メールで
無料相談
LINEで
無料相談

















TOP

Web広告の運用代行会社選定方法|かかる費用相場・運用できる広告の種類を解説

更新日

Web広告は今や全メディアの中で最も重視されています。

市場が拡大し競争が激しくなる中で、ニーズに沿った広告運用をするにはWeb広告についてしっかりと理解し、常に最新情報をキャッチアップして都度アップデートしていかなければなりません。

「でも自分の会社では十分な広告運用は難しい」「今にあった運用が出来ているか不安」というご担当者の方、代行運用という方法を試してみませんか?

今回は、Web広告の種類と代行運用を行うメリットについて詳しくご紹介いたします。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

Web広告の代行とは?

Web広告の代行運用とは、オンラインで表示される広告の管理・運用を外部に外注することです。

逆に自社で運用することを「インハウス」と言います。

Web広告代行では、広告代理店やWeb制作会社、あるいは運用スキルのある個人に依頼するのが一般的です。

Web広告はマス広告のように幅広い層へ宣伝してブランドや商品の認知拡大を狙うだけではなく、コンバージョン獲得も目的としています。

コンバージョンとはWeb広告の成果を意味し、企業や広告内容によってその内容は変わります。

購買・サービスへの登録・資料請求などが一般的です。

代行を依頼された業者はクライアントの広告が求めるコンバージョンを得るために、目的と現状の分析を行い、施策を提示し、広告を作成・運用します。

※マス広告・・・テレビ・ラジオ・雑誌・新聞など、大衆(マス)に向けた広告のこと

運用型Web広告の種類

Web広告には、配信先の媒体やターゲット設定などを調整する運用型広告と、運用が必要ない純広告があります。(予約型広告とも)

純広告はあらかじめ、

  • 配信先メディア
  • 掲載期間
  • 広告枠

が決まっています。

純広告は良い広告枠を獲得できれば宣伝効果の向上も期待できますが、掲載期間が終わるまではユーザーの反応を見て調整ができないというデメリットもある方式です。

Web上ではより柔軟な対応ができる運用型広告がほとんどで、2023年2月に電通が発表した「2022年 日本の広告費」内のインターネット広告媒体費の取引手法別構成比では運用型広告はWeb広告全体の85.4%を占め、総額は2兆円を超えています。

画像引用元:「2022年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」 – News(ニュース) – 電通ウェブサイト

では、運用型のWeb広告にはどんな種類があるか見ていきましょう。

リスティング広告

画像引用元:目標に合わせて選べる広告タイプ – Google 広告

リスティング広告とは、Googleなどの検索エンジンで表示される広告です。

ユーザーが検索したキーワードに関連するテキスト広告が、検索結果よりも上位にスポンサーとして表示されます。

検索ワードに連動するという特質から、ユーザーニーズに合った広告が表示されやすくコンバージョン率の向上が期待できます。

ネイティブ広告

  1. 画像引用元:Facebookフィードに配信する「認知度アップ」を目的とする画像広告の仕様 | Facebook広告ガイド

ネイティブ広告とは、Webメディアの記事一覧の中に入れる広告です。

以下の種類があります。

  1. インフィード:そのメディアの一般投稿と同じ形式で表示されます。「プロモーション」「PR」と明記され、広告であることが分かるようになっています。
  2. レコメンドウィジェット:「この記事もおすすめ」の中に関連記事の中に表示される広告です。
  3. プロモートリスティング:大手ECやポータルサイトなどでサイト内検索した際、検索結果として広告主の店舗や初品が優先的に表示されるタイプの広告です。
  4. ネイティブ要素のあるインアド:Google Adsenseのように、コンテンツページに関連するバナーや画像が表示されます。海外でよく見られるタイプです。
  5. カスタム型:プラットフォーム特有のスタイルの広告です。Spotifyのブランド公認プレイリストや、LINEの企業スタンプなどがこれに当たります。

