【意外と知られていない】Twitter広告のノウハウを日本一の井上が公開

2020/5/1 (金)

「Twitter広告の出し方がわからない、本当に効果があるの?」などのお悩みはありませんか。

今回はTwitter広告のプロの井上さんにお越しいただきました。

井上さんは、元サイバーエージェントで営業局長をされており、広告全般に関して日本で1番詳しいです!

今回は井上さんにTwitter広告に関して伺います。

Twitter広告の特徴とは?ターゲティングが効果的!?

Twitter広告が相性の良い商材がある!?Twitterの属性とは?

Twitter広告は、Twitterの属性に合わせて配信する方が多いです!

井上さんいわく、Twitterの属性とは、FacebookやInstagramに比べ、余暇時間に見ている人が結構多いとのことです。

そのため、電子書籍等の余暇時間に見る商材は相性が良く、通販等の購買系は他のSNSと比較するとあまり合わないです!

 

Twitter広告の使い方!Twitter広告のターゲティングが特徴的!?

Twitter広告の使い方として、基本はリスティング広告、GDN、YDNやFacebook、Instagram広告を行ったうえで、なにか新しく広げたいとなったときにTwitterが使われます!

Twitter広告はターゲティングが特徴的で、大きく2つのターゲティングの方法があります!

どのようなキーワードをつぶやいているか

誰をフォローしているか   です!

Twitter広告は特定のユーザーがつぶやいているキーワードに対してターゲティングをかけられます!

 

そのため、Twitter広告は、明確はつぶやきをした人や、アクティブユーザーにアプローチできる点が強みで、浅く広く広告を出す際は、CPCなどは合いやすいです。

 

Twitter広告活用には断続的にクリエイティブやキーワードを入れる!?

Image from Gyazo

Twitter広告運用のポイントとは!?

井上さんいわく、Twitter広告運用のポイントは2つあるそうです。

クリエイティブをいかに定期的に入れ続けられるかということ

Twitterのシステム上の特徴として、クリエイティブを入れた瞬間にインプレッションが跳ねます!

同じクリエイティブが回り続けると、CTRが下がるため、下がらないように断続的にクリエイティブを入れ続けることが重要です。

ブロードリーチと言われるユーザーに幅広く配信する手法を使うこと

ブロードリーチの1つとして、Twitterのトレンドのキーワードをつぶやいている人に対してターゲティングする方法があります。

この方法で配信をすると、CPCが低いことと、つぶやいている人は広告に対する反応率がとてもよいため効果的です。

アクティブユーザーに対して幅広く広告配信するために、トレンドキーワードを断続的に入稿して配信することが重要です!

 

Twitter広告で効果のあるクリエイティブとは?

Twitter広告のクリエイティブでは基本的に動画が効果的です。

動画と静止画を両方やって、効果が出た方を残していくという形です。

きちんと広告フォーマットを網羅して、それを断続的にPDCA回して検証していくことが重要です!

 

まとめ

・Twitter広告は特定のユーザーがつぶやいているキーワードに対してターゲティングできる

・Twitter広告を活用するには断続的にクリエイティブやキーワードを入れていく必要がある

 

最後に

今回のコラムはTwitter広告に精通している井上さんにお越しいただき、『Twitter広告運用のテクニック』について伺いました!

最後になりますが、Twitter広告運用のお手伝いが必要な方がいらっしゃいましたら、以下のリンクのお問い合わせフォームより、御連絡を頂ければと思います。

https://stock-sun.com/

 

井上さんの出演動画はこちら