入ります。

そのため、Webマーケティングの知識がない方でも、ディレクターがヒアリングしてチームメンバーに的確な言語化するため安心です。ディレクターを担当するのは、弊社の厳しい基準をクリアした人材のみになります。

施策の実施で不明点がある場合には、ディレクターにご連絡いただければ、チームで共有し対応いたします。

月額5万円〜!戦略設計から施策実行までまるっとサポート

マキトルくんの詳細を確認する

まとめ

Webマーケターは需要が高まっているものの、スキルを持った人材が少ないため採用が難しくなっています。

採用活動においても動画を活用したり、他社との差別化を図ったりなどの工夫が必要です。採用がうまくいかない場合には、業務委託も検討してみてください。

StockSunのマキトルくんでは、貴社が行いたい施策が得意なWebマーケターをすぐに紹介可能です。

3,000名のフリーランスが在籍しており、複数の施策を実施す

ルくんを活用して、Webマーケティングを始めてみてはいかがでしょうか。

さらに、マキトルくんと比較に挙がるサービスとの比較表も参考資料として掲載していますので、ぜひご活用ください。


StockSunは、日本トップクラスのフリーランスや経営者を束ねる精鋭組織です。

従来の「社員モデル」の会社に対して課題意識を持ち、
業務委託のみでの組織構築に挑戦
しています。


そんな弊社にWeb業務を相談するメリットは大きく4つあります。


①担当者の指名が可能
 総勢35名超の所属コンサルタントが、すべて透明化されています。
 社員モデルでよく起こる「担当者ガチャ問題」が起こりません。

②人材のスクリーニングが激しい
 弊社が実際に発注し、「このヒトでよかった」と思った人材"のみ"をコンサルタントとして迎え入れています(通過率1%以下)
 実力が確かめづらくムラもある社員モデルよりも「ハズレ」の確率が極めて低くなります。

③常に成果が求められる苛烈な競争構造
 StockSunは、雇用型の組織ではありえない品質担保・社内競争の仕組みを整備しています。
 たとえば、利益ランキングの外部公開品質チェックのための社内特設チーム設置クビのガイドライン制定クレーム窓口の設置などが挙げられます。

④Webに関するあらゆるお悩みをStockSunのみで解決可能  
 多種多様な職能を持ったコンサルタントが所属しているため、領域を横断したご支援が得意です。  
 「弊社では対応できません」ということはほとんどなく、顧客の利益を無視した「自社商材に誘導する強引な提案」をすることは100%ございません。



StockSunのメンバーは、
「結果を出さないと自分の収入が減る」だけではなく、
「最悪StockSunからも切られる」
という恐怖と日々戦っています。


貴社の事業課題の解決に本気で取り組みますので、
まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。