SNS広告

画像引用元:Facebook広告ガイド: 広告形式の仕様と推奨事項 | Facebook広告ガイド

Instagram、Facebook、Twitter、TiKToK、LINEなどのSNSに出す広告のことです。

タイムラインやストーリーズ、リールなど、タイムラインやおすすめコンテンツに自然に入り込む形式のものが多いです。

登録時のデータ(大体の年齢・性別・趣味など)と、そのSNS上の行動データを元に精度の高いターゲティングができるのがメリットです。

動画広告

企業やブランドの広告動画をWeb上で流すことで、認知拡大やブランディング、コンバージョンに繋げるのが動画広告です。

15~30秒ほどの短い動画が多いですが、視覚・セリフ・音楽で短時間でも多くの情報を伝えられるのが大きなメリットです。YouTubeやTiKTokなどの動画プラットフォームや、メディアのWebサイト、アプリ内広告などに使われることが多く、今後も拡大していくと予想されます。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

Web広告を運用代行に依頼する際の費用相場

広告代理店や制作会社などにWeb広告の運用代行を依頼する場合の費用目安について見ていきましょう。

初期費用:3~10万円

手数料:広告費の20%程度/月

初期費用は、アカウント作成・解説、キーワード選定など広告出稿のために必要な事前準備に発生する手数料です。

手数料は広告運営の諸作業に対する費用で、20%程度が一般的な相場です。

たとえば毎月の広告費が100万円の場合は、20万円を手数料として支払う計算になります。

ただ、手数料の額は広告の予算によっても変動します。

20~25万円以下の少額運用の場合は、手数料は5万円程度が一般的です。

媒体や広告の種類によっても手数料の金額や割合は変化することがあるので、見積りをしっかりと確認しましょう。

Web広告の運用を代行を依頼する4つのメリット

Web広告を代理店や制作会社に代行してもらうメリットについてご紹介します。

プロによる広告作成・運用ができる

広告運用を外部に代行するメリットとしてまず挙げられるのは、「経験豊富なプロが運用してくれる」という点でしょう。

広告代理店や制作会社は、日々様々な分野の広告運用を行っているので豊富なノウハウがあります。

もしも社内でWeb広告に精通した人材がいなくても、プロに外注すれば人材育成の手間をかけず最初から効率がよく質の高い仕事が期待できます。

ただ、業者や担当者の能力によって、広告の成果もかなり左右されるのも事実です。

Web広告運用を業者に依頼する場合は、担当者の経歴や得意な分野について調査し、自社のニーズに適しているか吟味しましょう。

Web広告の最新情報が手に入る

Web広告の最新情報は、各媒体の担当者から代理店や制作会社がいち早く伝えられます。

Web上の広告運用のルールや規定は短期間で変わることも多いですし、新機能も続々と登場しています。

一般的な企業では最新情報を得るために自発的にセミナーに参加しなければならないなど、情報のキャッチアップの精度や頻度が属人的になりがちです。

アップデートされたルールや新機能にいち早く対応し結果を出すなら、Web広告に特化した業者に依頼するのが近道と言えるでしょう。

HP/LPの制作や改善もできる

Web広告の運用代行業者は、各媒体に掲載する広告だけでなく、コンバージョンレートが出やすい LPやHPの制作・改善のノウハウがあります。

広告でインプレッションやクリック率が稼げても、成果に繋がらなければ意味がありません。

購買・問合せ・資料請求などCVRを向上するためには、流入したユーザーを引き付けるページ作りが必要です。

しかし、自社運営だと担当者の好みが反映されることもあったり、競合他社の情報が少ないなどの理由で、分析や数値目標の設定も主観が強くなることが多いです。

運用代行を利用すれば、第三者的な視点と徹底した分析から客観的に改善できるため、無駄のない広告運営ができます。

社内の人員・工数的なリソースを削減できる

Web広告の自社運用(インハウス)を始めるにあたっては、初期費用や教育のためのコストがかかります。

実践レベルまで人材が育ったり、経験者をジョインさせるとしても、毎月の人件費や社内の組織体制の整備といった負担があります。

