【開業医必見】クリニック・病院・歯科医院への集客方法

2020/4/26 (日)

多くのお医者様にとって、開業直後も開業後も悩みのタネになるのは「集客」です。患者様が途切れなく来院するような病院を作っていけたら良いですよね。
このコラムでは、Webにおける、クリニックや病院、歯科医院などの保険診療を行なう施設への集客方法をお伝えするとともに、脱毛や美容外科などの自由診療を行なう施設への集客方法について解説します。
例えば、「新規の患者様の流入が減少しつつあり、どうにかしたい」というクリニックの要望があるとして、Web上で行なうべき施策とコツを紹介します。

このコラムは、以下の動画を元に作成した記事です。よろしければ一緒にご参照ください。

MEO(Map Engine Optimization)対策

マップエンジン最適化の略称で、一般的に地図アプリで検索をかけられた時に表示される一覧で、上位表示を目指して行なう一連の最適化施策のことです。

例えばGoogleマップを用いて「渋谷区 皮膚科」と調べると、渋谷区駅前おおしま皮膚科が一番上に表示されます。

開業している地域+診療科の検索表示をなるべく上位に持ってくることで、Googleマップを見てやってくる患者様が増加しやすくなります。

では、自院の名前を検索上位に表示させる方法をまとめていきましょう。

Googleマイビジネスに登録し、内容を充実させる

Googleマイビジネスには、以下の情報を記載する必要があります。

・Google 検索やGoogle マップ上に、社名・店名・電話番号・住所・営業時間など、ビジネスの基本情報を掲載する。

・会社や店舗の外観・内観・取り扱い商品・おすすめメニューなどの写真を掲載する。

・口コミの管理・返信
口コミの管理・返信を丁寧に行なうことでCVRが上がるというデータもあるので、こまめで丁寧な運用が必要になります。

口コミが集まるような店舗内、Web上の仕組み作り

Googleマップ検索のトップに表示されるクリニックを詳しく見ると、院長が口コミに丁寧に返信したりなど、口コミしたくなるような仕組み作りをしているクリニックが多いです。

患者様の要望に対して返信するようなアンケートボックスのような使い方をしているクリニックも多く、一文一文の文章を考え投稿することで、デパートに掲載されているアンケートボックスへの回答のようなテンプレート感を感じさせないようになっています。

SEO(Search Engine Optimization)対策

検索エンジン最適化の略語で、検索エンジンに対してWebページの評価をあげて上位に表示されるための最適化施策のことです。

SEOとMEOの違いは、例えば、SEOはGoogle検索で、MEOはGoogleマップの検索です。

SEOとMEO、どちらも上位表示を獲得することで、インターネットから流入する新規の患者数の飛躍的な上昇を見込めます。

「エリア+診療科」「疾患+エリア」の上位表示を押さえる

Google検索は、コンテンツの質が高ければ高いほど上位に表示されやすいようになっています。

例えば、検索結果のクリック数やアクセス数、更新頻度が多いほど、検索順位が上位になりやすい傾向にあります。

検索順位は単語ごとに異なるので、単語を検索した人の病院予約率が高い単語から検索順位をあげていく必要があります。

「がん」「糖尿病」などの絶対に上位表示できない単語の上位表示を狙わない

2018年以降、三大疾病や糖尿病など人の命に直結するような疾病の単語は上位表示することができなくなりました。

例えば、「糖尿病」の検索順位上位3つは、国立国際医療研究センター、イーライリリー、サノフィのコンテンツとなっています。

一般社団法人や製薬メーカーのコンテンツが優先的に上位表示される仕組みになっているので、これらの単語の上位表示を狙うのはやめましょう。

リスティング広告を運用する

リスティング広告とは、検索順位上位にある「広告」と記載されたページのことです。例えば、「渋谷 皮膚科」で調べて見ると検索順位上位は以下のように表示されます。

リスティング広告は、検索上位に表示する代わりに広告掲載費用が発生します。
1クリックごとに費用が発生する仕組みで、疾患によって1クリックあたりの費用が異なります。
割高な疾患もあるので、費用を見ながら広告を打つと良いでしょう。

ホームページやリスティング広告などのコンテンツを作る際の注意点

現在の医療広告ガイドラインにおいては、病院のホームページですらも広告として見なされ、ガイドラインに則って製作する必要があります。

医療コンテンツを製作する場合の注意点について見ていきましょう。

医療広告ガイドラインについて詳しく知っている業者やフリーランスに製作を依頼する

医療業界の広告はそれ以外の業界の広告とは一線を画すほど異なります。

ガイドラインに沿ってコンテンツを制作しないと、罰則で最大30万円の罰金が課せられることがあります。

医療コンテンツを作製した実績のある制作会社やフリーランスに発注しましょう。もちろん弊社もたくさんの実績があります。

症例写真を載せたり、料金や副作用を記載する必要があったり、注意すべき点はいくつもあります。

検索流入で入ってきた人が、問い合わせに繋がりやすくなるコツ

保険診療の診察科と自由診療の診察科で戦略が異なります。それぞれについて確認しましょう。

保険診療

SNSは相性が良くないです。実名顔出しでSNSで発言をすると、(国にとって)適切ではない発言をした時に、保健所から逐一連絡が来て面倒臭いことになります。

よって、王道のWebマーケティングを淡々と進めていくことが、集客の何よりの近道になります。

自由診療

SNSとの相性が良いです。

脱毛、美容整形はビフォーアフターが目に見えやすく、フォロワーが多いことが顧客へ繋がりやすくなります。

美容外科の先生でSNSやYouTubeをうまく使っている代表的な先生は、ドラゴン細井先生です。

自由診療科目とSNSの掛け合わせてWebマーケティングを進める場合、細井先生のSNSをチェックすると良いでしょう。

まとめ

医療業界のコンテンツマーケティングは、Googleのアルゴリズムが特異的なので、医療領域に特化したノウハウが必要になりました。

医療領域における効果的なマーケティング手法は主に3つで、MEO、SEO、リスティング広告を併用しながら、狙ったキーワードを検索した患者をより多く流入していくことが重要です。

コンテンツを制作するときは、医療広告ガイドラインに則り、王道かつ無駄なことをせずに淡々と進めることが鉄則です。

以上になります。

最後になりますが、クリニックや病院の方で、集客に困っている方がいらっしゃれば、以下のリンクのお問い合わせフォームより、岩野さん指名でご連絡をいただければと思います。

また、HPやオウンドメディアの制作、YouTubeならびにSNSの運用などのご相談も承ります。

https://stock-sun.com/

岩野さん出演の他の動画はこちら