会社の規模や広告の目的によっては、社内にリソースを作るよりも外注した方がコストパフォーマンスが良いケースも少なくありません。

広告運用を外部に依頼すれば、分析・設計・報告・改善など一連の作業を専門家が代行してくれるので、社内の人材は他の業務に専念できます。

Web広告を運用代行に依頼する2つのデメリット

Web広告の運用代行を利用することはメリットも多いですが、デメリットがないわけではありません。

依頼前に知っておきたい2つのデメリットをご紹介します。

広告費とは別に手数料がかかる

先ほどもご紹介したように運用代行を依頼する場合は、業者に手数料を毎月支払う必要があります。

広告費だけでも安くない経費が必要なのに、それに加えて手数料もかかることが代行依頼へのネックになっている会社も少なからずあるでしょう。

では、広告運用代行ではどんな作業を代行してくれるのでしょうか?

  1. 入札調整
  2. キーワード単位での単価を調整
  3. 広告最適化のためのA/Bテスト
  4. 除外するキーワードの設定
  5. 追跡型広告の提案
  6. 運用の報告レポート
  7. 訪問コンサルティング

などの業務が外注で任せられます。(レポートや訪問は有料オプションのケースも)

Web広告運用は調査・分析・改善を繰り返すので、自社運用するなら専門の人材やチームを確保しなければなりませんし、専門的な知識やノウハウが必要です。

それを考えると、広告運用代行にかかる費用は決して高いものではないのかもしれません。

相性によっては思うような成果が出ないことがある

Web広告の運用代行業者に依頼しても、思ったような成果が出ないこともあります。

その要因としては、

  • コミュニケーション不足(目的やイメージの共有が出来ていない)
  • 分野や媒体との相性が悪い
  • 運用実績のない代理店に依頼した

などが考えられます。

こういった失敗を防ぐためにも業者に依頼する場合は最初から1社に決めずに、複数の会社に相談して比較・検討しましょう。

Web広告を運用代行する会社を選ぶポイント

Web広告運用の代行会社を選ぶ時に重視したいポイントをご紹介します。

会社のサイトやコラムなどのチェック

依頼したい会社の公式サイトやサイト内のコラム、ブログなどは、その会社がどんな分野に強いかの判断材料になります。

たとえば、同じWeb広告でも、検索エンジンのリスティング広告に強いのか、SNSを使ったマーケティングに長けているのかで成果や相性が変わってきます。

また、どんな実績があるのか、その会社がどんなサイトやLP(ランディングページ)を制作しているのかもチェックしたいポイントです。

制作物のクオリティやテイストが自分達の理想に近い会社だと、イメージが共有しやすいですよ。

検索エンジンや組織の認定を受けているか

  1. GoogleやYahoo!などの検索エンジンには、認定パートナーといって広告について一定以上の知識を持った人に認定視覚を授与する制度があります。
  2. また、定められた最適化スコアを達成すれば、代理店自体がパートナーとして認められ、最新情報や新機能をいち早く入手できます。
  3. ノウハウや実績に優れた会社にWeb広告運用に依頼したいという場合は、認定パートナー制度は業者選びの指針の1つになります。

検索エンジンのパートナー制度以外にも、組織独自の認定制度を設けていることもあります。

StockSunは、4000名の中の上位1%をパートナーとして認定。

プロジェクトの品質的責任を担える人材が揃っているので、広告運用の外注が初めてだったり、スキルのある人に発注したいとお考えの場合にもおすすめです。

契約内容やサポート体制が希望に沿っているか

  1. 業者によって契約期間、手数料内での作業内容、サポート体制が異なります。
  2. 契約期間のしばりがある会社の場合は、運用内容や成果が出なくても途中解約できません。
  3. また、会社によっては希望する作業を依頼するためには別途料金が必要となるケースがあります。
  4. 適切な内容で契約するためにも、まずはどのような成果が欲しいのか明確にしておくと業者選びにも役立ちます。

サポート体制も会社によって大きな差があります。代行が初めてだったり、社内での広告運用の経験が無い、またはノウハウがない場合はサポートが充実した業者を選ぶことをおすすめします。

【成功事例】WEB広告運用・HP・LPの制作・改善ならStockSun認定パートナー山口雄貴へご相談ください

StockSun認定パートナーの山口雄貴は、HP・LP制作や改善のプロフェッショナルとして様々の企業のWebサイトをディレクションを行った実績があります。

CVR170%向上、顧客獲得単価59%ダウンした事例もあり、ニーズに合わせた的確な設計を得意としております。

コミュニケーションを取りつつ、無駄のないロジカルな分析と提案を行うので、時間や工程数のロスを削減しつつ結果が出るLP制作が可能です。

企業の売上にコミットするため、当事者意識を持ってヒアリングから運用、戦略立案まで一貫して対応いたします。

HP・LPの制作以外にもその他のマーケティングやASPサービスを利用したECサイト制作サービスも行っております!

詳細やコンサルティングの無料相談は、こちらからお気軽にどうぞ。

山口雄貴 | HP・LP制作のプロフェッショナル | StockSun株式会社

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

Web広告の運用を代行会社へ依頼する際の注意点

Web広告運用代行を依頼する際に、注意したいポイントを3つご紹介します。

自社製品のターゲット層を明確にする

効果的な広告運用のためには、自社の製品やサービスのターゲット層を明確にしておきましょう。

オンラインではキーワードやプラットフォーム内での行動、属性やエリアごとに広告表示ができるので、より費用対効果の高い宣伝が可能です。

しかし、ターゲット層から外れた層に宣伝しても、認知拡大や購買促進など臨むような成果は得られません。

ターゲティングには、フレームワークを使っての分析が有効です。

ユーザーの属性や趣向・行動を絞り込み、自社の立ち位置を明らかにする「STP分析」や、ターゲットユーザーの概念を1人の仮想人格に詳細に落とし込む「ペルソナマーケティング」などがよく使われます。

競合他社と比較した時の強みを理解する

ターゲット層を明らかにしたら、競合他社ではなく自社にしかない強みを明らかにしましょう。

マーケット内での自社の立ち位置を知るためには、

  • 3C分析(市場と顧客・競合・自社を分析)
  • SWOT分析(強み・弱み・機会・脅威を分析)
  • バリュープロポジションキャンバス(顧客に提供できる価値の可視化)
  • 顧客へのアンケート調査

などの作業が有効です。

自社の強みを知ることで、広告運用においてもより優位な戦略立案が可能になります。

成果の目標値を設定する

希望する成果を明らかにしておくと、運用代行を依頼する会社とのイメージ共有がしやすく、広告代理店や制作会社もより具体性を持った運用が行えます。

かといって、目標があまりにも高すぎると達成が困難になったり、社内の予算では実現が難しい場合も。

  • ROI(投資に対する利益率を示す指標)
  • ROAS(売上額に対する広告への投資効果)

などの指標の目標値を設定し、効率の良い広告投資を行いましょう。

まとめ

Web広告は、企業が予算や広告の内容を自由に運用できる運用広告が主流であることを解説しました。

一言でWeb広告と言っても、出稿するサイトやプラットフォームによってユーザーの好みや得られる反応は大きく異なります。

広告掲載後も、インプレッション、エンゲージメント、コンバージョンの数などユーザーの反応を分析して改善していかなければならないので、社内に十分なリソースが確保できなかったり、ノウハウがあまりない場合は運用代行がおすすめです。

人物

山口指名なら
無料改善診断実施中

問い合わせフォームに山口指名

毎月10社限定 今すぐ相談する

この記事の著者

StockSun編集部

StockSun編集部

StockSun株式会社は、一定以上のスキルを持つフリーランスを集めたフリーランス組織。
各業界で目覚ましい実績を上げているパートナー陣が品質担保し、クライアントの事業課題解決を目指してサポートしている。

おすすめ記事

お仕事のご依頼・ご相談

各Web領域に精通したコンサルタントに無料でご相談可能です。デジマ支援は「日本一競争が激しいStockSun」にお任せください。

会社資料のダウンロード

まずは社内で検討したい方、情報取集段階の方はご自由にダウンロードください。非常識な営業等はございませんのでご安心ください。